ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル 口コミ

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル 口コミ
メイベリンの人気マスカラ「ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル」を実際に購入し、テクスチャー・ボリューム力・持続力などを調べてみました。

メイベリンのマスカラは本当に種類がたくさんあって、どれを買ったら良いのか迷いますよね。テスターで試すにしても全てを比べるわけにはいかないし、商品ごとの大まかな特徴を知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

「ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルは、どんなアイメイクに適したマスカラ?」「他のアイテムとの違いは?」など、気になるところを深堀しつつ、特徴やメリット・デメリットに関して、紹介していこうと思います。

私以外の体験者の口コミも掲載しますので是非参考にしてください。

スポンサードリンク

 


もくじ

メイベリンのマスカラについて

30代、40代はもちろん最近のティーン層も使っているメイベリンのコスメ。ドラッグストアで買えるプチプラコスメ、デパートコスメの中間くらいの位置づけで、愛用している方もたくさんいます。

メイベリン社の創業は1915年と100年以上も前のことです。日本には1967年あたりに上陸、徐々に知名度を高めていきます。アメリカではすでに売れ筋になっていた「ワンダーカール」を発売、日本でも大ヒットとなりました。

ウォータープルーフの強力カール・長時間にじまないキープ力がとにかく人気になって、廃盤になった今でも「使っていた」「歴代ナンバーワンマスカラ」と称する女性がたくさんいます。

その後も、素早くボリュームアップできる「ボリューム エクスプレス ハイパーカール」、にじまないのに簡単オフの「ノンストップ」など、女性の心をくすぐる新商品を続々発売。「マスカラはメイベリンに限る」と根強いファンを育てて、現在にいたります。

メイベリンがぐんぐん知名度をあげてきた時期が「盛りメイク」全盛期と重なるので「メイベリンマスカラ=ギャルメイク?」と固定観念を持っている方も多いのですが、そんなこともありません。

トレンドに合わせた新商品も続々登場していて、大人の女性が活用できるアイテムが増えています。

2015年にブランド100周年を記念して発売されたマスカラこそ「ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル」です。

メイベリンが「最高傑作」とまで言い切ったマスカラにはどんな特徴があるのかを、順番に見ていきます。

スポンサードリンク

 

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルの特徴

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルのコンセプトは「大人の濃密ボリューム」です。

太い束でボリュームを出すのではなく、全体的な密度で目元を強調するアイテムとのこと。大人の女性にとって理想的なまつげを作るため、こんな3つの特徴があります。

短い毛も逃さないラッシュキャッチャーブラシ

ラッシュセンセーショナルのブラシは、コームとロールブラシが合わさったような特殊な形をしています。6種類もの長さが異なる毛を使って、計算されたブラシとのこと。まつげの形状を問わず、理想的な形に仕上がるようにできています。

001brexrach

短い毛足は、マスカラ液がつきにくい細かいまつげまで確実にキャッチ。均一にマスカラ液を届かせることによって、ボリュームアップしてくれます。

このまま終わらずコームのような長い毛足でとかすことによって、太くならず円錐形のまつげをサポート。1本1本をきっちりセパレートさせて、繊細な印象を作ってくれます。

ダマになりにくいクリーミーなマスカラ液

従来のメイベリン商品と比較してクリーミーな「レイヤーボリュームフォーミュラ」を採用、重ねづけしてもダマを作らず、ボリュームだけを調整できます。

適度にツヤを感じるテクスチャーでもあるので、大人の女性にふさわしいリッチな質感はきちんとキープ。洗練された上品な雰囲気のメイクを目指す方にもおすすめです。

大人の目元をいたわるケア成分とオフ方法

まつげを元気にしてくれるアルギニン、乾燥トラブルを防ぐセラミドRを配合、年齢とともにトラブルを抱えがちな目元をやさしくいたわります。

負担を軽減したい気持ちはあっても、マスカラメイクを楽しみたい方にはぴったりです。自まつげがしっかり元気になってくると、より印象的なメイクができます。

ボリュームマスカラにも関わらずお湯で簡単に落とせるところも、ダメージを軽減するための工夫。ゴシゴシクレンジングしなくてもきれいに落ちて、目元のストレスを軽減します。

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルは、メイベリン史上初の「オトナのまつげティント」です。「まつげティント」って聞き慣れない言葉のような気もしますが、海外ではまつげのカラーも一般的な文化とのこと。

カラーリングしているように自然で、濃密なまつげを作ってくれます。画期的な改良がなされている尖ったマスカラということは分かりましたが、実際に使った方はどんな感想を持ったのでしょうか。

売れ筋ラインの仲間入りをしているアイテムだけに、口コミはたくさん見つかりました。ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを使った方の口コミで、目立った声をピックアップして見てみましょう。

スポンサードリンク

 

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルの口コミ

大人の女性が主なターゲットということで、20代後半以上の方の意見を中心にまとめていきます。良い口コミ、悪い口コミ両方あって賛否両論なのですが、それぞれの感想を順番に紹介しましょう。

良い口コミ

・ブラシとコームの良いところどりをしたアプリケーター。短い毛までしっかり届いて塗りやすいです。
・きれいにセパレートされて、仕上がりもきれい。大人っぽいまつげになる。
・重ね塗りしてもダマになりにくく、マスカラが苦手な人にもおすすめです。
・ボリュームマスカラなのにほどよく長さがアップ。濃密なツヤも出ます。
・お湯できれいに落とせるから、クレンジングの手間要らず。ケア成分が入っているところも気に入りました。
・短い毛までマスカラがついて、ナチュラルできれいなまつげができる。
・繊維が入っていないから痛くない。
・つけまつげみたいに均一な太さに仕上がります。ぼてっとして厚塗りしている感じにならないとことが気に入りました。

悪い口コミ

・期待したほどボリュームが出ないし、カール力も物足りない。
・にじみやすくて、夏場はちょっと使えない。頻繁にメイク直しできる人なら良いのでしょうが、オフィス使いにするにも不便な印象。
・塗った直後はきれいに感じても、少したつとにじんできます。トップコートは必須です。
・ブラシが太すぎて、下まつげが塗りにくい。
・ボリュームマスカラらしいバサバサ感が出にくくて、好みと違った。

<私のコメント>
短いまつげまでキャッチできる・ダマにならずにセパレートできるとナチュラルな仕上がりを評価する声が目立ちました。ナチュラルすぎることを「物足りない」と感じる方もいるようで、好みによって好き・嫌いが分かれるアイテムのように思います。

悪い口コミのほうで「にじみやすい」「パンダ目になる」という声が多かったのは少し気になるところです。せっかくきれいにセパレートまつげができても、にじんでしまったら魅力的な目元には見えません。

「実際にはどのくらいにじむのか?」「にじみにくくする塗り方はあるのか?」についても、レビューしながらお伝えしていければと思います。

スポンサードリンク

 

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルS01ブラックを使ってみた

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルS01ブラック
ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルは、ブラック・ブラウン・バーガンディの3色があります。今回は定番の「S01ブラック」をチョイス、通販経由で購入しました。
003brexrach
ピンクの花柄パッケージの中にメタリックピンクの本体が入っています。左下のほうに大々的に描かれた「まつ毛密度感アップ」「大人の濃密ボリューム」の文字。

バサバサまつげのイラストが書かれていて「これまでのメイベリンと、変わらないのでは?」と若干の不安を抱えつつ、本体を取り出してみました。

口コミに書かれていた通り、やや太めのボトルです。ランコムのボリューム エクスプレスシリーズ共通のフォルムなので、他のアイテムを使ったことがある方にとってはおなじみかもしれません。
004brexrach
メタリックピンクのパッケージは派手すぎず、おしゃれです。オトナのまつげティントとうたっているだけあって、OL世代の女性が持っても違和感が少ないデザインになっています。

ピンクのボトルに英字で書かれた「lash sensational」のロゴもおしゃれで、適度な華やかさを感じました。

次に、キャップを開けて、ブラシの形状をチェック。このマスカラ最大の特徴とも言える「ラッシュキャッチャーブラシ」を見てみます。

全体的にはゆるくアーチがかった形で、シリコンのような素材です。ブラシ+コームというよりは、目の粗さが異なるコームが2種類というのが正しい表現かもしれません。

これを見るだけでも、とにかく「ボリュームオン」を重視してきた歴代メイベリンマスカラとの大きな違いを感じます。

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル ブラシ

色味は、確かに濃密なブラック。適度にツヤがあって、塗れたようなまつげになります。黒といってもいろいろな色味があるのですが、グレーがかったマスカラではなくて真っ黒です。

パッケージでうたっていた通り、まさに「濃密」なマスカラ液。お人形のようにふさふさ主張するまつげがお好みの方にも、満足いく色味かと思いました。

スポンサードリンク

 

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルの使い方

パッケージ記載の使い方に従って、ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを使ってみます。

パッケージに詳しく使用方法が書かれているので、この通りに進めれば大丈夫。使っている間は型紙を捨てず、時々見直すと良いと思います。
006brexrach

1.ブラシの内側を根元から毛先に向かって滑らせる
最初に使うのは、内側の細かい目のコームです。まつげの根元に密着させて、毛先に向かって滑らせてください。この時にあごをやや上に向けて、真上に向かって滑らせるように動かすのがきれいに仕上げるポイントです。目線を天井の方に向けて、下から持ち上げるように動かしましょう。

2.ブラシの外側でまつげ全体をとかす
ブラシの外側にある長い毛のコームのほうで、とかすようにダマをとります。この行程があるから最初にたっぷりつけてもムラなく仕上がり、きれいにセパレートされたまつげになるそう。確かにダマはほとんどできなくて、扇形に濡れました。

007brexrach

塗った後にマスカラコームを使わなくてもこの状態です。目尻のほうまできっちり塗れるし、マスカラが苦手な方でも使いやすい印象を受けました。

私は目元に近い部分に塗り残しができてしまいがちなのですが、ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを使えば、均一に仕上がります。メイク初心者でも使いやすく、テクニックいらずなところは便利です。

これで上まつげができたので、下まつげを作っていきます。口コミにちらほら意見があった通り、下まつげは塗りにくいです。

縦に持って塗っていく方が多いと思うのですが、ブラシの先端には毛がないから、マスカラ液がつきません。ブラシの先端、平らになっていますよね。このまま真っ直ぐまつげにつけても塗れないので、やや斜めにしてつけました。

008brexrach

ダマになりにくい特徴はあるので下まつげもセパレートして伸びてはくれるのですが、何しろ下まぶたにつきやすい。コーム型のマスカラブラシに慣れている方なら大丈夫なのかもしれませんが、慣れるまでは大変そうです。

スポンサードリンク

 

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルの落とし方

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルはお湯でオフできるタイプのマスカラなので、ぬるま湯をコットンに含ませて少し置き、まつげを挟み込むように拭き取ります。

下まぶたにマスカラ液が残りやすいので、丁寧に落としましょう。これだけではきちんと落ちない場合、スマッジプルーフ対応のリムーバーを使う方法もあります。基本的な手順を紹介しておくので「落ちにくい」と感じた時に試してみましょう。

ステップ1 コットンにリムーバーをしみ込ませる
やわらかいコットンにリムーバーをたっぷりと含ませて、まぶたの上に10〜30秒くらい置いてください。マスカラ液とまつげの密着を剥がしていくようなイメージ。こすってしまうと摩擦ダメージが心配なので、コットンが落ちないように軽く押さえるくらいで大丈夫です。

ステップ2 コットンを折りたたみマスカラをオフ
密着が弱まって剥がれてきたマスカラをコットンでとっていきます。まぶたの上に置いていたコットンをそのまま折り畳んでまつげを包み、毛先の方へと滑らせましょう。

ステップ3 綿棒でまつげの根元近くをオフ
まつげの生え際をなぞるように綿棒を動かして、根元部分をオフします。刺激成分がまぶたに残ってしまうとまつげや目元トラブルの原因になるので、このひと手間が大切です。

この後に顔全体のクレンジングをいつもと同じように行って、洗顔で仕上げます。お湯だけだと下まつげがうまく落ちないようにも感じたので、リムーバーを使ったほうが良さそう。

使う量や塗り方によっても落ちやすさは変わってくるので、様子を見ながら調整しましょう。

お湯オフマスカラの中でのオフしやすさは普通レベルかと思います。「クレンジング要らずでスルッと落ちる」商品とは言わないものの「全く落ちない」とか「目元に残りやすい」とかいう印象は受けませんでした。

ウォータープルーフマスカラよりは格段に落としやすくて、ゴシゴシクレンジングの必要はありません。

スポンサードリンク

 

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルの成分

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルの成分

合成ポリマー、防腐剤、合成界面活性剤が入っています。刺激に敏感な方は、テストしてから使ってください。エイジングケア成分配合をセールスポイントにしているアイテムですが、低刺激というわけではなさそうです。

一応、オレアミドオクタデカンジオールと書かれているのが「セラミドR」にあたります。合成フルオロフロゴパイトは、くすみカバー系のベースメイクアイテムにもよく使われる成分。メイクしながら、まつげにハリ・コシを与える効果が期待されます。

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル 使用上の注意点・保管方法

010brexrach

コンタクトレンズ使用OKのマスカラですが、使用中にかゆみ・刺激などを感じたら、眼科の先生に相談しましょう。裸眼で使う方も、目に入ってしまったら、こすらずにすぐ洗ってください。

保管時にはしっかりキャップをしめて、直射日光が当たらない場所に置きます。空間が開いているように見えてもこれでちゃんとしまった状態なので、大丈夫です。どんなに頑張っても、隙間なくは閉まりません。

011brexrach

マスカラ液がかたまってしまうと、ダマや塗りムラの原因になります。保管方法に気をつけるだけでも仕上がりをきれいにすることができるので、普段から意識しておきましょう。

メイベリン ニューヨーク ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを使ってみた感想・評価

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを一言で表すとしたら「私の中のメイベリン革命」です。

ブランド史上で初めて大人の女性をターゲットにしたマスカラとあって、ボリューム重視路線からの大きな軌道修正。ダマにもならないし、きれいなセパレートまつげができます。

これまでの一貫した「ボリューム・目力」マスカラがあまりにも有名だったので「メイベリンのボリュームマスカラにしては物足りない」「思ったよりナチュラル」といったイメージ違いも出てくるのですが、そこはコンセプトの違いとして理解しておく必要がありそう。

ボリュームエクススプレス マグナムだったりハイパーカールマスカラだったり、これまで通りの「デカ目マスカラ」も発売はされています。

その選択をあえて捨ててボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを買うからには、商品のコンセプトをきちんと理解しておく必要があるのではないでしょうか。

自分のことを棚にあげて言わせて頂くなら「思い込みは厳禁」です。「メイベリンを高校生の頃に使っていて、ひさしぶりに試してみよう」という20代後半以上の女性ほどイメージ違いが起こりやすいので、これまでのイメージとは一旦離れて、自分に合うアイテムか考えると良いと思います。

スポンサードリンク

 

本当にボリュームは出ないの?

「ボリュームが出にくい」とはいえ、仮にもメイベリンのマスカラなので、重ね塗りすればそれなりにインパクトは出ます。

一般的なボリュームマスカラのようにダマになりにくく太さは出にくくても、塗る度に目元の印象は強くなっていくはず。下地なしでも、このくらいの仕上がりにできました。

012brexrach

本当にコームも下地もなしで、こんなセパレートまつげができます。一般的なセパレートマスカラよりかなり優秀。ダマになりにくいことを重視する方にとっては、とても使いやすいアイテムのように感じました。

カール力を高めるには?

カール力はやや控えめなアイテムですが、付け方の工夫でくるっとした形状に見せることもできます。コツは、マスカラをつける前の下準備と付け方です。下準備では、ビューラーで自まつげを上向きにしていきましょう。

1.まつげの根元からビューラーではさむ
できるだけ根元に近い部分までビューラーを入れて、上向きになる土台を作ります。ビューラーをライターやドライヤーで温めて形を作る方もいますが、スマッジプルーフとは相性が今ひとつです。熱が加わることでパンダ目になりやすくもなるので、温めずに使ったほうが良いと思います。

2.毛先のほうに滑らせながらカールを作る
毛先のほうに滑らせながら何カ所かに分けてはさみ、くるっとした形を作ります。よほどまつげが長い方でなければ、3回くらいがちょうど良いかも。まつげを挟んだまま手首を返すように動かすと垂直に近くなってしまうので、ビューラーの場所を移動させながら理想の形を作ってください。

ここまでやったところで、目の周りをコットンなどで軽く拭きます。マスカラをつける直前に拭くことで、ビューラーしている最中に出てきた皮脂や汗を落として、ヨレやにじみを防ぐためです。

013brexrach

これだけでも何もしないよりは随分まつげが上がって、上向きになった気がします。ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルを塗る時のポイントは、根元部分を重ね塗りすることです。

まぶたにつかないように気をつける必要はありますが、多少たくさんついても長め毛足のコームのほうでオフする時に余計なマスカラ液が落ちるから大丈夫。

カールマスカラほどくるっとした形にはならなくても、控えめな上向きまつげができました。

014brexrach

カール重視のアイテムを使っている方にしてみると「いやいや、全然くるっとできてない」と感じるかもしれません。セパレート力・長さを重視しているアイテムだけに、どうしても限界はあるという印象を受けました。

「長さよりもセパレート力よりも、カールが大事」な方は、他のアイテムを検討したほうが良いのかも。もしくは、合わせて使う下地で対応しましょう。

スポンサードリンク

 

ラッシュセンセーショナル プライマーとの合わせ使いもおすすめ

「もっとボリュームがほしい」「カールをつけたい」という方は、メイベリンが出している下地「ラッシュセンセーショナル プライマー」との合わせ使いを検討できます。

ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルとの相性を考えて開発された下地だからこそ、しっかりとした相乗効果を発揮するとのこと。

オフィスメイクはマスカラ単体、普段のお出かけには下地を合わせるなど、シーンに合わせて使い方を変えるのもおすすめです。

パンダ目になりやすい?

重ね塗りしないでナチュラルに仕上げれば、それなりに持続力はあると思います。ボリュームを出そうと頑張ってしまうと、パンダ目が気になるかもしれません。

湿気が高くてムシムシしている日も、クマのようになってしまいました。水分と熱に弱い気がするので、ジムに行ったり屋外スポーツをしたりする時期には、下地を使う・カバー力が高い透明マスカラを重ねるなどの対策がいります。

ただ、ひと昔前のメイベリンアイテムに比べたら、ずっとパンダ目になりにくい印象を受けました。真っ黒になってしまうくらい落ちてしまうわけではないので、コンシーラーやスティックファンデーションでカバーすれば対応できる範囲です。

お直しに抵抗を感じない方なら、問題なく活用できるアイテムかとも思います。下まつげには使いにくいアイテムなので「上まつげ専用」と割り切って使うのもアリ。

下まつげには持続力が高いマスカラを使って、パンダ目を予防する方法です。肌の状態やシーズンによって最適なメイク方法は変わってくるので、今の自分に合う活用法を探してみましょう。

メイベリン ニューヨーク ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルはこんな人におすすめ!

最後に、メリットとデメリット・どんな人におすすめのマスカラかを総まとめしていきます。

まずは、メリットとボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルをおすすめしたい人について紹介しましょう。こんな希望を持つ方にとっては、好感度が高いアイテムだと思います。

・時間がない朝でも簡単にセパレートまつげを作りたい
・繊維なしでも、適度な長さが出せるマスカラを探している
・メイベリンのマスカラを愛用。そろそろ大人っぽいメイクに切り替えたい

繰り返しになりますが、セパレート力に関しては、ドラッグストアコスメの中では「非常に優秀」と言えるレベル。時間がない朝でも、使いやすいマスカラです。プチプラコスメできれいに広がるまつげを作りたい方には、自信を持っておすすめできます。

もともとメイベリンを使っていてボトルの形に慣れている方にとっても、なじみやすいアイテムかと思いました。

反対に、デメリットとボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナルをおすすめできない人についてはどうでしょうか。こんなアイテムをお探しの方は、よく考えて検討しましょう。

・オイリー肌もしくは汗っかきで、にじみにくいマスカラが望ましい
・まつげをできるだけ長く、濃く見せたい
・下まつげ重視のアイメイクをしている
・1本1本を太く、しっかりとした毛質に見せたい

持続力・カール・ボリューム力は後回しにしているアイテムのように感じたため、そこを重視する方にとっては「今ひとつ」かもしれません。

パッケージの「濃密ボリューム」「すべてのまつげ際立つ」という記載だけで判断しないで、特徴にひと通り目を通しましょう。

ドラッグストアや雑貨店にはテスターが置いてあることも多いので、テクスチャーやブラシの形状を確かめてから購入するのも一案です。

マスカラは相性がくっきり分かれるコスメだからこそ、自分にとって使いやすいアイテム探しが重要。他のメイベリンマスカラとも見比べながら、お気に入りアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

PAGETOP