カウブランド 無添加メイク落としミルク 口コミ


カウブランド 無添加メイク落としミルク 口コミ
カウブランド 無添加メイク落としミルクを使ってみた感想・評価、私以外の無添加メイク落としミルク口コミなどを記載しています。

スポンサードリンク

 


もくじ

無添加メイク落としミルクの特徴

”牛乳石けん”といえば、牛のマークの「カウブランド」。CMの「牛乳石けん よい石けん♪」という昔懐かしのメロディーを思い出す人も多いことでしょう。

「カウブランド」は”無添加でお肌にやさしい”というイメージで人気。

ですが、「無添加である」ことに甘えることなく、使い心地もちゃんと考えて作られているブランドです。

「カウブランド」には①ボディケア、②ヘアケア、③フェイスケアの3シリーズが存在します。どのシリーズも、すべて「無添加」です。

無添加というと「お肌にやさしい」イメージ。ですが、無添加にもいろいろあって、その定義はアイマイなもの。

※一般的には「天然に存在しない人工物を加えない」こと、「健康によくないものを入れていない」ことを「無添加」と呼びますが、「無添加という表示があれば、絶対にお肌にやさしいのね!」と思うのは早合点かもしれません。

”何を添加していない「無添加」なのか”、その基準は商品やメーカーごとに異なります。お肌の弱い方は成分の細やかなチェックが必要です。

ちなみに、カウブランドの指す”無添加”とは、「着色料・香料・防腐剤・品質安定剤、鉱物油、アルコールをすべてカットしている」という意味。ちゃんと”何をもって無添加なのか”が明記されています。

カウブランドの公式HPのよくある質問のページには、「アレルギーを引き起こす可能性のある成分も使用していない」との記載もあります。

今回私がレビューするのは、カウブランドフェイスケアシリーズのうちの「無添加メイク落としミルク」(ポンプ付・150ml。詰め替え用もあります)。

カウブランドのメイク落としには、ミルクとオイルの2種類がありますが、そのうちのミルクをチョイスしてみました。

デリケート肌のことを考えた低刺激処方&厳選素材使用で、洗顔料成分はお肌に近いアミノ酸系です。

無添加メイク落としミルクならカウブランドの売りである肌あたりの良いミルクで、お肌に負担をかけずにメイクをすっきりとOFFできるのだそう。

また、無添加メイク落としミルクにはお肌に近い天然由来の保湿成分「セラミド」を配合しているので、お肌のうるおいを守りつつメイク落としができるのだそうです。

「無添加メイク落としミルク」ポンプ付本体は、希望小売価格 880円(税抜)、詰替用は130mLで、希望小売価格 700円(税抜)となっています。

無添加メイク落としミルクは、濡れた手でも使えるのがいいですね。もちろん、顔が濡れている状態でもOK。(※あまりに水濡れが激しい場合には、水気を切ってのご使用をおすすめする、と本体裏に但し書きがありました。成分が薄まっちゃいそうですもんね)

スポンサードリンク

 

無添加メイク落としミルクの口コミ

<良い口コミ>
・敏感肌でも大丈夫だった
・ミルクなのにちゃんとメイクオフできた
・普段薄いメイクなので、強すぎずお肌に優しくて良い
・刺激がなくツッパリ感がない
・潤いが残る感じ
・よく伸びてコスパが良い

<悪い口コミ>
・メイクが落ちない。とくにポイントメイクや濃いメイクは残る
・合わない。洗顔後にお肌がつっぱる
・メイクがお肌に残っている気がして不安
・ダブル洗顔の必要を感じる
・洗いあがりのぬめりが気になる

<私のコメント>
やはり『ミルク系のメイク落とし=お肌にやさしい分、メイクの落ちが悪い』というイメージがあります。個人的には、オイル系のメイク落としよりも、ミルクのほうがお肌へのあたりがソフト、という印象。

ですが、カウブランドさんが公式サイトで触れているように、『お肌へのやさしさと機能性を両立させる処方を完成』となっているため、メイク落としとしての機能をきちんと果たしつつ、お肌も守ってくれると期待します。

スポンサードリンク

 

無添加メイク落としミルクを買ってみた

001cow-mutenkamakeotoshi
無添加メイク落としミルクを楽天通販で注文したら数日で到着しました。口コミによると、ドラッグストアでも取り扱いのあるところは多いようですね。
002cow-mutenkamakeotoshi
003cow-mutenkamakeotoshi
無添加メイク落としミルクはポンプ式なので、床置きしたままで、本体を逆さにひっくり返したりフタを開けたりする手間もありません。それに、直接手が中身に触れないので衛生的。
004cow-mutenkamakeotoshi
適量は3~4プッシュ。写真は3プッシュの量です。

香りはほぼ感じません。鼻を近づけるとかすかに香りますが、不快なものではなく、なんらかの成分の香り。

無添加メイク落としミルクのテクスチャは、かなりさらっとしています。油分のベタベタ感やギトギト感はまったくなし。まるで基礎化粧品の乳液のような手触り。

無添加メイク落としミルクを試してみます

005cow-mutenkamakeotoshi
1日中、マスカラ2度塗り(非WP)などのしっかりメイクをつけていた日の終わり。

分かりやすくさらに濃い目にポイントメイクをほどこしてみました。アイライン、ピンクシャドウをさらにプラス。
006cow-mutenkamakeotoshi
顔全体に無添加メイク落としミルクを拡げ、やさしくマッサージしながらOFF。

とくにポイントメイク部分には多めにミルクを乗せてみました。

ほんとにやさしい肌触り・・・。さらりとしたミルキーな無刺激のテクスチャで、よく肌になじみ、不快さはいっさいありません。
007cow-mutenkamakeotoshi
30℃くらいのぬるま湯で洗い流してみました。(水でもOKです)

うーん・・・?写真ではキレイにメイクオフできている感じですが、マスカラが落ちてないですね。お湯の温度が低かったのかな?

無添加メイク落としミルクをさらにもう1プッシュ分を手に乗せ、目のまわりだけさらにマッサージでOFFしてみましたが、マスカラのゴワつきがまつ毛に残っている感じ。(ファンデとアイライン、アイブロウ、アイメイクはOFFできている感じ)

洗いあがりはしっとりと潤いを肌表面に残しています。ですが、「これがクレンジング後のヌルつきの元なのかも?」とも思いました(口コミにあったように)

口コミで見たとおり、やはりやさしい肌触りの分、強めのメイクは落としづらい感じがありますね。

ポイントメイクに関しては、ポイントメイク用リムーバーであらかじめオフしておいてから、この無添加メイク落としミルクを使うのがいいかもしれません。
008cow-mutenkamakeotoshi
今度は、一日中口紅を付けていた後で、さらにリップカラーを重ね塗りした状態で
無添加メイク落としを試してみます。
009cow-mutenkamakeotoshi
うーん・・・?パッと見落ちていますが、やはり口紅のオイル分が唇に残存してる感覚・・・。

ミルククレンジング剤ならではのオイル成分とのなじみの悪さは否めませんね。

ふだん濃いめのメイクをお好みの方は、同じくカウブランド内の「メイク落としオイル」のほうがいいかもしれません。

同サイト内「よくある質問」ページにも、「メイク落としオイルはマスカラや口紅などのしっかりメイクもきちんと落とします」とあります。

ふだんオイル系のメイク落としがお肌の負担にならない方・強めメイク派の方には、おそらくオイル系のほうがしっかりOFFできる気がします。

無添加メイク落としミルクはダブル洗顔が必要?

メイク落としミルク本体の裏書には、こんな表記があります。

『クレンジング後にぬるつきが気になる方は、洗顔をおすすめします』。

ということは、基本ダブル洗顔は不要ってことなんでしょうね。

潤いをしっかり残してくれる無添加メイク落としミルクですが、その「潤い=ヌルつき」と感じる人も少なくないでしょう。

キュッとした洗いあがりをお好みの方だと、ダブル洗顔でスッキリさっぱりと洗い上げたほうが、肌感覚的に心地よいかもしれませんね。

私も、メイクオフできているのかどうか感覚的に不安になったため、ダブル洗顔してみました。ダブル洗顔すると、「メイクが落ちた!」という感じがしてスッキリ。

目のまわりにたっぷり無添加メイク落としミルクを付けすぎたのか、ダブル洗顔後、目の下のヒフの薄いところが一瞬ピリッとしました。(※2回目使用以降は慣れたのか無刺激でした)

”お肌にやさしい”が売りのカウブランドですが、敏感肌&ちょっぴりアトピー肌の私には、なんらかの成分がわずかに刺激を起こしたように感じます。

スポンサードリンク

 

無添加メイク落としミルクを使ってみた感想・評価

010cow-mutenkamakeotoshi
アトピー肌などなんらかの肌トラブルをお持ちの方以外には、無添加メイク落としミルクはとてもソフトな使い心地のメイク落としだと感じました。

ミルキーで肌すべり・肌なじみ共に良く、ムダな香りもありません。容器も押し出しやすいポンプ式で、伸びも良く価格帯も程よいです。

無添加メイク落としミルクは通販だけでなく、ドラッグストアなどで入手可能なところも、お手軽で◎。

ふだん薄づきメイクの方には、ほんとに使いやすくお肌への負担も少ないですが、ポイントメイクや濃いめのメイクには、無添加メイク落としミルクはちょっと不向きな気がしました。

クレンジングミルクの特性上、どうしても機能的にオイルには及ばないところがあります。

なので、そういった方にはどちらかというと、同じくカウブランドであれば「無添加メイク落としオイル」のほうが向いているんじゃないかな?と感じました。

私は軽いアトピー肌の上、肌が薄いタイプのため、低刺激処方であっても刺激を感じることが多いです。

ですが普通の肌質の方は、この無添加メイク落としミルク、かなりお肌にやさしいのではないかと思います。

ポイントメイク(漆黒のアイラインやマスカラ、濃い口紅など)だけはあらかじめOFFし、通常のファンデやアイカラー、チーク部分に無添加メイク落としミルクを使う、という使用方法もいいかもしれませんね。

「メイクはしっかりOFFしたい、でもお肌に負担をかけたくない」・・・。
このジレンマ、女性なら一度は感じたことがあるはずです。

お肌へのメイク残りは心配だけど、かといってメイクオフ成分が優しすぎるのも・・・というのがクレンジングの最大の悩みどころです。

というわけで、私が感じたカウブランド 無添加メイク落としミルクのおすすめポイントは、こちら。

<無添加メイク落としミルクはこんな人にオススメ>
・着色料・香料・防腐剤・品質安定剤、鉱物油、アルコール成分にお肌が弱い方
・ふだん薄づきメイクの方、強いマスカラやアイラインを使っていない方
・クレンジング不要コスメをお使いの方
・洗いあがりのうるおい感がしっかり欲しい方

もしかしたらヌルつきでダブル洗顔をすることになるかもしれませんが、「ふだんからダブル洗顔派だしそこは面倒に感じない」という方なら、

⇒ポイントメイク部分のみ強めのクレンジング剤を使い、
⇒頬などはこの無添加メイク落としミルクを使う

というふうに、部分によって使い分けるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

PAGETOP