デリケートゾーン「におい」の原因と対策

周りの人には相談しにくく、1人で悩みを抱え込みがちなデリケートゾーンの「におい」。原因と対策方法についてまとめてみましたので、カラダの悩みと気になるにおいをスッキリと解消させましょう。


もくじ

スポンサードリンク

デリケートゾーンの「におい」の原因

デリケートゾーンのニオイの発生原因は、人によってさまざまです。においが気になる方は、原因から予防策を見つけることが、改善への有効なステップとなります。正しい予防・対策をするためにも、デリケートゾーンのニオイの原因となりやすいポイントをチェックしておきましょう。

においの原因1.生理中なのでデリケートゾーンが臭う

生理中は、血液と一緒に子宮内膜や膣からの分泌物が混じった状態で排出されます。排出されたばかりの経血は無臭ですが、空気に触れることによって酸化し、デリケートゾーンに「におい」が発生します。

また、雑菌が繁殖することでにおいが強くなりますので、できるだけ雑菌を増やさないことが、デリケートゾーンのにおい予防に効果的です。

生理中は、長時間同じナプキンを着用するとムレやすく経血が付着したままとなり、デリケートゾーンのにおいが強くなるため、こまめに取り換えるようにしましょう。また、アンダーヘアに経血が付着しやすくなるので、トイレに入った時はウォシュレットを使用してキレイに保つようにしましょう。アンダーヘアのボリュームが多い方は、経血が付着しにくいように整えるのもおすすめです。

⇒アンダーヘア(VIO)の脱毛について

においの原因2.オリモノでデリケートゾーンが臭う

子宮や膣の分泌物であるオリモノは、膣内に細菌などが入らないように防いだり、妊娠しやすくするために精子を子宮内に進入させる役割があります。そのため、オリモノは排卵日前後は量が増えやすくなります。

オリモノは膣内を守るために”酸性”の状態になるため、「すっぱいにおい」がする事もあります。また、免疫力が落ちてしまうと膣内に雑菌が繁殖し、オリモノの分泌量が増えてデリケートゾーンのにおいの原因となりやすいため、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどは、免疫力の低下に繋がるので生活習慣を整えるようにしましょう。

オリモノの量が多い方は、オリモノ専用シートを使うとデリケートゾーンを清潔に保つことができ、雑菌の繁殖を抑えてにおい予防に効果があります。

ただし、オリモノが「黄色、黄緑、茶褐色」であったり、悪臭である場合には、病気や感染症の疑いがあるため、早めに婦人科で相談をするようにしてください。

においの原因3.病気・感染症が原因でデリケートゾーンが臭う

デリケートゾーンのにおいを防ぐための予防ケアをしても改善しない場合や強いニオイがする場合は、病気や感染症が原因となっている事があります。もしも、においの他にも該当する症状がある場合には、早めに婦人科で検査を受けるようにしましょう。

特に、パートナーがいる方は感染の可能性が高いので、再発予防のためにも、検査で陽性となった方はパートナーの男性にも検査を受けてもらうようにしてください。

性病の中には、自覚症状がない感染症も多いので、性交経験がある方は定期健診を受ける事も重要です。女性にとって、婦人科は羞恥心から敷居が高いかもしれませんが、少しでも気になる症状があるのなら専門家の方に相談するのが一番です。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は、カンジダと呼ばれる「真菌(カビ)」の一種が膣内で炎症を引き起こした状態です。カビの一種と聞くと怖いイメージがありますが、カンジダは常在菌のため、私たちの身近な菌の一種です。

しかし、体力の低下などで免疫力が落ちてしまうと異常増殖が起き、カンジダ膣炎が引き起こされます。カンジダ膣炎になるとオリモノがボロボロとしたカス状になったり、ドロッとしたヨーグルトのように変化します。また、強いかゆみ、排尿時の痛みなどを伴います。カンジダ膣炎を治すためには、婦人科で抗菌薬を処方してもらいましょう。

妊娠、ステロイド剤や抗生物質の使用によって炎症を引き起こしやすい方もいるため、通気性の良い下着を身につけたり、ガードルやタイトなパンツの着用を避けるなど、カンジダ膣炎になりにくい環境を心がけることも大切です。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、トリコモナスと呼ばれる「原虫」による感染症です。原虫とは、単細胞の寄生虫で膣内に感染すると粘膜に寄生し、膣内の上皮細胞に含まれるグリコーゲンをエサに増殖します。通常は、グリコーゲンが膣内の自浄作用として働き、病原体の侵入を防いでくれるのですが、トリコモナスの場合には酸性に強いため感染してしまいます。

主に、性行為からの感染が多いのですが、性行為の他にも下着、タオル、便器、浴槽、プールなどから感染することもあります。黄色、 灰色、泡状のオリモノに変化し、強い悪臭や強いかゆみを伴うのが特徴です。ただし、症状には個人差があるので不安な方は早めに婦人科に相談するようにしましょう。

万が一、トリコモナス膣炎になってしまった場合には、抗原虫薬などが処方されます。定められた期間の服用をきちんと行えば症状は改善しますが、途中でやめてしまうと再発することがあります。不妊の原因にもなるため、しっかりと治すことが大切です。

性器クラミジア

性器クラミジアは、クラミジアトラコマチスという細菌により、炎症を引き起こす感染症です。性器クラミジアは、粘膜同士の接触、精液、膣分泌液を介して感染します。また、性器以外にも咽頭への感染もあるため、性行為の多くに感染する可能性が高い事から日本では、クラミジア感染者数は100万人以上と言われています。

女性の場合、性器クラミジアの感染での自覚症状が少なく、気づかずにパートナーに感染させてしまうこともあります。オリモノの増加、不正出血、性交痛といった症状が出ますが、パートナーである男性が感染すると尿道のかゆみ、不快感、尿道炎といったわかりやすい症状が現れます。

咽頭へ感染した場合には、喉の腫れ、痛み、咽頭炎、扁桃腺炎などの症状が起きます。性器クラミジアに感染していると、HIVエイズウイルスへの感染が3倍~5倍にもなるため、感染の疑いがある方は早めに検査を受けましょう。

梅毒

梅毒は、トレポネーマという細菌が引き起こす感染症です。かつては、不治の病とされていましたが、治療薬のペニシリンが発見されてからは感染者数は減少し、重篤な症状に至るケースは珍しくなりました。しかし、2000年頃から再び増加傾向にあり、再び感染症の割合が高くなっているので注意が必要です。

梅毒に感染すると4段階を経て症状が現れます。最初は、皮膚にしこりやリンパ節の腫れが発症し、次第に血液から全身へと広がると発疹が現れます。性行為からの感染が多く、きちんと治療をしなければ、重篤な症状へと発展し死亡してしまう怖い感染症である事には違いありません。

淋菌

淋菌は、細菌感染症で主に性行為によって感染します。クラミジアと同時感染しているケースがよくあり、膿のようなオリモノに変化します。ただし、感染直後は無症状で経過する方もいます。

一般的には、抗生物質を処方してもらい服用すれば治すことができますが、抗生物質が効かない耐性菌も増えてきているため、正しい治療を受けることが大切です。

このほかにも、細菌性感染症にかかると悪臭やオリモノの変化が症状に現れやすいため、感染原因となりやすい性行為時にはパートナー任せにせず、自ら身を守る意識を持つ事も必要です。

においの原因4.デリケートゾーンの汗やムレによる「におい」

デリケートゾーンは、汗をかいたりムレやすい状態にあるとにおいが発生しやすくなります。汗そのものは無臭ですが、汗やムレは雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。雑菌の繁殖がにおい原因に繋がりますので、汗やムレを防ぐために下着選びに気を付けるようにしましょう。

ポリエステルなどの化繊素材よりも通気性が良いコットン(綿)素材は、汗を吸収してムレを抑える効果があります。また、締め付けのあるガードルのような補正下着は、においが気になる方は着用を避けるようにしましょう。

それから、「ストッキング」や「タイツ」は、ナイロン製が多いのでデリケートゾーンをムレやすくします。仕事などで着用しなければならない方は、夏用の通気性が良いストッキングやコットン素材のタイツを選ぶようにしてください。

必要がなければ着用を避けるのがベターです。パンストタイプだけではなく、ストッキングにはひざ下、太ももなど長さも選べるので、デリケートゾーンのにおいの深刻度や洋服に合わせて適当なデザインを選びましょう。

においの原因5.すそわきがなのでデリケートゾーンが臭う

デリケートゾーンである陰部のわきがを「すそわきが」と呼びます。すそわきがの方は、デリケートゾーンがわきがのようなにおいがします。魚やチーズのような強烈なにおいである事も多く、黄色い汗染みが下着に付着する方は、すそわきの可能性があります。

すそわきがの方は、アンモニア、脂肪といった成分が含まれるアポクリン汗腺が脂肪酸と混じり、常在菌によって分解されることがにおいの発生原因とされています。アポクリン汗腺は、性的な興奮によって刺激されやすく、性行為時ににおいが強くなるという厄介な特徴を持っています。

対策方法としては、雑菌の繁殖によってにおいが強くなるので、雑菌を繁殖しにくくするためにデリケートゾーンを清潔に保つ事を心がけてください。そして、においが強くなる原因とも言われている食生活にも注意しましょう。すそわきがは、遺伝によって発症しやすいので、あまりにもすそわきがの症状がヒドイ場合には、医療機関での治療もあります。

においの原因6.閉経前後でデリケートゾーンが臭う

閉経近くなった女性は、徐々に女性ホルモンの分泌が低下していきます。女性ホルモンの分泌が減っていくと、膣内への雑菌の侵入を防ぐ酸性のバランスが崩れてしまい、細菌感染が起きやすくなります。

そのため、閉経前後の女性はデリケートゾーンのにおいが強くなりやすいため、病気では?と不安になる必要はありません。においが気になる方は、デリケートゾーン専用のケア製品でお手入れをしましょう。

においの原因7.ビデの使いすぎ

現在、多くのトイレに設置されている温水洗浄便座ですが、女性のデリケートゾーンを清潔に保つための「ビデ」は、生理中の経血を洗い流せるので便利な機能です。においが気になるという方は、ビデを活用して日頃から清潔に保つことを心がける事はおすすめです。

ただし、ビデ機能を頻繁に使い過ぎてデリケートゾーンを過剰に洗浄している方は、逆効果になってしまう事もあります。膣内は、自浄作用があるため、健康な状態であれば「デーデルラインかん菌」という常在菌によって、雑菌の侵入を防ぐ役割を果たしてくれます。

ところが、ビデでデリケートゾーンを洗いすぎるとデーデルラインかん菌が洗い流され、膣内を守ることができずに、細菌性膣炎が引き起こされやすくなります。炎症が起きれば、当然においの発生原因にもなるため、過剰な洗浄は避けるようにしましょう。

においの原因8.膣内の過剰洗浄

デリケートゾーンのにおいに悩む女性は多く、デリケートゾーン用の石鹸や膣内洗浄グッズが人気を得ています。しかし、自浄作用を持つ膣内は、自然と清潔に健康な状態を保ってくれているため、洗浄しすぎる事がかえってバランスを崩し、においの発生原因を招いてしまうので気を付けましょう。

デリケートゾーンのお手入れは、ヘア部分など周りを中心に洗うだけでも十分ににおい対策としての効果を発揮します。

においの原因9.アンダーヘア(VIO)の処理をしていない

アンダーヘア(VIOラインのムダ毛)は、においの原因となる雑菌が最も繁殖しやすい箇所です。そのため、アンダーヘアの量が多い方や毛が長い方は、汗をかきやすかったり生理時の経血が付着したままとなりやすいので、ある程度スッキリとVIOのムダ毛を処理しておくのがおすすめです。

デリケートゾーンであるVラインやIラインの脱毛は、脱毛サロンやクリニックでの処理が人気を得ていますので、VIOの自己処理によるセルフケアが心配な方は、脱毛のプロにお任せしましょう。アンダーヘアをセルフケアする方は、皮膚が柔らかいデリケートゾーン周りは、無理な脱毛をせずに肌に優しい処理方法を行いましょう。

スポンサードリンク

デリケートゾーンの効果的なにおい対策

デリケートゾーンのにおいが気になったら、におい対策に効果的なケア方法を取り入れましょう。毎日、少しずつ意識を高めるだけで気になるにおいが徐々に軽減するはずです。デリケートゾーンのケア用品は、今や幅広いお店で取り扱っていますので、においがキツイ!とお悩みの方は、上手に活用するのもおすすめです。

におい対策1.ナプキン選びと使い分け

毎月の生理は、デリケートゾーンのにおいとなる大きな要因の1つです。経血の量が落ち着く頃は、ナプキンを取り換える頻度が少なくなりがちですが、新しいナプキンにこまめに取り換える事で、においの元となるデリケートゾーンのムレや雑菌の繁殖を抑えられます。

また、ケミカルナプキンよりもコットン素材の「布ナプキン」を使うと通気性が良く、肌にも優しくにおい対策にも効果があります。生理時以外の日にも、「オリモノシート」を使うと下着をキレイな状態で保て、におい対策として有効です。特に、オリモノが多くなる排卵前後は、いつでもオリモノシートを活用できるように常備しておくのがおすすめです。

におい対策2.ムレにくい下着を選ぶ

デリケートゾーンのニオイの原因の最大の敵「ムレ」は、身につける下着によって変わります。多くの下着は、ポリエステル製なのですが、ポリエステルは通気性が悪くムレやすい素材です。デザイン性のバリエーションが豊富で、セクシーで可愛い下着が多いのがポリエステル素材の魅力でもありますが、デリケートゾーンのにおいを抑えるためにムレを抑えるなら、「コットン100%」の下着がおすすめです。

コットン100%の下着は、通気性が良く汗も吸収してくれるので、デリケートゾーンのムレを最小限に抑えることができます。ちょっぴり色気はダウンしてしまいますが、肌にも優しくにおい対策としては最も有効な素材です。シンプルなデザインのコットン下着なら、子供っぽくなりすぎませんよ。

におい対策3.デリケートゾーンに適した石鹸で正しく洗う

デリケートゾーンを洗う時は、通常の石鹸ではなく専用の石鹸を使うようにしましょう。デリケートゾーンは、お肌の中でも敏感なので低刺激の石鹸でなければ、肌トラブルに繋がることがあります。

添加物を使わないデリケートゾーン専用の石鹸なら、肌への刺激が少なくデオドラント効果も兼ね備えているので、肌に優しく効果的なにおい対策ができます。専用石鹸は、手頃な価格で販売しており、ドラッグストア等の店舗での購入が恥ずかしい方は、誰にも購入をバレることなくお買い物ができる通販サイトの利用が便利です。

におい対策4.市販の膣洗浄器を正しく使う

膣内を洗う場合には、石鹸ではなく市販の「膣洗浄機」を使うようにしましょう。膣洗浄器は、使い切りビデとしてドラッグストア等で販売され、誰でも手軽に購入することができます。膣洗浄器は、「精製水」で洗浄するするもので、ノズル部分を膣に入れて洗浄します。

洗浄力が高すぎる石鹸は、膣内を洗うには刺激が強く適切ではありません。膣内にノズルを挿し込んで使う膣洗浄器は、初めて使う方には使用が難しいので、タンポン等を使う女性の方が抵抗が少なく済みます。トイレやお風呂でリラックスした状態で行うようにしましょう。

生理が終わった直後は、経血が膣内に残り、デリケートゾーンのにおいの原因となる事があるため、膣洗浄機を使うことで膣内が清潔になり、においを抑える事ができます。しかし、膣洗浄機は月に1回程度で十分です。洗浄のやりすぎは、常在菌を洗い流して細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうので注意しましょう。

におい対策5.サプリメントを活用する

デオトラント製品は、さまざまなタイプの商品が販売されていますが、デリケートゾーンのにおい対策には、「飲むサプリメント」を活用するのもおすすめです。サプリメントは、カラダの内側からにおいの原因を抑える成分が配合されているため、汗などのにおいと混ざることがありません。

スプレータイプのデオトラント商品を使用すると、嫌なにおいが混じり、より悪臭を引き起こす事に繋がる場合があります。すそわきがでデリケートゾーン以外にも、ワキや体臭が気になる方にも全身のにおい対策になるのでおすすめです。

また、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンが含まれたサプリメントは、毎月の生理が乱れやすい方、オリモノが多い方、閉経前の方におすすめです。

におい対策6.普段の食べ物、飲みもので対策

健康なカラダを維持するには、バランスの良い食生活を送ることが基本です。カラダに異臭が現れる時は、健康が黄色サインを送っている事も多いので、日頃から摂取する食べ物には気を配るようにしましょう。

肉類など動物性たんぱく質や脂肪分が多い食事は、皮脂の過剰分泌を引き起こしたり、アポクリン汗腺を活発にし、体臭を強くする原因とされています。野菜を積極的に摂取し、ビタミンやミネラルといった栄養バランスの良い成分をきちんと食事から得るようにしましょう。

飲み物は、「ハーブティー、緑茶、紅茶」などは、においを抑える効果があります。特に、ハーブティーは心を落ち着かせる効果もあるので、ストレスを緩和し体調を整える作用があるのでにおいが気になる方におすすめです。「ジャスミンティー」は、別名花茶とも呼ばれる香りが良いハーブティーで、ホルモンバランスや生理不順を整える働きがあります。

豆腐、味噌汁、納豆などの大豆製品には、「イソフラボン」が含まれているため、女性ホルモンの働きを整える効果もあります。健康な女性の体を維持するためには必要な成分なので、食事から積極的に摂取するようにしましょう。

におい対策7.婦人科に相談する

デリケートゾーンのにおいの変化は、感染症や婦人科系の病気の可能性もあります。あまりににおいがヒドイ場合やセルフケアでの改善効果がみられない場合は、婦人科に相談しましょう。

・いつもとは違うにおいがする
・オリモノの量や色が異常である
・不正出血がある
・腹部や子宮に痛みがある
・月経痛がヒドイ

これらに該当する方は、出来るだけ早めに検診を受けるようにしてください。

スポンサードリンク

PAGETOP