ハイジニーナは嫌?Iラインはどこまで脱毛する?男性意見

VIOに少しは毛があった方が良いからハイジニーナ(無毛・ツルツル)は嫌?コレが男性の本音?自分も満足度が高く、パートナーにも喜んでもらえるようなVIO脱毛方法があったら知りたいですよね!

Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒Iラインはどこまで脱毛する?

⇒女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?

最近は、脱毛の流行りも変わってきていて、以前はVラインを中心に脱毛サロンでケアするのが主流だったのですが、数年前からVラインはそこそこ残して、IラインOラインは綺麗に処理してしまいたい女性が増えています。

そろそろ、ご自分のVライン、IラインOラインに目を向けてみませんか?
あなたには見えていなくても、パートナーにはしっかり見えているのですから!

自分のためだけではなく、愛するパートナーとの関係性をもっと良好にするためのハイジニーナ、VIO脱毛について、考えていきましょう。


ミュゼは、現在、ワキ+Vラインの脱毛(無制限)+好きな部位2ヵ所が1,280円でできるキャンペーン中。1回だけでなく、満足するまで1,280円のみで通え、追加料金なし。
しかも、ハイジニーナコース(VIOすべて)の料金も50%OFF中。まず「ワキ+Vラインの脱毛(無制限)+好きな部位2ヵ所」はキャンペーン期間中に絶対に申し込んでおきましょう。


脱毛ラボはハイジニーナ(Vライン、Vライン上、Iライン、Oライン)左右ヒップを含む全身脱毛が月々2,985円で通えます。ハイジニーナ以外の部位の脱毛を考えている方におすすめ。
現在、7カ月無料体験キャンペーン中


beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

もくじ

ハイジニーナとは?

ハイジニーナの語源は「hygiene」で「衛生」という意味。

ハイジニーナとは、VIOラインを無毛にすることを言います。ハイジニーナのことをブラジリアンスタイルとも呼ぶ場合もありまし「パイパン」と呼ぶ男性も多いですね。

しかし、現在では


・デリケートゾーンを無毛にすること
・部分的な脱毛
・アンダーヘアの毛量を減らすこと
・アンダーヘアのお手入れをすること

など、広い意味で「ハイジニーナ」という言葉は使われています。

ハイジニーナの脱毛方法は、脱毛サロンで半永久的に処理する、ブラジリアンワックス脱毛などで一時的に処理する、セルフ脱毛(自己処理)などなど、やり方に制限はありません。

デリケートゾーンがツルツル快適になればOKなのです。

先日テレビで見たのですが、Vラインをブラジリアンワックスで雷の稲妻のような形にしていた女性がいました。

アンダーヘアスタイルを楽しむ時代が来ているのかもしれませんよ!

アンダーヘアを脱毛したことでパートナーに嫌われる?

脱毛すると、元に戻すことはできません。
女性が不安になるのが、

・アンダーヘアを脱毛したことでパートナーに嫌われるのではないか?
・将来のパートナーにも引かれるんじゃないか?
・後悔する可能性もある?

ハイジニーナ(無毛)を検討している女子は特に慎重になりますよね?

慎重になる気持ちは本当によくわかります。

個人差がありますが、デリケートゾーンを何もお手入れしていない、ある意味自然なままのVIOラインを好む男性は本当に若い方と、ご年配の方に多いのではないでしょうか。

好むというよりも、アンダーへアはそういうものだという常識や先入観かもしれませんね。

女性がアンダーヘアを整えることに不快感を持つ男性はそう多くはいないと思っていて大丈夫。アンケート結果を見ても明らかです。

稀にいたとしても、アンダーヘアを脱毛することの素晴らしさを言葉にしてあげれば大丈夫。どうして脱毛しようと思ったのか、お話ししてみましょう。

脱毛に理解がないパートナーに、ハイジニーナ脱毛やVIO脱毛のお話をするときは、生理時の不快感を軽減したいとか、トイレ後にスムーズに清潔にしたいとか、女性ならではの悩みを脱毛で解消したいことを訴えると理解してもらいやすいはず。

こういうデリケートな話ができる関係性を普段から築いておけると良いですね。

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

男性から見る女性のVIOライン

男性は、女性以上に女性のVIOラインを目にする機会が多いと思っていて間違いありません。

ですから、男性は女性よりもVIOラインのヘアに厳しい意識を持っている方が多いようです。

パートナーに、アンダーヘアが多いね・少ないねと言われると、比較されているようで女性としては少し複雑ですが、どうせなら褒められるように、もっともっと愛されるようにお手入れを始めましょう!

男性は、間違いなく女性よりも単純な生き物!(良い意味でですよ!)
脱毛ひとつで男性からの愛され方は変わるはずです。

アンダーヘアに対する男性の本音

あるアンケートによると、基本的にジャングルのように生い茂っているVラインはイヤというのが男性の本音のようです。

少なくとも、短くカットしておいてもらいたい、ショーツからはみ出ないように小さくするくらいのことはやっておいて欲しいというのが最低ライン。

印象的だったのは、元カノのアンダーヘアは綺麗だったのに、新しい彼女はまったくお手入れをしていなくてガッカリしたというご意見。

新しい彼女本人には言えない悩みだそうです。

アンダーヘアの処理を行っていないと、強い臭いの原因にもなります。
パートナーに何も言われなくても、臭いに不快感を持っているかもしれません。

臭いの原因はアンダーヘアに付着した汚れや汗などです。ウォシュレットで洗うことで軽減できますが、アンダーヘアを減らすことでかなり改善することが可能ですよ。

男性の意見で、女性にはアンダーヘアを剃って欲しいというものもありました。しかし、シェービングを日常的に行うのはあまり現実的ではありません。

夜に処理しても、翌日夕方にはチクチクが気になってしまいますし、女性自身も不快なはず。

剃ることでVラインの黒ずみや毛穴トラブルが起こることもありますので、シェービングを行うのは脱毛期間中だけにしておきましょう。

VIOラインにできる肌トラブルは治りにくいですよ!絶対に自己処理はダメです。

男性好みのアンダーヘアの形、そして自分も納得するアンダーヘアを見つける方法は簡単です。

それはハイジニーナが得意な脱毛サロンのスタッフに相談すること。

ハイジニーナが得意な脱毛サロンのスタッフは・・・

▼年代別で男性が好むVIOの形や毛の量を把握。
▼ハイジニーナ(無毛)を受け入れられる年代を把握
▼パートナーが変わる可能性がある方に無難なアンダーヘアを提案できる。
▼あなたと同年代の女性達はどんなアンダーヘアにしているか把握。

ですので、必ず”ハイジニーナが得意な脱毛サロン”で無料カウンセリングを受けてください。(※契約はしなくても大丈夫)

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

アンケート結果発表!女性のハイジニーナを男性はどう思っている?

男性パートナーに、ハイジニーナ脱毛をしたい(アンダーヘアを無毛にしたい)と伝えたときの反応は?120人の男性にアンケート調査を行いました。

ハイジニーナを男性はどう思っている?アンケート結果

内訳をご紹介すると、

大賛成:約12%
賛成:約26%
少し賛成:約14%
どっちでもいい:約19%
少し反対:約16%
反対:約8%
大反対:約6%

このアンケート結果だけ見ると、賛成が過半数以上で、反対派が30%くらいですね。これはアンケートをお願いした全ての方の回答を集計したものです。つまり、年齢層が広いということ。

年齢別に見ると、

【20代以下】
賛成:約50%
どっちでもいい:約28%
反対:約22%

【30代】
賛成:約38%
どっちでもいい:約15%
反対:約47%

【40代】
賛成:約68%
どっちでもいい:約16%
反対:約16%

【50代以上】
賛成:約79%
どっちでもいい:約14%
反対:約7%

続いて、ハイジニーナ(無毛)は反対と回答した方にアンダーヘアの手入れはした方が良いですか?という質問を行ってみました。

無毛はイヤだが手入れして欲しい:約56%
どちらでも良い:約38%
手入れしないで欲しい:約6%

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

※アンケート調査はクラウドワークスにより120人の方を対象に行いました。そのうち4名の回答が有効でなかったので削除しています。


ハイジニーナ(無毛)反対派が多いのは30代で、以外にも40代以上の年代はすべてハイジニーナ(無毛)賛成派が過半数以上になっています。
ただ、50代以上は回答数が少なめだったので、もっとたくさんの方々に調査したら、少し数字は変わってくるかもしれません。

一方、ハイジニーナ(無毛)にしてしまうことに抵抗がある男性も年代によっては多いは事実です。
反対といってもハイジニーナに対する答えなので、ツルツル(無毛)にはしないで欲しいという意見が多いだけで、アンダーヘアの手入れはしてほしいという回答が過半数以上です。

また、男性はハイジニーナ(無毛)にする理由も気になるようです。
生理の時などの衛生面や、夏場のムレ・かぶれ、アンダーヘアのお手入れの大変さ、などなど男性はイマイチ理解していないみたいです。

特に結婚している、本気でお付き合いをしているパートナーがハイジニーナにすることに反対する男性は多いみたいですね。

この回答を見たとき、本当に大切にしたい人に対しての男性の本音を垣間見ることができたような気がしました。

では、アンダーヘアをどの程度脱毛するのが正解なのでしょうか?
一度、脱毛してしまうと2度と生えてこないので失敗は許されません。

最適な方法は、VIO脱毛が得意なサロンのスタッフに聞くことです。

脱毛サロンのスタッフは・・・

・いきなりハイジニーナにせず徐々に薄くして様子を見る技術を持っている
・あなたの年代の女性はどの程度毛を残しておくのが適切なのか?(今回のアンケート以上の人数をこなしている)
・むしろハイジニーナにするべき?
・男性の年代によって受け入れられやすい形・毛量を知っている
・パートナーが変わる可能性があっても無難な形・毛量を知っている

のです。

脱毛サロンのスタッフは、今まで何百人、何千人と施術をしてきたので、失敗した人、喜んでいる人の事例をかなりの数でみてきています。
あなたの年代に人気の形・毛量も当然知っています。

ですのでハイジニーナで失敗したくない方は必ず、VIO脱毛が得意なサロンの無料カウンセリングを受けて相談してください。

※契約はしなくても大丈夫です。

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

 

男性の言うデリケートゾーンの「自然なまま」は本当に自然?

話は少し変わりますが、男性の「自然なままが良い」「自然なままが好き」という言葉を信じて良いのでしょうか?

わたしの知っている男性で、女性のスッピンとナチュラルメイクの区別がつく人は少ないです。

スッピンは<自然>ですが、ナチュラルメイクは<自然っぽい>ですよね?いわば、作りこまれた自然です。

このふたつの区別がつかないのに、VIOは自然なままが良いと言われても、本当に自然でいいの?と不安になってしまいます。

そして男性は「やっぱり自然なままがいちばんだよね」と言いつつ、メイクをしない日が続くと、「たまにはお化粧して綺麗にしたら?」と言いませんか?

似合っていればなんでもOKという寛大な気持ちなのかもしれませんが、ナチュラルメイクが好きと言われたら腕を上げるべく努力をして、たまにはバッチリメイクもイイネ!と言われたら太めのアイライナーを探しにドラッグストアに走る女性の気苦労もわかってくれー!と言いたくなります。

アンダーヘアの処理に関しても、男性の希望にしっかり応えたらカワイイ彼女になれるのかもしれませんが、脱毛は一生モノです。

男性の意見は参考程度にしておいて、よくよく考えて実行して下さいね。

Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒ハイジニーナ脱毛の相談でおすすめの脱毛サロンまとめ

Vライン、どこまで残せば良い?形は?

Vラインをどこまで残すか、これはVIOラインを脱毛するときに最初に考えなければいけないことです。

こんもりと茂ったVラインに魅力を感じる男性もいますし、徹底的に処理して清潔感のあるVラインがお好みの男性もいますので、難しいところです。

すべて無くしてしまう方法(ハイジニーナ)もありますが、まずは形を小さくするところから始めてみてはいかがでしょうか

足の付け根にそって逆三角形を残したまま小さくするだけでも見た目はかなり変わります

女性らしさを目指すならなら、楕円形の卵型も可愛いですよ。

viokatachi

⇒Vラインの代表的な形・詳細はこちら

わたしも、脱毛エステに通い始めた最初の3回目くらいまでは、毛量を減らすことを目標にしていました。

毛量が減った自分を見て、どうせならもっと減らしてしまえー!と思って、今ではVラインはほぼ無毛です。

脱毛エステを卒業してから、脱毛したVラインにムダ毛が生えてくることはありませんが、残しておけば良かった…と思うことはありません。

脱毛サロンでは、ムダ毛を抜いてツルツルにするだけでなく、毛量を減らすこともできます。

アンダーヘアはしっかりとした毛ですので、毛量を3分の1くらい減らしても、見た目はあまり変わりません。

現在の半分程度まで減らすと、肌が透けて見えてかなり変わってくるはず。

また、毛量をあまり減らさなくてもこまめにカットすることで透け感をだすことができますが、これは少々面倒でもあります。

アンダーヘアのお手入れに時間をかけたくない方は、脱毛で毛量を減らすことを考えましょう。

☆VIO脱毛向けの脱毛サロンで毛量を減らしたい方⇒

☆VIO脱毛向けの脱毛サロンで男性好みの形にしたい方⇒

Iライン・Oライン脱毛は必要?

ほんの数年前まで、Vラインの脱毛は行ってもIラインは放置…という女性が多かったのですが、近年では、VIOはワンセットという考え方が主流になりつつあります。

その背景には、「ハイジニーナ(無毛)」という考え方が日本人女性に浸透したからです。

ハイジニーナを行っている男女は「ハイジ女子」「ハイジ男子」と呼ばれ、自分がハイジニーナを行っていることを公言している芸能人もいますね。

ただ、ハイジニーナはすべての女性、男性に受け入れられているわけではなく、適度に毛を残したほうが良いと思っている方もたくさんいます。

ここではIラインはどこまで処理するべきなのか?Oラインの脱毛は必要なのか?ということを説明していきたいと思います。

Iライン脱毛の必要性 どこまで残す?

Iラインは全て処理してしまって良いムダ毛のひとつ?「躊躇することなく脱毛してしまいましょう」というのが個人的な意見ですが・・・

Iラインが無くなると・・・

▼排尿後・生理時に清潔を保ちやすくなる
▼生理時の不快感が少なくなる

このメリットはVラインよりもOラインよりも「Iライン脱毛」によるところが大きいです。

またショーツからはみ出さなくなるのも安心ですし、いつ見られてもOKという自信にもつながります。

ただし!

▼男性ウケするIラインの残し方はどんな感じなのでしょうか?
▼周りの同年代の女性はどこまで脱毛しているのでしょうか?

これが大事ですよね。

一度、脱毛してしまうと2度と毛は生えてこないのですから。

女性は自分のIラインをしっかりと見ることはあまり無いと思いますが、パートナーからは見える部位ですよね。

男性の女性に対する脱毛アンケートでも、Iラインのムダ毛が多いと残念に思うというコメントが多数寄せられています。

ただ一方で、

Iラインをすべて脱毛してしまうと、正面から見ると割れ目が丸見えなのでちょっとぴ恥ずかしい、Vラインの形によってはIラインをすべて脱毛すると不自然になる、という男性の意見もあります。

Iライン無毛にするか?どこまでIラインを脱毛するか?悩みどころですが、解決方法は、たったひとつです。

それはハイジニーナが得意な脱毛サロンのスタッフに相談することです。

ハイジニーナが得意なサロンのスタッフは・・・

1.同年代の女性がどのようにIラインを残すのが最適なのか知っている。
2.男性の年代によってウケが良いIラインが違うことを熟知している。
3.パートナーが変わる可能性も含めVIOの形・毛量の調整できる。

年齢などによってIラインの毛をどこまで残すのか?男性ウケが良いアンダーヘアはどんな形・毛量なのか?違ってくるのです。

これらを適切にアドバイスできるのは、”ハイジニーナが得意”な脱毛サロンのスタッフだけです。

もちろん、そのサロンも粘膜ギリギリのところまでIラインを脱毛することが可能ですよ。

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

<Oライン脱毛の必要性>
Oラインのムダ毛も一切必要ありません。ムダ毛とはよく言ったもので、本当にムダなだけ!
排泄物がつきやすくなりますし、Oラインのムダ毛についた汚れは、時間が経つと強い臭いを放つようになってしまいます。
Oラインにヘアがあった方が良いという男性もいないとは限りませんが、ご自分が脱毛したいと思うなら脱毛してしまいましょう。
Oラインはとても見えなくい部位なので、カットするのも大変です。怪我をする可能性もあります。
脱毛してしまった方が安心で爽快ですよ!

⇒ハイジニーナ・VIO脱毛向けの脱毛サロン選びとは?

ハイジニーナの施術は恥ずかしい?体験者の口コミと施術時の体勢

ハイジニーナの施術は正直、恥ずかしいのは事実です。ただ体験者の口コミを見るとそれほど心配するレベルではないようです。

ここでは、ハイジニーナ体験者の恥ずかしさに関する口コミの紹介と、Vライン、Iライン、Oラインの施術方法、体勢(格好)をそれそれ説明したいと思います。

まずは、ハイジニーナを施術したことがある方々の口コミを見てみましょう。

ハイジニーナ脱毛体験者の恥ずかしさに関する口コミ

・初めての施術の時は恥ずかしかったけど次第に馴れちゃいました。
・エステティシャンは淡々と作業するのであまり恥ずかしくなかったです。
・ショーツをずらしながらの施術なので思ったより恥ずかしくなかった。
・デリケートゾーンが剛毛で毛深いから恥ずかしかったけど徐々に慣れたし毛深い人は案外私以外にもたくさんいるみたいなので安心した。
・最初は恥ずかしさと緊張で不安でしたが施術が終わると「こんなものか」という感じでした。

口コミを見ると、恥ずかしさは施術が始まる前だけで、施術の回数を重ねるごとに慣れちゃう人がほとんどのようです。

大手の脱毛サロンの場合は、ハイジニーナに関わらず、全身の施術は全員女性が行うので、その辺は安心してくださいね。

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

ハイジニーナを施術するときの格好・体勢

ハイジニーナは見られるだけで恥ずかしいと思うのが普通ですが、どんな格好・体勢で施術が行われるのでしょうか?

Vライン施術時の体勢

仰向けになり、足を少し開く体勢です。裸にはなりません。紙ショーツを履いたまま少しづつずらしながら照射していきます。基本的にVラインの施術時に性器が見えることはないでしょう。

Iライン施術時の体勢

Vラインの体勢と同じで、まず施術台に仰向けになり、少し足を開く体勢になります。ここからさらに片足の膝を曲げカエル足のような姿勢になります。Iラインもショーツを脱ぐことなく、ずらしながら照射していきます。Iラインをどこまで脱毛するのか?によって変わってきますが、粘膜ギリギリまで照射する場合はかなりきわどい所までショーツをずらすことになります。

Oライン施術時の体勢

Oラインはうつ伏せになり足を少し開く体勢になります。脱毛サロンのスタッフが肛門周りがしっかり見える位置までショーツを下にずらして照射します。

※うつぶせの他に四つん這いや横向きの姿勢でOラインの施術を行う場合もあります。

VIOラインの施術時に顔にタオル等をかけて目隠しした状態で施術するケースもあります。その他、施術する脱毛エステ、クリニックによって多少、施術方法は異なります。

やはりOラインの施術の姿勢が一番恥ずかしいかもしれませんね。
でも、先ほど上の体験者の口コミのことろでも解説しましたが、恥ずかしいのは最初だけで徐々に慣れてきちゃいますので、それほど心配しないで大丈夫だと思いますよ。

ハイジニーナ・VIO脱毛のメリット・デメリット

ハイジニーナのメリット

・生理中のかゆみやムレなどの不快感が軽減
・アンダーヘアに血液や尿が付かなくなる
・清潔になるのでニオイが気にならなくなる
・面倒な自己処理からの解放
・形を気にせず魅力的な水着を着れるようになる
・黒ずみ・色素沈着の心配が軽減する
・喜ぶ男性もいる(男ウケ)
・陰毛がベッドやトイレ等に落ちる心配がなくなる

ハイジニーナのデメリット

・施術中恥ずかしい
・施術時の痛みを感じやす部位
・脱毛期間中のシェービングによるチクチク
・脱毛すると生えてこないので形・毛量は慎重に決めないといけない
・ハイジニーナ(無毛)は温泉で恥ずかしい思いをするかも?
・ハイジニーナ(無毛)は男性が引く可能性も

ハイジニーナ・VIO脱毛をすることによって、メリットはたくさんありますが、デメリットもしっかり把握して脱毛に臨みたいところです。

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

デメリット1.ハイジニーナ脱毛の施術中の「恥ずかしさ」

「脱毛施術中の恥ずかしさ」に関しては紙のショーツをずらしながら施術するので思ったよりは恥ずかしさは少ないですし、エステティシャンは何人も施術しているので慣れっこです。

とはいえ、恥ずかしいのは確かなのですが、施術が、2回目、3回目と回数を重ねるごとに、私たちも恥ずかしさに慣れちゃうんです。

詳しくは「ハイジニーナの施術は恥ずかしい?体験者の口コミと施術時の体勢」を見てください。ハイジニーナ施術時の体勢やハイジニーナの脱毛を体験した方の恥ずかしさに対する口コミを見ることができます。

デメリット2.VIOの形、毛量の失敗は取り返しがつかない

「脱毛施術中の恥ずかしさ」「脱毛期間中のシェービングによるチクチク」は脱毛が終了したらなくなるデメリットですがハイジニーナ(無毛)、VIOの形、毛量の失敗は、脱毛後に後悔しても遅いので、しっかり検討したいところです。

特にハイジニーナ(無毛)の場合は、VIOの形や、毛量を決める際よりも、じっくり考える必要があります。無料カウンセリング時にエステティシャンに相談することはもちろん、できればパートナーにも相談すると良いかもしれません。

デメリット3.ハイジニーナ脱毛の施術時の痛み

ハイジニーナ脱毛の施術時の痛みについては、確かにデリケートゾーンは痛みを感じやすい部位ですが、エステサロンの光脱毛ならそれほどの痛みではありません。本当に痛みに弱い方はディーネのハイパースキン脱毛が良いでしょう。子供でも脱毛できるくらい痛みがないです。

また、痛みに弱い方はクリニックの医療レーザー脱毛は避けたほうが良いでしょう。効果は高いですが痛みは強いです。どうしても医療レーザーでハイジニーナ脱毛したい方は痛みが少ない「ソプラノ脱毛」を試してみると良いかもしれません。ソプラノ脱毛は毛包に直接熱を与え脱毛する方法です。

デメリット4.Vライン脱毛中のツルツル、チクチク

脱毛サロンで光脱毛を行う場合、Vラインをシェービングしなければいけません。

ツルツルを目指すのではなく最終的には毛量を減らすだけでOKな方でも、Vライン全体に光を当てるために全て剃る必要があるのです。

そのため、一時的にVラインヘアがなくなる、そして、チクチクと生えてくる過程を経ることになります。

パートナーに何も言わずに脱毛を始めてしまうと、この時期にビックリされることになりますのでご注意を!

なお、毛量を減らす必要はなく、サイドや上部を脱毛するだけで良い場合は、脱毛したいところを剃るだけで大丈夫です。

Vラインは、Iラインにつながっていて、Oラインへと続いているゾーンです。

ですので、Vライン脱毛をするなら、IラインとOラインをどうしたいのか?ハイジニーナにするのか?も、一緒に考えておきましょう。

Iライン、Oライン脱毛のオススメは、全て無くすことですが、IもOも脱毛するなら、この部位もシェービングを行う必要があります。

脱毛期間中はショーツの中の不快なチクチクを感じることもあると思いますが、、理想のVラインを手に入れるためにみんなが通る道ですので、頑張りましょう!

ハイジニーナ・VIO脱毛の痛み・回数

回数について

VIO脱毛の回数に関しては、個人差はありますが、範囲を狭くしたい、毛量を減らしたい程度でしたら6回~8回くらいの回数で終わります。ただ、ハイジニーナ(無毛)の場合はもっと回数を重ねないとツルツルにすることはできません。

痛みについて

上のハイジニーナ脱毛のデメリットの部分でもお話しましたが、アンダーヘアの脱毛は、他の箇所よりも痛みは大きいです。敏感な部分ですからね。個人差もありますが、脱毛器の種類や出力によっても変わってきます。医療レーザー脱毛の場合は出力が高いので痛みは大きいですが回数は少なく済みます。エステで行う光脱毛に関してはIPLとS.S.Cの2種類があり、両方とも医療レーザー脱毛より痛みは少ないです。IPLとS.S.Cを比べるとS.S.C脱毛の方が痛みが少なく肌へのダメージが少ない特徴があります。さらに痛みが少ない脱毛方法は、ハイパースキン脱毛です。

S.S.C脱毛はミュゼプラチナムが採用しており、ハイパースキン脱毛はディオーネが採用している脱毛方法です。

アンダーヘアの脱毛にかかる期間

1年をワンクールとしている脱毛サロンも多いですが、アンダーヘアの脱毛には2年かかると考えておいた方が安心です。

なぜなら、アンダーヘアは太くてしっかりしたムダ毛が密集しているから。

脱毛にかかる期間は

・ムダ毛がの密度
・ムダ毛の範囲
・ムダ毛の量

主にこの3つによって大きく変わります。

アンダーへは、密度が高く、量が多く、範囲が広い部位!おまけに色素沈着を起こしやすいので、抜け落ちが悪いのです。

このため、アンダーヘアの脱毛には時間がかかってしまいます。

どんなに早く終わらせたいと思っても、今日から始めても2年かかってしまうんですよ。
そう思うと、迷っているヒマはない!今すぐ始めた方が良いと思いませんか?
本当にその通りなんですよ!

beautiful woman in bikini beautiful woman in bikini

ハイジニーナ・VIO脱毛は脱毛サロンがおすすめ

ハイジニーナやVIOラインを脱毛するなら、ブラジリアンワックスよりも脱毛サロンが良いです。自己処理はもってのほか。黒ずみ(色素沈着)、埋没毛の原因になります。

脱毛サロンがおすすめの理由は、施術料金の安さと半永久性です。

ブラジリアンワックスの場合、2週間程度でまた生えてきてしまいます。
一時的な無毛を体験したい場合や、パートナーのご意見も伺いたいならブラジリアンワックスがピッタリだと思いますが、お手入れ不要の状態を目指すならやっぱり脱毛サロンが便利。

クリニックの医療レーザー脱毛も良いのですが、効果が高い分、痛みもありますし施術料金も高くなります。

施術料金が高くても、効果が高い脱毛を行いたい、通う回数を少なくしたい、痛みも大丈夫という方はクリニックの医療レーザー脱毛(永久脱毛)を検討してください。

施術料金は安い方がいい、痛みも少ない方が良いと言う方は脱毛サロンの光脱毛でハイジニーナの施術を行ってください。回数を重ねることで医療レーザー脱毛の仕上がりと同等の効果を得ることができます。

⇒ハイジニーナ・VIO脱毛向けの脱毛サロン選びとは?

ハイジニーナ・VIO脱毛の始め方

アンダーヘアをなんとなく処理したいと思って、インターネットでいろいろ調べてみると、Vラインの大きさを決めないといけないとか、自分だけのことじゃないからよく考えないといけないとか、いろいろな意見があって迷ってしまいます。

Vライン脱毛をスムーズに始めるなら、脱毛サロンのカウンセリングに行くのがいちばんです。

カウンセリングに行くことのメリットをご紹介します。

⇒VIO脱毛向けの脱毛サロン選びとは?

プロの意見を聞くことができる

エステティシャンに相談することで、プロの意見を伺うことができます。プロが考えるハイジニーナ・VIO脱毛に対する見解を聞くことで、ご自分の考えがまとまると思いますよ。
おまけに女性同士なので、悩みを共有することもできます。

さまざまなヘアの形や量を見てきた人の意見を聞くことができる

アンダーヘアの形を決めないといけないと言われても、どの形が自分に似合うのか、どれくらいの量が最適なのかなんてわからないですよね!

エステティシャンに相談することで、こんな形がありますよーと提案してもらえるはずです。
ハイジニーナ(無毛)を検討している方も、VIOの形が決まっている方も、数々のVIO脱毛を施術しているプロの提案を聞いておいて損はないですよ。

<なんとなく不安>を解消できる

今あるアンダーヘアが無くなるわけですから、少なからず不安があると思います。
脱毛が初めてなら、なおのこと不安ですよね。

脱毛サロンに実際に足を運んで、店内の様子を見てエステティシャンのカウンセリングを受けることで不安は解消できます。

女性は強い生き物なので、自分の目で確認することで肝がすわるのかもしれませんね。

脱毛施術時の痛みを確認できる

施術の痛みを確認できるのは、大きいメリットです。
Vライン、Iライン、Oラインの脱毛は全身の中でも痛みが強い部位。痛みに我慢できずに継続を断念する方もまれにいるくらいです。

強い痛みを我慢する必要はありませんし、痛みの我慢は肌トラブルに繋がります。
ただ、痛みを避けるために光脱毛器の威力を弱めすぎると、今度は思ったような効果が得られないこともあります。

痛みと脱毛器出力のバランスはエステティシャンにお任せすることになりますので、実際に光を照射してもらうのは重要なことです。

ちなみに、特に痛いのはIライン!

脱毛の痛みは、よく輪ゴムではじかれた程度と例えられますが、Iラインに関してはもう少々痛みが強いように思います。

ただ範囲がそこまで広くないので、短時間で終わるのが救いです。

Oラインも同じく、光が照射されると身体がビクッとなるくらいの刺激を感じますが、範囲が狭いのであっという間に終わります。

脱毛サロンの様子がわかる

気になっている脱毛サロンがあったら、いくつでも足を運んでみてください。

地図で見たらまっすぐの道でも、実際に行ってみたらものすごい坂だったとか、ビルの外見は綺麗だったのに、中はカーテン1枚で仕切られた衛生的に不安のある脱毛サロンだった・・・なんてこともよくあります。

脱毛エステだからといって、全てのサロンが衛生的でお花が飾ってあって、アロマオイルがあって・・・というわけではありません。行ってみてわかることは本当に沢山ありますよ!

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)向けの脱毛サロン選び

Iラインは残すべき?毛量を少なくして薄くする程度が良い?どのようなVIOが男性ウケするの?同年代の女性はどんなアンダーヘアにしている?などなど、ハイジニーナ脱毛の相談をするなら絶対に脱毛サロンのスタッフです。

相談は無料カウンセリングで行えば、その名の通り無料です。
契約する必要はありません。

ただキャンペーンを行っている場合は、それを体験してみるのはアリです。

例えばミュゼの場合は、キャンペーンを利用すれば、「Vライン+ワキ(無制限)」+「好きな部位2ヵ所」で1,280円です。Vライン+ワキは1度だけの脱毛ではなく、ツルツルになるまで施術できます。

また、VIO脱毛をすべて行いたい場合は、エピレのVIOキャンペーンや、脱毛ラボのVIOを含む全身48箇所プランなら、月額2,985円の安さで脱毛できます。

エピレはVIOを集中的に脱毛したい方におすすめです。VIOラインの5カ所をたった79%OFFの6,000円(通常29,376円)で2回試すことができます。

そして痛みにめっぽう弱い方や敏感肌の方は3歳の子供でも脱毛できるお肌にやさしいハイパースキン脱毛を採用するディオーネもおすすめです。

ミュゼプラチナムなら超激安でVライン脱毛ができる

<ミュゼのキャンペーン1>
たとえば、ミュゼプラチナムには「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」+「好きな部位2ヵ所」というキャンペーンがあり、両ワキとVライン(無制限)と好きな部位2ヵ所(Iライン・Oラインも選択可)を1,280円で脱毛できます。(※該当のキャンペーン中の場合)

両ワキとVラインは、1回だけのトライアルではなく、自分が満足できるまで何回でも脱毛できるので、まさにVライン脱毛を完了させることができます。

Vライン脱毛を体験したい方に本当にお得なキャンペーンです。

<ミュゼのキャンペーン2>
ミュゼでは4回以上の脱毛プランを契約すると施術料金が50%OFFになるキャンペーンを行っています。

ミュゼには「ハイジニーナ7」というVIO脱毛のセットコースがあります。脱毛部位を詳しく言うと「Vライン」「トライアングル下」「へそ下」「Vライン上」「トライアングル上」「ヒップ奥(Oライン)」「Iライン」です。もちろんすべて好きな形に整えられます。

ミュゼでハイジニーナ7を行うと、通常で6回で72,000円です。
それが50%OFFなので36,000円になります。

※ミュゼのハイジニーナ7には4回で48,000円(半額で24,000円)というプランもありますが、恐らく4回では毛量が減ったかな?というくらいにはなりますが、自己処理が要らないくらいにはならないと思います。でも、毛量を薄くしたいと考えている方にはハイジニーナ7の4回プランもおすすめです。

※半額キャンペーン中の時はねらい目ですので以下をクリックして今月のキャンペーンをご覧ください。

月々2,235円!脱毛ラボのVIOを含む全身48箇所プラン


脱毛ラボの新プランです。月々たった2,985円で、Vライン、Iライン、Oラインを含む、全身48カ所の全身脱毛ができます。
とにかく安価にハイジニーナの脱毛を行いたい方はおすすめです。

現在は7カ月分無料キャンペーンを実施中です。

ハイジニーナ専門の「プリート」

プリートはハイジニーナ専門の脱毛サロンです。「脱毛範囲がかなり広い」「美しくナチュラルなビキニライン」「VIOのデザインがかなり豊富」という特徴があります。さすがハイジニーナ専門のサロンですね。現在、ハイジニーナお試し脱毛が5,000円、Vライン、Iライン、Oライン、アウトVライン、へそ上、へそ下から1部位をチョイスする脱毛が1,500円で行えるキャンペーン中です。

痛みに不安があるならディオーネ

脱毛の痛みが不安な方に、ディオーネをオススメしている情報サイトは本当に沢山ありますが、わたしもディオーネをオススメします。

ディオーネの脱毛マシンは、自分の子供のために開発されたもの。ですので、本気度が違うんです。
その仕上がりは、3才の子供でも脱毛できるくらい痛みや刺激が少ないものとなりました。

ハイジニーナコースも用意されています。

敏感肌すぎて他の脱毛サロンで施術を断られてしまった方でもOKなので、とにかく肌に優しい脱毛がしたい方にもディオーネはオススメです。

ピュウベッロのハイジニーナ/セミハイジニーナ

ピュウベッロのハイジニーナ6回コースは通常料金「47,800円」です。このハイジニーナのコースは3か月に1回通い、1年半で6回を施術するコースです。

現在ピュウベッロでは、ハイジニーナ/セミハイジニーナ脱毛のキャンペーンを行っており、月々3,000円で開始することができます。現在はキャンペーン中のため初月0円になります。

部位はVライン、Iライン、Oラインを含めたデリケートゾーンすべてです。

このハイジニーナのコースは、ピュウベッロはヴィトゥレの店舗で施術可能です。
ピュウベッロはヴィトゥレの店舗は、東京に7店舗、札幌、仙台、横浜、大宮、新潟、静岡、京都、大阪、神戸にあります。

ハイジニーナをクリニックで医療レーザー脱毛する

とにかく早くハイジニーナ脱毛を完了したい、痛みは我慢できる、施術料金が少々高くても大丈夫という方は、クリニックの医療レーザー脱毛を検討してみるのも良いでしょう。
通う回数は、脱毛サロンの場合、8回~10回かかりますが、クリニックの場合は、5回程度で済みます。あとメリットとしては、照射するのが医療の知識が豊富な看護師で、万が一のときはドクターがいるので安心だという点です。

ここでは、ハイジニーナを脱毛するならおすすめのクリニックをご案内します。

湘南美容外科のハイジニーナVIO脱毛


湘南美容外科のハイジニーナVIO脱は、3回で38,880円、6回で60,750円で、月額3,200円で通うことができます。

湘南美容外科のハイジニーナVIO脱は、お試し脱毛が14,580円でおこなえるので、医療レーザー脱毛の痛みに耐えられるのか?効果はどんな感じなのか?確かめられます。

もし、医療レーザー脱毛の痛みに耐えられそうにない方は、料金が掛かってしまいますが笑気ガスを利用する手もあります。

解約手数料は無料だし、返金保証システムがありますのでおすすめです。

湘南美容外科は首都圏を中心に東京、札幌、仙台、名古屋、福岡など全国に47院あります。

アリシアクリニック VIO脱毛セット


アリシアクリニックのVIO脱毛セットはデリケートゾーンの部位が「ビューティー」と「スムース」に分かれていて料金も変わっています。

「ビューティー」は5回で61,900円(月々3,000円)、8回で92,880円(月々3,000円)、脱毛し放題で118,800円(月々3,900円)です。

「スムース」は5回で85,900円(月々3,000円)、8回で123,760円(月々4,000円)、脱毛し放題で165,000円(月々5,400円)です。

アリシアクリニックは、東京近郊を中心に池袋、渋谷、新宿、銀座、表参道、上野、横浜、船橋、大宮などに10院しかありませんが、お近くにアリシアクリニックがあるのでしたらぜひ検討してみてください。

ハイジニーナの費用は?料金比較表

脱毛ラボ
VIO含む48ヶ所脱毛
月々2,985円
・VIOを含む48ヶ所全身脱毛
・パック制ではないので好きな時に中断できる手軽さがある。
ハイジニーナ専門
プリート
・お試し5,000円
50%OFFキャンペーン中
・プレミアムハイジニーナ(美白つき)6回54,000円
・スタンダードハイジニーナ6回43
,000円
ミュゼ
・両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース+2ヵ所1,280円
・ハイジニーナ7 4回で24,000円(50%OFF
ディオーネ
痛くないハイパースキン脱毛
・ハイジニーナコース (VIO全て処理)6回72,000円
・semiハイジニーナコース(VIOの形を残す)6回57,000円
ピュウベッロ
・月々3,000円
・6回コース47,800円
湘南美容外科
効果が高い医療レーザー脱毛
・月額3,200円
・お試し脱毛が14,580円
・3回で38,880円
・6回で60,750円
アリシアクリニック
・効果が高い医療レーザー脱毛
・5回で61,900円
・8回で92,880円
・脱毛し放題で118,800円

ハイジニーナ ブラジリアンワックス脱毛

ハイジニーナをワックス脱毛する場合は、自宅で自己処理するか、ブラジリアンワックスのサロンに行くか、2択になります。

ワックス脱毛した場合、2週間前後は無毛の状態になります。レーザーを照射するわけではないので毛量が少なくなったり、生えてこなくなることがありませんので、ハイジニーナ(無毛)を体験するにはおすすめの方法です。

また、急に海水浴やプール、温泉などに行くことが決まった場合などのその場しのぎにもワックス脱毛は向いています。

ただ、将来的にアンダーヘアをキレイにしたいと考えている方は、思い切って脱毛サロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

以下にVIOをワックス脱毛する際の注意点や市販の市販の脱毛ワックスの選び方、種類、痛みを軽減する方法、注意点などを記載していますので宜しければご覧ください。

ハイジニーナの施術を断られるケース

生理中は施術を断られる

まず生理中は、ほとんどの脱毛サロンでハイジニーナの施術は行ってくれません。またハイジニーナ以外の部位の脱毛も行えないサロンもあります。

生理中や妊娠中はホルモンのバランスが崩れ、毛周期が変わったりする為、せっかく施術してもまた生えてきてしまう恐れがあったり、生理中はお肌がとても敏感な状態になっているので普段よりも痛みに敏感になったり、赤くなってしまったり、トラブルが起きる可能性が高くなってしまう為です。

予約日が生理に重なってしまった場合は、速やかに脱毛サロンに連絡を行ってくださいね。

痔の場合はOラインの脱毛ができない?

痔も色々な種類がありますよね。切れ痔、イボ痔、そして痔ろうやスキンタグなどなど。ものすごく腫れていたり、落ち着いていたり、施術する時の痔の症状も違ってくると思いますので、必ず施術を断られるというわけではありません。

サロンによって判断基準が異なります。
まず、痔の症状がある方は、脱毛サロンのコールセンター等にあらかじめ問い合わせをしておくと良いでしょう。

粘膜部分ギリギリの脱毛、粘膜への照射はできない?

まず、Iラインの内側の粘膜部分の照射は脱毛サロンでもクリニックでも行うことができません。ただ、私たちが「粘膜」と思い込んでいる箇所が実は粘膜ではなく、照射可能な場所だった、なんてこともあったりします。

リゼクリニックの公式ページでわかりやすく説明してあったので一部、引用させていただきますね。


※画像はリゼクリニック公式サイトから引用させていただきました。ありがとうございます。

上記の小陰唇の内側は施術可能で、照射できないのは図の赤く囲った部分だけなんです。ご存知でしたか?

ただ、Iラインの内側をどこまで施術できるのかは、クリニックや脱毛サロンによって違うので無料カウンセリング時に質問してみてください。

その他、施術を断られるケースは、日焼け、お肌の乾燥がひどい場合や飲酒をしている時、薬を服用している時など、他にもたくさんあります。

ハイジニーナ施術後のケア・黒ずみ対策(ホワイトニング)

デリケートゾーンのムダ毛の自己処理前後や、ハイジニーナの施術の前後はたっぷり保湿して乾燥対策する必要があります。お肌が乾燥している状態で照射すると痛みを感じたり、脱毛効果も変わってきます。

保湿を怠り、乾燥がひどいと施術を断られるケースもあります。施術前のケア、施術後のアフターケアはしっかり行ってくださいね。

アフターケアに関して詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

また、デリケートゾーンは、VIOの間違ったムダ毛処理や、下着の摩擦、ターンオーバーやホルモンバランスの乱れなどで黒ずみが発生しやすい場所です。

ハイジニーナ脱毛のアフターケアとして、ホワイトニングできるクリームやジェル、石鹸などケア用品が市販されています。ホワイトニングができ保湿効果がしっかりある商品を選ぶと施術後のアフターケアとして最適です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策やケア用品の選び方など詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

また、ハイジニーナ専門サロンのプリートではプレミアムハイジニーナ脱毛というコースがあり、美白(ホワイトニング)も行ってくれます。

美白に欠かせない成分ビタミンCや毛穴引き締め効果が期待できるクレイなどが配合された「美肌オーダーパック」というものがあり、施術経過に合わせて配合を変えて毎回パックして美白効果を最大限に引き出してくれます。

黒ずみが気になる方は、ハイジニーナ専門のプリートを利用するも1つの手かもしれません。

男性目線のVIO脱毛・ハイジニーナまとめ

これまでにご紹介した男性の意見をまとめると、

★何も処理していない状態はありえない
★ハイジニーナ(無毛)には抵抗がある

このふたつに尽きると思います。
ということは、普通くらいがちょうど良いということ?

VIOヘアの<普通>が難しいところですが、脱毛サロンのアンケートによると、男性に人気が高いVラインの形は大きめの逆三角形だそうです。

ナチュラルな逆三角形をそのまま少しだけ小さくしたような感じなので、ローライズの下着やビキニを着用するときには不安があるかも。

個人的には、それじゃ脱毛する意味ないよー!と思ってしまうのですが、女性のみなさんいかがでしょうか?

今回の記事は、男性パートナーの意見を取り入れつつ、より仲良くなれるようなハイジニーナ・VIO脱毛を考えることが目的でしたが、男性の声を調べてみて、個人的に感じたことは、「男性の意見はほどほどにきいておこう」でした。

男性の意見は理解できるのですが、賛成できない部分も多いんです。

特に、

・剃った方が良い
・ハイジニーナは海外の文化であって、日本人には合わないんじゃ?
・母親になったときになんて説明するつもりなのか?

このような意見を拝見して、脱毛している女性としては偏りを感じずにはいられませんでした。

→剃った方が良い
剃ることで女性の悩みが解決するのであれば、誰も高いお金を出して脱毛なんてしませんよね?
彼とのお泊りや、温泉・プールに行くたびに剃るのがどれだけ大変なのかわかっているのでしょうか?

剃ったあとのチクチクがどれだけ不快か、肌を傷つけるか、わかっていないからこその発言なのだと思います。

→ハイジニーナは海外の文化であって、日本人には合わないんじゃ?
たしかに、ハイジニーナはもともと海外の文化でしたが、良いと思ったものを取りれることに否定的になる必要はありません。

→母親になったときになんて説明するつもりなのか?
アンダーヘアから発展する男女の身体の違いの話を子供と行うことは、教育のひとつになるのではないでしょうか。特に日本人はこういった話を意識的に避けがちだと言われています。
全てをオープンにとは思いませんが、こういった教育を学校任せにする時代は終わりかけています。

嬉しいご意見もありました。

わたしが個人的に嬉しかったのが、本当に好きなパートナーには脱毛する必要なんてないと思っている男性も多いこと。

趣味嗜好もあるけど、それ以上にパートナーのありのままが好きだからアンダーヘアがどうであれ気にならないという意見を聞くと、女性としては嬉しくなってしまいますね!

年代によって常識とか、美意識の違いもあると思いますが、男性のご意見はそれはそれとして受け止めるとして、最後は自分の意思で決めましょうね。
招待のことを考えたうえで、どうしてもハイジニーナ(無毛)にしたいのであれば良いと思いますよ。

いずれにしても、全くお手入れをしないのはダメ。
最低でも、ショーツからはみ出るVラインサイドとVライン丈夫くらいは脱毛しておきましょう。

間違いなく、自分のためにもなりますよ!

Iラインの処理はどこまですればいいの?Iラインはツルツルにするべき?形は?思い切ってハイジニーナにするべき?毛量を減らすだけでいい?これらの答えは、脱毛サロンの経験豊富なスタッフに聞くのが1番良い解決方法です。

⇒ハイジニーナ脱毛の相談でおすすめの脱毛サロンまとめ

⇒女性のハイジニーナ(無毛)を男性はどう思っている?

※各脱毛サロンのVIO・ハイジニーナの料金、プランは変更になっている可能性があります。詳しい内容は必ず公式サイトでご確認ください。

PAGETOP