医療レーザー脱毛器の種類と特徴

レーザー脱毛は医療機関でしか行うことができない脱毛です。
脱毛サロンで行う光脱毛との大きな違いは、医療機関の安心と効果、そして種類の多さではないでしょうか。

医療脱毛で使われるレーザーにはいくつかの種類があり、脱毛したい部位にあわせて選択することでより効果的な脱毛が可能となります。
本記事では医療レーザーの種類と特徴をご紹介します。


もくじ

スポンサードリンク

そもそも医療レーザー脱毛って何?

医療レーザー脱毛は厚生労働省から認可を得た医療機器を使って行う脱毛です。
レーザーには「波長」があり、脱毛に使われるレーザーはメラニン色素(黒い色素)に反応するように設計されています。

ムダ毛に医療レーザーが当たると、レーザーの熱が毛根に集まりムダ毛が生える元となる組織が破壊されます。

一度壊された毛根からはムダ毛が生えてくることはありません。
これが医療レーザー脱毛の仕組みであり、レーザー脱毛の効果が高いと言われている理由でもあります。

レーザーってなんとなく怖い!肌は傷つかないの?

医療レーザーを照射すると、部位によっては瞬間的な刺激を感じます。
痛いのが苦手な方も多いと思いますが、「刺激がある=効いてる」ということなので、脱毛中に刺激を感じると安心するという方もいらっしゃるんですよ!

なんとなく肌に優しくないのでは?という気もしますが、熱いと感じるのもレーザーが効果的に反応している証拠です。
また、レーザーは黒いメラニン色素にしか感応しないので、肌を傷つける心配はいりません。

万が一、赤みが引かないとか脱毛後の肌に湿疹が出たとか不安なことがあったら、医療脱毛を行ったクリニックで診察してもらうことができます。
一部の脱毛クリニックでは、脱毛中の痛みに対しても処置をしてもらうことが可能です。
つまり、医療レーザー脱毛は、より安心・安全な方法で確実性の高い脱毛を行いたい方に選ばれていると言い換えることができるわけです。

医療レーザー脱毛器の種類と特徴

ここからは医療レーザー脱毛器の種類とその特徴について詳しくご紹介します。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという石を使ってメラニン色素を破壊する脱毛方法です。
アレキサンドライトは、毛根だけでなく肌表面のメラニン色素に反応させることもできるので、シミの治療やほくろの除去などにも使われています。

アレキサンドライトレーザーの脱毛スピードはかなり早く、1秒間(そのうち照射する時間は0.1秒!)で約20~30もの毛根を処理できると言われています。

アレキサンドライトレーザーはジェルを使わない

脱毛に使用されるアレキサンドライトレーザーは、肌を冷却するガスや風をあてながらレーザーを照射します。この冷却効果はかなり強力で、熱による痛みが少ないのも特徴です。

冷やしながら脱毛するので、脱毛につきもののジェルを肌にのせる必要がありません。
脱毛経験者さんの中には、このジェルが苦手な方も多いと思います。

ジェルは肌を冷やして保護するためのものなのでとにかく冷たいし、肌が弱い方の場合、脱毛そのものよりもジェルに反応して赤みやかぶれがでることもありますよね。

アレキサンドライトレーザーなら、ジェルによるかぶれの心配もありませんし、ジェルを肌にのせる・拭き取る時間がカットされるので施術時間が短いです。
ジェルを使わない安全な脱毛を探している方にオススメのレーザー脱毛です。

アレキサンドライトレーザーはこんな人にオススメ

・ジェルで肌がかぶれる不安がある
・なるべく痛くない脱毛が良い
・最新の脱毛機器で処理したい
・広く使われている信頼性の高い機器でのレーザー脱毛を希望する

ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーは、確実性の高いVIO脱毛を行いたい方にオススメです。
医療レーザーは黒いメラニン色素に反応するように設計されていますが、VIOのように肌色が濃いところにはうまく反応しないこともあるんです。(脱毛エステの光脱毛も同じです)

ロングパルスヤグレーザーの波長は長く、肌の深いところまで届けることができます。
そのため、脱毛効果がでにくいとされているVIOや濃いヒゲでお悩みの男性のヒゲ脱毛に選ばれることが多いです。

ロングパルスヤグレーザーはこんな人にオススメ

・Iライン、Oライン、密集しているVラインを確実に処理したい
・肌色が濃い
・男性のヒゲ脱毛

スポンサードリンク

ダイオードレーザー

半導体を使ってメラニン色素に反応するレーザーを照射します。
ダイオードレーザーは脱毛機器のヘッド部分が広いので、短時間で脱毛できるのがかなり嬉しい特徴です。

また、アレキサンドライトレーザーよりも高い出力で照射することが可能なので、効果の面でも安心です。

一般的なレーザー脱毛機器の照射面は円形なのですが、ダイオードレーザーの照射面は四角です。

照射口が丸いと施術者の腕によっては打ち漏れが発生しやすいのですが、四角いと照射漏れが起きにくく効果も上がります。

わたしたち日本人はメラニン色素が多い人種で、レーザー機器によっては刺激が強すぎることもあるのですが、ダイオードレーザーは安全性が高く痛みも少ないと言われています。

ダイオードレーザーはこんな人にオススメ

・スタッフの腕に左右されない安定した脱毛効果を得たい
・1回の脱毛にかかる時間をより短くしたい
・より安全性と効果の高いレーザー脱毛を選択したい

YAGレーザー(ヤグレーザー)

YAGレーザー(ヤグレーザー)は強力な赤外線を出力しますが、日焼けでかなり肌色が濃い方でも安全に脱毛できるレーザーです。

アレキサンドライドなどは黒いメラニン色素に反応しますが、YAGレーザーは肌そのものにはあまり反応しません。ですので、濃いシミやホクロにあるムダ毛を脱毛したい方に選ばれています。また、Oライン、乳輪、Iラインなどの元々メラニン色素が濃い部分の脱毛にも適しています。

YAGレーザーはメリットもたくさんあるのですが、知っておきたいデメリットもあります。

それは、他の医療レーザーと比較すると脱毛効果がやや劣ること

光脱毛には勝る効果がありますし、効果がないということではないのですが、脱毛した部位に再びムダ毛が生えてくる確率が少し高いと言われています。

それから、痛みを感じやすいのもマイナスポイントです。
麻酔や笑気ガスで痛みを抑えながらレーザーを打つクリニックもありますが、YAGレーザーは肌の深い部分に光が届くので、麻酔してもあまり効かないと言われることもあるようです。

YAGレーザーで施術するときはお医者様から痛みや効果についてしっかり説明がありますので、他の脱毛方法と合わせて検討しましょう。

YAGレーザーはこんな人にオススメ

・肌色が濃く脱毛サロンで施術を断られた
・メラニン色素が濃い部分を脱毛したい
・男性のヒゲ

ライトシェア・デュエット

こちらは、ライトシェア・デュエットで脱毛する様子です。

照射面がとても広いのが分かりますね。

この照射面積のおかげで、ライトシェア・デュエットはとにかく施術時間が短い!
他の医療脱毛よりも3分の1程度の時間で終わるといわれています。
全身脱毛に最適ですね。

施術時間の短さは価格の安さにも繋がっています。
低い出力でも効果的な脱毛が可能なので、ジェルによる冷却が脱毛後の冷却が要りません。

そのため、短時間&低コストで脱毛することができるんです。

ライトシェア・デュエットは痛みが少ないと言われていますが、全く痛くないということはなく、やっぱりそこそこ痛いです。

出力が低い分、肌ダメージは少ないのですが、冷却ジェルを使わないので刺激がダイレクトに肌に伝わり、チクッとした痛みを感じるようです。

脱毛効果に関しても問題ありません。
産毛にも効果があったという口コミもありますので、部位を選ばない脱毛ができそうです。

ライトシェア・デュエットの難点をあげるとしたら、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーと比べると施術できるクリニックが少ないこと。
どうしてもライトシェア・デュエットで脱毛したいなら、カウンセリングの際に確認しましょう。

ライトシェア・デュエットはこんな人にオススメ

・肌ダメージの少ない医療レーザーが良い
・ジェルを使いたくない
・産毛もしっかり脱毛したい
・医療レーザーで広範囲を脱毛したい、全身脱毛したい

医療レーザー脱毛の進化は続いています

今回ご紹介した5つの医療レーザーのほかにもYAGレーザーとアレキサンドライトレーザーの特徴を合わせたようなGantle MAXレーザー(G-MAX)というものもあります。

G-MAXの照射口は18mm。医療レーザーにしてはかなり広めなので、サクサクすすめることができます。

また、G-MAXは産毛にも強いです。照射口の広さと産毛に強いという特徴から考えると、背中脱毛にも適してそうですね。

どの脱毛方法でも効果においてはまず問題ありませんが、希望するクリニックがどんな脱毛器を使用していて、どんな特徴があるのかをしっかり把握しておくと、より満足度の高い脱毛ができます。

価格だけでなく医療レーザーの種類にもぜひ注目してくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP