私がリファ(RiFa PRO)を買った理由と1か月後の効果

リファ(RiFa PRO)
もくじ

リファ プロに出会う前~アンチエイジングを意識し始めたきっかけ

アンチエイジング。

皆さんは、この言葉からどのようなイメージを膨らせますか?
アンチエイジングとは、年齢に負けない健康と美しさをキープすることであると、私は捉えています。
私がリファ・プロと出会ったのはかれこれ5年前になりますが、それはまったく偶然とでもいうべき出来事でした。

ここでは、私がリファ・プロと出会ってから現在までの様々な心と身体の変化について語って行きますが、その前に。

私がアンチエイジングを意識し始めたきっかけ、そして失敗談についてお話をさせて頂くことにします。

リファ・プロについて聞きたくてウズウズしているあなた。
リファ・シリーズの購入を考えているあなた。

きっかけや失敗談なんか聞きたくないよ~なんて言わずに、少しの間だけ私のお話に付き合って下さいね。
きっとあなたにとっても有益な情報であることは間違いないのですから。

28歳なのに30代半ばに見られていた!

子供たちがまだ保育園に通っていたころ、私は仕事と子育てに追われていました。
毎日バタバタと忙しい日々が続き、じっくりと鏡を見ることもしなかった私を襲ったのは、近所に住む一人の女性の言葉でした。
それは、保育園に子供たちを迎えに行き、帰宅する途中での出来事です。

「奥さん、お疲れ様。毎日偉いわねえ。でも、これから40代を迎えるともっときつくなるわよぉ」

40代?なんのこっちゃ?

その当時、私はまだ28歳でした。
よくよく話を聞くと、この女性は私のことを30代半ばだと思っていたようです。
めちゃくちゃショック・・・。
その日の夜、子供たちを寝かせつけたあと、私はまじまじと、というより、恐る恐る鏡を覗いてみました。

眉間と目尻にうっすらとした小ジワを発見。
いつの間にかくすんでしまった肌の色。
下がった口角・・・。
鏡に映っているのは、確かに20代ではなく、30代の女性の顔でした。
毎日の忙しさにかまけて、まったくお肌の手入れをしていなかった代償は、あからさまな老化として私の前に現れました。
なんとかしなくちゃ・・・。

アンチエイジング化粧品にチャレンジ

そんなときに、ふと目に留まったのがテレビコマーシャルでもお馴染みのアンチエイジング化粧品の広告でした。
そこで、取りあえず無料サンプルを貰って試してみることにしました。

サンプル到着。
その日の夜、私はドキドキしながら化粧品をお肌に伸ばしてみました。
なんだか効きそうな気もするけど、1回ではわからない。
そのサンプルは約1週間分でしたが、使い終わったあと、特にお肌に変化は現われていませんでした。
すると、サンプル終了を待っていたかのように、その化粧品の販売元の会社から電話がかかってきました。

「使い心地はいかがでしたか?」

丁寧な言葉使いの女性は、熱心に私のお肌の状態について聞いてくれました。
この会社、なんとなく信用できそう?
そう思い始めた矢先に、営業トークが始まりました。
矢継ぎ早にまくしたてる女性。
まるで、製品を購入するまで電話を切らせない!とでもいうような勢い。
しかも、私の場合には1か月に約4万円の化粧品代が必要だという・・・。
これは、絶対に無理。
とりあえず、その場はお断りしました。
ところが、その日から猛烈な営業電話が始まり、もう殆どノイローゼ状態になってしまった私。
そしてある日、あまりにしつこい営業電話に腹が立った私は、

「これ以上電話するなら、消費者センターに訴えますよ!」と言って電話を切り、やっと営業電話はストップました。

ここで私が皆さんに訴えたいこと
それは、安易に化粧品会社の口車に乗ってはいけないということです。
完全オーダーメイドの新鮮な化粧品はアンチエイジングに対して大きな効果を発揮するのでしょう。
ですが、そのような高価な化粧品を使用する前に、自分自身で行える努力は必ずあるはずです。
その後、私は性懲りもなく別の高価な化粧品を試すことになるわけですが、今思えばなんてもったいないことをしてしまったのだろうと、後悔しています。
というのは、現在の私は殆どお金をかけずにアンチエイジングを行うことができているのですから。
もちろん、リファ・プロがそれに貢献してくれていることはいうまでもありません。

リファの公式サイトはこちら

高額化粧品を試した30代、そして迎えた40代

美容に対する知識が乏しいまま、試してみた高額化粧品。
確かに効果はありました。
でも、経済的に継続することが難しく、結局リタイア。
ここからが私の正念場でした。
なんとなく迎えてしまった40代をどう乗り切るか。
ここが運命の分かれ目だと感じた私は、金額に捉われず、さまざまな成分が配合された化粧品をあれやこれや試す生活を送っていました。

そして出会った、小型のゲルマニウムローラー。
今は亡き、大物女性歌手が広告塔となっていたこの製品、とにかく暇さえあればお肌の上をコロコロと転がしていたのですが・・・。
1年使用しても、まったく効果なし。

これはもう、美容整形しかない!?

いやいや、それではあまりに短絡的すぎる。

リファ プロ(RiFaPRO)に出会う

どうしようかなあ・・・なんて考えながらぶらぶらと歩いていたデパート内のバラエティショップで・・・。

ついに出会ってしまったんです、リファ・プロに!

そこにはリファ・プロがズラッと並び、デモンストレーターの女性がいました。
なにこれ?ゲルマニウムローラーと同じ原理?

半信半疑でサンプルのリファ・プロを手に取った私に、デモンストレーターの女性が話しかけてきました。

20代でしょうか、めちゃくちゃ綺麗な肌。羨ましい・・・。

「お客様、宜しければお試しになりませんか?」

え?いやー、だってこれいくらよ?24,000円!?うーん・・・。
躊躇している私に、女性がまた、にこやかに話しかけてきました。

「お客様、ちょっと宜しいですか?お買い求めにならなくても、体験はタダなんですから」

タダ?そうよね。じゃあ、ちょっとだけやってもらおうかな・・・。
メイクをしている顔ではなく、手首から肘までの部分にローラーをかけてもらいました。

あのときの衝撃は今でも忘れません、だって、ローラーが腕に吸いついてくるような感覚なんですよ。

電気を使っているわけでもないのに、腕のお肉を挟みながら吸いついてくるような感覚といえばいいのでしょうか。これは私にとって斬新な体験でした。ゲルマニウムローラーでは感じることのなかったこの感覚・・・。

お試しにローラーをかけてもらった部分をしげしげと眺める私に、女性はこう話しかけてきました。

「いかがでしたか?不思議な感覚ですよね。お客様は腕が細くて脂肪が少ないですから、あまり参考にはならないかもしれませんが・・・。

あ、でも本日お買い求め頂かなくてもまったくかまいませんよ。あと1週間こちらの特設コーナーで販売を行っていますから。私がおりますし。これ、血行を促進してリフトアップを実現するすごいローラーなんです。リーフレットをお渡し・・・」

女性が話し終えるのを待たずに私が発した言葉、それは、これ買います!でした。
お値段を見て躊躇していた私でしたが、あの吸いつき感に「これはイケる!」と直感し、その場で購入を決めました。

確かに手足は細い私なんですが、このローラーを使って頬のタルミ部分にローラーをかけたらどうなるんだろう?期待で背筋がゾクゾクしました。

リファ・プロがきた!

リファ・プロを購入したばかりの私は、とにかくものすごく興奮していました。夕食を早めに済ませ、入浴。ボディクリームでボディケアを行いました。

さあ、いよいよリファ・プロの出番です。
ええと・・・。挟むように気になる部分をマッサージ。
ところが、なかなかコツがつかめません。あれこれ角度を変えているうちに、ついに見つけたんですよ、「吸いつく角度」を。

リファ!面白い!でもそれが落とし穴でした・・・

吸いつく角度を見つけた私は、とにかく面白くてしかたがなくなり、一生懸命頬にローラーをかけました。

なにが面白いって・・・、挟めるんですよ、いらないお肉が。

片側15分程度と言われていたのにも関わらず、「面白い」という魔法にはまり込んでしまった私は、片側15分という時間をはるかにオーバーし、最終的には片側1時間くらいローラーをかけていたのではないかと思います。

そして、化粧水で仕上げ。
なんだか化粧水の浸透が早い気がしました。

そして、翌朝。鏡の中の自分の顔を確認してみてビックリ!私の両方の頬には痛々しい青アザができているではありませんか。

そして、頬の痛みと手首の痛み。
過ぎたるは樽及ばざるが如し。

なにごともやり過ぎてしまってはいけないという警鐘を、私は自分の身体をもって体験するハメになりました。

初めてリファ・プロを使用し、綺麗になっているはずの自分をイメージして一生懸命にかけたローラーは、過度の使用により、私の身体に対して警鐘を鳴らしたのでした。

リファの公式サイトはこちら

今度はRiFa PROをボディで試します

RiFa PROをボディで試します
まあ、できてしまったものはしかたがない。その日メイクを落とした私は、今度はお風呂でリファ・プロを使ってみようかと考えていました。

実は、購入の際にリファ・プロはボディケアも行えるという話をデモンストレーターの女性から聞いていたんです。

浴槽でゆっくり温まり、お腹をコロコロ、太ももをコロコロしてみました。
確かに気持ちがいいのですが、お湯の浮力でなんだかうまく使えない・・・。

ならば!お風呂から上がり、足のリンパマッサージをリファ・プロで行ってみようと考えました。顔の青アザで懲りたので、あくまでも優しく(笑)

ボディクリームを薄く足全体に伸ばし、マッサージ開始。
めちゃくちゃ気持ちいい。これはハマりそうだと感じました。

10分程度でしょうか、マッサージを終えた私の足は、とてもスッキリしていました。
現在、お風呂上がりのリンパマッサージは手で行っていますが、長時間歩いていつも以上に足が疲れたと感じた日などには、リファ・プロで行うことにしています。

リファ・プロ開始から1ヶ月が経過

使用開始から1ヶ月が経過。殆ど毎日、お風呂上がりにコロコロと転がすのが習慣となっていました。その頃の私は、どうせリファ・プロを使っているのだから、さらに大きな効果を得たいという欲が出てきていました。

というのは、なんとなく口角が上がってきたように感じたからです。
そこで私は、頬の筋肉を鍛える運動も同時に行うことにしたんです。方法はいたって簡単。「ウ」と「イ」の口の形を繰り返すだけ。

頬のタルミの原因のひとつは、筋肉の緩みによるものです。つまり、頬の筋肉を鍛えることは、タルミの解消に役立つということです。

そこで今度は、お風呂上がりに化粧水でお肌を整えたあとにまず運動を行い、それからリファ・プロでコロコロ転がすというケアを開始しました。

さらに慣れてきたら、運動の回数を増やし、リファ・プロで筋肉をほぐすという感覚になってきました。

ですが、なんとなく口角が上がってきたように感じてきていたものの、頬のタルミには特に変化を感じないまま。

頬のタルミって、なかなか手ごわいです。

「あれ?痩せた?」って言われました!

毎日頑張ってコロコロしているのに、なかなか頬に変化が現れず、ちょっとイライラ感を感じ始めていたある日のことです。

自宅近くに買い物に出かけた際に、友人の女性から声をかけられました。

「あら、お久しぶりね。ところで、なんか痩せた?」

え?そういえば最近体重を測っていなかったけど、洋服のサイズに違和感はないし、多分痩せていないと思うけど・・・。
その女性は次のように続けました。

「なんか顔が細くなったような気がするんだけど・・・」

もしや・・・?

そこで私は事実を確認するために、娘と会うことにしました。というのは、娘とはしばらく会っておらず、私の顔になんらかの変化が現れたのであればすぐに気がつくはず。
そう考えたからです。

そして娘と会った際に、私はわざわざリファ・プロのことは口にしませんでした。
するとしばらくして、しげしげと私の顔を眺めながら、娘がこう言うではありませんか。

「お母さん、ほっぺたシェーディングとかやってる?」
シェーディングとは、ファンデーションより少し濃い色のシャドウを使用して影を作る、メイクアップテクニックのことです。

やってないよ、と答えた私に娘が、
「なんか顔が細く見えるんだけど・・・」

そこで私は、初めてリファ・プロの話をしました。
すると驚くことに、娘はリファ・プロのことを知っていたんです。
そこで私は、リファ・プロを購入してからのあれやこれやを話しました。
結論。

1ヶ月少々の使用で、リファ・プロはきちんと結果を出してくれていました。

PAGETOP