ランコム グランディオーズ 口コミ 2色試してみた

ランコム グランディオーズ 口コミ 2色試してみた
アイメイク重視の女性ならきっと気になるランコムの人気マスカラ「グランディオーズ」を実際に購入、使い心地や機能性、発色などを調べてみました。

定番の黒(ノワール ミリフィック)だけではなくて、メタリックな質感のボワドゥローズも試しています。

「無人島に持っていくメイクアイテムは?」と聞かれた時に迷わず「マスカラ」と答える女性も多いのでしょうか。そのくらい顔のインパクトを変えてしまう重要なメイクアイテムの1つです。

実際に使った感想・レビューを紹介するだけでなく「こんな人にはグランディオーズがおすすめ」という相性、他のランコムマスカラとの比較についても触れていきます。

トレンドメイクへの取り入れ方も画像付きで紹介しますね。これから「グランディオーズ」の購入を考えている方はもちろん、すでにお使いの方もご一読頂ければと思います。

スポンサードリンク

 


もくじ

ランコム グランディオーズとは

ランコム グランディオーズは、2015年に発売されたマスカラです。2015年というのは、ランコムにとって大きな節目になった年。日本上陸80周年を迎えた記念に、グランディオーズを発売しました。

誰もが知っているデパートコスメとして一定の地位を築いたタイミングだからこそ原点に立ち返り「ブランドアイコンでもあるマスカラで新たな革命を起こそう」と考えて開発されたアイテムとのこと。現在のマスカララインナップの中では「ボリュームタイプ」の位置づけです。

目指したものは「まなざしの大いなる変革」とされています。発売当初は「スマッジプルーフ(お湯で簡単オフ)」だけでしたが、2017年にウォータープルーフも仲間入り。

2種類から好きなほうを選べるようになりました。有名な海外女優さんを登用したポスターは、記憶に新しいところ。「絶世の美しさ」をテーマに、扇のように広がるエレガントな目元を作ってくれます。

スポンサードリンク

 

ランコム グランディオーズの特徴

ランコム グランディオーズの特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。まずは、アートのような美しいボトルのデザインです。

スモーキーカラーのグラデーションがかかっていて、ボトル自体が美術品のような美しさ。見ているだけで女性の心を惹き付けて、日々のメイクが楽しくなります。

もちろん、デザインが美しいだけではなくて、機能面も充実です。理想的なまつげを作るべく工夫された3つのポイントを見ておきましょう。

ランコム初のカーブ軸ブラシを採用

グランディオーズには、ランコム史上初めてのカーブ軸ブラシ「スワンネック」が使われています。スワンの首のように2カ所でカーブしたブラシが根元に密着、手首をさっと返すだけで扇形にセパレートしたまつげを作ってくれる仕組みです。

ゆるやかなカーブをつけるだけではなくて、軸に対して25度に傾いた形状もポイント。利き手とは反対側の目にも塗りやすく、バランスよく仕上がるようにしています。

目頭から目尻まで全てのまつげに届くように計算された形でもあるため、隅のほうがきれいに塗れない悩みも解消。どんな目の形状をしていても、理想的なまつげに仕上げてくれます。

3種類のポリマー配合でボリュームカールが長続き

3種類の透明ポリマーを配合してまつげをしっかりコーティング、つけたばかりの状態を24時間維持できるようにしています。

ブラシの毛の植え方にもこだわっていて、半分にカットした花びら形に配置することにより、適量のマスカラ液を目元にオン。

ブラシ部分の直径はやや小さめにすることで短い毛も逃さず、引き上げて伸ばす効果が期待されます。

ランコム独自のネイティブローズセル成分配合

まつげを濃く、きれいに維持する成分として「バラエキス」が入っています。バラエキスは、ランコムの化粧水でもおなじみの優秀な保湿成分。

アイメイク、クレンジングなどダメージを受けがちなまつげをいたわり、メイクしながら保護してくれます。保湿力はもちろんのこと、豊かな香りでリッチな気分にしてくれるところも魅力です。

キャップを開けた瞬間に優雅な香りに包まれて、楽しい気持ちでメイクできます。

スポンサードリンク

 

ランコム グランディオーズの口コミ

ランコム グランディオーズを使った方たちがどんな感想を持っているのか、良い口コミ・悪い口コミに分類しながら見ていきます。

良いお値段がするアイテムだけに、相性は重要ですよね。購入前の予習感覚で、一通り目を通しておきましょう。

良い口コミ

・長さとボリュームが出て、エクステなしでもきれいな目元になる。
・毛先までコーティングされる感じ。メイクしながらまつげをケアしてくれて、切れ毛が減った気がする。お値段分の価値は感じるマスカラです。
・ブラシの形に驚いたものの、試してみたらかなり優秀。使いやすい。
・黒薔薇パッケージがゴージャス。このマスカラを使っているだけでリッチな気持ちにしてくれます。
・下地なしでも自分史上最高のまつげができた。長さ・セパレート・キープ力ともに満足です。
・時間がたってもにじまないし、パンダ目にもなりにくい。

悪い口コミ

・脂性肌とは相性が悪いのか、目の下が真っ黒になってしまう。ウォータープルーフにすれば良かったかも。
・慣れれば使いやすいのかもしれませんが、塗る時にコツがいります。お店で試してもらった時のようにきれいにできない。
・ボトルがきれいで使いやすいマスカラ。それでも、やっぱり値段がネック。コスパを考えるとリピートは難しいかと思っています。
・ボリューム重視のアイテムだからか「べったり」した雰囲気になりやすくて、好みと違う。
・乾くのが早いので、急いで塗らないとダマになる。

<私のコメント>
ユニークなボトルの形状、デザインには肯定的な意見が目立ちました。ブラシの形は「使いやすい」という口コミが多い一方で「コツが必要」「慣れるまでは難しい」という声も見られます。

ブラシの形はグランディオーズの核になる部分だからこそ「本当のところ」をレビューの中で確かめたいと思いました。

マスカラの機能性については「ダマにならず、きれいに塗れる?(使いやすさ)」「カールを維持できる?」「汗や皮脂に負けず、夕方までキープできる?」というところが焦点かと思います。

キープ力・カール力を「今ひとつ」と感じている方も多いようで、きれいなまつげを作るコツ・カールをキープする方法も、お伝えしたいポイントです。

購入したきっかけについて「ヴィルトゥーズドラマ(もしくはドールアイ)を買おうと思ってカウンターに行ったところ、グランディオーズをおすすめされた」としている方が目立ちました。

店員さんが他のアイテムを差し置いても紹介するくらいのアイテムなら、実力に期待が持てます。友人から「コレは良い」と紹介されて購入にいたる方も多いようです。

仲が良い子におすすめできるメイクアイテムって「かなりポイント高い!」というものだけという気がしませんか?悪い口コミが一定数見つかったとはいえ、使うのが楽しみになりました。

スポンサードリンク

 

ランコム グランディオーズを2色使ってみた

公式通販で注文したグランディオーズ、届きました。購入したのは「ノワール ミリフィック」「ボワドゥローズ」の2色です。

ボワドゥローズとは、灰色がかったダークカラーのピンクのこと。後ほど詳しく紹介いたしますが、ボルドーとブラウン、ピンクを混ぜたような深みがある色味です。2017年スプリングコレクションではアイライナーがフォーカスされていたのですが、マスカラで取り入れるのも良さそうですね。
001lancome-grand

黒い箱からして、エレガントな雰囲気。「原点回帰」をうたっているマスカラだけあって、ランコムを象徴するダークカラーのパッケージです。開封すると、マスカラボトル本体の登場。ディズニー映画の中に出てくるガラス瓶に入ったバラみたいで、うっとり見入ってしまいました。

002lancome-grand

ガラスのように見えるボトルですが、プラスチック素材なのでご安心ください。うっかり落としても割れないし、枯れる前に運命の人と出会えなかったら魔法が解けないなんて心配はありません。

せっかくなので、キャップの部分をやや拡大。ボトルの方には「グランディオーズ スマッジプルーフ」と書かれています。

003lancome-grand

手に取ってみるまで気付かなかったのですが、これ、見てください。キャップのローズとブラシの柄のカーブがつながって、1本のバラのようになっています。緻密に計算された影絵みたいで、細部までのしっかりとしたこだわりを感じました。

004lancome-grand

箱が大きめだったこと、ボリュームマスカラの位置づけを考慮すると、ブラシもしっかりとしたサイズかと思いきやコンパクト。持った時の印象では、一般的なものの2/3くらいの長さのように感じました。

カーブしている部分を真っ直ぐ伸ばせば一般的なマスカラと同じくらいの長さになるのかもしれません。

持っている部分とブラシの距離が近いほどつけた時にぶれにくく、安定すると思うので、考えていたより使いやすそうな形状です。

ランコム グランディオーズ ブラシ

スワンネックになっているため、取り出す時にコツがいります。ブラシがマスカラ液を絡めとる構造になっているそうで「途中でひっかかったのでは」と思うくらいの違和感がありますが、気にせずに引っ張れば大丈夫です。

見れば見るほど不思議な形で、どうやって使うのかが気になってきました。説明書の記載に沿って、実際に使ってみましょう。

スポンサードリンク

 

グランディオーズの使い方

基本的な使い方は2色で共通なので、レビューの前に見ていきます。まずは、右目のアイメイクからスタート。図の手順だと「(1)」にあたる部分です。

「目尻側のカーブライン」「中央からブラシの直線ライン」を合わせるように持って、ジグザグさせながら塗っていきます。

006lancome-grand

次に「目の上の山」「マスカラブラシのカーブ」を合わせるように持って、鼻筋方向に伸ばしていきます。図の手順だと「(2)」にあたる部分です。

最初の行程では目尻側半分を塗って、次の行程で目頭側半分を仕上げるイメージ。繊維が入っていないタイプのマスカラなので、ジグザグさせながらたっぷりつけても大丈夫です。

これで右の上まつげが完成するので、今度は下まつげ。
図の手順だと「(3)」にあたる部分です。

ブラシの軸の直線部分を下まつげの上に添えて、軽くタッチするように伸ばしていきます。

グイグイ強く押すようにつけてしまうと下まぶたににじんでしまうのでNG。あくまでも、軽いタッチを意識します。

今度は、左目のアイメイク。斜め上のほうからブラシを添えて、ジグザグに持ち上げます。目頭のあたりは、ブラシを縦に使って伸ばす方法。図の手順だと「(5A)」にあたる部分です。

下まつげは右目と同じように軽いタッチで上から下にブラシを動かし、両目のメイクが完成します。

利き手とは違う手にブラシを持ち替えて塗る方法

両目のアイメイクを利き手のままで行う方法の他、利き手とは違う手にブラシを持ち替えて行う方法も載っていました。

右利きの方なら右にブラシを持って右目のメイクをした後、左手に持ち変えて左目を行うやり方です。

この場合は、左右が入れ替わっただけで、利き手側と同じ手順で進めれば大丈夫。説明書のイラストだと、こんなふうに書かれています。

007lancome-grand

どちらがきれいにできるかは人それぞれだと思うので、やりやすい方法で塗ってください。絵で見るとすごく複雑なように感じますが、持ちやすいようにブラシを持ち、何も考えずに塗っていれば、説明書の通りになる方が多いはず。

人間工学に基づいて作られたブラシだそうで、小回りが効くうえに手がプルプルなることもなく、とても使いやすく感じました。

説明書を見ながらだと塗るのに時間がかかってしまって、ムラになりやすいかも。ざっと流れを確認した後、一気に仕上げていくと良いと思います。

スポンサードリンク

 

グランディオーズ(ノワール ミリフィック)を使ってみた

グランディオーズ(ノワール ミリフィック)

フランス語で「黒」の「ノワール」と「すばらしい」の「ミリフィック」を掛け合わせた名前です。その名前の通りに深みがある真っ黒のマスカラ液。プチプラアイテムにありがちな不自然なテカリがなく、上品な印象を受けます。

009lancome-grand

一度塗りでこのくらいのボリュームが出ます。下まつげはもう少ししっかりつけても良かったかもしれません。「目頭のほうまできれいにつきます」というのをお伝えしたくて欲張ってつけたら、ちょっと太めの束ができてしまいました。

軽くソフトに動かせばこんなふうにはならないので、力の加減を調整しましょう。カール力が物足りないという声もあったのですが、ボリュームマスカラでこのくらいの形ができれば十分かとも思いました。

010lancome-grand

斜め上から見ると、まつげがくるっとなっているの、分かりますよね。もともとフィルムマスカラはカールがつきにくいアイテム。

マスカラ液がたっぷりつけば重さで真っ直ぐになりやすいのは仕方がないので、大きなマイナスポイントにはならないように感じました。

二度以上すると、かなりインパクトが出る印象。アイメイク以外がナチュラルだと目元だけ浮いてしまうので、全体のバランスが大切かと思います。

スポンサードリンク

 

グランディオーズ(ボワ ドゥ ローズ)を使ってみた

グランディオーズ(ボワ ドゥ ローズ)

一般的なカラーマスカラとは違って、落ち着いたカラーです。深みがあるけど重すぎず、絶妙な色味。自分では選ばない色味だけに、どんな発色になるのか楽しみです。

ノワール ミリフィックと同じようにマスカラ液をしっかり含ませたブラシをまつげの上に滑らせます。左は一度塗り、右が二度塗りしたところです。

よく見ると分からないくらい自然なカラーなので、ブラックマスカラしか使ったことがない方でも取り入れやすいと思います。

012lancome-grand

肉眼では、鏡に顔を近づけないとカラーマスカラと分からないくらいナチュラルに見えました。高発色のマスカラがお好みの方は「ちょっと違う」と感じるはずなので、カウンターで試してもらって考えると良いと思います。

上の画像のように特段いつもと変わらないベーシックなアイメイクに重ねるのも「なし」ではないのですが、アイラインの色味にマスカラが負けてしまって、統一感がないようにも感じました。

自然に見えるマスカラの色味の基本は、アイライン・黒目より明るいカラー。黒のアイラインの上から重ねてしまったのが悪かったかもと思っています。

そこで、アイラインなし・コーラルピンクのアイシャドウにグランディオーズを重ねてみました。

013lancome-grand

私としては、このくらい全体をふわっとした感じにした方が良いように感じます。「ボリュームマスカラらしい、個性が活きているか?」と聞かれたら難しいところですが、アイメイク全体のバランスは重要です。

ランコムマスカラの扇形にセパレートする特徴があるからこそ、テクニックいらずできれいな目元ができました。アイライナーとの色味の組み合わせで、お好みのメイクを探してみると楽しいと思います。

スポンサードリンク

 

グランディオーズの落とし方

ボリュームたっぷりのまつげができるグランディオーズも、お湯で落とせるマスカラです。

抜群の持続力で、夕方帰って鏡を見ても画像の1の状態でした。帰宅直後すぎてサングラス跡が残っているのに今さら気付いたのですが、このまま進めさせて頂きます。

使用するのは、とりあえずコットンだけです。ぬるま湯を含ませたコットンをしばらくおき、マスカラ液をふやかします。画像だと2の状態です。

目元がじわっと温まってきたくらいでまつげをはさみ、軽くスライドさせるように落としてください。

016lancome-grand

これだけだと3のようにポロポロしたマスカラカスが残ってしまうこともあるのですが、洗顔で落ちるから大丈夫です。普段通りの洗顔をしたら、スッキリきれいに落ちました。

口コミを見ても「落ちやすい」と評価する声が多かったので問題ないと思うのですが、きれいにオフできない時には、アイリムーバーを使いましょう。

アイメイク用のオイルクレンジングでは落ちないので、フィルムタイプ使用可能の記載がある専用アイテムを選びます。

オフしながらケアできる美容成分配合商品も売っているから、まつげの負担を軽減するためにも良さそうです。

スポンサードリンク

 

ランコム グランディオーズの成分

グランディオーズ(ノワール ミリフィック)の成分

グランディオーズ(ノワール ミリフィック)の成分

ソルビン酸K・メチルパラベン・プロピルパラベンなどの防腐剤、合成ポリマー、ラウレス-12硫酸Na・PEG/PPG-17/18ジメチコンといった合成界面活性剤が使われています。

フェノキシエタノールも入っているので、目元がかぶれやすい方は、テストしてから使ってください。

もう1つ気をつけたい成分は、酸化鉄。金属アレルギーを持っている方の中には、酸化鉄・黒に強く反応を起こすケースもあるようです。

「ミネラルファンデーションに入っている赤や黄色は大丈夫でも、黒がダメ」という可能性がありますから、まぶたや目頭がかゆくなった・赤く腫れたという症状が出たら、医療機関に相談すると安心でしょう。

グランディオーズ(ボワ ドゥ ローズ)の成分

グランディオーズ(ボワ ドゥ ローズ)の成分

合成ポリマー、界面活性剤などはノワール ミリフィック同様に使われていて、合わない人には刺激となるリスクがあります。独特の色味は、シリカ・マイカで出している様子です。

これも、金属アレルギーを持っている人は注意したい成分の1つ。ミネラルコスメでよく使われる成分なので、普段使っているメイクアイテムにこれらが使われているかを調べたうえ、参考にするのも良いでしょう。

グランディオーズ【ノワール ミリフィック・ボワ ドゥ ローズ】を使ってみた感想・評価

ノワール ミリフィック・ボワ ドゥ ローズ、どちらもとても塗りやすくて、持続力が高いマスカラでした。

トップコートを重ねなくても下まぶたににじむことはなく、夕方までパンダ目になりません。口コミで「肌との相性がある」という声も見られたので、ひどい脂性肌の方は合わせる下地選びが大事。

皮脂抑制パウダーが入った下地の上から油分が少ないファンデーションをムラなく重ねて、サラサラの状態にしてからグランディオーズを使ってください。

「にじむからウォータープルーフにする」というのは逆効果になってしまうリスクもあるので、気をつけたいところ。ウォータープルーフは「水」に強いというだけで、皮脂崩れしにくいアイテムではありません。

グランディオーズはこんな人におすすめ!

プチプラアイテムのようにゴテゴテしたまつげにはなりにくいとはいえ、フサフサ・しっかりボリュームが出せるマスカラです。

アイメイクの目指す方向性をふまえて検討しないと、イメージ違いになってしまうリスクもあります。グランディオーズをとくにおすすめしたい人の特徴をピックアップしてまとめてみました。

パーティーメイク向きのマスカラを探している

ひと塗りしただけでまつげの1本1本に存在感が出るグランディオーズは、パーティーメイクにぴったり。薄暗い室内でもインパクトある目元に見せてくれるので、夜のドライブデートやお酒の席にもマッチします。

☆ここに注意!
反対に、健全な昼間のデートでは「がんばりすぎ」に見えてしまうリスクもあるので、使い方には注意が必要。しっかりメイクに対するチェックが厳しい職場では、控えたほうが良いと思います。

海外セレブのような目元に憧れる

日本人のまつげは海外の人より細いので、ボリュームを足すことで目元のインパクトを出していきます。

グランディオーズのポスターを見て「こんなメイクをしてみたい」と思ったら、もってこいのマスカラ。根元の毛までキャッチして、十分なボリュームを出してくれます。

☆ここに注意!
ダマができると不自然な印象になってしまうので、コームを使いながら少しずつ重ねていきます。ビューラーでカールをしっかりつけてからマスカラを重ねることも、海外セレブ風の目元に仕上げるポイント。

スマッジプルーフのグランディオーズにはホットビューラーが使えないので、ごくごく普通のビューラーを使ってください。

目鼻立ちがはっきりした美人系の顔立ち

目鼻立ちがはっきりしている方ほどしっかり目のアイメイクがなじみやすく、正統派美人の雰囲気に仕上がります。

美人系の顔立ちでもやさしい雰囲気に見せたいなら、ボワ ドゥ ローズのように淡いカラーを選択すると良いでしょう。

アイライナーやリップのカラーもはっきりした色味のものは避けて、自顔の良いところを活かしつつ、やさらかく見えるメイクにまとめます。

☆ここに注意!
一重まぶた、奥二重の人がマスカラメイクを頑張りすぎると、かえって目が小さく見えてしまうケースもあります。グランディオーズを上まつげだけに使って、下まつげは控えめにするなど、バランスが重要です。

何度も重ねづけするのはパンダ目・にじみの原因なので、1回塗りでしっかりボリュームが出るグランディオーズは心強いアイテム。

それでもやっぱりにじんでしまうという人は、トップコートを併用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

 

盛りすぎないバサバサまつげを作ってみよう

ボリューム・付けやすさ・キープ力と良いところがたくさんあるアイテムですが、使用シーンが限られてしまうところは残念に感じました。

実際のところ、おめかしして出掛ける機会って頻繁にはないもの。だからといって普段からバサバサまつげにしてしまうと、トレンド遅れの印象になってしまいます。

そこで取り入れたいのが、ボリュームマスカラを軽めに1回全体に塗った後、根元だけを重ねづけする方法です。各ステップのメイク画像を交えながら、やり方を紹介しておきますね。

1. ビューラーなし・アイラインなしでグランディオーズを軽くのせる

017lancome-grand

ここで終わるとナチュラルな雰囲気です。ジグザグつけると先の行程に進んだ時にやりすぎ感が出てしまうので、ひとまず我慢。つけてないよりは明らかにまつげがしっかり扇形に広がって、1本1本がはっきり見えます。

2. 上下とも根元に近い部分だけ、重ね塗りする

018lancome-grand

根元近くだけを重ね塗りするとアイラインのようになって、適度なバサバサ感を作れます。マスカラブラシを縦に塗って、まつげの隙間を埋めるようにポンポンおいていくと、バランスよくできるはずです。

3. ツヤ感が出るグロスシャドウを広めに塗る

019lancome-grand

目の周りにツヤ感を出して、今年っぽいアクセントを作っていきます。今回はレブロン フォトレディ インスタフィックスのピンクライトを使いました。

目元にツヤ感やパール感が少しあるだけで、まつげも濡れたように濃くきれいに見せてくれます。全体を重ね塗りしたわけではないのに、目ヂカラが適度にアップ。「これくらいなら、タウンユースもできるかなぁ」と思いました。

グランディオーズの使い方は自由自在

盛りすぎないバサバサまつげメイクに、もうひとアレンジ。ピンクや赤のシャドウで目の周りを囲むと「うさぎ顔メイク」もできます。

鮮やかカラーのシャドウを入れた時はとくに、マスカラがにじんでしまうと汚くなりがち。ランコムのマスカラくらい持続力が高いものを使っておけば、時間がたっても「ガッカリ目元」になりません。
020lancome-grand

「デパートコスメ」と気負いすぎると活用の幅が狭まってしまうので「落ちにくい優秀マスカラ」「簡単に扇形が作れる便利なマスカラ」と考えて、取り入れていくのが良いと思います。

大人っぽい美人さんまつげが作れるグランディオーズですが「こんな使い方もできます」という紹介でした。

ヴィルトゥーズドールアイ・ヴィルトゥーズドラマとの違いは?

最後に、他のランコムマスカラとの違いを紹介しておきます。まずは、ボリュームについてです。

グランディオーズとヴィルトゥーズドールアイ、ヴィルトゥーズドラマをボリュームが出る順番で並べると、こんな順番に感じました。

グランディオーズ > ヴィルトゥーズドラマ > ヴィルトゥーズドールアイ

グランディオーズとヴィルトゥーズドラマは使用感がとても近くて、甲乙付け難い印象。

ブラシの形状が大きく異なるので、塗りやすさから購入アイテムを決めるのも良いと思います。ドールアイは、ややボリューム控えめです。次にカール力に関して見ていきます。

ヴィルトゥーズドラマ ≧ グランディオーズ > ヴィルトゥーズドールアイ

ヴィルトゥーズドラマのブラシがカールをキープしやすい形状なので、上向きまつげ重視の方には使いやすいかと思います。

根元を塗る時に軽く押して形状記憶させることができれば、グランディオーズでも同じくらいのカールはできるかもしれません。

ヴィルトゥーズドールアイはカールで魅せるというより、長いフサフサまつげをセパレートさせるマスカラ。純粋なカール力で比較すれば、他の2つより控えめです。

次は、長さについて比較します。ここは、ファイバー入のドールアイがやっぱり強い。他の2つより明らかに長くて、上品なまつげができます。

ヴィルトゥーズドールアイ > ヴィルトゥーズドラマ > グランディオーズ

「長さもボリュームも欲しい」という方だと「グランディオーズ→ヴィルトゥーズドールアイ」と2本使いする方法もあります。

根元近くをグランディオーズで濃密に仕上げた上にドールアイのロングまつげをのせれば、1本ずつが円錐形の理想的な形になるはず。ドールアイはとても軽い質感に塗れるので、ゴテゴテした重ね塗りが苦手な方でも使えます。

いろいろと言いましたが、どれも個性的で使いやすいアイテムです。プチプラマスカラを何個も買うより、気に入ったものを長く愛用したほうが総合的にはお得かも。

マスカラ難民になっている方にはとくに試してほしいアイテムなので、「私の中のナンバーワン」マスカラを探してみましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP