マットネイル セルフデザイン集&やり方

マットネイル セルフデザイン集&やり方

セルフネイルのデザインの中でも最近注目されているのが、ツヤ感を消したマットネイルです。プルッとしたツヤ感もいいですが、マットな質感を出してツヤ感のあるネイルとは変わったマットネイルを楽しむのもいいのではないでしょうか。

ここでは、そんなマットネイルのデザイン集とそのやり方なども一緒に紹介していきましょう。

スポンサードリンク

 


もくじ

マットネイル×ピンク

マットネイル×ピンク

ピンクのマットネイルは色の発色がいいので、マットネイルのデザインでのおすすめです。女性らしいキュートなマットネイルに仕上げたい方など質感を活かしたピンクのカラーはマットネイルでも人気があります。

単色塗りももちろんきれいなのですが、今回はタイダイ風のピンク系マットネイルを紹介したいと思います。
017matnail
まずはベースコートを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取った状態から始めます。
018matnail
リキッドファンデ用のスポンジを使ってタイダイを作っていきます。(食器用スポンジも可)
019matnail
太めのボーダー柄を描くようにスポンジに色を塗ります。今回使用したカラーは、サーモンピンク、ビビットピンク、イエローの3色です。太めにカラーを入れておくことで叩くときによりタイダイ柄に近づきます。
020matnail
横に叩くとグラデーションのようになるので、横→縦の繰り返しで叩いていきます。そうすると、ピンクのタイダイ柄が完成します。黄色は1色だけ浮いて見えるので、微調整を入れながら叩くのがおすすめです。ここで一度硬化します。
021matnail
トップコートジェルを塗って硬化します。トップコートジェルはマットトップコートを使用します。未硬化ジェルを拭き取って完成です。
022matnail
他の指はシアーカラーの白を使って単色塗りのマットコートにしました。アクセサリー部分だけに細筆を使ってツヤ感トップコートを塗ります。注意点としてアクセサリー部分にマットトップコートを塗ってしまうと輝きも少なくなるので気を付けるようにしましょう。
023matnail
細筆を使って枠でバラを描いていきます。隅から描いていくとバランスのいいバラを描くことができます。マットの質感を活かしたバラの柄アートはおすすめですね。
024matnail
全体にバラをしきつめるようにするのがコツです。上からマットコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

春らしさ、女の子らしさの光るピンク系のマットネイルは、華やかすぎず地味すぎない仕上りになります。

ネイルがしにくいオフィスなどでも自然なデザインネイルになります。単色塗りだけより、タイダイ柄にすることでピンクの柔らかさ7が出るので是非、セルフネイルでも楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 

マットネイル×白

マットネイル×白
白のマットネイルはツヤがあるネイルよりもカジュアルな仕上りになります。指先を華やかにする「白」ですが、マットネイルはにするだけでカジュアルな洋服にもピッタリハマるネイルになります。

白は指先が目立ちすぎるかも…と思う方にもおすすめです。今回は丸フレンチネイルとレース柄を入れて紹介していきましょう。
010matnail
まずはベースコートを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
白を使って丸フレンチを作ります。基本的に2度塗りを心がけましょう。ここで硬化します。
011matnail
フレンチ部分だけにマットトップコートを塗って硬化します。クリアが部分にはツヤ感のあるトップコートを使うようにします。同じように硬化、未硬化ジェルを拭き取るようにします。
012matnail
フレンチラインにゴールドブリオンを置いていきます。アクセサリーを置くときにはツヤ感のあるトップコートを使うようにしましょう。マットコートを使用するとアクセサリーのツヤ感が無くなるので気をつけてくださいね。
013matnail
レース柄のマットネイルの作り方も紹介していきましょう。
ベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取った状態から始めます。よりマット感を出すために、マットコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
014matnail
スタンピングネイルプレートを使ってレース柄を作っていきます。他にもネイルシールを使う方法もあるのでいいですよ。試してみてくださいね。

スタンピングネイルのやり方は「スタンピングネイル【やり方・コツ】デザイン10選」で紹介しています。
015matnail
スタンピングネイルでレース柄を転写しました。スタンピングネイルをするときには、ジェルではなくマニキュアを使用するようにしてくださいね。
016matnail
細筆で囲みを入れて硬化します。その後にクリアジェルを塗ってさらに硬化します。最後にマットトップコートジェルを塗って硬化をします。

以上でマットのレース柄ネイルが完成しました。白は清廉潔白の色なので、くすみがちになるのが苦手と思う方も多いと思いますがとても綺麗な仕上り、質感が楽しめます。

白のマットネイルは落ち着きのある女性を演出できる優れたデザインなのでいろいろなデザインを試してみましょう。

スポンサードリンク

 

マットネイル×赤

マットネイル×赤
赤のマットネイルは大人らしい仕上りになります。シックな風合いになるのが特徴です。今回は大人かっこいいニットネイルプラス大きめのビジューネイルもプラスしたマットネイルに仕上げてみました。

やり方はとても簡単です。セルフネイルでかっこいい大人ネイルを楽しむことができます。
002matnail
まずはベースコートを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
グレーのカラーを2度塗りして硬化します。赤のマットネイルも同じ要領で作っていきます。
003matnail
次にニットネイルのデザインを入れていきます。ニットネイルのデザインの詳細は「ニットネイル【やり方&デザイン集】セルフで簡単!」にありますので参考に作ってみてくださいね。

仕上げにマットコートを塗るので、少し溝などを浅くしてみると塗りムラが出ないコツになります。
004matnail
上からマットのトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
005matnail
次はビジューネイルの作り方です。
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
次に赤を2度塗りし硬化、マットのトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ってアクセサリーを盛っていきます。

アクセサリーはダイヤカットのものを使います。クリアジェルを多めにとっておき、ダイヤカットのアクセサリーを三角形になるようにして硬化します。

さらにストーンにツヤ系トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。

ニットネイルをマットコートで質感アップ、ビジューネイルで輝きをプラスした大人ネイルですね。赤を使うことでより女性らしさが出ます。

普通の赤でも綺麗な雰囲気が出ますが、ボルドーカラーのマットネイルもとてもかっこいい仕上がりになります。是非いろんなネイルを楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 

マットネイル×黒

マットネイル×黒
マットネイルの黒はしっかりとしたメリハリが特徴です。今回はツヤ感トップコートジェルを使ってマットネイルとツヤ感トップコートのメリハリを出すデザインネイルを紹介したいと思います。

マットコートだけではなくツヤ感のあるデザインもプラスすることでデザイン性が出ていいですよね。
006matnail
ベースコートジェルを塗って硬化します。未硬化ジェルを拭き取っておきます。
007matnail
黒のカラーを2度塗りします。2度塗りが完成したら、マットトップコートジェルを塗って硬化し未硬化ジェルを拭き取ります。
008matnail
トップコートジェルを細筆で取ってヒョウ柄を作っていきます。( )と描くようにヒョウ柄を描いていきます。
009matnail
マットとツヤ感のコントラストを付けるようにヒョウ柄を描いていきます。どちらもトップコートジェルを使っているので硬化して未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
025matnail
人差し指と薬指はベースカラーを塗ってマットトップコートを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。

次に黒のカラーを使ってヒョウ柄を描いていきます。硬化してからツヤ感のあるトップコートジェルを細筆で上にのせます。トップコートジェルを硬化させたら、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

ヒョウ柄だけのシンプルなネイルに見えて、マットとツヤ感のコントラストを使ったシックなデザインネイルになります。

マットネイルでもこのツヤ感とつや消し感をうまく使ったものも多いのでいろんなデザインの参考にしてみてくださいね。全ての指のつや消しをしなくてもいいのがコツです。

スポンサードリンク

 

マットネイルに関するQ&A

マットネイルを楽しむ上で疑問に思うことも多いのではないでしょうか。ここではそんなマットネイルの疑問質問に答えていきたいと思います。素朴な疑問から本格的な質問までいろいろあるので、是非こちらも参考にしてみてくださいね。

マットネイルの時はトップコートは要らないの?

マットネイルを作る時、カラーにマット加工がされていることがあります。そこで、「トップコートは塗る必要がないのでは?」という疑問が出てきます。
トップコート
おすすめなのは、ネイルホリックのマットトップコートです。お手頃価格ときれいなマットの質感が出るので、コストパフォーマンスもいいですね。

確かにマットカラーは塗った段階でツヤ感のない、マットな仕上りになります。見た目には綺麗に仕上がっているように見えますよね。しかしトップコートには「カラーの持ちを良くする」「爪自体の保護」などの役割もあります。

マットネイルに仕上げたいときには、マットトップコートを使用するようにしましょう。カラーだけではいけない訳ではありませんが、マットトップコートを塗って仕上げるだけでカラーの持ちや、爪のダメージも少なくなります。

ジェルネイルでもマットコート仕上げがあります。逆にマットカラーを使用しなくても仕上げにマットトップコートを使用すればマットネイルになるので使い方としてはおすすめですね。

マットネイルについた汚れの落とし方

マットネイルのデメリットとして、ネイルに汚れが付着しやすくなることが挙げられます。普通の汚れはウェットティッシュなど塗れたコットンでも大丈夫ですが、拭き取ることができます。

しかし、油分の強い汚れやマジックなどの汚れは取れにくいので、一度除光液でマットトップコートだけを拭き取るように汚れを拭き取ります。そして、もう一度マットトップコートを塗るといいですね。

油分の多い汚れは特に落ちにくいので、基本的にトップコートだけをオフするようにするといいですね。

マットに仕上げた後やっぱりツヤツヤにしたくなったら

マットネイルをして、デザインをそのままにツヤ感を出すことは出来るのかという質問もあります。

もちろんそれは可能です。マットトップコートの上からツヤ感のトップコートを塗ると少し曇ったように見えることがあります。まずはマットトップコートを拭き取ってデザイン部分を残してからツヤ感のあるトップコートを塗るようにするといいですね。

ストーンなどが入っている場合、除光液で拭くと曇ることがあるので、マットの上からツヤ感の出るトップコートを塗るのもいいでしょう。

デザインによって、上から塗るか塗り直すかを決めてもいいですよね。

ちなみにジェルの場合は上からツヤ感のあるトップコートジェルを塗って硬化し、未硬化ジェルを拭き取るだけで問題ありません。ストーンなどの曇りが気になる方はマットトップコートをヤスリで削っておくのもいいでしょう。

スポンサードリンク

 

マットネイルは片栗粉で作れる

マットネイルは片栗粉で作れる

片栗粉を使ってマットネイルが作れるのかという質問があったので、実際に片栗粉を使ってマットネイルが出来るのかやってみました。

簡単に手軽にマットネイルを楽しむことができること、お手持ちのカラーに混ぜてマットネイルにすることが出来るのもオススメのポイントです。是非、試してみてくださいね。
031matnail

まず用意するものから紹介していきましょう。

・マニキュア(普通のもの、今回は100円ショップのマニキュアを使用)
・片栗粉
・アルミカップ
・ウッドスティック

032matnail

次に片栗粉マットネイルのやり方を紹介します。

033matnail

マニキュアと片栗粉を1:1の割合で出します。
ウッドスティックを使ってすばやく混ぜます。ダマにならないように注意してください。

034matnail

混ざったら筆で取っていきます。塗るときに固まるのが早いので、すばやく爪にのせるように緩めのマニキュアを使うのがベストです。
ダマになっていないかを確認しながらしっかり混ぜ合わせます。

035matnail

爪に塗っていきます。2度塗りをしたいので、固まってしまっている場合はもう一度マニキュアと片栗粉を混ぜ合わせましょう。

036matnail

乾燥したら完成になります。
試したいカラーなどお手軽に挑戦できるので片栗粉を混ぜてみるのもいいですね。ダマを作らない、配分を間違わないようにする、などポイントを掴んでマットネイルを完成させましょう。

マットネイルのデザインや質問などにお答えしてきましたがいかがでしたか?

ここ数年でとても人気のあるマットネイル、バリエーションやデザインも豊富になってきています。是非いろんなマットネイルを楽しんでみてくださいね。

ツヤ感を楽しむもよし、マットネイルのような質感を楽しむもよしです。セルフネイルでも楽しめるマットネイルなので、いろんな楽しみ方をしてくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP