手作りシュガーワックスの脱毛効果は?作り方・使い方

手作りシュガーワックスの脱毛効果は?作り方・使い方
手作りコスメは、肌負担となる添加物を含まず、費用を抑えられる事からオーガニック好きの女性を中心に人気を集めています。今回は、簡単な材料で作る事ができる「シュガーワックス」の効果・作り方・使い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

 


もくじ

シュガーワックスとは

シュガーワックスとは、中東アラブなどで、昔から使われてきた脱毛ワックスです。シュガーワックスを使用した脱毛は、「ハラーワ」と呼ばれ、”甘いお菓子”を意味しています。原料に砂糖を使用しているため、甘いお菓子のようなワックスである事が特徴です。
家庭でも簡単に作ることができるため、日本でも新たな脱毛方法として利用する方が増えています。

VIOも脱毛できる?シュガーワックスが使える部位は?

シュガーワックスは、髪の毛以外の全身に使う事ができます。腕、脚、ワキなど太くて濃いムダ毛から細かな産毛まで使えます。正しい使い方をすれば、VIOラインのデリケートな部位にも使えます。

部位によって材料を替える必要はないので、まとめてシュガーワックスを作っておけば、いつでも気になるところの脱毛に活用できます。

まずは、シュガーワックスが自分の肌質に合うか?というチェックを含めて、お手入れしやすい部位からトライしてみましょう。

スポンサードリンク

 

シュガーワックスを手作りしてみた!作り方をご紹介

シュガーワックスを手作りしてみました。シュガーワックスの基本的な作り方をご紹介しますので、自宅で手作りしてみたい方は参考にしてみてください。

シュガーワックスの材料

シュガーワックス作りに必要な材料は、身近なところで手に入るものばかりです。自宅にあるものを上手に活用すれば、ほとんど材料を購入することなくワックスを作れます。
シュガーワックスの材料

シュガーワックス作りに必要なもの

・砂糖・・・450g
・レモン汁・・・60ml(レモン2個分)
・水・・・450ml

レモン汁は果実を絞らずに市販のレモン汁を活用してもOKです。砂糖と水は同じくらいと覚えておきましょう。使用する部位によって量を調節してください。

シュガーワックスを使う時に必要なもの

・スパチュラ(木べら)
・布
・保存容器

スパチュラは、アイスについてくる木製のスプーンで代用することができます。布はガーゼ、さらし、手ぬぐいなどを用意します。コットン素材の古着を活用してもOKです。脱毛用の布は、使用後に洗えばキレイになりますが、使い捨て出来る不要な布を用意すると後片付けが簡単です。

保存容器は、「耐熱性」の素材を選びましょう。シュガーワックスは高温になるため、プラスチック製の容器やスプーンは、熱で溶ける恐れがあるため使用を控えてください。

シュガーワックスの作り方

①ボウルを用意してレモンを絞ります。
002sugarwax

②レモン汁に砂糖、水を入れて馴染ませます。
003sugarwax

③鍋に材料を移して中火で加熱します。
004sugarwax

ブクブクと沸騰してくるので、焦がさないように注意しながら材料を混ぜ合わせます。
005sugarwax

30分~40分ほど加熱すると褐色に変わってきます。
006sugarwax

トロッとしてきたら出来上がりです。出来立てのシュガーワックスは、200度近くまで高温になっているので、粗熱を取ってから保存瓶に移してください。
007sugarwax

冷めすぎると固まってしまうので、移しにくいときは再度加熱してください。

スポンサードリンク

 

WAXをちょうど良い固さにするコツ

シュガーワックスの固さの目安は、”ハチミツ”くらいの粘度です。トロッとするくらいがちょうど良い固さになります。シュガーワックスを使う時は、必ず1度冷ましてから使うようにしましょう。

熱が冷めるとカチカチに固まってしまうので、肌に使用する際には、レンジで人肌くらいに温めるのがポイントです。いきなり肌にワックスを付けるとヤケドする恐れもあるので、指で温度を確認しながら、十分に注意して使用しましょう。

スポンサードリンク

シュガーワックスの使い方

シュガーワックスを作ったら、気になるムダ毛のケアに使ってみましょう。シュガーワックスの基本的な使い方をご紹介します。

シュガーワックスを使って太いムダ毛を脱毛する

シュガーワックスを太いムダ毛に使ってみる

シュガーワックスを腕の太いムダ毛に使用してみました。シュガーワックスを使う時は、少しムダ毛を伸ばした状態で使うようにしましょう。
009sugarwax

気になるムダ毛部分にワックスを伸ばしていきます。できるだけ薄く伸ばしていくようにします。
010sugarwax

ワックスを塗った箇所にしっかりと布を押し当てて、あとは勢いよく剥がせば脱毛することができます。
011sugarwax

シュガーワックスを使って産毛を脱毛する

シュガーワックスを使って産毛を脱毛する

シュガーワックスは、細いムダ毛にも使えます。指の産毛(中指)に使用してみました。
指の産毛(中指)にシュガーワックスを使用

ワックスは直ぐに固まってしまうので、指のムダ毛は一気に行わず、人差し指、中指、薬指と順番に、少しずつ脱毛していくようにしましょう。
014sugarwax

範囲が狭くなるとワックスが冷えて固まるスピードも速くなります。ワックスが固まってしまうと、このように飴状になりムダ毛が抜けにくくなります。
015sugarwax

ワックスと布の吸着が弱い部分は、少しムダ毛が残ってしまう事がありますので、少し肌を休めてから再度脱毛するようにしましょう。

シュガーワックスの気になる痛みは?

シュガーワックスは、ムダ毛を剥がす時に痛みがあります。少しでも痛みを減らしたい方は、日頃から肌を保湿して潤いを与えておくようにしましょう。そして、ワックスを剥がす時は”一気に剥がす”ことがコツです。乾燥肌の方や時間をかけて剥がすと痛みが強くなります。

また、産毛の細いムダ毛よりも太くて濃いムダ毛の方が痛みを感じます。皮膚が薄く、ムダ毛が濃いVラインなどのデリケートゾーンは、特に痛みを感じやすくなります。

手作りシュガーワックスで失敗しない為の注意点

シュガーワックス作りで失敗しないためのコツや使い方で注意しておきたいポイントをまとめてみました。初めてシュガーワックスを作る方やシュガーワックスで失敗してしまった!という苦い経験をしている方は、是非参考にしてみてください。

シュガーワックスが固まらない!

シュガーワックス作りで火にかける時間は、使用するコンロによって変わるため、あくまで目安と考えましょう。シュガーワックス作りで火を止めるタイミングは、「褐色」に変わってからです。煮詰めていくとブクブクとした泡が沢山出てきます。褐色に色づくまでは、のんびりとワックスが煮詰まるのを待ちましょう。

30分くらい変化がない事もあるので不安になりますが、沸騰している泡の気泡が細かくなるのが煮詰まってきているサインです。また、水分が多いと固まりにくい原因となりますので、水分が蒸発するまで根気よく煮詰めていきましょう。

シュガーワックスが固すぎる!

シュガーワックスは、煮詰めすぎると水分が飛び過ぎて「飴状」に固まってきます。火を止めると固くなるので、サラサラとしすぎかな?と思うくらいの方がちょうど良い固さになります。固すぎて使えないという方は、再度加熱をすればトロトロとした液体状に戻りますので水を加えて煮詰め直してみてください。

シュガーワックスで毛が抜けない!

シュガーワックスでムダ毛をキレイに抜くためには、いくつかのポイントがあります。まず、ワックスにムダ毛を絡ませるためには、ある程度の長さが必要になりますので、”1cm~2cmくらい”ムダ毛を伸ばしておくようにしましょう。ムダ毛が短すぎると抜けにくくなります。

また、皮膚に余分な付着物があると、ワックスの粘着がムダ毛に付きにくくなります。汗、皮脂汚れ、ボディクリームなどの油分が付着している時は、肌をキレイにしてからワックスを塗布しましょう。そして、布を剥がす時は、毛の流れと逆方向に向かって剥がすと抜けやすくなります。

シュガーワックス脱毛のアフターケア

シュガーワックスを行った後は、きちんとアフターケアを行いましょう。シュガーワックスは、原料が天然成分のため肌に優しいワックスです。しかし、ワックス脱毛自体は、ムダ毛を引っ張って抜き取る脱毛方法となりますので、肌負担は比較的大きくなります。

シュガーワックスで肌トラブルを引き起こさないためには、アフターケアで肌を整える事が大切です。面倒臭がらずに、きちんとお手入れを最後まで行いましょう。

脱毛直後のスキンケア

シュガーワックスの脱毛後は、「クーリングケア」を行ってください。クーリングケアを行う事で、痛みや赤みを早く抑える事ができます。クーリングは、保冷剤・冷たいタオルなどを使って脱毛箇所を冷やしてください。

冷剤・冷たいタオルなどを使って脱毛箇所を冷やす

シュガーワックスの脱毛は、肌に熱が残りやすいため、赤みや腫れに繋がりやすくなります。毛穴も開いた状態となりますので、肌を冷やすくことで炎症予防や雑菌の侵入を防ぐ効果があります。

脱毛後の過ごし方

シュガーワックスは、脱毛直後は肌が非常にデリケートな状態となります。そのため、肌負担になるような事は、できるだけ避けて生活するようにしましょう。

・脱毛後に赤みが伴う事もありますが、あまり手で触れないようにしてください。
・入浴は湯船に浸からずに、シャワーで済ませるようにしましょう。
・スクラブ、ピーリングケアは1週間程度控えてください。
・清潔なバスタオルを使いましょう。
・直射日光は避けましょう。
・油性のボディクリーム、乳液ではなく、水性の化粧水で保湿ケアをしてください。
・脱毛後の海水浴は3日程度控えてください。
・脱毛後は石鹸の使用は控えて水、またはぬるま湯で肌を洗いましょう。

埋没毛にならないための予防ケア

シュガーワックスは、「埋没毛」が出来やすいため、脱毛後はキレイな肌を維持できるように予防ケアをしっかりと行いましょう。埋没毛を防ぐためには、化粧水や乳液・ボディクリームなどで、しっかりと保湿ケアを行う事が大切です。乾燥した肌はダメージを受けやすく、埋没毛が出来やすくなります。

肌の乾燥が気になる方は、脱毛前に”蒸しタオルで肌を柔らかくする”のも埋没毛を防ぐ有効なケア方法です。蒸しタオルを使うと毛穴が開き、ムダ毛が抜けやすくなります。痛みも軽減されるので、脱毛時の痛みを感じやすい方にもおすすめです。

万が一、埋没毛になってしまった場合は、無理に引っ張らずにムダ毛が生えてくるのを待ってください。無理にムダ毛を引っ張ろうとすると、肌を傷つけて炎症や色素沈着を引き起こし、シミになる事もあります。少しでも早く、埋没毛の改善を目指したい方は、ターンオーバー機能を促進させる生活習慣を心がけましょう。

また、脱毛から1週間程過ぎたら、「スクラブケア」をすると古い角質を落とすことができ、埋没毛を防ぐ効果があります。脱毛後のスクラブケアは肌負担が大きくなりますが、期間をおけば美肌力アップに繋がるスキンケアです。

シュガーワックスの効果は?

肌に優しいワックスとして人気を得ているシュガーワックスは、ムダ毛を処理してから一体どれくらい効果を得る事ができるのでしょうか?気になるシュガーワックスの効果についてまとめてみました。

脱毛効果が続く期間

シュガーワックスの脱毛効果は、”1週間~10日程度”です。毛根からムダ毛をキレイにするので、カミソリやシェーバーよりも長い期間、ムダ毛のない素肌を保つ事が可能です。しかし、シュガーワックスは永久脱毛ではないため、時間が経過すれば再びムダ毛として生えてきます。

そのため、継続的なお手入れが必要になります。お手入れの目安は、2週間に1度の割合です。セルフケアとしては、少ないお手入れ回数で済みますので、脱毛回数が少ない分、肌負担を抑えることができます。

脱毛後の美肌効果

シュガーワックスは、脱毛後に肌がツルツルになると評判です。ツルツルになる理由は、毛根からしっかりとムダ毛が除去できるため、ムダ毛の表面カットする除毛と比べ、チクチクとした不快な肌のザラつきが残りません。

また、ワックス脱毛は古い角質も一緒に剥がれ落ちるため、ピーリングのような効果が得られるので、シュガーワックスの脱毛後は肌がツルツルになり、美肌になると評判が高いのです。

シュガーワックスの使用を控えた方が良い人とは?

シュガーワックスは、デリケートゾーンにも使える事から、どんな肌質の方でも使えると言われています。しかし、次のような方は、シュガーワックスの使用を十分に気を付ける必要があります。

肌が弱い人・敏感肌

シュガーワックスは、天然成分100%のため食べても安心・安全ですが、ワックス脱毛は皮膚を引っ張るため、肌が弱く敏感肌の方は「赤み・かゆみ・かぶれ・内出血」を引き起こす恐れがあります。敏感肌の方は目立ちにくい部位でパッチテストを行い、肌への安全性が確認できたら脱毛に使用してください。

また、傷やニキビなどの炎症がある方は、症状が悪化する恐れがあるため使用を控えるようにしましょう。

生理中・妊娠中

生理中・妊娠中の女性は、ホルモンバランスの乱れによって肌が敏感になっています。通常の時よりも”痛み”を感じやすいため、脱毛時のストレスも大きくなります。心身の負担が大きくなると体調にも影響を与えます。

特に、妊娠中の女性は心身がデリケートになっているため、脱毛時のストレスを抱えると胎児への健康にも影響を及ぼさないとは限りません。妊娠中は、ムダ毛が濃くなることもあり、自宅で手軽に出来るシュガーワックスは魅力的ですが、体への負担が大きくなる事は控えるようにしましょう。

中高生・子供

近頃は、”子供脱毛”という言葉も浸透するほど、若い年代の女の子たちの間でも脱毛ケアが当たり前となってきています。シュガーワックスは、手頃な予算で簡単に作れるため、お子様向けの脱毛剤として紹介されている事もありますが、小中学生の成長期のお子さんの肌はデリケートです。そのため、サロンでは18歳以下の来店は不可となっています。

家庭でケアする場合も、成長ホルモンの分泌が落ち着き、肌も丈夫になってくる高校生くらいからの使用がおすすめです。

シュガーワックスのメリット・デメリット

シュガーワックスを使用するうえでのメリットとデメリットをまとめました。手作りのシュガーワックス作りを考えている方は、参考にしてみてください。

シュガーワックスのメリット

・簡単に手作りできる
・天然素材のみで安心安全
・安い材料費で作れる

シュガーワックスは、天然素材のみを原料としています。そのため、ケミカルワックスのようなツンとした嫌なニオイがせず、肌に優しく使えるワックスです。天然素材なので、水で簡単に洗い流す事ができ、万が一口に入ってしまっても安全です。ペットや小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えます。

また、何といってもシュガーワックスは、砂糖とレモンだけの簡単な材料で作れるので、500円程度の費用で全身脱毛が行えます。市販品の購入やサロンの費用と比べると、圧倒的に安いため、経済的な面がシュガーワックスの大きなメリットです。

シュガーワックスのデメリット

・痛みがある
・手間がかかる
・埋没毛になりやすい

シュガーワックスは、ワックス脱毛のため痛みを伴います。また、正しい使い方をしなければ肌トラブルを引き起こしやすく、ワックスを作る手間もかかります。シュガーワックスを作るためには、時間をかけて材料を煮詰め、しっかりと熱を冷ましてからでなければ使用できません。

慣れてしまえば簡単ですが、初めてシュガーワックスを作る方にとっては、固さの調節に失敗するなど、取扱いが難しい点がデメリットです。

シュガーワックスは市販品もある

シュガーワックスは、自宅で手作りすることが可能ですが、作る事が面倒な方には市販の商品も販売されています。市販商品ならワックス作りに失敗する事もなく、手軽に脱毛を始められます。

市販のシュガーワックスとして有名なのが”ブラジリアンワックス”と呼ばれるものです。ブラジリアンワックスは、欧米では昔からVIOなどデリケートな部位の脱毛にも使われてきたポピュラーな脱毛剤です。

ブラジリアンワックスの種類

ブラジリアンワックスは、油性と水性タイプがあります。油性タイプのブラジリアンワックスは、粘着性が高く脱毛力があるため、サロン等でも使用されています。しかし、取扱いが難しいため、セルフケアで使用する場合には十分に気を付ける必要があります。

一方、水性タイプのブラジリアンワックスは、水で洗い流すことができるため、初めて使用する方にも安心です。油性タイプより粘着性は劣るものの肌にも優しいため、市販のシュガーワックスでは水性タイプが非常に人気です。

市販で人気のシュガーワックス

市販のシュガーワックスで人気が高いのは、「アンジェリカワックス」や「ブラビアンカシュガーワックス」です。砂糖、レモン、ハチミツ等の天然素材で作られた水性タイプのワックスのため、肌に優しく取扱いが簡単な点が人気となっています。

価格は、3,000円~5,000円程度のため、手作りのシュガーワックスよりは割高になってしまいますが、ワックスを作る手間がかかりません。脱毛時に必要なスパチュラや布(シート)もセットになっているので、あれこれと準備をせずに脱毛をスタートできます。

シュガーワックスは、固まってしまうため使用前に温める必要がありましたが、近頃は品質改良が進み、温め不要のワックスも登場してきているので、面倒な手間をかけずにワックス脱毛を行いたい方に市販品はおすすめです。

シュガーワックスの脱毛サロン

シュガーワックスを使用した脱毛サロンは、「ブラジリアンワックス専門サロン」として全国各地でオープンしています。脱毛サロンでは、デリケートゾーンのお手入れも行っているので、セルフケアが難しい箇所でもキレイに脱毛する事ができます。

また、アフターケアも万全なので、肌へのダメージは最小限となるよう保湿やクーリングケアも丁寧に行ってくれます。準備や片付けの手間がかからず、プロが行ってくれるのでセルフケアよりも肌がキレイに仕上がるところがサロンの魅力です。

シュガーワックスの保存方法&保存期限

シュガーワックスは、全身の脱毛ケアに使用できるため、こまめに使いたい方はまとめて作り置きしておくのもおすすめです。手作りのシュガーワックスの保存方法と保存期間の目安をご紹介します。

シュガーワックスの保存方法

シュガーワックスを保存する場合には、「密閉度が高い耐熱性の容器」に入れて保存しましょう。作りたてのシュガーワックスは、高温のため非耐熱性のプラスチック等の容器では、熱により溶けてしまう恐れがあります。容器の変形にも繋がり危険ですので、必ず熱に強い容器に入れるようにしましょう。

また、シュガーワックスは空気中の水分を吸いやすいため、密閉度が高い容器がおすすめです。水分が混入するとワックスが傷みやすいので注意してください。湿度の低い冷暗所で保存しておくようにしましょう。冷蔵庫での保存もOKです。

シュガーワックスの保存期限

シュガーワックスは、正しい保存方法を守れば長期的な保存が可能です。肌に付着させたスパチュラ(スプーン)を繰り返しワックスに入れると、角質やムダ毛が混入する恐れがあります。雑菌の繁殖に繋がり、保存期限が短くなる原因となりますので、衛生面を守るためには、使用分のワックスを小分けにして使うようにしましょう。

未使用のワックスなら3カ月~半年ほど保存する事が可能です。使用済みワックスは、余ってしまったとしても捨てるようにしてください。不衛生なワックスの使用は、肌トラブルを引き起こす原因となります。

スポンサードリンク

PAGETOP