手・足の指毛処理方法まとめ

手・足の指毛処理方法まとめ
手足の指毛は他人からも見えやすいですし、生えていると自分でも気になりますよね。
せっかく綺麗にネイルしてても指のムダ毛があっては魅力半減です。

この記事では手と足の指毛のあらゆる自己処理方法と脱毛サロン・クリニックでの指毛脱毛に必要な情報をまとめてあります。

カミソリはダメ!なんてことは言いません。お肌のことを考えるといつかは卒業して欲しいですが、きちんとケアをすることでダメージを最低限に抑えられるので、ぜひ正しいケア方法を知ってください。

スポンサードリンク

もくじ

指毛を自己処理する

指毛は可能な限りゼロの状態が望ましいのですが、どのような自己処理方法があるのでしょうか。
メリット・デメリットを見ていきましょう!

カミソリで指毛を剃る

カミソリはいちばんお金をかけずにできる自己処理方法ですよね。
指毛のような凹凸が激しい部分を剃るならI字タイプの安全カミソリを使うと怪我をしにくいです。

カミソリは肌を傷めるから自己処理方法としてはオススメしないという意見もありますが、指毛を外出前に処理するときなどにはやっぱり重宝しますよね。

カミソリで指毛を剃るなら剃ったあとのケアを忘れずに。
カミソリを使った後の肌は角質がガビガビにめくれていて外からの刺激を受けやすい状態です。そのままにしておかないで手の指ならハンドクリームを軽く伸ばして保湿して、足指もボディクリームを塗ってあげてください。

指毛は見た目や肌の負担を考えると将来的には脱毛してしまいたいところですが、それまでの期間も生やし放題というわけにはきません。簡易的な処理用に安全カミソリが1本あると便利だと思います。

カミソリを使うなら必ず切れ味の良いものを使ってください。切れ味が鈍ったカミソリを使うと何度も肌を往復させないと剃れないので肌の負担につながります。

それから、お風呂での指毛処理だけはすぐにでもやめて下さい。お風呂にカミソリを常備しているなら今日にでも取り除いて下さい。
お風呂は人間にとって気持ちの良い場所ですが、十分な湿度と温度がある浴室は細菌にとってもこの上ないくらい心地良い場所なんです。

お風呂に置いているカミソリには目に見えない細菌がウジャウジャ・・・と思っていて間違いありません。
菌が付着したカミソリで自己処理をすることでニキビや炎症に繋がることもあります。

家族と一緒に住んでいるとお風呂場以外での自己処理は難しいかもしれませんが、メイク道具に安全カミソリを入れておけば指毛の処理くらいなら大丈夫では?どうしても難しい場合は次の電気シェーバーでの処理を検討してみてください。

電気シェーバーで指毛処理

電気シェーバーはそこまで高価ではありませんので、お小遣いでも購入できると思います。カミソリ処理の次のステップにすることができます。
脱毛サロンに通っている期間の自己処理として電気シェーバーを進められることもあるので、持っておくと便利ですよ。

電気シェーバーは刃がむき出しになっていないので、とても安全に指毛を処理することができます。
主にI字タイプ、T字タイプがありますが、指毛の処理にむいているのはI字です。
それから、こちらも今人気を集めている電気シェーバーです。
電気シェーバーで指毛処理
さらつや フェイス&ボディーシェーバー 参考価格2,900円

クルクルと肌の上を回転させながら滑らせるだけで指毛を剃ることができるのでとても安全ですし、見た目もかわいいですよね。
顔の産毛処理にも使えて、刃の部分を取り外して洗うことができるので衛生面も安心です。
hand_saratsuya2

I字カミソリやシェーバーでの自己処理を家族に見られることに抵抗がある方でも、コレをクルクルするくらいだったら気持ち的な負担も少ないのではないでしょうか?
電気シェーバーはひとつあると何かと重宝します。自己処理が楽しくなるようなアイテムを探してみてくださいね。

毛抜きで指毛処理

毛抜きで指毛処理

毛抜きは仕上がりがキレイですし価格もそこまで高くないのでつい使いたくなりますが、注意したいのは埋もれ毛と毛穴の黒ずみ、そして切れ毛です。
毛抜きを使ったあとの毛穴は実はすごいダメージを受けているんです。このダメージによって毛穴の黒ずみは生まれるので、毛抜きを使うたびに黒ずみに近づいているということに!

ポッコリ開いた毛穴をそのままにしておくと次に生えてくる毛が埋もれ毛になることもありますし、毛抜きを続けていると確実に毛穴の色素沈着に繋がります。

また、乱暴に指毛をひっぱって切れてしまって結局カミソリの出番・・・という経験をしたことがある女性は多いはず!
毛抜きを使うなら少々高くても1回で確実にムダ毛を掴んでくれるものを選んで下さいね。
そして、毛抜きでの指毛処理はできるだけ早く卒業しましょう。

除毛クリームで指毛処理

指毛は除毛クリームを使いやすい部位なので、クリームの使用はけっこうオススメです。説明書どおりにきちんと使用することで面白いくらいキレイに処理できますよ。
指のシワが気になる年代の方でも、保湿効果のある除毛クリームを使用することで指毛を処理しながら保湿パックを施すことができます。

除毛クリームの注意点は肌への刺激です。特に初めて使用する際は、ヒリヒリ・ピリピリなどの刺激に注意して、塗っている間にヒリヒリを感じたら指定の時間を待たずに洗い流してください。
刺激を感じているのにそのままにしておくと思わぬトラブルに繋がることもあります。

抑毛クリームで生える頻度を遅くする

抑毛クリームの効果は指毛が生えるスピードを遅くすることなので脱毛効果はありません。今生えているムダ毛は他の方法で処理をして、抑毛クリームで生える頻度を落とすという補助的な使い方をすると良いと思います。

それってホントに意味あるの?という感じもしますが、使い方が簡単ですし除毛クリームと組み合わせて使うことで指毛を抑制し、見た目はいつでもツルツルを保つことができますよ。

鈴木ハーブ研究所の「パイナップル豆乳ローション」は化粧水と同じ感覚で指毛が気になる部分に塗るだけで保湿しながら抑毛効果を得ることができます。
公式ホームページによると、エステ脱毛後の保湿に使用すると満足感を高められるそうです。
肌は潤い、ムダ毛も抑制できて一石二鳥です。

家庭用脱毛器で指毛脱毛

家庭用脱毛器でもしっかりとした脱毛効果を得ることができるのですが、家庭用脱毛器は全ての女性にオススメできるものではありません。
オススメできるのは、継続する意思の強い方と脱毛のための時間を定期的に確実に作ることができる方です。

ケノンで指毛脱毛

ケノンで指毛脱毛
ケノンは最も人気のある家庭用光脱毛器です。爆発的に売れていて、現在でもリニューアルが行われています。
ケノンの優れたところは、
・電源式なので充電不要。思い立ったときにいつでも脱毛可能
・一発ごとのチャージスピードが早い
・操作方法が簡単
・カートリッジを付け替えることで、狭い範囲も広い範囲も簡単に脱毛できる
・美顔機能もついている!
などなど。

指毛の脱毛ももちろん可能です。

スリムカートリッジを使えば指を1本1本丁寧に処理できますし、時間がないときなどはラージカートリッジで2本ずつ処理すれば短時間で終わらせることができます。

ケノンの脱毛効果は照射のたびにスルッと抜けるのではなく、気がついたらムダ毛が細くなっていていつの間にか生えなくなっているという感じです。
照射ペースはエステのように2ヶ月も3ヶ月も待つ必要はなく、メーカー推奨頻度は2週間に1回ペースです。

最初のうちは自己処理と併用する感じになりますが、数ヶ月で指毛が気にならなくなると思いますよ。

ケノンのデメリットは、本体サイズが29cm×21.5cm×9cmとやや大きめなので、使用しないときに収納しておくスペースが必要なこと。
ドライヤーなどと同じで使っていない時間(収納している時間)の方が長い製品なので、置き場所を確保しておかなくてはいけません。

脱毛効果に関してはもちろん問題ありませんが、当然ながら定期的に継続しないと高い効果を得ることはできません。

トリアで指毛脱毛

ケノンは光脱毛器ですが、トリアはレーザー脱毛器です。
脱毛効果に関しては男性のヒゲ脱毛も問題なく行えるくらいしっかりしているとの口コミが多数あります。
トリアのデメリットは照射口が1cm四方と小さいため、全身を脱毛するには時間がかかることと、充電式のため連続使用時間が30分(プレシジョンは15分)と短いところ。
ただ指の脱毛に30分もかかることはありませんので、指毛脱毛のためにこれからトリアを購入するならプレシジョンでも十分です。

ケノンもトリアも今生えているムダ毛に作用する脱毛器なので、脱毛期間中は毛抜きやワックスなどで指毛を抜くことは控えて下さいね。脱毛効果を得られなくなりますよ。

ワックスで指毛脱毛

ワックス脱毛は何十年も前からある脱毛方法なので試したことがある方もいらっしゃると思いますが、最新のワックス脱毛剤は顔にも使えるくらい安全で、オーガニック成分でできたものも販売されています。
シリコン素材でできていて電子レンジで溶かして使用する鼻毛専用のものなどもありますよ。

ムダ毛を毛根から一気に抜くので仕上がりがとてもキレイで、古い角質も一緒に取り除いてくれるので触り心地もツルツルになります。家庭用脱毛器と比べるととても安価なので、お小遣いで買えるのも嬉しいポイントですね。

ワックス脱毛のいちばんのデメリットは出血、炎症などの肌への刺激です。それからしっかり固まってから剥がさないと指毛が抜けない、ワックス剤が肌に残るなどのトラブルが起こることもあります。
最初の数回は失敗する可能性もかなり高いですが、慣れたら指毛だけでなくいろいろな部位を毛根から根こそぎ抜き去ることができます。

抜く・剃るのリスク

毛抜きやカミソリなどで指毛を抜く・剃るという自己処理はとっても簡単にできるので、リスクと言われてもピンとこないかもしれませんが、続けているとトラブルに繋がることもあります。
ここでは、指毛を抜いたときと剃ったときのそれぞれのリスクをご紹介します。

色素沈着のリスク

指毛を抜くたびに毛穴は炎症を起こしていて、この炎症を繰り返すと毛穴のひとつひとつが黒ずんできます。この黒ずみが色素沈着なんです!
数回の毛抜きでわかる症状ではないため平気なんじゃないの?と思いがちですが、毛穴は悲鳴を上げています。繰り返しになりますが、毛抜きで抜くのはできるだけ早くやめましょう!

指毛を剃ることでも色素沈着はおこります。
カミソリで色素沈着が起こる原因は摩擦やカミソリ負けによる炎症など。こちらも長期間行うことでいつの間にか黒ずみができてしまうのがやっかいです。

埋没毛のリスク

埋没毛は皮膚の下で指毛が成長することで起こります。
埋没毛の見た目は皮膚直下で直線状にムダ毛が横に伸びている、とぐろを巻くようにグルグルしているなど。

本来ならまっすぐ上に向って生えるはずの指毛が皮膚の中で伸びてしまう原因は、毛抜きで毛根が引っ張られて毛穴の向きが変わることなど。毛穴内部の炎症が原因で起こることもあります。

毛抜きの使用をやめることでかなり回避できる症状なので、やっぱり毛抜きは控えた方が良さそうですね。

埋没毛を見つけるとつい突っついてムダ毛を掘り出したくなりませんか?これをやると黒ずみが起こるのでダメですよ~。
もしできてしまったらまずはスクラブ剤でやさしくマッサージしてみてください。軽症なら毛穴をふさいでいる角栓が取り除かれて埋没毛が顔を出してくれます。

毛包炎のリスク

毛包炎(もうほうえん)とはニキビのようなプチッとした炎症です。原因は毛穴にブドウ球菌が繁殖すること。自然治癒することも多いですが、繰り返す場合は自己処理の方法が間違っている可能性が高いですよ。

主に毛抜きを使用することで起こります。どうしても毛抜きを使いたいなら、自己処理は肌が清潔な状態で行う、毛抜きは定期的に洗うなど衛生面を整えるのも毛包炎を予防する方法のひとつです。

色素沈着は刺激を受けた肌がその部分を守るためにメラニン色素を生成することで起こります。埋没毛、毛包炎も自己処理を行うことで発生する可能性が格段に高まるので、回避するには自己処理をやめることがいちばんです。

とはいえ全く処理しないわけにはいかないので、結局のところ脱毛してしまうのが確実な対策です。
次は指毛を思い切って脱毛する場合のお値段や必要な回数などを解説します。

脱毛サロン・クリニックで指毛を脱毛する

脱毛サロンでもクリニックでもどちらでも指脱毛を行うことができます。小さい部位なのでお値段もそこまで高くありません。
検討する価値はとても高いのですが、そもそもサロンとクリニック、どっちで脱毛するべきなのでしょうか。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、忠実な立場から両方の良さと注意ポイントを挙げてみます。

光脱毛とレーザー脱毛どっちにする?

光脱毛とレーザー脱毛、どちらで脱毛をするべきか迷うところですよね。
指毛は範囲がとても狭いので、目立つ黒い指毛を綺麗にするくらいならそこまで高額にはならないので、最初から確実に脱毛効果を得たいならレーザー脱毛が安心です。

ただ、やっぱり光脱毛の方がサロンを選びやすいし、なんとなく気軽さがありますよね。
そこでオススメしたいのは、最初は脱毛サロンで様子を見て思ったより抜けなかったらスパッと医療レーザーに切り替えること。

光脱毛のデメリットとしてよく言われていることは
・光脱毛は効果が弱い
・また生えてくる

など、効果の面に関することだと思います。

一方、よく耳にする医療レーザー脱毛のデメリットは
・医療レーザー脱毛は痛い
・値段が高い

など、痛みとお値段に関することが多いのではないでしょうか。

これらのデメリットはある意味本当のことですが、光脱毛vs医療レーザーを中立な利用者の立場で考えたときにちょっと説明不足な気もします。
ひとつずつ解説しますので、自分にとってどっちが良いのか考えてみて下さいね。

◆光脱毛は効果が弱い?
これは、「医療レーザーと比べると光脱毛は効果が弱い」というのが正解です。
確かに医療レーザーの方が効果が高いんです。ですので、脱毛完了までに必要な回数は医療レーザーの方が少ないです。

ただ、レーザー脱毛よりも効果が弱いとはいえ、光脱毛でも回数を重ねればしっかりした脱毛効果を得ることはできますよ。
それでもどうしても効果が弱いと言われているのがひっかかる・・・という方は最初から医療レーザーを選択した方が後悔しないと思います。医療レーザーは、お値段は高いですが効果はお墨付きなので。

◆光脱毛はまた生えてくる?
この、また生えてくるという言い方もちょっと極端だと思います。
ほんの一例ですがこの写真を見てください。10年以上前に光脱毛で処理した腕です。
10年以上前に光脱毛で処理した腕
生えてきてないですよね?
この写真は私の腕なんです。脱毛が完了してから現在まで10年以上自己処理は一切行っていません。生えてこないので処理する必要がないんです。

照射漏れや毛周期の影響でうまく照射できなかったムダ毛が残ってしまうことはあるので、光脱毛でも1本残らず処理できますとは言いませんが、十分効果はありますし、効果は持続するというのが経験者としての意見です。

実際にまた生えてきた!という口コミもあるので否定はできないのですが、光脱毛はまた生えてくると言い切るのは少々乱暴に感じます。

◆医療レーザー脱毛は痛い?
こちらも正確に言うと「医療レーザー脱毛は光脱毛と比べると痛い」になります。
確かに痛いですが、痛みが軽減されているレーザー脱毛器もありますし、指毛だったら痛みでリタイアすることはまずありません。

ちなみに、一般的な光脱毛もそこそこ痛いですよ。VIOラインなんて人によってはうっすら涙が浮かぶくらい痛いんです。(ハイパースキン脱毛は本当に痛くないです)

ゼッタイに痛くない脱毛が良いという方には麻酔ナシのレーザー脱毛は不向きです。痛いですから。ディオーネなどのハイパースキン脱毛を選ぶのが正解です。

痛いのはイヤだけどお財布に余裕があって効果が高い脱毛方法が良いという方は、レーザー脱毛の1回コースをやってみて、自分で体験してみるのがいちばんオススメ。

スタッフさんに痛みに弱いことを伝えたら配慮してもらえますので、遠慮せずにしっかり伝えて下さいね。

◆レーザー脱毛は値段が高い?
これも「医療レーザー脱毛は光脱毛と比べると高い」になります。もっと正確に言うと、光脱毛よりも単価が高い、です。

例えば光脱毛サロン大手のミュゼの場合、手指甲の脱毛は8回で12,000円ですが、医療レーザー大手の湘南美容外科の場合9回で39,280円です。
確かにレーザー脱毛の方が高いですが、レーザー脱毛に必要な回数は光脱毛の半分~3分の2程度と言われています。

光脱毛で8回必要なところをレーザー脱毛で行えば4回で済んじゃうかもしれないんです。
恐らく、半分で済んだとしても総額はレーザー脱毛の方が若干高くなると思います。だけど、通う手間も半分、交通費も半分と総合的に考えるとレーザー脱毛をチョイスするメリットも大きいですよ。

どうでしょう。どちらの方法にもメリット・デメリットがあると思いませんか?
あとはあなたが何を優先したいかで決めれば良いと思います。
目安ですが

★ゼッタイ安い方が良い
★美容室のようにいろんなサロンの中から選びたい
★痛みが少ない方が良い
こんな方は光脱毛が向いています。

☆安さよりも脱毛効果が最優先!
☆医療機関の安全性は必要と思う
☆脱毛はサロンじゃなくて医療機関でやりたい
このタイプの方はレーザー脱毛が向いています。

何回程度でツルツルになる?

光脱毛の場合、指や膝こぞうなどの皮膚のすぐ下に骨があるような部位は効果が出にくいので、黒くてしっかりとした指毛は6回程度で目立たなくなりますが細い産毛のような毛まで満遍なく処理するなら10回以上かかります。
レーザー脱毛なら6回程度の照射で全体的にかなり目立たなくなります。
回数だけで考えるとレーザー脱毛の方が確実に少ないですよ。

指毛だけの脱毛はしてくれる?

大抵のサロン・クリニックによっては指毛だけというコース設定はなく、甲+指となっています。
どうしても指毛だけで良い場合は相談すると良いですよ。けっこう柔軟に対応してもらえることもあります。特に個人店は柔軟です。
また、気になるサロンの公式ホームページに指毛脱毛プランの記載が無くても店舗で案内していることもあるので、まずは確認してみてくださいね。

ここからは大手サロン・クリニックと穴場サロン・クリニックの指毛脱毛プランをご紹介します。
値段の比較にもなりますので、ぜひご確認くださいね。

脱毛サロンで指毛脱毛

脱毛サロンの指毛脱毛は価格が安いので、ちょっとお財布に余裕があればローンを組まなくても大丈夫ですよ。
指毛脱毛に検討したいサロンはこちらです!

ミュゼで指毛脱毛

ミュゼの部位脱毛料金はS・M・Lのパーツサイズごとに単価が決まっていて、指毛は手でも足でもSパーツで甲+指のセットになります。

★ミュゼの甲+指毛脱毛料金
2回コース:6,000円
8回コース:12,000円
12回コース:18,000円

手と足両方を脱毛するなら2倍の料金になります。
現在、ミュゼはアプリのダウンロードで全プラン50%オフというキャンペーンを行っているんです。このお値段はキャンペーン適用価格になります。

結構お得度が高いのですが、ミュゼは店舗によっては予約が取りにくいのが気になるところ。アプリを使えば空き枠が出たら通知してくれるので、ミュゼに通うならアプリダウンロードは必須ですよ。

ミュゼはキャンセル料が無料なので当日キャンセルもかなり多いんです。2ヵ月後などちょっと先の予約よりもキャンセル待ちの直前予約の方が取りやすいこともあります。

ミュゼプラチナムの詳細、今月のキャンペーンを確認する

エピレで指毛脱毛

エピレの指毛脱毛も、甲と指のセットになります。

★エピレの甲+指毛脱毛料金
2回コース:6,000円
4回コース:9,000円
6回コース:13,500円
8回コース:17,600円
12回コース:26,400円(Sパーツ1回無料!)
16回コース:33,200円(Sパーツ2回無料!)
18回コース:37,350円

かなり細かく分かれていますね!
まずは1回だけ試してみたいという方にぴったりのキャンペーンがあるので、こちらもご紹介します。

★19部位から選べる2か所脱毛プラン
エピレを初めて利用する方むけのキャンペーンで、気になる部位2か所を1回ずつお試し脱毛することができるんです。
お値段はなんと2か所で980円。
もちろん、手の指+甲と足の指+甲も対象部位なので、たった980円でそれぞれに1回ずつ照射してもらえます。

光脱毛でもちゃんと効果を得られるのか確かめたい方は、このキャンペーンの利用が最適です。
ちなみにエピレはTBCプロデュースの脱毛サロンなので甲+指の脱毛料金はTBCも同じ金額ですが、このキャンペーンはTBCでは行っておらずエピレでしか利用することはできません。

エピレの詳細、今月のキャンペーンを確認する

ジェイエステで指毛脱毛

ジェイエステの指毛脱毛プランは指と甲のセットになり、料金は回数が多くなると割引率が上がる設定になっています。

★ジェイエステの甲+指毛脱毛料金
1回~3回コース:2,500円/回
4回~7回コース:2,000円/回
8回以上:1,800円/回

3回なら2,500円×3回で7,500円、6回なら2,000円×6回で12,000円、8回なら1,800円×8回で14,400円ですね。
手と足の指と甲をそれぞれ1回ずつ脱毛したとしてもあわせて5,000円です。エピレの980円にはかないませんが、お試し料金としてはアリなのではないでしょうか。

ジェイエステの詳細、今月のキャンペーンを確認する

RinRinで指毛脱毛

先にご紹介した3サロンは誰もが知っている大手サロンという感じですが、実力はありつつも派手な宣伝広告をしていないため全国的に知られていないサロンもあります。
実は金額的にはこういったサロンの方がお得だったりするんですよ。

RinRin(リンリン)は東海地方を中心に展開しているサロンさんなので、関東圏の方には馴染みがないかもしれませんが、すごくリーズナブルな脱毛サロンなんです。
ホントにものすごく安いので、まずは料金をチェックしてみてください。ミュゼのキャンペーン適用価格よりも安いんですよ♪

★RinRinの甲+指毛脱毛料金
1年4回:9,800円
2年8回:12,800円
3年12回:14,800円

こちらの金額は手と足それぞれ甲+指のセット料金です。

なぜリンリンの脱毛料金がこんなに安いのかというと、脱毛器メーカーが経営している脱毛サロンだから。そもそものマシン導入コストが他店とは比べ物にならないくらい安いことから低価格のサービスを提供しているんです。
使用しているマシンは当然ながら日本製ですし、自社マシンなのでより効果的な使用方法をスタッフさんも熟知しています。

自分のところのマシンだから安いって安心だし最強ですよね(笑)
カウンセリングと脱毛体験はどちらも無料なので、脱毛効果の確認もできます。

RinRin利用者さんによると、サロンの内装がちょっと安っぽいというかチープな印象という声も見られます。豪華な内装のサロンが良い方はちょっと物足りないかもしれませんが、安さで決めたい方には最適です。

クリニックで指毛脱毛

レーザー脱毛はクリニック・医療機関じゃないとできません。
まずは医療レーザー脱毛を積極的に行っているクリニックをご紹介します。

湘南美容外科で指毛脱毛

湘南美容外科はほぼ全国に院があるので、通いやすさで言えばナンバーワンのクリニックです。
指毛脱毛料金設定は指+甲のセットになります。

★湘南美容外科の甲+指毛脱毛料金
1回コース:6,070円
3回コース:17,410円
6回コース:28,750円
9回コース:39,280円

レーザー脱毛でもさすがに1回の照射でカンペキにムダ毛をなくすことはできないので1回コースはお試しのような感じになりますね。
9回コースを足と手のそれぞれ行うとすると、合計78,560円になります。指毛の脱毛に約8万円は高いなぁという印象ですが、確実性を求めるならこれくらいはするのかな~。
関東圏のクリニックに通える方は、次のアリシアクリニックもぜひチェックを!

湘南美容外科の詳細は以下をご覧ください。

アリシアクリニックで指毛脱毛

アリシアクリニックは東京・神奈川・千葉に8院を構えるクリニックです。
通える方が限られてしまいますが、お値段がとにかく安いんです。

★アリシアクリニックの甲+指毛脱毛料金
5回コース:13,750円
8回コース:19,800円
脱毛し放題:26,400円

脱毛し放題でも湘南美容外科の9回コースよりも安いとは衝撃的じゃないですか?湘南美容外科が高いわけではなくてアリシアクリニックが激安なんです。
通える方が限られるところが残念ですが、アリシアクリニックは安さと脱毛効果を兼ねたクリニックですよ。
池袋院のみ22時30分まで診療しているので夜間でも通うことができます。

アリシアクリニックの詳細は以下をご覧ください。

新宿マリアクリニックで指毛脱毛

新宿マリアクリニックは新宿三丁目にありますが、グループ院のマリアクリニックが町田、横浜、大宮、沖縄にあります。
ひとりひとりの希望に合わせた診療を行っていて口コミ評価が高いんですよ。

★新宿マリアクリニックの甲+指毛脱毛料金
手と足それぞれの指+甲のセット料金になります。

1回コース:4,320円
3回コース:10,000円
5回+1回保証コース:15,000円

全国展開ではありませんが、新宿マリアクリニックもけっこうお安いですよね。
3回10,000円だったら試してみても良いかもという気になるのでは?

指毛の処理をした後のアフターケア

自己処理でもサロン・クリニックの脱毛でも、指毛を処理した後にゼッタイにやって欲しいのは保湿です。

特に手の指は常に外気にさらされていて、水仕事を行う部位でもあるので乾燥しやすいんです。手荒れとまではいかなくてもなんとなくカサカサした状態を放っておくとシワの原因にもなりますよ。
脱毛後は乾燥しやすいですし、手は人目につきやすいところなので保湿を習慣にして損することはありません。

保湿で思いつく方法といえば水分と油分ですが、手の指はハンドクリームで十分です。足の指も軽くボディクリームを塗ってあげるだけで保湿になります。

肌が弱い方はハンドクリームを塗った手で顔に触れてしまうと痒みがでることもあります。いろいろな成分が配合されているクリームを手に塗りたくない方はワセリンでも大丈夫ですよ。ただし、ワセリンには水分を補う効果はありませんので、化粧水など水分を含んだ保湿材と組み合わせるなど、肌の様子を見ながら工夫してみてください。

脱毛するなら指を日焼けから守ろう

手の指はもちろん、サンダルを履いていると足の指も気がつかないうちに日焼けします。日焼けをするとサロン・クリニックで脱毛することはできないので日焼けにも気をつけて下さい。

日焼け止めは1日1回塗るだけでは不十分です。
指にも丁寧に塗って、夏場屋外にいるときは手を洗うたびに塗りなおすくらいの気持ちでケアしましょう。

足指の日焼け止めをこまめに塗りなおすのは難しいので、脱毛期間だけはサンダルでもソックスと合わせてオシャレを楽しむなど、足元をカバーすることをオススメします。

ワックス脱毛後に油分は禁物?

ワックス脱毛は指毛を毛根から根こそぎ抜き取る脱毛方法なので処理した後は毛穴がぽっかり開いた状態です。ワックス脱毛後2日くらいは温泉やプールなどの雑菌の心配がある行為は避けた方が無難です。

また、ワックス脱毛サロンの注意書きにワックス脱毛を行った後に油分を含んだ保湿材を使うと、毛穴が詰まって炎症に発展することが稀にあると記載があります。
クリームなどの油分を含んだケアは肌が落ち着いてから行った方が安心です。

指毛はホームケアでも処理できますが、自己処理には終わりがありません。また、自己処理を長く続けるほど、毛穴のブツブツや黒ずみが起こりやすくなって、せっかく脱毛してもブツブツが気になる肌になってしまいますよ。

指毛を自己処理をするなら正しい方法でアフターケアまできちんと行うこと。そしてなるべく早く自己処理をやめられるように本格的な脱毛も検討して下さいね。

スポンサードリンク

PAGETOP