モイストバランスローション 口コミ・効果検証


モイストバランスローション 口コミ・効果検証
アクセーヌ「モイストバランスローション」を体験した方々の良い口コミ、悪い口コミ、口コミは本当なのか?私がモイストバランスローションを実際に購入し使ってみた感想や成分の解説などを記載します。

スポンサードリンク

 


もくじ

モイストバランスローションの特徴

モイストバランスローションは、敏感肌用化粧品として知られる、アクセーヌが2016年に発売した化粧水です。

アクセーヌの化粧品と言えば、アレルギーの原因になりえる成分や刺激物質をできる限り排除し、皮膚科医と共同開発されていることでも有名ですね。

実は私も、一時期お世話になったことがあります。

小さい頃、軽度のアトピー性皮膚炎だった私。大人になるにつれ、症状は落ち着いていたのですが、年頃になり、スキンケアやメイクに目覚めたとき、肌トラブルが大発生しました。

流行のスキンケアアイテムで肌が荒れたり、かわいいグロスを見つけて、塗ってみると唇が痒くなったり・・・。

「それでも、みんなと同じようにメイクはしたい!!」と悩む私に、皮膚科医が紹介してくれたのがアクセーヌでした。

当時の私のお肌は、今思えば、肌バリア機能が壊れている状態だったので、何を塗ってもアウト。

香料ですら赤みが出たり、痒くなったりする状態でしたが、アクセーヌの化粧品は、無香料で、お肌につけた瞬間も一切刺激がなく、ホッとしたのを今でも覚えています。

ちなみに、アクセーヌの化粧品を数年使い続けた後は、肌バリア機能が復活したためか、他のメーカーの化粧品を使っても、肌トラブルが起こることはほぼなくなり、海外メーカーの化粧品を使えるまでになりました。

そんな敏感肌・アトピー肌の強い味方であるアクセーヌが、浸透力と持続力にこだわって作り上げたアドバンスケア化粧水が、モイストバランスローションです。
モイストバランスローション

容量:360ml
価格:5,500円(税抜)
その他:低刺激性、無香料、無着色、アルコールフリー、ノンコメドジェニックテスト済み

モイストバランスローションの特徴は、以下の3つ。

①超微細ナノカプセル技術採用で、抜群の浸透力!

角質層の隙間は40~60nm。従来の油分配合の化粧水は分子が大きく、角質層の隙間に浸透することができませんでした。

そこで採用されたのが『超微細ナノカプセル化技術』です。

この技術によって、業界最小レベルの10~30nmにまで小さくなったモイストバランスローションの保湿成分は、角質層の隙間に簡単に浸透し、ベタつかず、みずみずしいお肌に仕上げます。

②セラミド類似成分配合で、長時間潤いをキープ!

モイストバランスローションに配合されたセラミド類似成分は、角質層に浸透して水分を抱え込み、蒸発を防ぎます。1回の使用で12時間、潤いが持続します。
重ねづけることで、さらに潤いをキープできます。

③セルバウンス技術で引き出す、ふっくらしたハリと透明感!

表皮の細胞は、外部刺激によって水分が蒸発し、萎んでしまいがち。

お肌の表面を、水と馴染みやすくする新技術『セルバウンス技術』を採用することで、細胞ひとつひとつを潤わせ、ふっくらとした膨らみやハリ感を取り戻します。

肌バリア機能を正常化することで、お肌本来の透明感や明るさを引き出します。

モイストバランスローションはどこで買える?

モイストバランスローションは、全国の百貨店のアクセーヌカウンターか、“パウダーパレット”というセレクトコスメショップにて、購入することができます。

アクセーヌ公式オンラインショップもあり、3,240円(税込)以上購入すれば、送料無料になるので、こちらの利用も便利です。

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなど、一般の通販サイトでも販売されていて、本体自体の平均価格は4,500円~5,000円ほど。

ただ送料が別途必要なので、送料込み価格だと、定価と大幅には変わらないようです。

スポンサードリンク

 

モイストバランスローションの良い口コミ・悪い口コミ

モイストバランスローションの口コミをチェックしてみました。良い口コミ、悪い口コミ、それぞれ多かった意見をまとめてみたので、参考にしてください。

<良い口コミ>
・ぐんぐん浸透し、もちもちのお肌になる
・ベタつきがないのに保湿され、冬場でも乾燥しない
・お肌に優しく、水のような使用感
・持ちが良く、価格と量のバランスが良い
・お肌が荒れていても、刺激がなく、安心して使える

<悪い口コミ>
・あまり変化がない
・保湿力がイマイチ
・なんとなく物足りない
・ベタつく
・お肌に合わなかった

<私のコメント>
さすが、ベストコスメ上位に入賞しているだけあり、多くが良い口コミでした。良い口コミの多くは、やはり、「優れた浸透力」と「高い保湿力」に関するものがほとんどです。

たっぷり大容量なのも、ポイントが高いようですね!

また、敏感肌やアトピー肌でも染みることなく、「とにかく安心して使える」という、アクセーヌならではの声も、非常に多く見られました。

一方、悪い口コミで多かったのは、「変化がない」という声。

保湿以外、美白やエイジングケアの成分が含まれていないので、お肌に劇的な変化がなく、効果を感じにくいのかもしれません。

ただ、物足りなさを感じつつも、「大容量でバシャバシャ使えるので、損した気にはならない」という意見も多数見られました。

また、モイストバランスローションの保湿力をアップさせるためには、重ねづけが重要なポイントですが「重ねづけしても、保湿力が物足りない」と感じた人の中に、プレ化粧水として使ったり、ローションパックとして使うことで、効果があると感じている人が多いことがわかりました。

あと、かなり少数派ではありますが、お肌に合わないという人もいました。

アトピー肌や敏感肌、乾燥肌の強い味方であるアクセーヌですが、全ての人に肌トラブルが起こらないわけではないので、お肌に合わないと感じたときはすぐに使用をストップしましょう。

スポンサードリンク

 

モイストバランスローションを買ってみた

モイストバランスローションをデパートのアクセーヌカウンターで購入してきました。
003moistbalancelotion
口コミでも「大容量」という声が多かったですが、実際に見てみると、やはり大きい!なかなか迫力がありますね!
004moistbalancelotion
1回の使用量の目安は、500円硬化2枚分。

BAさん曰く、「使用量は、通常の化粧水の倍ほどと考えてください」とのことでした。
たっぷり大容量で販売しているのも、そのためなのだそうです。

「朝晩、使用量を守って毎日使った場合、約2ヶ月で使い切ることができます」とのこと。
口コミの中には、「1本買ったら4ヶ月も持った・・・」という声もあったので、「開封後、2ヶ月以上経つと劣化しますか?」と確認してみたところ、「2ヶ月を過ぎても、急激に劣化することはないので安心してください」とのことでした。

理想としては2ヶ月~3ヶ月程を目安に、モイストバランスローションを使い切ったほうが良さそうですね!
005moistbalancelotion
蓋を回し開けると、このような感じ。
アクセーヌらしく、とてもシンプルなボトルです。
モイストバランスローションの色
モイストバランスローションの色は無色透明で、水のようにサラリとしており、匂いもありません。
モイストバランスローションのテクスチャー
手の甲にのせると、手を傾けなくてもサラサラと水のように流れてしまいます。浸透が非常に早く、流れたところから、自発的に吸収されていく感じがありました。

ハンドプレスして仕上げた状態がこちらです。
008moistbalancelotion
みずみずしく、しっとりと潤います。
皮膜を形成する成分が多く含まれているため、肌表面に少しギラつきのある皮膜ができているのがわかります。

ただ、ベタつきはなく、皮膜感もかなり軽いです。

スポンサードリンク

 

モイストバランスローションをいつものスキンケアに使ってみた

アラフォー乾燥肌の私が、実際に、モイストバランスローションを使ってみたいと思います。

モイストバランスローションは、洗顔後に使用します。

500円玉2枚分を、2~3回に分けて塗布していくので、まずは500円玉1枚分程を手に取りました。
009moistbalancelotion
手のひらで一旦馴染ませてから、モイストバランスローションを顔全体に塗布します。
刺激は一切なく、感覚的にはまるで水のよう。
お肌へのあたりがとても優しいです。
モイストバランスローションを顔に塗る
ハンドプレスで優しく馴染ませた後のお肌がこちらです。
見た目には、やはり表面がギラついていますね。

軽めの皮膜感がありますが、ベタつく感じはせず、触り心地はしっとりしています。でもこの時点では、表面的な潤いのほうが強い感じがして、なんとなくまだ物足りない気も・・・。
011moistbalancelotion
さらに再び、手のひらに適量を取ってモイストバランスローションを馴染ませます。
012moistbalancelotion
「重ねづけすると、多少ベタつくかな・・・」と思ったのですが、2度目もベタつきはありませんでした。

1度目のしっとりした触り心地から、少しもっちりした感じへと変化します。
ハンドプレスで仕上げた後のお肌がこちらです。
013moistbalancelotion
ギラついていた皮膜が、ツヤっぽく変わりました。
1度塗った後よりも、明らかに肌内部の保水力が上がったように感じます。

皮膚表面がふっくらと潤い、キメが整っているのがわかります。
時間と手間が多少かかりますが、モイストバランスローションは、重ねづけがかなり重要ですね!!

その後、いつもの美容液とクリームで仕上げました。

単品ではベタつきは感じなかったのですが、時間が経つとテクスチャーが変化するのか、他のアイテムとの相性があるのか・・・、クリームを塗り終えた時点で、普段は感じない、手のひらに吸い付いてくるような、モチっとした感触がありました。

ヒアルロン酸が高配合の化粧水にありがちな感触です。

顔周りの髪が数本、額や頬にピターっと張り付いてしまうことも・・・。

私は、このもっちりとした保湿感は好きなので、不快には感じませんでしたが、サラリとした仕上がりの化粧水が好きな人は、「ベタつく」と感じてしまうかも・・・。

夏場は特に、気になってしまうかもしれません。

また、ツヤっぽい皮膜を形成するので、頬やTゾーンはピカーンと光ります。

お肌のバランスが崩れることによるテカリではないので、くすみやよどみのない、健康的でツヤっぽい感じです。

肝心の保湿力に関してですが、日中も潤いをキープしてくれていたので、個人的には◎でした!

スポンサードリンク

 

モイストバランスローションでパックしてみた

口コミでも多かったのが、モイストバランスローションでコットンパックをするという声。

通常のスキンケアでも、重ねづけをするとキメがそろい、お肌が整う感じがするので、ローションパックも効果がありそう!
実際に試してみました。
014moistbalancelotion
今回は、ローションパック用のシートを使いますが、家にあるコットンでもOKです。
015moistbalancelotion
シートに、たっぷりとモイストバランスローションを含ませます。
普段のケアよりも、量が必要になりますが、パックのときはケチらないのがポイントです。
前もってシートを水で濡らし、軽く絞ってからローションを含ませるのもお勧めです。
比較的、使用量は少なくて済みます。
ヒタヒタにモイストバランスローションを含ませたシートを、顔に乗せて8分間放置します。
モイストバランスローションでパック
放置時間は、5分~8分程度がお勧めです。
様子を見ながら、シートが乾ききる前に外しましょう。
パック後のお肌はこのような感じです。
017moistbalancelotion
プルプルに潤いました。
今回使ったシートは首までカバーできなかったのですが、「首もやれば良かった!!」と後になって思いました。

スキンケアで使ったときよりも、もっちり感が強く、翌朝までお肌はモチモチでした。時間があるときはローションパック、かなりお勧めです!

スポンサードリンク

 

モイストバランスローションの成分

モイストバランスローションの全成分をチェックしてみましょう。
モイストバランスローションの成分

水、グリセリン、BG、PEG-40、ヒアルロン酸Na、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、PEG-12ジメチコン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、アクリレーツコポリマー、イソステアリン酸、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、オレイン酸PEG-6ソルビタン、ジグリセリン、ジメチコン、ステアロイルグルタミン酸Na、セタノール、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ポリソルベート60、ミリスチン酸オクチルドデシル、トコフェロール、メチルパラベン

まず、モイストバランスローションの特徴的な成分がこちらです。
●ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル):セラミドと同じ、細胞と細胞の間を埋める役割を果たしてくれる、アミノ酸系のセラミド類似成分です。高いエモリエント効果が期待できます。
●ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル) :水分をしっかりキープし、しっとり感や自然なツヤ感を与えます。持続的に角質層へ水分を与える働きがあることから、『持続型アクアフィーダー』とも呼ばれます。

ベースとなる保湿剤はこちらです。
●グリセリン・・・ベースとなる保湿剤です。
●ヒアルロン酸Na・・・ベースとなる保湿剤です。分子が大きいため、浸透はせず、肌表面で水分を含んだ皮膜を形成します。
●イソステアリン酸ポリグリセリル-2・・・エモリエント剤です。安全性の高い成分ですが、わずかに皮膚刺激が起こる可能性があります。
●セタノール・・・ベタつかず、サラリとした使用感が特徴的なエモリエント成分です。皮膜を形勢し、水分蒸発を防ぎます。
●ミリスチン酸オクチルドデシル・・・粘りのない、サラッとした使用感の液状オイルです。

その他、皮膜感を与える成分がこちらです。
●ベタイン・・・浸透性に優れた成分で、お肌をしっとり・やわらかくしたり、弾力を与えます。
●アクリレーツコポリマー・・・乾くとやわらかな膜を形成する成分です。

全体的に安全性の高い成分で構成されていますが、場合によっては、注意が必要な成分も、以下の通り含まれています。
●PEG-12ジメチコン・・・シリコーン系乳化剤です。水とシリコーン油を混ぜるために配合されています。安全性には問題ない成分とされていますが、ごくわずかな、一過性の皮膚刺激や眼刺激が起こる可能性があります。
●イソステアリン酸・・・安定性の高い飽和脂肪酸です。安全性の高い成分ですが、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を促進させる成分なので、ニキビ肌や脂性肌の人は注意してください。
●メチルパラベン・・・防腐剤です。お肌への刺激は最も少ないとされますが、皮膚炎を発症していたり、皮膚バリア機能が壊れている場合に、ごくまれにアレルギーが起こる可能性があります。

モイストバランスローションを使ってみた感想・評価

アラフォー乾燥肌の私が、モイストバランスローションをしばらく使ってみた感想をまとめてみたいと思います。

モイストバランスローションの良かった点・イマイチだった点

<良かった点>
・しっとり、もっちりと潤う
・自然で、健康的なツヤ感が出る
・お肌に優しく、刺激を感じないので、安心して使える
・なんとなく、お肌の調子が整う
・軽い皮膜感があり、日中もガードされている感じがある

<イマイチだった点>
・お肌に劇的な変化はない
・他のアイテムとの組み合わせにより、ベタつきやテカリが出ることも・・・
・エイジングケアには物足りない

モイストバランスローションはこんな人にオススメ

モイストバランスローションは、さらさらマットな仕上がりを求める人よりも、つやつやもっちりに仕上げたい人向きです。

肌タイプとしては、敏感肌、乾燥肌、普通肌の人は、間違いなくお勧め!

皮脂が少なくなってカサついたり、お肌がくすみがちな年齢肌も、生き生きとした自然なツヤ感が出せますよ!

保湿力が高いので、脂性肌の人は、ベタつきやテカリが気になってしまうかもしれません。

他のアイテムとの相性も、重要ポイントになりそうです。ニキビ肌の人は、様子を見ながら使ってくださいね。

モイストバランスローションの効果を、最大限に活かせるのは以下のような人だと思います。

・アトピー肌、敏感肌、乾燥肌の人
・もっちりしっとり肌に仕上げたい人
・乾燥による肌トラブルがある人
・肌荒れなどに困っている人

普段、お気に入りのスキンケア アイテムが決まっている人でも、季節の変わり目やストレスなどで、一時的にお肌のバリア機能が弱まっているときに、レスキューとしてモイストバランスローションを使うのもお勧め!

モイストバランスローションは、エイジングケアや美白ケアなど、劇的な変化はないけれど、お肌の調子を優しく整えてくれる”お守り”のような化粧水です。

モイストバランスローションを使うときは、ローションパックはぜひ一度、試して欲しいと思います。しっかり首までパックしてみてくださいね!

スポンサードリンク

PAGETOP