ケイト ラッシュフォーマー 口コミ 使ってみた結果


ケイト ラッシュフォーマー 口コミ 使ってみた結果
ケイト ラッシュフォーマー「にじみにくいお湯OFFフィルムタイプ(ロング)」と「汗・水・皮脂に強いウォータープルーフ(WP)タイプ(ボリューム)」を試してみた感想・評価、私以外のケイト ラッシュフォーマー体験者の良い口コミ、悪い口コミなどを掲載しています。

スポンサードリンク

 


もくじ

ケイト ラッシュフォーマーとは

「日本人の下向きなまつ毛を、使うたびに上向きに」、そんな夢のようなラッシュフォーマーが、2018年8月に、あのKATE(ケイト)から誕生しています。

もはやマスカラの常識を超えてます。使うたびに、まつ毛がビューラーなしでも上を向いてカーブし、クセ付けをされていくそうなんです。

中条あやみさんの印象的なCMをご覧になった人も多いかと思いますが、あのCMのキャッチコピーのように、「さよなら、マスカラ」という「脱・従来のマスカラ機能」を実現することができるのだそうです。(※ただまつ毛を長く濃くするだけでなく、クセ付けする新機能の意味)

ケイトのラッシュフォーマーは、業界初・まつ毛内部に浸透するカーブフィクサー成分(リンゴ酸、ナフタレンスルホン酸Na)を配合し、まつ毛の内部からカーブを記憶できる処方。

さらに、まつ毛の外側からもアプローチ。カーブのためのコーティング成分(マイクロクリスタリンワックス)が配合されています。

これらのW処方で、使うたびにまつ毛のカール力をキープ&アップしてくれるんです。

ケイトのラッシュフォーマーの種類

ケイトのラッシュフォーマーは、

・「にじみにくいお湯OFFフィルムタイプ」(ロング/ボリューム)
・「汗・水・皮脂に強いウォータープルーフ(WP)タイプ」(ロング/ボリューム)

の計4種類のほか、

・ベース用マスカラ下地(WP)「ラッシュマキシマイザーN」
・夜用まつ毛マスク「ラッシュマキシマイザーES」

の2本を合わせた、全6種類。

なりたいまつ毛タイプやメイクオフの方法に合わせて、好きな種類を選べます。

どれも使っていくうちに、まつ毛のカーブのクセ付けができる仕様(=独自のカーブメモリー処方)。

正規のマスカラ価格(フィルムタイプ/WPタイプ)は各1,512円 (税抜1,400円)ですが、ドラッグストアや通販だともう少しお安く入手可能。

(※ベース用マスカラ下地(WP)「ラッシュマキシマイザーN」および夜用まつ毛マスク「ラッシュマキシマイザーES」については正規の価格…ともに1,200円 (税込1,296 円))

スポンサードリンク

 

ケイト ラッシュフォーマーの口コミ

今回は、私が試そうと思っているケイト ラッシュフォーマー「にじみにくいお湯OFFフィルムタイプ」「汗・水・皮脂に強いウォータープルーフ(WP)タイプ」の2種類の口コミを集計して、多かった意見を求めてみました。

良い口コミ

【ロング・お湯でオフできるフィルムタイプ】
・セパレート力があり、まつ毛がきれいに広がる
・塗りやすい小さめのブラシ
・まつ毛が長く伸びる感じ
・お湯で簡単にキレイに落とせた
・ダマにならずキレイに塗れる

【ボリューム・ウォータープルーフ(WP)タイプ】
・テクスチャがボテッとせずサラッとしている
・カール力やキープ力がある

悪い口コミ

【ロング・お湯でオフできるフィルムタイプ】
・まつ毛の上がりが物足りない(キープ力がイマイチ)
・クセ付け効果がよく分からない
・時間が経つとパンダ目になる(繊維が落ちてくる)
・にじみやすい

【ボリューム・ウォータープルーフ(WP)タイプ】
・カーブはわりと決まるが、やっぱりWPなので落とすのが面倒
・まつ毛が固く感じる(ふさふさ感がない)
・カスが落ちて汚くなる

<私のコメント>
うーん、ケイトのラッシュフォーマー、全体的にあまり評価がかんばしくないかも?(笑)

CMで絶大なカールキープ力をうたいすぎたせいか、期待が高まりすぎて「思ったほどではなかった」という声もチラホラ。

ほかには「ケイトのマスカラ下地を併用すると、やっとカール効果が出た」という方もおられます。わりと使用者によって”相性の良い・悪い”が分かれるラッシュだと言えそうですね。

個人的には、繰り返し使うことによるまつ毛のクセ付け効果に着目しています。

「すっぴんまつ毛の段階で、ちょっとでも上向きまつ毛に自然になっていけたら・・・」

というひそかな期待があります。

なぜなら、私のまつ毛は貧相で、夕方になると重みでカールがほとんどなくなっているから。

「このケイト ラッシュフォーマーのおかげで、もし地まつ毛がしっかり上向いたら、時間が経ってもある程度カールキープできるんじゃないかな?」と思ってます。

スポンサードリンク

 

ケイト ラッシュフォーマーを買ってみた

ケイト ラッシュフォーマー
003kate-lash-former
期待を込めてケイトのラッシュフォーマー「にじみにくいお湯OFFフィルムタイプ(ロング)」「汗・水・皮脂に強いウォータープルーフ(WP)タイプ(ボリューム)」を近所のドラッグストアで購入。発売から日が浅いというのに、すでにかなりの品薄状態でした。

★ご注意★
4本のケイトラッシュフォーマーは、それもパッケージがすごくよく似ています。私も一度買って帰宅し、よく見たら種類が違っていたので返品交換にお店に戻ったほど。

どれも黒系パケのため、よく見てから購入されることをオススメします。

<私のまつ毛データ>
012kate-lash-former
ちなみに、私のまつ毛も多くの日本女性と同じく、下向きに生えてます。逆まつ毛もたまに起きるほどに下向き・・・。

コシやハリがなく、カーブもなし。まつ毛の根本はまぶたに隠れてしまって、すっぴん目だとメヂカラがまったく足りない!

「この素まつげの状態で、くるんと上向きにカーブしてくれたらなぁ」といつも思います。

昔、まつ毛パーマをかけたときは朝起き抜けでもまつ毛がくるんとキレイにカーブしていて、うれしかった思い出があります。

そんなまつ毛のクセ付けを、このケイト ラッシュフォーマーで叶えられたら理想的ですね。

スポンサードリンク

 

ラッシュフォーマー「ロング・お湯でオフできるフィルムタイプ」

ラッシュフォーマー「ロング・お湯でオフできるフィルムタイプ」
コンパクトな細いブラシでカーブは少ない直線的なカタチ。

私のようにあまりホリの深くない目だと、こういうまっすぐなブラシのほうが目のまわりに付着しにくく好みです。

軸はスクエア型となっています。

【成分】
水、マイクロクリスタリンワックス、アクリレーツコポリマー、パラフィン、ステアリン酸、ステアリン酸PEG-45、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、TEA、DPG、セテアリルアルコール、合成ワックス、(アクリレーツ/VA)コポリマー、ナイロン-66、ポリソルベート60、BG、PVP、ナイロン-6、EDTA-2Na、ヒドロキシエチルセルロース、リンゴ酸、ナフタレンスルホン酸Na、オリーブ果実油、シリカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、デヒドロ酢酸Na、(+/-)カーボンブラック、酸化チタン

006kate-lash-former
まっすぐでコンパクトなブラシ。塗りやすい~♪
まぶたのカーブが浅いので、私の平坦なまぶたに絶妙フィット(笑)。

また、ブラシをタテ方向にしてもすごく塗りやすいです♪ここがすごく気に入りましたね。
ついでに下まつ毛にも塗りやすい形状。

007kate-lash-former
下からショットだとよく分かりますが、ロングラッシュできてる・・・!
そして、きれいにセパレートされてますね。開封したてなのにダマがない。

マスカラにありがちなベタッとした重さがなく、軽やかです。

でもちゃんとメヂカラは3倍くらいに跳ね上がっています!

いいなぁコレ、好きかも・・・♪
「ケイトは黒が濃い」とよく言われますが、漆黒感はイイ感じです。

ビューラーなしでもこれだけくるんとしてます。これ以上ビューラーでカール付けたらビックリ目になりそう。

008kate-lash-former

明らかにまつ毛伸びてます♪♪ナチュラルさも残しつつ、きっちり長い。

いかにも「マスカラ塗りました」みたいな不自然さがなくて、ケイトラッシュフォーマー「にじみにくいお湯OFFフィルムタイプ」は私の好みですね。

スポンサードリンク

 

ラッシュフォーマー「ボリューム・ウォータープルーフタイプ」

004kate-lash-former

ちょっとカーブのついた、ロングタイプよりはフサフサした形状のブラシ。

一般的な他社さんのマスカラに比べると、ブラシヘッドはコンパクトな部類です。

軸は円形となっています。

【成分】
イソドデカン、トリメチルシロキシケイ酸、マイクロクリスタリンワックス、水、パルミチン酸デキストリン、ポリソルベート60、合成ワックス、パラフィン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ナイロン-66、TEA、リンゴ酸、ナフタレンスルホン酸Na、BG、オリーブ果実油、シリカ、フェノキシエタノール、デヒドロ酢酸Na、メチルパラベン、(+/-)酸化チタン、酸化鉄

009kate-lash-former
ブラシがふさっとしてるので、私の目のカーブにはちょっぴり合いづらいです。

WP(ウォータープルーフ)特有の固さをテクスチャに感じますね。

一度塗りでガッツリ繊維が乗ってきます。いかにも開封直後らしい繊維量・・・!

これ、2度塗りとか3度塗りすると、かなり繊維がダマになっちゃいそうです。重ね塗りはちょっと怖いなぁ、という予感(笑)。

010kate-lash-former

予想通りのまつ毛状態になりました(笑)ブラシのシゴキが足りなかった?
新品のマスカラにありがちな現象が起きていますね。

ボリュームタイプとあって、ダマ感は多めかな?黒々、バサバサしたまつ毛になってますが、口コミでも見たようにちょっとなめらかさが少ないかも・・・?

ごわっとしたまつ毛の質感になってますね。剛毛のような・・・?

011kate-lash-former

開封したてだからか、かなりダマになっちゃってますね。

たしかにボリュームタイプならではの重量感は出せてますが、まつ毛に対する繊維の粗付き(?)が目立つような・・・?

ボリューム出すのに繊維質の増量は大事ですが、ココがなかなか難しいところですね。

中身が減るごとに、繊維乗りも落ち着いてくるのかもしれませんが、私はどっちかというとロングタイプの付き方のほうが好みですね。

スポンサードリンク

 

ケイト ラッシュフォーマーを使ってみた感想・評価

ケイト ラッシュフォーマーの良かった点

KATEラッシュフォーマーの売りである”カーブメモリー処方”についてですが、何度か使っていくうちに、まつ毛にうれしい変化が・・・!

013kate-lash-former

まつ毛がカールして、ちょっぴり上向きになってる・・・!

これにはビックリしました。
しかもセパレートされた感じで、扇状に広がってます。

ふだん、そこまで自分のまつ毛をマジマジと観察することってありませんよね。

でも、このときは変化が大きかったので、「あれ?」という感じで気づきました。

もともとのまつ毛が貧相だから余計に効果が感じられただけかもしれませんが、自分比でうれしい結果です♪♪

マスカラとしての感想は、どっちも「ケイトらしい使用感で良かった」という感じ。ふだんからケイトコスメにはお世話になってるので、ケイトのマスカラがどんな感じかはなんとなく掴めていて、その上で「平常運転」という感じ。

私の中で”お湯OFF系”のケイトのマスカラは、どのメーカーのものよりも「するん」と落とせるイメージなので、そのあたりも好みではあります。

ケイト ラッシュフォーマーのイマイチだった点

口コミにあるように、ボリューム(WP)タイプのラッシュフォーマーのほうは、なんだか繊維のゴワ付きでまつ毛が固く感じました。

ボリュームはいちおう出せてはいるんですが、他社製品のボリュームマスカラ(デジャヴュとか)のほうが重ね付けはしやすいと感じます。

それが、口コミ評価にも表れていた・・・そんな気がします。

ケイト ラッシュフォーマーはこんな人にオススメ

・地まつ毛そのものを上向きにカーブさせたい方
・まつ毛パーマをためらっている方(まつ毛の傷みが気になるetc)
・ビューラーなしでもそこそこカール感の出るマスカラをお探しの方
・コンパクトなブラシヘッドお好きな方
・マスカラにマスカラ以上の機能をお求めの方

『マスカラとの決別』というキャッチフレーズ。新感覚というか、新境地というか。
新たなコスメの可能性を見出せそうなケイトさんの試みに、これからも期待です!

ケイト ラッシュフォーマーで徐々にクセ付けされていくまつ毛の効果も、インスタグラムで検証されています。

詳しくはインスタ「#まつ毛日記」にて。
いろんな方のまつ毛の変化にワクワクです。

スポンサードリンク

PAGETOP