アイテープの使い方・メイクのコツ

アイテープの使い方・メイクのコツ

一重の方でも、アイテープはかなり自然に二重のラインを作ることができる便利アイテム!
二重のりのように乾燥時間も不要で、テープを上手に隠すことさえできればオフィスだろうと学校だろうと使えます!

ただ問題は、アイテープをいかにうまく隠すかってことですよね。

二重のりも一緒に使って二重のラインをのりで固定する方法もありますが、テープにのりにつけまつげだとあまりにもまぶたの負担が大きいと思うので、今回はメイクのみでアイテープを上手にカバーしてみます。

写真たっぷりで、アイテープの貼り方、使い方、アイテープを使ったメイクのコツお届けしますので、ぜひご覧下さいね!

 

スポンサードリンク

 


もくじ

アイテープの基礎知識

アイテープはまぶたに貼って二重ラインを作る魔法のテープ。
各メーカーさんからいろいろな形、色が販売されています。

アイテープの形

弧を描く三日月のようなもの、まぶたが重めの方でもしっかりした二重を作ることができる半円に近いタイプ、二重ライン全体を覆って幅広ふたえが作れるもの、ポイント的に使える幅が狭いものなどがあります。
左右同じ形でなく、右目用左目用と分かれているものもあります。

アイテープの色

目立ちにくい透明、肌になじみやすい肌色などがあります。
ラメつきなどもありますが、日常使いなら目立ちにくいものを選びましょう。

アイテープの素材

アイメイクがのりやすいマットな質感、透明でツルッとした素材、ファイバーなどがあります。
透明なアイテープは目立ちにくくはあるのですが、メイクのノリが悪い、光の当たり具合によっては逆に光ってめだってしまう等のデメリットもあります。

どのアイテープが良いの?

初めてのアイテープなら、あまり太くない肌色に近いものがオススメです。
バチッとした幅広ふたえを作ることは難しくなりますが、違和感が少ないので慣れるまでは小さめのアイテープにしましょう。

基本的にどの商品も接着剤がついているので、二重のりは不要ですが、最初に二重のりで二重ラインを作ってからアイテープで固定するやり方もあります。
最初はアイテープだけで試してみて、うまくいかないようなら二重のりとのダブル使いをやってみてください。

アイテープを貼ってみました

今回使ってみたのは「ふたえ用アイテープ プリュドール セパレート」です。
アイテープを貼ってみました

30組セットで3枚のシートが入って648円です。
右目用と左目用に分かれています。
素材はレーヨン不織布。表面が少しザラッとしていて、アイシャドウとの馴染みがとても良さそうです。
sheet-eyetape

説明書が丁寧で、良い例とダメな例が画像で載っているのでわかりやすい!
torisetsu-eyetape

粘着力がしっかりあって、2回~3回程度の貼りなおしができますが、貼りなおしを何度もやるとはじっこからめくれてきますので、できればイッパツで位置を決められるようにしましょう。

1度貼ってしまえば剥がれる心配はまったくいりません。

シートに貼ってある状態では重めの肌色に見えましたが、実際は透け感のある薄い肌色でした。
jitubu-eyetape

説明書どおりにアイテープを貼った状態がコレ!
eyea-eyetape

アイテープはアイメイクとセットで使用するものなので、ノーメイクで見えてしまうのはぜんぜんOKですが、できるだけ目立たないようにつけた方がメイクもラクです。

目を閉じるとアイテープを貼っているのがさらにバレバレ(笑)
eyet-eyetape
ここからが本記事のメインディッシュ!
いよいよメイクに入ります。
いろいろ試してみて、アイテープがいちばん目立たないメイクをまとめますね!
楽しみにしていてください♪

 

スポンサードリンク

 

アイテープを使ってメイクしてみます

プリュドールの説明書に、シャドウの色はベージュかブラックがオススメとありましたので、おすすめどおりの色を使って試してみます。
アイテープを使ってメイクしてみます

スポンサードリンク


1.オーソドックスなゴールドブラウンのパウダータイプ
さらさらパウダーのごくごく普通のアイシャドウです。
肌馴染みが良い薄付きベージュとラメ入りゴールドの組み合わせで、手抜きメイクのときにササッと塗ってます。
あまり特徴はありませんが、それだけに使えるシーンが多くて1つあると便利なタイプのアイシャドウです。

2.ややクリームタイプのブラウン系グラデーションアイシャドウ
少し練ってあるクリームタイプです。
目元がマットになるので大人の雰囲気を簡単に作ることができます。
こちらも意外と薄付きですが、重ねるとハッキリしたベージュ感も出せるので、夜の外出用にポーチに入れておいて、仕事終わりのメイク直しに使うことが多いです。

3.パウダータイプのブラック&ホワイトラメ(赤・緑は使いません)
プロ御用達のシュウウエムラです。
1色1,800円(しかも税抜)とお安くはありませんが、発色の良さが素晴らしく見たままの色を出せます。
パウダーなのに肌にピタッと密着して、ヨレもほとんどありません。
朝から夜まで同じ瞳でいられます。かなり持ちが良いのでコスパで考えると値段以上の価値あるかも。

4.ペンシルタイプのジェットブラック&ベージュシャイン
どちらもやわらかめのペンシルです。
スーッと引くようにするとアイライナー、引いたあとにぼかすとアイシャドウになります。
ジェットブラックは本当に墨のように真っ黒。コレ1本でガツンした太めのラインがイッパツで入ります。
ベージュシャインはピンクゴールドにほんの少しだけブラウンを混ぜた感じです。
涙袋メイクにも使えます。

どちらもかなり落ちにくく、フルパワーで10回こすってもこのとおり!
beige-eyetape

アットコスメのジェルアイライナー部門 口コミランキングナンバーワン商品です。
アイシャドウにもなるのに、ブラシ不要なところが気にいってます。

これらは普段使いのアイシャドウで、アイテープのために特別に用意したわけではありません。
いつものアイコスメだけで、アイテープはどこまで隠れてくれるかな?

1.アイテープとパウダーアイシャドウ ゴールドブラウン

ブラウンをアイホールにのせました。
gol1-eyetape

けっこうガッツリのせたのですが、まだまだアイテープがわかりますね。
気にせず、アイライナーとマスカラを使って全体を仕上げていきます。

はい!できました!
gol2-eyetape

瞳の上のアイラインを太めにして、パチクリしたおめめを目指してみました。
目を開けている状態だとアイテープがかなり目立たなくなりました。

しかし、残念ながら目を伏せるとまだまだバレます。
gol3-eyetape

まばたきならバレないかもしれませんが、長時間のPC作業など手元に視線を落とし続けるとバレちゃうかも。
ボリューミーなつけまつげを使うといかにも「ツケマですっ!」という感じになりますよね?あの感じが気にならないなら、許容範囲だと思います。

次!
クリームタイプで試してみます!

2.アイテープとクリームタイプのブラウン系グラデーション

このアイシャドウは少しだけ練ってあるやや固めのクリームタイプ。
パウダーよりもまぶたにピタッと密着して塗れたような感じの瞳になります。

さきほどよりもデカ目を狙ってメイクしてみますね!
cre1-eyetape
どうでしょう?
うっすらとグラデーションを作ってみました。
パウダーよりもクリームの方がアイテープにのりやすいような気がします。
さっきよりはアイテープがかなり馴染んでますね!
cre2-eyetape
ほんの少し伏せ目にするとアイテープが見えちゃいます。
写真ではけっこうがっつりアイテープが見えてますが、実際はかなり近寄らないとここまでハッキリわかりません。
電車で隣に立ってる人くらいの距離じゃわからないと思いますが、真正面でランチしている鋭い女子にはわかるかも?

アイライナーとマスカラで仕上げたらこんな感じになりました。
cre3-eyetape
目頭までクッキリとリキッドアイライナーを引いたあとに、かなり濃いブラックのアイシャドウで少しぼかして、目の周り全体を黒でフチ取りしてみましたよ。

これなら問題ないのではないでしょうか!
鏡で見ても、よくよく見ないとアイテープしてることが自分でもわからないくらいしっかり馴染んでいます。
クリームタイプのブラウン系アイシャドウとアイテープは相性良しです。

この調子で次いきます!

3.アイテープとパウダータイプのブラック&ホワイトラメ

今度はブラックのパウダーアイシャドウでグラデーションを作って、ホワイトのラメでキラキラを演出してみます。
うまくいくかな?

最初はただひたすら黒をのせます。
目を伏せるとアイテープちゃんがまだいますが・・・

bla-eyetape
普通に目を開けただけで、アイテープどこいった?って思うくらい目立ちません!
bla2-eyetape
バレないように目を大きく開けていなくても自然にしているだけでこんな感じです。
ブラックは万能ですね~!               

目の周りと涙袋の部分のちょっと下の方に多めにパールを散らして、
はいっ!完成です!
bla3-eyetape

アイテープの存在が消えました!
目をガッと見開いてない普通の真顔くらいの感じでも、アイテープしてることがホントにわからないくらい見事に隠れています。

顔を正面に向けて、目線を下げたときの状態です。
bla4-eyetape
あえてアイテープがしっかりわかる角度から撮影してみましたので、実際はここまでハッキリとはわかりません。
スマホを見るとか、目を伏せる時間が長いと違和感あるかも。

ただ、けっこうガッツリ黒を塗りこんでいるので、オフィスや学校ではムリメイク。
こういう「バンドマンかな?」みたいなゴス塗りメイクが苦手な人も抵抗あると思います。
・・・といいつつ次にやってみるのも黒のペンシルシャドウを使ったアイテープ&ブラックアイメイクです!

4.アイテープとペンシルタイプのジェットブラック&ベージュシャイン

個人的にいちばん楽しみだったのがコレです。
アットコスメ口コミナンバーワン商品はアイテープにも対応なのでしょうか?

ここまでやってきて、ちょっとコツを掴みましたので、わたしなりのやり方をご紹介しますね。
まずアイテープをシートから剥がします。
cosme1-eyetape
このとき、面倒でも指先じゃなくてピンセットや先の細い毛抜きを使いましょう。
アイメイク前の指先ってファンデや油分がついているので、ピンセットを使った方がアイメイクをするときに端から剥がれる心配が少なくなります。

アイテープを剥がしたら、まぶたに貼ります。
目尻に合わせるようにして貼る位置を決めてから、目頭の方からはっていきます。
cosme2-eyetape
アイテープを貼ったらこうなります。
cosme3-eyetape

目頭の方はあまり意識しなくてもキッチリラインができるので、ポイントは目尻のような気がします。
目尻までしっかり二重ラインを流すように、目尻部分の位置決めは丁寧にやりましょう。

この状態に、「クリーミーwpジェルペンシル ジェットブラック」を塗っていきます。
「塗る」という表現がピッタリなくらいの色がつくんですよ♪

アイテープを塗りつぶすように極太の線を入れてみました。
cosme4-eyetape
まだアイホールに何もしていないので、ちょっと腫れぼったいような奥二重のような感じですね。
これから変わっていくので気にしない!
アイテープを貼っていることは全く分からないです。

うつむいた状態です。
cosme5-eyetape
アイテープ見えますか?
ぜんっぜん見えないですよね?
写真じゃなくて、実際に鏡で見ても全く見えないんですよー!
すごいすごい!けっこう興奮してます!
今までご紹介した4つの中では「クリーミーwpジェルペンシル ジェットブラック」がいちばんバレないはず!
確信が持てます。

「クリーミーwpジェルペンシル ジェットブラック」と、「クリーミーwpジェルペンシル ベージュシャイン」、そしてマスカラだけで仕上げたらこんな感じになりました。
cosme6-eyetape
アイテープ、全くわかりません。自分でもわかりません!

目線を下げてもカンペキです。
cosme7-eyetape
真正面にアイテープがあるのですが、二重のラインと化しています。
まぁこれでも悪くはないのですが、まだ気に入りません。
「クリーミーwpジェルペンシル ジェットブラック」を使えばマジックで塗ったようにアイテープごとベタッとしっかり塗りつぶせるので目立たなくすることができるのですが、ペン先が太いのが難点。
アイラインの目尻部分をスーッと細く引くことができないんです。

そこで、「クリーミーwpジェルペンシル ジェットブラック」はアイシャドウとして使い、アイラインはリキッドで引きなおして、シュウウエムラのパールをのせてみました。
cosme8-eyetape
どうでしょう?
全体がいいかんじにボヤッとなってさっきよりもやさしい感じになったのではないでしょうか。
ところで、アイテープどこいった?(笑)
アイテープの存在が、全然わかりません!

ここまでやってみた結論は

アイテープがいちばん目立たないアイメイクは「クリーミーwpジェルペンシル ジェットブラック」
ブラックのパウダーシャドウでキレイにボカして、アイラインはリキッド。
ラメ系のキラキラがあるとより映える!

で間違いないのですが、このメイクってかなり時と場合を選びますよね。
やっぱ、オフィスや学校でもOKなアイテープ用アイメイクテクを持っておきたいですよね~。

もう一度初心に返って、ヌーディなアイシャドウで試してみます。

ナチュラルなアイテープ&アイメイクが見つかりました!

一度メイクを落として試行錯誤すること1時間・・・。
(ホントですよ!)
アイテープを使ったナチュラルメイク、見つかりました♪

まずは完成写真です!
natu-eyetape
どうでしょう?
すっごくしっかりした幅広ふたえができていませんか?
使ったアイコスメは、ブラウンのアイシャドウ1色のみです。
アイラインもマスカラもナシ!

どうやってこんなに自然な仕上がりにするのかというと、コツはふたつ!

1.アイテープを貼る位置を若干上にする
2.アイテープにアイシャドウを先に塗っておく

です。

 

スポンサードリンク

 

アイテープ本体はアイメイクなしで目を普通に開いているときの状態で8割が隠れているんです。
見え隠れしている2割がどこなのかというとココ!
natu2-eyetape
スタート&エンドの部分です。
ここがほんの少しでも浮いていると、すごくわざとらしくなってしまいます。
アイシャドウは粒子の細かい粉なので、塗り重ねるうちにどうしてもアイテープのはじっこが浮きやすくなります。
ですから、なるべくアイテープに何度もアイシャドウをのせなくても良いようにあらかじめ塗っておくんです。
natu3-eyetape

アイシャドウを塗ったアイテープをまぶたに貼ってからアイシャドウを重ねるときは、中心から目頭・目尻にそむかって塗ってあげると、さらにはじっこの浮き防止になります。
アイシャドウをアイテープに塗るのが面倒なら、プリュドールのように淡い色ではなくもっと濃い色のアイテープを選ぶと良いと思います。

■透明じゃダメなの?
透明タイプはすっぴんや超ナチュラルメイクのときは目立ちにくいのですが、アイメイクをすると逆に目立つことがあります。
そして、見る角度によってはどうしても光ってしまって、アイテープをしていることがかなりバレやすくなるというデメリットも。

透明アイテープを使うときは思い切ってアイメイクをしないか、アイシャドウをうすーく塗った上にそっと貼りましょう。
ただし、アイメイクの上からアイテープを貼ると粘着力が弱まって端からのはがれがより一層不安になります。
こまめに鏡でチェックして下さいね。

二重にしたいラインよりもやや上につけてあげると目を開いたときにアイテープ全体が隠れやすくなります。
その究極の形がこれ!
natu4-eyetape
アイメイクなしでございます~!
アイテープを貼る位置をかなりシビアに調節したら、極限まで目立たせなくすることもできます。
できれば毎回これくらい目立たない位置に貼って、それからブラウンやブラックのアイシャドウをのせてあげれば薄付きでもかなり目立たないはず。

改めて結論付けると・・・

■少々ハデでもOKで、デカ目にしたいとき
・ブラックのペンシルタイプとパウダーを両方つかって黒のグラデをつくる
・アイラインはリキッドでしっかり引く
・パールなどでやわらかさも演出♪
■ナチュラルにしたいとき
・アイテープを貼る位置を少し上にして、真顔を正面から見たときにアイテープが見えないようにする!(要練習)
・アイシャドウはブラウン系
・アイテープはじっこ浮き防止のために、アイテープにアイシャドウをぬっておく
・まぶたの色と同化するようなアイテープを選ぶ

やっぱり、デカ目効果があるアイメイクはブラックをがっつり塗った方だと思いますが、日常使いしやすいのはヌーディーカラーですよね。

普段からアイテープ+ナチュラル感のあるアイシャドウを使いたいなら、アイテープになじみやすいほんの少しクリームタイプのブラウン系アイシャドウが良いと思います。
練り感が強すぎるとアイシャドウを塗った部分だけがしっとり濡れたようになりナチュラルメイクと合わなくなってしまうので、ほんのちょっとだけ練りが入っているものがオススメです!

そんなアイテープ&アイコスメはどこに売ってるの?

大きなドラッグストアなら本製品を実際に塗って試すことができますが、わたしが気に入ってるのは「アインズ&トルペ」です。
最新のメイクアップコスメから、季節モノのメイクセット(ハロウィンメイクとか!)までそろえることができます。

アイテープの種類も豊富で、アイライナー、マスカラ、ファンデ、チークなどほとんどの商品を実際に手に取って肌にのせることができるので、じっくり時間をかけてコスメを選ぶことができます。

ファンデ用のパフが細かく切って用意されていて、使い回しじゃないところもお気に入り。
拭き取り用のコットン、ティッシュなども備えてあって清潔感もバッチリ!
鏡も固定されていないものがたくさん置いてあって、いろんな角度からメイクをチェックすることができます。

ギャルメイク好きさんから大人のオンナまで、ぜったいに満足できる女性だけの空間で、本当にオススメなのでぜひ足を運んでみてくださいね!

アイテープを使った日常生活

ここまではアイテープを使ったアイメイクの実験で、ナチュラルパターン、デカ目パターンを解説しました。

ここからちょこっとだけ、実際にアイテープを使ってメイクをしたときの全体のバランスを写真でご紹介します。

目だけ見てもいまいちイメージがわかなかった方でも、アイメイク+顔全体の印象がなんとなくわかるのではないでしょうか。

■いつもどおりの感じ
顔全体を見ると、こんな感じです。
もちろん、アイテープ使ってます。
zentai-eyetape
髪の毛の色と眉色があっていると、瞳全体がすごく自然に見えますね。
ついでにノーズシャドウを入れて、鼻筋の立体感出してみました。
このときのアイメイクはブラックのペンシルタイプのアイシャドウ+パウダー+リキッドアイライナー+パールです。
極太でガッツリ入っているアイシャドウもアイラインも、顔全体で見るとそこまで強調されていないのではないでしょうか。

■休日はウィッグやカチューシャがあるとより楽しい♪
ウィッグなら前髪も自由自在♪
zentai2-eyetape
アイメイクは「アイテープとパウダータイプのブラック&ホワイトラメ」です。
透明のアイテープがテカりやすいのは、目元にななめから光が当たったときです。
少し遠目のななめから角度をつけて撮影してみたのですが、アイテープは目立っていませんね。
やっぱりブラック系アイシャドウはアイテープに強い!

アイテープの目立ちがどうしても不安なときは、前髪を自然に下ろすのもバレ対策になります。
写真のウィッグはフルウィッグですが、前髪ウィッグの方が安いしコツが要らないので、アイテープ用に購入するなら自分の髪色に合った前髪ウィッグがオススメです。

■ナチュラルバージョン
おでこ全開!ブラウンのシャドウ+眼鏡です。
zentai3-eyetape
このアイテープ+ブラウンアイシャドウ+眼鏡は、偶然できたんです。
アイテープ実験が終わって、コンタクト外してめがねをかけて、顔を洗おうかなーと思ってふと鏡を見ると、ナチュラルな人がいた(笑)
おー!コリャ自然だ!と思って、ご紹介してみました。

濃いアイシャドウを使いたくない、アイラインをがっつり引きたくない日ってありますよね。
そんなときでもアイテープが隠れる程度のブラウン系アイシャドウとアイウェアがあれば手抜き感はゼロです!

けっこう重要。アイテープの外し方

アイテープは使い捨てなので、毎日はがさなければいけません。
1度密着するとちょっとやそっとのことで剥がれることはなく、はじっこが浮いてくるのもメイクのときだけです。

プリュドールの場合は3分以上たつとはがれにくくなると説明書に記載がありました。

アイテープをはがすときはメイク落としとしっかり馴染ませて、まぶたを押さえながら少しずつはがしていきます。
肌が乾燥している状態でアイテープだけを先にはがそうとすると、まぶたがかなりのダメージを受けてしまいますので、必ずメイク落としで粘着を弱めてから剥がしてください。

アイテープを剥がしたあとに、まぶたに粘着成分が残ってしまったら、その部分だけメイク落としやワセリンでやさしくクルクルして粘着成分を落としてから洗顔しましょう。

まぶたの皮膚はわたしたちが思っている以上に繊細で薄くできています。
はがすときも貼るときと同じように丁寧にやってあげてくださいね。

断言します!アイテープなら誰でもふたえになれますよ!

アイテープを使えば一重の人でも奥二重の人でも、誰でも二重になります。
唯一の問題は、アイテープをいかに目立たなくするかってことだけです!
そして、この問題はメイクだけで解決するし、ナチュラルにもデカ目にも仕上げることができます。

使うアイテープによってはアイシャドウがなじみにくいものもあると思いますし、ファイバーのように線状になっていて、もともとプリュドールよりも目立ちにくいものもあります。
まずはアイテープをひとつ買ってみて、まぶたに装着してみてください。
たぶん、ただ貼っただけの状態だと、ナニコレ・・・ぜんぜんダメじゃん(泣)という感じになると思いますが、大丈夫!

ちょっと練習すれば、必ずアイテープが目立たないアイメイクが見つかります。
メイクの練習をする時間って楽しいですよね!

お休みの日に、好きな音楽をかけて楽しみながらやってみてくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP