青汁で便秘解消!効果的に飲む方法と選ぶべき青汁の種類

青汁は便秘解消に効く?青汁で余計に便秘がひどくなることも?スッキリしたい方が選ぶべき青汁と効果的な飲み方などを紹介します。
青汁で便秘解消


もくじ

★スッキリしたい方におすすめの「ふるさと青汁」
ふるさと青汁
今まで当サイトではたくさんの青汁を試しましたが朝にスポンっとスッキリしたい方は、まずふるさと青汁の詳細を確認してください。

ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は公式サイトをご覧ください。

青汁が便秘解消に効果がある理由とは?

成人が1日に必要とされる野菜の量は350gです。
忙しい現代人にとって、毎日この量の野菜を摂取することは難しく、野菜不足から「便秘」に悩まされる方が増えています。

ただ便秘ってどのくらいの状態のことを言うのでしょうか?

日本消化器学会に記載されている記事を少々引用しますね。

便秘とは、排便の回数が減ることです。排便の回数は人によっていろいろで1日 2~3回の人から2~3日に1回位の幅に広がっています。この幅からはずれている場合は一応異常かもしれないと考えますが、1日3~4回でもあるいは3~4日 に1回でもそれが長年の排便習慣で、全く苦痛がなければ便秘と考えなくてもよいでしょう。

日本消化器学会様より引用

排便の回数については個人差があるということですね。

・排便の回数、量が減った
・排便はあるがスッキリとしない
・便が硬く排便が困難である

こうした方は、野菜不足やストレスなどにより、「腸内環境」が乱れた状態となっています。

腸内環境の乱れを整えるためには、整腸作用を促す「善玉菌」が住みやすい体内環境に整えなければなりません。

しかし、毎日1日の摂取目安量である野菜の量を補うことは難しいため、「青汁」を飲むことで野菜不足を解消し、便秘改善へと繋げる健康習慣が注目されています。

青汁に含まれる便秘解消に効果のある成分

青汁には、便秘解消に効果が高い成分として「食物繊維」が豊富に含まれています。

青汁の原料として代表的な野菜であるケール、大麦若葉、明日葉などの緑葉野菜には、食物繊維が豊富に含まれており、腸内に溜まっている不要な老廃物を体の外へと排出する機能があります。

また、腸を刺激してぜんどう運動を促す作用もあり、不快感の元となっている便も、速やかに排出する働きがあるため、青汁を飲むことでしつこい便秘も解消される場合もあります。

さらに、便秘解消の重要な役割を持つ善玉菌を増やすためには、「オリゴ糖」の働きが効果的です。

腸内では、便秘の原因となる悪玉菌は簡単に増えてしまうのですが、善玉菌は増えにくく、継続的な腸内ケアが必要となります。

オリゴ糖は、野菜や果物にごくわずか含まれる成分のため、オリゴ糖が含まれる青汁を活用することをおすすめします。

オリゴ糖入りの青汁を飲むことで、腸内環境を整えて、便秘をしにくい体へと変化しますので、慢性便秘に悩む方にも青汁はおすすめです。

青汁で便秘になってしまう!?逆効果の理由とは?

青汁は、便秘解消に効果をもたらす健康ドリンクと言われていますが、青汁を飲んでも改善されず、逆にますます便秘の症状に悩まされる方がいます。

青汁は便秘解消に効果がない!飲んだら逆に便秘がひどくなってしまった!
そんな声をもとに、逆効果になってしまう理由を調べてみました。

食物繊維の種類

食物繊維は、腸内環境を整え、便秘を改善する効果がある栄養成分ですが、実は食物繊維は1種類ではなく、「水溶性・不溶性」の2種類が存在しますので、2つの食物繊維の働きの違いについて把握しておきましょう。

まず、水溶性食物繊維は、アボカド、オクラ、こんにゃくなど野菜や果物、海藻類の多くに含まれています。善玉菌を増やす働きがあり、脂肪分の吸収を防ぎ、コレステロールや中性脂肪の値を下げる効果があります。

不溶性食物繊維は、玄米、ごぼう、おからなど穀物や根菜類の多くに含まれています。
水に溶けにくい繊維質で、水分を保持して排便を促す作用があります。
また、発がん性物質など、腸内の有害物質を体外へと排出する働きを持っています。

青汁の飲むことで逆に便秘になってしまう方は、”不溶性食物繊維の摂りすぎ”とも言われています。

不溶性食物繊維は、水分を含まないため便が硬くなり、便秘に繋がってしまう事があるのです。そのため、便秘を解消するためには、2つの食物繊維をバランス良く摂取することが大切です。

青汁に含まれる食物繊維の種類は?

青汁に含まれる食物繊維の種類は、原料によっても異なります。
例えば、「ヨモギ」は不溶性食物繊維が多い食品の1つでもあり、ヨモギを原料とした青汁を飲む際には、不溶性食物繊維の摂りすぎや青汁の飲みすぎに気を付けなければなりません。

水溶性食物繊維を食事から摂取すると、バランス良く2種類の食物繊維が補えますが、原料を見て食物繊維の種類がどちらであるか?を確認する事で、効率良く便秘解消のための健康習慣を身につけることができます。

ただし、基本的には青汁に含まれる食物繊維は、2つの食物繊維がバランス良く配合されていますので、1日の摂取目安量を守れば、それほど気にする必要はありません。

ヘルスケア大学の記事によるとストレスや生活習慣の乱れにより「痙攣性便秘」の症状がある方は、食物繊維を摂取すると逆効果になる場合もあるので注意が必要らしいです。

★スッキリしたい方におすすめの「ふるさと青汁」
ふるさと青汁

ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は公式サイトをご覧ください。

ダイエット中の便秘に青汁を活用するメリット

ダイエット中に便秘の症状に悩まされる方は、痩せることよりも、まずは便秘を解消することを優先させましょう。便秘は、ダイエットの妨げとなります。効率良くダイエットを成功させるためにも、便秘のない健康な体を目指しましょう。

ダイエット中の便秘原因とは?

ダイエット中は、食事制限によって食事の摂取量が減りますので、便の量も減って便意が起きにくくなります。

また、排便を促すために必要な栄養素が不足し、便秘を引き起こしやすくします。

特に、間違った方法で過度な食事制限を行ってしまうと、便秘の症状が悪化しやすいため、特定の食品のみを摂取する”置き換えダイエット”などは、危険が潜んでいるため注意が必要です。

便が溜まっていると食べ物の消化を妨げ、必要な栄養素が吸収されません。

さらには、便秘により血液の循環も悪くなりますので、代謝が低下し、脂肪や糖質は吸収されてしまいます。

せっかくダイエットをしているのに、便秘になるだけで太りやすい体となってしまいますので、ダイエット中は便秘にならないための食生活を心がける事が大切です。

ダイエット中の便秘に青汁が良い理由

ダイエット中の便秘に「下剤」を使う方もいますが、下剤に頼り切ってしまう事は危険な行為です。下剤を使えば溜まっていた便が排出され、体重が減少するため”痩せた”という誤解を招きやすいのですが、下剤の乱用は腸の機能を低下させ、全身のむくみを引き起こして命の危険にさらしてしまう事もあるのです。

そのため、ダイエット中の便秘を防ぐためには、バランスの良い食生活を送る事が基本です。

しかし、カロリー、糖質、脂質、さらに食物繊維まで気にかけ、バランスの取れた食生活を継続させることは非常に困難です。

ダイエットを途中で諦め、挫折してしまうきっかけにも繋がるため、ストレスが積み重なるような無理な生活はおすすめできません。

そこで、ダイエット中に不足しがちな栄養素、便秘解消のための食物繊維が含まれている青汁は、ダイエット中でもカロリーを気にすることなく飲むことができます。

また、青汁には「酵素」が含まれていますので、脂肪燃焼を促進しダイエットをサポートする力もあります。

必要な栄養素が補えなければ美しく痩せることはできません。青汁を飲みながらダイエットを行えば、肌もイキイキと輝き、理想的な健康ボディが目指せます。ドリンクタイプの青汁なら、満腹感もあり食欲を抑えられ、ダイエットが捗りメリットが盛りだくさんです。

便秘を解消するための青汁の効果的な飲み方

青汁を飲んでも便秘が解消されないという方は、効果的な飲み方をしているのかチェックしましょう。摂取するタイミングと飲み方の注意点をご紹介します。

青汁を飲むベストなタイミング

青汁は、基本的には自分の好きな時間帯にいつでも飲む事が可能ですが、便秘解消のために効果的なタイミングは、食後ではなく「食前」に取るのがおすすめです。

満腹時よりも、空腹時に飲む方が栄養成分を吸収しやすくします。

食前に青汁を飲むことで、消化酵素の影響を受けることなく、食物繊維が腸のぜんどう運動を促進し、排便をスムーズにします。

また、青汁の飲むなら”朝と夜どちらが良い?”と悩まれる方もいますが、朝は「排出の時間」と言われており、夜よりも排泄の活動が活発になります。

そのため、朝の時間帯に青汁を飲むことで、消化・排便の機能が活発化しますので、便意がもよおしやすくなります。

ダイエット中の方は、食物繊維を摂取するタイミングとして、朝の時間帯が良いとされていますので、朝食に青汁を摂ることで、脂質や老廃物の排出を促進します。

血糖値の上昇も緩やかとなり、満腹中枢も刺激されますので、食べ過ぎ防止にも繋がりダイエット効果を高めることができます。

アメリカの研究によると、90人の被験者に対して1日に必要な食物繊維を朝食に取り入れたところ、昼食、夕食ともに食事の量が減り、食物繊維を取らなかった場合と比べて、1日の摂取カロリーが減ったという結果が出ました。

つまり、青汁を飲むベストなタイミングは、「朝食前」が良い赤と言えます。

食物繊維を豊富に含む青汁を朝食前にプラスすれば、食後に便意がもよおしてくる可能性が高いので、トイレを我慢してしまわないよう、時間に余裕のある生活を送りましょう。

便秘改善のために青汁を活用する時の注意点

便秘改善のために青汁を活用する方は、効果を高めるために「水分補給」をこまめに行いましょう。水分が不足すると便が硬くなってしまいます。

特に、不溶性食物繊維が豊富な青汁の場合、便が硬くなりやすいため、青汁を飲んでも便秘が改善されないといった悩みが増えてきます。

そのため、青汁とは別に水分補給を行うことが便秘改善に効果をもたらします。

ただし、便秘が頑固な方は、青汁を飲んでもすぐに効果が現れるとは限りません。下剤のような薬は、すぐに便意をもよおす事ができますが、青汁はあくまで食品となりますので、排便がスムーズになるまで時間がかかる事もあります。

青汁は、1度飲んで効果がないと諦めるのではなく、少なくとも1週間は続けてみましょう。

便秘に効く青汁を割って飲んで相乗効果を狙え!

便秘解消に効果があるとされている青汁ですが、しつこい頑固な便秘には、より青汁の効果を高めるために、相乗効果狙って様々な飲料と割って飲んでみましょう。

青汁+牛乳

青汁の手軽なアレンジレシピとして、青汁では定番となっている「牛乳」には、乳糖(ラクトース)やオリゴ糖が含まれています。

腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を抑える働きがありますので、腸内環境が整い、青汁の食物繊維も加わることで自然な排便を促します。

粉末タイプの青汁なら、水やお湯の変わりに牛乳を入れるだけで、青汁牛乳が作れます。
朝起きてから呑めば、「胃・結腸反射」の作用により、胃腸が活発に動き出し便意を感じやすくなります。

ただし、痙攣性便秘の方は、冷たい牛乳は逆効果になることがあるため、温めた牛乳でを割るようにしましょう。

また、牛乳を飲むとお腹を壊しやすいという方は、乳糖不耐症で乳糖が上手く分解できない体質の方となります。正常な便通ではないため、体に合わない方は控えましょう。

青汁+豆乳

豆乳には、オリゴ糖と呼ばれる成分が含まれています。
オリゴ糖は、善玉菌のエサとなる成分で、食物繊維と一緒に摂る事で、便秘解消への相乗効果をもたらします。

女性は、生理前に便秘に悩まされる方も多いのですが、生理前の便秘は黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌される事が主な原因です。

豆乳には、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと似た働きを持つ「イソフラボン」が含まれていますので、女性特有の便秘にも効果的です。

青汁+牛乳と同じように、水やお湯の変わりに豆乳を混ぜて飲みましょう。

牛乳ではお腹を壊してしまうという方も、豆乳ならお腹に優しいところも魅力的です。豆乳臭さが苦手な方は、調整豆乳を利用すると飲みやすくなります。

青汁+バナナ

バナナは、便秘解消効果の高い果物として有名です。
バナナにはオリゴ糖が含まれているほか、食物繊維が豊富に含まれています。

青汁にバナナをプラスすることで、飲みやすくなるため、便秘解消のドリンクとして是非ともトライして欲しいレシピです。

バナナを適度な大きさに輪切りにし、青汁と一緒にミキサーで混ぜ合わせましょう。粉末タイプの青汁の場合は、牛乳や豆乳と一緒にミキサーにかけると水分が加わり、まろやかな味わいで美味しく飲むことができます。

青汁+ヨーグルト+ハチミツ

言わずと知れた便秘解消に効果が高い食品として知られているヨーグルトには、善玉菌である乳酸菌が含まれています。

ヨーグルトに青汁の粉末をよく混ぜ合わせると、目にも爽やかなグリーンヨーグルトが完成します。

仕上げにハチミツをかけて甘味をプラスすれば、青汁がデザートのように美味しく摂取できるうえ、便秘にもバッチリ効果を高めることができます。

ハチミツは栄養価の高い食品です。
整腸作用があるほか、疲労回復や不眠症の改善にも効果をもたらしてくれますので、産後の便秘に悩んでいる方にもおすすめのレシピです。

さらに、お好みでバナナやリンゴなどのフルーツを入れれば、美味しさ、便秘改善だけではなく、美肌力アップへと繋がります。

その他、青汁製品自体に、乳酸菌やオリゴ糖が配合されているものもあり、便秘解消にはおすすめです。
弊社運営サイトの青汁部でオリゴ糖や乳酸菌が配合されている青汁を紹介しています。
青汁の便秘解消効果!食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖が豊富な青汁は?
食物繊維の量が豊富な青汁も紹介していますので、青汁で便秘解消したい方は参考にしてみてください。
また、青汁で便秘解消したほうが良いのか?それとも便秘薬を使ったほうがいいのか?というコンテンツも紹介しています。
青汁vs便秘薬 あなたはどっちに向いている?
なるべく薬には頼りたくないですが、ケースによっては青汁ではなく便秘薬を飲んだ方が良いときがあるようですね。

★他の食材に混ぜるなら「ふるさと青汁」
ふるさと青汁

便秘解消の為、牛乳やヨーグルト、豆乳などに混ぜる青汁でオススメなのがふるさと青汁です。クセがなくおいしいし、スッキリ効果GOODです。

どの商品がいい?便秘解消に効果のあるおすすめ青汁

青汁には色々な種類があります。各メーカーで販売されている商品は、原料が異なりますので、特化すべき効能もそれぞれです。

多くの青汁製品は、食物繊維を含む緑葉野菜を原料としていますので、便秘を改善する効果が期待できますが、効率良く便秘解消するなら、それに特化した原料が配合された商品を選びましょう。

便秘に効く青汁の見極め方

便秘に効く青汁を見極める際には、成分表をチェックして食物繊維の量がどれくらい入っているのか?を確認しましょう。

1日に必要な食物繊維の摂取目安量は、男性が19g以上、女性が17g以上とされています。しかし、実際に食事から補える食物繊維の平均的な摂取量は、約12g前後と言われていますので、便秘解消に効果のある食物繊維は、多くの人が不足しがちな栄養素です。

次に、食物繊維以外の成分に注目してみましょう。

食物繊維を摂取しても便秘が改善されないという方は、腸内環境が乱れて悪玉菌が増えている可能性があります。

青汁には、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす「オリゴ糖」が含まれている製品があります。

オリゴ糖は、食物繊維の働きを助けてくれますので、頑固な便秘に悩む方でも改善の効果が期待できます。

子供の便秘解消に青汁を活用するコツ

子供の便秘に悩んでいるママは、食物繊維が豊富な青汁を上手に活用しましょう。
小さなお子さんにとっては、青汁は美味しくないと言われてしまうかもしれませんが、活用方法のコツをご紹介します。

子供の便秘原因と青汁のメリット

子供が便秘になってしまう原因は、主に生活習慣と食生活に問題がある事が考えられます。
腸内環境が乱れてしまうと便秘を繰り返しますので、まずは規則正しい生活習慣と食事の改善が便秘改善への第1歩です。

しかし、好き嫌いが多いお子さんの場合、なかなか野菜を食べてくれないといった悩みを抱える方もいますよね。野菜から補える「食物繊維」の働きは、排便を促すための重要な成分です。

大人が飲むイメージが強い青汁ですが、近頃は飲みやすい商品が増えてきた事から、お子さんを含めた家族全員が、青汁生活を送る家庭が増えてきています。

青汁なら、手軽にバランスの良い栄養素が補え、腸内環境の乱れを整える働きがあるため、快適な便通をもたらしてくれます。

ただし、食事や生活習慣を改善しても、子供の便秘が慢性的に続く場合、病気の疑いもありますので、病院で診察を受けましょう。

子供に青汁を飲ませるコツ

せっかく青汁を買っても子供が飲んでくれなければ意味がありません。

野菜嫌いのお子さんの場合、飲みやすい青汁として販売されている製品でも、香りや味が苦手な可能性があります。

見た目も深いグリーンカラーをしていますので、残念ながらお子さんが好むような色をしていません。

そんな時は、粉末の青汁パウダーを使ってオリジナルレシピを作りましょう。

パウダー状の青汁なら、普段の料理に混ぜるだけで、小さなお子さんでも青汁を無理なく摂取することができます。

例えば、オムライス、パンケーキ、カレーなど、お子さんが好きな料理に混ぜれば、あれこれと野菜を加えなくても、食物繊維たっぷりの料理を食べさせることができます。忙しいママにとっても手軽に食事を改善できる方法なので、青汁を使って子供の便秘を解消させましょう。

※えがおの青汁でパンケーキを作ってみました♪
⇒えがおの青汁を色々なレシピで試してみた評価・レビュー

青汁で便秘を解消すると得られる健康効果

便秘は、多くの人が1度は経験がした事のある症状ですが、慢性的に続く人は、たかが便秘と思わず、できるだけ早い段階で改善するための対処法を取りましょう。

便秘が引き起こす体調不良

便秘が続けば、さまざまな体の不調へと繋がります。

・肌荒れ
・イライラ、無気力
・食欲不振
・肥満
・痔
・大腸の病気

便秘は、肌荒れや肥満へと繋がりますので、美容面でも大きな影響を及ぼします。

また、精神面や体への影響も大きく、便秘を放置しておくと「腸閉塞」や「大腸がん」といった恐ろしい病気を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

便秘だけじゃない!青汁の健康メリット

便秘を解消するためには、色々な方法がありますが、青汁を活用すると便秘以外にも健康面でのメリットが高いことをご存じでしょうか?

 

青汁を飲むことで、便秘が改善できる主な理由は「食物繊維」による力です。

食物繊維を摂取することは、排便を促すための作用のほかにも、コレステロール値の低下作用、糖質の吸収抑制作用、糖尿病、高血圧、肥満など、生活習慣病予防への効果もあるのです。

また、青汁にはビタミン群やミネラルも豊富に含まれていますので、毎日1杯飲むだけで、体の免疫力を高めることができます。

免疫力が上がれば、「風邪」や「アレルギー」にも強い体を作ることができ、身近な病気の症状の改善にも効果が期待できます。

生活習慣病は、動脈硬化や脳死卒中といった死に繋がる病気にも直結していますので、未然に防ぐための食生活を心がけることは重要です。

しかし、忙しい日々を送る人達にとっては、毎日の食事をバランス良く摂取することは難しいため、青汁を活用することは非常に有効な健康習慣と言えます。

便秘の症状は、健康が損なわれ始めているサインでもあります。
早めのケアで健康・美容を維持しましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP