夜会巻きが簡単に出来るやり方・コツ・アレンジ集

ここでは夜会巻きを上手に行うコツ、ロングヘア、ミディアム、ショートボブの方の基本的な夜会巻きのやり方、アレンジした夜会巻きのやり方、髪が多い方、少ない方が上手に夜会巻きをするコツなどを掲載します。


もくじ

夜会巻きに使う道具

夜会巻きに使う基本セットを紹介します。

・コーム
少し目が細かい方がキレイな夜会になります。
コーム

・ブラシ
髪全体をとかす時に使うとキレイにまとまります。
ブラシ
003yakaikihon

・ゴム
ビニールタイプが細くてしっかりしているので使いやすいです。

・アメリカピン
髪をしっかり留めます。
アメリカピン

・Uピン
<普通のUピン>
軽く固定することができます。※Uピンが取れる可能性あり。

毛をしっかり留めることも出来ますし、軽く留めることも出来ます。大きい方は髪が長い方や多い方にオススメ。小さい方は髪が短い方やちょっと留めたい時に使います。
Uピン

<片方曲げたUピン>
軽く留めるがカールなど固定したい時に使います。髪に引っかかりやすい。※Uピンが取れる可能性あまりなし。
片方曲げたUピン

<両方曲げたUピン>
頭に刺さりにくく痛くならない。髪に引っかかりやすいので1度挿すとやり直しが出来ない。カールをしっかり留められる。※髪を解く時にUピンを取ることができる位しっかり留められる。
両方曲げたUピン

・ワックス
髪全体をまとめやすくする。ツヤを出すことができる。100パーセント必要。

・ハードスプレー
おくれ毛などしっかり固定出来る。全体の形をキープする。

・夜会用コーム(かんざし)
夜会巻きするのに簡単に出来るアイテム。
夜会用コーム(かんざし)

ロングヘアの方が夜会巻きをする

ロングヘアで夜会巻きにする時のポイントを紹介します。

ロングヘア夜会巻き「基本編」

ロングヘア夜会巻き「基本編」


 
スポンサードリンク

 


<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー、かんざし(夜会巻き用コーム)            
027longyakai

<手順>
1.髪の毛がストレートの方、髪がまとまりにくい方は夜会巻きをする前にカールアイロンで毛先を少し巻いておくと夜会巻きにしやすくなります。
2.髪の毛を全体的に後ろに向かってとかします。
001longyakai
3. 手にワックスを付け、髪全体に馴染ませます。※特に髪の生え際(モミアゲ、襟足)辺りはしっかり付けておくと短い毛が出にくくなるので良いでしょう。
4.ブラシを使い髪全体を後ろにとかし、後ろの所で1つに持ちます。
002longyakai
5.持った部分から時計回りに髪をねじります。※[の]の字になる様に手を動かしてねじる。
003longyakai              
6.毛先の方までそのまま時計回りにねじっていく。ねじりながら上の方に持っていく。
004longyakai      
7.ポニーテールの位置まできたら、毛先を内側に入れる。※ねじった部分は緩まない様に上に引っ張りながらねじる。
005longyakai
8.毛先を入れながらねじれない所までねじる。※緩みがあると崩れる原因になるのでしっかりねじる。
006longyakai
9.ねじれない所までねじっても毛先が出ている場合は、毛先を丸めたりして内側に隠すように入れ込む。
007longyakai
008longyakai
入れた後↓
009longyakai
10.かんざしを持ち裏面が見える様に持ち表面に挿す。※この時表面の毛をとかすようにしながら入れると表面の毛がキレイになります。
010longyakai           
11.表面に入れたら1度かんざしの先は突き通し表面に出します。
011longyakai
12.突き刺した状態で奥まで挿します。挿したまま反対サイドの方に持っていきます。
012longyakai
13.反対サイドに持っていったらかんざしを頭に対して垂直になる様に起こします。※立てて持ち先が頭に刺さる感じにします。
013longyakai
14.立てたかんざしを反対側(左側)に倒しかんざしの表面が見える様にします。
014longyakai
倒し中↓ 
015longyakai
後ろから見た時↓
016longyakai
15.倒したらそのまま夜会巻きに刺さるように挿します。※かんざしを頭皮に沿って挿すようにするとしっかり固定されます。しっかり刺さらないとすぐ崩れる原因になります。
017longyakai
挿した後↓
018longyakai
16.コームを使い、軽くなでる様にとかす。前から後ろに向かってとかす。※表面の面を整えるだけなのでコームの刃先をしっかり入れなくてよい。写真↓
019longyakai
17.トップの出ているお団子の部分の髪の毛をUピンで留めます。
020longyakai
18.上から抑えボリュームを抑えてからピンで留める。
021longyakai
19.Uピンは上から下に挿します。
022longyakai
留めた後↓
023longyakai
横から見た時↓
024longyakai
20.全体にスプレーをかけ、おくれ毛などしっかり固定します。※特に襟足、モミアゲの部分はおくれ毛が多いのでしっかり留める。
21.完成です。
026longyakai
025longyakai

ロングヘア夜会巻き「アレンジ編」

ロングヘア夜会巻き「アレンジ編」
094longyakai
095longyakai


 
スポンサードリンク

 


<手順>
1.耳から前と後ろに分けます。
028longyakai
2.反対の髪の毛も同じく耳から前と後ろに分けます。
029longyakai
3.後ろの髪の毛を(ハチの辺りから襟足2㎝残した他の部分)下に逆三角形に髪を分けます。※ハチとは頭の上の出っ張っている所です。↓
030longyakai
襟足2㎝残したところ↓
031longyakai
横から見た時は4~5㎝残してある↓
034longyakai
4.上の逆三角形の部分の髪の毛をポニーテールの位置で1つに結びます。
032longyakai
5.上の部分は邪魔にならない様に留める。
035longyakai
6.襟足の髪の毛は半分に分けます。
036longyakai
7.斜め上に髪を持っていくイメージ。
037longyakai
8.襟足の表面の部分の髪の毛をキレイにとかします。※この時おくれ毛が多い場合はワックスを付けると良いでしょう。
038longyakai
9.ゴムの辺りに髪を持って来たら中間の辺りを反時計回りに髪をねじります。※逆【の】の字になる様にします。
039longyakai
10.ゴムの所でアメリカピンで留めます。
040longyakai
挿した後↓
041longyakai
11.1本では留まらない場合は2本同じく挿します。※上から斜め下に挿すようにすると留まりやすくなります。
042longyakai
挿し中↓
043longyakai
挿した後↓
044longyakai
045longyakai
12.反対の襟足の髪も斜め上に持っていく。
046longyakai
13.表面の髪をキレイにとかし、ゴムの所で髪を時計回りにねじります。
047longyakai
14.アメリカピンで留めます。
048longyakai
15.少し斜め刺さるように上から下に挿す。
049longyakai
050longyakai
16.同じように2本挿す。
051longyakai
052longyakai
挿した後↓
053longyakai
後ろから見た時↓
054longyakai
17.上の部分の毛を1度下に下ろします。
055longyakai
横から見た時↓
056longyakai
18.左右の耳前の部分の髪の毛を上に持ち上げる。※トップの部分にまとめる。
057longyakai
19.モミアゲの部分の髪をしっかり上に持っていき、1つに結びます。
058longyakai
ゴムで結んだ後↓
059longyakai
横から見た時↓
060longyakai
20.トップの部分の毛を少し引き出しボリュームを出します。
061longyakai
引きだした後↓
062longyakai
21.残っている髪の毛全部をまとめ、適当に2つに分けます。
063longyakai
22.2つに分けた1つの束を三つ編みにします。
064longyakai
23.毛先の部分はゴムで結びます。
065longyakai
24.片方の方も三つ編みにします。
066longyakai
25.三つ編みの髪を横に引きだしボリュームを出します。
067longyakai
ボリュームを出した後↓
068longyakai
26.三つ編みの髪を丸めピンで留めます。
069longyakai
27.お団子を作るイメージで丸める。
070longyakai
ピンで留めている所↓
071longyakai
留めた後↓
072longyakai
28.三つ編みの毛先のゴムは見えない様に内側に入れて隠す。
073longyakai
隠した後↓
074longyakai
ピンで留める↓
075longyakai
076longyakai
077longyakai
後ろから見た時↓
078longyakai
29.残りも同じく丸めて留める。
079longyakai
ゴムは内側に入れる↓
080longyakai
081longyakai
ピンで留める↓
082longyakai
083longyakai
30.全体に緩い所があったらピンで留めます。
084longyakai
085longyakai
086longyakai
31.全体にスプレーをかけ、おくれ毛がないか見てあれば軽く手で抑えるとスプレーが馴染みおくれ毛がなくなります。
32.飾りを付ける。
33.完成。
087longyakai
096longyakai
089longyakai
090longyakai
091longyakai
092longyakai
094longyakai
095longyakai

基本の方は1回で夜会巻きにしますが、アレンジの方は毛先でアレンジするので少し難しくなりますがこの方法では結婚式や着物を着る時に出来る髪型になります。

ミディアムヘアの方が夜会巻きをする

ミディアムヘア夜会巻き「基本編」

ミディアムヘア夜会巻き「基本編」
013mdyakai


 
スポンサードリンク

 


<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー、かんざし(夜会巻き用コーム)

<手順>
1.髪がまとまりにくい方や毛先がストレートの方はカールアイロンで軽く巻くと良いでしょう。※毛先さえカールしていればいいので耳から上はカールがなくてもOKです。
2.髪全体を後ろにとかします。
001mdyakai
3.手にワックスを馴染ませ髪全体にワックスを付けます。※特にモミアゲと襟足はしっかり付けます。
4.全体を後ろにキレイにとかし1つにまとめます。
002mdyakai
5.1つにまとめたら時計回りに髪をねじります。※(の)の字になる様に回す。
003mdyakai
6.ねじりながら毛先を上に持ち上げます。※頭を下に向けてねじると顔を上げた時に襟足が緩むのでNG。
004mdyakai
7.ねじった部分がポニーテールくらいの位置にきたら毛先を内側に入れます。
005mdyakai
毛先を入れた後↓
006mdyakai
8.かんざしを右から左に突き刺します。※かんざしは裏側が見える様にして挿す。
007mdyakai
9.かんざしの根元まで突き刺し左に引きながら頭皮に突き刺す感じに立てます。
008mdyakai
10.反対の髪をすくいながら立てる。
009mdyakai
11.かんざしを反対に倒し、かんざしが表になったら右側に挿します。※頭皮に沿う感じで挿すとしっかり固定出来ます。
010mdyakai
挿し中↓
011mdyakai
12.挿したら全体にハードスプレーをかけ、軽くコームで表面を整えおくれ毛がないか見ます。※1、コームでしっかりとかすと失敗するので抑える感じにする。※2、スプレーをしてツヤを出す。
012mdyakai
13.完成。
013mdyakai
014mdyakai
015mdyakai
016mdyakai

ミディアムヘア夜会巻き「アレンジ編」

ミディアムヘア夜会巻き「アレンジ編」
<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー、すき毛。
064mdyakai

<手順>
1.耳から前と後ろに分ける。 
017mdyakai
2.反対も同じく耳前と後ろに分ける。
018mdyakai
3.後ろの毛を適当に分けます。(トップの部分の髪の毛)※ハーフアップにするくらいの量。
019mdyakai
4.トップの毛を1つに結びます。
020mdyakai
5.毛先が短く量が少ない方はスキ毛を使います。※量が多い方は使わなくてOKです。
021mdyakai
6.スキ毛を適量取り丸くします。
022mdyakai
7.スキ毛は一度置いておき、結んだ毛先をゴムの周りでお団子に丸めます。
023mdyakai
8.丸めたお団子の上に先程のスキ毛をのせます。※自分の髪のお団子が崩れない様に注しながら。
024mdyakai
9.スキ毛をお団子の髪をピンで留めます。※緩みやすいのでしっかりと挿す。
025mdyakai
留める↓
026mdyakai
同じ感じで3~4本のピンで留める↓
027mdyakai
留めた後↓
028mdyakai
横から見た時↓
029mdyakai
10.襟足の髪の毛を2つに分けます。
030mdyakai
11.表面の毛をキレイにとかし斜め上に持っていく。
031mdyakai
12.毛先を時計回りに少しねじり、先程留めたピンの所で留めます。
032mdyakai
留めた後↓
033mdyakai
後ろから見た時↓
034mdyakai
13.反対の襟足も同じく表面をキレイにとかし斜め上にとかします。
035mdyakai
036mdyakai
14.毛先は時計回りにねじり先程の所で留めます。
037mdyakai
15.耳前の上の部分の所をトップとして髪を分けます。
038mdyakai
16.少し表面を整え1つに結びます。
039mdyakai
17.上の部分の毛を少し引き出しボリュームを出します。
040mdyakai
18.耳前の残っている髪の毛を顔前から後ろに向かって裏編み込みに編みます。
041mdyakai
042mdyakai
裏編み込み後↓
043mdyakai
19.反対も同じく裏編み込みにする。
045mdyakai
046mdyakai
20.編込みの端を少し引き出しボリュームを出します。※左右。
044mdyakai
047mdyakai
21.編み込みをトップの部分に持っていきトップの部分のゴムを隠します。
048mdyakai
22.トップの部分でピンで留めます。
049mdyakai
留めた後↓
050mdyakai
23.反対の方も同じくトップに持っていく。
051mdyakai
24.毛先のゴムを隠しピンで留める。
052mdyakai
留めた後↓
053mdyakai
25.残っている毛先も同じく三つ編みにします。
054mdyakai
三つ編みにする↓
055mdyakai
26.三つ編みもボリュームを出す。
056mdyakai
27.三つ編みを丸め留めます。※毛先のゴムは隠します。
057mdyakai
28.ピンで留めます。
058mdyakai
29.ハードスプレーをかけ全体のおくれ毛などないか見ます。あれば軽くコームでなでる様にとかすと表面がキレイになります。※ハードスプレー後おくれ毛を手で抑えるだけでも効果あります。
30.完成
059mdyakai
060mdyakai
061mdyakai
062mdyakai
063mdyakai
ミディアムくらいの方は毛先が短いので夜会巻きの形をキレイに見えるように後頭部にボリューム出します。ボリュームを出したい時はスキ毛を使うとボリュームが出るので横から見た時に頭が絶壁ではなく丸みのある頭の形になります。

夜会巻きの時は前髪はどうする?あり?なし?

夜会巻きにした時の前髪の種類別で見え方の印象をまとめました。

前髪ありの夜会巻きの印象

下ろし流し留め

前髪が長い状態で斜めに髪の毛を流し横で留めている。
*上品な印象になる。大人な感じ。年齢が実年齢より上に見えやすい。
030yakaikihon

下ろし流し

前髪が目の上くらいの長さで下ろした状態であるが、毛先は少し横に流れる様な前髪。
*落ち着いた印象。若さもあるが大人な感じになる。顔の面積が小さくなるので小顔効果あり。
080yakaikihon
090yakaikihon

パッツン前髪

全体的に下ろした状態の前髪。
*若く見える。顔の面積が小さくなるので小顔効果あり。華やかさがないので落ち着いた印象になる。
140yakaikihon

パッツン前髪+サイドの毛あり(顔周りに少し毛がある)

サイドの毛が頬からアゴ先くらいまでおくれ毛のような髪の毛がある状態。
*顔の横幅をカバーできるので小顔効果あり。カールを付けるとカワイイ印象に。ストレートなら女性らしい印象。
130yakaikihon

前髪なしの夜会巻きの印象

オールバックorポンパドール

前髪全体が後ろに流れていて額が見えている状態。
*顔周りがスッキリしているので顔全体が明るい感じ。男性的な感じのさっぱりした印象。
040yakaikihon
050yakaikihon

かきあげ風流し(横流し)

根元が立ち上がっていて毛先は横に流れている前髪。ほぼ前髪はサイドの方に流れているので額が見える状態。かきあげた感じの前髪。
*上品な感じの印象。年齢が上に見られやすい。粋な感じの印象。着物が似合う。
070yakaikihon
060yakaikihon

センター分け

センターで分けてあり額がほぼ見えている状態。
*知的な印象。大人しい感じにみられる。落ち着いた感じ。
100yakaikihon
110yakaikihon

夜会巻き上手くできない!コツ・解決法

夜会巻き上手くねじれない方にコツを教えます

ねじり方を簡単に説明します。これでうまくできるでしょう!

右巻き夜会

右巻きの夜会とは、時計回りにねじる巻き方です。ねじるのが苦手な方は手首で〚の〛の字を書くようにねじるとやり易くなります。
009yakaikihon
010yakaikihon

左巻き夜会

左巻きの夜会とは、反時計回りにねじる巻き方です。ねじるのが苦手な方は手首で逆〚の〛の字を書くようにねじるとやり易くなります。
020yakaikihon
120yakaikihon

夜会巻きをすると「おばさんっぽく」見えてしまう原因

夜会巻きをすると、何故かおばさんのようになってしまう…そんな方にそう見える原因を教えます。

・カールがないキレイな面だけの夜会巻きは落ち着いた雰囲気に見える→毛先にカールのあるスタイルを選ぶこと。
150yakaikihon

・横から見た時に顔から後ろにかけて毛流れが下に流れている。→落ち着いた印象になるのでアゴ周りがたるんだ印象になる。
160yakaikihon

・横から見た時と前から見た時に耳が隠れるor耳周りがたるんでいる。→髪型全体に締まりがなく疲れた感じになる。顔周りが下がった印象になりおばあちゃんみたい見える。顔幅が横に広がって見える。
170yakaikihon
180yakaikihon
190yakaikihon

使う道具や前髪の作り方、ねじり方を変えたり少しのポイントで夜会巻きの雰囲気や出来上がりが全然変わってきます。自分でやってみたものの…何かが変?と思ったときに読み返してみると原因が分かります。是非参考にしてみて下さい。

髪が多い方の夜会巻きのコツ

髪が多い方パターン1

<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー、かんざし(夜会巻き用コーム)
髪が多い方の夜会巻きのコツ
068kamiooiyakai
<手順>
1.前髪の部分の髪の毛を先に分けます。
002kamiooiyakai
2.前髪以外の髪の毛全体を後ろに向かってとかします。
001kamiooiyakai
3.手にワックスを馴染ませ髪全体に馴染ませます。髪の表面、モミアゲ、襟足はしっかり付けます。
4.再度髪を後ろに向かってとかし後ろの所で結びます。※最後の1回は毛先まで全部通さずお団子になる様にします。
003kamiooiyakai
横から見た時。
004kamiooiyakai
5.輪になっている所に指をかける。
005kamiooiyakai
6.指を入れたところで一緒に毛先も持つ。
007kamiooiyakai
7.指を入れた状態で時計回りに髪をねじります。※ねじる時、頭を下に向けるのではなく上に上げてねじります。下に向いたままにすると襟足にタルミができてしまうのでNG。
006kamiooiyakai
ねじる↓
008kamiooiyakai
ねじり中↓
009kamiooiyakai
8.結んだゴムが見えなくなるくらいまでねじる。※襟足がたるまない様に上に引っ張った状態でねじる。
010kamiooiyakai
ねじり中↓
011kamiooiyakai
9.ねじれなくなるくらいまでねじる。
012kamiooiyakai
10.輪にかけた指を抜きます。
013kamiooiyakai
11.輪の部分にUピンを上から挿します。
014kamiooiyakai
挿した後↓
015kamiooiyakai
12.アメリカピンも同じように上から挿す。※アメリカピンは根元に刺さるように2~3本挿す。
016kamiooiyakai
挿した後↓
017kamiooiyakai
13.更に上の部分の毛をボリュームを抑える様に留める。
018kamiooiyakai
挿した後↓
019kamiooiyakai
横から見た時↓
020kamiooiyakai
14.表面の毛を軽く整える。※コームでなでる様にして表面だけをキレイにする感じ。
021kamiooiyakai
コームでなでる様に↓
022kamiooiyakai
とかした後↓
023kamiooiyakai
024kamiooiyakai
15.おくれ毛がある場合はハードスプレーをかけ、表面をとかす。
025kamiooiyakai
16.スプレーで髪が固まる前に毛流れに沿って手でなでる様にして馴染ませる。
026kamiooiyakai
027kamiooiyakai
17.反対の表面も同じようにとかす。
028kamiooiyakai
029kamiooiyakai
030kamiooiyakai
18.飾りを挿しこむ。
031kamiooiyakai
19.右側の表面から挿す。
032kamiooiyakai
20.頭皮に対して垂直に立てる。(縦に挿す)
033kamiooiyakai
21.表面の毛に突き刺す。
034kamiooiyakai
22.立てていた飾りを横に倒し真横に挿す。
035kamiooiyakai
挿し中↓
036kamiooiyakai
037kamiooiyakai
038kamiooiyakai
039kamiooiyakai
23.トップの毛を軽く引きだす。
040kamiooiyakai
引き出し後↓
041kamiooiyakai
24.前髪を整えたら完成。
042kamiooiyakai
043kamiooiyakai

髪が多い方パターン2

066kamiooiyakai

<手順>
1.右側の髪の毛を耳前と後ろに分けます。
044kamiooiyakai
2.後ろの髪を右側のハチの部分から襟足まで斜めに髪を分けます。
045kamiooiyakai
3.左側の髪の毛を1つにまとめます。※まとめる前に髪にワックスを付けまとめやすくします。
046kamiooiyakai
4.まとめた髪の毛をポニーテールの位置で結びます。
047kamiooiyakai
横から見た時↓
048kamiooiyakai
5.結んだ髪の毛を時計回りにねじります。※毛先までねじり続ける。
049kamiooiyakai
6.毛先までねじりお団子にします。※ねじっていると自然にお団子になります。
050kamiooiyakai
7.お団子の途中でピンで留めます。
051kamiooiyakai
留めた後↓
052kamiooiyakai
8.更にねじり毛先までお団子にしてピンで留める。
053kamiooiyakai
丸め中↓
054kamiooiyakai
お団子状にして留める↓
055kamiooiyakai
9.3~4本ピンを使い留める。
056kamiooiyakai
10.残っている毛にワックスを馴染ませます
11.残った毛全体を後ろにキレイにとかします。
057kamiooiyakai
12.反対側に持っていくイメージで持っていきます。
058kamiooiyakai
13.お団子の辺りまできたら上に向かってねじり上げます。(時計回り)※この時少し強く引っ張り髪をたるまない様にします。
059kamiooiyakai
14.毛先までねじります。
060kamiooiyakai
15.毛先を内側に入れます。※毛先が長い場合は毛先を下に向け内側に入れます。
061kamiooiyakai
毛先を入れた後↓
062kamiooiyakai
16.かんざしを表面の毛に挿し立てた状態で挿します。
063kamiooiyakai
064kamiooiyakai
17.根元まで挿します。
065kamiooiyakai
18.左側に倒し右側に向かって挿しこむ。※頭皮にしっかり刺さる感じで留める。
19.全体にハードスプレーをかけ完成。
066kamiooiyakai
067kamiooiyakai
068kamiooiyakai
毛量が多く手におえない場合は1つの束ねじりで夜会巻きにするのではなく、1度ゴムで結んでからねじり上げたりするとピンを多く留めることもなくしっかり固定出来ます。髪の量が多い方はピンの数が多くなりがちですが、この方法ではピンの数が減ります。

髪が少ない方の夜会巻きのコツ

髪が少ない方パターン1「バナナクリップ」

<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー、バナナクリップ
髪が少ない方の夜会巻きのコツ
014kamisunaiyakai

<手順>
1.手にワックスを付け、髪全体にワックスを馴染ませます。
2.髪全体をキレイにとかし後ろに髪をまとめます。
002kamisunaiyakai
3.髪をまとめたらバナナクリップを用意し、縦にバナナクリップを挟み留めます。※根元までしっかり留めるより少しゆとりがある感じで留めます。
001kamisunaiyakai
横から見た時↓
004kamisunaiyakai
4.毛先をバナナクリップと一緒に持ち、毛先を内側に折り入れます。
005kamisunaiyakai
毛先を入れている所↓
006kamisunaiyakai
5.毛先を入れたらバナナクリップを持ち、バナナクリップが隠れる様に内側にねじります。
007kamisunaiyakai
6.見えない様になるまで内側にねじり入れます。
008kamisunaiyakai
7.Uピンを表面から挿し、バナナクリップが見えないように留めます。
009kamisunaiyakai
8.Uピンを倒しバナナクリップに刺さる感じで横から入れて留めます。
010kamisunaiyakai
9.同じように3~4本ピンを使い留めます。
011kamisunaiyakai
留めている時↓
012kamisunaiyakai
横から見た時↓
013kamisunaiyakai
10.全体にスプレーをかけ、表面の髪をコームでとかしキレイにします。
11.ツヤ感が出ておくれ毛がなくなれば完成です。
014kamisunaiyakai
015kamisunaiyakai

髪が少ない方パターン2「スキ毛」

056kamisunaiyakai
058kamisunaiyakai
057kamisunaiyakai
<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー、スキ毛
016kamisunaiyakai

<手順>
1.耳から前と後ろに髪を分けます。
017kamisunaiyakai
2.反対の部分も同じく耳から前と後ろに分ける。
018kamisunaiyakai
3.後ろの髪の毛をトップの部分髪を分けます。
019kamisunaiyakai
4.トップの毛は1つに結びます。
020kamisunaiyakai
5.スキ毛を用意します。スキ毛は手のひらにのるくらいの量でOKです。※大きい場合は裂くようにするとちぎれます。
021kamisunaiyakai
6.スキ毛を丸く丸めます。
022kamisunaiyakai
7.スキ毛を置き、トップの毛をお団子に丸めます。
023kamisunaiyakai
8.丸めた髪にスキ毛を上から被せます。
024kamisunaiyakai
9.スキ毛とお団子にした毛を一緒にピンでしっかり留めます。
025kamisunaiyakai
留める↓
026kamisunaiyakai
留める↓
027kamisunaiyakai
留めた後↓
028kamisunaiyakai
横から見た時↓
029kamisunaiyakai
10.襟足の毛を2つに分けます。
030kamisunaiyakai
11.表面の毛をキレイにとかし斜め上に髪を持っていきます。
031kamisunaiyakai
12.お団子の辺りでピンで毛先を留めます。
032kamisunaiyakai
留めた後↓
033kamisunaiyakai
後ろのから見た時↓
034kamisunaiyakai
13.表面の毛をキレイにとかし斜め上に持っていく。
035kamisunaiyakai
ピンで留める↓
036kamisunaiyakai
横から見た時↓
037kamisunaiyakai
14.左側の髪の毛をコメカミの辺りから横に髪を分けます。
038kamisunaiyakai
15.表面の毛をとかし、全体に後ろに持っていきます。
039kamisunaiyakai
16.後ろに持っていったら、すき毛のある部分くらいで毛先をねじりピンで留めます。
040kamisunaiyakai
17.2本くらいピンを使い留めます。
041kamisunaiyakai
留めた後↓
042kamisunaiyakai
18.残っている髪の毛を1つにまとめます。
043kamisunaiyakai
19.表面をキレイにとかし、後ろに持っていきます。
044kamisunaiyakai
045kamisunaiyakai
046kamisunaiyakai
20.キレイに整えたら時計回りにねじります。
047kamisunaiyakai
ねじり中↓
048kamisunaiyakai
049kamisunaiyakai
21.毛先までねじり、他の留めたところを隠すように毛先をねじり丸めます。
050kamisunaiyakai
22.毛先をUピンで抑える様に留めます。
051kamisunaiyakai
留め中↓
052kamisunaiyakai
23.アメリカピンは見えない様にしっかり留める。
053kamisunaiyakai
054kamisunaiyakai
055kamisunaiyakai
24.アメリカピンは3本くらいであとはUピンで抑える様に留める。
056kamisunaiyakai
25.全体にスプレーをかけ、モミアゲと襟足のおくれ毛を留め全体にツヤ感を出します。
26.完成
057kamisunaiyakai
058kamisunaiyakai
059kamisunaiyakai
髪が少ない方は全体的にボリュームが出にくいのでバナナクリップで後頭部にボリュームを出すか、すき毛を使い後頭部にボリュームを出すとキレイな頭の形になり夜会巻きがキレイな髪型になります。

ピンが抜けにくい&ピンで痛くなりにくい夜会巻きのコツ

034nukenikuiyakai

<使う物>
コーム、ブラシ、ゴム、アメリカピン、Uピン、ワックス、ハードスプレー

<手順>
1.右側の髪の毛を耳から前と後ろに分けます。
003nukenikuiyakai
2.後ろの髪の毛をハチの辺りから斜め下の襟足まで分けます。
004nukenikuiyakai
3.残っている左側の髪の毛を1つにまとめます。※まとめる前におくれ毛が多い方はモミアゲにワックスを付けると良いでしょう。
005nukenikuiyakai
4.表面をキレイにとかし、後ろのポニーテールの位置で1つに結びます。
006nukenikuiyakai
007nukenikuiyakai
結んだ後、横から見た時↓
008nukenikuiyakai
5.トップの部分の髪の毛を上に引き出しボリュームを出す。
009nukenikuiyakai
引き出し後↓
010nukenikuiyakai
6.襟足の下の所に下から上に向かってアメリカピンを挿します。※表面にピンの上の部分が出る様にする。
011nukenikuiyakai
7.下のアメリカピンの途中から同じように下から上に向かって2本目のアメリカピンを挿します。※途中から挿すこと。はなれた状態はNG。
012nukenikuiyakai
挿した後↓
013nukenikuiyakai
8.3本目も同じように2本目の途中から上に向かって挿す。
014nukenikuiyakai
挿した後↓
015nukenikuiyakai
9.最後4本目は上から3本目の途中まで刺さるようにして留めます。
016nukenikuiyakai
挿した後↓
017nukenikuiyakai
後ろから見た時↓
018nukenikuiyakai
10.ポニーテールに結んだ髪の毛と残っている髪を1つにまとめます。
019nukenikuiyakai
11.髪の表面をキレイにとかします。※モミアゲ、襟足におくれ毛が多い方はワックスを付けると良いでしょう。
020nukenikuiyakai
12.キレイな状態を保ったまま後ろの所で時計回りに髪をねじります。※先程留めたアメリカピンは見えない様に上から髪で覆うようにしてねじる。
021nukenikuiyakai
13.ポニーテールのゴムが隠れる位ねじり上げる。
14.毛先は内側に入れる。 
022nukenikuiyakai
毛先を入れた後↓
023nukenikuiyakai
15.長めの大きいUピンをねじった髪に挿し留めます。
024nukenikuiyakai
16.頭に刺さるように縦にUピンを挿します。
025nukenikuiyakai
17.刺したUピンを横に倒しねじった毛に挿します。
026nukenikuiyakai
挿した後↓
027nukenikuiyakai
18.Uピンの近くでアメリカピンも挿しこみます。※ねじった髪の下にあるアメリカピンがUピンとアメリカピンをクロス(×)する感じで刺さるのでピンが取れずにしっかり固定出来ます。
028nukenikuiyakai
挿した後↓
029nukenikuiyakai
※髪の中ではこのような状態。
001nukenikuiyakai
002nukenikuiyakai
19.Uピンは縦に挿し倒してねじった部分に横から挿しこみます。
030nukenikuiyakai
031nukenikuiyakai
032nukenikuiyakai
20.全体が留まったら、髪の表面の部分をコームで整えます。
033nukenikuiyakai
21.全体的にツヤ感、おくれ毛がなくなったらスプレーで固定します。
22.完成。
034nukenikuiyakai
035nukenikuiyakai
036nukenikuiyakai
この方法ではピンの数も少ない量ですみますし、ピンの抜ける心配も少なくなります。ピン同士がしっかり固定出来るので崩れることも少なくなります。ピンの量と挿し方が最小限なので痛くなる心配も少なくなります。無駄なピンの量が多くなると頭皮が痛くなり、どのピンがいらないのかわからなくなるのでピンは少量で留められるようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP