美活パワームース 口コミ・効果を検証

美活パワームース 口コミ・効果を検証
SOFINA iPの土台美容液「美活パワームース」を使ってみて感じた効果や、私以外の美活パワームース体験者の口コミ、成分の解説などを紹介します。

スポンサードリンク

 


もくじ

美活パワームースとは

2015年11月に、花王が立ち上げたブランド“SOFINA iP”から発売されている『美活パワームース』は、最近流行の炭酸美容とブースターを組み合わせた、人気の土台美容液です。

発売以来、数々のベストコスメ 美容液・ブースター部門で上位入賞している実力派!
そんな美活パワームースの最大の特徴は、マイクロバブル技術により実現した、毛穴よりも小さな極小のマイクロ炭酸泡です。

通常、炭酸水の気泡は、泡径0.1~2mmの“ミリバブル”と呼ばれるサイズです。それに対して、毛穴の大きさは、ミリバブルのおよそ1/10~2/10程の大きさ。

つまり、普通の炭酸水の泡は大きすぎて、ほとんど毛穴の中に入り込むことができないのです。

ここで登場するのが、花王最新のマイクロバブル技術。

この技術によって炭酸の泡は、なんと、マイクロバブルと呼ばれる1/100mmのサイズにまで小さくなります!

極小サイズなので、毛穴をなんなく、スルリと通り抜けることができます。

このマイクロサイズの極小炭酸泡が、美活パワームース1回の使用量あたり、なんと約2,000万個も含まれています。

小さな炭酸泡がお肌の奥まで届いて弾けるので、高い美肌効果が期待できる土台美容液なんですね!

美活パワームース

容量:本体・レフィルともに90g
価格:本体5,400円(税込)、レフィル4,860円(税込)

美活パワームースは、毎日朝晩のスキンケアに使った場合、1本でおよそ1.5ヶ月もちます。レフィルの場合は500円以上安くなる点も、継続するにあたっては重要なポイントですね!

美活パワームースは、スーパーやドラッグストアなどのソフィーナ販売店や、百貨店のエストのコスメカウンター、ソフィーナ・ビューティーパワーステーションで販売されています。

また、公式サイトから誘導される各種オンラインショップでも、販売されています。

2018年5月の時点では、LOHACO、@コスメショッピング、Amazon、楽天市場、イトーヨーカドーネット通販、ケンコーコム、爽快ドラッグ、マツモトキヨシの他、全国の有名デパートの通販サイトが紹介されていました。

これらの通販サイトのほとんどは、送料無料で配送してくれるようなのですが、一部の百貨店通販サイトでは、送料が掛かることもあるようなので、利用の際は注意してください。

炭酸の効果について

最近流行りの炭酸美容。
炭酸に一体どんな美容効果があるか、もう一度おさらいしておきましょう。
まず炭酸とは、二酸化炭素のことです。

分子が非常に小さいので、お肌に浸透しやすいのが特徴で、メインとなる効果は、ズバリ“血行促進”です。

毛細血管まで炭酸が到達すると、以下のようなプロセスが起こります。

①血中の二酸化炭素濃度が上昇する。
②脳が酸素不足になったと判断する。
③多くの酸素を取り込むため、毛細血管が広がる。
④血行が促進される。
⑤肌細胞に十分な酸素と栄養が行き渡り、新陳代謝がアップする。

新陳代謝がアップすることによって、以下のような美容効果が期待できます。

・くすみが改善され、お肌がトーンアップする。
・お肌のたるみが改善され、ハリ感やうるおいがアップする。
・小ジワが目立ちにくくなる。
・ゴワつきやざらつきが改善される。

この他にも、炭酸にはタンパク質に吸着しやすい性質があるので、洗顔料に含まれているケースも多いですね!

この場合は、メイク、皮脂、古い角質などの汚れをキャッチして、しっかり落としてくれるという効果があります。

美活パワームースの成分は?

美活パワームースの全成分をチェックしてみましょう!
美活パワームースの成分

水、DPG、ジメチコン、二酸化炭素、プロパンジオール、安息香酸アルキル(C12-15)、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-12ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、リン酸K、香料、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

配合されている成分の数が比較的少なめですね。

まず、ベースとなっている成分がこちらです。
●DPG(ジプロピレングリコール)・・・ベタつかず、サラッとした使用感を持つ、ベースの保湿剤です。
●ジメチコン・・・ベースとなるシリコーン油です。ベタつき感が少なく、潤滑性に優れています。薄い皮膜を形成するので、なめらかな触感に仕上げます。
●安息香酸アルキル(C12-15)・・・軽くてサラリとした油剤です。エモリエント作用があります。

そして、美肌に導く特徴的な成分は“炭酸”のみ!
●二酸化炭素・・・炭酸ガスです。血流やターンオーバーを促進させることで、くすみの改善、リフトアップ効果、細胞賦活作用が認められています。ただ、皮膚タイプに関わらず、皮膚刺激と皮膚の紅潮が見られます。多くは耐えられないほどの刺激ではなく、問題ないものだとされ、数分以内に症状は消えるとされています。

使用感を調整するため、ポリマーも含まれています。
●(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・・・サラサラと滑らかな感触を与えるシリコーンパウダーです。毛穴やシワを隠したり、マットに仕上げる作用があります。皮膚炎などを発症していたり、皮膚バリア機能が低下している場合は、軽度の皮膚刺激が起こる可能性があります。

防腐剤もお肌にマイルドな成分です。
ただお肌の状態によっては、炎症やアレルギーの原因となってしまうので、注意しましょう。
●フェノキシエタノール・・・防腐剤として配合されています。湿疹や皮膚炎を発症している場合は、ごくまれに症状が悪化したり、アレルギー反応が起こる可能性があります。
●メチルパラベン・・・防腐剤の中では、お肌への刺激が最も少ない一方で、殺菌力は弱いとされています。皮膚炎を発症している人や、皮膚バリア機能が壊れている場合は、ごくまれにアレルギーが起こる可能性があります。

スポンサードリンク

 

美活パワームースの口コミ

美活パワームースのネット上での口コミをチェックしてみました。
良い口コミ、悪い口コミ、それぞれ多かった意見をまとめてみたので、参考にしてください。

<良い口コミ>
・美活パワームースの後は、化粧水の浸透が抜群に良くなる。
・潤いが維持できる。
・お肌がつるつるになる。
・毛穴が引き締まる。
・お肌がトーンアップした気がする。

<悪い口コミ>
・ピリピリとした痛みや刺激を感じる。
・赤みが出る。
・劇的な変化はない。
・ベタつく。
・値段が高い。

<私のコメント>
さすが美活パワームースは人気商品だけあって、口コミ数も多く、高評価のものが全体の7割を超えている印象を受けました。

美活パワームースの良い口コミの内容は、やはり炭酸による美容効果を実感できるというものがほとんど。

「次に使う化粧水の浸透が良くなる」「お肌が引き締まり、つるつるになる」「顔色がよくなる」という声が、非常に多く見られました。

一方、美活パワームースの悪い口コミでは、「刺激や赤みを感じる」という声がダントツに多かったです。

通常、ピリピリ感を感じたり、お肌に赤みが出るというのは、アレルギー反応の典型的な症状。

でも実は、こういった刺激も炭酸の特徴のひとつです。

炭酸は皮膚にのせると炭酸泡が弾けるため、ピリピリとした刺激を感じやすいアイテムです。また血行が良くなるため、お肌に赤みが出ることもあります。

美活パワームースを何も知らずに初めて使うと、びっくりしてしまうかもしれませんが、炭酸による刺激や赤みは5分程で鎮静し、お肌の状態は何もなかったかのように元に戻るので、安心してくださいね!

もちろん、使い続けて大丈夫です。

逆に、特定の成分によるアレルギー反応の場合は、症状は引かず、痒みが出たりします。その場合は速やかに洗い流して、使用をストップしてください。

刺激に関する意見以外には「劇的な変化はない」「可もなく不可もない・・・」という声や「ベタつく」という声がありました。

美活パワームースは決して安いアイテムではないので、変化がないとなると残念すぎます。使用感も含めて、後ほどしっかりチェックしてみたいと思います!

スポンサードリンク

 

美活パワームースを買ってみた

美活パワームースを実際に購入してみました。
001bikatsupow
爽やかなカラーのボトルで、プッシュタイプになっています。
004bikatsupow
美活パワームースは、ムース缶のようなボトルなので、使う前に無意識に振ってしまいそうになりますが、炭酸を含むアイテムは、振らないのが原則です。
箱にもしっかり、注意書きがありました。
美活パワームース 注意書き
さっそくプッシュしてみると、もこもこするような泡ではなく、かなり緩めでトロリとしています。
まるで、乳液を緩めに泡立てたような感じです。
美活パワームースの色
美活パワームースの色は白く、爽やかな香りがします。
『キレイが湧き上がる、オーシャンエナジーの香り』だそうです。
どこかで嗅いだことのあるような、香水っぽい香りです。
美活パワームースのテクスチャー
美活パワームースを手の甲にのせてみると、スーッとした清涼感があります。
炭酸泡特有の、シュワシュワとした刺激は特に感じませんでした。
008bikatsupow
泡を潰さないように広げます。
乳液のような感じで、ヌルッとした触感。
よく伸びて広がります。
009bikatsupow
スーッとした清涼感は続きますが、しばらくすると泡が消え、ミルク乳液のような感じで皮膚表面に残り、その後、浸透していきます。
美活パワームースをハンドプレスで馴染ませた後は、このような感じです。
010bikatsupow
お肌がしっとりして、みずみずしく仕上がりました。
なんとなく、肌に透明感が出て、トーンアップしているような感じがあり、表面はサラリとしています。

スポンサードリンク

 

化粧水の浸透は本当に変化する?

美活パワームースを使うと、次に使う化粧水の浸透性がアップするというのは、口コミでも非常に多い意見でした。

実際のところ、どんな感じで浸透するのか、どれ程、浸透力がアップするのか、実験してみました。
011bikatsupow
腕の内側、①美活パワームースを塗ったところと、②なにも塗っていないところで比べてみます。
012bikatsupow
①の美活パワームースを丁寧に馴染ませます。
013bikatsupow
①美活パワームースを塗ったところと、②なにも塗っていないところにワンプッシュずつ、化粧水をのせます。
014bikatsupow
①美活パワームースを塗ったところのほうが、キメに沿って化粧水が自発的に広がり、浸透していきます。

一方、②なにも塗っていないところにのせた化粧水は、プッシュしたときの状態を保って、皮膚表面に留まっています。
015bikatsupow

同じ回数、ハンドプレスをして馴染ませてみると、①美活パワームースを塗ったところに比べて、②なにも塗っていないところの化粧水は、広がる範囲も限定的で、皮膚表面に留まっているように感じます。

①美活パワームースを塗ったところの化粧水は、すばやく広範囲に広がり、どんどん吸収され、肌馴染みがとても早かったです。

美活パワームースが、次に使う化粧水の浸透を誘導しているのは明らかですね!

いつものスキンケアに美活パワームースを導入してみた!

アラフォー乾燥肌の私が、美活パワームースを、いつものスキンケアに実際に取り入れてみました。

美活パワームースは、洗顔の後、いつものお手入れの前に使用します。
缶を振らないように注意しながら、適量を手に取ります。
使用量の目安は直径3cm程です。
016bikatsupow
この泡をつぶさないように、そっと両頬、額、あご、鼻にのせます。
017bikatsupow
美活パワームースをやさしく塗り広げます。
顔全体を泡が覆う頃には、スーッとする感じが次第に強くなっていきます。清涼感がとても強く、炭酸泡のシュワシュワするような感じはあまりしませんが、やはり皮膚表面がピリピリする感じはありました。

炭酸ミストを使った時にも、ピリピリした刺激を感じたことがあるので、今回も「そうそう、炭酸ってこんな感じ!」と抵抗なく受け入れたものの、美活パワームースの刺激は、炭酸ミストの刺激よりも強め。

炭酸自体のピリピリ感はもちろんなのですが、それにプラスして、スーッとする清涼感がかなり高めです。

皮膚が薄い人やお肌が敏感な人など、刺激に対してちょっと不安がある人は、いきなり顔に使わず、少量の美活パワームースを、首に近い頬の一部に塗って試してみると、「あ、こんな感じね!」と、心の準備ができると思います。

この炭酸による刺激と、スーッとする清涼感は、ずっと続く訳ではなく、塗り広げるときがピークです。

この後は、次第に刺激がやわらいでいきますので、びっくりしてすぐに洗い流したりする必要はありません。
018bikatsupow
顔全体に塗り広げた泡は、ハンドプレスで丁寧に馴染ませていきます。
019bikatsupow
丁寧に馴染ませていると、はじめの頃は、手のひらに吸い付いてくるような感じが少しあります。さらに馴染ませていると、浸透が終わり、ベタつく感じがなくなり、さっぱり仕上がります。
私の場合、この頃までには、炭酸によるピリピリ感は完全に消えていました。
020bikatsupow
今回、目立った赤みは出ませんでしたが、全体的に顔色がピンクっぽく、血色が良くなりました。

ハリとツヤが出て、お肌全体が元気になったように感じます。『これぞ、炭酸の力!』という感じの仕上がりですね!

この後、いつものスキンケアを行います。

美活パワームース単品では、ベタつきなく仕上がったのですが、化粧水を塗ると、いつもと違う感触で、ヌルっと広がります。

感触はいつもと違うけれど、浸透は確かに良いです。

ハンドプレスで馴染ませると、ベタつく感じが復活・・・。

美活パワームースの悪い口コミに「ベタつく」という意見がありましたね。このまま最後までベタつくかと思ったのですが、私の場合は、クリームまで塗って仕上げて、時間が経つと、ベタつきは気にならなくなり、普段と変わりなく過ごせました。

どうしても、美活パワームースのベタつきが気になるという人は、他のスキンケアアイテムとの相性が関係しているのかもしれません。

スポンサードリンク

 

美活パワームースを使ってみた感想・評価

美活パワームースを実際に使ってみて、良かった点、悪かった点をまとめてみました。

<良かった点>
・肌にハリが出る
・血色が良くなる
・化粧水の浸透が良い

<悪かった点>
・思った以上に刺激が強め
・ベタつく可能性がある

美活パワームースをお勧めしたい人

・乾燥が気になる人
・毛穴の開きやたるみが気になる人
・フェイスラインのたるみが気になる人
・ハリ感が欲しい人
・なんとなく顔色がくすみがちで、お肌に元気がない人

スキンタイプとしては、乾燥肌、普通肌、脂性肌など、あらゆる肌タイプの人が使えそうです!

ただ、どんなに美容効果があるとは言え、お肌にとって刺激は刺激。

皮膚の薄い人や敏感肌の人、肌荒れや炎症を発症している人が、炭酸の刺激や痛みを我慢してまで使うのは逆効果です。

「あまりにも刺激が強すぎる・・・」「痛い!」という人は無理して使い続けず、お肌の調子が安定しているときに使うのがお勧めです。

スポンサードリンク

PAGETOP