ケノンの悪い噂や口コミ・評価を徹底検証

ケノンの悪い噂や評価を徹底検証
今いちばん売れていると言える家庭用脱毛器、それが「ケノン」です。

ケノンはアローエイト(エムロック)というメーカーさんの脱毛器なのですが、このメーカーはクラリスフラッシュやイーモ・イーモリジュなどの家庭用脱毛器も製造販売しています。

脱毛に興味がある方でしたら聞き覚えがあるのではないでしょうか?これらの脱毛器+トリアで迷っている方も多いと思います!

イーモ・イーモリジュも爆発的に売れていますが、メーカーが現在力を入れているのはやっぱりケノン。

まだまだケノン人気は続きそうです。

その一方で、ネットの口コミではケノンの問題点も噂になっています。実際にケノンを使ったユーザーさんからは効果に対する不満の口コミもあります。

今回は、この大人気脱毛器ケノンで、腕の脱毛ができるのか?ということと、ケノンのマイナス評価や悪い噂をピックアップして検証を行ってみようと思います。

腕の脱毛が主な目的でケノンを買おうかな~と考えてらっしゃる方のご参考にどうぞ!

もくじ

ケノンの基本情報

ケノンはコンセント式の家庭用脱毛器。充電タイプではありません。

主に鼻の穴と粘膜以外の部分に使うことができます。VIOライン脱毛もできるし、顔脱毛もOK。かなり万能な脱毛器なんです。

価格はメーカー希望価格が98,000円ですが、だいたいいつも73,000円~74,000円くらいで販売されています。

価格は季節やイベントキャンペーンでこまかく変化するようですが、何千円も安くなるということはまずありません。

最安価格を待つよりも、欲しいと思ったタイミングで購入した方が良いですよ!

ケノンの使い方はとても簡単です。

ケノンの使い方をざっくりご紹介

電源を入れて、照射レベルと連続照射回数をセットします・・・が、ケノンには前回設定したレベルと回数が自動的に記憶されますので、この作業は頻繁に行うものではありません。

機械音痴でもかなり安心です!

セットが完了したら、脱毛したい部分にハンドピースをあてます。
照射モードを「自動」に設定していたら、勝手に照射が始まります。手動モードよりもラクなので、ケノンに慣れたら自動がオススメです。照射モードと連続照射回数については後ほど詳しくお話しますね。

使い方は以上です。
本当に簡単ですよね!

家庭用脱毛選びに重要な「カートリッジ」

カートリッジは3種類あります。
エクストララージ、ラージ、ひげ用です。

ひげ用カートリッジは、女性も使うことができます。照射面積がかなり小さめなので、鼻の下、おでこなどにどうぞ。手の指、足の指を1本ずつ脱毛したい場合にもかなり便利です。

腕脱毛をやるならエクストララージは必須です。

照射面積が小さいカートリッジで腕に照射してしまうと何度もフラッシュを当てなければいけないので、カートリッジ残数がハイスピードで減ってしまうからです。

範囲が広いところや、肌の凹凸が少ないところはエクストララージで、エクストララージでは大きすぎるところはラージ、慎重に脱毛したいところはひげ用と、使い分けることでカートリッジも長持ちしますし、ラクに効率良く脱毛できると思います。

いちばんツカえるカートリッジサイズはどれ?

わたしの個人的な感想ですが、いちばん使っているのはエクストララージです。
照射面積が2.5cm×3.7cmとビッグサイズなので、広範囲の脱毛にガシガシ使っています。
逆に、このサイズでは大きすぎるところはラージ・・・と言いたいところですが、スリム(ひげ用)を使っています。

わたしがケノンを購入したとき、まだひげ用カートリッジは販売されておらず、この役割を果たすのがスリムというサイズでした。

スリムは顔脱毛には必需品で、わたしは今顔を中心に脱毛しているので、スリムが必須なんです。

いちばん使わないのはラージです。
正直、エクストララージがあればラージは要らないんじゃ?とも思います。

今のところ、ラージはほとんど使わないので、エクストララージを使い終わったらラージを使って、それでもムダ毛が残っていたらもう一度エクストララージを買えばいいかな?と思っています。

それくらいラージは使っていません。

フラッシュの照射方法をもっと詳しくご紹介します

フラッシュの照射方法は2種類あります。

ひとつが、自分のタイミングで照射する「手動モード」。ハンドピースのフラッシュ照射部分を脱毛したい部位にぴったりつけたら、フラッシュ照射ボタンを押します。
もうひとつは「自動モード」です。

フラッシュ照射面が肌にぴったり着いたら、自動的に照射が始まります。足腕などの面積が広い部位は自動モードが便利。

顔やVIOなど慎重に脱毛したいところは手動で脱毛しましょう。

モードを自動にしておくと、肌にハンドピースがピッタリ当たっているだけで脱毛が始まってしまうので、そこだけ注意して下さいね。脱毛したくない部位には決して当てないようにしましょう。

ケノンの脱毛のコツは「効果と痛みのバランス」

照射レベルと連続照射回数は自分の肌感覚で決めることになります。
初めてケノンを使うなら、照射レベルは「5」連続照射回数は「1回」からどうぞ。

わたしは、身体の脱毛は最大レベルのレベル10、連続回数も最大の6回で行っています。
腕や足はそこまでデリケートではないですし、ガシガシ抜いていきたいので、マックスパワーでやっているんです。

レベルと連続回数を決めるポイントはただひとつ、「効果と痛みのバランス」です。
レベルが高すぎると強い痛みがおこります。脱毛は、どうしても少しは痛いものなのですが、強すぎる痛みは肌の炎症につながってしまいます。

逆に、レベルが低すぎると、照射しても照射してもムダ毛が抜けない…ということになります。むだ打ちが多いとカートリッジ残数が減ってしまうので、なるべく早く自分の肌に最適なバランスを見つけて下さいね。

このバランスは慣れれば難しくはないのですが、一度もエステ脱毛を経験していない方は戸惑ってしまうかも。

これくらいの痛さは耐えるべきなの?それとも肌が悲鳴を上げているの?と不安になることがあると思います。

脱毛自体が初めてなら、エステ脱毛も検討してみて

正直な話、わたしはエステのフラッシュ脱毛未経験者さんにはケノンをオススメしません。
その理由は、まさに痛みと効果のバランスが分かりにくいからです。

エステでのフラッシュ脱毛を経験していると、我慢するべき痛みとレベルを下げるべき境界線のようなものがわかってくるんです。だけど、初めての脱毛がケノンだと、本当に戸惑うことが多いと思いますよ。

自分の肌のことですから、自分にとって最適な方法を検討して下さいね。

ケノンのサポート体制

ケノン脱毛に不安がある方や、はじめて脱毛を行う方の強い味方になってくれるのがケノンのお客さま電話サポートです。

ここに電話してわからないことや不安なことを聞くと、丁寧に教えてもらえますよ。
不安なまま使い続けるのではなく、わからないことはこまめに確認するのが肌トラブルを防ぐために有効な方法です。

わたしもケノン購入前に電話で問合せをしました。

エステ脱毛との違いや、ケノンをより効果的に使う方法について、公式サイトに記載されていないことも含めて本当に丁寧に教えてもらえました。

この電話をしたからこそ、ケノン購入を決めたと言っても過言ではありません!

ケノンで腕脱毛をやってみます

エクストララージカートリッジをハンドピースにつけて
kenomainasu001

腕に照射面を当てます。照射モレを防ぐためにピッタリ押し当てましょう。
kenomainasu002

照射モードを「自動」にしていると、これだけでフラッシュ照射がはじまります!
kenomainasu003

たったこれだけで腕脱毛ができるなら、エステに通う必要ないんじゃ?と思う方は本当に多いと思いますが、ケノンにも一応お知らせしておきたいデメリットがあるんです。
ケノンを所持して8ヶ月のわたしが感じているケノンのマイナス点を正直にご紹介します。

ケノンの欠点やデメリット

欠点という言い方をすると大袈裟かもしれませんが、購入前に知っておいていただきたいことをご紹介します。まずはわたしが個人的に感じていることから発表します。

2週間に1回、定期的に脱毛するのが面倒!

エステで腕脱毛をやるなら2ヶ月~3ヶ月に1回通うだけでOKなのですが、ケノンだと1週間~2週間に1回自分で照射する必要があります。
これが意外と面倒くさい!

やればやるだけムダ毛がなくなることはわかっているのに、自分のことなのに!・・・面倒なんです(泣)

ケノンを棚などにしまって、おまけにケノンの上に物を置いたりしてしまうと、本物のたんすのこやしになってしまうので、それだけは絶対に避けましょうね。
購入前に保管場所を決めておくと3日坊主を避けられると思います。

また、ケノン脱毛をやる日をがっつり決めてしまわないで、ムダ毛を見つけたタイミングで照射するのもひとつの方法です。

定期的な照射よりもカートリッジを消耗してしまいますが、脱毛をしなくなるよりかなりマシです!

見えにくい部位の脱毛がやりにくい

自分で目視できない部位の脱毛は本当にやりにくいです!
腕脱毛はそこまで問題ないと思いますが、利き手と反対の腕の肩裏のあたりは脱毛しにくいと思いますよ。

姿見に照射部位を写しながら自分で頑張る方法もありますが、どうしても照射モレを起こすのがイヤなら、家族やパートナーにケノン照射をお願いした方が良いと思います。
絶対に脱毛できないということはありませんが、本当にやりにくいです(泣)

エステ脱毛の方が確実性が高い

これ、本当に重要です。

ケノン脱毛に効果がないというわけではありませんが、やっぱりエステの方が脱毛効果が確実です。

だって、しっかりと教育を受けたプロが業務用マシンで脱毛してくれるんですから、家庭用脱毛器がかなうはずが無いですよね!
ケノンを購入するなら、エステの方が効果的ということをまず頭に入れてください。
その上で、ケノンにしかないメリットを考えていきましょう。

わたしの個人的な不満はこんな感じです。
次に、ネットで見かけたユーザーの不満を見ていきましょう。

ネットでささやかれているケノンの悪い噂や不安

質問掲示板を見ると、ケノン(というか家庭用脱毛器)の効果を不安視している方が多いように思います。

たしかに、やってみないと効果はわからないですから不安ですよね!その気持ち、すごくよくわかります。

ネットで見かけたケノンの問題点や不安について、わたしなりの解釈と共にご紹介しますね。

エステと同じくらいの効果はある?

ケノンの効果についてですが、基本的にはエステ脱毛のご家庭版ですので、効果はエステよりもゆるやかなものになります。

エステで光脱毛をした場合の流れを軽くご説明します。

(1)光を照射する
   ↓
(2)照射から1週間程度でムダ毛がするっと抜けてくる
   ↓
(3)照射した部位のムダ毛がほぼ抜け落ち、しばらくこの快適状態がキープされる
   ↓
(4)2~3週間後、眠っていたムダ毛が毛周期によって生えてくる
   ↓
(5)生え揃った時点(最初の照射から2~3ヵ月後)に再び光を照射。
これを自分が満足できるまで繰り返すのがエステ脱毛の基本です。

ケノンで脱毛をした場合、個人差はあると思いますが、(2)をダイレクトに感じることはありません。

照射を繰り返しているうちに、気がついたらムダ毛が薄くなって、減ってきて、あったはずのところのムダ毛がなくなっているという感じです。

エステ脱毛くらい目に見える効果を期待したいなら、ケノンだと不安なままかもしれませんが、継続することで最終的にはエステ並みの効果を得ることができると思います。

わたしたちの目的は、最終的にムダ毛を無くすこと。エステ脱毛とケノンでは結果は同じでも脱毛の過程が違うということを知っておけばこの点の不安は解消されるはずです。

ケノンに返品保証が無い理由

イマドキ通販なのにありえない!という憤りの声がいちばん多いのが、ケノンに返品保証がないこと。

レーザー脱毛のトリアには「30日間返金保証」があるのに、ケノンにないのはどうして?効果がなくても返金してくれないってこと?と、不安になる女性が多いようです。

まずは、メーカーがなぜ30日間返品保証をしていないのか、確認してみましょう。

ケノン公式サイトにある「30日間以上返品保証の落とし穴」によると、返品保証をしている会社の製品は、採算を取るために返品された脱毛器の部品を使いまわすことになる、ケノンとしてはお客様のことを第一に考えると全ての製品を「新品未使用」として販売したいから、〇日間返品保証は行っていないのだそうです。

この説明を読んで、納得ができる方もいれば、理屈はわかるけど・・・とまだまだ不安な方もいらっしゃると思います。

ケノン側としては、返品保証はしていないけど、商品には自信アリといったところでしょうか。

わたしの場合、返品保証がある製品をネットで購入して、本当に返品した経験はないので、保証がないと不安ということはありませんが、効果が気になるから、返品保証が欲しいという気持ちもとてもよくわかります。

保証がある脱毛器が欲しいなら、トリアかラヴィを選ぶと良いと思います。この2つには30日間返品保証がついています。

エステで使うようなジェルは要らないの?

エステでフラッシュ脱毛をする際には、ほぼ必ず使用するジェルですが、ケノン脱毛では使いません。

わたしはジェルのヒヤッと感が苦手なので、ジェルを使わないでOKなのは喜ばしいことなのですが、ジェルが要らないことを不安視する声もあります。

ジェルの役割はふたつあります。

脱毛ジェルの役割1:有害な光をカットする

フラッシュに含まれる有害な光線をあのジェルでカットするというのが主な役割です。
じゃあ、ジェルを使わないと大変なことになるんじゃ?とますます不安になりそうですが、そんなことはありません。

最近の脱毛器は有害な光を浴びなくても良いような設計になっていたり、カートリッジにフィルタがかかっているのだそうです。

脱毛ジェルの役割2:冷却効果で痛みを軽減

エステ脱毛ほどではないですが、ケノン脱毛にもそれなりの痛みがあります。

ジェルの役割はこの痛みを軽減するためのものでもあるのですが、ケノンで脱毛する場合、最初に冷却パックで脱毛部位を冷やすことが推奨されていて、冷却パックも付属されています。

痛みが強い場合はこの冷却パックを使ってあらかじめ冷やしておきましょう。

ジェルがいらないことは費用の軽減にもなりますし、敏感肌だけど顔脱毛をケノンでやりたいと考えている方にとっては、メリットになるのではないでしょうか?

敏感肌にとって顔に塗るものを増やすことは本当に勇気が要ること。わたしもそんな女性のひとりなのですが、ジェルを使わないでOKなおかげで、顔脱毛にもケノンを使えています。

使わないでも安全に作られているものにあえてジェルを使う必要はないですよね!

ケノンの今月の特典や割引情報は以下をご覧ください。
http://ケノン.jp/

皮膚がんになるって聞いたけど・・・

これもケノンのみならず、家庭用脱毛器にまつわる都市伝説のひとつ。
不要な光を当てることが皮膚がんにつながるのではないか?という不安です。

でも、ご安心ください。皮膚がんに影響があると言われている光は紫外線で、ケノンで使う光はまったく別のものです。

皮膚がんの可能性を少しでも下げたいなら、日光に当たりすぎることを避けた方が確実性が高いですよ。

どうして効果が無いって言われているの?

正直、ケノンをやったけど効果が無いというお怒りの口コミも沢山見かけました。
決してお安くは無い商品を返品保証なしで購入するのですから、効果が感じられないと怒りたくもなりますよね。

どうして効果が無いのか?その理由はわたしにはわかりません。なぜなら、わたしは効果を実感しているからです。

効果があった!という口コミがステマに見えたり、どうせ業者でしょ?と思う気持ちはよーくわかりますが、わたしは業者ではありません(笑)

ケノンの効果を実感できない主な理由はふたつあります。あくまでも想像ですが・・・。
ひとつめは単純にケノンを使いこなせていないことだと思います。

ただ光を照射するだけの脱毛器ですが、光の強さや脱毛部位への当て方は自分の匙加減ひとつになります。そして、ムダ毛にケノンを照射するペースもけっこう重要です。

ケノンには取説がついていますが、小さいサイズに数ページの簡易的なものなので、脱毛自体が初めての方はあの説明書だけではよくわからないと思います。

もし、ケノン購入後に効果が実感できなかったら、「効果が無い!」と口コミする前にお客様サポートに問い合わせてみましょう。

お客様サポートは購入前に利用することもできます。

もうひとつの理由は肌質と毛質がケノンにあっていないこと。

肌の色が濃い方、ムダ毛の色が薄い方はケノン脱毛の効果が弱くなることが考えられますので、心当たりがある方は購入前に確認してみると安心ですよ。
わたしの場合も、濃くて太い毛の方が確実に抜け落ちが良いです。

ケノンで永久脱毛はできないの?

この質問も掲示板で見かけました。

そもそも光脱毛は永久脱毛ではないので、「ケノンで永久脱毛はできない」が答えになります。

かといって、また必ず生えてくるというものでもないんですよ。
エステ脱毛も永久脱毛ではありませんが、わたしの場合、脱毛完了から6年以上生えていませんし。

永久脱毛がしたいという相談を見かけるたびに、そんなに「永久脱毛」にこだわる必要ないのになーと思ってしまいます。

光脱毛を永久脱毛と言ったらウソになりますが、光脱毛の性能は目覚しく進歩していますし、永久性を謳えなくても効果が無いとか効果が弱いというわけではありません。定義の都合上、名乗れないだけなのですから。

永久脱毛がどうしても望みなら医療レーザーや、美容針脱毛で可能ですが、これらはケノンの何倍も費用がかかります。

永久性を取るか、気軽さや価格の低さを取るのかはあなた次第ですが、ケノンでも気になるムダ毛を処理することは十分可能ですよ。

ケノンで行う腕脱毛のメリット

ケノンにもデメリットがあることや、実際の購入者さんからネガティブな声が上がっているということをご理解いただけたかと思います。

その一方で、ケノンを使いこなして、ムダ毛レスの生活を早々と手に入れた先輩ユーザーも大勢います。

まぁ、販売サイトによるとケノンの口コミは25000件を超えているそうなので、良い口コミも悪い口コミもあって当然ですよね!

今度は、ケノンだからこそできる腕脱毛のメリットをご紹介します。

デメリットと照らし合わせた上で、ご自分にはケノンが使いこなせそうか考えてみて下さいね。

エステよりも早いスパンで照射してOK

エステ脱毛と比較すると光の出力が弱いので、1週間に1回くらいのハイペースで光を照射してもOKです。

むしろ、その方が効果的とケノンサポートスタッフさんも言っていました。

これをやることで、脱毛サロンよりも早く効果が出たというユーザーさんもいますよ。

自己処理代わりの脱毛

ケノンなら、自己処理代わりに腕脱毛を行うことができます。

まずムダ毛をシェービングして、ケノンを照射します。しばらくは普通のペースで生えてくるので、ムダ毛が顔を出したかな?と思うタイミングで再び照射します。

これを繰り返すことで見た目も綺麗な肌をキープできますし、ケノン脱毛効果も上がります。
そして気がついたらムダ毛がなくなっています。すごく良い循環ですよね。

いつもの自己処理と同じ手間で脱毛できるとしたらとってもラクだし嬉しいことじゃありませんか?

この方法はわたしも実践していますが、かなりオススメです。気がついたらムダ毛が薄くなっているはずですよ。

ケノンを照射することがムダ毛処理になる

今日は絶対に腕をツルツルにしておきたい!という日は、シェービングを行ったあとにケノンを照射しておきましょう。

それだけでツルツル度が上がりますし、ムダ毛が伸びてくるペースが遅くなります。
見た目にはムダ毛なしだけど、触れると分かるあのザラザラが無くなるんです。

お泊りデートの前の日にしっかりムダ毛処理をしても、翌日には気になったりしませんか?

朝から彼と1日中一緒にいてお泊りすることになり、翌日も夜まで一緒にいることに。とっても嬉しいことですが、朝剃ったムダ毛も夜になったら確実に伸びてザラザラしてしまいます。

彼が見ていないスキにお手洗いや浴室でシェービング・・・という経験した女性は多いとみた!

ケノンを照射しておくことでムダ毛が伸びるスピードが遅くなるので、1泊程度のお泊りデートだったら余裕でツルツルをキープできるはず。
おデートの前にぜひ実験してみて下さいね。

自己処理感覚で脱毛できる

最近特に感じているケノンの良いところです。
ケノンならシェービングと同じくらいの手間で自己処理ができるので、始めてしまえば面倒じゃないんです。

(今日はメンドクサーという日はありますが)

自己処理感覚というか、別に特別なことではなく自己処理の延長で脱毛している感じです。
エステの脱毛は効果的で魅力的なのですが、2~3ヶ月に1度しか行けないので、その間の自己処理は今まで同様シェービングで行わなければいけません。毛抜きは絶対にダメなんです。

いくら脱毛をやっていても、終わるまではシェービングのザラザラが続くのはエステ脱毛のストレスのひとつ。

ケノンならこのストレスをかなり大幅に軽減できますよ。シェービングしたあとにケノンを照射しておけばザラザラを減らすこともできますし。

自己処理代わりにもなり脱毛もできる。使い続けることでムダ毛とサヨナラできる!これがケノン最大のメリットです。

ケノンと腕脱毛の総まとめ

ケノンは、腕などの広範囲を短期間でザックリ脱毛することに向いています。
どこの部位でも1本のムダ毛も無くツルツル♪が理想だとは思いますが、この状態を目指すには、まず全体的にザックリ脱毛を行うのが近道。
ケノンはこの過程に適した脱毛器です。

もちろん、1本1本のムダ毛を集中してやっつけることもできますよ。

ケノンでなるべく早く腕のムダ毛を処理するには、ムダ毛に気がついたタイミングで処理すること!

公式サイトでは2週間に1回の照射でOKと書いてありますが、電話サポートで確認したところ1週間に1回の照射の方がさらに効果的とのことでした。

お風呂で見つけたムダ毛をお風呂上りにケノン処理できるように、使いやすい場所にケノンを置いておけると良いですね。

ケノンは全身に使うことができるので、身体の脱毛は終わったけど、顔はまだ・・・という方にも向いています。

いつものように顔をシェービングしたあとにケノンを照射するだけで、ムダ毛レスの肌に近づけます。

シェービング後にケノンを照射するとムダ毛による肌の凹凸がなくなるので化粧のノリが変わりますよ。この感覚は本当に爽快です。

不安が拭えないなら、ケノンを諦めて他の脱毛を検討して

それでもまだ家庭用脱毛器の効果を信じられない方もいらっしゃると思います。

ケノンには30日間返品保証などが無いので、半信半疑のまま購入することだけは避けましょうね。

不安なままケノン購入に踏み切るよりも、他の脱毛方法を検討した方が良いと思いますよ。

わたしは、エステ脱毛、ケノン、医療レーザー(1回だけ)を経験していますが、それぞれの脱毛法ごとにちゃんと効果を実感しています。

繰り返しますが、ケノン販売店に寄せられている口コミは25000件以上もあるんです。その全てが満足度の高いものでは無いこと、ネガティブ情報もあって当然だということは容易に想像できますよね?

お財布の都合や自分の肌にあった脱毛法を見つけるのは自分自身なので、口コミにあまり振り回されずに、しっかり考えてみて下さいね。

脱毛は、早く始めれば始めるほど、結果が出るのが早いものです。

ケノン脱毛をお試しすることはできませんが、光脱毛の効果が知りたいなら迷っていないで脱毛エステのカウンセリングに行くのも手です。

もしワキ脱毛がまだなら、ミュゼプラチナムやエピレで激安脱毛をやっていますのでそちらを体験してから改めてケノン脱毛を検討しても遅くは無いと思いますよ!

スポンサードリンク

PAGETOP