青汁の副作用と服用のリスク【まとめ】

青汁の副作用
健康ドリンクの青汁には、副作用や服用のリスクがあるという噂もちらほら。

健康になれる体に良いとされている青汁で、体を壊してしまう事は本当にあるのでしょうか?ネット上で青汁の副作用に関する気になる噂をまとめてみました。

以下で紹介する青汁の副作用に関する情報はすべて真実なのか?ということを医師、専門家に直接確認しておりません。

ですので、以下のケースに該当する方は、決してすべてを鵜呑みにせず担当医師に必ず確認を取ってください。それぞれの症状、身体の状態によって対策は変わってきます。

ただ、用心するのに越したことはありません。

情報を知らないで青汁を飲んでしまったがうえに、副作用で大変なことになってしまうことも100%ないとは言えません。

青汁の副作用に関して心配な方は一度、目を通していただければと思います。


もくじ

青汁の副作用のリスクが高いケース

元気で健康な時は、食事や生活習慣に気を付けた事がない人でも、1度病気を患ってしまうとこれまでの不摂生を改める方も多いですよね。

青汁は、病気の予防や改善にも効果があるのですが、疾患を抱えている方や薬を服用している方の中には、青汁の飲用を控えなければならない方もいます。

そのため、病院に通院・診察を受けている方や薬を処方されている方は、必ず主治医の方に青汁を飲んでも問題ないか確認してください。

青汁の飲用を考えている方は、副作用のリスクが高いと言われているケースをチェックしすることをおすすめします。

ワーファリンを服用中の方の副作用リスク

心臓や血管に病気がある方は、「ワーファリン」という薬を処方されることがあります。ワーファリンは、血液の塊である血栓ができるのを防ぐ薬で、抗凝固薬と呼ばれています。

このワーファリンを処方されている方は、血液の凝固作用を持つビタミンKを含んだ食材の摂取がNGとされています。

青汁には、ビタミンKが豊富に含まれているため、ワーファリンの効果が弱まってしまいます。

そのため、病気による症状を悪化させる危険性があるため、ワーファリンを服用中の方は青汁を飲むことは控えましょう。

腎臓に疾患を抱えている方の副作用リスク

腎臓に何らかの疾患を抱え、機能が低下している方は青汁を飲んではいけません。

特に、腎不全による人工透析を行っている方や重い腎臓病を患っている方は、青汁に含まれるカリウムの排出が上手くいきませんので、青汁を飲むことで重篤な副作用を引き起こすリスクがあります。

健康な方は、カリウムの適切な量の摂取は、体内の余分な塩分を排出して腎臓病を予防する効果が期待できますので、青汁の副作用を気にする必要はありません。

気を付けたい青汁の飲みすぎによる副作用

近頃は、美味しい青汁も沢山販売されていますので、飲みやすさから青汁を1日に何杯も飲んでいる方はいませんか?体に良い青汁なら、どんなに飲んでも良いという訳ではありません。

青汁は、栄養価に優れた健康ドリンクのため、1日に何杯も青汁を飲むことは、”栄養素の過剰摂取”を引き起こす原因となります。

過剰摂取をしても問題がない栄養成分もありますが、中にはビタミンAのように過剰摂取によって副作用を引き起こす成分もあるため、バランス良く補うことが大切です。

青汁の飲みすぎが思わぬ副作用をもたらす事もあるので、できるだけ1日の摂取目安量を守るようにしましょう。

青汁の飲みすぎによる下痢の副作用

青汁の飲みすぎによる副作用として、最も多いのが「下痢」の症状です。
青汁には、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の2種類があり、バランス良く摂取することで腸の動きを正常化させ、スムーズな排便を促すことができます。

青汁には、この2つの食物繊維が含まれていますので、便秘に悩まされている方は青汁を飲むことで便秘を解消することができます。

しかし、青汁の飲み過ぎによって不溶性食物繊維を摂取しすぎると、下痢を引き起こす原因となってしまいますので気を付けましょう。

ただし、青汁に含まれる水溶性の食物繊維は、下痢を改善する効果があります。青汁には”整腸作用”がありますので、1日に適量の青汁を飲むことは下痢の症状に悩まされやすい方にとってもおすすめです。

また、農薬を使用して栽培された野菜を原料としている青汁は、体に不要な成分であると反応する方もいますので、青汁で下痢の症状が現れやすい方は、「やずや養生青汁」のような無農薬で作られた体に優しい青汁を飲みましょう。

やずやの養生青汁

やずやの養生青汁の主原料「大麦若葉」は、農薬、化学肥料を使わずに栽培された大分県産の「六条大麦若葉」を使用しています。
https://www.yazuya.com/

青汁の過剰摂取がもたらす高カリウム血症

青汁の飲みすぎによる副作用として、下痢以上に気を付けたいのは「高カリウム血症」の症状です。

青汁は、「カリウム」というミネラル成分を豊富に含んでいます。カリウムには利尿作用があり、体の中の余分な水分を排出し、むくみを取る効果があります。

しかし、このカリウムを過剰摂取することは、腎臓に負担をかけカリウムが排出されず、血液の中に滞ってしまうようになります。特に、もともと腎臓が弱い方は高カリウム血症になりやすいため注意が必要です。

高カリウム血症は、手足のしびれ、嘔吐、不整脈、意識障害を起こして重篤な危険をもたらす事もあります。

青汁以外にも、カリウムを豊富に含む食材は沢山あるため、青汁を含めてカリウムの1日の摂取目安量は1日2000mg程度までとし、摂りすぎに気を付けましょう。

青汁の原料によっては尿路結石の引き金にも

青汁は、メーカーごとに使用されている原料が異なりますが、「ホウレンソウ、モロヘイヤ、小松菜」などには、”シュウ酸”という成分が多く含まれています。

シュウ酸の過剰摂取は、「尿路結石」の症状を引き起こします。尿路結石とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道などに結石ができる病気です。激しい痛み、血尿、吐き気などを伴います。

シュウ酸を過剰に摂取すると高シュウ酸尿症となり、カルシウムと結語津してシュウ酸カルシウム結石が形成されます。ビタミンCの過剰摂取も高シュウ酸尿症の原因となるため、ビタミンCを豊富に含む青汁を飲みすぎることは、尿路結石の引き金となりやすいため注意が必要です。

水分を多めに摂取し、尿の量と回数を増やすことで尿管中のシュウ酸・カルシウムを排出すれば、体内の濃度を低くし副作用のリスクを軽減させることが出来ます。そのため、青汁以外での水分摂取も忘れないようにしましょう。

ケールを原料とした青汁の副作用リスクとは?

アブラナ科のケールには、ビタミンやミネラルがバランスよく豊富に含まれていることから、青汁の主原料に使用されることが多い野菜です。

しかし、含有量が多い栄養価は、1日の摂取目安量を超えると、過剰摂取から副作用のリスクを伴う可能性が高まるため注意が必要です。

ケールに含まれる鉄分の過剰摂取による副作用

ケールには、「鉄分」が豊富に含まれています。

鉄分は、体の隅々に酸素を送り届けるために必要な栄養素で、細胞を活性化させるためには欠かすことができない重要な栄養素です。

また、鉄分不足は貧血を引き起こすため、女性の方は月経による貧血を予防するためにも、ケールを原料とする青汁を飲むことは非常におすすめです。

しかし、鉄分の過剰摂取は、胃腸障害による吐き気、嘔吐、下痢、さらには動脈硬化、肝臓障害、血色素症などの症状を引き起こす原因となります。

鉄中毒と呼ばれる重い症状があらわれるため、成人男性で10mg、成人女性で12mg程度の摂取量が目安となります。

ケールを原料とした青汁を摂取している方で、鉄分のサプリメントも服用している方は、過剰摂取に陥りやすいため、1日の摂取目安量を守るように気を付けましょう。

ケールに含まれるビタミンKの副作用

ケールには、「ビタミンK」という成分も豊富に含まれています。ビタミンKは、骨粗しょう症の予防にもなる栄養素で、基本的には病気の予防や健康維持に効果がある成分です。

しかし、ビタミンKには”血液凝固(止血)”の作用があることから、ワーファリンなどの薬を処方されている方はケールを原料とする青汁の飲用は、薬の作用を弱めてしまいます。

青汁、ケールに限らず、ワーファリンとビタミンKとの併用は禁忌されていますので、服用しないようにしましょう。

大麦若葉を原料とした青汁の副作用リスクとは?

大麦若葉は、イネ科の植物である大麦の若い葉の部分にあたります。

大麦と同様に栄養価が高く、青汁の原料によく使われています。ケール青汁と同様にビタミンKを含んでいるため、抗凝固薬のワーファリンを服用している方の摂取は、副作用のリスクがあるためNGです。

そのほかにも、大麦若葉の青汁を飲む際には、注意すべき副作用がありますのでチェックしておきましょう。

大麦若葉のアレルギーへの影響について

大麦若葉は、大麦である事から小麦粉アレルギーを持っている方は、大麦若葉によるアレルギー症状が気になるところですよね。

しかし、小麦粉アレルギーは、水などでこねた時に出る”グルテン”という物質に反応して起きる症状です。

そのため、基本的には大麦若葉の青汁では、小麦粉アレルギーの方でも問題なく摂取することが可能とされています。

ただし、必ずしも大麦若葉でアレルギー症状を引き起こす可能性がゼロという訳ではありませんので、小麦や大麦のアレルギーを抱えている方は、少量の摂取から始めてみましょう。

また、小麦粉アレルギーによって重篤な症状が出る恐れがある方は、大麦若葉を原料とした青汁は避け、他の野菜や植物を原料とした青汁を選ぶようにしてください。

妊娠中は気を付けたい大麦若葉のカフェイン

大麦若葉には、緑茶と同じ程度のカフェインが含まれています。そのため、妊娠中の方は大麦若葉の青汁を飲む際には注意が必要です。

妊娠中にカフェインを摂取することは、流産や早産などの原因に繋がります。1日にコーヒー1杯~2杯程度の量ならカフェインを摂取しても大丈夫ですが、過剰摂取は赤ちゃんに影響を与える副作用のリスクが大きくなりますので控えるようにしましょう。

大麦若葉の青汁に関しても、1日に1杯程度なら妊娠中でも摂取することが可能です。しかし、近頃はノンカフェインの大麦若葉の青汁もあり、カフェインの含有量がゼロの商品も販売されています。

大麦若葉には、妊娠中の女性に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、上手に青汁を活用すれば、母子ともに健康をもたらしてくれる栄養源となってくれます。

明日葉を原料とした青汁の副作用リスクとは?

明日葉を原料とした青汁は、デトックス作用が高いことから美容効果に優れているため、美肌やダイエットを目的とした青汁の活用に人気があります。

明日葉にもビタミンKが含まれていますので、ケールや大麦若葉の青汁と同様に、ワーファリンを服用している方の摂取はNGです。

そのほか、明日葉ならではの注意すべき副作用のリスクについてご紹介します。

明日葉に含まれる食物繊維の過剰摂取

明日葉の青汁は、ケールや大麦若葉と比べても食物繊維の含有量が多く、水溶性・不溶性どちらの食物繊維もバランス良く配合されているため、適切な量の摂取なら整腸作用を得ることができ、便秘・下痢解消の効果が高いのが特徴です。

しかし、過剰摂取をすれば「軟便、下痢、便秘」といった症状を引き起こしやすくなるため注意しましょう。

明日葉に含まれるβカロテンの過剰摂取

明日葉には、βカロテンが豊富に含まれているため過剰摂取に気を付けましょう。βカロテンは、体内で脂溶性のビタミンAに変わるため、過剰摂取をすることで体内に蓄積していきます。

ビタミンAの過剰摂取は、頭痛、吐き気、下痢などの副作用をもたらし、妊娠中の方は赤ちゃんに影響をおよぼす可能性があるため注意が必要です。

また、喫煙者の方がβカロテンを過剰に摂取することで「肺がん」になるリスクが高まります。

喫煙者の中には、喫煙によるビタミン不足を解消するために、青汁でビタミンを補う方もいますが、過剰に摂取をしても体にとっては逆効果となってしまいます。

明日葉のフロクマリンの作用による副作用

明日葉には、フロクマリンという成分が含まれています。フロクマリンは、セロリ、パセリ、レモン、ベルガモットなどハーブ系の植物に含まれていることが多い成分で、過剰摂取や皮膚に付着することで「光過敏症、皮膚炎」を引き起こします。

光過敏症は日光アレルギーとも呼ばれており、紫外線を浴びることで湿疹、かぶれ、水ぶくれなどの症状が現れる皮膚炎です。

明日葉青汁の粉末に触れても皮膚に炎症を引き起こすことはありませんが、フロクマリンを含む精油などは、使用後の紫外線に注意が必要とされています。

明日葉の青汁を過剰摂取をしない事が、フロクマリンの作用による副作用のリスクを軽減させることに繋がりますので、1日の摂取目安量を守りましょう。

頭痛薬の副作用に悩まされている方におすすめの青汁

疲労、ストレス、血行不良などが原因で「頭痛」の症状に悩まされる方が増えています。頭痛を引き起こす原因は色々とありますが、野菜不足も頭痛を引き起こす要因となります。

野菜不足が頭痛を引き起こす理由とは?

日頃、食生活が不規則で野菜が不足しがちな方は、必要な栄養素が補えず、体本来の機能が低下していきます。まず、野菜不足は食物繊維が足りず腸の働きが鈍くなります。

食物繊維が不足すると便秘になる事は知られていますが、頭痛も例外ではありません。便秘によって体に不要な毒素が溜まれば、血液と一緒に有害なガスが全身へと巡ります。

そして、自律神経が乱れて血液の流れも悪化し、頭痛が引き起こされやすくなります。

慢性的な頭痛に悩まされている方は、食生活の乱れが大きく関わっている事も多いため、生活改善を心がけることが頭痛改善への第一歩です。

青汁には、頭痛の痛みを緩和させる効果があるビタミンCが豊富に含まれています。

そして、腸の働きを活発にして自律神経を整える食物繊維、血行の流れを良くするビタミンEなども含まれていますので、頭痛の症状を改善するための栄養素がバランス良く摂取することができます。

頭痛改善に青汁を飲むメリット

頭痛の症状がひどい方は、市販の頭痛薬や病院で処方された痛み止めなどの薬を飲んでいるかと思います。しかし、頭痛の痛みを薬で和らげることは、一時的な対処法に過ぎません。

頭痛薬を飲んでも、痛みを取り除くだけで根本的な改善には至らないため、きちんと頭痛を治すなら野菜不足を解消するための食生活を身につける事が大切です。

しかし、1日に必要な野菜の量は350g以上とされています。サラダなど生野菜で1日350gを摂取することは大変な量となります。

また、忙しい日々で毎日料理をすることが難しい方にとっては、どうしても野菜が不足してしまいがちです。

そこで、野菜の栄養素が凝縮した青汁を活用することは、不足しがちな野菜の栄養を手軽に補うことができる方法となります。

頭痛の症状がある方は、家事もままならず寝込んでしまう事がありますので、体調が悪い時でも青汁なら気軽に飲むことができます。

さらに、頭痛薬は”プロスタグランジン”の生成を抑えて鎮静させていくのですが、このプロスタグランジンの生成が抑えられると胃の粘液分泌も減少します。

「胃腸障害」を引き起こす原因となるため、胃痛、吐き気、だるさ、そして眠気といった副作用のリスクがあります。

青汁を飲むことで頭痛薬の副作用のリスクを減らし、慢性化していた頭痛の症状を根本的に改善に導く効果が得られます。

薬を服用することで頭痛が起きるたびに薬が欠かせなくなり、常用化してしまう方も多いため、できるだけ薬に頼らず生活が送れるよう、体の内側から改善していくようにしましょう。

青汁のガン予防・抗ガン剤の副作用への効果

青汁の健康効果は多岐に渡りますが、「ガン」の予防にも青汁は有効な食品として知られています。

ガンは決して年配の方だけではなく、若い年代の方でも引き起こる可能性が高い病気です。遺伝的にガン化しやすい体質の方もいますが、多くは生活習慣が引き金となり発症するケースが多いため、青汁を取り入れてガンに負けない体を作りましょう。

青汁のガン予防の効果とは?

青汁には、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの栄養素がバランス良く配合されています。ビタミンA、B、C、Eにはガン化を抑制するための制ガン能があり、カルシウムやミネラルにはガンを誘発するガン原生物質の生成を防ぐ作用があります。

また、青汁に豊富に含まれる食物繊維にも、ガン原生物質を吸収して取り除く働きがあるため、青汁はガン予防だけではなく改善にも効果をもたらしてくれる優秀な食品です。

青汁の原料としても人気が高いケールや大麦若葉に含まれる苦み成分の「スルフォラフェン」には、ガン性物質を無毒化して体の外へと排出する作用があると考えられています。
毎日の食事の中に有効な成分を野菜などから補うことは難しいため、継続しやすい青汁を飲むことはガン予防に有効です。

抗がん剤の副作用は青汁で治る?

ガンと診断された方は、症状の進行によって治療を進めていきます。主なガンの治療法には、手術でガン細胞を取り除く方法、放射線療法、抗がん剤による薬物療法があります。

抗がん剤は副作用が大きく、症状には個人差がありますが、吐き気、嘔吐、脱毛、下痢、貧血、感染症などを引き起こし、ガンよりも怖いと言われています。

抗がん剤の副作用により体力を消耗し、容体を悪化させてしまう方も少なくありません。副作用がひどく、抗がん剤での治療をやめてしまう方もいるほどです。

青汁は、ガン予防に有効と言われていますが、抗がん剤の副作用を抑える効果があると言い切ることができません。

「食事療法」によってガンの進行を遅らせる効果はありますが、抗がん剤での治療中は味覚や臭覚が変化しやすいため、青汁が飲みづらいと感じる場合もあります。

そのため、不快に感じる時は無理をせず、摂取しやすい食事や飲み物を摂取して精神的な負担を減らす方を先決しましょう。

しかし、青汁には免疫細胞である「ナチュラルキラー細胞」を活性化させ、抗酸化成分がガンを予防する効果があります。手術や放射線治療を行った方は、正常な細胞を活性化させ自然治癒力を向上させる事が元気を取り戻すための有効な手段となります。

そのため、ガン治療中の方にも青汁を飲むことはおすすめです。そして、ガンを取り除くことが出来た方も、再発防止のために青汁を活用しましょう。

妊娠中の女性が青汁を飲む時の副作用のリスクとは?

妊娠中の女性は、赤ちゃんのためにも栄養バランスに優れた食事を取ることが必要です。
そのため、ビタミン、ミネラル、葉酸が豊富に含まれる青汁を飲むことは、妊娠中の女性におすすめです。

しかし、青汁にも色々な種類があり、妊娠中の女性は控えるべき製品もあります。副作用のリスクがある青汁を避けるためのポイントをご紹介します。

ノンカフェインの青汁

飲みやすさに特化した青汁の中には、緑茶や抹茶を配合した製品があります。お茶には「カフェイン」が含まれています。

カフェインには、中枢神経を興奮させる作用があり、不眠、緊張、呼吸の促進などが引き起こされます、また、血管収縮作用もあるため、早産や流産のリスクが高まるため摂取が控えられています。

青汁の原料である大麦若葉にも、少量ですがカフェインが含まれていますので、副作用のリスクを抑えるためには『ふるさと青汁』のような”ノンカフェイン青汁”を選ぶようにしましょう。

ふるさと青汁

ふるさと青汁に使われている主原料の明日葉は100%国産(八丈島)です。農薬・化学肥料に頼らない農法で栽培されています。
ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は以下をご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/

無添加で作られた青汁

飲みやすくするために甘味を加えた青汁の中には、「人口甘味料」が配合された製品もあります。

人口甘味料の原料として代表的なアスパルテームには、赤ちゃんの脳に影響を与える可能性があるため、健康な赤ちゃんを産むためには出来るだけ「無添加」の青汁を選びましょう。

ただし、人口甘味料以外にも、合成着色料、安定剤、保存料などの食品添加物がありますので、全てをゼロにした生活は困難のため、あまり敏感になりすぎてもストレスとなってしまいます。

ムリのない範囲で自分好みの安全な青汁を選びましょう。

無農薬・残留農薬ゼロの青汁

青汁の原料は野菜のため、育てられた環境によって品質が変わります。品質の高い青汁は「無農薬製法」によって残留農薬がゼロのため、妊娠中でも安心して飲むことができます。

また、放射能検査を済ませている野菜を使っているのか?という点も妊娠中の女性にとっては気になるポイントとなるため、どんな材料を使っているのか曖昧にさせず、きちんと成分表示を明確にしている青汁を選ぶようにしましょう。

※以上、青汁の副作用に関する関するネット上の噂をまとめました。冒頭にも書きましたが、上記で紹介した青汁の副作用に関する情報は真実なのか?医師や専門家に確認は取っていません。

該当する方、心配な方は、必ず担当の医師に確認してください。

スポンサードリンク

PAGETOP