産後の抜け毛のケア方法とおすすめヘアスタイル

出産は女性ホルモンが急激に低下するため抜け毛に悩まされるママも少なくありません。
掃除機をかけてもかけても気がつけば自宅のフローリングが髪の毛だらけという状態にうんざりしているママも多いのではないでしょうか。

ただでさえ忙しく体調も気分も不安定な産後に、抜け毛に悩まされている場合ではないという声も聞こえてきそうです。

産後の抜け毛はどのようにケアをしていけばよいのでしょうか。

ここでは産後の抜け毛のケア方法、選ぶべきシャンプー、トリートメント、産後のヘアカラーの注意点、おしゃれに見えて抜け毛を増やさない産後のヘアスタイルの紹介、出産と抜け毛・白髪の関係などを説明していきます。


もくじ

スポンサードリンク

出産に特別なケアはいらない?!基本のヘアケアを徹底して

産後の抜け毛のヘアケアにいろいろなグッズなどを揃える必要はありません。
抜け毛は頭皮や髪が弱っているサインでもあります。

まずは頭皮や髪へのダメージを最小限に抑え、いたわってあげることが大切です。
そのためには、シンプルなケアを正しく行うことが大前提となってきます。

基本のキ!とくに産後はシャンプーを正しく行おう

まず気をつけたいのがシャンプーです。
シャンプーをすると抜け毛が増えそうだから…と、シャンプーの回数を減らしてはいませんか?

シャンプーで頭皮の汚れや余分な皮脂を落とすことで頭皮の環境を清潔に保つことができます。シャンプーの回数を減らすと、余分な皮脂などが蓄積して毛穴がつまり、抜け毛が増えてしまうかもしれません。

とはいえ、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ力まかせに洗うのも頭皮や髪を傷めてしまう原因になります。適切な洗浄力のシャンプーで、マッサージするように洗いましょう。

耳の上の頭皮を上に引っ張るようにマッサージしながら洗うと、頭のてっぺんのあたりがやわらかくなり抜け毛予防によいようです。

トリートメント類は地肌につかないように気をつけて

髪によさそうだからと、地肌から毛先までたっぷりトリートメントをつけていませんか?
トリートメントの付け方も注意が必要です。

地肌に付けてもOKなタイプのもの以外は、頭皮につけないように気をつけましょう。
毛先を中心になじませるように丁寧につけるのがポイントです。

せっかくシャンプーで汚れを落としても、トリートメントが地肌に着いて毛穴を塞いでしまっては意味がありませんよ。

放置厳禁!しっかり乾かそう

お風呂あがりは授乳や寝かしつけなどでなかなかドライヤーですぐに乾かすことができないママも多いのではないでしょうか。ドライヤーで乾かさないまま疲れ果てて赤ちゃんと一緒に寝てしまうという方もいるかもしれません。

しかし、髪を乾かさないでいることは抜け毛を防ぐ観点からもおすすめできません。
髪を乾かさないでいると、頭皮に雑菌が繁殖して頭皮の環境が悪くなってしまいます。
髪のキューティクルは開きっぱなしになり、傷みへとつながります。

傷んだ髪は絡まりやすく、髪同士が引っかかり毛が抜けてしまうこともあります。
なるべく早くドライヤーで乾かすのが理想的です。

乾かすときは、髪の生えている方向に逆らわずにドライヤーを当てるようにしましょう。
どうしてもすぐに乾かせない時は、マイクロファイバーなど吸水力のよいやわらかなタオルで髪に摩擦が起きないようにぴっちり巻いておくだけでも違うはずです。

いかがでしょうか、まずは基本のヘアケアを実践してみてください。
抜け毛が少し落ち着くかもしれませんし、髪の傷みが軽減されてハリやコシ、ツヤ感アップも期待できます。

ヘアケアを実施しつつも、やっぱり抜け毛が気になったり、抜けたところの毛が生えてきて短い毛がツクツクと出て気になる…というママはヘアスタイルでカバーするのも手です。
産後の抜け毛に悩むママにおすすめのヘアスタイルを紹介します。

おしゃれに見えて抜け毛を増やさない産後のヘアスタイル

産後は授乳などで長い髪をおろしっぱなし…というわけにもいかないと思います。
おろしっぱなしのヘアスタイルは、絡まりやすく抜け毛予防の観点からもよろしくありません。

授乳や赤ちゃんのお世話のときにもじゃまにならず、抜け毛を防ぐには束ねたりまとめ髪にしたほうがいいです。とはいえなかなか自分のスタイリングに時間をかけていられないのも事実です。

そこでおすすめなのが、最近話題の「くるりんぱ」です。

髪を束ね、結び目の根本に毛先を入れて引っ張るだけの簡単なヘアスタイルです。
オバサン縛りといわれる一本縛りばかりになってしまう方も、ぜひくるりんぱに挑戦してみてください。

トップから襟足まで2~3回くるりんぱを連続させると一気にオシャレなヘアスタイルになりますよ。少し時間のあるときは前髪だけ編みこみ、くるりんぱにつなげてもおしゃれです。

少しルーズにくずすとイマドキな雰囲気に仕上がります。
短い毛が出てきてしまうママはワックスなどを使いつつヘアアレンジをすると、おさまりがよくなりますよ。


産後のヘアスタイルは髪の絡まりや抜け毛を防ぐためだけでなく、赤ちゃんのお世話をするという観点からもおろしっぱなしはやめたほうがよさそうですね。
ぜひ「くるりんぱ」を活用して、髪と赤ちゃんに優しいヘアスタイルに挑戦してみてください。

かわいいヘアゴムやバレッタを使うと華やかさも増しますので、気分転換も兼ねて楽しめるといいですね。

産後の抜け毛を治したい!どんなシャンプーを使えばいいの?

シャンプーをするたびに排水口が真っ黒、ブラッシングしたらブラシに抜け毛がびっしり…「こんなに抜けちゃうの!?」と産後の抜け毛にびっくりしているママも多いと思います。

産後に抜け毛が増えてどうしたらいいかわからない、どんなヘアケアをすればいいの…?とお悩みのママは、まずはシャンプーを見なおしてみてはいかがでしょうか。

産後に抜け毛が多くても1日1回はシャンプーを

産後の抜け毛が気になりだすと、ついついシャンプーするのが億劫に感じるかもしれません。なかには「これ以上抜けたら嫌だから…」と、毎日していたシャンプーを2~3日に1回にしたりシャンプーの回数を減らしているというママもいるのではないでしょうか。
抜け毛が気になるからといってシャンプーの回数を減らすのはNGです。

なぜなら、皮脂や生活によってつくホコリなどの汚れが頭皮に蓄積していくと頭皮の環境がどんどん悪くなり抜け毛を助長することになってしまうからです。

頭皮を清潔に保ち抜け毛を増やさないためにも、1日1回はきちんとシャンプーをして不要な皮脂や汚れをきちんと取り除くことが理想です。

抜け毛を乗り切るカギは適度な洗浄力のシャンプー

とはいえ、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗うのはNGです。
頭皮の皮脂の取り除きすぎは乾燥を招き、頭皮の環境が悪くなる原因になります。頭皮の環境が悪くなればさらに抜け毛が増えることになりかねないので、適切な洗浄力のシャンプーを選ぶことが頭皮を健やかに保つポイントになります。

では、具体的にどのようなシャンプーがよいのでしょうか。

シャンプーの洗浄力の強さを決めるのは、シャンプーに含まれている界面活性剤です。
石油系の界面活性剤が使用されているシャンプーは洗浄力が強く、皮脂を取り除きすぎてしまう可能性が高いです。

石油系の界面活性剤でよくシャンプーに用いられているのは、ラウレス硫酸~や、ラウリル硫酸~と表記されている成分です。

原料が安価なため、たいていの市販のシャンプーには配合されています。
ドラッグストアなどでシャンプーを買う場合は必ず成分をチェックしましょう。
一方、アミノ酸系の界面活性剤が使われているシャンプーは洗浄力がマイルドなのでおすすめです。

ラウロイル~やココイル~と表記されたものがアミノ酸系の界面活性剤です。
値段は石油系の界面活性剤が使われているものよりも高価になることが多いですが、頭皮のためにはアミノ酸系のシャンプーを使うようにするとよいでしょう。

こんなシャンプーには要注意!

最近はアミノ酸系の界面活性を使ったシャンプーの人気が徐々に高まっており、「アミノ酸系シャンプー」「アミノ酸系界面活性使用」と謳ったシャンプーも多く出回っています。

ところが、アミノ酸系の界面活性をほんの少しでも使用しているだけで「アミノ酸系シャンプー」と謳っている場合があるので注意が必要です。

アミノ酸系の界面活性剤がベースになっていればよいのですが、ベースは石油系の界面活性剤を使用していてアミノ酸系の界面活性剤はほんのすこしだけ使われている程度のシャンプーでは洗浄力が強すぎてしまいます。

また、「ラウレス硫酸ナトリウム不使用」など石油系の界面活性剤の名称を挙げて不使用と謳っているシャンプーも注意が必要です。

特定の石油系界面活性剤が使われていないのは確かですが、他の種類の石油系界面活性剤が使われているという場合があります。シャンプーを購入するときは、表書きだけでなく成分表をチェックしてから買うようにしましょう。

皮脂が多めの方や整髪剤を使う方は2度洗いを

石油系の界面活性剤が使用されているシャンプーで毎日髪を洗っていた方がいきなりアミノ酸系の界面活性剤が使用されているシャンプーを使うと、物足りない感じがするかもしれません。

特に、皮脂の分泌が多めの方や整髪剤を使っている方は、洗浄力がマイルドゆえにアミノ酸系の界面活性剤のシャンプーでは汚れが落としきれない可能性があります。

整髪剤に関しては、抜け毛が落ち着くまでは使わないのが理想的ですがお仕事の関係やヘアスタイルの都合でどうしても必要な方もいるかもしれません。
また、もともと皮脂分泌が多くない方でも産後のホルモンの関係で皮脂が増えて頭皮がべたつきがちになることもあります。

そのような場合は、2度洗いをしてしっかり汚れを落とすことをおすすめします。

実際どうなの?産後の抜け毛にシリコンシャンプーって…

ノンシリコンシャンプーが世間に流通してから「シリコン=悪」というイメージがつきまとっていますが、シリコン全てが悪いわけではありません。

シリコンが悪者扱いされる理由は、頭皮に残るというところにあります。

頭皮に残ったシリコンが毛穴を塞いだりして頭皮環境を悪化させ、抜け毛につながることもあります。しかし、頭皮に残らないシリコンであればその心配はありません。

美容院などで使われているシャンプーも実はシリコンシャンプーであることが多いです。
そのシリコンは、大抵が水溶性のもので洗い流せば残らないものであったり、むしろ頭皮のコンディションを整えてくれるものもあります。

必ずしもノンシリコンにこだわらなくてもよいのです。

産後の抜け毛は気になりますが、適度な洗浄力のシャンプーで毎日きちんと汚れを落とすことで頭皮の環境を整え、さらなる抜け毛を防ぐことができるかもしれません。

なかなか抜け毛が良くならない、これ以上抜け毛が増えるのは怖い!というママはぜひアミノ酸系の界面活性剤のシャンプーを試してみてくださいね。

出産後の抜け毛が気になる!パーマやカラーはいつから?

産後に気になる抜け毛…でもおしゃれなママでいたいからカラーリングやパーマもしたい!と思っている方も少なくないはずです。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんのことを考えてカラーリングやパーマを我慢していたママにとっては、やっと「解禁」になった気がして1日も早く美容院へ行きたい!という気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。

一方、抜け毛があるのにカラーリングやパーマはしてもいいものなのか…?

カラーリング剤やパーマ剤が母乳に影響することは…?など、産後だからこそ気になる悩みも出てくるものです。

そんな産後に抜け毛が気になりつつもカラーリングやパーマを考えているママに、産後のカラーリングやパーマのはじめどきをお教えします。

スポンサードリンク

抜け毛があるのにカラーリングやパーマはOK?

抜け毛があるということは、頭皮も髪の状態が決してよい状態であるとはいえません。
産後の抜け毛はホルモンバランスによるところも大きいですが、育児による寝不足や疲労で頭皮や髪にダメージが出てしまうこともあります。

産後はもちろん、産後でなくとも、頭皮が弱っていたり髪が傷んだ状態でのカラーリングやパーマはおすすめできるものではありません。薬剤による刺激で頭皮が荒れてしまったり、髪の傷みが増してしまう可能性が高いからです。

頭皮の荒れはさらに抜け毛を増悪させることもあります。
髪の傷みが激しくなれば当然ながら枝毛や切れ毛にもつながります。

また、頭皮と髪のコンディションが良くない状態で施術を受けると、パーマがかかりすぎたり反対にかかりにくかったり、カラーリングが思い通りの色に仕上がらない可能性もあります。

頭皮と髪を大切にして、思い通りの仕上がりを手に入れたいなら抜け毛が落ち着いてからのほうがよいかもしれません。

カラーリング剤やパーマ剤の母乳への影響は?

母乳育児をしているママは、パーマ剤やカラーリング剤の母乳への影響が気になるところではないでしょうか。

パーマ剤やカラーリング剤が頭皮につくと浸透して血管に入り込み、血液を通して母乳に成分が移行してしまうこともあるようです。

ただし、それらはとても微量で、赤ちゃんにすぐに悪影響を及ぼしたりするものではないと言われています。

さらに、プロである美容師になるべく頭皮に薬剤を付けないよう細心の注意を払ってもらえばリスクはさらに減らすことも可能です。

しかし、「ゼロではない」ということを考えると心配な方や、カラーリングやパーマをして授乳をするときに「大丈夫かしら」と不安になってしまいそうな方は、パーマやカラーリングは授乳期が終わってからのほうがよいでしょう。

産後にカラーリングやパーマをかけるときのポイント

産後の頭皮や髪のダメージを考慮しても「やっぱりパーマをかけたい」「カラーリングはどうしてもしたい」という方のために、上手に施術を受けるためのポイントをお伝えします。

なるべく短時間で済ます

頭皮や髪の状態が良くても、長時間の施術は産後の身体の負担になる可能性があります。
パーマやカラーリングは時間がかかり、2時間くらい座りっぱなしの姿勢をとることも稀ではありません。

パーマやカラーリングと同時にカットを…と考えがちですが、思い切って別の日にするほうが疲れにくいです。

楽な姿勢で施術を受ける

産後の身体は思ったよりも疲れやすくなっています。
せっかく美容院に行っても、疲労感が残ってはつまらないですし、体調を崩してしまっては大変です。
少しでも楽な姿勢で施術を受けるとよいでしょう。
会陰切開の傷のひきつれ感や痔が気になってしまう方は円座クッションを持参するのも手です。

椅子の背もたれがフィットしない場合は、タオルを挟んでもらうと楽に施術を受けることができます。

授乳の時間を考慮する

長時間の施術中に胸が張ってきたりするとなかなかリラックスできないものです。
美容院へ行く前に授乳を済ますか搾乳をしてすっきりしてから行くほうが快適に過ごせるはずです。

母乳が自然に出てきてしまう方は、母乳量が多めのママに対応した母乳パッドをつけていくと母乳漏れの心配なく美容院で過ごすことができますよ。

これらを考えると、産後のカラーリングやパーマのはじめどきは少なくとも「抜け毛が落ち着いてから」がよいでしょう。

母乳育児をしているママで心配症な方やおっぱいが張りやすい方は、授乳期を終えるか母乳分泌が落ち着いてからという条件も追加されるかもしれませんね。

母乳分泌が落ち着く頃には授乳間隔も定まってくることが多く、時間が読めて出かけやすくなるというメリットもあります。

産後にパーマやカラーリングをするときは、無理をせずなるべく短時間で楽な姿勢で施術を受けられるように工夫するのも産後のママの身体をいたわる大事なポイントになってくると思います。

そして何より、美容院で施術してもらっている間、安心して子どもを預けられる預け先を確保することができるようになってからというのが産後にパーマやカラーリングを始める一番の条件であることは言うまでもありませんね。

産後のヘアカラー「おすすめ方法と注意点」

産前産後の抜け毛も気になるけど、髪色はもっと気になる…というママもいるのではないでしょうか。特に、妊娠や出産をきっかけに白髪が増えて目立つママにとっては染めずにそのままにしておくというのも難しいかもしれません。

産前産後は自分自身と赤ちゃんのためにもなるべくカラーリングをしないほうがいいですが、仕事や冠婚葬祭などでそうも言っていられないという方や、白髪やきちんと染めていない髪色自体がストレスになってしまう方は、なるべくダメージを与えないようにカラーリングをするようにしましょう。

産後のセルフ染めは絶対にNG!

妊娠出産で何かと費用がかさむし、赤ちゃんにかわいい服の1枚でも買ってあげたいから…と美容院ではなく自宅でカラーリングをしようとしている方は要注意です。

市販のカラーリング剤の危険性

いくら「ダメージが少ない」「保湿剤配合」「染めあがりの手触りさらさらつるつる」など髪と頭皮に優しそうな文言が並んでいても、ダメージを与えずにカラーリングをすることはまずできないと思ってください。

特に、市販のカラーリング剤は素人が自宅で施術してもきちんと染まるように、強い薬剤が使われていることが多いのです。

産前産後で抜け毛が出ているということは、頭皮も髪も弱っている状態ということです。
そこに強い薬剤をつけることで、さらに抜け毛がひどくなることもあります。

また、弱った頭皮に強い薬剤が付くことで、アレルギー反応をおこしたり、最悪の場合髪が生えてこなくなったりする可能性もゼロではありません。

頭皮に付着した薬剤は血液中に流れ込み、お腹の赤ちゃんやお母さんのおっぱいから赤ちゃんへ届いてしまうこともあります。

今までドラッグストアなどで手軽に入手できるカラーリング剤を使用してセルフ染めしていた人も、妊娠出産を機に比較的やさしい薬剤の美容院でのカラーリングを心がけましょう。

産後のヘアカラーはプロにお任せしたほうが安心です

さて、カラーリング剤は美容院のものを使うとして、最近はネットでも美容師が使うカラーリング剤を手に入れることができます。

少しでも節約しようと、美容師が使うカラーリング剤をネットで入手して自分で染めてしまおうと思っているママもイエローカードです。

自分自身が美容師であるならまだしも、まったくの素人がプロユースのカラーリング剤を正しく使いこなせるかは疑問が残ります。

まして一般家庭に美容院と同じような機材があるわけでもなく、見よう見まねで使うと頭皮や髪のトラブルにつながりかねません。

また、美容師に産前産後であることや抜け毛が気になっていることを伝えれば、頭皮につかないように細心の注意を払ってカラーリング剤を塗布してくれたり、放置時間などプロならではの観点で調整をしてもらえます。

素人ではついつい頭皮に薬剤をつけてしまったり、細かなさじ加減がわかりません。
ぜひ美容師にカラーリングをお任せしましょう。

産後はヘアカラーよりヘアマニキュア?!

ヘアカラーより頭皮や髪に優しくカラーリングしたい場合はヘアマニキュアがおすすめです。ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングするだけなので、脱色して色素を入れるヘアカラーとは仕組みが違います。

脱色しないので染まり方は弱いですしもとの髪色より明るくすることはできませんが、そのぶん髪や頭皮へのダメージは抑えることができます。

コーティングすることにより、髪1本1本にハリや弾力が生まれるので髪どうしが絡みにくくなります。

髪が絡まると絡まったところをブラッシングなどで引っ張り大量の抜け毛につながることがありますが、絡まない髪であればそういった衝撃による抜け毛を防ぐことができるのもメリットの一つです。

ツヤも出るので、髪自体が痩せてしまって老けて見えてしまうとお悩みの方にもおすすめできます。

白髪が気になるけどヘアカラーではダメージが気になる…という方や、そんなに明るい色は望んでないけれどニュアンス程度に色を入れて気分転換したいという方にはヘアマニキュアを試してみてはいかがでしょうか。

ヘアマニキュアも美容院で施術してもらうことができます。
試してみたい!という方は一度美容院に問い合わせてみてくださいね。

自宅でできる優しいカラーリングもおすすめ

どうしても美容院代を捻出するのが難しい、もっと髪や頭皮に優しくカラーを楽しみたいという方は、ヘナや色付きトリートメントを検討してみてもよいかもしれません。

これらもヘアマニキュアと同様に、脱色するという工程がないので髪色を明るくしたりすることはできません。

しかし、白髪を染めたり、ニュアンス程度に色を楽しむのであれば頭皮や髪へのダメージもなく行えるので一番おすすめです。

ヘナは使うことで髪が健康になり、抜け毛にもよいと言われています。

白髪染めでなくトリートメントとして使う方もいるほどですので、産前産後の抜け毛や髪が弱ってしまった方は試す価値があるかもしれません。

天然成分ですが、天然成分ゆえにアレルギーなどには注意して必ずパッチテストをするようにしましょう。

色付きトリートメントは、普通のトリートメントと同じように素手で使用できるものもあり、普段のシャンプーの後に取り入れるだけなので忙しいママにもおすすめです。
1度で染めることは難しいですが、使い続けることで徐々に色が入っていきますよ。

いかがでしょうか。
産前産後のヘアカラーは、自分と赤ちゃんのためにもなるべく避けたいところですが、我慢しすぎてストレスになるのも抜け毛などを助長させるのも事実です。
今まで市販のカラーリング剤でセルフ染めだった方は、美容院でカラーリングしてもらうなど自分と赤ちゃんになるべく優しいやり方でヘアカラーを楽しめるといいですね。

出産後に気になること「抜け毛・白髪は本当に増えるのか」

出産後に抜け毛が気になったり白髪が気になるというママは意外と多いものです。
抜け毛や白髪というと若いママには関係なさそうに思えますが、産後の抜け毛や白髪はたとえ10代や20代で若く出産したママにも悩まされる方はいます。

中には「出産を機に老化してしまったのでは…?」「これからの一生を薄毛を気にして生きていかないといけないの?!」と不安になるママもいることでしょう。

果たして、出産と抜け毛や白髪にはどのような関係があるのでしょうか。
本当に出産が原因で抜け毛や白髪が増えるものなのでしょうか。

「抜け毛」は妊娠・出産の影響が大いにアリ!

産後の抜け毛は意外と多くのママが経験していることで、出産経験者に聞くと「実は私も…」ということがよくあります。

出産と抜け毛は実は大いに関係があるのです。

なぜ出産後に抜け毛に悩まされる方多いのか、それは女性ホルモンの変化によるものであることがわかっています。

非妊娠時の髪は一定のサイクルで生える、伸びる、抜ける…を繰り返しています。
妊娠によって女性ホルモンが一気に増えると一般的には髪が抜けにくくなります。

これは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンに髪の成長を促進する作用や育毛作用があるからです。これらは妊娠の維持に欠かせない役割を担っているホルモンですが、産後は急激に分泌量が減少し、妊娠前の分泌量を下回ることもしばしばあります。

そのため、髪が一気に抜け「抜け毛」となるのです。
抜け毛の他にも、ハリやコシがなくなる、ツヤがなくなる、パサつきが気になる…といったトラブルも見受けられることが多いようです。

抜け毛を含め、これらのトラブルは女性ホルモンのバランスと大いに関係しますが、原因はそれだけとは限りません。産後は休みなく赤ちゃんのお世話に追われることになります。

睡眠時間が十分に確保できず寝不足になったり、忙しくて食事がなかなか摂れなかったり摂れても不規則になったり、出来合いのもので済ますなど栄養バランスも偏りがちです。

母乳育児のママは栄養が優先的に母乳の方へ行くので、とくに栄養不足になりがちです。
栄養が髪に行き届きにくくなった結果として抜け毛が増えるということも十分にありえることです。

白髪は出産とは無関係?!そうとは言い切れない

一方、白髪が出産と関係があるかどうかは「ないとは言い切れない」という微妙なところです。なぜなら、白髪が生えるメカニズムがまだはっきりと解明されていないからです。
白髪が生える仕組みは諸説ありますが、ひとつはメラノサイトという色素細胞がうまく機能しなくなりメラニン色素を作ることができなくなるというものです。

髪が黒いのは、メラノサイトがメラニン色素を作り出しているおかげなのですが、何らかの原因によってこの働きが失われると白髪になります。

メラノサイトが機能しなくなる原因としては、老化、ストレス、遺伝、不規則な生活、栄養不足などが挙げられます。産後の生活を考えると、育児に追われて不規則な生活になりがちですし、食事がしっかり摂れないと栄養不足にもなりがちです。

特に母乳の分泌が多いママは、母乳をつくって出すことで栄養がどうしても母乳の方へとられてしまいがちです。また、どんなママでも育児にストレスはつきものです。

ことさら第一子を出産したばかりのママはわからないことも多く、ちょっとしたことが気になってしまったり神経質になりがちです。ホルモンの関係でわけもなくイライラしてしまうこともあるでしょう。

これらはママになったら当たり前といえば当たり前のことですし、悪いことではないのですが、そういった原因からメラノサイトの機能が低下することは十分に考えられそうです。
出産自体が直接的な白髪の原因になりうるかはまだわかりません。

とはいえ、出産はまだまだわからない事が多く、命がけで新しい命を育み生み出すということを考えると、母体の細胞に何らかの影響を与えてもおかしくはなさそうです。

いかがでしょうか。出産と抜け毛は大いに関係があることがわかっている一方、白髪は直接的な原因とは言い切れないということがおわかりいただけたでしょうか。
産後の抜け毛はホルモンバランスによるところが大きいので、ホルモンバランスが整い始めれば次第に落ち着いていきます。

抜け毛は確かに気になりますが、気にし過ぎるとそれ自体がストレスになってしまい抜け毛を増やしかねないので「今は仕方ない、そのうち元に戻る」と割りきってしまうことも大切です。

一方、白髪はホルモンというより出産後の生活面の方に着目してみたほうがよいかもしれません。とくに気をつけたいのが栄養面です。白髪を増やさないためだけでなく、ママと赤ちゃんが健康に過ごすためにもなるべくバランスの取れた食事を心がけるとよさそうですね。

一時的なこととはいえ、抜け毛や白髪がどうしても気になってしまう方は、エクステやウィッグ、白髪染めなど解決方法はいろいろあります。
あまり深刻になりすぎず、ママが楽しく過ごせるように対応していけるといいですね。

スポンサードリンク

PAGETOP