青汁の効果まとめ&効果が高かった青汁3つ

青汁には、沢山の健康・美容効果があり、毎日の食生活に青汁を取り入れるだけで、元気でキレイになれます。

巷ではダイエット効果、むくみ、便秘解消、デトックス効果、アンチエイジング効果、花粉症、抜け毛、糖尿病、高血圧、などなど。
色々言われていますが、

カラダにとって青汁は、一体どんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?
私が試した青汁の中で効果が高かったもや、青汁のさまざまな効果についてまとめてみました。


もくじ

⇒青汁の目的別選び方ガイド

むくみを解消する青汁のデトックス効果

青汁の原料に使用される野菜は、各メーカーによって異なりますが、青汁の原料に使用される青葉野菜には、デトックス効果をもたらす「カリウム」が豊富に含まれています。

青汁のデトックス効果

血行が悪くなると体の中に余分な水分が蓄積し、”むくみ”の症状を引き起こします。
むくみをそのままにしておくと代謝が落ち、脂肪を溜めこみやすくします。

体の中でも、むくみを引き起こしやすい場所は下半身です。

心臓から離れている下半身は、もともと血液の流れが悪くなりやすい個所ですが、立ちっぱなしや座りっぱなしによって、より血液の循環を悪化させますので、下半身太りの原因にも繋がります。

カリウムには、体に不要な水分や塩分を排出する働きがあるため、青汁を飲むことでデトックス作用が働き、むくみのないスッキリとした体へと変化します。

また、「食物繊維」も含まれているので、便秘解消にも効果的です。便秘は、腸内に老廃物が蓄積した状態となりますので、腸内環境を整えることで痩せやすい体作りを目指せます。

★カリウムが含まれている青汁でおすすめは「ふるさと青汁」です
ふるさと青汁

ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は公式サイトをご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/

セルライト予防&改善にも効果アリ

おしりや太ももの脂肪をつまんだ時に、皮膚の表面が凸凹とする方は「セルライト」が出来てしまった状態となります。セルライトは、体の中に老廃物が脂肪細胞と結びついてしまったもので、1度セルライトが出来てしまうと改善が難しくなります。

セルライトの予防&改善には、カリウムの摂取によって余分な老廃物の排出を促し、血行を促進するマッサージを施すことが有効とされています。セルライトに効果的な食品として、血液の循環を促進する「明日葉」には、カリウムも豊富に含まれています。

例えば、『ふるさと青汁』は明日葉を原料とした青汁なので、あれこれと食事を改善しなくても、「むくみ・セルライト・便秘」の3つの症状を改善させることができます。

私も、体のむくみを感じる時や便秘気味の時には、ふるさと青汁を飲むようにしています。青汁を飲んだあとは、本当に体の毒素が消えていくようなスッキリ感があり、体調が良く快適に過ごせるようになりました。

カリウムが豊富に含まれる「明日葉」を原料にした「ふるさと青汁」の全額返品保証や特別価格に関する情報は公式サイトをご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/

ダイエットに!青汁の脂肪燃焼&代謝アップ効果

青汁には、ダイエットをサポートしてくれる働きが沢山あります。

むくみの改善、便秘解消、血行促進、そして「脂肪燃焼&代謝アップ」の効果があるため、余分なエネルギーの消費を促進し、痩せ体質へと変化させます。

脂肪燃焼に効果のある栄養素とは?

”美味しいものは脂肪と糖で出来ている”というCMのキャッチコピーがありますが、私たちが好む食事の多くは、脂質と糖質が含まれています。食べ過ぎによって太ってしまう原因は、脂質と糖質がエネルギーとして消費されないまま蓄積し、脂肪へと生まれ変わってしまうからです。

食事制限により、脂質や糖質を減らすことも大切ですが、極端な食事制限は継続することが難しく、リバウンドしやすい点が問題です。

そこで、効率良く健康的にダイエットをするには、脂肪燃焼を促す栄養素を補うことがポイントとなります。青汁には、脂肪燃焼の効果をもたらす「ビタミンB群」と「ミネラル」が豊富に含まれています。

ビタミンB群とミネラルの効果・働き

青汁に豊富に含まれているビタミンB群とミネラルには、脂肪燃焼を促進させ、代謝機能をアップさせる働きがありますので、基礎代謝が向上します。

ビタミンB群が足りない場合、脂肪、糖質、タンパク質の代謝機能が進みません。また、ミネラルにはダイエット中のイライラを軽減させ、肉体疲労を回復させる働きもあるので、自然と体が活動的になり、エネルギー消費へと繋げます。

しかし、ビタミンB群とミネラルを食事から十分な量を摂取するのは難しいため、青汁を食生活に取り入れることで、無理なく効率の良いダイエットが行えるのです。

そして、青汁はカロリーも少ないので、ダイエット中でも気にせず飲み続けることができる点が嬉しいですよね。

ダイエット効果をアップさせる青汁の飲み方

ダイエット効果をもたらしてくれる青汁ですが、ダイエット目的で青汁生活を始める方は、ちょっぴり飲み方にも工夫を凝らしましょう。ダイエット効果をアップさせる青汁の飲み方についてご紹介します。

青汁を飲むタイミング

青汁は、具体的には飲む時間は指定されていませんので、いつでも好きな時に自分のタイミングで飲んでも問題ありません。しかし、ダイエットを目的にするなら、「食事前」に飲むのがおすすめです。

空腹時には血糖値が低下していますが、青汁を食事前に飲むことにより、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。食後は血糖値が高くなりますが、急激な上昇はインシュリンが分泌され、脂肪細胞に糖を送り込んで脂肪が溜まっていきます。

食事前にサラダを食べる「食べ方ダイエット」が流行しましたが、食前に青汁を飲めば、血糖値の上昇がゆるやかになり、同じようなダイエット効果が得られます。また、満腹感も得られますので、食事の食べ過ぎを抑える効果もあります。

青汁を使った置き換え&断食ダイエット

青汁はダイエットをサポートしてくれるドリンクですが、食事を青汁だけに置き換えるダイエットはおすすめできません。1日に摂取するカロリーが少なすぎると、体は飢餓状態となり、エネルギーの消費を抑えようとしますので基礎代謝が低下します。

そのため、青汁はダイエット中に不足しがちな栄養素を補う”補助的な役割”と心得ておきましょう。

ただし、「プチ断食」に青汁を活用するのはおすすめです。プチ断食は、「準備期・断食・回復期」の3日間にかけて行うダイエットです。

断食中の水分補給として、青汁を利用したり回復期の食事に利用することで、栄養素を補給しながら体をリセットすることができます。断食後は、デトックス作用や内臓機能が高まるので、痩せやすい体に変化します。

ダイエット効果を期待する青汁の種類

青汁にも色々な種類があり、健康効果に特化したものからダイエット効果に特化したものまで、実にさまざまな商品が販売されています。

同じ緑色をしているので青汁商品は、どれも同じような製品だと思っている方もいますが、使用されている原料は異なりますので、栄養価も違えば体への効果も変わってきます。

ダイエットにおすすめの青汁は、「糖質が入っていないもの」や「ビタミンとミネラルが豊富なもの」が理想的です。

『神仙桑抹茶ゴールド』などは、糖質や余分な添加物が含まれていません。

神仙桑抹茶ゴールド

また、神仙桑抹茶ゴールドは原料に食物繊維が豊富な「桑葉」やアミノ酸やカテキンを含んだ「緑茶」を使用していますので、ダイエットをサポートしてくれる理想的な青汁です。

カテキンは、ポッコリお腹の原因である中性脂肪を燃やす成分としても有名ですよね。私も美味しさから神仙桑抹茶ゴールドを愛飲していますが、嫌な味がしないので無理なく続けらるのでおすすめです。

桑の葉を原料としたダイエット系の抹茶風味の青汁「神仙桑抹茶ゴールド(全額返金保証付き)」の公式サイトは以下です。
http://www.ochamura.com/

青汁を飲むと理想の肌に!美肌効果

健康イメージが強い青汁ですが、美容の面でも嬉しい効果が盛りだくさんです。女性にとって美しい肌を保つことは、永遠の課題とも言えますよね。

青汁を飲むことで美肌になれる事をご存じですか?青汁がもたらしてくれる美肌への効果についてまとめてみました。

青汁の肌荒れ予防&改善効果

ニキビや炎症による肌荒れには、抗酸化作用の働きがあるビタミンCの栄養素を摂取することが有効です。青汁には、「ビタミンC」が豊富に含まれていますので、炎症を抑えて肌荒れを改善する効果があります。

また、緑黄色野菜などに含まれる「ビタミンA」は、ダメージを受けた肌の修復に必要な栄養素となり、青汁1つで肌荒れの改善に必要なビタミンをバランス良く摂取することができます。

また、便秘気味の方は「腸内環境」の乱れにより、肌荒れを引き起こしていることもあります。腸内環境が乱れると悪玉菌が増殖し、有毒ガスが発生します。有毒ガスは、血液と一緒に流れてしまいますので、肌荒れにもつながってしまうのです。

「食物繊維」が豊富な青汁なら、便秘も解消され腸内環境が整いますので、肌にも良い効果をもたらしてくれます。

青汁で肌が若返るエイジング効果

お肌の衰えを防ぐためには、若返りビタミンと呼ばれる「ビタミンE」の摂取が有効です。
ビタミンEは、抗酸化力に優れているため、皮脂の酸化を抑えてシミやシワを出来にくくする働きがあります。

ビタミンEは、アーモンドのナッツ類に豊富に含まれていますが、毎日摂取するのが難しいため、青汁のような手軽に栄養素を補えるドリンクは、お肌だけではなく体内の老化防止にも効果的です。

そして、青汁に含まれる「葉酸」という成分には、お肌の新陳代謝を促進させ、ターンオーバーを正常にする作用があります。年齢を重ねていくうちに代謝機能は衰え、細胞の生まれ変わりであるターンオーバー機能は乱れがちになります。

ターンオーバーが乱れるとシミや乾燥肌を引き起こしやすくなるため、エイジング肌を目指す方は、代謝を促進させることは重要なポイントです。

また、サラダやフルーツから栄養素を補うよりも、青汁は体を冷やすことなく、糖質もカットできるので、美肌をもたらすための効率の良いアプローチが送れるんですよ。

青汁で病気を防ごう!健康効果

青汁は、豊富な栄養素が含まれていることから、健康効果の高く、「生活習慣病予防」にもおすすめです。生活習慣病とは、食生活や生活環境によって引き起こしやすくなる病気のことで糖尿病、高血圧などが、代表的な生活習慣病になります。

青汁の糖尿病への効果

青汁は、糖尿病予防にも効果があります。糖尿病を防ぐためには、栄養バランスの取れた食事を摂ることが大切です。糖質や脂質が多い食生活は、血糖値を上昇させインスリンの分泌を狂わせてしまいます。

青汁には、「食物繊維」が豊富に含まれているため、腸内でのブドウ糖の吸収がゆるやかになりますので、急激な血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌をコントロールします。

また、青汁にはインスリンの合成を助ける「亜鉛、ナイアシン、ビタミンB群」も豊富に含まれているため、糖尿病予防に効果があるのです。

青汁の高血圧への効果

高血圧の方は、「心筋梗塞、脳卒中」など、動脈硬化による病気の原因にもなります。青汁には、血圧の上昇を抑える効果があるため、高血圧の症状がある方にもおすすめです。

塩分の摂り過ぎは、血圧を上げてしまう原因のひとつですが、バランスの良い食事を摂っているつもりでも、現代人の食事は塩分が多いため、1日の摂取目安量に抑えることは難しいのが現状です。

青汁に含まれる「カリウム」は、摂りすぎてしまった余分な塩分を体の外に排出する働きがあります、また、血液の流れを良くする「マグネシウム」も青汁には含まれているため、偏りがちな塩分のバランスを整えながら、血圧を正常にする働きをもたらします。

カリウムが豊富に含まれる「明日葉」を原料にした「ふるさと青汁」の全額返品保証や特別価格に関する情報は公式サイトをご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/

青汁のうつ病・自律神経の改善効果

現代病とも言われる「自律神経の乱れ」は、頭痛、めまい、肩こり、不眠など、あらゆる体調面への悪影響をもたらします。自律神経の乱れは、慢性的なストレスや生活習慣によって引き起こしやすくなりますが、症状が進行すると”うつ病”へと発展してしまいます。

青汁には、「ビタミンとミネラル」が豊富に含まれています。ビタミンはイライラを抑制し、神経を正常にする働きがあり、ミネラルにはビタミンの働きを助ける作用があります。

ビタミンとミネラルを一緒に摂取することで、相乗効果が高まりますので、両方の栄養素を同時に摂れる青汁には、自律神経のバランスを整え、うつ病を予防する効果があるのです。

青汁で免疫力アップ!花粉症&風邪予防の効果

青汁には、花粉症や風邪といった身近な症状への健康効果もある事から、家族揃って青汁生活を始めているご家庭も増えています。飲みやすい青汁も販売されるようになり、小さなお子さんから年配の方まで、食生活に青汁を取り入れることで、体調を崩しにくく健やかに過ごせるようになると好評です。

青汁の風邪予防の効果

風邪を引きやすいという方は、体の免疫力が低下しています。私たちは、ウイルスが蔓延している中で生活しているのですが、免疫力が低下していると体内に入り込んだウイルスを排除できず、のどの痛みや発熱といった風邪の症状を引き起こします。

そのため、風邪の予防には免疫力を高めることが大切です。免疫力を高める代表的な栄養素は「ビタミンC」です。青汁には、ビタミンCを始めとする豊富な栄養素がたっぷりと含まれていますので、免疫力を高めて風邪などの病気から体を守る働きをしてくれます。

もちろん、免疫力を高めることで、風邪以外にも病気をしにくい体作りが目指せますので、毎日を健やかに過ごすために青汁はおすすめです。

青汁の花粉症への効果

春になると花粉アレルギーの症状に悩まされる方が増えていますが、青汁には花粉症の改善にも有効です。

アレルギー対策には、免疫機能を高めることが重要です。青汁には免疫力をアップさせる効果がありますが、実はそれだけではないのです。

青汁の原料として代表的な成分である「ケール」に含まれる「糖脂質」と「フラボノール配糖体」には、アレルギー因子を減少させる効果があります。

体内に取り入れることで、クシャミ、鼻水、目のかゆみといったアレルギー症状を緩和する働きがあるため、花粉症の薬が苦手な方にも青汁はおすすめです。

ケールを原料とする人気の青汁は、『青汁三昧』等があります。薬とは違い、副作用の心配もありませんので、辛い花粉症のシーズンが到来した時には青汁を活用してみましょう。

青汁三昧の特別価格情報は公式サイトをご覧ください。
http://direct-teleshop.jp/

青汁は薄毛、抜け毛にも効果アリ!育毛効果とは?

今や髪の毛の悩みは、男性だけではなく女性にも多いですよね。青汁には、さまざまな健康・美容効果がありますが、実は「薄毛・抜け毛」の予防にも効果があるのをご存じですか?

青汁の抜け毛・薄毛への効果

年齢とともに増えてくる髪の毛に関する悩みですが、抜け毛や薄毛の原因の多くは、食生活などによる生活習慣が大きく関わっています。特に、食生活が不規則な方は、髪の毛の健康を維持するための栄養が不足しがちです。

青汁には、髪の毛の生成に必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンがバランス良く含まれています。特に、ケールを原料とした青汁には、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれるため、『青汁三昧』などの製品は、髪の毛の育毛効果が期待できるため、頭髪の悩みを抱える方におすすめです。

青汁三昧の特別価格情報は公式サイトをご覧ください。
http://direct-teleshop.jp/

また、髪の毛の育毛効果を高めるためには、頭皮環境を整えることが不可欠です。青汁には血液の流れを促す効果もあるため、頭皮の血行改善にも良い働きをもたらしますので、頭皮環境の改善をサポートします。

青汁で育毛効果を得るためのポイント

青汁には、育毛効果を高めるための働きがありますが、青汁を飲んだだけでは改善することは難しいと心得ておきましょう。

やはり、ストレスを溜めこんだり、睡眠不足の日々が続く生活環境がそのままでは、根本的な頭皮環境の改善は難しいため、青汁はあくまで体の内側からアプローチするためのサポート的な役割として活用しましょう。

ただし、青汁を1カ月飲み続けた方が、抜け毛が止まり育毛効果があったというエピソードも存在しますので、モチベーションを高めて継続的に続けることが大切です。

美味しい青汁とマズイ青汁の効果の違いは?

青汁には、美味しく飲めるように加工に工夫を凝らしたものと、昔ながらの独特のクセが残る不味い青汁があります。近頃は、飲みやすさが重視されていますので、不味い青汁の商品は減りつつあります。

しかし、どうせ飲むなら美味しい方が良いけれど、健康や美容効果が高い青汁を選びたい方もいますよね。美味しい青汁と不味い青汁には、効果の違いはあるのでしょうか?

美味しい青汁と不味い青汁の効果の違いについて

美味しい青汁は、飲みやすくするために糖分、フルーツ、お茶などを混ぜて作られています。一方、不味いと言われる青汁の多くは、余分な材料が入っていない原料そのものを活かした製品となります。そのため、それぞれにメリット・デメリットがあり、効果にも違いがあります。

余分な材料が入っていない青汁の方が、健康や美容効果が高いイメージもありますが、加工された青汁の中には、原料だけでは不足しがちな栄養成分がプラスされている場合もあるため、一概にどちらの方が良いとは言い切れません。

効果の高い青汁製品とは?

青汁を選ぶ時に、健康や美容効果を高める目的を重視するなら、原料を活かした青汁を選ぶようにしましょう。

例えば、『やずや養生青汁』は、大分県で育てられた農薬・化学肥料を使わずに栽培した六条大麦若葉が使用されています。
やずやの養生青汁

やずやの養生青汁の公式サイトは以下です。
https://www.yazuya.com/

シンプルな原料が配合されているものは、栄養素がそのまま凝縮されているものが多いため、産地や栽培方法がきちんと記載されている商品を選ぶことが、品質の高い青汁を選ぶポイントでもあります。

ただし、継続して飲まなければ青汁の効果を実感することが難しいので、無理なく続けられる青汁でなければ、どんなに栄養価に優れた効果の高い青汁でも意味がありません。是非、自分好みの青汁を見つけてくださいね。

青汁の粉末・冷凍・錠剤、効果に違いはある?

青汁には、「粉末タイプ、冷凍タイプ、錠剤タイプ」のサプリがあります。製法が違うと青汁の効果には違いがあるのでしょうか?どれを選べば良いかわからないと悩んでいる方のために、3タイプの効果の差についてご紹介します。

効率良く青汁の栄養素を摂取できるのは?

青汁の栄養素を効率良く摂取できるのは、ずばり粉末タイプの青汁です。錠剤タイプのサプリメント青汁は、携帯にも便利なため、いつでもどこでも好きな時に青汁を摂取することができます。また、青汁苦手な方でも、サプリメントなら味やニオイがないので、無理なく飲み続けることができます。

しかし、サプリメントは粉末タイプと比べると1粒の栄養価が低いため、コップ1杯分の青汁の栄養素を補うためには、1日に沢山の量を飲まなければなりません。また、サプリメントは満腹感を得ることがありませんので、ダイエット面でも青汁はドリンクとして飲む方がおすすめです。

冷凍青汁は、鮮度が高い分、青汁ならではのニオイや味が残りやすいので、継続的に摂取するなら粉末タイプの青汁が、最も効率良く栄養素を摂取できます。

粉末タイプなら、青汁ドリンクとして飲むだけではなく、あらゆるレシピに活用できますので、無理なく青汁の栄養が補えます。

青汁の酵素&栄養価に優れているものは?

青汁には、ビタミンや酵素が豊富に含まれています。酵素を取ることは、美容効果が高いことから、朝食にフルーツやスムージーを摂取する酵素美容法が人気ですよね。青汁にも酵素が含まれているため、スムージー代わりに活用する方もいます。

しかし、酵素や水溶性のビタミンは、加熱処理をすることで壊れてしまいます。そのため、青汁の酵素や栄養価をしっかりと取り入れたいと考えている方は、”非加熱処理”で作られた青汁を選ぶようにしましょう。

粉末にしても酵素が壊れることはありませんが、粉末タイプの青汁の中には、高温処理をした製品があります。高温処理された青汁は、酵素が壊れてしまっているため、急速冷凍によって作られた「フリーズドライ」の青汁がおすすめです。フリーズドライの青汁なら、栄養価が失われることもありません。

ちなみに、冷凍の青汁も酵素が壊れることはありませんが、長時間冷凍保存をしたままにしておくと劣化しますので、早めに飲み切るようにしましょう。

青汁にプラスすると栄養効果が上がる食材

青汁は、そのままでも栄養価が高い健康ドリンクですが、青汁にちょっとした食材をプラスするだけで、栄養の効果を高めながら美味しく飲むことができます。

習慣化させることで体に良い効果を生む青汁を飽きずに飲み続けるためにも、青汁にプラスしたいおすすめ食材をチェックしておきましょう。

女性におすすめ!青汁+豆乳

女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンは、女性が積極的に取りたい栄養素の1つです。そこで、青汁に「豆乳」をプラスすることで、女性ならではの悩みである月経痛などの症状を改善する働きをもたらしてくれます。

また、豆乳には「タンパク質・サポニン・レシチン」といった成分が含まれていますので、基礎代謝を高めて脂肪を予防する働きがあり、青汁のダイエット効果をアップさせることができます。

豆乳を入れても青汁に含まれる栄養素を損なうことがないうえ、青汁も飲みやすくなるので非常におすすめの組み合わせです。

吸収率アップ!青汁+牛乳

牛乳は、タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれている栄養価の高い飲み物です。そのため、青汁にプラスすることで、より豊富な栄養素を1度に取り入れることができます。

また、青汁に牛乳を合わせることで、カルシウムの吸収率を高めることができます。カルシウムは、神経の動きや筋肉運動など、生命維持のために必要である重要な役割を果たしています。

牛乳を混ぜることで、抹茶のような味わいとなり青汁も飲みやすくなります。成長期のお子さんや骨がもろくなりやすい年配方は、カルシウムの摂取を積極的に取りたいところです。青汁にカルシウムをプラスすれば、バランス良く栄養素が摂取できますので、牛乳をプラスしてみましょう。

美味しく続けられる!青汁+フルーツ

青汁は、フルーツとの相性も良く、お好みのフルーツと組み合わせることでスムージーのような味わいを楽しめます。青汁にプラスするフルーツは、「イチゴ、バナナ、リンゴ、キウイ」など、スーパーで購入できる身近なもので構いません。

新鮮なフルーツをプラスすることにより、酵素やビタミンCなどの栄養素が青汁にプラスされます。製造過程で失われてしまう壊れやすい栄養素も、きちんと補うことができますので、美容・健康効果を高める飲み方でもあります。

フルーツの爽やかな甘みもプラスされ、日替わりで食材を変えることもできますので、青汁の味に飽きた方にもおすすめです。

筆者が青汁を飲み始めてから感じた体への効果

青汁を飲むと、実際にはどんな効果をもたらしてくれるのか?気になる方も多いのではないでしょうか?

私が青汁生活を始めてから、実際に感じた体への効果や期間についてまとめてみましたので、青汁の購入を検討している方は参考にしてみて下さい。

青汁の便秘解消効果

私が青汁を飲んで直ぐに感じた効果は、「便秘解消」です。私は、旅行など普段とは違った場所で過ごすと便秘になってしまう緊張型便秘症です。

一旦便秘になってしまうとお腹が張り、ガスが溜まっているのを感じてとても気分が悪くなります。また、体の倦怠感も襲われるので、旅行に行くのは楽しいはずなのに、便秘になってしまう事が本当に憂鬱なんですよね。

そこで、旅行から帰ってきてから青汁を飲んでみたところ、数時間後にはスムーズなお通じがやってきました!便秘薬を飲むと急激な腹痛が襲われますが、青汁は自然に便秘が解消できました。しかも、溜まっていた分が出るかのように、数回出てお腹の張りもスッキリ解消され、青汁の凄さを実感しました。

⇒ぽっこりお腹の方に私がおすすめする青汁

⇒青汁で便秘解消!効果的に飲む方法と選ぶべき青汁の種類

青汁を飲むと美肌力がアップ

便秘解消のために飲んだ青汁ですが、翌日には肌の調子が良い事に気づきました。青汁を飲んだだけで、ハリと潤いが出てなめらかになりました。

もちろん継続的に飲まなければ維持出来ないのですが、お化粧のノリにも違いが出てくるので、お出かけの予定がある前日に青汁を飲んで、お肌の調子を整えるようにしています。小さな吹き出物程度の炎症なら、青汁を飲んだ翌日には消えています。

体のむくみ・だるさが解消

私は体調によって青汁の製品を使い分けています。普段は、美味しくて飲みやすい『神仙桑抹茶ゴールド』を飲んでいますが、歩き過ぎ・立ちっぱなし・座りっぱなし等が続いた日は、体がむくんでしまうので明日葉を使用した『ふるさと青汁』を飲んでいます。

むくみが取れるだけで体が楽になり、だるさが解消されます。特に、脚のむくみはパンパンに張ってしまうと痛みに変わるので、疲れを感じた時には青汁を飲むようにしています。

疲労によるストレスを感じている時も、青汁を飲むと「胃腸」がスッキリとして気分が良くなりますよ。

私(筆者)が試した青汁の中で効果が高かった青汁3つ

★ふるさと青汁
ふるさと青汁

ふるさと青汁に使われている主原料の明日葉は100%国産(八丈島)です。農薬・化学肥料に頼らない農法で栽培されています。
「ぽっこり」「下半身太り」「むくみ」ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は以下をご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/

★神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド

桑の葉を原料としたダイエット系の抹茶風味の青汁「神仙桑抹茶ゴールド(全額返金保証付き)」の公式サイトは以下です。
http://www.ochamura.com/

★やずやの養生青汁
やずやの養生青汁

やずやの養生青汁の主原料「大麦若葉」は、農薬、化学肥料を使わずに栽培された大分県産の「六条大麦若葉」を使用しています。
https://www.yazuya.com/

PAGETOP