青汁の選び方ガイド【目的別】

青汁の色々な選び方
健康のために青汁生活を始める方が増えていますが、いざ青汁を購入してみようと思うと、さまざまなメーカーから青汁が販売されているため、どれを選んだら良いか悩んでしまいますよね。

青汁の商品を比べてみると価格にも差があり、一体どこが違うの?と疑問が生まれます。
そこで、ここでは「自分に合った青汁の選び方」についてご紹介したいと思います。


もくじ

⇒青汁の効果まとめ&効果が高かった青汁3つ

初めての青汁選びのポイント

青汁の商品は、どれも同じだと思っている方はいませんか?

苦い薬ほど良く効くと言われているように、青汁が販売され始めた当初は、”苦くてまずい”ことがインパクトとなり人気に火がつきましたが、やはり苦くてまずい青汁は継続して飲み続けるには難しいですよね。

現在、販売されている青汁の多くは、飲みやすさに重点が置かれていますので、一昔前と比べると、気軽な健康ドリンクとして楽しむことが出来ます。しかし、見た目は同じような青汁に見えても、使用されている原料も違えば効果も違います。

初めて青汁を購入する方は、基本的な選び方のポイントを押さえておきましょう。

青汁の原料で選ぶ

青汁は、栄養価の高い緑葉野菜を原料とした搾り汁です。
主に、青汁の原料として使われている緑葉野菜は、「ケール、大麦若葉、小松菜、ヨモギ」などです。

主要となる原料によって、「味、香り、効果、価格」が変わります。

小松菜やヨモギは、料理や和菓子に使用されていますので、比較的クセがなく青汁としては飲みやすい原料です。しかし、ケールや大麦若葉はクセがありますが、栄養価が高いため健康美容効果も得やすく、飲みやすさにこだわるか栄養価にこだわるか?によっても選ぶ基準が変わってきます。

青汁の効果で選ぶ

青汁は、もともとコレステロール値を低下する作用や血液をサラサラにするなど、高血圧や脳卒中といった「生活習慣病」の予防に効果がある原料が使用されていました。

現在は、青汁の効果にもさまざまなタイプがあり、便秘やむくみを解消する「ダイエット効果」があるものや、美肌やアンチエイジング向けの「美容効果」に特化した商品があります。

そのため、青汁を選ぶ時には、どのような効果を得たいのか?をあらかじめ決めておく事で、自分に適した商品が選びやすくなります。

青汁の価格で選ぶ

青汁は、1度飲んだだけでは効果を得にくいため、継続的に続けることでカラダへの変化を実感し始めます。青汁商品の平均的な価格の相場は、1箱約1カ月分で3,000~5,000円です。

ただし、青汁は価格帯に幅があるので、無理なく続けられる価格を選ぶことがポイントです。また、定期購入コースがある青汁なら、注文の手間が省けるうえに「割引価格」のサービスが受けられるため、お得に購入することが出来ますので、各販売店によるサービスの違いにも注目しておきましょう。

ダイエット効果がある青汁の選び方

青汁は、ダイエットを目指す方にもおすすめです。
ダイエット中は食事制限をすることから、必要な栄養素が不足しやすくなります。

そのため、栄養価の高い青汁を飲むことにより、不足しがちな栄養素を補うことができ、健康的なダイエットが目指せます。また、自分の体質に合わせて青汁を選ぶことで、痩せやすい体作りも目指せます。

便秘を解消する青汁

ポッコリお腹で悩む方は、「便秘」の症状に悩まされていませんか?便秘は、体にとって不要なものが蓄積していますので、体の循環が上手くいかずに基礎代謝が低下するためダイエットの天敵となります。3日以上便通がないという方は、便秘の症状起きていますので、腸内環境を整えることがダイエット成功への近道です。

青汁には、「食物繊維」が含まれた製品が多く、特に「大麦若葉」「桑の葉」を原料とした青汁は、便秘改善に効果があります。便秘が解消するだけで体重も減量し、スッキリとしたお腹になりますよ。

糖をブロックし脂肪をセーブする桑の葉を原料としたダイエット系の抹茶風味の青汁「神仙桑抹茶ゴールド(全額返金保証付き)」の公式サイトは以下です。
http://www.ochamura.com/
「ぽっこり」「下半身太り」「むくみ」ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は以下をご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/
大麦若葉を原料としたやずやの養生青汁の公式サイトは以下です。
https://www.yazuya.com/

むくみを解消する青汁

夕方になると足がむくむ。朝起きると顔がパンパンになっている。といった方は、体のむくみを改善する青汁を飲みましょう。

青汁には、むくみを改善するための「カリウム」が豊富に含まれています。カリウムは、体の中の余分な水分を排出する働きがあります。カリウムを含む食材は、きゅうりやスイカなどがありますが、体を冷やしやすい野菜のため、食べ過ぎには注意が必要です。

青汁の代表的な原料である「大麦若葉」「明日葉」なら、カリウムが豊富に含まれていながらも、ホットで飲むことが可能なので、体の冷えを気にせずに済みます。

セルライトを解消する青汁

下半身太りに悩む方は、太ももやおしり周りの「セルライト」に悩まされている事が多いですよね。セルライトは、一度付いてしまうと改善することが難しく、地道にマッサージを続けることが効果的とされています。

食品では、「明日葉」がセルライトの改善に効果がある植物として知られていますが、毎日食事から明日葉を摂取することが難しいのが難点です。そこで活用したいのが、明日葉を主原料とした青汁です。

ふるさと青汁」など原料に明日葉を使用した青汁なら、セルライトを解消するための成分である「カルコン」や老廃物の原因となる「カリウム」を豊富に含んでいますので、むくみが解消され下半身痩せにも効果的です。

「ぽっこり」「下半身太り」「むくみ」ふるさと青汁は明日葉、大麦若葉が主原料なので、カリウムを豊富に含んでいます。
http://www.mycare.co.jp/

大麦若葉を原料としたやずやの養生青汁の公式サイトは以下です。
https://www.yazuya.com/

購入後に後悔しないための青汁の選び方

初めて青汁を購入する方は、販売されている種類の多さに、とりあえず飲んでみよう!と勢いで青汁を購入した方もいますよね。しかし、青汁の味が合わずに「まずい!」と失敗してしまう事もあります。

1度美味しくない青汁を経験してしまうと、なかなか青汁には手が出しにくくなってしまうのですが、せっかく高まった健康意識を台無しにしないよう、購入後に失敗しないための青汁の選び方として覚えておきたいポイントをご紹介します。

飲みやすい青汁の選び方

飲みやすい青汁は、健康美容成分の他にも飲みやすくするための材料を取り入れ、美味しく飲めるように加工が施されています。わかりやすい商品の場合には、「抹茶味」や「緑茶味」と記載されていますので、青汁の中でも飲みやすい商品に分類されます。

抹茶風味でおすすめなのが脂肪太りを防いで、脚や顔のむくみを解消する「桑の葉」を中心としたダイエット系の青汁である「神仙桑抹茶ゴールドです。私も実際に飲んでみましたのでお墨付きです。

また、青汁に味付けが施されている商品以外にも、「甘味料、オリゴ糖」等が含まれているものなら、ほんのり甘味が付いた青汁となりますので、青汁の苦みが苦手な方におすすめです。

商品のパッケージ裏やwebサイトの詳細情報の欄には、成分一覧が記載されていますので、青汁を購入する前に成分表をチェックしてみましょう。もちろん、口コミなどから青汁の商品の味をチェックすることも良いのですが、美味しいか不味いかという味覚の違いは個人差がありますので、あくまで参考程度になります。

そのため、口コミよりも使用されている成分から、味を予測する方が失敗が少なくなります。

飲みにくい青汁の特徴

実は、成分一覧を確認することで、飲みにくい青汁を見極めることも可能です。
飲みにくい青汁の特徴は、「成分がシンプルな商品」です。

青汁の中には、栄養価の高い原料のみを厳選使用した製品があります。余分なものが一切入っていないため、体には良い印象があるので人気商品にも多いのですが、緑葉野菜独特の苦みや香りがそのままである可能性が高いので、美味しさや飲みやすさを求める方には要注意です。

ただし、こうしたシンプルな成分で作られた青汁は、こだわりの原材料を使用している事も多いので、味よりも青汁の効果・効能を得たい方におすすめと言えます。

安全で体に優しい青汁の選び方

健康のために青汁を飲むのなら、安全で体に優しいものを選びたいですよね。
品質の高い青汁を見極めるためのポイントをご紹介しますので、青汁選びの参考にしてみてください。

原料・製造国をチェック

高品質で安全性の高い青汁を選ぶなら、やはり「国産青汁」がおすすめです。
原料となる野菜などは、直接口にするものですから、できるだけ国内で安全に作られたものを摂取したいものです。

ふるさと青汁に使われている主原料の明日葉は100%国産(八丈島)です。農薬・化学肥料に頼らない農法で栽培されています。
http://www.mycare.co.jp/

中国産の野菜などは、近年問題となっている大気汚染や残留濃度の高さによって、発ガン成分が含まれていることもあり、コストが安い分リスクが大きくなります。

もちろん、海外でも安全性に配慮して生産されている事もありますが、輸入野菜を使えば鮮度はどうしても国内産よりも劣ってしまいますので、品質の高さを求めるなら日本産を選ぶのがベストです。

また、日本人は他国の人達からも一目を置かれるほど、衛生管理に厳しいため、製造ラインも国内で行われている方が信頼度は高めです。もしも、原材料の産地表示がハッキリしない場合は、粗悪な材料を使用している可能性もあるので注意しましょう。

農薬・化学肥料をチェック

高品質な青汁の場合、原料である野菜の栽培方法にもこだわっています。農薬や化学肥料を使わない「無農薬・有機栽培」によって作られた青汁もあり、国産の中でもより安全性の高い製品と言えますので、家族で青汁生活を始める方にも安心して飲むことができます。

無農薬・有機栽培の青汁の場合、「有機JAS認定」を受けていますので、きちんと認定表示が記載されている商品であるかを確認しましょう。この有機JAS認定がなければ、無農薬・有機栽培と記載することが出来ませんので、表示があることは信頼の証でもあります。

やずやの養生青汁の主原料「大麦若葉」は、農薬、化学肥料を使わずに栽培された大分県産の「六条大麦若葉」を使用しています。
https://www.yazuya.com/

添加物・糖分をチェック

健康の事を考えて毎日青汁を飲むなら、添加物や糖分が含まれていない方が理想的です。
添加物の摂りすぎが体に良くない事は有名ですが、青汁にも保存性を高めるための防腐剤などが使用されている事もあるので、使用されている成分をきちんと確認しましょう。

そして、飲みやすさを重視した青汁には、甘味を含めた糖分入りの青汁があります。苦みが苦手な方にとっては嬉しい成分ですが、糖尿病などを予防したい方にとっては、余分な糖を摂取してしまう事になりますので、シンプルな原料の青汁を選ぶようにしましょう。

製法の違いによる青汁の選び方

青汁の商品は、各メーカーによって製法の違いがあります。
青汁を商品として作る過程の製法が違えば、味や栄養素が変わってきますので、それぞれの製法に注目して青汁を選ぶのもおすすめです。主な青汁の製法のメリットとデメリットについてまとめてみました。

粉末青汁

パウダー状になった粉末青汁は、「顆粒」と「フリーズドライ」の2種類があります。
顆粒タイプの青汁は、青汁を乾燥して作ったもので、保管が簡単で携帯にも便利なことから、最もポピュラーな製法の1つです。

多くの青汁商品に使用されており、比較的クセがなく美味しく青汁を飲めるというメリットから人気を得ています。ただし、顆粒タイプの青汁の場合、高温処理をしているケースもあり、ビタミンなどの栄養素が少ないというデメリットがあります。

一方、フリーズドライタイプの青汁では、搾りたての青汁を急速冷凍させ、真空の釜で乾燥させる製法になります。高温処理されていない分、ほぼ栄養素を壊すことのないものの、香りもそのまま閉じ込めている為ややクセがあります。

冷凍青汁

冷凍青汁は、搾りたての青汁を冷凍させるシンプルな製法の商品です。
青汁の成分がそのまま凝縮されていますので、鮮度が高く栄養価にも優れていることがメリットです。

しかし、一度に保存できる場所が限られているうえ、粉末と比べると保存期間にも気を付けなければなりません。冷凍青汁を飲む際には、一旦青汁を解凍しなければならないといった手間もかかりますので、時間に余裕がある方向けとなります。

また、青汁特有の青臭さが残っているので、どちらかといえば青汁生活に慣れている上級者向けの商品です。

錠剤青汁

近頃の青汁は飲みやすくなったとはいえ、それでも香りなどが苦手で飲めないという方もいますよね。錠剤青汁は、青汁を凝固し粒状に製法されたいわゆるサプリメントタイプの商品です。

青汁のニオイや味を気にせず、携帯にも便利で手軽に飲めるというメリットがあります。しかし、ドリンクとして飲む液体青汁と同じくらいの栄養素を補うとなれば、沢山の摂取量が必要となります。

例えば、粉末タイプの1包の栄養価を錠剤タイプで補う場合、約15~20粒ほど飲まなければならなりません。そのため、どうしても1日に補える栄養価は低めとなってしまいます。

何でもいいはNG!間違った青汁の選び方

現在、青汁は健康ドリンクの定番となり、多くの商品が販売されています。
青汁なら何でも良いというのは間違った考え方です。

青汁が原因で、健康面で悪影響を及ぼしてしまう事もありますので、青汁を正しく選ぶようにしましょう。

失敗しがちな間違った青汁の選び方をチェックして、青汁が健康面でプラスに働くように取り入れていきましょう。

栄養価の表示を確認する

青汁の商品には、パッケージなどに栄養価が記載されています。
しかし、大々的に表示されている栄養価は、ほんの一部を抜粋している事がありますので、全成分の栄養素はどれくらいなのか?をチェックするようにしましょう。

例えば、A社、B社を比較した際に、自社製品の栄養素が優れているように見せるよう、あえて低い栄養価に関しては記載しないこともあるのです。グラフなどで表す場合には、全部の栄養素を記載できませんので、自信がある成分のみ表示していることがあります。

そのため、ビタミンは高くてもミネラルが低い。食物繊維は豊富でもカルシウムは低いなど、1つの栄養素に特化した青汁よりも、バランス良く栄養素を補える方がおすすめです。

ライフスタイルに合わせる

青汁は継続的に飲むことで、健康や美容効果を実感することができます。
そのため、続けやすい青汁商品を選ぶことも大切です。

毎日飲むことが続けやすい青汁とは、決して「味」だけの問題ではありません。
忙しい日々を送っている方は、習慣化させることが面倒になってしまう青汁では、継続して飲み続けることができません。

青汁は、主に「粉末、冷凍、サプリメント」の種類があります。
例えば、多忙に過ごしている方が冷凍青汁を選んだ場合、解凍の手間によって面倒に感じてくることでしょう。

ライフワークに合わせながら、手軽に楽しく飲み続けることができる自分に合った青汁のタイプを選びましょう。

自分の健康状態に合わせる

青汁は、栄養価に優れた製品であるものの、場合によっては体に負担を与えてしまいます。
例えば、青汁の成分に含まれていることが多い「カリウム」は、体の中で不要となった老廃物や水分を排出する働きを持っていますが、腎臓が悪い方が摂取しすぎると不整脈を引き起こしやすくなります。

また、血栓を抑えるためのワーファリンを飲んでいる方は、ビタミンKを含む青汁を飲むと薬の効果が低下してしまうため、飲用を控える必要があります。そのため、自分の健康状態に合わせた青汁選びをしましょう。

また、薬を飲んでいる方や持病を抱えている方は、担当の医師に青汁の摂取が可能であるかを確認するなど、青汁の副作用に悩まされないよう注意してください。

どこで買えば良い?購入先別 青汁の選び方

青汁は、通販ショップでの販売を中心にコンビニやドラッグストアなど、身近なところでも販売されています。取扱店が増えたことにより、気軽に購入できるようになりましたが、青汁はどこで買っても同じなのでしょうか?購入先別の選び方で注意しておきたいポイントをまとめてみました。

通販ショップの青汁

青汁商品の多くは、通販での購入が可能となっていますので、パソコンや携帯電話から、いつでも青汁の購入が可能です。検索1つで自分好みの青汁を探し出すことができ、キャンペーンを利用すれば、お得に購入できるチャンスもあります。

初めて青汁を購入する方には、「お試しセット」が付属されている商品もあるので、気に入らなかった場合には返品することも可能です。

また、通販ショップでは「定期便コース」があるので、定期便での購入なら、青汁がなくなる度に注文しなければならない手間が省けますので、継続して青汁を飲み続けたい方には便利なサービスがある点が通販ショップのメリットです。

コンビニの青汁

年々商品の幅を広げているコンビニ業界では、自社製品の青汁まで登場しています。
粉末タイプの箱入り青汁は20日分程度。紙パックの青汁は1杯分で販売されています。

コンビニの青汁は、価格が安く24時間いつでも購入できる気軽さが便利です。しかし、1度に購入できる量は少なく、継続して飲み続けるには不便なため、青汁を初めて飲む方や、毎日ではなく、たまには青汁を飲んで体をスッキリさせたいという方に向いている購入先です。

普段、愛飲している青汁を切らしてしまった時や、出かけ先に持参することを忘れてしまった場合でも、少量の青汁を購入できる点がコンビニのメリットです。

ドラッグストアの青汁

ドラッグストアの青汁は、人気商品や知名度が高いメーカーの商品を中心に、2,000~3,000円程度の価格帯の商品を取り揃えています。店舗によって差がありますが、大手ドラッグストアなら粉末、液体、サプリメントなど、様々なタイプの青汁を販売しています。

しかし、青汁の品揃えは多い店舗でも10種類程度しかありません。また、必ずしも在庫があるとは限りませんし、青汁が欲しい時には足を運ばなくてはなりません。

そのため、自宅近くのドラッグストアに、お気に入りの青汁が販売されているといった方には、お買い物ついでに利用できる点が魅力的ですが、基本的には購入の手間がかかってしまう点がドラッグストアのデメリットです。

ただし、ポイントカードがあるドラッグストアでは、購入金額に合わせてポイントが加算されたり、割引価格で販売されることがあるといったメリットがあります。

体の状態に合わせた青汁の選び方

青汁は、商品によって豊富に含まれる栄養素が異なります。青汁の魅力は、不足しがちな栄養素を手軽に補えるのがメリットです。自分の体の状態に合わせて青汁を選べば、効率良く栄養素が補えますので、体調の悩みを改善する良い効果をもたらしてくれます。

主な体の症状別の青汁選びのポイントをまとめてみましたので、気になる体の不調がある方はチェックしてみましょう。

肌荒れが気になる方

ニキビや吹き出物に悩む方は、ビタミンCが豊富に含まれた青汁を選びがちですが、ビタミンCだけではなく、ビタミンAやβカロテンの栄養素も肌荒れの改善には重要です。

ビタミンCは、抗酸化作用があるためシミを防ぎ、過剰な皮脂分泌を抑える働きがありますので、肌荒れの予防に効果的です。

一方、すでに肌荒れを引き起こしてしまっている場合には、ダメージを受けてしまった細胞を修復するビタミンAが有効です。また、βカロテンは、バリア機能を高める働きがありますので、免疫機能を高めて肌荒れの回復を高めます。

肩こり・腰痛に悩む方

肩こりや腰痛に悩む方は、血行不良となり疲労物質が蓄積した状態のため、疲労物質を肝臓に運んで分解を促すビタミンB1やB2の成分が有効です。

また、血行の改善には、ビタミンEが毛細血管を拡張して血行を促す働きがあるため、凝り固まってしまった肩こりや腰痛の改善に効果をもたらします。

ちなみに、ビタミンEはビタミンCと同時に摂取することで、効果が最大限に発揮される特性を持っていますので、青汁を選ぶ時には「ビタミン群」が豊富に含まれた製品を選ぶのがおすすめです。

不眠気味やストレスが溜まっている方

慢性的にストレスを抱えている方は、自律神経のバランスが乱れがちです。自律神経の乱れは、不眠に繋がり、疲れが取れにくく体が常に疲労した状態になります。

体の悪循環を招かないためには、ストレスの改善に効果をもたらすビタミンCやイライラを抑えるカルシウムの成分が含まれた青汁がおすすめです。カルシウムには、眠りをコントロールするセロトニンを生み出すトリプトファンも含まれています。

また、ビタミン12が不足すると不眠になりやすいと言われています。ビタミン群は、神経の高ぶりを抑える働きがありますので、カルシウムやビタミンがバランス良く配合された青汁がベストです。

妊娠中の女性向け 青汁の選び方

青汁は、妊娠中の女性でも飲めるの?という声もありますが、栄養価の高い青汁は妊婦さんにとっては、効率良く沢山の栄養を摂れる優れものです。妊娠中の女性が青汁を選ぶ時のポイントと注意点をご紹介しますので、食事で補えない分を上手に摂取しましょう。

妊婦さんにおすすめの青汁

妊婦さんにおすすめの青汁は、ビタミンK、ビタミンD、葉酸が含まれた「ケール、明日葉」などを原料としたものです。

ビタミンKが不足してしまうと赤ちゃんは、ビタミンK欠乏性出血症に陥る可能性が高まりますので、妊娠後期に積極的に摂りたい栄養素の1つです。

ビタミンDは、カルシウムの働きをサポートする成分で、ビタミンDが不足してしまうと体内のカルシウムがうまく作られなくなり、赤ちゃんの骨の形成などに影響を及ぼします。

そして、妊娠初期は赤ちゃんの成長に葉酸が必要不可欠となります。葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの脳や神経を作る大切な役割を持ちますので、妊娠前から積極的に摂取しておきたい成分です。

妊娠中は控えた方が良い青汁

青汁の中には、飲みやすさを重視し、緑茶や抹茶などが含まれたものがあります。緑茶や抹茶には「カフェイン」が含まれていますので、妊娠中の方はノンカフェインの青汁を選ぶようにしましょう。

また、青汁の原料に使用されるものは、産地や栽培方法がきちんと記載されている方が信頼度が高い商品と言えます。価格や味だけにこだわらず、出来るだけ体への負担とならないために、残留農薬のないものや添加物の使用がないものを選びましょう。

つわりがヒドイ方におすすめの青汁

妊娠中につわりがヒドイ方は、ビタミンB6が不足しがちです。そのため、ビタミンB6が含まれている「大麦若葉」や「明日葉」を原料とした青汁を飲むのがおすすめです。

ビタミンB6には、女性ホルモンのバランスを整える働きもありますので、マタニティブルーといった憂鬱な気分やイライラの症状を抑える効果もあります。出産後の産後鬱を予防したい方にも良い効果をもたらしてくれます。

授乳中の女性は栄養をきちんと取り、良質な母乳を作り出すことも赤ちゃんにとっては大切になりますので、赤ちゃんを産んだ後にも青汁はおすすめです。

ただし、つわりの症状があり、青汁のニオイや味が合わない場合には、無理をしないように気を付けてください。

家族全員が飲める青汁の選び方

青汁は、小さなお子様から年配のお年寄りまで飲むことが出来ますので、自分の健康だけではなく、ご家族の健康を願う方達にもおすすめです。
好き嫌いの多いお子さんや、食事の量が落ちてしまうお年寄りがいるご家庭では、栄養のバランスを考えながら、美味しく料理を食べてもらうための献立を毎日考えることは大変ですよね。青汁は、食事から補うことが難しい栄養素を補う役割を果たしてくれますので、家族全員で青汁を活用すれば、健康的な生活が送れます。

しかし、ニオイや苦みがある青汁では、家族全員が青汁を飲んでくれることはありません。家族全員が飲める青汁を購入する時は、「味、安全性、使いやすさ」を重視して選ぶようにしましょう。

家族が飲みやすい青汁とは?

家族が全員が飲みやすい青汁を選ぶ際には、苦みやクセが少ないものが良いでしょう。緑茶味やフルーツ味など、味付けされている青汁の方が抵抗なく、万人ウケする味です。

サプリメントタイプの青汁は、クセやニオイが全くなく飲みやすいイメージもありますが、小さなお子様やお年寄りには、薬のようなイメージがあり好まれません。錠剤のサイズが大きければ、飲みにくいデメリットもあります。

冷凍タイプの青汁は、解凍しなければならず手間暇がかかり、保管するにも場所を取りますので、家族分の青汁をストックしておくには不便です。そのため、家族向けの青汁は、粉末パウダータイプが一番使いやすく飲みやすい種類になります。

また、粉末パウダーは青汁ドリンクとして飲むだけではなく、アイデア次第で料理に活用できるメリットもあります。

家族が安心して飲める青汁

家族全員が飲む青汁は、少しでも安全・安心な製品を選ぶようにしましょう。原料の産地が明確である事や、栽培方法にもこだわって作られているものなど、安全管理が徹底されている品質が高く、信頼できる製品を購入しましょう。

国産の原料であったとしても、粗悪な商品である可能性もあります。「放射能検査」が行われているか?など、日頃野菜を購入する時に気を付けているポイントと同様に青汁も選びましょう。

おすすめの青汁一覧と実際に飲んでみた感想

★ふるさと青汁
ふるさと青汁

ふるさと青汁に使われている主原料の明日葉は100%国産(八丈島)です。農薬・化学肥料に頼らない農法で栽培されています。

「ぽっこり」「下半身太り」「むくみ」ふるさと青汁の全額返品保証や特別価格に関する情報は以下をご覧ください。
http://www.mycare.co.jp/


★神仙桑抹茶ゴールド
神仙桑抹茶ゴールド

桑の葉を原料としたダイエット系の抹茶風味の青汁「神仙桑抹茶ゴールド(全額返金保証付き)」の公式サイトは以下です。
http://www.ochamura.com/

★やずやの養生青汁
やずやの養生青汁

やずやの養生青汁の主原料「大麦若葉」は、農薬、化学肥料を使わずに栽培された大分県産の「六条大麦若葉」を使用しています。
https://www.yazuya.com/

PAGETOP