バブルズバー®(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)口コミ

バブルズバー ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 口コミ
品川にあるストリングスホテル東京インターコンチネンタルの “バブルズバー®”。

2016年1月に「A lively, sparkling Bar」をコンセプトに、「バブルズ(泡の立つ)ドリンク」を中心に提供するバーとしてオープンしました。

ホテルのバーといっても開放感あふれる作りなので、同じフロアにあるレストラン利用の際の待ち合わせや、食事の後に軽く飲みたい時、仕事帰りに気分転換したい時など、様々なシーンで気軽に立ち寄ることができるバーです。

今回は17時~20時までのハッピーアワーに立ち寄ってきましたので、メニューなども併せて詳しくレポートいたします。

スポンサードリンク

 


もくじ

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル について

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、品川駅の港南口に直結した品川イーストワンタワーの26階から32階に位置するホテル。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの開業は2003年。当時の全日空ホテルグループの最上級グレード「ストリングスホテル東京」としてオープンしました。

その後、全日空ホテルズが英国のインターコンチネンタルホテルズと合弁会社を設立し、IHG-ANAホテルズとなったことで「インターコンチネンタル」のブランドが名称に加わって「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」となっています。
(同グループにはANAクラウンプラザホテルや、頭に“ANA”がつくインターコンチネンタルホテルなどが属しています。)

スポンサードリンク

 

バブルズバー®(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)へのアクセス

003_bubblesbar
ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、品川駅からペデストリアンデッキでつながった品川ワンイーストビルの26階にあります。

まずは、品川駅の中央改札を出て、港南口(東口)に向かいます。
004_bubblesbar
港南口からは右に曲がり、品川イーストワンタワーを目指して進みます。屋根があるので雨の日も濡れずにたどり着けます。
005_bubblesbar
品川イーストワンタワーの入口です。ビルのオフィス棟とホテルのエントランスは別になっています。
006_bubblesbar
案内に従って進むと、それまでの混雑が嘘のようにひっそりと静かなエントランスに出ます。
007_bubblesbar
こちらはタクシーなどで乗り付けた場合のエントランス。
008_bubblesbar
エレベーターで26階に上がります。
009_bubblesbar
ホテル階の26階から32階までは吹き抜けのアトリウムとなっており、26階は、フロント階であるとともに、レストラン・バーエリア。中央部にザ・ダイニングルームが位置しています。
フロアには池が設けられ、それぞれのレストランやバーとは橋でつながっているという構成。

吹き抜けのアトリウムには、昼は天井のガラスから優しく陽の光が降り注ぎ、美しい中庭のよう夜は特に大人の雰囲気を漂わせています。

スポンサードリンク

 

バブルズバー®でちょい飲み!SPARKLING 5-8(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル スパークリングファイヴエイト)のSTARTER SET(スターターセット)

バブルズバー
26階の一角にあるのがバブルズバー®。ダイニングの奥にあって、半透明のガラスの床に浮島のようにしつらえられたバーです。

待ち合わせやディナーの前に軽く飲みたい時に気軽に立ち寄れるバーとして2016年1月に誕生しました。ホテルのバーというと敷居の高さを感じるかもしれませんが、開放的な空間にあるバーなので、気軽に立ち寄ることができるのがポイント。
011_bubblesbar
床の下には池の水が流れていて、半透明のガラスの下では、光の加減で水面がゆらゆらと揺れる様子を見ることができます。
012_bubblesbar
壁面に並べられたスパークリングワインのボトル。ミラーの奥にはバーの名前にであるバブルを表現した装飾が施されています。
013_bubblesbar
さて、こちらがメニューです。
バブルズバー®は午後5時から8時までSPARKLING 5-8(スパークリングファイヴエイト)を実施しています。

この時間であればスパークリングワインを含むワインやカクテル、ドリンクが半額になるというもの。

メニュー右ページを見ると、

シグニチャーカクテル ザ ポップ オブ ブルー ¥1,800→900
ベリーニ¥2,300→1,150
マンゴーベリーニ ¥2,300→1,150
キールロワイヤル¥2,500→1,250
ミモザ¥2,300→1,150
ジントニック¥1,600→800
アベロールオレンジ¥1,600→800

といったカクテルのほか、

スパークリングワイン(ハーディーズ ザ リドル ブリュット レゼルヴ)¥1,600→800
白ワイン(ロック クリーク シャルドネ)¥1,500→750

赤ワイン(ロック クリーク カベルネ ソーヴィニヨン)¥1,500→750
ビール(アサヒドラフト)¥1,200→600
ウイスキーソーダ(知多)¥1,500→750

など、ホテルのバーとしてはかなりのお手頃価格でオーダーできるのが嬉しいですね。
014_bubblesbar
ちなみに、こちらが20時以降のメニューです。
015_bubblesbar
今回、気になったのはこのSTARTER SET(スターターセット)。
ファーストオーダー限定のセットで、
・ロリポップスタイルアペタイザー3種
・アサヒドラフトビール

のセットを1,700円で提供するというもの。

ロリポップスタイルアペタイザーはバブルズバー®のアイコンともいえる名物おつまみ。
キャンディーのように可愛くポップな見た目で、素材にこだわった大人の味が特徴。

1本800円なので、3本+ビールというのは大変お得ですね。

他にもいろいろ気になるメニューもありますが、今回はご飯の前にここでちょっと飲んでいくことにしました。
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル バブルズバー ドラフトビール
まずは美しく注がれたドラフトビール。
見ての通り、泡がとってもなめらかで飲みやすい。
017_bubblesbar
突き出しのおつまみの豆はワサビ風味でピリリと辛いスナックで、ビールに合います。
018_bubblesbar
そしてお待ちかねのロリポップスタイルのアペタイザーが来ました。
ロリポップスタイルアペタイザーは左から、
・山羊のチーズグラタン 蜂蜜と黒コショウ風味
・フォアグラチェリーボール
・干し柿とゴルゴンゾーラのロールケーキ

どれもメニュー名からして手が込んでいて、スイーツみたいなのですが、見た目の可愛さとは違った大人の味わいが楽しめますよ。

ナイフやフォークを使わず、そのまま食べられる気軽さも魅力です。

スポンサードリンク

 

019_bubblesbar
「山羊のチーズグラタン 蜂蜜と黒コショウ風味」は、その名の通り山羊のチーズを使っているのですが、山羊チーズの臭みを蜂蜜の風味と甘みが中和し、黒コショウのピリリとしたスパイシーさが引き締める一品。
光の加減でまるで浮き上がっているような写真になりました(笑)
020_bubblesbar
甘いチェリーを濃厚なフォアグラでくるんだ「フォアグラチェリーボール」は赤ワインが欲しくなる一品。
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル バブルズバー 赤ワイン
赤ワインをオーダーしました。
ワイングラスが底が丸くなったタンブラーっぽいグラス。
ロック クリーク カベルネ ソーヴィニヨンは、フルーティな味わいが特徴のオーストラリアのワイン。とても飲みやすいです。
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル バブルズバー 干し柿とゴルゴンゾーラのロールケーキ
「干し柿とゴルゴンゾーラのロールケーキ」
干し柿のまったりした甘さとゴルゴンゾーラの風味がマッチしています。ゴルゴンゾーラが好きな方にはたまらない感じ?

アペタイザーはどれも「一口で食べる」というタイプではなく、お酒と一緒にちょっとずつ味わって食べるタイプのものでしたね。
023_bubblesbar
カウンターの上には竹と障子を模した和のデザイン。
なんだかんだと1時間くらい落ち着いてのんびりしてしまいました。
バーテンダーの方にお話しを聞いたら、平日の利用が週末よりも多く、お仕事帰りのお一人様の利用も良く見られるとのこと。
024_bubblesbar
ホテルのバーといえば、ちょっと暗めの照明でダーティな雰囲気、葉巻などをくゆらせるようなスモーキーな空気の中で、ウイスキーグラスを傾けるようなイメージ(古い?)がありますが、バブルズバー®は空間が開かれているので、あの「扉を開ける」というハードルを感じずに1人でもふらっと入ることができます。

そして、禁煙なので、きれいな空気の中お酒が楽しめるのも嬉しいポイント。

品川駅から直結というアクセスの良さの割に、下の喧騒とは打って変わって、静かで非日常感あふれる雰囲気が味わえる場所で落ち着いてくつろげます。

品川近辺で予定がある場合の前後に立ち寄ったりするにも良いですし、
仕事帰りにいつもと違った雰囲気で気持ちのリセットをしたい方にも、
これから1人でバーデビューしてみたい方にも、ストリングス東京ホテルインターコンチネンタルのバブルズバー®はとってもおススメですよ。

折に触れ、シャンパンなどが楽しめるイベントを行っていますので、ぜひチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

 

バブルズバー®(ストリングスホテル東京インターコンチネンタル)基本情報

住所:〒108-8282 東京都港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26F
Google Map


連絡先:03-5783-1258
アクセス:
・JR各線、新幹線、京浜急行の品川駅港南口より徒歩1分

営業時間:
【月~金】
ティータイム 11:30 ~ 17:00 
バータイム  17:00 ~ 23:30(L.O.)
【土日祝】 
バータイム  19:00 ~ 23:30(L.O.)
席数:34席
ドレスコード:スマートカジュアル
公式サイトはこちら
WEB予約はこちら

スポンサードリンク

PAGETOP