マヌカハニーの効果・効能を体験した!味は?使い方は?

ここでは筆者が実際にマヌカハニーを購入し試してみた時の感想、レビューやマヌカハニーに期待できる様々な効果、食べ方、使い方、注意点などを記載しています。

マヌカハニーの効果・効能を体験した!味は?使い方は?


もくじ

スポンサードリンク

マヌカハニーとは

1年を通じて温暖な気候である国、ニュージーランドには、さまざまな植物が自生しています。そして、その中のひとつであるマヌカの木の花からは、独特な香りを持つ美味しいマヌカハニーを採取することができます。

ニュージーランドでは、古くからマヌカハニーを民間薬として珍重してきたといわれ、美容や健康の増進に役立ててきたといいます。現在、ニュージーランドはハチミツの消費量が世界一であるといわれていますが、これは、マヌカの木に守られてきた原住民の思いが子孫に受け継がれ、守られ続けてきたということなのでしょう。

また、マヌカの花は11月~1月に見ごろを迎えますが、マヌカハニーはこの3カ月という短い期間のみ採取されますので、その希少性は高いと考えることができます。

マヌカハニーとはちみつの違い

ハチミツなんてどれも同じ…そうお考えの方、実は、ハチミツはどれも同じではないんですよ。たとえば、私たち日本人が普段口にしているハチミツの多くは、アカシアやレンゲの花から採取されますが、マヌカハニーはマヌカの花から採取されます。

つまり、まずこの原料となる植物に違いがあるということがわかりますね。ですが、一般的なハチミツとマヌカハニーの違いは、これだけではありません。一般的なハチミツもマヌカハニーも、ともに殺菌作用があるといわれていますが、一般的なハチミツは熱を加えることによってその殺菌作用を失いますが、マヌカハニーの殺菌作用は熱を加えても失われることがありません。さらに、マヌカハニーには、MUFという独自の抗菌成分も含んでいます。

また、一般的なハチミツは量産性が高く安価な製品が多く流通していますが、マヌカハニーは希少性が高いため量産性が低く、一般的なハチミツと比較した場合では、価格がやや高額な設定となっています。

マヌカハニーの栄養成分

マヌカハニーには、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシンといったビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKなどのビタミン類が豊富に含まれています。さらに、ミネラル成分である鉄、マンガン、カルシウムも豊富に含まれています。

ビタミンB群はエネルギーの生産をはじめ、健康な粘膜や皮膚の維持、疲労回復、成長促進などに貢献すると考えられているため、私たちが美容と健康を維持する上で欠かすことのできない栄養成分です。

また、ミネラル成分は鉄欠乏性貧血の予防や骨粗鬆症予防に役立ちますので、これもまた、私たちにとってなくてはならない栄養成分であるということがわかりますね。

ビタミン類やミネラルはサプリメントからも摂取することもできますが、マヌカハニーひとつでこれらの成分を摂取することができるとしたら、経済的にもお得かもしれませんね。

マヌカハニーの発がん性について

美容と健康に良いとされるマヌカハニーですが、「発がん性の疑いがあるのでは?」という声が一部で挙がっているようです。では、なにを根拠にこのような声が挙がることになったのでしょうか?

それは、マヌカハニーに含まれている”メチルグリオキサール”という成分が発端となったようです。一部の研究によると、「一部の糖尿病性血管障害の患者さんの体内に存在する、メチルグリオキサールが高かった」という報告が挙がっています。ですが、糖尿病とメチルグリオキサールの因果関係については研究途中であるため、この成分と発がん性との関係については、現在までにはっきりと解明されてはいません。

つまり、メチルグリオキサールが含まれているから発がん性がある、という考え方は、噂が独り歩きしたものであると考えることができるということです。
参考: http://any-stress.com/manuka-honey-carcinogenic

マヌカハニーの効果・効能

それでは具体的に、マヌカハニーの効果や効能について見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

殺菌効果

マヌカハニーの殺菌効果の根拠となる成分、それは上記でご紹介したメチルグリオキサールです。この成分はバクテリアなどの原因菌に対して高い殺菌力を持つと考えられ、副鼻腔炎の予防や改善、切り傷や擦り傷の改善、抗炎症などの効果を期待することができるとされています。

虫歯予防

マヌカハニーで歯磨き。そう聞くと、ハチミツで歯磨きするとよけいに虫歯ができる原因になるのでは?という疑問が湧き上がってくるのではないでしょうか。

たとえば、白砂糖に含まれるスクロースは口内を酸性に傾けて虫歯を誘発しますが、マヌカハニーに含まれているフルクトースとグルコースは、同じ糖分であっとも虫歯ができにくいとされています。

また、マヌカハニーのUMFは抗菌作用を持つ成分ですので、歯磨きで虫歯の原因になるということはなく、逆に虫歯予防に役立つと考えられています。

風邪予防

 
マヌカハニーは栄養豊富な食品ですので、それだけで体力の維持や疲労回復に役立ちます。そして、マヌカハニーが持つ抗菌・殺菌作用は風邪予防やインフルエンザ予防にも役立ちます。

特に妊婦さんの場合では、風邪やインフルエンザ予防をしたくても、うかつに薬を服用してしまっては危険です。このようなときにマヌカハニーを摂取すれば、基本的に赤ちゃんに悪影響を与えることがないので良い方法ではないでしょうか。

※医師に相談することをおすすめします。

美肌効果

マヌカハニーにはビタミン類やミネラル類といった、私たちのお肌が喜ぶ成分がたっぷりと含まれています。日本には古くから”ハチミツ美容法”が存在していますので、ハチミツの美肌効果をご存じの方は多いことでしょう。

ですが、マヌカハニーは一般的なハチミツよりも高い栄養素と抗菌作用を持っていますので、さらに素晴らしい美肌効果を期待することができます。

ニキビケア

私たちの顔の表面には、アクネ菌をはじめとする常在菌が何種類も存在しています。そして、この中のアクネ菌が増殖することが、ニキビを作り出す原因となります。マヌカハニーには高い抗菌・殺菌効果を期待することができますので、アクネ菌の増殖を抑制し、ニキビ予防やニキビの改善に役立ちます。

ダイエット効果

マヌカハニーは、ダイエットにも役立ちます。ダイエットを途中で挫折してしまう1番の理由、それは空腹感なのではないでしょうか?また、甘いものを食べることができないというストレスから、イライラすることもあるでしょう。

マヌカハニーに砂糖と同等の甘さを求めた場合、必要とする量は砂糖の約3分の1程度。また、砂糖は体内に吸収されやすく、摂取後すぐに血糖値が上昇しますが、マヌカハニーは砂糖よりも体内への吸収スピードが遅いため、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

つまり、ダイエット時に甘いものが欲しくなったときに役立ち、血糖値の急上昇を防ぐマヌカハニーには、ダイエットサポートの効果を期待することができるということです。

また、マヌカハニーにはダイエット時に不足しがちなビタミンB群やミネラルが含まれているため、これらの栄養素の不足によって起こる体調不良防止にも役立ちます。

マヌカハニーのUMFとMGOについて

マヌカハニーについて調べていると、UMFやMGOというアルファベットの文字が見つかることがあります。では、これらはなにを意味しているのでしょうか?

UMFとは、ユニーク・マヌカ・ファクターの略で、ニュージランドのピーター・モラン博士が発見した数値です。数値の表示には5+、10+、16+、20+、25+などがあり、マヌカハニーに含まれている抗菌成分の濃度を示しています。この数値は大きくなるほどに抗菌力が強くなります。

一方MGOとは、1㎏のマヌカハニーに含まれているメチルグリオキサールの含有量を数値で示したもので、実際の製品では、MGO100、MGO200というような表示となっています。これもまた、数値が大きくなるほど抗菌力が高くなります。

つまり、これらの数値は抗菌成分の濃度(UMF)とメチルグリオキサールの含有量(MGO)という違いがあるということです。

効果を出すにはどの数値を選べばいいの?

UMFなのかMGOなのか、どちらを基準にしたらよいのか、よくわかりませんよね。UMF10+ではMGO100に換算することができ、ニュージーランドではUMF10+ではMGO100以上の製品であった場合には、「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれ、医療用マヌカハニーとして認められています。

では、どちらの数値を基準にマヌカハニーを選べばよいのでしょうか?

それは、MGOの数値です。というのは、UMFとMGOの計測方法を比較した場合に、MGOの計測方法のほうがより正確な数値を得ることができると考えられているからです。

マヌカハニーはどこで買える?

マヌカハニーは、専門店の通販、KALDIコーヒーファーム公式オンラインショップまたは店舗内、コストコの店舗内、成城石井の店舗内、TOMIZ(富沢商店・高島屋、伊勢丹、ルミネないなどに出店)店舗内、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングなどで購入することができます。

ちなみに、筆者はeマヌカどっとこむという専門店の通販で購入しました。これらの製品は、それぞれにUMFやMGOの値に差がありますので、購入の際にはきちんと確認するようにして下さい。

また、ロフトなど美容関連製品を数多く取り扱っているショップも調べてみましたが、ロフトではマヌカハニーそのものの取り扱いはなく、マヌカハニーを配合しているボディケア製品のみ、取り扱っているようです。

マヌカハニーの保存方法と注意点

マヌカハニーは、容器のフタをきちんと閉めておけば常温保存でOKです。ただし、夏場の暑い時期は、できる限り冷暗所で保存することが望ましいといわれていますので、容器に直射日光が当たらない場所で保存しましょう。

また、冷蔵庫で保存する場合では、マヌカハニーが固まってしまうことがありますので、使用前には常温に戻しましょう。常温に戻っても固まってしまった部分があるのであれば、容器ごと湯せんすると元の状態に戻すことができます。

保存方法や場所、容器について

まず、容器のまま保存するのであれば、上記の方法でOKです。ですが、いったん容器から出して器に空けたのであれば、冷蔵庫での保存とします。また、その際の容器はできる限りフタ付きで密閉性が高いものが望ましいです。

妊娠中や授乳中も使える?

妊娠中や授乳中であっても、もマヌカハニーの摂取は可能です。妊娠中や授乳中に於ける医薬品の服用には注意を払わなくてはなりませんが、マヌカハニーは豊かな自然の恵みを原材料としていますので、摂取したからといって赤ちゃんに悪影響を与える心配はまずありません。

妊婦さんの中には、風邪予防にマヌカハニーを摂取しているという方も存在しているそうで、これは実に合理的な風邪予防であると考えることができます。

また、妊娠中にはつわりなどの辛い症状が現れやすく、歯磨きペーストの臭いだけで気分が悪くなってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなときには、マヌカハニーでの歯磨きがおススメ。マヌカハニーは、一般的なハチミツよりもやや癖がある味ですが、ほんのりとした甘味がお口の中に広がり、楽しみながら歯磨きを行うことができます。

ただし、小さなお子さんのマヌカハニーの摂取に関しては注意が必要。マヌカハニーをはじめとするハチミツ類には、ボツリヌス菌という菌が混じっていることがあり、毒性を持つこの菌が、抵抗力の弱い小さなお子さんの体内に入り込むと、乳児ボツリヌス症という症状を発症してしまう恐れがあります。

小さなお子さんの中でも、特に1歳未満の赤ちゃんにはマヌカハニーを食べさせないよう、注意して下さいね。

血糖値が高めの人は摂取しない方が良い?

血糖値の上がりやすさの値は、GI(グリセミック・インデックス)値という数値で示されます。そして、糖質を含む食品は全般的にGI値を高くすると考えられています。ではやはり、もともと血糖値が高めの方はマヌカハニーの摂取を控えるべきなのでしょうか?

医学的な研究結果によると、一般的なハチミツが持つGI値は80超えとなり、「高GI値」食品に分類されますが、マヌカハニーが持つGI値は48~67程度であるといわれ、「低GI値食品」または「中GI値食品」として分類されます。

つまり、マヌカハニーの摂取そのもので血糖値が上昇する心配はないということになりますので、血糖値が高い方であっても、マヌカハニーであれば摂取することが可能であると考えることができるということです。

また、マヌカハニーの大きな特徴のひとつには、砂糖や一般的なハチミツよりも強い甘味を感じるという点が挙げられ、これによって糖質の過剰摂取を防ぐ効果を期待することができます。

ただし、マヌカハニーであっても糖質であることには違いありませんので、食べ過ぎてしまわない注意は必要です。例を挙げるのであれば、ティースプーン1杯程度のマヌカハニーをヨーグルトに混ぜて食べる程度では、血糖値を上昇させる心配はまずないということです。

もっとも、マヌカハニーを1度にお茶碗1杯分食べてしまうことなど、まずあり得ませんよね?これは極端な例ではありますが、このように極端な過剰摂取さえしなければ、マヌカハニーはむしろ健康に役立ちますので、積極的に摂取しておきたい食品であると考えることができます。

※血糖値が高い方は摂取前に必ず医師にご相談ください。

加熱はOK?

一般的なハチミツの場合では、熱を加えることによって、本来持っている抗菌・殺菌力が失われてしまうと考えられています。ですが、マヌカハニーに含まれる抗菌・殺菌成分であるメチルグリオキサールは熱に強いという特性を持っていますので、加熱してもその力が衰えることはありません。つまり、マヌカハニーは加熱OKということです。

賞味期限について

筆者が購入したマヌカハニーは、賞味期限が2019年の7月となっています。つまり、保存方法に注意を払いさえすれば、約3年間、美味しさを損なわないマヌカハニーを楽しめるということです。

でも、3年間ってちょっと長いのでは?という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。マヌカハニーをはじめとするハチミツには、もともと強い抗菌・殺菌力を持っています。このため、きちんと密閉さえしておけば容器の内部でバクテリアなどの細菌が繁殖することができません。

腐敗の原因となる菌に侵されてしまわなければ、マヌカハニーは腐敗することがありませんよね。つまり、これが3年間という長期間の賞味期限の裏付けとなっているということです。

それではここで、賞味期限について少しだけ触れておくことにしましょう。
食品には、賞味期限または消費期限の表示が義務付けられており、これらは互いに異なった意味合いを持っています。

まず賞味期限ですが、これは製品の味が損なわれずに、製品本来の味を楽しむことができる期間を指し、これが消費期限になると、製品の品質を損なわない期間ということになります。

マヌカハニーをはじめとするハチミツ製品の多くは、腐敗しにくいという理由からか、消費期限ではなく、賞味期限の表示となっているようです。

筆者が実際にマヌカハニーを試してみます

美容系ライターとしては、美容や健康に効果があるという製品は使ってみないわけには行きません。そこで筆者は、eマヌカどっとこむでマヌカハニーを実際に購入してみました。

これがMGO250のマヌカハニーです。
001manuka

マヌカハニーの1日摂取量とタイミング

マヌカハニーは食品ですので、いつ食べなければならないという決まりはありません。ですが、消化吸収という部分を考えるのであれば、食前がベストのようです。これにより、ピロリ菌をはじめとする体内の菌の抑性効果を期待することができるとのこと。

また、風邪やインフルエンザ予防目的でマヌカハニーを食べたあとには、しばらく歯磨きやうがいをしないこと。喉の粘膜に残っているマヌカハニーがその素晴らしい殺菌力で、喉の菌の活動を抑制し、風邪やインフルエンザ予防につながります。

マヌカハニーの気になる味

一般的なハチミツよりも甘味が強いです。そして、口の中に広がるハーブの香り。ちょっと薬っぽいかな?という印象です。これははっきりと好き嫌いが分かれる味かもしれません。

また、下記でも述べていますが、マヌカハニーは若干熱を加えたほうがハーブの香りが抑えられますので、どうしても苦手という方には、熱を加える食べ方がおススメです。

マヌカハニーの簡単な食べ方・飲み方

マヌカハニーに含まれる栄養成分をダイレクトに体内に吸収させたいのであれば、ティースプーン1杯程度のマヌカハニーをそのまま食べることがベスト。

ですが、マヌカハニーの味には好き嫌いがあり、そのまま食べるのはちょっと…という方もいらっしゃることでしょう。

そのようなときには、ヨーグルトと混ぜてみてはいかがでしょうか。
ヨーグルトにマヌカハニーを混ぜる

筆者は実際にこれで食べてみましたが、ほんの少しの量で凄い甘さ!また、ヨーグルトにマヌカハニーを混ぜたまま少し時間を置いてみる実験もしてみましたが、この場合では、ヨーグルトがやや分離してしまう感じになるので、ヨーグルト+マヌカハニーという組み合わせで食べる場合には、時間を置かずに混ぜた直後に食べた方が美味しいということもわかりました。

そして、飲み物ではコーヒー+マヌカハニーで試してみましたが、キリマンジャロのように少し酸味が強いコーヒーとはやや相性が悪い感じ。モカブレンドのようにまろやかな風味のコーヒーとは相性バッチリ!ただしこれは、あくまでも筆者の意見ですので、いろいろなコーヒーで試してみるといいと思いますよ。

次に、パンケーキ+マヌカハニーで試してみました。
<常温のマヌカハニー>
常温のマヌカハニー

<電子レンジで30秒温めたマヌカハニー>
電子レンジで30秒温めたマヌカハニー

上が常温のマヌカハニー、下が電子レンジで30秒温めたマヌカハニーです。
マヌカハニーの抗菌・殺菌成分は熱に強いという特徴を持っているため、安心して温めることができました。そして、お味は?

常温でも加熱でも、感じる甘味の強さにはそれほど差がありませんでしたが、熱を加えたほうが、マヌカハニー独特のバーブのような香りが飛んだような気がします。マヌカハニーのハーブのような風味が苦手な方は、やや熱を加えることにより、食べやすいと感じるのではないかと思いました。

マヌカハニーを肌に塗る

古くから、ハチミツは肌に良いとされ、ハチミツ石鹸やハチミツ入り化粧水などは、実際に商品化されていますね。では、マヌカハニーを肌に塗ってみたら、肌はどのような状態になるのでしょうか?

クレンジングや洗顔で使ってみる

クレンジング剤と洗顔フォームに、それぞれ2滴くらいのマヌカハニーを入れて、クレンジングと洗顔を行ってみました。
筆者が使用しているクレンジング剤はリキッドタイプですが、使用感には特に問題なし。そして洗顔料に混ぜてみたところ、若干泡立ちが悪い気がしました。

ただし、洗い上がりはとてもしっとりとした感じで、洗顔後10分、肌の水分が蒸発してもツッパリ感を感じることはありませんでした。

マヌカハニーパックに挑戦!

筆者は普段、コメヌカパックまたはヨーグルト+粉末緑茶でパックをしています。これを応用して、ヨーグルト+マヌカハニーでパックをしてみました。こんな感じです。
自摂りをしたため、少々ブレてしまって見づらいかもしれませんが、これが洗顔後にパックを塗った直後の画像です。

005manuka

そして洗い上がりは?
しっとりとした感じ。また、肌のキメが整ったような感じで、ツルツルとした感触になりました。パック後には、キャリアオイル+ミツロウの手作りクリームでケアを行ってそのまま休みましたが、翌朝も肌のキメはそのまま、いつもよりややモチッとした感じ。
メイクのノリももちろんバッチリです。

マヌカハニーで歯磨きしてみた

歯ブラシにティースプーン3分1程度のマヌカハニーをつけて歯磨きをしてみたところ…美味しい(笑)

これで虫歯予防になるのかな?と、やや不安になってしまいましたが、磨いたあとの歯はツルツル、これでオーラルケアができるのであれば、こんなに嬉しいことはありませんよ。

そして、ここでもある実験を行ってみました。それは、“マヌカハニーで食品の臭いを消すことができるのか?”
という実験です。

まずは、ワケギ。薬味によく使われるワケギは、長ネギと同等か、それ以上に強い臭いを放つことがあります。そこであえて、ワケギをたっぷりと食べたあとでマヌカハニーを食べてみることにしました。すると…ワケギの強烈な臭いが薄らいだではありませんか!

そして次は、さらに強烈な臭いを放つキムチを食べたあとにマヌカハニーで歯を磨き、マヌカハニーを食べるという実験をしてみました。キムチの臭いはワケギより強烈ですので、これはどうかな?と思っていたのですが…。

まず、歯磨きの段階でキムチの臭いが3分1程度に薄らき、さらにマヌカハニーを食べてみたところ、ほとんどと言っていいほどキムチの強烈な臭いが消えてしまいました。これにはビックリです。

コツは、マヌカハニーを一気に飲み込んでしまわずに、口の中全体に広げるような感覚で、自然に溶けるのを待つということ。そして、少しずつ飲み込んで行きます。これならば、口内だけではなく胃にもマヌカハニーが届くことになりますので、臭いが強い食事のあとに使えるテクニックとして覚えておくといいかもしれません。

マヌカハニーでハンドケアしてみた

マヌカハニーを実験的に使用してきてみて、これがいちばん衝撃的でした。なぜって、ハチミツを肌につけたままにすると、べたつくに違いないと思っていたからです。まず試しに、マヌカハニーを手の甲全体に薄くつけてみました。すると案の定、ベタベタ…。
ところがです。

その後のマヌカハニーがどのように肌に作用して行くのか確かめるために、10分程度放置していたら、なんと、べたつきが消え、マヌカハニーが肌に浸透してしまったではありませんか!そして、20分後、30分後と、時間の経過とともに、肌はツルツルに。
画像だとわかりにくいかもしれませんが、こんな感じです。

マヌカハニーでハンドケアしてみた

そして、夜のハンドケアにもマヌカハニーは使えますよ。まず、寝る前にマヌカハニーを手の甲と指につけて、マッサージしながら肌に馴染ませます。そして、コットンの手袋で肌を保護して、そのまま朝まで…。これだけで、翌朝の手の甲や指のコンディションが格段に違います。手荒れに悩む方はぜひ、マヌカハニーを使ったこの方法で、ハンドケアを行ってみて下さいね。こんな感じです。

007manuka
また、手持ちのハンドクリームを携帯用の容器に少量移し、そこへマヌカハニーを1滴程度混ぜたものを持ち歩けば、いつでもどこでもお手軽にハンドケアを行うことができますので、とても便利ですよ。

マヌカハニーを使ってみた感想

まずはじめに感じたのは、”ずいぶんお値段が高いハチミツだな”ということ。ところが、いざ食べたり肌につけたりしてみると、意外な効果をもたらすことがわかり、ただのハチミツではないということがわかりました。

たとえば、臭いの強い食事のあとには緑茶やウーロン茶、牛乳を飲むという方法が、古くからの生活の知恵として知られていましたが、マヌカハニーにはそれよりも高い口臭予防効果があることがわかりました。

そして、圧巻はハンドケアです。まさか、マヌカハニーにここまでの浸透力があるなんて…。本当に驚きました。
ただ食べるだけではなく、あらゆる美容ケアに応用することができるマヌカハニーは、紛れもないスーパーフードであり、スーパースキンケアアイテムですね。

使用前は”値段が高い”と感じていたマヌカハニーでしたが、工夫次第でさまざまな使い方ができることを考えると、マヌカハニーは決して高額な製品ではありません。ちょっと楽しくなってきたので、ほかにもどのような使い方ができるのか、あれこれと試してみたいと思っています。

また、最後になりますが、読者の皆さんに注意して頂きたいことがあります。文中の中でも述べていますが、現在流通しているマヌカハニーにはさまざまな種類があり、その中には、

“ニュージーランドではUMF10+ではMGO100以上の製品であった場合には、「アクティブ・マヌカハニー」と呼ばれ、医療用マヌカハニーとして認められています”

というくだりがありましたよね?思い出しましたか?

つまり、皆さんがマヌカハニーを選ぶ際にも、この部分に注意を払って頂きたいということです。筆者が購入したマヌカハニーの場合では、MGO250となり、上記の条件をクリアしている製品であることがわかります。

マヌカハニーはどれも同じではありませんので、皆さんがマヌカハニーを選ぶ際にも、UMFまたはMGOの数値にくれぐれも注意して下さいね。

スポンサードリンク

PAGETOP