青汁で骨粗しょう症の予防ができる?

dtwegtwp
骨粗しょう症とは骨の中身がスカスカの状態になり、骨折しやすくなる症状をいいます。現在日本では、約1100万人以上の方が骨粗しょう症に罹っていると言われており、この数字は年々増加する傾向にあります。

骨粗しょう症は特に中高年の女性に多く、60代女性では3人に1人、70代女性になると実に2人に1人が発症していると推定されています。しかしこの病気は若い女性や男性にとっても決して無縁のものではありません。

この骨粗しょう症の予防に青汁が役立つと言われています。青汁には果たしてどんな効果が期待できるのでしょうか。
「女子リキ」を見ている方は若い女性が多いと思いますが、いつまでも綺麗で若々しい女性を目指すなら今から骨粗しょう症について知っておいても損はありません。

青汁でできる骨粗しょう症対策についてご紹介いくことにしましょう。


ふるさと青汁の効果【口コミ・評価】ダイエット・便秘には?味は?

神仙桑抹茶ゴールドの効果を試してみた私の評価

やずや養生青汁の効果と味は?麦特有の独特の香りが強い

青汁三昧【口コミ】味や効果は?飲んだ感想

めっちゃたっぷりフルーツ青汁って本当にダイエット効果があるの?

エバーライフ バランス30選 飲みごたえ野菜青汁の効果は口コミどおり?

やわたのおいしい青汁の効果は?口コミとレビューした私の評価

ファンケル本搾り青汁ベーシックの味・効果をレビュー
スポンサードリンク

骨粗しょう症ってどんな病気?

骨粗しょう症は骨折でもしない限り、初期の段階では自覚症状が乏しい病気です。たいていの場合、怪我などで整形外科を訪れ、その際の検査で骨密度が低下していることを知らされます。

しかし、レントゲン写真を見せられ「治療が必要です」と告げられてもピンと来ない方がほとんどなのではないでしょうか。骨粗しょう症の患者さんはあまり薬をきちんと飲まない傾向にあると言われています。それも自覚症状の少なさが大いに影響してのことなのでしょう。

しかし骨粗しょう症は、何も手立てを講じなければじわじわと確実に進行していきます。特に閉経後の女性はホルモンバランスに変化が起こり、骨粗しょう症が進みやすくなります。日常のふとした動作で骨折したり、だんだんと背中が丸くなってきたり、腰痛が酷くなってきたり。こうなると危険信号です。

また、骨粗しょう症は若い女性や男性にも起こり得ます。例えば妊娠・出産などによるホルモンバランスの変化やダイエット、偏食などによって、容易に骨はもろくなります。男性の場合でも、加齢や内臓疾患などによって骨密度が低下し、70代で6人に1人が骨粗しょう症を発症しています。決して人ごととは言えないのです。

骨粗しょう症になったからといって直接命に関わるわけではないものの、大腿骨や股関節を骨折すると、それが原因で寝たきりになるケースは少なくありません。毎日を活き活きと過ごすためにも、骨粗しょう症の予防は大切! ぜひ今日から骨の健康を意識した生活を始めましょう。

骨粗しょう症の原因は?

骨密度が低いというとカルシウムが足らないと思われがちですが、骨粗しょう症の原因はそれだけではありません。

骨粗しょう症はおおまかに、

・原発性(一次性)骨粗しょう症
・続発性(二次性)骨粗しょう症

の2種類に分けることができます。
それぞれについてその原因を見ていきましょう。

原発性骨粗しょう症

特別な原因があるわけではなく、ほぼ年齢にともなって骨密度が低下していくのがこのタイプ。骨粗しょう症のほとんどがこちらのタイプに分類されます。
女性の原発性骨粗しょう症の場合、年齢を重ねるにつれて次のような原因で骨密度が低下しやすくなります。

カルシウムが足らない
 ↓
カルシウムが足りていても骨に定着しにくい
 ↓
骨を作る機能が低下する

カルシウムが摂れている、摂れていないに関わらず骨に吸収されにくい状態は、更年期のころに起こります。皮膚などと同じように骨にも新陳代謝があり、あるサイクルに沿って壊れたり新しい骨が作られたりを繰り返しています。

ところが、閉経により骨の形成をサポートする女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少することで、せっかくのカルシウムが骨に定着しづらくなり、急激に骨密度が低下してしまうのです。これを「閉経後骨粗しょう症」と呼んでいます。

さらに年齢を重ねると、今度は骨を作る機能自体が低下してきます。これを「老人性骨粗しょう症」と呼んでいます。老人性骨粗しょう症は女性だけではなく男性にも起こります。

患者さんの実数は女性よりむしろ男性の方が多いというデータもあります。そもそも男性の場合には女性のようにエストロゲンの影響をあまり受けないため、ほとんどが老人性骨粗しょう症であると言っていいでしょう。

このほか、上記の過程は辿りませんが、妊娠・出産などが原因と思われる若い世代の骨密度低下も原発性骨粗しょう症に分類しています。

続発性骨粗しょう症

続発性骨粗鬆症は、遺伝や病気、薬物治療によるものなど、はっきりした原因があって引き起こされるものです。

骨粗しょう症を引き起こす病気の代表的なものは、

・糖尿病
・動脈硬化
・慢性腎臓病(CKD)
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・副甲状腺機能亢進症
・関節リウマチ
・ステロイドの副作用
・栄養障害

などが挙げられます。続発性骨粗しょう症の場合には原因となる病気と平行して治療を行うことになります。

スポンサードリンク

骨粗しょう症を予防するための栄養素

「カルシウムなら毎日しっかり摂っているから、骨粗しょう症対策は万全!」と思っていませんでしたか? でもさきほどご紹介したように、たとえカルシウムをたくさん摂っていても骨粗しょう症になってしまうことはあるのです。

とは言え、骨粗しょう症の予防には食事の内容が大きな意味を持ちます。ではどのような食生活を送ればいいのかをご紹介することにしましょう。

まず、骨粗しょう症に対抗するための柱となるのは、次の3つの栄養素です。

・カルシウム
・ビタミンD
・ビタミンK

これらの製剤(ビタミンDはD3、KはK2)は骨粗しょう症の治療薬として整形外科でもよく処方されるものです。毎日の食事でも、ぜひ積極的に摂るようにしてください。

カルシウム

骨の材料となる栄養素ですので、まずカルシウムを摂るのは基本中の基本です。30代以上の1日あたりの摂取推奨量は女性が650mg、男性が650~700mgとされていますが、骨粗しょう症の対策としてなら、1日に700~800mgの摂取を目指しましょう。

カルシウムというと乳製品や小魚というイメージが強いですが、青汁の原料であるケールやモロヘイヤ、小松菜などにも多く含まれています。

ビタミンD

ビタミンDにはカルシウムの吸収を助け、丈夫な骨を作るサポートをする役割があります。ビタミンDの1日あたりの摂取目安量は5.5μgとされていますが、骨粗しょう症対策としてなら10~20μgの摂取が望ましいでしょう。

ただしビタミンDは摂り過ぎると高カルシウム血症や肝機能障害、腎障害などを招く恐れがあるため、サプリメントなどで必要以上に摂取することは避けてください。

ビタミンDは魚介類(さけ、さんま、しらす干しなど)、きくらげ、干ししいたけなどに多く含まれています。

ビタミンK

ビタミンKは骨の代謝を活性化させるとともに、骨にカルシウムを定着させて質を改善する働きがあります。ビタミンKの1日あたりの摂取目安量は150μgとされていますが、骨粗しょう症対策として摂るなら250~300μgが必要になります。
ビタミンKを多く含む食材は、納豆。このほか青汁の原料である明日葉やケール、モロヘイヤ、小松菜などにも多く含まれています。

ビタミンKは血栓を防ぐ薬ワルファリン(ワーファリン)と効果を打ち消し合います。ワルファリンを処方されている方はビタミンKの過剰摂取を避けるようにしてください。

骨粗しょう症に青汁がいいのはなぜ?

上にも書きましたが、青汁にはカルシウムとビタミンKが多く含まれています。吸収がよく、手軽に飲めて栄養の補助としては最適です。

「それなら青汁ではなく、サプリメントを飲んだらいいのでは?」という意見もあるでしょう。もちろんそれでもいいのですが、ビタミンやミネラルは、それ単独で摂取するよりも、他の成分のバランスで効率的に働く性質があります。

上記の3つの栄養素を摂ったとしても、代謝に関わるビタミンB群やビタミンC、カルシウムとセットで働くマグネシウム、カルシウムと同様に骨を構成する成分であるたんぱく質などが足りていなければ、やはり十分な効果は期待できないのです。

その点、青汁にはビタミンや普段の食事で摂取しにくい微量ミネラルなど様々な栄養素がバランスよく含まれています。サプリメントと比べて胃に負担をかけにくいのもいいところです。

また、青汁を牛乳や豆乳に溶かして飲む方が多いでしょうが、これも大きなメリットのひとつです。
牛乳と一緒に飲めばカルシウムが豊富に摂れますし、豆乳なら女性ホルモンを補う大豆イソフラボンも摂れます。

さらに青汁には糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病を改善する働きも期待できます。まさにいいこと尽くめなのです。

食事以外に必要なことも

青汁の唯一の泣き所は、ビタミンDがほとんど摂れないという点でしょうか。でも対策はあります。
骨粗しょう症の治療では、食事の改善以外に次のような事柄が指導されます。

◎ウォーキング、散歩などの適度な運動をする
◎適度に日光に当たる
・適正な体重を維持する
・喫煙や過度な飲酒を避ける

特に上の2つは重要であると考えられています。なぜなら適度な運動には骨を強くする効果とともに、筋力を向上させることで思わぬ転倒を防止する効果があるから。そして日光に当たることにより皮膚でビタミンDが合成されるからです。

紫外線は体に有害な面ばかりが強調されるため、日光に当たるのは躊躇してしまいますが、週に3回、1日につき5分でも10分でも結構です。ビタミンDの合成のために、無理のない範囲で日光に当たるようにしてください。(窓越しの日光や曇りの日では残念ながら不十分です。)

青汁を食事療法のサポートとして

骨粗しょう症の予防に青汁は大いに役立ってくれますが、現在すでに骨密度が低いものを引き上げる、つまり治療という面では未知数と言わざるを得ません。

そもそも骨粗しょう症は薬物治療を行ったとしても、年単位で骨密度がやっと数%引き上げられるという至って地道な過程をたどります。年齢が高ければ高いほど症状は進行しやすくなるので、それを食い止めるのはそれほど簡単なことではありません。骨密度を一気に引き上げられるような魔法の薬はないのです。

予防や現状維持を目指すなら青汁+生活改善で。しかし治療を考えるのなら、まずは医師に相談するようにしてください。もちろん治療中でも食事の改善は大前提ですので、その際に青汁が大活躍してくれることは間違いありませんよ。

スポンサードリンク

PAGETOP