グリーンスムージーダイエット成功するやり方まとめ

グリーンスムージーダイエットの成功方法まとめ
グリーンスムージーダイエットは効果がわかりやすく成功しやすいダイエットと言われています。

置き換えダイエットは、いかにおなかが空かないかがポイントになるのですが、正しいグリーンスムージーダイエットなら空腹感との戦いは最小限で済みます。

苦しいダイエットは誰でも続かないものですが、グリーンスムージーダイエットはこの苦しさが少ないのです。

だから誰でも成功しやすいと言われているのです。

ただし、ダイエットを成功させるにはどんなグリーンスムージーでもOKというわけではありません。実際に、飲んでも飲んでもおなかがすくグリーンスムージーも存在します。

本記事では、初心者さん向けにグリーンスムージーダイエットで成功する為の具体的なやり方、効果的な方法、グリーンスムージーの置き換えダイエットでなるべく失敗しない方法などをご紹介します。

1度でもグリーンスムージーダイエットに失敗したことがある方もぜひ読んでみてくださいね。失敗した原因がわかると思います。

スポンサードリンク

もくじ

グリーンスムージーダイエットのやり方

グリーンスムージーダイエットのやり方はとっても簡単です。
基本的には朝食をグリーンスムージーに置き換えるだけ!

グリーンスムージーの作り方も本当に簡単です。
お気に入りのお野菜・フルーツをお水と一緒にミキサーにかけるだけです。

ヴィクトリアさんのガイドラインでは、ヨーグルトや牛乳・豆乳などを使ってはいけないとなっていますが、ストイックなデトックスではなく、ダイエット目的の置き換え食品としてグリーンスムージーを楽しむならお水じゃなくても大丈夫。

わたしたちの目的はあくまでもダイエットなので、柔軟にいきましょう!

参考レシピをご紹介します。

芸能人「優香さん」グリーンスムージーダイエットのレシピ

水1カップ(約300~400ml)
ほうれん草1/4~1/2束
バナナ1本
みかん3個
キウイ1個

意外とフルーツが多めです。
デトックス効果が高いのだとか。

飲みやすさ&作りやすさ重視の初心者向けレシピ

水1カップ(約300~400ml)
小松菜1/2束
りんご1/2コ
バナナ1本

りんごがなければバナナをふやせばOK!
バナナがなければりんごをふやせばOK!

少ない材料で作ることができるので、グリーンスムージー初心者さんにもオススメです。

初心者さんは最初からグリーンを多く摂ろうとしないで、慣れるまではフルーツ多めで大丈夫です。身体が慣れてきたら葉野菜を増やしたくなるのだとか。

材料を見ると本当にシンプルで、グリーンスムージーライフを継続することができたらダイエット効果があるのも当然だとわかりますね。

グリーンスムージーダイエットで失敗する理由

グリーンスムージーが向いているのはこういうタイプの方と言われています。

・ダイエット時の空腹に耐えられない
・どうしてもダイエットを続けられない
・リバウンド経験あり
・運動がキライ
・動くのが面倒
・ダイエット中でも甘いものを食べたい
・普段から野菜不足
・置き換えダイエット食品にお金をかけられない
・ダイエットに美容効果も欲しい

ひとつやふたつ、あるいは全部?誰しも思い当たることがあるのではないでしょうか?
たしかに辛いことが少ないグリーンスムージーダイエットは、こういうタイプの方に向いています。

ただ、向いているからといって全ての方がグリーンスムージーダイエットに成功するかというと決してそんなことはないのです。

グリーンスムージーダイエットは効果があるけど続けにくい?

グリーンスムージーダイエットを実践するには、毎朝できたてのグリーンスムージーを飲む必要があります。

たったこれだけなのですが、新鮮なグリーンスムージーを作るには・・・

・野菜・フルーツを継続して買いに行く時間と経済力が必要
・冷蔵庫に数種類の野菜・フルーツのストックが必要
・ミキサーやブレンダーが必要
・冷えたミネラルウォーターor氷が必要
・朝、グリーンスムージーを作る時間が必要
・朝、ミキサー(ブレンダー)を洗う時間が必要
・ミキサー(ブレンダー)を乾燥させる場所が必要

ざっと上げてもこれだけ必要なことがあります。

ダイエットとして実際にやることは確かに朝食代わりに飲むだけなのですが、準備や後片付けは意外と大変

グリーンスムージーは置き換えダイエット食品として本当に効果的なのですが、継続できるかどうかはまた別問題

どんなに優れたダイエットでも続けなければ失敗に終わってしまうのです。

グリーンスムージーダイエットを成功させるには?

グリーンスムージーダイエットで確実に成果を出すために重要なことは

「いかにラクをするか」

に限ります。

冗談のようですが、本当の話です。

そもそもグリーンスムージーダイエットが向いているのは、運動が嫌いで動くのが面倒なタイプの方。

言い換えるとラクをするのが大好きな素直な方とも言えるのです。

そして幸いなことに、グリーンスムージーダイエットは面倒な工程を全て省くことができるのです。

スポンサードリンク

成功したいのなら絶対「パウダー(粉末)グリーンスムージー」

パウダー(粉末)グリーンスムージー
グリーンスムージーは本来、生野菜や生の果物で作るものですが、この野菜や果物などの材料を全てパウダー状にしたのが粉末タイプのパウダー(粉末)スムージー。

ナチュラル志向のコンビニでも販売されるくらいポピュラーになってきていて、野菜不足の解消として愛用している男性もいます。

パウダースムージーの特徴をご紹介します。

私が試したパウダー(粉末)グリーンスムージーでオススメなものは以下です。宜しければレビューをご覧ください。

野菜・フルーツの種類がスゴイ

パウダースムージーの主原料は、もちろん野菜や果物なのですが、手作りではぜったい無理!と言い切れるくらいの種類が使われています。

例えば自然・天然にこだわって作られている「朝のスムージー」には
・11種類のビタミン
・2種類の海草
・9種類の野菜酵素
・64種類の野草
・5種類のフルーツパウダー
・10種類の果物酵素
・21種類の野菜

が使われています。

これだけの種類を家庭で用意するのはまず無理ですよね。お店でいただくのも難しいのではないでしょうか。

この素材の豊富さは間違いなくパウダー(粉末)スムージーならでは。

粉末のパウダースムージーなら作るのが簡単。ミキサー不要

グリーンスムージーは、飲むだけなら誰にでもできるのですが、材料を買ってきて、作って、後片付けして・・・と、その工程はお料理と一緒です。

ミキサーでガーするだけなので、お料理が苦手な方でも取り組むことはできますが、いずれ面倒に感じるのは時間の問題かも?

そして、働く女性が会社帰りにお野菜とフルーツを買おうと思うと、欲しかったものが品切れ・・・なんてこともよくあるのではないでしょうか。

そもそも、ミキサーを持っていない方がグリーンスムージーダイエットのために張り切ってミキサーを買っても他に使い道が・・・という問題もあります。

他のことにも使えそうなら無駄なお買い物ではありませんが、ミキサーの購入は、グリーンスムージーダイエット最初の壁なのです。

粉末状態であるパウダースムージーならシェイカーにお水とスムージーパウダー(粉末)を入れてしゃかしゃかとシェイクするだけでできあがるので、ミキサーが要りません。
スムージーパウダー(粉末)はシェイクするだけ

パウダーさえあれば作ることができるので、フルーツやお野菜のストックがなくても大丈夫。

シェイク時間は数秒でOK、洗い物も少ないので忙しい朝でも簡単に作ることができます。
この手軽さは手作りグリーンスムージーにはないパウダースムージー最大のラクチンポイントです。

手作りスムージーよりも経済的負担が少ない

パウダースムージーは15日分で2,000円~3,000円程度。1食分と考えると130円~200円です。

フルーツや葉野菜とちがって値段が大きく変動することもありませんし、手作りグリーンスムージーの材料によってはパウダースムージーの方が安い場合もあります。

置き換えダイエット専用のシェイクなどと比べてもグリーンスムージーの方が低価格。

アボカドやアサイーを使ってみたりと、レシピを工夫できる手作りグリーンスムージーライフは楽しいものですが、楽しめば楽しむほど、経済的負担が大きくなるのが残念なところ。

おいしくても高すぎるダイエット食品は継続することが難しいので、置き換えダイエット食品にとって価格は重要な要素です。

パウダーグリーンスムージーはおいしい!

パウダーグリーンスムージーは、基本的にどれもおいしいです!
沢山の試飲を重ねて多くの女性の口にあうように作られているので、手作りスムージーによくある葉っぱの青臭い感じはないですし、お野菜が苦手な方でも飲みやすいように作られています。

パウダー(粉末)スムージーは牛乳や豆乳で割ることで、さらに飲みやすくおいしくなります。
手作りグリーンスムージーのようなタブーもないので、ヨーグルトに混ぜても良いですし、りんごジュースや野菜ジュースでシェイクしてもOKです。

おなかにしっかり溜まる

自分でつくるグリーンスムージーの基本材料は葉野菜とフルーツ、そしてお水です。
デトックスや美容には最適ですが、材料から考えても腹持ちが良いとは言えません。

粉末グリーンスムージーはおなかに溜まって満腹感を得られるように作られているので、カップ1杯でも本当に満足感があるんです。

美健セレクトの「グリーンスムージーAMINO」には、グルコマンナンとサイリウムという満腹成分が配合されています。

グルコマンナンはこんにゃくの主原料のひとつ。水を含むと30分で10倍に膨らむので、飲んだ直後は満腹だけどすぐにおなかが空く・・・ということがありません。

サイリウムも30倍に膨らむ特徴を持った成分です。オオバコに含まれていて、ヨーロッパやアメリカでは穏やかに効果を発揮する下剤としても用いられているので、整腸作用も期待できます。しかもどちらも植物由来。

いかがですか?
シェイクするだけで簡単に作ることができて、おいしくて空腹対策もしっかり施されているパウダースムージーの特徴は、ダイエットが成功するための条件を満たしているのではないでしょうか?

グリーンスムージーパウダーを使ったダイエット方法

パウダーを使ったグリーンスムージーダイエットのやり方は本当に簡単!
シェイカーにお水、牛乳、豆乳などを必要量入れて、グリーンスムージーを入れて、シェイクして飲むだけ。

シェイクしたあとすぐ飲まずに数分間置いておくと、とろみが増しておなかに溜まりやすくなります。

飲む時間帯は基本的に朝。

朝の身体はカラカラに乾いているので、そこにグリーンスムージーを入れることで身体が欲している栄養などをしっかり吸収することができます。

洗い物はシェイカーとグラスだけというのも忙しい朝には助かりますよね。
手作りグリーンスムージーを続けることができなかった方でもパウダーグリーンスムージーダイエットなら継続できるはず。

グリーンスムージーで短期ダイエットをするには?

グリーンスムージーダイエットは、野菜・果物などをしっかりいただきながら行うダイエットなので、肌荒れや胸痩せなどのマイナスが少ないダイエットですが、難点もあります。

それは朝食の置き換えだけでは短期間でがっつり体重を落とせないこと。

朝食置き換えのグリーンスムージーダイエットは、どちらかというと長期間かけて健康的に痩せる方法なので、1週間で5kg痩せるなどの短期間ダイエットには向いていないのです。

ただ、ちょっとやり方を工夫するだけでグリーンスムージーダイエットの効果を飛躍的に高めることもできます。

ポイントはたったの3つだけ。

グリーンスムージーダイエットの効果を高める3つのコツ

グリーンスムージーダイエットで、短期間で目標の数値に近づくためのコツは3つありますが、どれもあなたが知っていることだと思います。

今日から実践できる簡単なことばかりなので、失敗してもまた再挑戦すればいいか♪くらいの気持ちで始めてみてください。

※グリーンスムージーの様々な効果や効果的にグリーンスムージーを飲むための基礎知識や注意点などは以下をご覧下さい。
>>グリーンスムージーの様々な効果と自作の落とし穴

1.朝の置き換えから夜の置き換えに変えてみる

グリーンスムージーは朝食の置き換えとして愛されていますが、デトックスや体質改善目的ではなくダイエット目的なら夕食の置き換えがおすすめです。

なぜ夕食置き換えが効果的なのかというと、日本人の食生活で、もっとも高カロリー高炭水化物なのが夕食だから。

1日の食事の中でいちばん摂取量が多い食事を置き換えるのがダイエットにとっていちばん効果的なのです。

夕食置き換えなんて辛くてできるはずない!と思っている方こそ、1日だけでも良いので夕食をグリーンスムージーに置き換えてみてください。

翌朝の胃が軽く、いつもよりもお腹が張っていないのがわかると思いますよ。
たった1回の置き換えで効果がわかるのもグリーンスムージーダイエットが成功しやすい理由のひとつなのです。

2.炭水化物抜きダイエットと組み合わせてみる

炭水化物抜きダイエットも効果が出やすいダイエットとしてお馴染みです。
グリーンスムージーダイエットと組み合わせるなら、あまり難しいことは考えずに主食を抜く、ダイエット期間中はパスタやうどんなどの小麦粉メインの食事を避けるだけでも大丈夫。

餃子の皮を残したり、天ぷらの衣をはずすなどの厳しいことまでしなくても十分ダイエット効果はあるはず。

マイペースで頑張ってみてください。

夕食をグリーンスムージーに置き換えるのが辛い方は、
朝食:グリーンスムージー
ランチ:いつもどおり!
夕食:炭水化物抜き
これでも大丈夫です。
ダイエット効果は多少穏やかになりますが、数値は確実に変わってくるはずですよ。

3.レコーディングダイエットと組み合わせる

体重の減り具合やその日食べたものなどを視覚化するレコーディングダイエットで、日本中のダイエッターたちが成果を出したことはご存知かと思います。

グリーンスムージーダイエットとレコーディングはとても相性が良い方法です。

なぜなら、グリーンスムージーダイエットは運動などと違って効果が出るのが早いから。
面白いほど体重が減っていく様子をグラフで見ることでモチベーションが上がり、ますます頑張ろうという気持ちになれるのです。

レコーディングでは、その日口にしたものによって体重が変わることが実感できるので反省にも活かせます。

この3つをグリーンスムージーダイエットと同時に実践できればダイエット効果は格段に上がるはず。

全てを同時に始めなくてももちろん大丈夫。できることから始めましょう。

辛いダイエットは、もう終わりにしましょう

これだけ沢山のダイエット方法がある中で、辛いダイエットをわざわざ選ぶ必要はありません。
辛いことを繰り返してしまうと反動が必ずやってきます。
それがリバウンドです。

パウダースムージーを使ったグリーンスムージーダイエットは、植物の栄養や食物繊維をしっかりいただきながら行うダイエットなので、ダイエットにありがちな頭がボーっとする状態や飢餓感もありません。

やればやるほど野菜不足が解消されるので、ダイエット効果だけでなく美肌効果や便秘改善効果を実感したという先輩経験者もいます。

食事を抜くのではなく置き換えるやり方なので、数時間頑張ったら食べてOKなのも続けやすいポイントです。

簡単に実践できて、効果もわかりやすいグリーンスムージーダイエットはまさに毎日忙しい女性向けのダイエットです。

グリーンスムージーは手作りすることもできますが、本気でダイエットしたいならオススメはパウダーです。

なぜなら、パウダー(粉末)スムージーならパウダーとお水さえあれば始めることができるので、

材料がないから作れない・・・
今日は作る時間がない・・・
買いに行く時間がない・・・

などの自分に対する言い訳ができないから。
辛いダイエットを行う必要はないですが、自分を甘やかしすぎるとダイエットは成功しません。

まずは、お気に入りのパウダースムージーを見つけることから始めてください。
そしてぜひグリーンスムージーダイエットを成功させてくださいね。

私が試したパウダーグリーンスムージーでオススメなものは以下です。宜しければレビューをご覧ください。

グリーンスムージーには深い歴史がある?

現代は空前のグリーンスムージーブームですが、スムージーの歴史はなんと紀元前1000年に遡ります。

世界初と言われているスムージーはなんとインドのラッシー!

ラッシーはインド独特のヨーグルトをベースにしたドリンクで、スムージーとの大きな違いは

・スムージーは乳酸飲料ではない(ヨーグルトを使えば乳酸飲料になる)
・ラッシーはメインになる食材がフルーツ

になります。

野菜やフルーツをベースとなる液体と撹拌させるという作り方はグリーンスムージーに通じるものがありますが、なぜグリーンスムージーが、世界中の女性に愛されるようになったのでしょうか?

野菜不足解消のために再ブレイク?

グリーンスムージーの素晴らしさを世界中に広めたヴィクトリア・ブーテンコさんは、家族の病気と自分の健康のためにグリーンスムージーを生活に取り入れ、その効果を著書「グリーン・フォー・ライフ」にまとめています。

ヴィクトリアさんが最初に見習ったのはなんとチンパンジーやゴリラ!
人間と同じ霊長類の仲間として、彼らの食生活に興味を持ったのだそうです。

ヴィクトリアさんはグリーンスムージーにいくつかのルール付けを行いました。
「グリーン・フルーツ・水以外は入れないこと」
「でんぷん質の野菜は使わないこと」
「食事と一緒ではなく単体で飲むこと」
などです。

ミキサーで作れる手軽な健康ドリンクというスタンスだったスムージーに、より健康になるための考え方を取り入れ生まれたのが現代のグリーンスムージーと言えます。

日本にはサラダだけでなくお漬物やおひたしなどのノンオイル調理法でヘルシーに野菜をいただく習慣がありますが、野菜不足が深刻化しているアメリカをはじめとする世界各国で、グリーンスムージーが爆発的に広まったのはある意味納得です。

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違い

グリーンスムージーダイエットとよく比較されるのが酵素ダイエット。
グリーンスムージーも酵素ドリンクも原料が野菜や果物なので、自分にあうのはどっち?と迷う方が多いようです。

このふたつの大きな違いは「発酵」にあります。

酵素ダイエットは体質に働きかけることもできる

酵素ドリンクは、野菜や果物を発酵させて作られるので、お味噌やヨーグルトと同じ発酵食品に分類することができます。発酵食品には腸の働きを整える作用があることがわかっています。

わたしたちの身体の中には「代謝酵素」という酵素が存在します。

酵素ドリンクで体内酵素を増やしてあげることで、代謝をアップさせることもできると言われているので、ダイエットしながら免疫力を高めたい、代謝をアップさせたい、身体を内側から綺麗にしたい方などは酵素ダイエットが向いています。

グリーンスムージーは植物エネルギーを直に摂取できる

材料となる野菜やフルーツの栄養価や性質を組み合わせることで効用を高めることができるので、個人それぞれのお悩み解消向けのレシピを作ることができるのがグリーンスムージーの特徴。

もともとグリーン(はっぱ野菜)を効率的に摂るために生まれたのがグリーンスムージーなので、ダイエットが終了したあとでも、特製野菜ジュースとして継続すれば、慢性的な野菜不足を解消することができます。

ヨガなどと組み合わせてグリーンスムージーをライフワークとしている女性も多く、サラダ以上に生野菜のエネルギーを効果的に得られる方法として、今後ますます定着しそうです。

野菜不足が解消できれば、身体にさまざまな良い変化が訪れます。ダイエット効果もそのひとつ。

野菜が足りていないと感じる全ての方に向いているのがグリーンスムージーダイエットと言えます。

PAGETOP