産後のスキンケア しみ・ニキビ等の肌荒れ、妊娠線ケア

産後ママのスキンケア方法です。「産後の肌荒れのケア方法」「産後にしみができやすい理由と正しいスキンケア」「産後ママの時短スキンケアで」「出産後に出来たニキビのケア方法」「出産後のお腹のスキンケア方法」をお送りします。


もくじ

スポンサードリンク

ママのスキンケア 産後の肌荒れ何とかしたい!

今まで肌荒れとは無縁だったのに、産後の肌荒れが酷い!とお悩みのママも多いのではないでしょうか。

乾燥してカサカサ、ひどいとヒリヒリ、それとは反対にベタベタお肌に吹き出物やニキビがたくさん…と、肌の荒れ方も人それぞれだと思います。

お肌が荒れていると気持ちまで落ち込んでしまい、何とかしたい!というママの切実な声も聞こえてきそうです。

産後に肌荒れが起こりやすくなる原因と対策方法をご紹介します。

産後の肌荒れの原因はホルモンバランスのせいだけではなかった

まず考えられるのがホルモンバランスの乱れです。
妊娠を機に、女性ホルモンの量が非妊娠時の何倍も増えます。

ところが出産を終えるとそれらの女性ホルモンが急激に減るのです。
この女性ホルモンの分泌の変化によってホルモンバランスを崩し、お肌の状態も不安定になりがちになります。

ただ、産後の肌荒れの原因はそれだけではありません。

24時間待ったなしの育児による睡眠不足やストレスも肌荒れの原因になります。勉強や仕事で徹夜をしてお肌ボロボロ…という状態は経験したことがある方も多いと思います。

育児も十分な睡眠時間が確保できない時期が1ヶ月、2ヶ月…と月単位で続き、出産で体力を使い切った身体に負担をかけるのでお肌に影響が出ても不思議ではありません。

また、見落としがちな産後の肌荒れの原因としては便秘が挙げられます。
ホルモンの関係で便秘がちになったり、会陰切開の傷が痛くてどうしても排便を我慢してしまう…など便秘の理由も様々です。

中には、トイレに行きたいと思っても泣いている赤ちゃんのお世話を優先して「そういえば最後にお通じがあったのっていつだったけ?」と長い期間お通じがないママもいるのではないでしょうか。

このように産後も便秘になりやすくなっており、便秘になれば老廃物が腸にたまっている状態なので当然お肌にも影響が出てきてしまいます。

まずは肌荒れしにくい身体にととのえよう

ホルモンバランスの乱れ、育児による睡眠不足、便秘…と、身体の中から改善することで産後の肌荒れも落ち着くかもしれません。

ホルモンバランスを整える

産後のホルモンバランスの乱れを整えるのはなかなか難しいですが、出来る限り規則正しい生活を送ることや睡眠をとることが大切です。

とはいえ、産まれたばかりの赤ちゃんに昼夜の区別はないのでなかなか実行できないのが本音ですよね。

そこで、少しでも心身をリラックスさせるためにエッセンシャルオイルを活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめは、ゼラニウムやイランイランです。このエッセンシャルオイルにはホルモンバランスを整える働きがあります。

女性らしい甘い香りで、産後うつの緩和にもよいといわれています。
ハンカチやティッシュに1滴エッセンシャルオイルを垂らして香りを楽しみましょう。
フローラルウォーターをお肌につけるのも保湿と香りのケアが同時に出来ておすすめです。

睡眠不足はちょこちょこ寝でカバー

産後にまとまった睡眠時間を確保するのはなかなか難しいですよね。赤ちゃんが寝ているときに「寝なきゃ!」と思うと余計に寝付けなくなってしまうこともあると思います。

助産師さんのお話によると、産後のママはホルモンの関係でなかなか寝れなくなってしまっているそうです。また、多少寝なくても大丈夫なようになっているようです。

まとまった時間寝ようとせず、5分でも、10分でも寝れたらOK、眠れなくても目を閉じて脳を休めればOKと気軽に考えてみましょう。

便秘は水分補給と食物繊維を意識して

まず、便意があるときにガマンしないことが大切です。赤ちゃんが泣いているから…と自分のことは後回しにしてしまうママも多いですが、ママが健康でなければ赤ちゃんのお世話もできません。

便秘は肌荒れだけでなくママの健康にも関わってくるので、赤ちゃんの安全を確保しつつトイレはガマンしないようにしましょう。便意がなかなかこないママはこまめな水分補給を意識してみましょう。

母乳育児や育児の忙しさに追われて、身体が水分不足になっているかもしれません。水分が不足すると便秘になりやすくなるので、赤ちゃんの授乳が終わったらママもコップ1杯の水分は必ずとる…など意識してみるとよいかもしれません。

また、食事やおやつに食物繊維を取り入れてみましょう。
かぼちゃやさつまいもをふかしたものをおやつにすれば、たくさんの砂糖や添加物の入った市販品を食べるよりも安心です。

おからの煮物などをたくさん作っておかずにしてもいいですね。
切り干し大根の煮物は食物繊維豊富なうえ、根菜なので母乳の出が気になるママもトライしてみるとよいでしょう。

いかがでしょうか。産後の肌荒れはホルモンバランスの乱れだけではなく、育児による睡眠不足や便秘も密接に関係しています。

肌荒れで落ち込んでしまっているママも、産後の肌荒れがずっと続くことはまれなので、一時的なもの…と思って心配しすぎないようにしましょう。
無理をしない程度にできる対策から取り組んでみてくださいね。

産後にしみができやすい理由とは?正しいスキンケア方法

産後にしみができた、増えた、大きくなった、濃くなった…!などのトラブルに悩まされていませんか?

妊娠や出産としみは関係なさそうに思えますが、実は大いに関係があります。産後になぜしみができてしまうのか、どのようにしみに対処すればよいのかをご説明します。

産後にしみができる原因とは?

産後にしみが出来る原因はズバリ女性ホルモンに関係があります。妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量は急激に増加します。

ところが、出産を終えるとこれらのホルモンはまた急激に減ってしまいます。
ここでホルモンバランスが崩れてしまうのです。

これらのホルモンバランスが妊娠前の元の状態に戻るのには、個人差もありますが6ヶ月程度かかるようです。

この6ヶ月の間、産後のママの身体はアンバランスなホルモン分泌によって更年期のような症状が出たり心身ともに不安定な状態になることもあります。
お肌も例外ではありません。

ホルモンバランスが乱れるうえに、不眠不休の育児が毎日続きます。
すると、お肌のバリア機能も低下してしまい紫外線の影響も受けやすくなり、色素が沈着しやすくなります。

こうしてしみができたり、濃くなったり、大きくなったりするのです。

母乳育児がしみの原因になる?!

意外かもしれませんが、母乳育児としみにも関係があるようです。
授乳中はおっぱいを作るためにビタミンCが消費されます。

ビタミンCといえば、メラニンを生成する酵素の働きを抑えたり、メラニンの色を薄くしたりとお肌の修復に欠かせない栄養素です。

赤ちゃんにおいしいおっぱいを届けるためにビタミンCが消費されて足りていない状況であれば、メラニン生成をおさえたり色を薄くするといった働きは期待できません。
授乳中のママはビタミンCが不足していないか要チェックです。

産後のしみに正しいスキンケアをしよう

産後のしみはホルモンバランスのせいだから仕方ない…と諦めて何もしないでいるとさらにしみがひどくなってしまうかもしれません。
正しいスキンケアで産後のしみを少しでも改善できるように、できることから頑張ってみましょう。

一番大事!紫外線を防ぐ

しみの原因はなんといっても紫外線です。産後は紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線を防ぐことが一番のケアになります。「産後は赤ちゃんと家にいてほとんど外出することはないから平気」と思っているママもいるかもしれません。

しかし、屋外よりは弱いですが家の中にいても窓越しに紫外線は降り注いできています。
毎日毎日紫外線を浴び続ければ、いつの間にかしみができてしまうことも…。
家の中にいても紫外線対策は必要といえます。

できれば日焼け止めを塗るのが理想的ですが、「そんな時間ない」「赤ちゃんがなめるから心配…」というママも多いことでしょう。

ベビー用の日焼け止めを塗るのも良いですが、日焼け止めを塗らずに着るもので紫外線対策をしてみるのもひとつの手です。

UVカット機能のある前開きのパーカーやカーディガンは、さっと羽織るだけで紫外線からお肌を守ることができます。前開きなら授乳の時にもすぐにおっぱいを出すことができるので、煩わしさもありません。

真夏で羽織るのが暑いというときは、アームカバーもおすすめです。

首元はストールなどでカバーしましょう。お家にいるときは、赤ちゃんをだっこすることも考えて肌触りの良い可愛らしいガーゼ地のタオルでもいいですね。

脚は長ズボンなどで露出を控えたファッションで紫外線から守るとよいでしょう。
夏場は暑くて長ズボンはちょっと…という方は、冷感素材でUVカット機能付きのレギンスに短パンなどを合わせてもいいですね。

内側と外側からビタミンCで美白ケア

先に述べたとおり、母乳育児のママは授乳でビタミンCが消費されてしまう可能性があります。また、ミルクで育てているママも、出産や育児疲れから意外とビタミンCが足りていない状況かもしれません。

ビタミンC不足を補うために、サプリメントなどを摂取してみてはどうでしょうか。授乳中はサプリメントを控えたいというママは、毎食ごとに果物をプラスしてみましょう。

ビタミンCは美肌だけでなく、鉄分の吸収をよくしてくれるので出産を終えたばかりのママや、出血が多かったママ、母乳育児で常に貧血気味というママにもおすすめです。内側からビタミンCを補ったら、外側からのケアにもビタミンCを取り入れてみてください。

美白化粧品にはビタミンC誘導体が配合されているものがあります。ビタミンCは酸化しやすくお肌に浸透しにくいという欠点があります。

なので、ビタミンCをお肌にいくら塗っても吸収されません。
ところがビタミンC誘導体はお肌へ浸透することができ、浸透した後にビタミンCへと変化してビタミンCと一緒の働きをしてくれます。

美白ケアにビタミンCを取り入れたいときは、「ビタミンC配合」ではなく、「ビタミンC誘導体配合」の美白化粧品を選んでくださいね。

いかがでしょうか、産後のホルモンによってできてしまうしみですが、紫外線を防ぐことで少しでも軽減できるといいですね。

また、産後に授乳などの影響でビタミンCが足りていない状況になるとしみもできやすく、濃くなりやすくなります。

ビタミンCを補うケアを心がけてみてください。

スポンサードリンク

時短スキンケアで産後もキレイって言われたい

産後のママは赤ちゃんのお世話や家事で手一杯です。
自分のために使える時間なんて一日にトータルで1時間もない!なんてことも珍しくはありません。

そんな限られた時間で丁寧に時間をかけてスキンケア…とはいきませんよね。
忙しい産後のママがキレイでいるための時短スキンケア方法をご紹介します。

ながらスキンケア

どんなに頑張ってもスキンケアの時間を捻出するのはなかなか難しいと思います。もし時間が捻出できたとしても、スキンケアよりも睡眠時間やほっと一息つく時間に充てたい…というのが本音ではないでしょうか。

そんな産後のママにおすすめしたいのが、何かをしながらスキンケアも同時に行う「ながらスキンケア」です。さっそく試してみたい!という方のために、シーン別にながらスキンケアの方法をご紹介します。

家事をしながらスキンケア

手が離せない家事の間こそスキンケアの時間に充てたいものです。家事をしながらスキンケアをするときの必需品といえば、シートマスクです。

顔にのせておくだけで保湿できますし、美容液成分の入ったものを使えばシミ対策など目的に合ったケアが出来ます。洗顔後にシートマスクをのせ、そのまま掃除をしたり洗い物をしたりするだけです。

とくにシートマスクを使うのにおすすめなのは、料理をするときです。ゆでたり、煮たり、蒸気が出る料理をしている時にシートマスクを使えば、スチーマーを当てているような効果が期待できます。

料理をしているだけでも、まるでエステに行ったかのようなお手入れができてしまいまう一石二鳥のながらケアです。家事がひとつ終わる頃がちょうどシートマスクを外すのによい時間(10分~15分位)になると思います。
これなら家事も楽しくできそうですね。

お風呂に入りながらスキンケア

もし、お風呂に一人で入れる時があればそのときこそスペシャルケアのチャンスです。お風呂の蒸気で毛穴が広がり、洗顔での汚れが落ちやすくなるだけでなく、その後のお手入れで補う美容成分も浸透しやすくなります。

湯船に浸かりながらパックやシートマスクを使い、熱めのお湯で絞ったタオルを乗せて5分だけ目を閉じてリラックス…。お肌もぷりぷりもちもちになるはずです。

保湿効果のある入浴剤を入れるのもおすすめです。
浸かるだけで全身のスキンケアができますし、色や香りなど視覚や嗅覚からリラックスすることもできます。

家事と育児を頑張る自分へのご褒美に、少し贅沢な入浴剤を使ってみてはいかがでしょうか。自然派のママなら、ドライハーブをお茶パックに入れて浮かべるのもおすすめです。

寝ながらスキンケア

実は寝ている時が一番のスキンケアのチャンスかもしれません。
夜用のクリームや美容液をお手入れにプラスするだけで、寝ながらお肌のメンテナンスができてしまいます。

さらにマスクをして寝れば保湿効果もアップしますし、喉の風邪をひきやすい方は喉の保護にもなります。唇の荒れが気になるときはリップクリームや唇美容液をたっぷりめに塗っておくことでリップケアまでできるので、口紅のノリもよくなるかもしれません。

まとまったスキンケアの時間がとれなくても、これなら簡単に実践できそうですね。

赤ちゃんのスキンケアをしながら

自分のスキンケアはまだしも、赤ちゃんのスキンケアだけは…と頑張っているママも多いのではないでしょうか。

そんな頑張っているママだからこそ、赤ちゃんと一緒に自分のスキンケアも行うことができます。赤ちゃんのスキンケアはお風呂あがりに保湿剤を塗ることが多いと思います。

このとき、ママの手に残った保湿剤を身体の乾燥が気になるところにさっと伸ばしてみてください。このスキンケアの利点は、赤ちゃんとママが同時に行うことができることだけではありません。

赤ちゃんの顔や身体に塗る保湿剤を使うので、つい赤ちゃんがなめてしまいがちな腕や手指などに使っても安心というメリットがあります。敏感肌のママや産後で一時的にお肌がデリケートになってしまったママにも安心して実践できるながらスキンケアです。

メイクで叶える時短スキンケア

いくら忙しくても買い物や検診などの外出にノーメイクで行くのは気が引けてしまうというママも少なくないはずです。使用するメイクグッズを工夫すれば、メイクをしながらもスキンケアをしたり、スキンケアの時短が実現できますよ。

時短最強アイテムBBクリーム

BBクリームは日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、美容液、ファンデーションなどの役割がひとつにまとまったものです。

時間のかかるベースメイクがすぐにできることに加え、美容液成分が配合されているものであればスキンケアを同時に行うことができます。

日焼け止め効果もあり、気になる紫外線対策もBBクリームをつけることによってできるので、シミやそばかすが気になるママにもおすすめです。

スキンケアからベースメイクまで一本でできるBBクリームは、まさに時短最強アイテムといえそうです。産後はBBクリームのありがたさが身にしみます。

クレンジング不要?!資生堂のFWB

資生堂から出ているフルメークウォッシャブルベース「FWB」
この下地を使えば、クレンジングがいらずお湯だけでメイクを落とすことができます。
通常ならメイクを落としてから洗顔をしなくてはならないところを、お湯で流して洗顔をするだけでOKになるのです。スキンケアのステップを1つ減らせるのはとてもありがたいですよね。

口紅下地としても使うことができるので、マスカラもお湯で落とせるタイプのものを使えばクレンジング要らずです。ただし、日焼け止め効果はないので日焼け止め効果のある乳液や日焼け止めを併用することをおすすめします。

いかがでしょうか。産後で家事に育児に忙しくても時間を有効に使ってスキンケアをしていきましょう。ながらスキンケアを取り入れたり、メイクグッズを工夫することで産後の忙しいママでもキレイを保ちたいですね。

出産後に出来たニキビを上手にケアしていくには

ニキビとは無縁なつるつるお肌が私の自慢…だったはずの妊娠前。
産後になぜかニキビができやすくなってしまったり、大量発生で悩まされているママは少なくないようです。

「出産で体質が変わってしまったのだろうから仕方ない…」と鏡を見るたびに落ち込んでしまってはいませんか?

たしかに出産が影響してニキビができやすくなることはありますが、諦めることはありません。産後になぜニキビができやすくなるのか、どのようにケアしていけばよいのかをご紹介します。

産後のニキビは〇〇の乱れが原因だった

まず、なぜ産後にニキビができやすくなってしまうのでしょうか。
妊娠前や妊娠中はニキビと無縁だった人が産後にニキビが急に増えた場合、疑わしい原因としては「ホルモンバランスの乱れ」が考えられます。

妊娠前は月経のサイクルに合わせて上手にホルモンが分泌されており、妊娠中は分泌されるホルモンの量が激的に増加します。

さらに出産をすると大量に分泌されていたホルモンがぐんと減少するのです。
妊娠前はホルモンバランスを上手にコントロールできていた身体であっても、さすがにこのジェットコースターのようなホルモンの急激な変化についてゆけずバランスを崩してしまってもなんら不思議ではありません。

ホルモン量の変化の節目でホルモンバランスは崩れやすくなります。
そのため、産後だけでなく妊娠したタイミングでホルモンバランスが乱れ、妊娠中にもニキビができてしまう方もいらっしゃいます。

ホルモンバランスを整えるには?

ホルモンバランスの乱れが原因なら、ホルモンバランスを整えてあげるのが一番!なのですが、なかなかホルモンバランスを整えるのは難しいことでもあります。
とはいえ、何もしないより普段の生活で少し意識してみると改善することもあるので次のことを心がけてみるのもよいでしょう。

睡眠時間の確保

産後は24時間休みなく赤ちゃんのお世話に追われる生活が続きます。特に新生児のころでは、授乳やオムツ替えの頻度も頻繁で時間もかかります。

授乳してオムツを替えていたらもう次の授乳…ということを夜中でも繰り返し、なかなか寝る時間を確保するのが難しいママは多いと思います。睡眠時間が不十分ではホルモンバランスも乱れがちになります。

赤ちゃんの寝ている時に昼寝をしたり、上手に睡眠時間をたとえ10分でも確保できるといいですね。なかなか寝ようとしても寝付けないこともあると思います。

筆者も産後は目が冴えて2晩ほど一睡もできませんでしたし、産後1ヶ月くらいは寝ようと思っても逆に高ぶってしまって寝付けませんでした。そういうときは無理に寝ようとすると逆にストレスに感じてしまうものです。

看護師さんに教わったのですが、タオルなどを目に乗せて目を閉じるだけでも身体が休まるそうです。

食事内容の見直し

赤ちゃんのお世話に追われてなかなか食事をしっかりと作って食べる暇がないかもしれません。ついついお惣菜や出来合いのもので済ませてしまっていませんか。

もちろん、身体を休めることが先決なのでお惣菜などの利用が悪いというわけではなりません。しかし、お惣菜は油分が多く、味付けの濃いものがほとんどです。
酸化防止剤や防腐剤といった化学物質も気になるところです。

人によってはそういったものを摂ることで体調不良やお肌の調子が悪くなることもあるので、心当たりのある方は見なおしてみるとよいかもしれません。

運動

1ヶ月検診で医師の許可が出たら生活に運動を少し取り入れるのもよいでしょう。
運動をすることにより血流がよくなり、ホルモンのバランスも整うことがあります。
とはいえ出産と育児で身体は疲れきっています。

無理はせずに、赤ちゃんのお世話をしながらできる運動をしてみてはいかがでしょうか。
軽い運動は心身のリフレッシュにもなりますし、産後のダイエットにも役立ちます。

このように内面からニキビに対するアプローチを行ってもいまいち効果が無いという場合は外側からのアプローチを組み合わせてみると改善されるかもしれません。
産後のニキビ肌を正しくケアするスキンケア方法をご紹介します。

あれもこれもはNG!シンプルケアを心がけて

ニキビができるからといって、洗顔を何度もしたり、美容液などをやみくもにたくさん使うのはおすすめできません。
産後のお肌はデリケートになっていることが多いので、やさしくケアしてあげましょう。

洗顔

洗顔は朝と晩の1日2回で十分です。洗顔フォームをしっかりと泡立てて洗いましょう。肌に残った洗顔料が刺激となってニキビを悪化させてしまわないように、流すときは洗顔料が残らないように丁寧に洗い流すのがポイントです。

保湿

保湿をすることでお肌のバリア機能が整います。ニキビのできたお肌をこれ以上荒れさせないためにも、たっぷり保湿することを心がけてください。

おすすめは、グリチルリチン酸二カリウムが配合された化粧水やスキンコンディショナーです。グリチルリチン酸二カリウムはお肌の炎症を抑える効果があるので、ニキビの赤みや痛みが少し楽になるかもしれません。

赤ちゃんの使う桃の葉ローションなどにも入っている成分ですので、産後のデリケートなお肌にも安心して使うことができます。

乳液など

保湿した後はしっかりと蓋をして水分が逃げないようにしましょう。
ニキビが悪化しそうだから…と油分を補わないとさらに身体が油分を分泌するようになり、逆にニキビが悪化することもあります。ニキビ肌用のジェルタイプの乳液などを使って必ず「蓋」をしましょう。

産後のニキビはホルモンバランスの乱れによる一過性のものなので気にしないように…と理屈ではわかっていても、やはり何とかしたいと思うものです。

生活習慣の見直しは出来る範囲で行い、正しいスキンケアを行うことで、「内側」と「外側」からニキビにアプローチしてみてください。

妊娠線・お腹のたるみ、出産後のお腹もきちんとスキンケア

十月十日赤ちゃんが過ごしたお腹、妊娠中に妊娠線ができないようにケアを頑張ったママも多いのではないでしょうか。

しかし、ケアしていたのに妊娠線ができてしまった、皮が伸びきってしまってたるんでいる、ほくろやしみがたくさんできてきた…など、産後のお腹にも悩みは尽きません。
産後のお腹もスキンケアしてビキニがもう一度着れるようなお腹にしたいですね。

できてしまった妊娠線をケアしよう

妊娠線を作らないようにすることこそ最大の妊娠線ケア…と心得て、専用クリームや保湿剤を使ってケアしたり、急激に体重を増加させないように気をつけていた方がほとんどだと思います。

しかし、どんなにケアを頑張ってもできてしまうときはできてしまうのが妊娠線です。
では、一度できてしまった妊娠線は消えることはないのでしょうか?

妊娠線の濃さにもよりますが、比較的薄い妊娠線であればコツコツケアすることによってより薄く目立たなくすることができます。

ケアの仕方は、やはり保湿がポイントになってきます。
スクラブで古い角質を優しく落とし、新しい細胞へ十分にうるおいを届けてあげましょう。
妊娠線専用のクリームを使うとより効果的ですが、普段使っているクリームなどでもOKです。

出産前に余っていたものがあれば、ぜひ使ってみてください。保湿以外にも、ジェットバスのような水流で刺激してあげるのもよいようです。

自宅にジェットバスがあるというお家はなかなか一般家庭にはないと思うので、シャワーの水流を強くして当ててみましょう。

これらのケアを続けてもくっきりとできてしまった妊娠線をきれいサッパリ何もなかったかのように消すのは難しいそうです。

美容外科のレーザーなどできれいにできることもあるようなので、濃くできてしまった妊娠線でお悩みでどうしてもキレイにしたいという方は美容外科に相談してみるのも手です。

伸びきった皮膚をケアしてたるみ撃退

赤ちゃんや赤ちゃんを守り育てるための羊水、胎盤、へその緒などが入った大きなお腹、出産を終えるとこれらが一気に身体の外へ出ていきます。

産後から6~8週間程度かけて子宮はもとの大きさに戻っていきますが、お腹の皮がのびきってしまって「たるみ」として残ってしまうこともあります。

女性として美しくスタイルを保つためにも、お腹の皮膚をきゅっと引き締めたいものですね。とはいえ、産後すぐに運動などを始めるのは身体の回復に差し支える場合があります。

1ヶ月検診が終わるまでは無理のない産褥体操を助産師さんや医師から教わって行う程度に留めましょう。産後すぐにつけるウエストニッパー等も引き締めには欠かせないアイテムですが、産後の状態は人それぞれです。

ウエストニッパーをつけることでかえって回復を遅らせてしまうことや、子宮脱や内臓下垂などのトラブルを引き起こす可能性もあります。

着用するときは必ず医師や看護師に確認してから着用するようにしましょう。さらに、引き締めクリームなどをつかってのマッサージもおすすめです。お風呂の中やお風呂あがりにやさしく揉むようにマッサージしてみましょう。

洗い流す必要のないタイプのものならそのままで、洗い流すものであれば洗い流した後に保湿クリームなどを塗って保湿しておくとよいでしょう。さらにそのうえから綿のはらまきを着用してウエストニッパーをしめるとしっかり保湿されますよ。

ニッパーよりより柔軟に締め付け具合が調節できて通気性の良いさらしを巻くのもおすすめです。

お腹にもほくろやしみができることも…

産後にほくろやしみが増えたり大きくなったりすることはよくあることです。
それはお腹でも例外ではありません。産後、お腹や腰回りにいっきにほくろやシミが増える方もみえます。

ホルモンの関係でできやすくなっているので防いだり薄くしたりするのがなかなか難しいですが、少しでも何とかしたい!という方は美白効果のあるクリームなどを塗ると抑えられるかもしれません。

最近では、美容外科でしみを薄くするために使われるハイドロキノン入りの美容クリームがインターネットで購入できます。濃度は美容外科で購入できるものより低いですが、安価なので試しやすいという利点もあります。

ハイドロキノンは効果も期待できるぶん、ピリピリや赤みなどの刺激を感じやすいという面もあります。とくに産後はお肌が敏感になっているので、低い濃度のものを狭い範囲から試してみると安心です。

いかがでしょうか、お腹のケアは妊娠中だけでいいとなんとなく思っていた方にとっては「産後もお腹をケアするの!?」と意外だったかもしれません。

産後のお腹は妊娠線やたるみ、しみやほくろなどのトラブルに悩まされがちです。赤ちゃんを育てたお腹をいたわりながら、きれいなママでいるためにも産後のお腹のスキンケアも意識してみると女性としての自信につながるかもしれません。

デリケートな状態のお腹も、優しく上手にケアできるといいですね。

スポンサードリンク

PAGETOP