子供の脱毛は危険?いつからOK?

子供のむだ毛処理は本当にデリケートで難しい問題です。
大人だったら思い切って脱毛しちゃいなよ♪と言えるのですが、子供の場合はなかなかそうもいきません。

この記事では、子供のむだ毛の悩みの実態や子供脱毛の安全性などについて真正面からぶつかっています。ムダ毛で悩むお子さんとその保護者さんにとって有益な情報となることを願っています。


もくじ

スポンサードリンク

子供のムダ毛の悩みは深い

子供の脱毛について考える前に、まずは自分のムダ毛に対して子供がどのような悩みを持っているのか、本当のところを見ていきましょう。

成長期を迎えてムダ毛が生えてきたことにとまどう

親から見たら成長の証でもあるのですが、今までなかったものが生えてくるのですが誰でも不安になります。
子供の体毛を見つけたら、大人へのステップであることを上手に説明できるとベストですね。

ひざ下、腕など見える部位のムダ毛を指摘される

夏はもちろん、普段から見えてしまうこの部位のムダ毛の量はかなり個人差があり、毛量が比較的少ない子が多い子供をからかうという話は本当に後を絶ちません。
もちろん、子供の好奇心からの発言で、悪気がない場合もありますが、悪気がなければ何を言っても良いということはありませんよね。

わき毛をからかわれる

成長するに従って必ず生えてくるものですが、成長が早い子供がからかわれる傾向にあります。お子さんからはっきりと悩みを打ち明けられなくても、体育やプールを休みがちになったらムダ毛が関係している可能性も否定できません。

アンダーヘア(VIO)を指摘される

脇毛と同様、デリケートゾーン(VIO)のムダ毛も成長が早い子と遅い子がいます。
女の子だけでなく男の子の場合もプールの着替えの時間などに大きな声で指摘されて傷つくことがあります。

言う方は軽い気持ちかもしれませんが、ムダ毛をからかうことはいじめにもつながります。
お子さんが被害者にも加害者にもならないように、体毛は誰にでもあるもので、からかう対象にしてはいけないことを家庭でも教える必要があります。

子供の脱毛は危険?

やわらかくスベスベの子供の肌に脱毛するのは怖い・・・と感じるのも当然です。
自分のこと以上に不安になりますよね。

脱毛は、子供でなくてもリスクを背負うものです。
多くのエステサロンで使用されている光脱毛は、黒いもの(メラニン色素)に反応して毛母細胞を破壊する強い光を肌に当てるというものなので、刺激がゼロというわけではありません。

脱毛は医療機関でもできます。
クリニックの方がなんとなく安心感がありますが、別の問題があります。

それは脱毛の痛み。

クリニックの脱毛は医療レーザー脱毛ですが、こちらもレーザーを肌に照射してムダ毛の元になる細胞を壊して、その毛穴からムダ毛が再び生えてこないようにするという方法です。

痛みと刺激があるので子供にはちょっと厳しいかもしれません。

ただ、子供向けの脱毛コースは痛みに配慮してあり、本格的に脱毛を始める前にお試しができるプランもあります。

自宅でしっかりと保湿をするなどのケアを保護者が行えば肌の刺激も最低限で抑えることができるので、よほど小さいお子さんでなければ過保護に危険を心配する必要はないと思います。

子供脱毛の懸念事項

ムダ毛は脱毛してもホルモンの影響によって成人するくらいまではまた生えてくる可能性が高いと言われています。

そのため、子供脱毛をする場合は、事前に知っておきたいいくつかの懸念事項があります。

脱毛してもまた生えてくる可能性がある

小学生~中学生くらいの頃に脱毛しても、再びムダ毛の悩みが生まれることは十分に予想できることです。

この点については脱毛サロンでも説明があり、納得の上で契約することになります。
また、脱毛サロンの方針によっては生理が順調に来ていることが脱毛の条件に挙げられている場合もあります。

脱毛前にはムダ毛を剃る必要がある

脱毛はムダ毛が長い状態だとできないので、希望する部位のムダ毛を事前に剃っておかなければいけません。ツルツルになるまで脱毛するのではなく、間引く程度減らしたい場合も全て剃る必要があります。

男の子のお子さんの場合、急にツルツルになることを嫌がることもありますし、女の子でも1度剃ってしまうとそこから継続してシェービングしないとチクチクする不快な状態が続くことになります。
脱毛が終了するまではシェービングも必要になることを親子で理解しておきましょう。

大人の脱毛よりも費用がかかることもある

子供の脱毛にかかる金額はディオーネの両ワキ脱毛なら12回で24,000円です。
これくらいの金額なら検討できる価格ですが、両足、腕・・・と部位を追加するごとに費用も増えていきます。

さらに、成長期途中のお子さんの場合、脱毛が完了してもまた生えてくることもあるので、追加費用がかかることもあります。

結局、子供には脱毛しない方が良いの?

絶対にダメ!というわけではないですし、ご家庭の考え方もあると思いますが、脱毛するなら金銭的にも肌にもリスクがあることを知っておくべき。
成長途中の子供の肌を痛める行為であることは間違いないのですから。

子供に脱毛を施すなら、子供の肌や痛みに配慮した脱毛を行ってくれるところで行いましょう。

スポンサードリンク

子供脱毛ができる脱毛サロン

子供脱毛を積極的に行っている脱毛サロンをご紹介します。
ただし、スタッフさんは研修は受けているものの、保育士でもなければ子供の専門家でもありません。

カウンセリング時の説明に不明点や不安なところがあったら、もっとわかりやすい説明を求める、具体例を出してもらうなど、納得できるまで聞いてみてください。
親子で納得した上で始めることがとても重要です。

ディオーネ

ここ数年、子供脱毛でかなり人気が高まっているのがディオーネです。
ディオーネ代表のお嬢さんのレモンちゃんは、小学1年生のプールの授業のときに男の子から腕のムダ毛を「腕に草が生えてる」とからかわれました。それ以来プールの授業は見学するようになったそうです。
お父さんに「腕の草とれる?」と相談したのが、ハイパースキン脱毛開発のきっかけになりました。

子供に使用することを前提にしているので、痛みはほぼありません。
わたしも実際にディオーネ脱毛をやったことがありますが、たしかに痛みはなく温かいと感じる程度でした。光脱毛、クリニックのレーザー脱毛とは全く違う、新しい脱毛だと感じました。

ハイパースキン脱毛は従来の光脱毛のように、毛周期の成長期にあたる今生えているムダ毛に強い光を照射するのではなく、休止期にあるムダ毛が生えていない毛穴に特殊な光を当てて発毛を抑えるという方法です。

肌に優しくほぼ痛みを感じない脱毛なので、子供だけでなく痛みに弱い女性や顔だけは肌に優しい方法で脱毛したいと考える女性にも人気があります。

ディオーネでお子さんが全身脱毛をする場合、年齢によって価格が変わります。

■ディオーネキッズ脱毛 全身脱毛の価格
3才:180,000円、4才:200,000円、5才:220,000円、6才:240,000円、7才:260,000円、8才:280,000円、9才:300,000円、10才:320,000円、11才:340,000円、12才:360,000円

部位脱毛はパーツによって料金設定があります。

■ディオーネキッズ脱毛 主な部位の価格
顔全体:60,000円、鼻下のみ:24,000円、襟足:30,000円、両ワキ:24,000円、ひじ下 (肘含む):60,000円、二の腕:60,000円、ビキニVライン上部:24,000円、ビキニVラインサイド:30,000円、太もも:78,000円、ひざ下 (膝含む):72,000円

ディオーネの子供脱毛には保護者の方にも3つのお約束があります。

1.お子さんが脱毛するときはサロンへの同伴と送り迎えをすること
2.保護者もハイパースキン脱毛を体験して、痛みや安全性を確認すること
3.保護者とお子さん両方が納得した上で脱毛スタートすること

ディオーネ公式サイトには、実際にディオーネで子供脱毛をやった親子の体験談が掲載されています。

9才のお子さんと保護者さんそれぞれの感想が参考になりますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

ちなみに、筆者もディーネで顔脱毛をした経験があります。
よろしければ、その時のレビューをご覧ください。

エピレ

エピレの子供脱毛は7才から受けることができます。
成長途中の子供脱毛を行ってくれるサロンはまだまだ少ないので、バレエやスイミングに通っている肌の露出が多い女の子などにも選ばれています。
女性専用サロンなので、男の子の脱毛はできません。

エピレの脱毛器はTBCの脱毛実績から考案されたオリジナルの脱毛器です。
脱毛の痛みについて2011年9月にエピレ脱毛を利用した方のアンケートによると100%の方が「痛くない」と回答しています。

あたたかみを感じる程度で痛みはほぼ無いのだそうです。

エピレのキッズ脱毛にはエピレを初めて利用する子供限定のファーストプランがあります。
全身19か所の中から気になる部位を2か所選ぶお試し感覚のプランです。
価格は500円と激安です。
痛みや抜け落ちを確認してから本格的な脱毛をスタートすることができる優良プランと言えますね。

■エピレ子供脱毛 ファーストプランで選べる部位
両ひざ上、両ひざ下、両ひじ上、両ひじ下、背中(上)、背中(下)、首うしろ、おなか、ヒップまわり、鼻下、あご、乳首まわり、胸センター、へそ周り、両ひざ、両手の甲と指、両足の甲と指、ビキニライン(上)ビキニライン両サイド

ちなみに、ファーストプランの中にワキ脱毛は含まれていません。
ワキは子供脱毛できないのかな?と思ってエピレに電話で確認してみたところ、ワキのお試しは6回で250円という別プランがあり、7才以上ならお子さんでも利用できるのでこちらをご検討下さいとのことでした。

家庭用脱毛器で子供脱毛はできる?

子供脱毛のために家庭用脱毛器の購入を検討しているならちょっとだけ待ってください。
脱毛をした肌はいつも以上に敏感になっています。
脱毛した翌日に体育の授業は受けて良いのか、プールはOKか?など気になることはありませんか?

こういった不安を抱えながら家庭用脱毛器を使用するのはオススメできません。

ムダ毛を処理するという観点だけで考えると家庭用脱毛器でも可能なのですが、お子さんが痛みを感じないギリギリの出力で照射するのは難しいです。
痛みを考慮して出力を下げすぎると脱毛効果を得られなくなることもあります。

成長途中のお子さんを脱毛してもまた生えてくる可能性が高いので、長期間使えるという点では脱毛サロンに通うよりも家庭用脱毛器の方が費用を抑えることができますが、小学生くらいのお子さんに使うのは難しいと思います。

どうしても家庭用脱毛器で子供脱毛を試みるなら保護者が行ってください。
凍らせた保冷剤を使って肌をしっかり冷やすと痛みを感じにくくなりますが、保冷剤を肌に当て続けるのは大人でも結構ツラいものがあるので、様子を見ながら行ってくださいね。

子供脱毛に正解はない!

子供脱毛をやるべきか、いつから始めるべきなのか、これはとても繊細な問題なので、ご家庭それぞれの考え方や答えがあると思います。
ただ、親子で考えても答えが出なかったり、ママとパパで意見が分かれることもありますよね。

以前テレビ番組で子供脱毛を紹介するコーナーがありました。
その中で男性出演者さんが子供に脱毛するのは早いと思う。プールの時期とか必要なときだけ剃ればいいのでは?というようなことを言っていました。

これもひとつの考え方ですが、わたし個人的にはそれでは解決にならないと思います。
ムダ毛は1度剃ってしまうと継続してシェービングしないとチクチクして気持ち悪いですし、女性は経験があると思いますがシェービングをやめて中途半端にボーボー状態になるのは自分自身もイヤですよね。

それに、男の子の場合だと剃ってしまって全部無くすことが不自然なので、シェービング自体が難しいことです。

子供脱毛をやるべきか、親子で考えても結論が出せないなら、プロの第三者、つまり脱毛サロンの専門スタッフに話を聞くのも良いことだと思います。

カウンセリングでは、実際に子供脱毛を体験した親子の話を聞くことができますし、お子さんが脱毛の痛みを感じないか体験することもできます。

お子さんの肌のことを考えるなら、家庭用脱毛器を購入する前にぜひカウンセリングで相談してください。

その上で、脱毛するorしないを決めても良いですし、家庭用脱毛器にしても良いと思います。悩んでいるだけではムダ毛は減らないことだけは確実なので、最良の方法を親子で見つけてくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP