顔の赤み・ニキビ跡の赤みをカバーするファンデーション選び

女性なら誰でも、1つや2つは何かしらの肌悩みがあるはず。その中でも、頬や小鼻、ニキビやニキビ跡が赤くなってしまうことが気になるという方もいらっしゃいますよね。

メイクの最重要ポイントはベースメイクでキレイな肌を作ることですが、赤みのある肌はファンデーションを使っても上手く隠せないと感じてしまうのではないでしょうか。

頬や小鼻、ニキビやニキビ跡の赤みを隠すにはファンデーションなどのベースメイクの選び方・使い方がポイントです。

気になる赤みをカバーして、今のメイクをもうワンランク、ステップアップさせる方法を紹介します!


もくじ

スポンサードリンク

肌の赤みを抑えるファンデーション選び

まず、肌の赤みに悩まされているときはどんなファンデーションを選べばいいのでしょうか。ポイントはカバー力の高いものを選ぶこと、と少し黄みのある色を選ぶことです。

そして、ファンデーションを使うときは顔全体に均一に塗らないということもとっても大事。赤みが気になるときの基本的なファンデーションの選び方、使い方をマスターしましょう。

赤みにはやっぱり「リキッドタイプ」のファンデーション

確実に赤みをカバーしたい場合は、カバー力の高いファンデーションを選ぶのも重要です。
ファンデーションの種類は様々ですが、その中でもカバー力が高いのはリキッドタイプのファンデーション。

化粧下地やコントロールカラーでベースを作った後に、気になる部分に少し多めにリキッドファンデーションを置いて、優しく叩き込むようにのせましょう。

ファンデーションはベージュ系のカラーを選ぶ

ファンデーションの色は、ピンク→オークル→ベージュ→イエローの順に黄色みが強くなります。反対に、ピンクになるほど赤みが強いです。

元々の肌の赤みが気になる場合にピンク系などの赤みが強いカラーを使うと、更に肌が赤く見えてしまうので避けた方がいいでしょう。

ベージュやベージュオークルなど黄色みのあるファンデーションが赤みをカバーしやすいです。

赤みのあるところにはベージュ系、色白のところにはピンク系など、その場所によって使い分けてもOKです。

いくつか試してみて、自分の肌が一番キレイに見えるファンデーションの色や使い方を探しましょう。

使い方を変えるだけでもある程度は赤みをカバーできる

手持ちの化粧下地やファンデーションでは上手く赤みをカバーできない、という人は、まず使い方を見直してみましょう。

間違った使い方として多いのが、ファンデーションを顔全体に均一に塗ってしまうという方法です。

薄く塗り広げては赤みが強い部分を隠しきれませんし、赤みを隠すために顔全体に何度も塗りたくってしまうと厚化粧で真っ白な顔になってしまいます。

これでは、いくらカバー力が高くて性能の良いファンデーションでも、満足できる仕上がりにはなりません。

パウダータイプでもリキッドタイプでも、赤みをカバーしたいときは主にその部分にファンデーションをのせて、広げていきましょう。

頬のあたりは厚塗りでも、その他の部分は薄く塗ることで赤みをカバーしながらナチュラルな素肌に見せることが出来ます。

リキッドファンデーションの塗り方動画

【凹凸・赤ら顔脱出!神業ベースメイク②#8【リカエメイク】★ 】

リキッドファンデーションを上手く広げられない、すぐにヨレてしまうという方は、スポンジを使ってみましょう。

スポンジで丁寧につけることで、赤みを上手くカバーすることが出来ます。プロのベースメイクの手さばきを動画でチェックしてみてください!

色白ゆえにほっぺが赤い人へファンデテクニックを伝授

色白の肌ってとってもうらやましいですが、赤みのトラブルがあると特に目立ちやすくて困りますよね。

それに、肌が白いので本来の肌色に合わせたファンデーションだと明るすぎてうまく赤みを隠すことが難しかったりします。

色白で頬が赤いという方は、ファンデーションの使い方やベースメイクアイテムの組み合わせを工夫してみましょう。

気になるところにグリーンのコントロールカラーを

色白さんの赤みには、まずはグリーンのコントロールカラーを使ってみましょう。
大切なのは”気になるところにだけ”使うということです。顔全体に塗ってしまうと白浮きして不自然な仕上がりになってしまいます。

赤みが気になる頬にだけプラスして、残りの部分は化粧下地とファンデーションで仕上げましょう。

肌色は人によって違いますので、一口に色白と言ってもグリーンのカラーでは自然にカバ―出来ないこともあります。

そういった場合は、ブルーに近いもの、反対に少し黄色みのあるものなどを試したり、カラーを混ぜたりして色を調整してみましょう。
1amamifande

気になるところだけ、ファンデーションを多くのせる

ファンデーションもコントロールカラー同様、赤みを隠したいからといって顔全体にたくさんファンデーションを塗ってしまうのはNGです。

顔全体が白く浮いて、不自然になってしまいます。

赤みが気になる頬の部分を重点的に、残りの部分は元の肌色を生かしてたくさんファンデーションを塗らないようにしましょう。

特に、目の下~頬のあたりは顔の中でも明るくてOKな部分ですので、赤みを隠すためにファンデーションを濃く塗っても良いのです。むしろ立体感のある顔になって、メイクの出来がランクアップします。

頬の赤みがある部分にファンデーションをおいて、優しくトントンとおさえるようにして馴染ませましょう。
2amamifande

頬の赤みをカバーするメイク動画

【肌の赤みを抑えるベースメイクの作り方】


肌の赤みが気になるときの、コントロールカラー・ファンデーションの塗り方を説明してくれる動画です。裏技として、赤みをチークに生かす方法も紹介されているのでとっても参考になります。

【動画内容】
・グリーンもしくはイエローのコントロールカラーを気になるところに塗る
・カバー力のあるファンデーションを重ねる
・赤みもチークとして生かす

頬だけじゃない!鼻の赤みもファンデで無かったことに

赤みが気になる部分は頬の他にもう1つ、小鼻や鼻の頭です。小鼻の赤みは顔の印象を老けて見せてしまうので、メイクでカバーすると若々しい肌に見せることが出来ます。

なかなかファンデーションなどがのりにくく、ヨレたり崩れやすい部分なのでメイクするときに苦労しますよね。

鼻の赤みが気になるときのベースメイクのコツを紹介します!

小鼻の赤みにはコンシーラーで!

気になる赤い小鼻はファンデーションではカバーしきれませんし、ファンデーションを厚塗りするとヨレやすくなってしまいます。

そこで有効なのがコンシーラーです。小鼻の溝のところにササっとコンシーラーをのせて、素早く指でたたきこみます。薬指を使ってトントンとおさえると簡単です。

細かい部分には筆を使ってのせましょう

スティックタイプのコンシーラーであれば、小鼻のワキあたりは直接塗っても良いのですが、鼻の下など細かい部分の赤みが気になることもありますよね。

コンシーラーは広範囲に大量に使うとヨレやすいので、細かい部分は小さなブラシを使って少量置くようにすると塗りすぎません。
3amamifande

小鼻の赤みを隠すメイク動画

【小鼻の赤みを消す方法】

小鼻の赤みを隠すためのコンシーラー選び、コンシーラーをのせる場所、なじませ方が動画でわかりやすく紹介されています。

最後にスポンジで余分な油分をオフするのもポイントです。

スポンサードリンク

ニキビ跡を目立たせないファンデの気になる色選び

ニキビやニキビ跡のせいで肌が赤くなってしまうという方も多いでしょう。
ニキビの赤みをカバーするためにも、コントロールカラーやコンシーラーが有効です。
ベースメイクに使うアイテムを上手に選べば、ニキビ跡の赤みも自然に隠すことが出来ます。

まずはグリーン、ダメならイエローをプラス

赤の反対色がグリーンカラーなので、赤みにはグリーンのコントロールカラーが良いと言われることが多いです。

そのため、ニキビ跡の赤みにも基本的にはグリーンをプラスすればOK。

ですが、もし肌色が少し黄色っぽいタイプでグリーンが合わないという方は、イエロー系のコントロールカラーにチェンジしてみてください。

ファンデーションの色は手の甲に合わせる!

ニキビ跡の頑固な赤みを隠すには、少しトーンの暗い色でカバーしてから肌と近いカラーで仕上げると自然です。

自分の肌色に合うファンデーションよりも暗い色のファンデーションを用意しておきましょう。色選びの際は、手の甲の色に合わせると顔よりもワントーン暗いちょうど良い色になります。

程よい色のものが見つからない場合は、手持ちのファンデーションと混ぜたりして自分に合う色に調整してみてくださいね!

リキッドタイプのファンデーションなら赤みも凸凹も合わせてカバー!

ニキビ跡の赤みを隠したいときも、ファンデーションのタイプはリキッドがおすすめです。
リキッド系のファンデーションはカバー力・密着性が高いので、ニキビ跡の赤みと凸凹を両方隠すことが出来ます。

それでも隠せないニキビ跡はコンシーラーをプラス!

これだけでは隠れない、赤みが強いニキビ跡には更にコンシーラーをのせます。
コンシーラーは広く伸ばして使うのではなく、隠したいところにだけのせて、ポンポンとなじませるのが正しい使い方です。

隠したい部分にはしっかりのせて、周りを馴染ませるように使いましょう。

ニキビ肌の赤みを隠すメイク動画


主にニキビ肌の赤みを隠すベースメイクのテクニックが紹介されています。
大きくて赤いニキビもキレイにカバーしていく行程がわかりやすいです。

・肌よりもトーンの濃いファンデーションを気になる部分に優しく広げる
・しっかりカバーできるタイプのコンシーラーを、ニキビの上に筆でのせて、周りをなじませていく

メイクの前のスキンケアで、赤みを改善しよう!

ベースメイクが上手く出来るようになれば、ある程度いろいろな赤みを隠すことが出来るようになります。でも、メイクをしていないときは自分の顔の赤さにガッカリしてしまうかもしれません。

そもそも赤みがない肌になれたら、いつだってキレイな自分になって、もっと自信を持てるようになるはずです。

赤みを解消するためにはどんなことに注意したら良いのでしょうか?

赤みが出来る原因とは?

悩ましい肌の赤みを解消するためには、まず赤みの原因を知ることが必要です。顔が赤くなってしまうのはどんな理由があるのでしょうか?考えられるものを紹介します。

皮膚が薄い

皮膚の厚さは生まれつきで個人差もあれば、スキンケアや生活習慣によっても変わります。皮膚が薄いと毛細血管が浮き出て見えるので、顔が赤くなってしまいます。
また、皮膚が薄いと外からの刺激を受けやすいので、炎症によって赤くなってしまうことも多いです。

ニキビ、ニキビ跡

ニキビは毛穴の周辺が炎症している状態です、これを直そうとして毛細血管が集中して赤くなります。ひどいニキビになると肌の奥まで炎症してしまい、赤みが長引いたり色素沈着となったりするので、治った後もニキビ跡として赤くなってしまうことがあります。

間違ったスキンケア方法

洗顔やクレンジングで、肌をこすりすぎたり削ってしまうと肌が薄くなってバリア機能が衰えることがあります。ピーリングなどの角質ケアは、かえって角質層をはがしすぎてしまうこともあります。

⇒洗顔石鹸を使った顔の洗い方とピーリング洗顔石鹸の使い方

紫外線の刺激、アレルギー

赤みで気になる頬や鼻は、顔の中でも高くなっている部分ですので、外からの刺激を受けやすい部分です。肌が弱っていると紫外線の刺激を受けやすいですし、もともとアレルギー体質であれば赤くなってしまいやすいのです。日焼け止めを塗っていても、紫外線吸収剤の化学反応によってダメージを受けて赤くなることもあります。

赤みを解消するスキンケアのポイント

では、赤みを解消するためにはどんなケアが必要なのでしょうか?5つのポイントにまとめました。

炎症しているときはメイクはお休み

多少の赤みであれば、精神的なことからもメイクでカバーするのは悪いことではありません。

ですが、あまりにも赤みが強く、肌が弱っていると感じるときはメイクを止めて肌を休ませてあげることも必要です。

どうしてもメイクを休めないときは、ミネラルファンデーションなど肌に負担がかからないベースメイクをするなどして、出来るだけ刺激が少ない状態で過ごしましょう。

刺激を与えるスキンケアはしない!

使っているスキンケア化粧品が肌に合わないと、その刺激によって肌が赤くなってしまうことがあります。

乾燥も赤みの原因になるので、低刺激で保湿力のあるスキンケア化粧品に変えてみましょう。

クレンジングはオイルよりも刺激が少ないジェルやミルクにして、洗顔は固形石鹸を使ってこすらないように洗いましょう。

紫外線対策は低刺激のもので

紫外線による刺激で血管が拡張してしまうので、赤ら顔の方は日焼け止めを忘れないようにしましょう。

また、そもそも日焼け止めやベースメイクに含まれる成分の刺激で、肌が赤くなってしまうこともあります。

日焼け止めに使う化粧品は、刺激の少ない肌に優しいものを選ぶようにしてみましょう。
紫外線吸収剤を使っていない、ノンケミカルなものを使ってみてくださいね。

⇒日焼け止め効果が高いミネラルファンデーション3つ

食事の見直し

過剰な皮脂の分泌は炎症に繋がりやすいですので、油分の多い食事は赤ら顔の原因になることがあります。

ファストフードやお菓子、炭水化物ばかりなどの偏った食事は美肌の大敵です。
野菜や果物でビタミン、肉や魚、大豆食品でタンパク質を取り入れたバランスの良い食事が肌の調子を整えてくれます。

睡眠時間はしっかり確保

キレイで強い肌を作るには睡眠が欠かせません。

体の中の細胞を修復してくれるのは睡眠中ですので、肌を再生してくれるのもこの時間です。赤みだけではなく、ニキビや乾燥肌などあらゆる肌トラブルの改善にも睡眠が重要です。
特に肌の調子が悪いときは夜更かしせずに、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

赤みを解消するためのスキンケアは、どれも特別なことではありません。
あらゆる肌トラブルに共通するケアとも言えるので、まずは意識してチャレンジしてみてくださいね!

まとめ

これまで上手に赤みをカバーする方法がわからなくて困っていた方、参考になりましたか?

赤みのカバーはベースメイクアイテムの使い分けと色選び、塗り方を覚えれば難しいことではありません。

赤み対策のメイクを覚えると同時に、赤みのトラブルを解消するスキンケアや生活習慣にも注意してみてくださいね!

スポンサードリンク

PAGETOP