つるすべ素肌洗顔料(肌極)口コミ・体験談

つるすべ素肌洗顔料(肌極)口コミ・体験談
コーセー『肌極(はだきわみ)』シリーズの「つるすべ素肌洗顔料」を体験した方々の口コミ、私がつるすべ素肌洗顔料を使ってみた感想・評価、成分や使い方などを記載します。

スポンサードリンク

 


もくじ

つるすべ素肌洗顔料とは

お米から抽出される“ライスパワーNo.11”を含んでいることで人気の、コーセー『肌極(はだきわみ)』シリーズ。

肌極シリーズには2つの洗顔料があります。そのうち、パウダータイプのものが『つるすべ素肌洗顔料』です。

アットコスメの口コミランキングでも、洗顔パウダー部門で上位にランクインしていて、他の肌極のスキンケア アイテムに負けず劣らず、人気が高いことが伺えます。

つるすべ素肌洗顔料は、全国のドラッグストアやスーパーで広く販売されているので、気軽に購入することができます。

数箇所のドラッグストアで「つるすべ素肌洗顔料」の価格をチェックしたところ、全て1,400円(税抜)で販売されていました(2018年4月調べ)。

もちろん、Yahooショッピングや楽天、Amazonといった一般のネット通販サイトでもつるすべ素肌洗顔料を購入することは可能です。

ネット購入する際の平均価格は1,200円~1,500円程と、バラつきがあります。そして、ネット通販の場合は送料が別途必要となることがほとんど。

つるすべ素肌洗顔料は、パッケージに厚みがあるため、メール便が利用できず、送料が高く付くのがネックです。

まとめ買いなどで送料無料にしない限りは、近くのドラッグストアやスーパーなどで購入する方法が一番安上がりだと思います。

スポンサードリンク

 

つるすべ素肌洗顔料の口コミ

つるすべ素肌洗顔料の口コミを調べてみました。良い口コミ、悪い口コミ、それぞれ多かった意見をまとめてみましたので、参考にしてください。

<良い口コミ>
・お肌がつるつるすべすべになる
・黒ずみや角栓がすっきりする
・ツッパリ感や肌刺激がなく、敏感肌でも使いやすい
・価格が安い
・洗顔後のスキンケアの浸透が良くなる

<悪い口コミ>
・泡立ちが悪い
・少しツッパリ感がある
・洗浄力が弱い
・可もなく、不可もない
・劇的な変化はない。毛穴の黒ずみにも効果がなかった

<私のコメント>
さすが、酵素が含まれているだけのことはあって、使用後に「つるつるすべすべになる」という意見が圧倒的に多かったです。

黒ずみや角栓いちご鼻への効果に関しては、「すっきりする」という人もいれば、「効果がない」という人もいて、意見は賛否両論でした。

同じくツッパリ感に関しても、感じる人もいれば、感じない人もいて、お肌との相性が大きく影響するアイテムである印象を受けました。

使用感に関して目立っていたのは、「泡立ちが良くない」という意見でした。もちもちの濃厚泡を期待していると、物足りなく感じるかもしれません。

口コミをチェックしていると、毎日使っている人がチラホラいましたが、くれぐれも毎日は使わないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

つるすべ素肌洗顔料を買ってみた

001tsurusubesengan

容量:0.4g×32包
価格:ノープリントプライス
メーカー:株式会社コーセー

近くのドラッグストアで、つるすべ素肌洗顔料を購入してみました。

購入時、たまたま限定品のキャンペーン中だったらしく、通常の32包セットに7包が無料で付いています。
つるすべ素肌洗顔料 個包装
酵素洗顔にありがちな個包装で、1包には4gのパウダーが入っています。

ちなみに酵素洗顔というと、パウダータイプが多いと思いませんか?

それには理由があります。

ひとつは、酵素は水分を含むと活性化してしまう特徴があるため、ドライなパウダータイプであれば、使用前に、酵素のパワーが失われてしまうリスクを防ぐことができるから。
そしてもうひとつは、パウダータイプなら、不要な添加物の使用を控えることができるからです。

「個包装は、いちいち開けるのが手間・・・」と思う人もいるかもしれませんが、1回分の量がわかりやすく、無駄なく、清潔に保つことができるので、慣れてしまえば、意外と便利です。
004tsurusubesengan
個包装の中には、白い、サラサラのパウダーが入っています。
とても細かい粒子です。

つるすべ素肌洗顔料1包分のパウダーを、一度の洗顔で使い切ります。シトラスグリーンフローラルの香りがほのかに香って、リフレッシュできそうです。
つるすべ素肌洗顔料の泡
1包分のパウダーを手のひらにとり、ぬるま湯を少量ずつ加えて、手で泡立ててみました。ある程度は泡立ちますが、十分な量の泡ではありません。

もう少しボリュームが欲しかったので、泡立てネットを使ってみました。
006tsurusubesengan
多少は泡が増えたものの、どれだけ頑張ってもモコモコ泡にはなりません。パウダーの量が少なめなので、加える水分量が難しいです。

水分量が多すぎると、シャバシャバの泡になってしまうので注意しましょう。口コミにもあったように、つるすべ素肌洗顔料の泡立ちは良くありません。

酵素は水に反応するので、泡を立てることにあまり時間を掛けすぎるのもNGです。

泡のキメは、細かくもなく、荒くもなく、普通です。

テクスチャーも非常にさっぱりしています。

「たっぷりのモコモコ泡で洗いたい」という人は、物足りなく感じてしまいそうです。

スポンサードリンク

 

つるすべ素肌洗顔料を使ってみた

つるすべ素肌洗顔料で、実際に洗顔してみました。ちょうど小鼻や顎の部分に、少しザラつきを感じていたので、酵素洗顔でどのように変化するか楽しみです。

私の場合は乾燥肌なので、まずは1~2週間に一度の使用からスタートしてみますが、通常、つるすべ素肌洗顔料は週2~3回の使用が目安です。

初めて使う人は、お肌の様子を見ながら、週2~3回を超えない範囲で使ってみましょう。
1袋分のパウダーを泡立て、クルクルと優しく洗顔をしてみます。
007tsurusubesengan
酵素洗顔料は、肌にのせている時間をなるべく短く済ませるのが、お肌を傷めないポイントです。

ザラつきがあった部分を中心に、指の腹でクルクル洗っているうちに、指に感じるザラザラ感が解消されて、なめらかな触り心地になっていくのが、はっきりとわかりました。

私は、お肌は強いほうではありませんが、洗顔中の刺激は一切感じませんでした。泡はサッと簡単に洗い流せて、洗顔後の肌の手触りはツルンとしています。

洗顔前に、小鼻周りや顎にあったザラつきは、手で触った限りは感じられません。

洗顔後のお肌はこのような感じです。
つるすべ素肌洗顔料使用後の肌
手触りがツルンとしていたので、もっと潤いのある仕上がりかと思っていたのですが、こうして見ると、私の場合は、皮膚の潤いが奪われているような感じがありますね。

実際、使用中はマイルドな使い心地で安心感があったのですが、洗顔後は皮膚表面に少しツッパリを感じました。

スポンサードリンク

 

つるすべ素肌洗顔料の成分

つるすべ素肌洗顔料の全成分をチェックしてみました。
つるすべ素肌洗顔料の成分

コーンスターチ、ラウロイルグルタミン酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、タルク、ミリストイルグルタミン酸Na、コカミドプロピルベタイン、カリ石ケン素地、グリシルグリシン、コメ胚芽油、ハチミツ、プロテアーゼ、BHT、オレイン酸フィトステリル、カラギーナン、クエン酸Na、コメヌカ油、シリカ、デキストリン、リン酸3Na、塩化Na、水、香料

まず知っておかなければならないのは、つるすべ素肌洗顔料は、肌極シリーズではあるものの、肌極のスキンケアに使われている特徴成分、“ライスパワーNo.11”は配合されていません。

その代わりに、米ぬかから抽出される“天然コメ由来保湿成分”が配合されていて、洗顔で奪われがちな潤いを守るべく作用します。

天然コメ由来保湿成分とは、具体的には以下の3つの成分を指します。

●ライスステロール(オレイン酸フィトステリル)
角層の細胞の間を満たしている細胞間脂質に似た構造を持つ成分で、優れた保湿作用を持ち、肌によく馴染みます。
お肌をやわらかく整え、潤いを与えるエモリエント効果が期待できます。

●コメヌカオイル
昔から、美容効果が高いことで洗顔料としても使われてきた成分です。
抗酸化作用に優れた“ビタミンE”が豊富に含まれており、老化防止やアンチエイジング効果が期待できます。

●コメ胚芽油
エモリエント効果が高く、抗酸化作用に優れた“ビタミンE”と“トコトリエノール”を豊富に含まれていて、老化防止やアンチエイジング効果も期待できる成分です。

また、メラニン色素の生成を抑制する働きがあり、しみ・そばかすを防ぐ作用があると言われています。

全体的には、ラウロイルグルタミン酸Naなど、アミノ酸系の洗浄成分で構成されています。

アミノ酸系の洗浄成分は、お肌に優しいのですが、それだけでは洗浄力が弱め。

そこで配合されているのが、つるすべ素肌洗顔料を特徴付ける成分、タンパク質分解酵素である“プロテアーゼ”です。

この成分が配合されているため、つるすべ素肌洗顔料は、酵素洗顔料に分類されます。

●プロテアーゼ
人間の体内にも存在している、天然酵母由来の酵素。他の酵素に比べると、比較的、肌刺激が低いのが特徴です。

気をつけたい成分としては、合成界面活性剤のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naやコカミドプロピルベタイン、また酸化防止剤であるBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)です。

これらは、目に入ると軽い刺激があるので、使用の際は、目に入らないようにしてください。コカミドプロピルベタインについては、ごく稀にアレルギーを引き起こす可能性があります。

もともとアレルギー体質の人や手湿疹など、アレルギー性の皮膚炎を発症したことがある人が使う場合は、十分な注意が必要です。

スポンサードリンク

 

洗顔料の種類について

つるすべ素肌洗顔料には、アミノ酸系洗浄成分が含まれていて、酵素洗顔に分類される・・・と上でご紹介しましたが、詳しく知っている人は少ないかもしれません。

ドラッグストアでざっと見ただけでも、洗顔料にはさまざまなタイプのものがありますよね。アミノ酸系、弱アルカリ性、酵素洗顔・・・一体何が違うのか、よくわからないまま、なんとなく購入している人も多いのではないでしょうか?

せっかくの機会なので、それぞれの違いを整理しておきましょう。

アミノ酸系の洗浄成分について

アミノ酸洗顔料やアミノ酸シャンプー、たくさん販売されていますよね。CMなどで見て、「なんとなく、お肌に優しそう・・・」というイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

私たちのお肌の表面は、天然のクリームとも言われる『皮脂膜』で覆われていて、外部の刺激から守られています。

この『皮脂膜』を構成しているのが、皮脂と汗などの水分とアミノ酸で、通常のお肌は、弱酸性(pH5~6)を保っています。

アミノ酸系の洗浄成分は、お肌と同じ、弱酸性なので、お肌に刺激を与えることなく洗浄できるというのが特徴です。

アミノ酸系の洗浄成分は、お肌に優しいのが大きなメリットである一方、洗浄力が弱めであることがデメリットとして挙げられます。

アルカリ性・弱アルカリ性の洗浄成分について

アミノ酸系の洗浄成分は酸性です。それと対極にあるのが、普通の石鹸などに代表される、アルカリ性や弱アルカリ性の洗浄成分です。

アルカリ性や弱アルカリ性の洗浄成分は、その名の通り、一時的にお肌の状態をアルカリ性に傾けます。

洗浄力は非常に強いのですが、もともとお肌に存在するアミノ酸やセラミドまでも剥がしてしまうため、お肌への刺激が強いと言われています。

お肌が弱い人は言うまでもなく、季節などの影響で、一時的にお肌に揺らぎがあるような時に使うと、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすいのがデメリットです。

酵素洗顔について

酵素と言えば、ダイエットドリンクや健康食品などでご存知の方も多いかと思いますが、つるすべ素肌洗顔料も酵素洗顔料のひとつです。

酵素は私たちの体内にも存在していて、消化や代謝といった生命維持活動に欠かせないものです。

そして酵素には、タンパク質と脂肪を分解する働きがあります。この働きを洗顔料に活かしたのが酵素洗顔料です。

酵素洗顔の魅力は、以下の3つと言われています。

①毛穴の汚れや黒ずみ、鼻の角栓を取り除く。
②肌の古い角質を分解して取り除き、くすみのないクリアな素肌に導く。
③余分な皮脂を取り除き、肌を清浄化することで、ニキビを防ぐ。

アミノ酸系、アルカリ性、弱アルカリ性の洗浄成分は、『汚れを浮かして落とす』タイプですが、酵素洗顔料は『汚れを分解して除去する』タイプです。

洗浄力が極めて高く、ピーリングをしたかのように、つるつるの素肌に導いてくれます。
その分、肌への負担は大きいとされており、一般的には普通肌~脂性肌の人向けです。アミノ酸系やアルカリ性の洗顔料と大きく違うのは、毎日使う洗顔料ではないということ。
酵素洗顔料の使い方を間違えると、皮膚のバリア機能が失われたり、肌トラブルの原因になってしまいます。

それぞれ、使用上の注意をよく読み、使用頻度を守って正しく使いましょう。つるすべ素肌洗顔料の場合は、週に2回~3回が使用の目安とされています。

使用頻度以外に、酵素洗顔を行う上での一般的な注意事項をご紹介します。

・生理前や生理中、お肌が敏感な時期に使うことは避けましょう。
・お肌が弱い人や敏感な人は、お肌の状態に十分注意しながら、月2~3回の使用からスタートしてみましょう。
・使用中、使用後のお肌に、赤みや痒みが出たり、ヒリヒリしたり、違和感を感じた場合は使用を中止してください。
・使用後は、お肌の角質や皮脂が取り除かれて、バリア機能が一時的に弱くなります。そのため、酵素洗顔は、朝の洗顔ではなく、夜に使うようにしましょう。

つるすべ素肌洗顔料を使ってみた感想・評価

もともと乾燥肌で、余分な皮脂がない私のお肌には、残念ながら、酵素洗顔は不向きだったようです。

洗顔後の手触りは、まるでピーリングをしたように、つるつるすべすべになるのですが、鼻の毛穴に詰まっている角栓が、消えてなくなることはありませんでした。

また、洗顔中の刺激は一切感じませんでしたが、使用後に皮膚表面にツッパリを感じ、すぐに化粧水で保湿したのですが、肌がいつもより乾燥している感覚と、唇の周囲などの皮膚が薄い部分の皮膚が過敏になっている感覚がしばらく続きました。

私が至った結論は、「つるすべ素肌洗顔料は、天然コメ由来保湿成分配合とは言え、やはり酵素洗顔料。私のような乾燥肌や敏感肌の人よりも、普通肌~脂性肌の人にお勧め!」です。

今はアルカリ性洗顔料であっても、保湿しながら洗顔するタイプのものが多く販売されていますよね。

普段からしっとりタイプの洗顔料を使っている人は、つるすべ素肌洗顔料を使用後に、潤いを奪われる感覚を強く感じると思います。

普段からさっぱり系の洗顔料を好んで使っている人や、皮脂量の多い若い世代の人、脂性肌でベタつきが気になる人は、お肌の様子を見ながら、週1回のケアからスタートしてみてはいかがでしょうか。

特に夏場は、顔のベタつきがすっきりして、気持ち良く過ごせそうです。

スポンサードリンク

PAGETOP