肝斑の原因・治療方法・スキンケア方法を徹底解説

肝斑(かんぱん)とシミとの違いや、肝斑の原因、肝斑に効く成分、薬、漢方、皮膚科や美容外科、セルフスキンケア方法など、様々な改善方法や肝斑をメイクなどで目立たなくする方法などを解説していきます。


もくじ

スポンサードリンク

肝斑の原因とは?シミとの違いは?

長年のシミのケアを続けてきたけれど、なかなか薄くならず効果がなかったので皮膚科を受診したら「肝斑(かんぱん)です」と言われ驚いた!という人が多いと聞きます。

また、肝斑は40代以降の女性がなるもの・・と思い込んでいたけれど、20代でも肝斑と言われた!という事例も多く、肝斑の低年齢化も進んでいます。

肝斑は何が原因でおこるのでしょうか?
肝斑とシミは何がちがうのでしょうか?
化粧品で治すことはできるのでしょうか?

シミの原因とは

肌は角質層の下、表皮層の基底細胞の列にあるメラノサイト内において、皮膚に紫外線や摩擦などの刺激を感じると、メラニンという茶褐色の色素を生み出して、皮膚内部に刺激が入るのをブロックします。

これがシミであるメラニンが発生するしくみで、メラニンが発生するのは体の正常な防御反応です。

肌の黒い黒人種は、昔から紫外線の強く降り注ぐ土地に暮らしているため、皮膚を紫外線から守るために、メラニンを多く産生し、皮膚の色が茶褐色をしています。
ですので、シミは体のあらゆる部位に発生する可能性があり、年齢も性別も問わずできます。

40才以降、シミが増えた・・という人が多いのですが、これは、紫外線ダメージが蓄積されているとともに、新陳代謝が低下してくるので、メラニンを含む細胞のターンオーバーが乱れ、シミが定着しやすいことがあげられます。

まれに、ストレスや喫煙など生活習慣によってメラノサイトが刺激されて、シミの発生に繋がることもわかっています。
このように、シミは内的・外的刺激の防御反応としてでき、色々な場所にできる可能性があります。

肝斑の原因とは

肝斑は最近の研究によって、原因や対処方法が解明されてきました。
まだまだ、治療薬の開発までには至っていませんが、解決の兆しが見えてきました。

肝斑は、目の周り以外の部分で目の下の頬の部分から目尻にかけて、左右対称にモヤモヤっとシミの群衆があることが特徴です。

そのシミ群のカタチが肝臓のカタチに似ていることから肝斑という名称がついているのであって、肝臓に病気があるサインなどではありません。

多くは左右対称で目の下部分に多く見られますが、左右非対称であったり、目の周り以外の口元などにできるケースもあります。

シミはある日、ポツっと1箇所に出来るのに対し、多くの肝斑は左右対称にモヤモヤっとシミの広がりが生まれます。

肝斑は、20代の女性には少なく、30代~40代の女性が多く発症して、閉経後の60代以降にパっと消えてしまう人もいることから、「女性ホルモン」の影響を受けて発生していると考えらえています。

特に、女性ホルモンのうちのプロゲステロン(黄体ホルモン)との関係が強いと言われており、20代の女性でも生理周期の調整ピルを処方されている人や、妊娠期に肝斑を発症している人が多いことを理由としています。

プロゲステロン自体のせいではなく、プロゲステロンのバランスが崩れることが原因のようです。

実は、肝斑もメラノサイトが刺激を受けてメラニンを放出している結果のシミ群なので、肝斑もシミもメラニンのの発生のしくみは同じなのですが、刺激の原因が異なるのです。
シミは内的・外的刺激が原因なのに対して、肝斑は女性ホルモンによる体質の変化が原因とされています。

肝斑ができやすい人とそうでない人の違い

肝斑は女性ホルモンやメラノサイトが大きな要因なので、肝斑になりやすい人といのは、女性ホルモンのバランスが崩れやすい人、刺激に対してメラノサイトが敏感に反応する人というのが最大の要因です。

遺伝や体質とは関係ありません。
そもそも、日本人はシミができやすいのと同様に、肝斑もできやすい肌質のようです。

女性ホルモンのバランスを崩しやすい人

現代の女性は仕事や家事・育児を忙しくこなしたり、男性同様に社交や付き合いでの外出も多くストレスが多く、不規則な生活をおくりがちです。

無理のある生活はカラダを壊してしまう前に、女性ホルモンのバランスが崩れて肌荒れや生理が遅れたり、PMSでイライラや体調不良になることもありますよね。
こういった例が多い人は女性ホルモンのバランスが崩れやすい人なので、注意が必要です。

女性ホルモンのコントロールは、ストレスの少ない無理のない生活を送ることが大切ですが、大豆に含まれるイソフラボンを摂取したり、食品やサプリメント、また漢方を活用することによって改善することも可能です。

妊娠・出産など

日常、女性ホルモンのバランスが良い人でも、妊娠中はどうしてもプロゲステロンが優位になるので肝斑ができやすい状態です。

妊娠中の肝斑を防止することは、妊娠を継続できなくなるのでできません。
妊娠中に肝斑ができた人は、出産して生理が戻ってくると、女性ホルモンのバランスも整って肝斑が落ち着いてくることが多いようです。

できるだけストレスのない毎日を送って、紫外線や肌への刺激を避けて過ごすようにしましょう。

妊娠中は肌が敏感になるため、肝斑だけでなくシミや摩擦による色素沈着もできやすい時期ですので気を付けましょう。

メラノサイトが刺激される場合

肝斑ができる人はシミが多いという関係はないのですが、肝斑ができてしまった場合、メラノサイトが刺激に対して敏感になっている状態なので、紫外線を浴びたり、花粉症やアレルギーなどで目の周りをこするなどの刺激が加わると、肝斑の他にシミも発生しやすくなります。

毎日の洗顔やクレンジング、ファンデーションを付ける時のパフの摩擦などちょっとした刺激でも毎日、毎朝晩のことになると、大きな刺激の蓄積になってしまいます。
こうやってできたシミは、ホルモンバランスが落ち着いて肝斑が消えたとしても、シミだけは残ってしまうので気を付けましょう。

肝斑を飲み薬で治療するには?

第一三共ヘルスケアのトランシーノが発売されて、肝斑の症状について広く認知されてきてきましたよね。
なかなか消えない頬のシミが飲み薬で治療できると、多くの悩む女性に希望を与えてくれました。

けれど、トランシーノは「第一類医薬品」です。
簡単な問診と薬剤師の説明を受けてからでないと購入できない、リスクの高い商品です。
薬剤師も、肝斑かどうか疑わしい場合は販売せず、皮膚科の受診を勧めます。
肝斑かも、と思ったら、安易に一般用医薬品を使用するのではなく、まずは皮膚科を受診して、きちんと診断を受けるのをおすすめします。

肝斑を処方薬で治療する

皮膚科を受診すると、肝斑であると特定するために、いつ頃からできたのか(年齢との関係)、妊娠やピルなど女性ホルモンの変化について、日常の活動状況や紫外線対策の有無、美白美容液でのケア方法などを問診し、目視によって肝斑の色や形、位置的な特徴が該当するかを見極めます。

肝斑の処方薬としては、

・トラネキサム酸 (メラノサイトの刺激物質 プラスミンの活性を抑制)
・L-システイン (メラニンの生成を抑制し、黒色メラニンを無色化する)
・ビタミンE (活性酸素を除去してメラニンを発生しにくくする、ターンオーバーの正常化)
・ビタミンC (Lシステインとともにメラニンの生成を抑制、黒色メラニンを無色化)

を組み合わせて処方されます。

初回は1か月分程度処方されますが、何度か通院して3か月は服用して様子を見ます。
しっかりした皮膚科は、肝斑のシミの濃さを写真や測定機器で図ってくれて、改善しているか、効果があるかなど経過を記録してくれます。
もし、効果がなければ、肝斑ではなかったのかもしれません。

トラネキサム酸は長期服用ができませんので、一度服用をお休みして、再度肝斑の変化を検査して、肝斑治療を再開するか、別の治療を検討します。
多くの人が、1か月~2か月の服用で肝斑の濃さが軽減するのを実感しているようです。
ただし、服用をストップすると、また肝斑が発生したり、濃くなったりすることがあります。

上記の処方薬は表面上のシミ群を薄くする対処療法です。
肝斑の原因の女性ホルモンに働きかけるものではないので、根本的な解決にはならないことを理解しておきましょう。

肝斑を漢方で治療することはできる?

肝斑に漢方を併用する治療を行う皮膚科もあります。
どちらかというと、患者の希望か、または上記の医薬品で改善が見られない場合に長期療法として処方される場合が多いものです。

漢方は、肝斑の原因である女性ホルモンの乱れを整えたり、ストレスの緩和、血液の流れを良くするのに効果があるので、肝斑の根本へのアプローチといえます。
冷え性や生理不順などに効果のある加味逍遥散(カミショウヨウサン)や星火逍遥丸(セイカショウヨウガン)がよく処方されます。

肝斑になりやすい人は、冷えや虚弱で血液の流れが悪く、ホルモンの分泌に影響しているとも考えられます。表面的な顔のシミである肝斑の問題だけでなく、体の悩みや体質なども話して、根本から治療しましょう。

残念ながら、漢方の服用だけで肝斑が根治できるわけではありません。
医師の処方に従って、漢方と外用薬、内服薬を併用して治療をすすめましょう。

肝斑を市販薬を使って自力で治す

肝斑をトランシーノなどの市販薬を使って自力で治したほうが、安いし通院もしなくて時間もかからずに良いのでは?と思う人もいると思います。
けれど、市販薬は医師の処方する薬の含有量を下回るものがほとんどです。

肝斑の治療薬トラネキサム酸においても、皮膚科で肝斑治療に処方されるトラネキサム酸の1日の処方量は1500mg、またはそれ以上(1日あたり)なのに対し、市販薬トランシーノのトラネキサム酸の含有量は半分の750mg(1日あたり)です。

肝斑に対してトラネキサム酸1500mg以下では美白効果が薄いと言われているので、しっかり治したい人は皮膚科で十分な含有量のものを処方してもらうことをおすすめします。
けれど、通院する時間がないなど、市販薬で自力で治したいという人は、下記の点に気を付けて使用しましょう。

トランシーノなどの肝斑用市販薬を服用する際は、
「皮膚科を受診したことがあり、肝斑と診断され、トラネキサム酸を処方されたことがある」などの服用の経験があるか、
「薬局の薬剤師の説明を受けて、自分が肝斑の状態と合致する」
と納得できる場合です。

「肝斑かシミかわからない」というあいまいな状態で肝斑用の市販薬を服用するのは避けましょう。トラネキサム酸はそもそも炎症を止めたり、止血効果や抗アレルギー作用のある薬です。

喉がイタイ時に、トランサミン錠などが処方されるのですが、同じトラネキサム酸です。

肝斑にトラネキサム酸が効果的と言われるのは、トラネキサム酸がメラノサイトを刺激する情報物質のプラスミンという酵素の活性を阻害するからなのですが、女性ホルモンによってメラノサイトが刺激を受ける際にも、プラスミンが作用することがわかっています。
市販薬を使用する場合、肝斑治療は服用期間が長いので、用法や容量を守って、1か月に1度は定期的に薬剤師に相談しながら服用しましょう。

肝斑を皮膚科で薄くするには?

肝斑のサインである、目の下からこめかみにかけての左右対称の広範囲のシミに気づいたら、皮膚科を受診してみましょう。

肝斑は女性ホルモンなどの内分泌系に問題があるので、自己流で化粧品の美白美容液を使ったとしても対処療法であって、多少薄くはなったとしても根本の改善はしません。

目の下の広範囲のシミの原因がわからないと、気持ちまで落ち込んでしまう人が多いですが、受診をして、肝斑と診断されて、お薬がもらえるだけでも気持ちがラクになり、ストレスから解放されて肝斑が和らぐこともあるようです。
悩み続けていないで、皮膚科を受診してみましょう。

スポンサードリンク

肝斑を塗り薬で治療する

皮膚科で肝斑と診断された場合、内服薬と同時に、外用薬としてビタミンCやハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸などの美白効果のある塗り薬を処方されます。
外用薬は一般の美白美容液よりも高濃度で、角質層より下の表皮のメラノサイトにまで浸透させられるので、効果も高いのです。

治療は外用薬で1~2か月経過観察をします。
皮膚のターンオーバーのサイクルなので結果を急がないでじっくり治療しましょう。
内服薬と外用薬によって肝斑が薄くなったとしても、治療は辞めてはいけません。

女性ホルモンのアンバランスが解決しない限り、また肝斑の症状が発症しないとは限らないからです。
同時に紫外線ケアも行いましょう。

肝斑をハイドロキノンで薄くする

ハイドロキノンは肝斑だけでなくシミの外用薬での治療でもよく処方されます。
ハイドロキノンはメラニンの還元作用とメラニンを作らせないチロシナーゼ阻害による予防美白効果に優れるために、とても効果的に美白を行うことができます。

しかしハイドロキノンは塗布した際、紫外線を浴びてはいけないことから、取り扱いが難しく、日本では厚生労働省により一般商品はハイドロキノン濃度2%までの配合しか許可されていません。

病院での処方では2%以上でも認められていますが、5%以上だと動物実験で発がん性が認められており、日本では4%のものが多く処方されています。

ハイドロキノンは効果が高い分、肌への刺激も強く、人によっては赤くなったり、熱を帯びることもありますので、医師の処方に従って正しい容量、回数、紫外線対策をして使用しましょう。

ハイドロキノンクリームは保険適用外なので実費がかかりますが、5gで1,500円~2,000円程度です。別途、診察料金がかかりますが、市販のハイドロキノン配合の美白美容液を購入するよりは高濃度のものを安く入手することができます。

肝斑をビタミンCで薄くする

市販のビタミンC誘導体配合の美白美容液を使って、肝斑を薄くすることができるかというと、効果が出にくいのは事実です。

肝斑は体の中からビタミンCやL-システイン、トラネキサム酸などを服用しながら、外用薬として、ハイドロキノンやアルブチン配合などの外用薬を使います。

肝斑治療を外用薬で行う際、ビタミンCを高濃度に配合したピュアビタミンCやAPPSなどを配合したものを美容液としておすすめする皮膚科もあります。

これらは、お薬としてではなく、あくまでもドクターズコスメとしてです。
毎日の内服薬や外用薬と合わせて、高濃度ビタミンCの美白美容液を使って効果を底上げするものです。

肝斑の治療は保険が適用されるの?

そもそも保険とは、厚生労働省が病気と認めているものに適用されるのですが、肝斑は病気というよりも美容の範疇であるということで、肝斑治療には保険が適用されません。
しかしながら、皮膚科によっては内服薬のトラネキサム酸やビタミンCなどに保険適用されることもあるのは事実です。

この背景には、処方箋を書く際に、肝斑としての治療ではなく、他の皮膚炎やアレルギーなどの病名を当てて病気として作成していることがあります。

保険適用で1か月分の2~3種類の内服薬が1,500円前後で済みますが、これが保険適用外だと5,000円前後になるので大きな違いですね。

肝斑治療は長期戦なので、ますます金額の差は大きくなります。
基本的には肝斑は保険適用外ですが、皮膚科によって保険適用してくれるところもありますので、事前に皮膚科に確認をして、受診することをおすすめします

また、肝斑治療の外用薬の多くは保険適用外です。
美白効果が高いハイドロキノン4%クリームは5g(約1か月分量のクリーム)で2,000円前後かかります。

こちらも、市販のハイドロキノンクリーム(2%以下)が1本2か月分程度で1万円程度しますので、皮膚科で処方してもらうほうがとても安く済みます。

肝斑を美容外科で薄くする

肝斑を美容外科で治療することはできるのでしょうか?
シミ同様にレーザー治療や、注射で薄くできるのでしょうか?

肝斑をレーザーで治療する

肝斑は美容外科でのレーザーでの治療はメラノサイトを刺激し、肝斑を悪化させる危険があるとして、レーザー治療は行ってきませんでした。

しかし、最近レーザー機器の進化もあって、肝斑に微弱なレーザーを当ててシミを取り除く「レーザートーニング」という治療が開発されてきて話題になっています。

レーザートーニングとは、弱いレーザーのチカラでメラノサイトを刺激せずに、徐々にシミを薄くしていくものです。これまで、肝斑は内服薬や外用薬での治療方法しかなかったので、とても画期的なこととして、多くの美容外科での治療が始まりました。

短時間でレーザー照射も済み、手軽で、肝斑が薄くなるというメリットが話題になる一方で、肝斑が濃くなったという被害があるのも事実です。

レーザー技術は進化したとしても、やはり医師の技術によって差が現れるのだと思われます。

また、そもそも、レーザー照射により、今ある肝斑のシミを取り除くことができても、根本の解決にはならないので、また発生することもあります。

肝斑の解決は肌表面の問題ではなく、体の中にあること、レーザーは万全ではなくリスクがあることを理解しましょう。

フォトフェイシャルを使った肝斑の治療法

フォトフェイシャルとは、IPLという肌に優しい光エネルギーの照射により、ターンオーバーを促進して、シミのある角質細胞を排出したり、肌細胞に働きかけることによってコラーゲンを活性化、健康的な肌細胞を産みだしてくれる治療方法です。

レーザー治療と異なり、色々な肌悩みに広範囲に対応できるのがフォトフェイシャルの良いところですが、肝斑の治療には向きません。

シミだと思ってフォトフェイシャルを受けた結果、濃くなってきたので皮膚科を受診したところ、肝斑であったという事例が絶えません。

肝斑の治療をレーザーやフォトフェイシャルで行うのは本当に難しく、危険です。
また、シミだと思ったら肝斑であったという間違いが無いように、美容外科治療を受ける前に皮膚科を受診して、肝斑かシミかの判断をきちんと受けましょう。

肝斑をメイクで上手に隠す方法

このように、肝斑の治療は内服・外用薬を併用しながら長期になります。
しかし、焦りや気にしすぎは禁物です!

肝斑こそストレスやイライラは女性ホルモンの乱れに繋がるので、穏やかにゆったりした気持ちで治療を行いましょう。

しかも、妊娠・出産後などであれば、トラネキサム酸などの肝斑治療内服薬の服用は避けたいですよね。

その間はメイクで肝斑を上手にカバーしてみましょう。
ファンデーションの選び方や専用のコンシーラー使い、ポイントメークなど工夫することで、手軽にカバーできますよ。

肝斑をファンデーションで隠すメイクテク

肝斑は目元のデリケートな部分に広範囲でできるので、ファンデーションを上手に選んで隠してしまいたいですよね。
おすすめはカバー力がありながらしっとりツヤ感が生まれるクリームタイプファンデーション。

ただカバー力のあるマットなタイプのファンデ―ションを選んでしまうと、肝斑は隠せても、目元にツヤのない暗い印象になってしまいます。

カバー力がしっかりあって、肌にツヤ感を生んでくれるクリームタイプのファンデーションは、ツヤ感で肝斑特有の広範囲のくすみ感も上手に隠すことができます。

おすすめは

RMK クリーミィファンデーション
リキッドのような軽さとツヤでしっかりカバー力があるクリームファンデーション

ルナソル モデリングウォータークリームファンデーション
美容液60%配合で瑞々しいツヤ感とカバー力

レブロン カラーステイ メイクアップ
しっかりカバーしながらうるおいのある肌をキープ
・カバーマーク センサリーロゼ カラー エクストラ フォーミュラ シミやくすみをしっかりカバーしながら、しっとりツヤ肌にしてくれる美容液のようなファンデーション

仕上げにフェイスパウダーをフェイスブラシでひと刷けすると、さらに明るい透明感がプラスされて、肝斑のシミの濃い印象が和らぎます。
参考にしてみてくださいね。

コンシーラーを使って肝斑を隠す技

肝斑は広範囲なので、コンシーラーを使って全部を隠そうとすると、目元がベタっとしたマットな印象になってしまうので、とても難しいです。

資生堂 スポッツカバー ファウンデイションは、あざ、シミ(肝斑)などの色や、傷あとをカバーするために開発されているコンシーラーです。

カバー力がしっかりしていて、自分の肌色に合わせて4色から選べます。
ジャーに入ったクリームファンデーション状で、部分用と全体用があり、肝斑は部分用の方がカバー力が高くておすすめです。

肝斑は広範囲なので、ファンデーション用のスポンジに取ってポンポンっと気になる部分にやさしくスタンプするように広げます。

また、江原道のマイファンスィーモイスチャーコンシーラーIPSAのクリエイティブコンシーラーはカバー力が高く3~4種類の色が混ぜられるパレット状なので、肌色の微妙な違いに合わせて、色の調整ができるので便利です。

備え付けの筆で伸ばすタイプですが、こちらも、筆である程度伸ばしてから、お手持ちのファンデーションパフで優しくなじませましょう。

コンシーラーで100%隠そうとすると、どうしても厚塗りになり、肌の透明感まで奪ってしまうので、70%程度隠れたかな?程度で十分です。

その後、フェイスパウダーをのせて、透明感をアップさせ、チークやアイメークでひきつけるテクニックで、肝斑から目線をそらすことができます。

肝斑ができた時のスキンケアポイント

皮膚科を受診して肝斑だと分かって、内服薬や外用薬で治療を開始したら、少し安心ですね。
毎日のスキンケアでも、肝斑治療をバックアップしましょう。
肝斑のケアで大切なことは、美白化粧品を使う前に

・紫外線対策を万全にする
・摩擦を伴うケアはしない(クレンジングやマッサージ、はがすパック、スクラブ洗顔、パフ洗顔など)
・保湿をしっかり行う

ことが大切です。

肝斑対策:紫外線ケアを万全に

肝斑だとわかったら、紫外線による刺激は大敵です。
そもそもの肝斑はひどくなかったとしても、紫外線の刺激でメラノサイトが敏感に反応してしまう状態なので、メラニンが過剰に産生されてしまいます。

紫外線対策として、UVクリームやUV効果のあるファンデーションをお選びだと思いますが、高い数値のものを使っているからと安心せずに、しっかりムラなく塗ることや、汗をかいたりメーク崩れしていたらこまめに治すなど、UV効果を高める・維持する注意をしましょう。

肝斑は肌への刺激を敏感に感じる傾向にあるので、いつものUVケアが刺激になる場合があるので、紫外線散乱剤やケミカルフリー、アルコールフリーなど、配合成分にも気を付けてくださいね。

SPF30以上のものは、どうしても紫外線吸収剤を配合したものが増えます。
さらに、遮光性の高い日傘や帽子の着用をおすすめします。

肝斑対策:肌の摩擦の防止をこころがけて

肝斑は、肌のちょっとした刺激や摩擦でも敏感に反応してしまいます。
毎日、肌の摩擦をしていない様でも、実は目元や頬には良く手が行きがちな部分なのです。
スキンケアでも気を付けましょう。

特にクレンジングや洗顔でグルグル、ゴシゴシと強く触れるのは避けて、優しい感触で肌に負担なく洗えるものを選びましょう。

また、スクラブや洗顔グッズを使った洗顔は休みましょう。
ファンデーションを付ける時のパフも、なめらかな肌触りのもの、クッション性の高いものを使ってください。

パフは使い続けていると、固くなりザラザラしてきますし、雑菌も繁殖しやすくなります。
外出用のファンデーションケースに入れっぱなしだと、ゴワゴワしてきますので、こまめに洗って、清潔にしましょう。

肝斑対策:しっかり保湿が肝心

肌をしっかり保湿して乾燥から守るケアは美肌ケアの基本です。
肌が保湿されていると、肌のバリア機能が高まるので、外的刺激、内的刺激にも強くなります。

また、美白成分の浸透も高まり、スキンケア効果がアップします。
肝斑になりやすい体質の人は、女性ホルモンのバランスが崩れやすい人と言えますが、女性ホルモンのエストロゲンは肌のうるおいやみずみずしさを保つホルモンです。
肝斑傾向の人は、ホルモンの不調や冷えなどで肌が乾燥しやすく、肌が荒れやすいので、特に保湿が大切なのです。

終わりに:肝斑には正しい治療が大切

肝斑ができてしまった人に一番知ってほしいのが、まず皮膚科でちゃんと診断するということです。

皮膚科にもいろいろとありますが、美容に詳しい皮膚科だと、美白やアンチエイジングのドクターズコスメが販売されていたり、美容注射を行っていたりします。
こういった皮膚科は肝斑やシミに得意な医師が多いので、皮膚科選びの目安になります。
安易に自己判断して市販薬を使用したりセルフケアするよりも、通院して処方薬を使用するほうがコストも安く済みます。
肝斑は原因がわかって、治療方法があるとはいえ、まだまだ原因の究明が発展途上です。
レーザー治療する際もデメリットもきちんと把握して行ってください。
エステなどは肝斑に刺激になって危険なので辞めましょう。
また、肝斑は毎日の過ごし方やスキンケアでも変わります。

ストレスを溜めずに、穏やかに過ごしてホルモンバランスをと問えましょう。
肝斑の刺激を避けて、保湿をしっかりと行い、肝斑の症状が少しでも抑えられるようにケアしてくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP