デリケートゾーンの黒ずみの原因と解消・改善する方法

デリケートゾーンの黒ずみは、仲の良い友人であっても相談する事が恥ずかしいですよね。1人でコンプレックスとして抱え込んで、悩みを相談できずに苦しんでいる方も多いのではないでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみ原因と解消・改善する方法をまとめてみましたので、悩みを抱えている方は、黒ずみのないキレイな素肌を手に入れるための解決策を見つけ出しましょう。

 
厚生労働省認可「トラネキサム酸」が配合のデリケートゾーン美白クリーム。


もくじ

スポンサードリンク

デリケートゾーンはメラニン色素が出やすい

デリケートゾーンの黒ずみ原因は、「メラニン」が大きく関わっています。メラニンと言えば、お肌のシミの元になる物質として知られていますよね。

メラニンは、紫外線を浴びると過剰に生成されて、色素沈着を引き起こしシミが出来やすくなります。そのため、美白を目指す方は、紫外線から肌を守るためのUVケアが必要とされています。

しかし、デリケートゾーンは紫外線をほとんど浴びる事がありません。普段は、衣類によって隠れている場所ですから、紫外線を浴びる量は少ないにも関わらず、メラニンが過剰に生成されやすい箇所になります。その理由は、メラニンは”肌への刺激”が加わることでも生成されてしまうからなんです。

メラニンが過剰生成されるワケ

メラニンは、シミの原因となるため悪い物質のようにも思えますが、実はメラニン色素を含む表皮細胞が出来ることでバリアゾーンを作り、紫外線などの肌刺激からお肌を守る重要な働きをしています。もしも、メラニンが生成されなければ、皮膚の奥深くがダメージを受けて炎症を引き起こしてしまうのです。

つまり、デリケートゾーンのように紫外線を浴びることはない部位であっても、「摩擦」などの刺激が加わることで、メラニンは過剰に生成され色素沈着を引き起こしてしまいます。デリケートゾーンは、皮膚が薄いため下着を身につけるだけでも肌への刺激となります。

また、日本人は色素沈着を引き起こしやすい肌質の方が多いので、デリケートゾーンの黒ずみに悩む方は決して珍しくありません。特に女性は、毎月の月経によってナプキンを使用しますから、下着以上に肌への刺激が強くなるため、デリケートゾーンの黒ずみが気になるといったコンプレックスを抱える方が多いのです。

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因

デリケートゾーンが黒ずんでしまう理由は、「肌刺激」が加わりメラニンが過剰生成され、色素沈着を引き起こしている事が原因です。生まれたばかりの赤ちゃんは、黒ずみのないキレイな素肌をしていますが、成長するにつれ下着の選び方や生活習慣、そして遺伝的な要因によって黒ずみ具合に個人差が出てきます。

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は、これ以上黒ずみが進まないよう、原因を取り除いて改善へと繋げるようにしましょう。

VIOの間違ったムダ毛処理

デリケートゾーンの黒ずみを加速させてしまう理由として、最近増えている原因は”ムダ毛処理”による肌へのダメージです。デリケートゾーンのムダ毛は、女性にとっては大きな問題ですよね。VIO、ビキニラインといったデリケートゾーンのムダ毛処理は、エステやクリニックでは人気の高い箇所になります。

デリケートな部位だからこそ、恥ずかしさから自宅で自己処理しているという方も多いのですが、間違ったムダ毛処理を行うことで肌刺激は強くなり、黒ずみを引き起こしやすい状態にしてしまうため注意が必要です。

毛抜きやワックスのようなムダ毛を無理やり抜くタイプのムダ毛処理は、皮膚が引っ張られますので大きな肌刺激となります。また、熱が加わる脱毛器は、クールダウンさせながら処理する事が大切です。

ムダ毛処理後は、お肌が乾燥しやすくなるため保湿ケアを忘れないようにするなど、自己処理の方はムダ毛をキレイにするだけではなく、黒ずみを作らないためのケアにも気を配るようにしましょう。

VIO(デリケートソーン)の正しいムダ毛処理方法、脱毛方法については以下をご覧ください。

下着の摩擦・締め付けがキツイ洋服

日常的なデリケートゾーンの摩擦原因である「下着」は、常に肌に触れる場所になりますので、出来るだけ肌に優しい素材の下着を身につけましょう。近頃は、ナイロン製の下着が増えてきましたが、天然素材を使ったコットン素材の下着の方が刺激は少なく、摩擦を軽減させることができます。

特に、下着によってかぶれやかゆみを感じやすい方は、化学繊維の素材が肌に合わない人なので、オーガニックコットン素材を選ぶなど、肌に優しい下着を身につけましょう。また、サイズが合っていない場合には締め付けが強くなり、摩擦が増えますのでサイズが合ったものを選びましょう。

洋服も締め付けが強いデザインのものを選ぶ方は、黒ずみを引き起こしやすくするので、少しでも改善をしたいのなら、ボディラインに余裕のあるデザインでオシャレを楽しむようにしてください。

ターンオーバーの乱れ

お肌は、古い角質は剥がれ落ちて新しい皮膚細胞へと変化しています。アザや傷跡が治るのも肌サイクルがあるからこそ、キレイな状態に戻すことが出来るのです。こうした肌サイクルは”ターンオーバー”と呼ばれ、およそ1カ月周期で巡っています。

しかし、加齢や生活習慣によってターンオーバー機能が乱れてしまえば、ダメージを受けた肌がなかなかキレイに再生することができません。メラニンが過剰生成し、色素沈着を起こしてしまったとしても、ターンオバー機能が促進されていれば、黒ずみになる前にキレイな肌に戻ります。

肌サイクルを正常にすることで透明感のある肌へと導くことができます。栄養バランスの良い食事、ストレス解消、睡眠など、規則正しい生活習慣を身につけましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れてしまうと黒ずみが出来やすくなります。ホルモンバランスの乱れは、「睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、運動不足」などが原因です。ホルモンバランスが乱れてしまうと”自律神経”のバランスも崩しやすくなります。

自律神経のバランスを崩せば、血行が悪くなり身体が冷え、代謝が低下すると肌サイクルも乱れてしまいます。また、毛穴の皮脂過剰も引き起こしますので、余分な皮脂が角栓が詰まることで酸化し、黒ずみが深刻化するようになります。

ホルモンバランスの乱れは、黒ずみ以外にもさまざまな体調不良を引き起こす要因ですから、改善できる生活習慣は見直す事が大切です。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは、雑菌が増えやすい箇所ですから、女性ならニオイが気になる・・・という方も多いですよね。”デリケートゾーンは清潔に保つ”こうした意識を持つことは悪いことではありません。

しかし、デリケートゾーンの皮膚は薄いため、過剰な洗い方をすれば肌摩擦が大きくなり、黒ずみになるので気を付けましょう。黒ずみがあると肌が汚れていると勘違いし、ゴシゴシと強く洗ってしまう方もいますが、黒ずみが消えるどころか逆効果になってしまうので、優しく洗うことがポイントです。

また、デリケートゾーンを洗う時に使用する石鹸、ボディソープは添加物が少ない肌に優しい製品を選びましょう。肌刺激が少ない成分を配合したデリケートゾーン専用の石鹸で洗うのもおすすめですよ。

スポンサードリンク

デリケートゾーンの黒ずみを解消する様々な方法

デリケートゾーンの黒ずみは、専用のスキンケアアイテムでセルフケアする方法やクリニックやエステといった専門的な場所での施術によって対処することができます。予算や黒ずみの深刻度に合わせて、自分に合った解消法を見つけましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを石鹸で改善する

自宅でセルフケアが出来る事から、デリケートゾーンの黒ずみを解消する石鹸は、ケアグッズの中でも人気があります。デリケートゾーン用の石鹸は、通常の石鹸と比べて肌刺激を押さえるために、パラベンフリーなどに配慮した無添加タイプの石鹸がほとんどです。

また、洗った時の乾燥を防ぐために植物由来の天然オイルを配合するなど、必要な皮脂まで洗い流さないよう保湿力がある石鹸になっています。古くなった角質を洗い落とし、潤いを保つための油分を与えることで、肌のキメが整い明るい肌になります。

そして、デリケートゾーン用の石鹸は、おりものなどのニオイを押さえるための消臭成分を配合している商品が多いので、黒ずみケアをしながら気になるニオイを予防することができます。価格も安く、毎日のお風呂タイムで使うだけの簡単ケアも人気のポイントです。

デリケートゾーンの黒ずみをクリームで改善する

黒ずみを改善するクリームは、美白・保湿成分が含まれています。乾燥しやすい方は肌サイクルが乱れやすい方なので、肌リスクが少なく黒ずみ&保湿ケアができるクリームはおすすめです。

デリケートゾーンでのかゆみを感じやすい方は、お肌の表面が乾燥してバリア機能が低下しているサインですから、保湿成分が入ったクリームでケアするとバリア機能が高まり、外部刺激に強い肌となりメラニンの過剰生成を抑えられます。

黒ずみケアのクリームは、通販、ドラッグストアなど身近なところで購入できるうえ、ワキ、乳首、ひざ、ひじといった黒ずみにも使えるコストパフォーマンスの良さが魅力的です。

デリケートゾーンの黒ずみをジェルで改善する

クリーム、石鹸に続いて市販のデリケートゾーンの黒ずみ対策ケア商品で人気があるジェルは、保湿タイプとピーリングタイプがあります。保湿タイプはクリームと同じような効果が得られます。クリームよりもさっぱりしているのでムレが気になる方におすすめです。

ピーリングタイプは、古くなった角質を剥がれ落とします。肌サイクルが乱れがちで黒ずみとカサつきが気になる方におすすめです。ヒジ、ヒザ、くるぶしの黒ずみも古い角質が厚くなっている事が多いので、ピーリングタイプのジェルが効果的です。

ただし、ピーリングはやりすぎてしまうと必要な角質まで落としてしまうため、バリア機能が低下して刺激に弱い肌となり、黒ずみができやすくなるので注意してください。ピーリングでのケアは、2週間に1度、角質が気になる方は1週間に1度程度のケアで十分です。

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科・美容外科で解消する

デリケートゾーンの黒ずみは、皮膚科や美容外科などのクリニックでも解消することができます。クリニックでの解消法は、「レーザー治療」によって黒ずみ部分にをキレイにしていきます。

黒ずみの原因であるメラニンに照射し、破壊することでキレイにしていくため、効果には差がありますが週1回のペースで平均5回程度施術となります。価格は、1回1万円前後と決して安いお値段ではありませんが、これまでにデリケートゾーン用のクリームや石鹸を使っても思うような効果が出なかったという方におすすめです。

また、クリニックではハイドロキノンやレチノイン酸といった美白クリームの処方もしてもらえるため、レーザー治療だけでなく自宅で毎日セルフケアすることも可能です。併用すれば高い効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみをエステで改善する

エステサロンで黒ずみを解消する場合は、クリニックのような医療行為は出来ませんので、高周波や赤外線を使った照射方法などを行っています。しかし、レーザーよりも出力が弱いため、クリニックよりも効果が出にくいデメリットがあります。

また、エステサロンではフェイシャル(顔)の黒ずみケアを行っている所は多いのですが、デリケートゾーンの黒ずみケアを行っている店舗が少ないため、黒ずみケアでも一体どの部位であるのか?きちんと確認するようにしてください。

エステサロンでは、デリケートゾーンのムダ毛を処理する脱毛ケアが人気のため、黒ずみを引き起こしたくない方は、自宅でムダ毛をセルフケアするのではなく、エステサロンでVIO脱毛(アンダーヘア脱毛)をした方がキレイな肌を保つことができますよ。

デリケートゾーンの黒ずみを改善する市販ケア商品を選ぶ時のポイント

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためのケア商品は沢山販売されています。どれを選んだら良いかわからない、初めて購入するといった方のために、市販のケア商品を選ぶ時ポイントをまとめてみました。

市販ケア商品はタイプで選ぶ

デリケートゾーンの黒ずみ原因はさまざまです。そのため、ケア方法にもタイプ別に数種類のスキンケア製品が登場しているので、自分の肌に合ったケア商品を選ぶと効果的です。

・保湿・・・乾燥肌、かゆみがある方
・洗浄・・・毛穴の詰まりが気になる方
・ピーリング・・・角質が気になる方
・美白・・・シミになりやすい方

市販ケア商品は成分で選ぶ

市販のケア商品を選ぶうえで確認しておきたいのは、配合されている「成分」です。成分をチェックすることで、どのような効果が期待できるのか?を見極めることができます。

・美白成分・・・アルブチン、プラセンタビタミンC誘導体など
・整肌成分・・・グリチルリチン酸2k、トコフェリルリン酸Nなど
・保湿成分・・・セラミドヒアルロン酸、エラスチンなど

ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、アボカド油など植物由来の天然オイルは、肌に優しく保湿効果や抗炎症作用を持つ成分のため、デリケートゾーンのお手入れにおすすめです。

市販ケア商品は国内販売品を選ぶ

市販のケア商品の中には、「海外製」の商品も販売されています。日本では、クリニックでの処方が必要な美白成分を含んだ商品などがあるため、高い効果を期待し、通販などで個人輸入する方もいます。

しかし、海外製品は日本人の肌質に合わせて作られていませんので、デリケートゾーンのような敏感な肌周りに使うケアアイテムは、国内で販売されている日本人向けの製品の方が安心です。海外製品の場合、成分の配合量によっては肌刺激が強く、かえって黒ずみを悪化させるリスクがあるので気を付けましょう。

市販ケア商品はお得度で選ぶ

デリケートゾーンの市販ケア商品の価格帯は、2,000円~5,000円です。どうせ買うなら、できるだけお財布に優しい方が嬉しいですよね。お得度が高い商品のポイントを押さえておきましょう。

・色々な部位に使える・・・陰部だけではなく乳首、ヒジ、ヒザなど全身に使える製品
・デオドラント効果がある・・・黒ずみ+ニオイを消臭してくれる製品
・返品保証がある・・・肌に合わない場合には返金に応じてくれるサービスがある製品

通販サイトで販売されている商品は、「返金保証サービス」を実施している事が多く、購入の失敗が少ないうえ、他人の目を気にせず購入できるメリットがあります。

おすすめの黒ずみケア用品2つ

イビザクリーム

イビザクリームには厚生労働省に認可されている「トラネキサム酸」が配合されていまいるデリケートゾーンに使える美白クリームです。

着色料や鉱物油、アルコールなどは不使用の無添加で、日本製なので安心です。
現在は、60日間返金保証が付いていますのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

ヴィエルホワイト

ビキニラインの黒ずみをケアする美白ケアです。有名な美容サイト「スキンケア大学」で掲載されたり、数々のメディアにも取り上げられており、エステサロンでも使用されているデリケートゾーンの美白ケアです。

こちらの商品も60日間返金保証付きです。

デリケートゾーンのかゆみが黒ずみになりやすいワケ

デリケートゾーンのかゆみに悩んでいる方はいませんか?デリケートゾーンのかゆみは、黒ずみ原因の1つです。かゆみを治して黒ずみの予防・改善するようにしましょう。

デリケートゾーンのかゆみは、すでに肌が何らかの炎症を引き起こしているサインです。肌に刺激を感じると防御反応によって、メラニンが過剰に生成されて色素沈着を引き起こし、黒ずみ原因となります。かゆみを感じて?いてしまえば、さらに肌へのダメージが高まり黒ずみが悪化しますので、症状が酷くなる前に正しい対処法でケアしましょう。

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみ原因は、主に「乾燥、かぶれ、感染症」です。

乾燥

加齢、季節、遺伝によって肌が乾燥しやすい状態にある方は、肌の水分量が少なく肌ダメージが受けやすくなります。デリケートゾーン以外にも、カラダがカサつき粉っぽく潤い不足に陥っている方は、乾燥状態にあるので保湿ケアをしっかり行いましょう。

かぶれ

下着、ナプキンなど摩擦が増えると肌がかぶれてしまいます。生理期間中は、いつもより肌が敏感な状態になるうえ、ナプキンを使用するなどムレからかぶれに発展しやすいため、肌が弱い方は布ナプキンの使用がおすすめです。下着もコットン製の天然素材に切り替えるとかゆみを軽減できます。

感染症

トリコモナス、カンジダなど、感染症にかかるとデリケートゾーンのかゆみが強くなります。かゆみの症状のほかに、”悪臭、痛み、おりものの変化”といった症状がある場合には、感染症の恐れがあるため、セルフケアでのスキンケアではなく、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐために普段注意すべきこと

デリケートゾーンの黒ずみは、毎日少しずつ肌への刺激が加わり、積み重なったことの結果とも言えます。また、複数の原因が重なる事により、黒ずみが起きやすくなるため、日頃から黒ずみを引き起こさないための対策を意識することで、予防へと繋げることができます。デリケートゾーンの黒ずみを防ぐために、普段注意すべきことをまとめてみました。

肌に優しい下着を選ぶ

ナイロンやポリエステルなどの化繊素材の下着は、低価格で購入できるメリットがあります。デザインも豊富にあるので、可愛い下着を身につけたい方にとっては化繊素材の下着は魅力的に見えます。しかし、化繊素材の下着は、静電気が起きやすく肌を乾燥させます。

また、通気性が悪くムレやすいといったデメリットもあるため、黒ずみ原因となりやすいので注意しましょう。肌に直接触れる下着は、コットンやシルクなど天然素材を使用した肌に優しい製品を選ぶのがおすすめです。

保湿ケアをする

お肌の保湿は、肌のバリア機能を高めますので黒ずみ予防に効果的なスキンケアです。デリケートゾーンの保湿ケアは、敏感肌用の無添加&低刺激の保湿クリームを使うようにしましょう。お風呂上りは、肌に付着した水分が蒸発して乾燥しやすいタイミングです。お風呂上りに保湿ケアをすれば、過剰な水分蒸発を防げます。

また、清潔な肌に使用することができるタイミングなので、体をよく拭いてからケアしましょう。ムダ毛の処理をする際にも、デリケートゾーンの保湿ケアをしておけば、肌の水分量が高い状態となりますので、脱毛しやすくなるメリットがあります。

バランスの良い食事

偏った食事をしていると必要な栄養素が補えず、新しい皮膚に生まれ変わるための再生力が低下します。代謝力も落ち、肌サイクルが乱れてしまいますので、栄養価の高いバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

ビタミンB1、B2は皮脂をコントロールし、ビタミンAはダメージを受けた肌の再生を促します。ビタミンCは、メラニンの生成を抑制する働きがあるため、ビタミン群を積極的に摂るのがおすすめです。

規則正しい生活習慣

睡眠不足や慢性的なストレスを抱えると、肌サイクルが乱れて黒ずみが出来やすい原因となります。規則正しい生活習慣を身につけることは、透明感のあるキレイな素肌を保つための鉄則です。ストレスの少ない健康的な生活を送ることは、デリケートゾーンだけではなく、顔、髪、心あらゆる面に良い影響を与えますので、生活習慣が乱れている方は少しずつ改善するようにしましょう。

毎日忙しく過ごしている方は、入浴の際にシャワーだけで済ませる方もいますが、お風呂は湯船につかることで血行が促進され、肌サイクルが活発になります。疲れが取れストレス解消にも繋がりますので、運動不足気味の方にもおすすめです。ゆっくりと湯船につかる習慣を身につければ、心身の健康と美しさが手に入ります。

スポンサードリンク

PAGETOP