ザ・リッツ・カールトン大阪 「ザ・ロビーラウンジ」アフタヌーンティー 口コミ


ザ・リッツ・カールトン大阪 「ザ・ロビーラウンジ」アフタヌーンティー 口コミ
今回のアフタヌーンティーレビューは、“ザ・リッツ・カールトン大阪”の「ザ・ロビーラウンジ」です。

18世紀のジョージアンスタイルをコンセプトとした、貴族の邸宅のようなクラシカルでゴージャスな空間で、ドイツの高級ブランド「エスカーダ」とコラボした大人の女性向けアフタヌーンティーをいただいてきました。

スポンサードリンク

 


もくじ

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」

002_the_ritz-carlton_osaka

ザ・リッツ・カールトン大阪でアフタヌーンティーをいただけるのは、ホテル1階の「ザ・ロビーラウンジ」。この項では、ザ・リッツ・カールトン大阪へのアクセスと、アフタヌーンティーをいただく「ザ・ロビーラウンジ」についてご紹介いたします。

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」へのアクセス

ザ・リッツ・カールトン大阪は西梅田に1997年に開業。

日本で初めてのザ・リッツ・カールトンブランドのホテルであり、ミシュランガイドでパビリオンマーク5つを獲得している日本でもトップクラスの高級ホテルです。

003_the_ritz-carlton_osaka※ザ・リッツ・カールトン大阪提供

ザ・リッツ・カールトン大阪の最寄り駅は、阪神「梅田駅」もしくは地下鉄四つ橋線「西梅田駅」(徒歩5分程度)となりますが、大阪の中心地である梅田・JR大阪駅に乗り入れしている以下の各線からもアクセス可能です。

JR「大阪駅」桜橋出口より 徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」西改札口より 徒歩約7分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札口より 徒歩約10分
地下鉄谷町線「東梅田駅」北西改札口より 徒歩約12分
阪急「梅田駅」中央改札口より 徒歩約15分

004_the_ritz-carlton_osaka

地上からアクセスする場合は、大阪駅前西から福島方面に向かって真っすぐ歩くとザ・リッツ・カールトン大阪の案内がありますので、その通りに進みます。(向かい側に大阪モード学園・梅田ダイビル・明治安田生命ビルなどがある通りです)
ハービスOSAKAの建物の西側にザ・リッツ・カールトン大阪の1階エントランスがあります。

地下からのアクセスの場合は、ハービスプラザ方面を目指し、レストラン街を抜けた先です。

と書くと簡単ですが、大阪・梅田の地下街は、上記の通り各線の乗り入れがあることと、開発によってどんどん増えるショッピングビルやオフィスビルが旧来の地下街とそれぞれが繋がって複雑化。別名「梅田ダンジョン」「迷宮」とも言われるほど初めての方にとっては難易度が高い地下街となっています。

降りた駅とその出口によっては、迷ってしまうかもしれません、まずは案内表示に従ってザ・リッツ・カールトン大阪方面もしくはハービスプラザ方面を目指します。
ハービスプラザの案内表示がない場合は、最寄り駅のある阪神「梅田駅」もしくは地下鉄四つ橋線「西梅田駅」へ向かいましょう。

ホテルWEBサイトにあるアクセスマップがわかりやすいので、参考にしてください。

005_the_ritz-carlton_osaka
ザ・リッツ・カールトン大阪の中に入ると、外のオフィス街とはまるで違う重厚な雰囲気に包まれた世界がお出迎え。

006_the_ritz-carlton_osaka
「ザ・ロビーラウンジ」は1階です。ホテル内はその雰囲気を壊さないようになのか、案内表示などが最小限になっているので、場所がわかりにくいかもしれません。スタッフの方に聞いてみてくださいね。

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」の紹介

007_the_ritz-carlton_osaka※ザ・リッツカールトン大阪より提供

まるでお城の中のサロンのような、ザ・リッツ・カールトン大阪の「ザ・ロビーラウンジ」。
窓はなく、ほんのりとした間接照明が燈されていて、落ち着いた雰囲気です。

「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティーについては、特にドレスコードは設けられていませんが、この空間に似合うお洒落を楽しむ方々も多く、せっかくなのでドレスアップしてお出かけしたほうがより楽しめそうと思いました。

008_the_ritz-carlton_osaka
ラウンジ内にはグランドピアノもあり、クラシックやジャスの生演奏が行われています。(火曜日を除く毎日)
午前11時から午後4時半までのアフタヌーンタイムは、カバーチャージなしで楽しむことができますよ。

演奏スケジュールはこちらの通り。
アフタヌーンティーが供される時間は、30分おきに演奏していますので、アフタヌーンティーのBGMがクラシック生演奏という優雅なひと時を堪能してくださいね。

009_the_ritz-carlton_osaka
ザ・ロビーラウンジの営業時間は、
・平日は午前11時から
・土日祝日は9時30分から

となっています。
ザ・リッツ・カールトン大阪のアフタヌーンティーは「アフタヌーン」とついていますが、午前11時より午後7時までの提供です。

アフタヌーンティーのメニュー内容は2つ
・アフタヌーンティー(4900円~)
・ザ・リッツ・カールトン シグネチャー アフタヌーンティー(7500円 上記のアフタヌーンティーにシャンパンとスペシャルギフトがついたもの)

季節ごとに内容変更します。今回いただいたのは後者のアフタヌーンティーセットです。

他にも、ランチやディナー、スコーンやケーキセット、サラダやサンドイッチ、ビーフカレーなどの軽食がいただけます。

ザ・リッツ・カールトン大阪のザ・ロビーラウンジの予約ですが、毎日午後5時までの時間帯は、お料理またはアフタヌーンティーなどのセットメニューをあらかじめ注文する場合のみ予約が可能です。

ザ・リッツ・カールトン大阪のザ・ロビーラウンジのアフタヌーンティーは、レストランのスイーツブッフェと並んで大阪でも人気のセットなので、ぜひ事前に予約してから訪れてくださいね。

010_the_ritz-carlton_osaka
今回はこちらのソファの席をリザーブいただきました。

ゆったりとしたティータイムが過ごせそうな、落ち着いた雰囲気です。テーブルの上に一輪のバラの花が飾られているのも何ともロマンティック。
もちろんソファの座り心地もフカフカでしたよ。

011_the_ritz-carlton_osaka
今回のアフタヌーンティーのテーマ「エスカーダ」の関西のショップ案内を兼ねたフライヤーが中央に。

左の「ESCADA」のロゴ入りのペーパーでくるまれたナプキンは、リボンをほどかずにそのまま取りだすことで、フライヤーを丸めて持って帰ることができるようになっています。
なんとも心憎い演出ですね。

スポンサードリンク

 

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」アフタヌーンティーレビュー

この項では、ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティーについて、詳しくお伝えいたします。

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティーメニュー

012_the_ritz-carlton_osaka
ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」のアフタヌーンティーは、季節ごとにメニューを変更しています。この時いただいたのは、ドイツのミュンヘンを拠点とする大人の女性のブランド「ESCADA(エスカーダ)」とコラボした秋をテーマとした「エスカーダ・アフタヌーンティー」。

ブランドの世界観を踏襲した、ロゴマークやアイコンバッグなどをかたどった華やかな色合いが特徴的な見た目も楽しいアフタヌーンティーです。

また、アフタヌーンティーといえば、イギリスが発祥の地であるため、スコーンをはじめとしたスイーツやセイボリーはイギリス風のものが供されるのですが、今回はエスカーダとのコラボということで、ドイツのエッセンスを取り入れ、なかなか口にすることのない伝統的なドイツ料理とスイーツが並ぶのも特徴。まさに異文化体験ができるアフタヌーンティーといえます。

013_the_ritz-carlton_osaka
アフタヌーンティーの構成は以下の通り。次の項で詳しく解説いたします。

・セイヴォリー 4種類
・スイーツ 6種類
・スコーン 2つ

014_the_ritz-carlton_osaka
アフタヌーンティーの紅茶セレクトは2パターンです。

■ベーシックなプラン
メニューの紅茶から1種類選び、種類の変更は不可。おかわりは自由です。紅茶はポットサービスで供されます。

紅茶の種類がたくさんあるのですが、こちらのプランだと1種類のみなので、選ぶのが悩ましいですね。どれも気になります!

☆紅茶メニュー
ザ・リッツ・カールトン大阪オリジナルブレンド
ブルーサファイヤ
アッサムバリ
イングリッシュブレックファースト
スプリングダージリン
ダージリンサマーゴールド
ゴールデンダージリンアールグレイ
マンゴードリーム
ワイルドチェリー
ストロベリーフィールズ
アイリッシュウィスキークリーム
ルイボスキャラメル
ライトアンドレイトセイロン
タリーラプサンスーチョン
ロイヤルミルクティー

☆ハーブティー
シュルマートルンク,ナイトキャップ
モルゲンゾネ,モーニングサン
カモミール
ハーブアンドジンジャー,アーユルヴェーダ
チルアウトウィズハーブス
ソフトピーチ
バイタルグレープフルーツ

☆中国茶
白龍珠 花茶(ジャスミン茶)
東方美人
珍蔵プーアル

☆コーヒーセレクション
コーヒー
アメリカンコーヒー
エスプレッソ
カフェインレスコーヒー
アイスコーヒー
水出しアイスコーヒー
カプチーノ
カフェラテ
カフェオレ
ホットチョコレート

フレンチプレスコーヒー リッチイタリアン

☆ジュース
オレンジ
グレープフルーツ

015_the_ritz-carlton_osaka

■アート・オブ・ティープラン
+500円で、ロサンゼルス発のプレミアムオーガニックティーブランド「アート・オブ・ティー」からセレクトした6種類の茶葉の種類変更・おかわり自由プランとなります。

アート・オブ・ティーは1996年発祥の新しいティーブランドながら、西海岸の有名スターやセレブリティの間で瞬く間に人気となり、世界中の有名レストランやホテルでも取り入れられています。日本でも、ザ・ペニンシュラ東京シャングリ・ラホテル東京パークホテル東京といった、一流ホテルのアフタヌーンティーで採用されています。

ザ・リッツ・カールトン大阪のアフタヌーンティーで「アート・オブ・ティー」のセレクト可能なのは以下の6種。

「アート・オブ・ティー」については、アフタヌーンティーメニューに合わせて種類の入れ替えを行っていますので、シーズンごとに異なるフレーバーが楽しめますよ。

☆アート・オブ・ティーセレクション
オーガニックダージリン
オーガニックアールグレイ
オーガニックアールグレイクレーム
オーガニックハッピーティー
オーガニックラズベリーネクター
レモンメレンゲ

アート・オブ・ティーのセレクションは、実際の茶葉のセットを見たり、香りを確かめたりしながら選ぶことが可能です。

2名以上で行って、全種類制覇したいですね!

アフタヌーンティーの紅茶はポットサービスなのですが、どちらのプランでも、ポットはその都度スタッフの方が注いでくれ、温度管理をポットステーションで行っていてくれるので、常に温かい紅茶がいただけます。

伝統的なイングリッシュアフタヌーンティーがベースにあることを思い起こされてくれるウェッジウッドのカップで、お茶とスイーツを楽しめるアフタヌーンティーです。

スポンサードリンク

 

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」アフタヌーンティー実食レビュー

016_the_ritz-carlton_osaka
お待たせいたしました!それではザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」の「エスカーダ・アフタヌーンティー」を順番にレポートいたしましょう。
まずはウェルカムドリンクです。

シャンパングラスに注がれたグレープフルーツ風味のアイスティー。
爽やかな風味で、スッキリとお口の中を整えてくれます。

017_the_ritz-carlton_osaka
アフタヌーンティーのセットが運ばれてきました。
スタンドではなく、木の額縁に、エスカーダのポスターをアクリル板で挟んだフォトフレームのような台。

真ん中のエスカーダのアイコンバッグである「ハートバッグ」を取り囲むようにスウィーツとセイボリーが載せられています。

このスウィーツとセイボリーの下にも、それぞれファッションアイテムなどの写真が隠されているという楽しみが。

018_the_ritz-carlton_osaka
さらに、ESCADAのロゴの左右に並べられているボタンは、チョコレートなんですよ!

019_the_ritz-carlton_osaka
スコーンは別のお皿で供されます。
プレーンとヌテラ(ヘーゼルナッツペーストをベースにしたチョコレート風味の甘いスプレッド)の2種類のスコーンです。

温かいうちにスコーンを食べるようにとおすすめされたので、まずはこちらから。
クロテッドクリームとリュバーブのマーマレードを付けて食べます。

020_the_ritz-carlton_osaka
スコーンはハードタイプなので、割るときこぼれないよう気をつけて。
プレーンは濃厚なクリームとマーマレードが良く合います。ヌテラは風味と甘みがついてるので、そのままでもヌテラの味を楽しむのがおすすめです。

021_the_ritz-carlton_osaka
エスカーダのアイコンであるバッグのモチーフをあしらったこのケーキは「オペラ ケーキ」です。
見た目も可愛くて素敵。

022_the_ritz-carlton_osaka
ガナッシュとコーヒーのバタークリームの層が積み重なって、食感の違いを楽しめます。
そしてケーキの下にはバッグモチーフの図柄が。

023_the_ritz-carlton_osaka
こちらのミニタルトはセイヴォリー。
「牛肉のビール煮込み タルトレット エダムチーズシェーブ」です。
細かく切った牛肉をビールで煮込んだドイツ料理にエダムチーズを振りかけてあります。ビールが欲しくなりそうな料理ですが、意外とアフタヌーンティーにも合います。
上品な味付けで、タルトもサクサク。一口で食べたいですね。

024_the_ritz-carlton_osaka
次は、リボンのラッピングが可愛らしいドイツの伝統菓子「アップルシュトゥルーデル」。ドイツ語だと「アプフェルシュトゥルーデル」というそうです。

パイ生地のようなシュトゥルーデル生地で何層にも具材を巻いた料理で、リンゴのほかにもチェリーやチーズ、ほうれん草などいろいろなシュトゥルーデルがあります。

025_the_ritz-carlton_osaka
アップルシュトゥルーデルは、その名の通り、甘いりんご煮が巻かれています。アップルパイに似た見た目ですが、薄い生地はパイ生地と違ったしっかり目の食感。
生地自体には砂糖が入っていないので、リンゴの水分を含んだ甘みがぴったり。

026_the_ritz-carlton_osaka
こちらは「モーン トルテ」 ドイツ語では「トルテ」はケーキやタルトのことを差します。
そして「モーン」は「ケシの実」のこと。つまり、このお菓子はケシの実がたっぷりとトッピングされたタルトです。

上にはエスカーダの世界観を現すバラの花がプリントされたホワイトチョコ。ケシの実の香ばしさがアクセントになっています。

スポンサードリンク

 

027_the_ritz-carlton_osaka
「ESCADA」の刻印が入ったホワイトチョコを載せたているのは「キルシュトルテ」
こちらも「トルテ」ですね。

キルシュはお菓子作りの方はおなじみかもしれませんが、サクランボから作られる蒸留酒のことです。

キルシュトルテとはチョコレートケーキの一種。ここでは、グラスに入ったチェリーケーキ。チェリーとチョコの風味がマッチ!スポンジもしっとりしていてパフェみたいです。

028_the_ritz-carlton_osaka
「シュニッツェル ドイツ産黒ビールとベーコンブレッド ザワークラウト」
シュニッツェルは日本だとオーストリア料理として有名ですが、ドイツでも良く食される一品。一般的に薄く切った子牛のヒレ肉をカツレツにして揚げ焼した品です。

これをキャベツを漬物にしたザワークラウトとベーコンと共にサンドしたという、ドイツの伝統的な具材が詰まったサンドウィッチ。

キャベツの酸味とベーコンの塩気、そしてカツレツの風味がミックスされ、スイーツの中の箸休めにピッタリなサンドウィッチになっています。

029_the_ritz-carlton_osaka
可愛らしい見た目ですが、こちらもセイヴォリー。
「スパッツェル コーンクリーム ブラックトリュフ」です。

スパッツェルとは聞き慣れない言葉ですが、アルザス地方のパスタ。アルザス地方は現在はフランスですが、歴史的にドイツの文化を色濃く残す土地です。

030_the_ritz-carlton_osaka
スパッツェルは始めて食べるパスタでしたが、見た目は小さいニョッキといった感じ。
食感はモチモチとしています。

上から甘みのあるコーンクリームがかけられ、トリュフの味わいが、とてもまろやか。

031_the_ritz-carlton_osaka
エスカーダのシグニチャーのホワイトチョコが乗っているのは、「ツィトローネン ルラーデ」。ドイツ語で「レモンのロールケーキ」です。

外側のコーティングからは想像がつきませんが、レモンのサッパリとした甘酸っぱさが香る爽やかなケーキ。

032_the_ritz-carlton_osaka

「プンパーニッケルトースト スモークサーモン キャビア 」
「プンパーニッケル」とは、ドイツの伝統的なライ麦パンの1種で、水分を多く含みもちもちとした食感であるのが特徴的です。

一般的に薄くスライスしてスープの付け合わせにしたり、チーズやサワークリームを載せて食べます。

スモークサーモン、キャビアを載せて、軽くトーストしたプンパーニッケルはシャンパンが欲しくなるテイストです。

もしシャンパンつきのシグニチャーアフタヌーンティーをオーダーされる場合は、こちらから召し上がるのがおすすめ。

033_the_ritz-carlton_osaka
上にエスカーダのハートバッグをプリントしたチョコレートが載せられたクッキー。
そのまま食べることができます。

034_the_ritz-carlton_osaka
最後にボタンチョコレートを堪能しつつ、エスカーダ・アフタヌーンティーが終了。
普段はあまり接することがないドイツのテイストを感じられる、ブランドの世界観を活かした創作性あふれるアフタヌーンティーでした。

035_the_ritz-carlton_osaka※ザ・リッツ・カールトン大阪提供

ザ・リッツ・カールトン大阪が、ファッションブランドとコラボレーションした、特色のあるアフタヌーンティーはこれが初めてではありません。

イタリアの「エトロ」や「マノロ・ブラニク」、ベルギーのバッグブランド「デルヴォー」、英国王室御用達のラグジュアリーブランド「Asprey」さらにはファッションの枠にとらわれずに「フランク・ミュラー」などといったブランドともコラボレーションし、そのハイセンスなアフタヌーンティーはいつも話題の的。他のホテルにはないオリジナリティとなっています。

今回のエスカーダもとても素晴らしかったですね。
次はどんなブランドとコラボレーションした、素敵なアフタヌーンティーで魅せてくれるのか楽しみです!

スポンサードリンク

 

ザ・リッツ・カールトン大阪「ザ・ロビーラウンジ」 基本情報

住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目5-25 ザ・リッツ・カールトン大阪1階
Google Map

連絡先:06-6343-7020(レストラン予約直通 9:30~20:30)
アクセス:
阪神「梅田駅」西出口より 徒歩約5分
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札口より 徒歩約5分
JR「大阪駅」桜橋出口より 徒歩約7分
R東西線「北新地駅」西改札口より 徒歩約7分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札口より 徒歩約10分
地下鉄谷町線「東梅田駅」北西改札口より 徒歩約12分
阪急「梅田駅」中央改札口より 徒歩約15分
席数:86席
営業時間:
月~木曜日 11:00~23:00
金曜日 11:00~ 12:00
土曜日 9:30~ 12:00
日・祝日 9:30~ 23:0
※ディナーの営業時間は、17:00~です。
※フードラストオーダーは22:30です。
ドレスコード:特になし

※アフタヌーンティーは2018年12月よりクリスマスバージョンに変わります。
期間: 2018年12月1日(土)~26日(水) 11:00~19:00
料金:お1人様4,900円
※12/22(土)~25(火)はクリスマスカクテル付きでお1人様5,500円
WEBサイト:https://www.ritz-carlton.co.jp/information/1220/

スポンサードリンク

PAGETOP