アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ【宮古島】に宿泊してきた


アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ【宮古島】に宿泊してきた
宮古島の美しい海に面した、約100万坪の広大な敷地を有するシギラリゾ―ト。

その中には、ラグジュアリーな最高級プライベートヴィラから、暮らすように過ごす長期ステイ用ホテルまで様々な宿泊施設に、オールジャンルのレストラン、ゴルフ場、ビーチ、チャペルといった多種多様な施設を有しています。

今回の女子リキ・沖縄女子旅では、宮古島シギラリゾートにあるプライベートヴィラ「アマランダ インギャーコーラルヴィレッジ」に宿泊してきました。

女子旅やファミリー・グループ滞在にピッタリなこのヴィラについて詳しくお伝えいたします!

スポンサードリンク

 


もくじ

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジとは

002_allamanda_ingya
今回宿泊した「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」がある「シギラリゾート」は、宮古島の南の海岸線に沿って広がっています。

その敷地の一番東、自然の造形が作り上げた海浜公園「インギャーマリンガーデン」のすぐ隣に建つのが「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」です。
003_allamanda_ingya
「シギラリゾート」と一口にいっても、2018年12月現在6つの宿泊施設があり、そのうちで「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」は、オールインクルーシブの最上級プライベートヴィラである「ザ シギラ」、全室スイートのプライベートホテル「シギラベイサイドスイート アラマンダ」に続くホテルです。
004_allamanda_ingya
敷地には1棟に4室ずつ、合計18棟72室の客室が点在しており、客室の広さは室内55平米(ロフトつき)+テラス10平米と、通常のホテルよりもかなりゆとりのあるサイズです。
グループやファミリーでの滞在におすすめのヴィラとなっています。
004_2_allamanda_ingya
※提供:アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ

ちなみにホテル名の「アラマンダ」とは、日本名「アリアケカズラ」ともいうこちらの黄色い花のこと。

ハイビスカスと共にリゾート内を鮮やかに彩る花で、そこかしこで見ることができますよ。
花言葉は「恋に落ちる前」―何ともロマンティックですね。

スポンサードリンク

 

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジへのアクセス

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジは、宮古島の南側に広大な敷地を有するシギラリゾートの一番左端にあります。
005_allamanda_ingya
インギャーマリンガーデン」の手前にある看板を右に曲がって海側に降りていきます。

フロント棟手前の駐車場が満車の場合は、200mほど手前の第二駐車場の利用が必要になる場合も。
006_allamanda_ingya
レンタカーを利用されない方は、空港-ホテル間の無料送迎バス(予約制)がありますので、あらかじめ予約をしておくか、到着ロビーで問い合わせしてみてください。

また、広大なシギラリゾートでは、各施設間を結ぶ送迎バスがありますので、運転しないメンバーでも、安心してリゾートの各レストランやアクティビティーを満喫できますよ。

スポンサードリンク

 

プライベート感満載!アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジを探検!

それでは、「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」に実際に宿泊してみたレポートをお届けします!

フロント棟にはレストラン・ショップ・アクティビティーデスクにレンタルショップも

007_allamanda_ingya
まずはフロント棟でチェックイン。
008_allamanda_ingya
カウンターではなく、奥のレストランスペースのテーブルで、座ってゆったりとチェックイン手続きと、施設の解説を行ってくれます。

おしぼりにも「アラマンダ」の刺繍があるのはさすが。一緒に出されたシークワーサージュースも琉球ガラスのグラスに入っていて、リゾート気分を最初から味わうことができます。
009_allamanda_ingya
フロント棟には、お土産やマリングッズ、軽食やドリンクが揃う売店がありますが、営業は夜10時まで。ヴィラ内に1人1本のミネラルウォーターがサービスで配布されていますが、コンビニや自動販売機が施設内にはありませんので、必要な方は事前に飲み物を仕入れておきましょう。
010_allamanda_ingya
マリングッズは買うほどでも……という方にはレンタルショップも。アクティビティーは人気のものは予約時に申し込んでおくのが鉄則ですが、ここにきて「やってみたい」と思った場合は、こちらで空き状況を確認してみてくださいね。

010_2_allamanda_ingya
また、プールサイドでのんびりしたいという方には、プールがフロント棟の前に。こちらは日の出~日の入りまでの利用となっています。

インギャーマリンガーデンやシギラビーチで海を楽しんだ後にプールへという方は、一度シャワーを浴びてから入ってくださいね。

レストランやビーチなど、車を使わずにリゾート内の他の施設に行きたい場合、お酒を飲みたい場合などは、事前に送迎バス(無料)を予約しておきましょう。

リゾート内バスは1時間に2本あり、17:00までは毎時0分・30分発/17:00以降は毎時20・50分発となります。

戻りは、施設ごとにバスの発着時間が替わるので、行った先で確認してみてくださいね。

スポンサードリンク

 

ヴィラの中は広々!2ベッドルームにジャグジーやロフトも!

011_allamanda_ingya
チェックインが終わったら、お部屋へご案内です。
ヴィラのある区画は同じような建物が並びますので、自分の部屋番号を覚えておいてください。ところどころに地図があるのでそちらで確認することもできますよ。
012_allamanda_ingya
玄関はこんな感じで、部屋ごとに区切られています。
013_allamanda_ingya
中に入ると驚くのが天井の高さ。
左側の階段はロフトルームに続いているので、通常のお部屋よりも開放感を感じます。
014_allamanda_ingya
中央にソファが置かれたリビングルームのほかに、ハリウッドツインベッドが置かれたマスターベッドルーム。
015_allamanda_ingya
ベッドルームはリビングルームの横にもしつらえられており、こちらもハリウッドツインタイプ。2つのベッドルームで4人までゆったり眠ることができます。

もちろん、それぞれのベッドルームにはエアコンがついていますので、快適な温度で睡眠をとることが可能。
016_allamanda_ingya
リビングルームの中央には、ここでもお昼寝ができそうな大きなソファ。すぐそばの棚には、コーヒーマシンをはじめとしたお茶セットや、施設案内・備品貸出機能も備えた案内タブレットなど、こだわりの備品が並びます。
017_allamanda_ingya
階段を登るとロフトルームにつながっており、
018_allamanda_ingya
屋根裏部屋の秘密基地といった風情のロフトは、ちょっとヨガやストレッチをしたり、おしゃべりを楽しんだりといろいろな使い方ができそうなスペース。
019_allamanda_ingya
安心できるセキュリティボックスもついたクローゼットには、洋服をかけるハンガーもたくさん。
020_allamanda_ingya
電子レンジに
021_allamanda_ingya
フリーザーもたっぷりな大型冷蔵庫があり、こちらで持ち込んだものを保存したり温めて食べたりすることも出来ちゃいます。
023_allamanda_ingya
ソファの側から見たバルコニー方面。センターのテーブルの両端にあるクッションは座り心地抜群で、ソファとはまた異なる寛ぎスペースです。

ベッドルームが見えていますが、こちらはガラス戸にカーテンがあるので、眠る場合は閉めてプライバシー確保もできますし、日中は開けて、ベッドルームの窓から入る陽の光を取り入れることもできるようになっています。
024_allamanda_ingya
リビングルームの向こう側には、半屋外のテラス。こちらでゆったりとティータイムを過ごすのも素敵ですね。
025_allamanda_ingya
バスルームを見ていきましょう。
アメニティが揃っている洗面所の隣にはドラム式洗濯乾燥機があり、先ほどの電子レンジや大型冷蔵庫と相まって中小着滞在にも対応。海遊びをする際には特に重宝します。物干しも別途用意されています。
026_allamanda_ingya
歯ブラシ、ボディタオル、美容液、コットン、綿棒、カミソリといったアメニティも充実。
027_allamanda_ingya
固形石鹸はACCA PACCA。天然成分にこだわった贅沢な製品は、世界中のヘアスタイリストが愛し、エアラインのファーストクラスやフォーシーズンズホテル、パークハイアット、グランドハイアットなどの一流ホテルでも使用されているイタリアのナチュラルブランドです。
028_allamanda_ingya
洗面所の隣にはシャワーブースが。
こちらは天井からのヘッドシャワーとハンドシャワーが切り替えできるようになっています。
029_allamanda_ingya
固形石鹸に引き続き、こちらのシャンプー・コンディショナー・シャワージェルもACCA PACCA。素敵な香りに包まれて、贅沢な気分でバスタイムが過ごせそうです。
030_allamanda_ingya
贅沢なバスタイムといえば、シャワールームの隣にはジャグジーがあるのです!
ジャグジーは半屋外の開放的な造りになっていますので、水着を着るか、ロールカーテンをおろして入りましょう。
031_allamanda_ingya
カジュアルなインテリアでリラックス仕様。高い天井やたくさんの窓から入る光で明るく開放的な雰囲気のアマランダ インギャーコーラルヴィレッジ。

ロフトやテラス、ジャグジーなど普通のホテルにはない楽しみのあるヴィラです。

個室なので階下や階上の方の音を気にする必要もなく、4名まで自宅のように寛げる空間。
洗濯機や冷蔵庫など設備も充実しているので、暮らすように滞在することができます。
女子旅やファミリー、グループ旅行をとても快適に過ごすことができるでしょう。

スポンサードリンク

 

食事も楽しみ!シギラリゾート内レストラン

032_allamanda_ingya
アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジには、ブッフェレストラン「コーラルブルー」がありますが、シギラリゾート内にはほかにもレストランがたくさん!

https://www.nanseirakuen.com/restaurants/index.html

自分でレンタカーを運転、もしくはリゾート内の無料巡回バスを利用してぜひ出かけてみてください。人気レストランは早々に満席になってしまうので、こちらもホテル予約と共にレストランに予約を入れて置くことをおすすめします。
033_allamanda_ingya
今一番のおすすめは、オールディーズライブ&ダイニングバー“ファンキーフラミンゴ”。
誰もが知っている、アメリカンオ-ルディーズの名曲の生演奏ライブが楽しめるお店です。
ライブステージは1日3回。食事の前後に気軽に立ち寄ることもできます。

ステージかぶり付きで踊り出すのもアリ!な、陽気なパフォーマンスをぜひ味わって。

■ファンキーフラミンゴ
TEL:0980-74-7174 (+81-980-74-7174)
営業時間:18:00〜23:00 (Food L.O. 22:00 / Drink L.O. 22:30)
席数:店内246席
定休日:毎週月曜
チャージ:ミュージックチャージ 2,500円
※12月26日より料金改定:大人1500円、未成年500円
※演奏終了後、22時以降は無料
https://funkyflamingo.jp/

034_allamanda_ingya
アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジの朝食は、ブッフェで好きなだけいただけます。
和食・洋食がそろったメニューに、たっぷりのお野菜とフルーツ。デザートも盛りだくさんで、アイスクリームも種類が豊富です。

プールを臨むリゾート感満載の席でゆったりといただきましょう。
036_allamanda_ingya
しっかりとお野菜を取りたいヘルシー派の和食はこんな感じ。具だくさんのお味噌汁に、ゴーヤーのお漬物や、オクラの胡麻和えなど沖縄らしい副菜も。

shigirasyusei001
たっぷり朝から楽しみたい洋食派の朝食はこんな感じ?朝からパスタやグラタン、目の前で作ってくれるローストビーフのサンドウィッチなど、ボリューム満点に盛り付けて。

035_allamanda_ingya
お好きなものを好きなだけ楽しめる、「コーラルブルー」で、朝のエネルギーチャージも完璧です。

■レストラン コーラルブルー
TEL:0980-77-8200
営業時間:
朝食(07:00~10:00)軽食(12:00~15:00)※12月まで夕食(17:00~21:00)
店内 120席、テラス 24席
https://www.nanseirakuen.com/icv/restaurant.html

スポンサードリンク

 

インギャーマリンガーデンまで足を延ばして

037_allamanda_ingya
天然の入り江、インギャーマリンガーデンが織りなす美しい海の光景に隣接する、アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ。せっかくですからインギャーマリンガーデンまで足を延ばしてみましょう。

片道10~15分程度のお散歩コースとなっています。
038_allamanda_ingya
朝食後はあまり人気がないので散歩におすすめタイム。
途中にあるこんなビーチも独り占めできちゃいます。
途中は日よけなどがないので、紫外線防止対策はしっかりとしてくださいね。

039_allamanda_ingya
さらに足を延ばして高台を登れば、インギャーマリンガーデンを一望できるベストスポットに。青い海とサンゴ礁の素晴らしい光景を臨むことができます。

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジから歩いて行くのではなく、車に乗ってインギャーマリンガーデンにアクセスすることも可能。マリンガーデンには無料の駐車場もありますので、そちらに停めてシュノーケリングなど楽しむことができますよ。

スポンサードリンク

 

シギラリゾート内を楽しんでみましょう!

040_allamanda_ingya
シギラリゾート内には、レストランやホテルのほかにも施設がたくさん!

まずその全貌を見ることができるのがコチラ。ザ・ シギラリフト「オーシャンスカイ」です。

普通のリフトは下から上に登りますが、こちらは上からシギラビーチへ向かって下りる風景を主に楽しむリフト。海に向かって降りる迫力の絶景が臨めます。

緑豊かな自然に囲まれたゴルフコース「シギラベイカントリー」の上を通り、ビーチへと続くリフトです。

■ザ・ シギラリフト「オーシャンスカイ」
営業時間:通常10:00~18:00花火のある日のみ21時まで開催
・天候や催事により運休になる場合があります。
運休日程: 2018年12月7日 2019年 1月11日、2月5日~7日、3月4日~14日
料金:片道¥500、往復¥800、3歳未満 無料

041_allamanda_ingya
リフトを降りた先はシギラビーチ。サンゴ礁と熱帯魚、ウミガメにも会える。宮古島内でも絶好のシュノーケリングスポットの1つです。

営業期間は毎年の海開きから11月末あたりまで。宮古島の海開きは3月下旬~4月上旬なので、半年間は泳ぐことができます。
042_allamanda_ingya
また、ビーチに設けられたカバナは、3~10月までのシーズン中にリゾート気分を満喫できるプライベートスペース。泳がなくてもここでのんびりしていたい場所です。
043_allamanda_ingya
シーズン中にはショッピングもできるビーチハウスや、フードコートも利用可能。
海での一日を思い思いに過ごしてみてくださいね!

■シギラビーチ
電話:0980-76-3008
営業期間 :3月下旬~11月下旬
シギラビーチ営業時間 9:00~17:00(7月-9月 18:00まで)
シャワールーム 男女各2ブース/シャンプー、ボディーソープ無料利用可
ロッカー 男女 各25個
駐車場 完備(無料)
https://www.nanseirakuen.com/activity/shigiraBeach.html

044_allamanda_ingya
※提供:アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ

シギラリゾートに週末宿泊の際は、ぜひ見てほしいのが、シギラフィールドハウス前で毎週土曜日に行われるプロジェクションマッピングのショー、「シギラウォーターイリュージョン」。水と音と光のアートが宮古島の自然をスクリーンに映し出します。

上映時間に合わせて送迎バスが出ますので、予約必須ですよ。

■シギラウォーターイリュージョン
問い合わせ:0980-74-7206
上演時間:20:00~(約15分)
場所:シギラフィールドハウス
https://www.nanseirakuen.com/activity/swi.html

045_allamanda_ingya
※提供:アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ

また、隔週土曜日に開催されるシギラ花火は、シギラリゾート宿泊者以外でも楽しめる無料イベント。花火なので、その場所に行かなくても近隣で観覧可能。

開催日に宮古島に滞在していたらぜひ足を延ばしたいですね。年越しは31日24:00よりカウントダウンと共に盛大に花火が打ちあがりますよ。

■シギラ花火
場所:シギラビーチ周辺
https://www.nanseirakuen.com/activity/hanabi.html
2018年開催日:12月01日(土)・15日(土)・23日(日)・24日(月)・29日(土)・31日(月)
通常 20:30~ 約6分間 12月31日(月)大晦日のみ 24:00~

046_allamanda_ingya
ひとくちに「シギラリゾート」といっても、とても広いので、用途に合わせた様々な宿泊施設を揃えています。

今回ご紹介した「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」は、個別のヴィラなので、プライベート感満載。

女子旅やファミリー・グループの滞在にうってつけです。シギラリゾートデビューにもおすすめ。

何度滞在しても新しい発見がある、宮古島・シギラリゾートへぜひ出かけてみませんか。

■アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ 基本情報

〒906-0000 沖縄県宮古島市城辺友利542
Google Map
TEL:0120-153-070
公式WEBサイト
Facebook
Instagram
スポンサードリンク

PAGETOP