ベージュのネイルデザイン5選・選び方&おすすめカラー

ベージュのネイルデザイン5選・選び方&おすすめカラー
ベージュカラーのネイルはデザインネイルの中でも、普段使いしやすいデザインが豊富なものになります。

またカラーバリエーションも豊富なので、どんなカラーがいいのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はデザインネイルとベージュカラーのおすすめカラーを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 


もくじ

ベージュ×グラデーションネイル

ベージュ×グラデーションネイル

ベージュとクリアのグラデーションの相性は抜群です。オールシーズン使えるベージュと涼し気なクリアを組み合わせることでよりきれいな発色に見せることもできます。また、アクセサリーやネイルシールを組み合わせてワンランク上のネイルアートを楽しみましょう。
001beigecolornail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
002beigecolornail
ベージュのカラーを塗ります。半分くらいベージュを塗るようにするのが理想的な塗り方です。
003beigecolornail
クリアジェルもしくはトップコートジェルを使って境目をぼかしていきます。筆にカラーが着きすぎているときは、一度拭いてからぼかしを入れるといいですね。きれいなグラデーションを作ることができます。
004beigecolornail
クリアの部分にクリアジェルを塗って一度硬化します。
005beigecolornail
二度塗りをするときも同じようにカラーを塗ってぼかしを入れてクリアジェルを塗るという方法でおこないます。再度硬化をして未硬化ジェルを拭き取ります。クリアを使ったグラデーションは意外と簡単にできるのでおすすめです。
010beigecolornail
今回100円ショップセリアの「アイシング風ネイルアートシール」を使ってアートを入れていきたいと思います。しっかりネイルにフィットしてジェルに埋め込むこともできるのでおすすめのネイルシールです。
006beigecolornail
ネイルシールはピンセットや爪楊枝などの細かい作業ができるものを使って取ります。フィットしやすい分、剥がしたときに形が壊れやすいというデメリットもあるので扱いは丁寧におこなうようにしてくださいね。
007beigecolornail
ネイルにのせていきます。ネイルシールがはみ出る場合はカットしておくことで、ジェルのリフト防止できるのでしっかり処理しておきましょう。
008beigecolornail
オフホワイトのパールをのせていきます。大中小と使うとネイルのグラデーションの雰囲気をより強調できるのでいいですね。パーツの使い方も面白いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
009beigecolornail
ゴールドブリオンを一緒に並べてアクセサリーの存在感を出していきます。グラデーションを強調したい場合はシンプルにアクセサリーを使わない方法もいいですね。トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

クリアを一緒にしたベージュのグラデーションは、単色塗りよりも自然な仕上がりになるので、オフィスなどでも目立たないデザインネイルになります。

人気のデザインでもありますので、いろんなアレンジをしてオリジナルのデザインを作ってみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

ベージュ×ストーンネイル×ラメでゴージャスに

ベージュ×ストーンネイル×ラメでゴージャスに
ベージュを使ったデザインネイルの中でも、ラメを活用するだけで一気に華やかになる方法があります。ラメのフレンチやグラデーションを使って少しゴージャスなデザインネイルを作っていきましょう。

また、ストーンもプラスしてパーティでも使えるベージュのデザインネイルを完成させていきたいと思います。
011beigecolornail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取っておきます。
012beigecolornail
上から3分の2程度までをベージュで塗ります。硬化して塗るという工程を2回繰り返してください。
013beigecolornail
次にラメを塗っていきます。一度塗りでは少し薄めに塗っておきます。ここで硬化します。
014beigecolornail
二度塗りをして少し濃い目のラメグラデーションを完成させます。シルバーのラメで存在感は大きくなります。

ラメの種類でいうとゴールドラメはベージュとの相性もいいので、ラメグラデーションのみでいい場合は、ゴールドの方がおすすめですね。今回はアクセサリーも使いたかったので、シルバーラメにしてみました。
015beigecolornail
ネイルの根元にラインストーン、スタッズを使っていきます。真ん中にオーロラ系のストーンを使って少しミステリアスな雰囲気も出しています。トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
016beigecolornail
薬指にはワンポイントとして、スワロフスキーで綺羅びやかに盛ったネイルを仕上げました。ベースにシルバーラメを使うことで、ストーンの間を細かく埋めなくて済むのでとても便利です。

ベージュに合わせてゴールドアクセサリーを使うのもおすすめです。アクセサリーが多い分、クリアジェルやトップコートジェルを多めに塗って厚めの硬化をするのもいいですね。

豪華な仕上がりになりますが、意外ときれいにまとまりにくいのがベージュカラーです。使うラメのカラーなども変えて、TPOに合ったネイルを作るのも楽しいでのはないでしょうか。

スポンサードリンク

 

ベージュ×マット×押し花

ベージュ×マット×押し花

ベージュカラーと押し花の組み合わせは、普段使いのネイルに最適です。派手すぎないでも、地味すぎないそんなネイルを求めている方にもおすすめのデザインネイルになります。是非、マットネイルもベージュで楽しんでみてくださいね。
017beigecolornail
まずはベースコートを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。ベージュのカラーを二度塗りします。硬化して未硬化ジェルを拭き取ります。
018beigecolornail
マットのトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
019beigecolornail
押し花を使うネイルも同じように単色のカラーを塗っておきます。マットコートは押し花の後でもかまいません。
020beigecolornail
ベージュのマットネイルにはシンプルにゴールドブリオンを並べます。ゴールドブリオンの上にだけツヤ系トップコートジェルを塗って硬化します。

マットの部分に着いてしまったら、ブリオン部分をマスキングテープなどでガードして、マットのトップコートジェルを塗り直します。これで完成になります。
021beigecolornail
押し花をおいていきます。今回は埋め込むタイプの押し花ではなくネイルシールタイプの押し花を使用しました。詳しくは押し花ネイル【デザイン・やり方】セルフでも失敗しないコツを参考にしてみてくださいね。
022beigecolornail
大小の押し花をおいていきます。少しはみ出るくらいでもいいですね。

押し花はできるだけフラットなものを使用するほうがマットネイルには向いています。マットの方が凸凹が目立ってしまうということがあります。

今回はネイルシールタイプの押し花を使用するので、マットのトップコートジェルのみで大丈夫ですが、本物の押し花を使用する際は、クリアジェルを塗ってフラットにしてさらにマットのトップコートジェルを塗って硬化するようにしましょう。
023beigecolornail
下側にも上下非対称に押し花をおいていきます。押し花のカラーはベージュと相性のいい暖色系のカラーを使用しました。
024beigecolornail
真ん中に文字を入れたいので、100円ショップセリアの「アイシング風ネイルアートシール」を使って文字を入れていきます。
025beigecolornail
真ん中に文字のネイルシールを貼ったら、マットのトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

押し花の使い方は人それぞれになりますが、色を暖色系にして同系色にしたり、アクセントのように真逆の寒色系のカラーを使うのもおすすめです。

まとまりのあるカラー使いをしたい方には断然暖色系の押し花を選ぶといいですね。ぜひ、セルフでも楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 

ベージュ×べっ甲ネイル

ベージュ×べっ甲ネイル

ベージュネイルでも色使いを変えて、べっ甲ネイルを組み合わせるのもおすすめです。大人の色味を持ったブラウン系のカラーでべっ甲ネイルにしてみました。落ち着きのあるカラーなのでオフィスなどでも浮かないデザインネイルとしてもいいですね。
026beigecolornail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ってベージュカラーを二度塗りし硬化します。このとき、未硬化ジェルを拭き取らなくてもOKです。
027beigecolornail
ベージュとブラウンを大きなドット柄のようにのせます。ブラウンのほうが色味が出やすいので、気持ちベージュを多くのせるようにするときれいなべっ甲ネイルができます。
028beigecolornail
細筆を使って色をぼかしていきます。一度塗りをして、その後に二度塗りでべっ甲ネイルの深みを出すようにするといいですね。

硬化した後にクリアジェルを塗って再度硬化します。より詳しいべっ甲ネイルのやり方はべっ甲ネイルの簡単なやり方とアレンジデザイン5つを参考にしてみてくださいね。
029beigecolornail
少しアクセントを付けるように、ゴールドのホイルを使います。あまり派手になりすぎないように、ゴールドのホイルの分量を調節するのもいいですね。トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。

他のネイルは単色塗りにして、べっ甲ネイルを引き立てるようにデザインしました。おとなしい柄を楽しむことができるのでベージュとべっ甲ネイルの組み合わせは大人ネイルとしても魅力的です。マニキュアでも簡単に楽しめるので、ぜひ楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 

【オフィスOK】ベージュ×フレンチ

【オフィスOK】ベージュ×フレンチ

ヌーディーカラーを使ったフレンチネイルはとても人気のあるデザインの一つです。ベージュでも明るめのピンクベージュを使うことで雰囲気がガラリと変わりますシンプルだからこそ清楚感が出るベージュのフレンチネイルをここでは紹介したいと思います。
030beigecolornail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ってフレンチを作っていきます。今回は明るめのピンクベージュを使ってフレンチを作ります。

フレンチの細かい作り方はフレンチネイルをセルフで!簡単なやり方&デザイン集を参考にしてください。
031beigecolornail
二度塗りをして硬化します。クリアの部分には段差を埋めるようにクリアジェルを塗ります。よりクリアの部分を肌の色に近づけたい場合はペール系カラーのピンクを使うことでフレンチ部分との色のコントラストがはっきり出るのでいいですね。
032beigecolornail
シンプルなフレンチラインを作って、ストーンは輝きのきれいなスワロフスキーのクリアを使います。クリアジェルを塗ってストーンを置き、一度硬化します。その後に上からトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

フレンチラインがきれいに描けない方には、境目にラメやネイルシールなどを使って埋める方法や、まっすぐなフレンチラインをマスキングテープで作る方法もあるので、セルフでも簡単にできるフレンチを作るのもいいのではないかと思います。

シンプルだからこそ楽しめるのがフレンチの魅力です。ベージュを使ってぜひ楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 

自分に合ったベージュカラーの選び方

ベージュのカラーを選ぶときに、どのベージュがいいのかと迷ってしまうことがありますよね。ベージュと一言で言っても明るいベージュからダークカラーまで幅広いので、自分に合ったカラーを見つけるこが難しいと感じてしまうことも多いでしょう。

基本的に肌の色に合わせて選ぶことで自分に合ったカラーを見つけることができるので、ここではそんなベージュネイルのカラーの選び方なども紹介していきたいと思います。

ブルー系の肌に似合うベージュカラー

肌全体に透明感のあるブルー系の肌の方には寒色系が入ったベージュカラーがおすすめです。色白さんと言われる方に多い肌の色ですね。少し青みがかった肌にはその肌の透明感を引き立てるようなベージュをおすすめします。

パール系ベージュ→パール系のベージュは透明感のある色白さんの肌を際立たせる効果があります。

ピンクベージュ→肌の色に近いヌーディーカラーでもあるピンクベージュは、ブルー系の肌の方にピッタリです。

グレージュ→グレーとベージュの間のカラーのグレージュは寒色系でもあるので肌の色味との相性も抜群です。明るめのトーンで合わせるのが◎

合わせてシルバーのラメを使うことで指自体が長く見えたり、肌色を明るく見せる効果もあるので、シルバーラメとの組み合わせもいいでしょう。

合わせやすいベージュ+シルバーラメで彩るのが肌色に合わせることと指先をより長く見せる効果もあるのでおすすめです。

イエロー系の肌に似合うベージュカラー

アジア人の中でも多いと言われるイエロー系の肌は、日本人に最も多い肌色でもあります。イエローベースなので、色黒の方もイエロー系の肌に分類されます。

イエロー系の肌でもライトイエローとダークイエローの2つに分類されます。黄色人種に多いのがライトイエロー、色黒さんに多いのはダークイエローという風に覚えておくといいですね。では、この2つの肌色に合ったベージュを紹介しましょう。

ライトイエロー系の肌に似合うベージュカラー

イエローベージュ→イエロー系のベージュはどの肌色でも相性のいい万能カラーでもあります。黄色みの強い肌の方にもベージュカラーが映えるカラーでもあります。

赤み系ベージュ→ピンクよりも少し赤みの強いベージュは肌の色にマッチして、単色塗りでもきれいな発色を見せてくれるネイルカラーです。

ダークイエロー系の肌に似合うベージュカラー

オレンジベージュ→小麦色の肌に一番似合うカラーがオレンジベージュです。肌の色がベージュに勝ってしまうという方にもおすすめです。
ダークベージュ→色味の落ち着いたベージュは茶系に近い色でトーンを落としたものが◎
グレージュ(グレー寄り)→黒に近いグレージュは肌色が明るいと浮いてしまいがち、色黒の方の方が色味が映えるのが特徴です。

イエロー系の肌の方の場合、使いたいのがゴールドラメやアクセサリーです。

単色塗りで暖色系カラーを入れるのもおすすめですね。肌の色とゴールドの相性がいいのと、ベージュとの相性もいいのでゴールドはワンポイントとして使うといいでしょう。

また、マットコートをすると指先の印象がガラリと変わるだけではなく、手の全体が一体化してとてもきれいな仕上がりになります。

スポンサードリンク

 

ベージュネイルのおすすめカラー

ベージュネイルのおすすめカラー

ここではベージュカラーでもメーカー別でどんなベージュカラーがあるのか、カラーの特徴や一度塗り二度塗りでどのくらいの差があるのかなども紹介していきたいと思います。

ネイルホリックのベージュ

ネイルホリックのベージュl
「NAILHOLIC BE312」
カラーバリエーションも豊富なNAILHOLICのマニキュアの中でも肌色に近いヌーディーカラーです。価格はとてもリーズナブルで量も使い切りたい方にピッタリなカラーです。
048beigecolornail
左から1度塗り、2度塗りで比較してみるとわかるように、ヌーディー色が強いベージュです。爪先を少し明るくしたい方には1度塗り、しっかりとした発色がお好みの方には2度塗りをおすすめします。肌色では色白さんにおすすめのカラーでもありますね。

OPIのベージュ

OPIのベージュ
「OPI ネイルラッカーP61」
ピンクに近いカラー、ピンクベージュの色味が強いカラーです。ネイルサロンでも使用されるマニキュアで、発色の良さにも太鼓判が押されています。

価格は少し普段使いのマニキュアの中では高くなりますが、持ちの良さと持久力はとてもいいので本格的なセルフネイルを楽しみたい方にもおすすめのカラーです。
050beigecolornail
1度塗りと2度塗りの比較で見てもしっかりと色味が出る2度塗りがおすすめです。チャートで見るとわかりにくいですが、ピンクとオレンジの間を取ったようなベージュカラーです。イエロー系の肌の方におすすめなカラーですね。

ducateのベージュ

ducateのベージュ
「ducate ナチュラルネイルカラーN15」
セルフネイルで使うカラーの中ではお求めやすい価格のducateですが、価格だけではなく色のバリエーションも豊富です。

今回紹介する中では一番ベージュ!というカラーにふさわしいのではないでしょうか。ペールカラーで透明感のある色味は肌の色を選ばない王道のベージュと言えますね。
052beigecolornail
1度塗りと2度塗りの比較で透明感の違いがわかります。パール系のカラーなので、ノーマルベージュよりもツヤ感のあるベージュに仕上がります。少しドレスアップしたいときや、ラメに合わせるようなネイルアートなどにもおすすめのカラーです。

セリアIMマニキュアA

セリアIMマニキュアA
「セリアIMマニキュアA イエローベージュ」
プチプラアイテムをとして、定番になった100円ショップのマニキュアの中からも一色紹介しましょう。イエローベージュの定番色に近いカラーですね。優しい色合いを見せてくれるクリーム系のベージュです。
054beigecolornail
発色は今回紹介したベージュの中でも、一番いいのではないかと思うくらいの良さがあります。1度塗りでもきれいにベージュカラーの発色が出るのでマニキュアの厚塗りを嫌う方にもおすすめです。ベースコートにピンク系のものを使うだけでも1度塗りの発色が変わるのでそういう塗り方もおすすめポイントですね。

スポンサードリンク

 

ジェルでピンクベージュを作る

ジェルネイルでベージュを楽しみたいと思ってもベージュがないこともあります。ここでは、ベージュカラーの作り方、また、人気のピンクベージュの作り方を紹介したいと思います。お手持ちのカラーで作ることができるので、ぜひ試してみてくださいね。
034beigecolornail
まず、用意するカラーの紹介をしていきましょう。お手持ちのカラージェルで多いカラーをチョイスしてピンクベージュを作っていきます。紹介するカラーに近いものを選ぶようにしてくださいね!

マカロンイエロー(黄色でも発色の柔らかいものを使うとよりヌーディーカラーに近づかせることができます)

ジェットブラック(ブラックは色味の調整に欠かせないものです。普通のブラックでも十分ベージュを作ることができます)

ブライトレッド(今回使用したのはオレンジの色味がある赤ですが、柔らかいピンクに近い色を作るために赤で調整するので柔らかなカラー可)
以上のカラーを使ってピンクベージュを作っていきます。
035beigecolornail
では、ピンクベージュを作っていきましょう。

まずはイエローにブラックを混ぜていきます。一気に混ぜすぎてしまわないのがポイントです。黄色8に対して黒2の分量を目安にしてください。
036beigecolornail
グレーよりも明るめのカラーにするのがポイントです。今回はクリーム系のカラーを使ったので、柔らかな色に仕上がっていますが、もっとはっきりとしたピンクベージュを作りたい場合はビビットカラーを使うようにするといいですね。
037beigecolornail
次にピンクベージュを作るポイントになる赤を入れていきます。グレーカラーとの割合はグレー9に対して赤1くらいから合わせていきましょう。

色を合わせながら赤みを足していくことで、お好みのピンクベージュを作ることができます。また、赤を多く入れすぎた場合は、イエロー、ブラックなどで調整するといいですね。
038beigecolornail
赤を合わせて混ぜて出来上がったカラーです。もっとピンク味がほしい場合は赤を足して、クリーム系の色味に近づけたいときには白などを入れるだけで全く雰囲気が変わります。

ピンクベージュなので、赤みを強くしてヌーディーカラーにするためにクリーム系の色を入れるだけでよりピンクに近いベージュを作ることができます。
039beigecolornail
実際に爪に二度塗りした状態です。ベージュよりも赤みのある色に仕上がっています。もっとピンクよりにしてもきれいな色味が出るので、ぜひ試してみてくださいね。

また、ベースコートの色によっても違います。ピンク系やクリーム系のベースコートジェルを使うと、ピンクの風合いが強調されることもあるので、ベースコートの色を変えてよりピンクベージュに色を近づけるのもありですね。

 
ベージュネイルのデザインや、おすすめカラーなどの紹介をしてきましたがいかがでしたか。

ヌーディーカラーの代表とも言えるベージュネイルは普段使いしやすいカラーでもあります。

普段使いも、ドレスアップしたときにも使えるのがベージュネイルの魅力です。幅広く使えるベージュのカラーをTPOに合わせて使うのが大人のセルフネイルかもしれませんね。

ぜひ、今回紹介したベージュネイルをセルフネイルでも楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP