わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」口コミ

わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」口コミ
わたしおもい ヒアルロンクレンジングを使ってみた感想・評価と私以外のわたしおもい ヒアルロンクレンジング体験者の口コミ、成分などの解説を記載しています。

スポンサードリンク

 


もくじ

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水とは

一日の終わり、クレンジングやスキンケアにゆっくり時間を掛けられる日もあれば、仕事や飲み会で疲れて帰宅して「今すぐ寝たい・・・!」という日もありますよね。

どうしても、バスルームへ向かう気力がないときは、そのまま寝落ちしてしまい、翌日後悔したことがあるという人もいるのではないでしょうか。

そんなときのために、常備しておきたいのが、3 in 1のクレンジング化粧水。

3 in 1というのは、クレンジング、洗顔、化粧水の3つの機能がひとつになったアイテムです。

サッと拭き取るだけなので、ベッドでもソファでも、どこでも簡単にメイクオフができて、その後、洗い流す必要なし!

超時短アイテムでありながら、きちんとお肌のケアができる点が最大の魅力です。

3 in 1 クレンジング化粧水はさまざまなタイプのものが販売されていますが、使い心地の差はもちろんのこと、メイクを落としきれなかったり、保湿力がイマイチだったりと、機能にも差があるのが事実です。

自分の肌に合わないものを使い続けることで、ニキビや吹き出物が出てしまうケースも多いようです。

そんな中で、「もはや化粧水の域!クレンジングとは思えない!」と口コミで話題になっているアイテムが、ロート製薬の『わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水』です。

ロート製薬公式サイトに掲載されていた、ヒアルロンクレンジング化粧水の注目すべき特徴をまとめてみました。

①化粧水成分96%だから、たっぷりうるおう

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水は、化粧水から作られた水クレンジングだから、その処方は96%が化粧水成分です。

クレンジングというよりも、ほぼ化粧水ですね!

ハトムギエキスがお肌にうるおいを与え、コンディションを整えるとともに、ヒアルロン酸のとろみのあるテクスチャーが、拭き取り時のコットンの摩擦から、お肌をやさしく守ります。

保湿力が高いので、化粧水で改めて保湿する必要はなく、ヒアルロンクレンジング化粧水の後は、クリームで仕上げればスキンケアが完了します。

②大手製薬会社だから出来た『肌吸着洗浄テクノロジー』を採用

汚れを吸着するミセル化カプセルを利用した『肌吸着洗浄テクノロジー』はロート製薬独自の技術。このミセル化カプセルの特徴は、分子が大きく、肌に浸透しないこと。

お肌の水分をキープしながら、汚れをガッチリ吸着します。汚れを含んだカプセルは、コットンで拭き取られ、お肌に残る心配はありません。

③お肌にやさしいマイルド処方

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水は、お肌へのやさしさにこだわった処方になっていますので、お肌が弱い人や敏感肌の人でも、安心して使えます。

④自然のハーブの香りで癒される

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水は、人工香料不使用。天然由来ハーブのやさしい香りが、ふんわりと漂います。1日の終わりに、ほっとするような癒しの時間を楽しめます。

スポンサードリンク

 

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水の口コミ

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水のネット上での口コミをチェックしてみました。良い口コミと悪い口コミ、それぞれ多かった意見をまとめてみたので、参考にしてください。

<良い口コミ>
・化粧水のような使い心地で、メイクがスルスル落ちる
・しっとりして突っ張らず、乾燥しない
・香りが心地よく、癒される
・お肌がツルツルになる
・3 in 1なので、手間が掛からず簡単!

<悪い口コミ>
・毛穴汚れは、やや落ちにくい
・ポンプの出方に勢いがあり過ぎる
・悪くはないが、値段が高い
・使用後、膜を張ったような手触りがする
・ヒアルロンクレンジング化粧水だけでスキンケアを終えると乾燥してくる

<私のコメント>
わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水の口コミは、良い口コミが多く、全体の7割~8割を占めているように感じました。

その人気の理由で最も多かったのはやはり、“クレンジングとは思えない、まるで化粧水のようなテクスチャー”です。

次いで「しっかりメイクを落とすのに、突っ張らない」という意見も非常に多く見られました。

全体を通して見ると、ヒアルロンクレンジング化粧水の悪い口コミ自体は非常に少なかったのですが、共通して多く見られたのは「毛穴の奥の汚れは落ちにくい」という声でした。

使っているうちに毛穴の詰まりやザラつきが気になり出す場合は、汚れが落としきれていない可能性が高いです。

後ほど、わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」を実際に使ってみながら、洗浄力や解決法を含めたレポートをしてみたいと思います。

あと「価格が高い」という意見もあったのですが、ヒアルロンクレンジング化粧水があれば、基本的には、洗顔料や化粧水が不要になるので、全体的にはスキンケアに掛かる費用をカットできるのではないかと思います。

スポンサードリンク

 

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水を買ってみた

実際に、わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水を購入してみました。
わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水

容量:290ml
価格:1,400円(税抜)
メーカー:ロート製薬

バスルームはもちろん、いざという時のために、ベッドサイドに置いていても、邪魔にならない可愛らしいボトルです。

290mlなので、それなりの大きさがあり、ずっしりした重みがあります。
わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水の大きさ
わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水は、ポンプ式になっていて、その都度コットンに出して使うタイプです。
005watashiomoi-cleansing
3 in 1のクレンジング化粧水の中には、シートタイプのものも多く販売されています。それらと比べると、コットンを使わなければならないのは、少し手間が掛かりますね。

また口コミにもあったように、ポンプを押す力が強いと、勢い良く液が飛び出し、周囲に飛び散ります。

様子を見ながら、やさしくプッシュするのがお勧めです。

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水のテクスチャーをチェックするために、手の甲に少量出してみました。
わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水のテクスチャー
クレンジングというと、オイルっぽいテクスチャーをイメージしますが、ふきとり化粧水は、ややとろみのある水っぽいテクスチャーです。

ちょうど、しっとりタイプの保湿化粧水のような感じです。
007watashiomoi-cleansing
ヒアルロンクレンジング化粧水を手の甲に伸ばしてみると、やさしく肌と馴染むと同時に、ラベンダーの自然な香りがほんのりと漂います。

ヒアルロンクレンジング化粧水の香り自体はとても弱いので、臭いに敏感な人でも使いやすいと思います。

馴染ませた後も、オイルのような皮膜感やベタつき、ヌルつきは一切なく、普通に保湿化粧水でケアした後と同じような仕上がりです。

スポンサードリンク

 

ヒアルロンクレンジング化粧水を使ってみた

アラフォー乾燥肌の私が、実際のクレンジングに使ってみました。

【私の肌スペック】
・洗浄力が強いクレンジング剤を使うと肌が乾燥し、調子が悪くなる
・普段は、洗浄力がマイルドなクリームタイプのクレンジングを使用している
・加齢と乾燥により、毛穴が開いているので、汚れが詰まりやすい

メイクをして過ごした一日の終わりの、私のお肌の状態がこちらです。
008watashiomoi-cleansing
皮膚表面にテカリ、ゴワつきが見られ、毛穴落ちもしており、我ながら、試しがいがありそうな状態です。

わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」は、乾いた状態の肌に使います。

まず、コットンにヒアルロンクレンジング化粧水をたっぷり馴染ませます。

コットンがヒタヒタになるくらい、2~3プッシュするのがお勧めです。

たっぷり使うことで、メイクが落としやすくなるだけでなく、コットンによる摩擦も防げて、肌への負担も軽くなります。
009watashiomoi-cleansing
コットンからジュワーっと液が染み出すのを感じながら、肌表面をやさしく拭き取ります。

わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」は、オイルっぽさがないので、コンタクトをしたままでも、マツエクをしていても、目元まで気を遣わずにケアできて、とても使いやすいです。

010watashiomoi-cleansing
スルスルとメイクが落ちていくので、コットン1枚で、顔全体ケアできました。

ヒアルロンクレンジング化粧水で拭き取り後の状態がこちらです。
011watashiomoi-cleansing
わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」には、ヒアルロン酸を配合しているため、肌表面に軽い皮膜感はありますが、密封された感じはありません。

毛穴落ちしていた部分や、キメに入り込んでいたファンデーションは、しっかりオフできています。

全体的に、お肌のゴワつきが解消し、ワントーン明るくなり、毛穴もやや引き締まったように感じます。

毛穴の詰まりに関しては、もとからあったものなので、完全にオフすることはできませんでしたが、普段のクレンジングでもこの程度かなというレベル。

個人的には、「洗浄力が弱い」と感じる要素は一切ありませんでした。

3 in 1のクレンジング化粧水を使った後は、なんとなくベタつき・ヌルつきが肌に残って、洗顔しないことに抵抗を感じてしまう私ですが、ヒアルロンクレンジング化粧水は、不快感が一切なく、すっきり心地よく仕上がります。

しかも、お肌はしっとりと潤い、ツルツルに!

口コミで評価が高いのも頷けます。

わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」を使った後は、いつものクリームでフタをしてあげましょう。

口コミの中には、「このまま寝る」という人もいたのですが、ヒアルロンクレンジング化粧水がカバーできるのは、あくまでも化粧水までです。

たとえツッパリ感がなくても、乳液やクリームでフタをしなければ、せっかく潤った肌から、水分がどんどん蒸発して、乾燥を招いてしまいます。

「どうしても今日は無理・・・」という日に、1日くらいは何とかなると思いますが、日常的にヒアルロンクレンジング化粧水だけでスキンケアを済ませるのは危険です。

スポンサードリンク

 

ヒアルロンクレンジング化粧水の洗浄力は?

お手入れの簡単さが魅力の3 in 1のクレンジング化粧水ですが、どうしても気になるのは、ダブル洗顔をしない分、本当にメイクがきちんと取れているのかどうかという点。

どれだけ使い心地が良くても、メイク汚れが肌に残っていたら、肌トラブルの原因になってしまいます。

しかも、ヒアルロンクレンジング化粧水の場合、96%が化粧水成分。

その上、処方もマイルドなので、「洗浄力は期待できないのでは・・・」と、正直思ってしまいますね。

そこで実際に、わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」の洗浄力をテストしてみました。

手の甲全体にファンデーションを塗り、その上からアイブロウ、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、口紅と塗り重ねてみました。
012watashiomoi-cleansing
アイラインとマスカラは、ウォータープルーフタイプで、水や汗に落ちにくいものを使っています。

わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」をたっぷり含ませたコットンをメイクの上に置き、馴染ませます。
013watashiomoi-cleansing
スッと拭き取ってみると・・・1回で綺麗にオフできています!
014watashiomoi-cleansing
拭き取るというよりも、撫でる程度の圧で、メイクがスルスルと落ちていきます。

掛かった時間、およそ5秒。
015watashiomoi-cleansing
わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」の洗浄力はオイルクレンジング並みにパワフルです!

「落ちやすいメイクを使っているのでは?」と感じた人のために、今回、いつも使用しているクリームタイプのクレンジングで、同様の実験を行ってみました。
016watashiomoi-cleansing
アイライン、マスカラ、口紅が落ちにくく、20秒ほどクルクルと馴染ませ続けました。

その後、コットンで拭き取りをします。
017watashiomoi-cleansing
まだうっすらとアイラインが残っているのが分かります。
018watashiomoi-cleansing

【結論】
口コミでは、「洗浄力がイマイチ」という声がわずかにありましたが、今回実験した限りでは、ヒアルロンクレンジング化粧水の洗浄力は、オイルクレンジング並みに優秀と言えそうです。

クリームタイプだと、時間を掛けてクルクルと馴染ませなければ、落ちにくいメイクでも、ヒアルロンクレンジング化粧水なら、数秒で簡単にオフできることがわかりました。

それでも、「ポイントメイクがどうしても落としにくい」、「毛穴の汚れが落ちにくい」と感じる場合について、ロート製薬お客様サポートセンターに問い合わせてみたところ、解決策としては、ヒアルロンクレンジング化粧水をたっぷり馴染ませたコットンをやさしく肌に押し当て、10秒ほど馴染ませてから、そっと拭き取ると良いそうです。

またどうしても、毛穴汚れが気になる場合は、マイルドな洗顔料でダブル洗顔しても良いとのこと。

その場合は、化粧水で改めてしっかり保湿しましょう。

ちなみに、毛穴を開くために事前にスチームを当てたり、浴室で使うのは有効か、気になったので確認すると、「濡れた状態だと、クレンジング力が落ちてしまうので、乾いた肌に使うことをお勧めします」とのことでした。

スポンサードリンク

 

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水の成分

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水の全成分はこちらです。
わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水の成分

水、DPG、ポロキサマー184、ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸)、ハトムギ種子エキス(ハトムギエキス)、レモン果皮油、ラベンダー油、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、リン酸2Na、EDTA-2Na、キサンタンガム、クエン酸、グリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エタノール

美肌作用のある成分はこちらです。

●ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸)・・・保水力に優れ、肌表面に皮膜を作り、潤いを閉じ込めます。

●ハトムギ種子エキス(ハトムギエキス)・・・ニキビや肌荒れに対する抗炎症作用があります。また、ターンオーバーを促進させ、お肌の調子を整えます。

●ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・・・傷んだ肌を補修し、キメを改善する作用があります。

また、香り付けには、レモン果皮油とラベンダー油が使われています。

全体的に、とてもシンプル&お肌にやさしい設計で、刺激のもとになりそうな成分が見られません。

ただし、配合量は少なめですが、わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」には、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エタノールといった防腐剤が含まれています。

マイルド処方と言っても、酷い炎症がある場合などに使うと、症状が悪化してしまうケースもあります。お肌の状態が悪いときは、様子を見ながら使うようにしましょう。

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水を使ってみた感想・評価

わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水、私のお気に入りアイテムにランクインしました。オイルっぽさがないのに、しっかりメイクオフできます。

目元まで、気を遣わずに使えるのもGOOD!

しっとり潤って仕上がるのも、乾燥肌の私には使いやすく、さらに使用後のお肌が、ツルツルの触り心地になっているのも嬉しかったです。

今回1週間、わたしおもい「ヒアルロンクレンジング化粧水」を使い続けてみましたが、吹き出物が出たり、肌が荒れたりといったトラブルもなかったので、いざと言う時に限らず、日常的に使えそう。

旅行のときでも、小さなボトルに詰め替えるだけで、クレンジング・洗顔・化粧水をそれぞれ持っていく必要もなく、便利です。

最後に、わたしおもい ヒアルロンクレンジング化粧水を実際に使ってみて、私が感じた良かった点とイマイチだった点をまとめてみました。

購入時の参考にしてください。

<ヒアルロンクレンジング化粧水の良かった点>
・しっとり潤いながらも、さっぱり仕上がる
・マツエクをしていても使える
・ベタつきやオイルっぽさがない
・お肌がツルツルに仕上がる
・コスパが良い

<ヒアルロンクレンジング化粧水のイマイチだった点>
・軽い皮膜感がある
・ポンプの扱いには注意が必要
・毛穴奥の汚れは、やや落ちにくい
・シートタイプに比べると、コットンを用意しないといけないのは少し面倒

<ヒアルロンクレンジング化粧水はこんな人にオススメ>
・クレンジングや洗顔の手間を省きたい人
・敏感肌だけど、いざというときに使える3 in 1 クレンジング化粧水を探している人
・お肌のツッパリや乾燥が気になっている人
・日常的に使える3 in 1クレンジング化粧水を探している人
・オイルクレンジングは苦手だけど、メイクはしっかり落としたい人

スポンサードリンク

PAGETOP