アイシルエットマーカー 口コミ 2色比較・使い方も

アイシルエットマーカー 口コミ 2色比較・使い方も
アイシルエットマーカーとは、カネボウ化粧品から発売されている「にじみにくいアイライナー」です。

CMでは、黒木メイサさんが独自の「色っぽさ」を表現されていますが、アイライナーで印象的な目元を作ることは女性にとってかなり重要ですよね◎

そこで今回は、黒木メイサさんばりのキリッとしたキャットアイを目指せる「アイシルエットマーカー」のレビューをしてみたいと思います。

アイシルエットマーカー、ブラック・ブラウン2色のカラー比較に合わせて、愛用者の口コミもご紹介しますよ!

「目元の印象を華やかにしたい」「目力をアップさせたい」と思っている女性は必見です。

スポンサードリンク

 


もくじ

アイシルエットマーカーの特徴

002eyesilhouettemarker
ここでは、アイシルエットマーカーの特徴をご紹介します。

汗・水・皮脂を弾くからにじみにくい!

アイシルエットマーカーの1番のポイントは、汗や水・皮脂に強いということです。

・汗や皮脂でラインがにじむ
・ラインがすぐに落ちてしまう

特に、上記のようなお悩みを抱えている人にはうってつけのアイライナー!

汗・水・皮脂を弾いて、いつまでも「メイクしたての美しさ」が持続します。ウォータープルーフではないのに、ここまでにじみにくくて落ちにくいアイライナーは珍しいといってもいいでしょう◎

クッションブラシで簡単にラインが描ける!

アイシルエットマーカーには手ブレを吸収するクッションブラシが採用されているので、不器用さんでも簡単に理想的なラインを描くことができます。

適度な柔らかさのブラシで、まつ毛とまつ毛の間をストレスなく埋めることができますよ!

また、クッションブラシには「手ブレを吸収する」という特徴があるため、ラインがブレてしまいやすい目元には最適◎

液含みがよくて発色も抜群!

アイシルエットマーカーのウリともいえる「クッションブラシ」ですが、手ブレを吸収する他にも嬉しい特徴があるんです。

それは「ブラシにしっかりと液が含まれている」ということ!

ブラシタイプのアイライナーにありがちな「液が出てこない…」「すんなりラインが描けない…」という悩みは、アイシルエットマーカーで速攻解決◎

ブラシの先端だけではなく、ブラシ全体にしっかりと液が含まれているので、どんな角度でブラシを使っても大丈夫。

アイシルエットマーカーは発色もパッと鮮やかなので、目の輪郭を際立たせて魅力的な目元に導いてくれますよ♡

スポンサードリンク

 

アイシルエットマーカーの口コミ

汗や水・皮脂を弾いてキレイが持続するアイシルエットマーカー!実際にアイシルエットマーカーを使用している人の口コミで多かった意見をまとめてみました。

良い口コミ

・目元の印象がはっきりする
・色が濃くて目元がしっかりと引き締まる
・ブラシが柔らかくて皮膚の薄い目元にも使用しやすい
・描きやすくて全然にじまない
・発色がいい
・簡単にまつ毛の間を埋めることができる
・ポンポンとスタンプを押す感覚でラインが描ける
・ブラシの使い方でラインの太さが調節できる
・多少泣いても落ちない
・このアイライナーだけは本当ににじまないしパンダ目にならない
・パッチリ目になる
・不器用でもしっかりとアイライナーを描くことができた
・4ヶ月持ってコスパ最高
・乾くのが速くてインランが描きやすい

悪い口コミ

・極細ラインが引きにくい
・若干にじむ気がする
・まつ毛がびっしり生えているので、まつ毛の生え際にラインを引くのが難しい
・オイリーな瞼だと色がほとんど乗らない
・朝化粧して、昼にはパンダ目になってしまった

<私のコメント>
口コミを見ていて、人によって「全然落ちない」だったり「結構落ちる」という意見に別れているのが気になりました。
総合的には「汗や水・皮脂に強くてにじみにくいアイライナー」だといえそうですが、こればっかりは「商品との相性」で決まってくるのかな…と。

「パンダ目になった」というレビューをしている人の特徴を見てみると、お湯で落ちるタイプのアイライナーでは必ずにじんでいるケースが見られました。

アイメイクのやり方やアイシャドウの種類・瞼や目の形なども「アイライナーのにじみ」に関係していそうですね!

ということで、真相を確かめるべく「アイシルエットマーカー」を購入して見たいと思います◎

スポンサードリンク

 

アイシルエットマーカー「ブラック」「ブラウン」の2色を買ってみた

アイシルエットマーカー「ブラック」「ブラウン」の2色を買ってみた
近所のドラッグストアで購入したアイシルエットマーカー!さっそく使用感やカラーの比較をして行きたいと思います。

アイシルエットマーカーは2色展開♪

アイシルエットマーカーは「ブラック」「ブラウン」の2色展開で、好みによってお好きなカラーを選ぶことができます◎

・ブラック→キリッとした印象で、より目元を際立たせたい人向き
・ブラウン→目元の印象をアップさせつつ、優しい雰囲気でナチュラルにしたい人向き

上記のように、ブラックは「キリッと」した印象を与え、ブラウンだと「優しくて自然」な雰囲気を演出してくれますよ!

アイシルエットマーカーの使用感は?

実際にアイシルエットマーカーを使用してみると、レビューにあったとおり「ラインを描きやすい」という特徴を感じることができました。

昔は某メーカーの美容部員として働いていた経験もあり、不器用なタイプではありませんが、それでも年齢に伴う瞼のたるみから「ラインを引きにくい」「ラインがヨレる」という悩みを抱えていた私…。

そんな私の目元でも、アイシルエットマーカーを使用して驚くほど簡単にラインを引くことができました!

・細かいラインはブラシの先端を使用して
・太いラインはブラシを寝かせるようにして使用

この2パターンの使用方法で、片目1分程度でしっかりしたアイラインが完成♪

アイシルエットマーカーの「手ブレを吸収する」という働きを、まじまじと実感しちゃいました。

アイシルエットマーカー“ブラック”のレビュー

004eyesilhouettemarker

まずはすっぴんの目元から!
マツエクがほとんど取れてしまっているため、目元の印象も薄くなってしまっていますね…。

ということで、さっそく「まつ毛の隙間を埋めるように」してブラックのアイラインを引いて行きましょう。
005eyesilhouettemarker
006eyesilhouettemarker
どうでしょうか?
まつ毛とまつ毛の隙間を埋めてつなげるように細いラインを描いてみましたが、これだけでも随分と目元が引き締まって印象が明るくなっていませんか?
さらにラインを太くしてみると…
007eyesilhouettemarker
さっきの画像よりも、さらに目元に華が出て輪郭が際立つような気がします。
下の画像は「すっぴんの目」と「ブラックアイライナーを使用した目」ですが、ラインをしっかりと引いた右の目元の方がキリッとしていますね♪
008eyesilhouettemarker

ブラックの色も濃くてはっきりとしているので、バッチリメイク派さんにはブラックが断然おすすめ。

ただ、発色がはっきりしているからこそ「ラインのヨレが目立つ」「失敗できない」といったデメリットも発生してしまうのは確かです。

スポンサードリンク

 

アイシルエットマーカー“ブラウン”のレビュー

009eyesilhouettemarker
上の画像、向かって左側の目に「ブラウン」のアイシルエットマーカーを使用してみました◎
ブラウンはブラックと異なり、多少ラインがヨレても曲がっても気にならないので「特に不器用だ」という人におすすめできます。

ブラックがキツイ印象になるのなら、ブラウンは「華やかだけど女性らしい優しい雰囲気」にしてくれるカラー!

目の下にラインを引きたい場合も、ブラウンならブラックにありがちな「ライン引いています」という仕上がりになりません。
010eyesilhouettemarker
目元を強調しつつ、周りのお肌に溶け込むように馴染んでくれるのがブラウンカラーの最大の特徴でしょう。

スポンサードリンク

 

私流!アイシルエットマーカーのおすすめ使用方法

アイシルエットマーカーの箱には、目力をアップさせる使用方法として「マスカラやビューラー後、まつ毛の隙間が見える部分にスタンプするように埋めていく」と記載してあります。
もちろんそのとおりに使用してもいいのですが、私的にはそれプラス「まつ毛の生え際上」にもラインを引くことでよりデカ目につながると思います◎

私はマツエクをしているのですが(現在はほとんど取れていますが…)、マツエクをしている人は「メイク落としが大変だからアイシャドーもアイラインも使用していない」というケースが多く、実際に私もその中の1人。

アイシルエットマーカーの基本的な使用方法は「まつ毛の隙間を埋める」というものなので、まつ毛の根元に人工毛をつけている人には若干不向きなんですよね…(涙)

なぜなら、まつ毛とまつ毛の隙間にラインを引こうとするとマツエクに引っかかるし、メイク落とし時の摩擦でマツエクが取れやすくなってしまうから…!

ということで、マツエク派さんには「まつ毛の生え際上にラインを描く」という方法がおすすめです。

マツエクをしていない人は「まつ毛の隙間+生え際上」のWアプローチで目力アップを目指しましょう◎

スポンサードリンク

 

アイシルエットマーカーの全成分

ブラウン全成分:水、BG、アクリレーツコポリマーアンモニウム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーアンモニウム、エタノール、ベヘネス-30、ベントナイト、(アクリレーツ/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー、AMP、シメチコン、ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン、パルミチン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、水添パーム油脂肪酸グリセリズ、トリオレイン酸ソルビタン、パルミチン酸スクロース、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、(+/-)(チタン/酸化チタン)焼結物、カーボンブラック、酸化鉄
ブラック全成分:水、BG、アクリレーツコポリマーアンモニウム、(スチレン/アクリレーツ)コポリマーアンモニウム、エタノール、ベヘネス-30、ベントナイト、(アクリレーツ/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー、AMP、シメチコン、ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン、パルミチン酸ソルビタン、ラウリン酸ソルビタン、水添パーム油脂肪酸グリセリズ、トリオレイン酸ソルビタン、パルミチン酸スクロース、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、(+/-)(チタン/酸化チタン)焼結物、カーボンブラック、酸化鉄

「ブラックとブラウンで配合成分は多少違うだろうな〜」と予想していましたが、まさかの完全一致!

カーボンブラックの配合量でブラックとブラウンの色味を調節しているのか…?とまあ、素朴な疑問はさておき。

配合成分で気になったのは「保湿成分が配合されていない」ということです。

最近のアイライナーは「保湿成分配合」「美容液成分配合でメイクしながら保湿ケア!」的なものが増えていたので、アイシルエットマーカーにも期待していましたが…。残念!
ここは「メイク前の入念な保湿ケア」でカバーしていくしかありませんね◎

ちなみに、メイク前の保湿ケアを怠ると「乾燥によって皮脂分泌量が増える」ということをご存知ですか?

皮脂分泌量が増加してしまうと、もちろん化粧崩れの原因になってしまうもの。

パンダ目を予防するためにも、メイク前の保湿ケアや化粧下地の種類選びは慎重に行いましょう!

クレンジングでしっかりオフできる?

アイシルエットマーカーは、クレンジングなんて使用しなくても「お湯だけで落とすことができる」アイライナーです!
実際に、手の甲に描いたラインをぬるま湯で20秒間マッサージしてみると…
011eyesilhouettemarker
012eyesilhouettemarker
お湯だけでキレイさっぱりオフすることができました◎

ただ、ブラウンは比較的弱い力でもお湯でオフできましたが、ブラックの方はゴシゴシこすってやっとオフできたという感じです。

ブラックの方が肌にしっかりと色着くためでしょうか?
できれば「ポイントメイク落とし+コットン」でのオフがおすすめです。

今回は、先月レビューさせてもらった「カバーマーク トリートメントクレンジングミルク」を使用してオフしてみることに。
013eyesilhouettemarker
クレンジングをラインとしっかり馴染ませれば、キレイに落とすことができましたよ♪
クレンジングミルクはお肌への刺激も少ないので、敏感肌さんにもおすすめです。

スポンサードリンク

 

アイシルエットマーカーを使ってみた感想・評価

014eyesilhouettemarker
にじまない・落ちないアイライナー!ここでは、アイシルエットマーカーの総合評価や使用後に感じた印象などをお伝えしていこうと思います。

とっても簡単にアイラインが描ける!

まず、なんといっても「ラインの描きやすさ」が印象的でした!
その描きやすさといったら、旦那さんが運転する車の中でもできちゃうくらい(笑)。

・まつ毛の隙間を埋めるように
・まつ毛の生え際の上に流れるラインを描くように
・目尻のラインを跳ね上げてキャットアイに
・下まつ毛の隙間にも

などなど、さまざまな使用方法で楽しむことができるアイシルエットマーカー♡
1本持っていると、なにかと使えること間違いなしです!

目力アップでアイシャドー要らず

アイシルエットマーカーの発色がとてもいいので、何度か重ねてラインを塗ることで、本当にくっきりとした印象の目元を作り上げることができます。

アイシルエットマーカーだけで十分目元が際立つので、アイシャドーが必要ないと思えるほどなんですよ!
これだけしっかりと、しかも簡単にアイラインが描けるなんて…忙しい朝でも数分あれば「女子力たっぷり」の目元が完成です。

スポンサードリンク

 

お湯で落とせるのに汗や皮脂ではにじまない!

アイシルエットマーカーはお湯で落とせるので、メイク落としも簡単でした♪

お湯に馴染ませれば落とせるのに、なぜだか「汗や皮脂には強い」というところが不思議。
朝メイクしてそのまま夕方まで過ごしましたが、パンダ目になるどころか「ラインのにじみや色落ち」も一切なし!

試しに水で2~3回顔を洗ってみても、ラインが落ちてしまうことはありませんでした。

ラインを落とすときのコツは「ラインと湯をなじませてくるくるマッサージする」ことなので、ラインに多少水分がついてもなじませたりこすらなかったら大丈夫!

汗をかいてしまったり涙がラインについてしまったときは、こすらずに「ティッシュオフ」するといいですよ~◎

断然“ブラウン”がおすすめ

普段アイラインはしない派の私ですが、久しぶりにラインを引いてみると「やっぱり目元が華やかになるな~」と嬉しくなってしまいました。

個人的には、ナチュラルで女性らしい印象を与えてくれるブラウンがおすすめです◎

ラインが多少ヨレたりしても目立ちにくいですし、メイクオフがブラックよりも楽チンだから!

とはいうものの、ブラック特有のキリッとした印象も「黒木メイサさん」みたいで捨てられないんですけどね…。

汗や皮脂に強くてお値段もお手頃なので、これから来る夏に向けて2色揃えてみてもいいかもしれません♡

スポンサードリンク

PAGETOP