ダイエットに重点を置いた酵素ドリンクの選び方

ビタミンCやコラーゲンなどと同様に、美容意識の高い女性に注目され続けている酵素。
女性誌やテレビでも酵素の働きや必要性について頻繁に取り上げられています。

酵素は食べ物からでも摂取することができますが、必要な量をコンスタントに摂るのは少々難しいのが現実。

もっとも効率良く酵素を摂取する方法は酵素ドリンクからの摂取になります。

しかし、いざ酵素ドリンクに興味を持って探してみると、自分ひとりでは選びきれないくらいの種類があり、混乱してしまうことと思います。

酵素ドリンクの選び方には、2つの視点と付随する関連項目を知っておくことが必要です。酵素の基本とダイエット成功に基づいた、間違いの無い酵素ドリンクの選び方をご紹介します。


もくじ

酵素ドリンクの選び方:ふたつの視点とは?

ダイエットや健康管理のために酵素ドリンクを選ぶには、
・酵素ドリンクとしてしっかりした製品であること
・あなた自身に合う製品であること

この2つが大切になってきます。

酵素ドリンクとしてしっかりした製品か?

酵素ドリンクには「○%以上酵素が含まれていなければいけない」という決まりがありません。
そのため酵素ドリンクはある意味、基準が無いという状態が続いています。
気になる酵素ドリンクがあったら、見た目の派手さやプレゼントなどのお得感だけではなく酵素ドリンクという製品として購入する価値があるかを考えましょう。

あなた自身に合う製品か?

しっかりした酵素ドリンクを見つけたら、次はあなたに合う製品かどうかを検証する必要があります。
後ほど詳しくご説明しますが、酵素ドリンクには独特の風味があります。
風味の感想をまとめると
・酸味の強いりんごジュース
・黒砂糖風味のプルーン
・トロッとした桃のジュース
・りんご酢
・濃厚なりんごジュース
・養命酒を濃厚にした感じ
・とにかく甘い
・後味が悪い

などなど。

同じ酵素ドリンクなのに、ずいぶんバラバラだと思いませんか?
酵素ドリンクの味は、それくらい製品によって差があるのです。

酵素ドリンクを使ったダイエットは、置き換えやファスティングになります。1日の食事を1食~3食置き換えることを考えると、口に合わない酵素ドリンクでダイエットを成功させることは困難。

おいしい!と思える酵素ドリンクを探すことも、酵素ドリンク選びの重要な項目です。

酵素ドリンクの特徴を知ろう

味も価格も違う各メーカーの酵素ドリンクですが、共通する特徴がひとつだけあります。それは酵素を生み出すのは酵母菌で、酵素ドリンクは発酵食品であるということ。

酵素ドリンクのボトルにギュッと詰まった酵素は酵母菌が生み出す成分なので、良い酵素ドリンクとは酵母菌が活動を続けているドリンクと言い換えることができるのです。

菌の活動と温度

酵母菌が活動を続けられる環境において重要なのが温度になります。パンを作る工程を考えるとわかりやすいと思います。

パン作りに欠かせない工程に発酵の時間があります。
一般的に、一次発酵にベストな温度は32度くらいと言われています。これはパン生地を発酵させるために菌が活動しやすいのが32度ということ。温度が高すぎたり低すぎたりするとパンを上手に膨らませることができません。

酵母菌は生物なので、それぞれの菌ごとに活発に活動を続けるための適温があり、温度によっては活動を停止してしまうのです。

ここから少しややこしいお話になりますが、酵素と温度の関係は酵素ドリンクの選び方において絶対に無視することができない項目です。各メーカーの広告文句に踊らされない賢い消費者になるためにも、ちょっとだけ頑張って理解しましょう!

酵素ドリンク製造過程と温度の関係

酵素ドリンクのラベルを見ると、「植物性発酵飲料」(清涼飲料水)や「植物エキス発酵飲料」(清涼飲料水)と書かれています。

清涼飲料水と言われるとコンビニの冷蔵ケースにズラッと並んでいるようなジュースをつい想像してしまいますが、清涼飲料水とはアルコールを含んでいない飲み物全般を指します。(牛乳やグラスに注がれたお茶類は含みません)

スポーツドリンク、ペットボトルのお茶、野菜ジュース、コーラなどは全て清涼飲料水に分類されます。ミネラル調整を行っているミネラルウォーターも清涼飲料水に含まれます。

酵素ドリンクが清涼飲料水に分類されることが何がそんなに問題なの?という感じですが、実は清涼飲料水として販売するには「加熱による殺菌」が必要になるのです。
食品衛生法では65度で10分程度の加熱処理が必要とされています。必要な加熱時間は温度によって変わります。

安全性を高める加熱殺菌にも落とし穴が?

加熱殺菌を行うと大多数の非耐熱性菌が死滅するので身体に取り入れる製品としての安全性は高まります。

酵素ドリンクとしての問題は、高温によって酵母菌が死滅すること。加熱殺菌の目的は菌を死滅させることなので、良い菌だけを残すということができないのです。

酵素は50度を越えると働きが弱まり、70度以上で破壊されてしまうと言われていますが、正確には酵素が活動を止めるわけではありません。酵素は生きている菌ではなくあくまでも成分です。物質と言い換えることもできます。

生きた酵素(酵母菌)をそっくりそのまま体内に取り入れて身体の中の酵素を増やすには、加熱されていない酵素ドリンクが理想なのですが、それは叶わないこと。なぜなら、日本で人間が飲むことを目的に清涼飲料水を市販するには、加熱殺菌することが法的に定められているから。

では、加熱殺菌が行われた酵素ドリンクに効果はないのでしょうか?

※重要※各メーカーの熱処理についての見解

酵素ドリンクの選び方のひとつの目安になるのが、加熱処理についてのメーカー側の見解です。
殺菌が目的で行う加熱処理において、人間にとって残しておきたい酵母菌だけを殺菌しないようにすることは至難の技。ですから、各メーカーが熱処理と自社の酵素ドリンクの有用性をどのように解説しているのか、ということも酵素ドリンクの選び方においてチェックしておきたいところなのです。

70度で15秒間の熱処理を行っている酵素ドリンクメーカーQ&Aによると、このメーカーの酵母菌は普通の酵母ではなく耐熱性酵母菌なので70度の熱処理でも死滅することは無いと示されています。

また、65度で10分の熱処理を行っている別のメーカーでは、酵素の働きは70度以下であれば失活しないと回答しています。

清涼飲料水として酵素ドリンクを製造・販売するには加熱処理を避けることはできません。
加熱処理と酵素の働きについて、自分が納得できる回答を行っているメーカーの商品を選ぶことは、酵素ドリンクの選び方のひとつの目安になりますので、購入前にFAQなどをチェックしましょう。

酵素ドリンクには独特の風味がある

酵素ドリンクを選ぶ際に、加熱についてのメーカー回答と同じくらい大事なのが酵素ドリンクの「味」です。

酵素ドリンクの味には独特のクセがあって、このクセがどうしても苦手な方もいます。
酵素ドリンクの原材料を見ると、野菜・果物・海草・野草・豆などの植物と白砂糖・黒砂糖・麦芽糖などの糖分であることがわかります。

野菜や果物だけの方が体に優しく低カロリーな気がしますが、植物の酵母菌は糖分をエサにして酵素を生み出すので、酵素ドリンク製造において糖分は欠かせない基材なのです。

でも、ちょっと想像してみてください。
100種類以上(多いときでは200種類以上!)の野菜や果物と糖分が混ざっている発酵食品は、おいしそうですか?

もちろん多くの酵素ドリンクは、わたしたちの口にあうように試作を重ねて作られていますが、それでも酵素ドリンク独自のクセや後味の悪さはどうしても残ってしまいます。
ですから、自分の口にあう酵素ドリンクを選ぶことは、酵素ドリンクダイエット期間を乗り切るために絶対に必要なことなのです。

代表的な酵素ドリンクの風味と実際に試してみた個人的な感想をご紹介します。

私が試した複数の酵素ドリンクの味や風味

シリウスラボ ピュアネス酵素

001pnkoso
ピュアネス酵素は、お嬢様酵素と同じくらい女性向けの酵素ドリンクです。
コラーゲンが配合されていて、風味はアップル味。

よく熟した林檎の中心にある甘い蜜のような風味です。
牛乳や豆乳との相性がバツグンなので、腹持ちの良いオリジナル置き換え食を作ることができます。

お腹がすきにくい植物性成分「フーディアゴルドニー」配合なので、とにかく腹持ちの良い酵素ドリンクでダイエットに挑むなら、お試しキャンペーンのチェックを。

ピュアネス酵素の公式サイトは以下です
http://siriuslab.jp/

ベルタ公式ショップ ベルタ酵素ドリンク

001beruta
フルーツテイストで原液でもわりと飲みやすいですが、炭酸などで割るとさらにおいしく飲むことができます。

お味はピーチ味ですが、個人的にはフルーツミックスジュースのように感じました。言われないとピーチ味とはわからないかもしれません。
味で酵素ドリンクを選ぶなら比較対象になる製品だと思います。

ベルタ酵素の公式サイトは以下です
https://belta-shop.jp/

エリカ健康道場 優光泉(ゆうこうせん)

001yukosen
正真正銘、無添加の酵素ドリンクです。
プレミアム、スタンダード、梅味の3種類があります。

メーカーに電話確認したところ、優光泉は記載されている原材料を発酵・熟成させたエキスそのもので、水で薄めたりしていませんでした。味や香りを調整するための添加物などは一切配合されていないそうです。

酵素を作り続けて28年の自信があるメーカーなので、ホンモノの酵素ドリンクというものがどういうものか?を知りたい方にオススメ。

同梱のパンフレットは一読の価値あり。
酵素ドリンクに興味がある全ての方が納得できる答えを得ることができます。
また、電話での問合せには公式サイト、パンフレット以上に詳しい説明をして下さいました。個人的に、酵素ドリンクとしての質、メーカーとしての姿勢が大変信頼できると感じました。

優光泉にはお試し用のハーフサイズボトルも用意があります。
お味をスタンダード、梅から選ぶことができるので、ぜひ梅を試してください。
優光泉の梅味はかなり優秀です。わたしがこれまでに試した酵素ドリンクの中でいちばんおいしかったです。

酵素ドリンク特有の甘さもあるのですが、梅本来の爽やかな酸味がしっかりあって独特のクセを感じません。濃い梅ジュースという感じなので、炭酸割りが最高においしいです。
酵素ドリンクとしての質と味の両方を兼ね備えた梅味のお試しは必須です!

優光泉の公式サイトは以下です
http://www.danjiki-net.jp/

価格も選び方の大事な要素

気になっている酵素ドリンクの成分や加熱処理による効果の見解を確かめたら、実際購入して味をチェック!といきたいところですが、ここで引っかかってくるのが価格です。

ご家庭では到底用意できないくらいの野菜や果物を使って、長いときには3年以上も発酵させて作る酵素ドリンクなので、普通の野菜ジュースと同じ値段で購入することはできません。

さきほどご紹介した5つのメーカーの酵素ドリンク本体価格を比較してみましょう。

お嬢様酵素の価格

容量:720ml
単品価格:4,750円
3本まとめ買い:12,800円
5本まとめ買い:19,000円
定期購入:22~32%オフ(単品購入なら3,686円)

お嬢様酵素の公式サイトは以下です
http://www.ojyosama.jp/

ベジーデル酵素液の価格

容量:720ml
単品価格:8,208円
2本まとめ買い:14,774円
3本まとめ買い:20,930円
定期購入:20%オフ(1本なら6,566円)

ベジーデル酵素液の公式サイトは以下です
http://www.ojyosama.jp/

ピュアネス酵素の価格

容量:720ml
単品価格:4,860円
28日ごとに2本届く定期購入:8,208円
28日ごとに4本届く定期購入:13,132円

ピュアネス酵素の公式サイトは以下です
http://siriuslab.jp/

ベルタ酵素ドリンクの価格

容量:710ml
単品価格:5,080円
5本まとめ買い:22,800円
サプリメント付き定期購入(2本):10,200円
サプリメント付き定期購入(3本):15,780円

ベルタ酵素の公式サイトは以下です
https://belta-shop.jp/

優光泉の価格

容量と価格
120ml×2本のミニお試しセット:2,457円
180ml×2本のお試しセット:3,429円
550ml:4,200円
1200ml:8,500円
1200ml or 550ml×2の定期購入:6,900円

優光泉の公式サイトは以下です
http://www.danjiki-net.jp/

※価格は変更になっている可能性があります。必ず公式サイトでご確認ください。

いかがでしょうか。
野菜ジュースとは比較にならないくらいの価格だということがおわかりいただけたかと思います。

どんなに口コミで痩せた!と言われていても、いきなり定期購入に手を出すのはちょっとためらってしまいますよね。

最近のネット通販にはお試し購入というものがありますが、酵素ドリンクには初回激安割引やお試し購入というものが無いことが多いです。

ご紹介した価格がお試し価格ということになります。

ただ、優光泉には30日間の返金制度があります。開封後でも返品OKなので、リスクなしでお試し購入を行うことができます。

酵素ドリンクと価格の考え方

全体の価格だけを見ると継続は難しいかも・・・と思ってしまいますが、酵素ドリンクは置き換えが基本なので、1食の食費として考えてみると継続できるかわかりやすいです。

各メーカーによって推奨する量は違いますが、だいたい20ml~60mlを1食代わりにするように記載されています。
間をとって30mlだとすると

お嬢様酵素(単品):約198円
ベジーデル酵素液(単品):約342円
ピュアネス酵素(単品):約202円
ベルタ酵素(単品):約220円
優光泉(1200ml単品):約212円

1回分の食費と考えれば、普通に食事するよりも逆に経済的ということがわかります。おまけにサプリメントとしての側面もあるので、美容面でも期待できます。

このくらいの価格帯でしたら、価格はあまり重要じゃないようにも思えますが、忘れてはいけないのが、酵素ドリンクは味に特徴があるということ。
つまり、初回だけはちょっとした冒険になってしまうのです。

買ってはみたものの、どうしても味がダメで飲みきれなかった・・・という女性もいるくらい独自の味があるので、レビューなどをチェックして「これなら1本飲みきることができそう」と思う酵素ドリンクを購入するようにしましょう。

酵素ドリンクのダイエット効果

ダイエットが目的で購入する酵素ドリンクなので、ダイエット効果が無いと意味ありません。

酵素ドリンクは、飲めば飲むほど痩せるような魔法のドリンクではありません。酵素ドリンクを使ったダイエットは置き換えが基本なので、酵素ドリンクのダイエット効果とは、いかにおなかが空かないかということなのではないでしょうか。

もちろん、体内酵素を増やすなどの作用も大切なのですが、現実問題ダイエットにおいては二の次で、体重やサイズダウンが目的になりますよね。

⇒酵素ダイエットは効果があって当たり前?デメリットもある

酵素ドリンクでおなかが空かないのはなぜ?

酵素ドリンクが一躍脚光を浴びた理由は、おなかが空かない置き換え食だから。
酵素ドリンクの原材料は植物のエキスそのものなので、どっしりとした食事を取らなくても植物のエネルギーでお腹が満たされるのです。

実は、空腹を感じるメカニズムと食べる量は直結していません。関係が無いとは言いませんが、胃の中が満たされていなくても空腹感を遠のけることができるのです。
自分に合う酵素ドリンクと出会うことができたらたったの数十ミリ程度で、空腹感が本当に遠のくことが分かると思います。

十分な甘さがあり、植物エネルギーもたっぷりなので少しおなかが空いたかな?くらいのタイミングで飲むと、いつのまにかおなかが空いていたことを忘れてしまいます。

当たり前のようですが、ダイエットの敵は食べること!
食べさえしなければ太ることはありません。しかし、この考え方は乱暴で、身体を壊すことにもなりかねません。

何度も言いますが、酵素ドリンクの原料は野菜・果物・海草・野草・豆類・などなど。しっかりとした食事をしなくても必要なエネルギーはバランス良く取れているのです。
酵素ドリンクは、この点においても優秀なダイエット食と言えます。

本当に空腹感がまぎれて、食べなくても平気な酵素ドリンクもあれば、飲めども飲めどもおなかが空いて、結局酵素ドリンク+普通の食事になってしまうものもあるようです。
空腹感対策においてもレビューをしっかり確認することをオススメします。

酵素ドリンクの選び方:まとめ

空腹にならないから食べなくてもOK、その結果、健康的にダイエットが成功する・・・これが理想の酵素ドリンクダイエット。

この図式を成り立たせるためには、まずあなたに合う酵素ドリンクを選ぶことから始めなければいけません。

酵素ドリンクの選び方を成功させるために重要なことをまとめます。

1.酵素の性質をちょっとだけ知る

本記事に記載されている程度の知識で十分です。
・酵素ドリンクは原材料が命
・製品化にあたって加熱という処理が不可欠
・酵母菌は基本的に熱に弱い

2.加熱処理について気になるならメーカーに直接ぶつける

加熱に弱い酵素(酵母菌)ですが、加熱処理は必須工程。ならば、メーカーはどんな対策をしているのか、この点ははっきりさせておきましょう。

3.価格もチェックを。本気でダイエットするなら1本じゃ足りない

容量を見てもわかるとおり、2週間以上ダイエットをするならボトル1本では足りません。(優光泉1200mlを除く)
継続するとなると、価格もやはり気にしておくべき。
定期購入やまとめ買いでどれくらいの量が届いてお得になるのか、確認しておきましょう。

4.酵素ドリンクの味は千差万別

こればかりは飲んでみないとわからないのが悲しい現実なのですが、酵素ドリンクのお味は本当にバラバラです!
自分で飲んでみる前に味を知るには、実際に飲んでみた方のレビューを頼るのみ。

わたし個人のオススメは優光泉の梅味です。コレが口に合わなかったら酵素ドリンクダイエットはあなたに向いていないかもしれません・・・と言えるくらい、普通に美味しいドリンクでした。

5.最後の決め手。ダイエット効果

酵素ドリンクダイエットの要である空腹感をまぎらわす点においては、各社工夫をしています。
おなかが空かない成分を配合していたり、植物そのものを原料にして自然から取れるエネルギーで真っ向勝負する酵素ドリンクなどいろいろあります。
空腹感対応は酵素ドリンクに期待する最大の項目なので、この点においても忘れずに確認を。

朝ごはんを酵素ドリンクに置き換えただけで、運動もせずに1ヶ月でマイナス3kgを達成した人もいます。
酵素ドリンクのパワーはホンモノなので、ぜひ正しい選び方でダイエットを成功させてくださいね!

おすすめ酵素ドリンク一覧

☆お嬢様酵素
1-2ojo

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

お嬢様酵素の公式サイトは以下です
http://www.ojyosama.jp/

☆ベジライフ酵素液
ベジライフ酵素液

⇒ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ベジライフ酵素液の割引情報などは公式サイトをご覧ください。
http://wpets.jp/

☆ピュアネス酵素
001pnkoso

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

ピュアネス酵素の公式サイトは以下です
http://siriuslab.jp/

☆ベルタ酵素
001beruta

ベルタ酵素口コミ 効果は?3日間酵素ダイエットした感想

ベルタ酵素の公式サイトは以下です
https://belta-shop.jp/

PAGETOP