プモア【口コミ・効果】トライアルセットを体験してみた

プモア【口コミ・効果】トライアルセットを体験してみた
昔は乾燥知らずのオイリー肌だった私ですが、20代後半になってからは乾燥に悩まされ、インナードライによる肌荒れも起こりやすい状態に…。

そんな乾燥肌、透明感のなさに悩む30~40代の人のために作られたのが「プモア(pour moi)」です。

プモアは日本酒酵母と乳酸菌という、日本に昔からある天然のパワーで、お肌をしっとりうるおわせてくれる基礎化粧品です。

今回、プモアのクレンジング、洗顔料、化粧水、クリームが入っている7日間のトライアルセットに挑戦してみました。
乾燥性敏感肌でも刺激なく使えるのか、保湿力は本当に高いのか、本音でレビューしていきます。私以外のプモア体験者の口コミも掲載します。


もくじ

プモアの特徴

プモアのこだわりは、独自成分の「W美活エキス」で、うるおいのあるモッチリ素肌に導くこと。このW美活エキスは、ビタミンやアミノ酸が豊富な「日本酒酵母」と、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多い「乳酸菌」を組み合わせたものです。

日本酒を仕込む杜氏の手は、何歳になってもきれいという話を耳にしたことはありませんか?

この日本酒を発酵させる際の酵母には本当にたくさんの栄養が入っていて、お肌に栄養を与えつつしかも保湿力が高いという特徴があります。

だからこそ、長時間日本酒酵母に触れている杜氏の手は、しっとりしたきめ細かい美肌が多いと考えられているんです。

そんな日本酒酵母エキスのほかに、健康食品では定番の乳酸菌も配合しているのがプモアの特徴。乳酸菌と言えばお腹の中の善玉菌を増やす効果が知られていますが、実は肌にも1兆以上もの皮膚常在菌が暮らしています。

乳酸菌は、腸内フローラならぬ肌フローラを整える働きも持っていて、荒れやすい肌の状態を整えて、美肌に近づける効果が期待できます。

私も乾燥がひどい時期は、すぐにニキビができたり赤みが強くなったりと、トラブルが起きやすい体質なので、プモアを使っている間肌荒れが起きないかぜひトライアルで体験してみたいと思います。

プモア 体験者の口コミ

それでは、レビューの前にプモアを使っている人々の良い口コミ、悪い口コミを見ていきましょう。

良い口コミ

・日本酒の酵母と聞いていますが、特にお酒のニオイはせずに程よくフローラルの香りです。
・トロっとした化粧水のテクスチャーが肌に密着する感覚が気に入っています!1本使ってくすみが少し改善したような気がしています。
・クリームと化粧水をセットで購入しました!冬でも肌に成分が染み込んでいるのか、乾燥が気になりません。
・化粧水というよりも乳液のような濃厚なテクスチャーです。ゴワゴワした肌にすーっと浸透して、内側からうるおっている気がします。
・こってりしたクリームですが伸びがよく、仕上がりはとてもしっとりです!
・洗顔パウダーは気になるニオイもなく、洗い心地がさっぱりしているのが気に入っています。この洗顔パウダーで洗った後は、化粧水もぐんぐん入る気がします。
・クレンジングはつっぱらないのに、アイラインなどの濃いメイクもやさしくマッサージして落とせました。敏感肌でも無理なく使えるところが良いですね。

悪い口コミ

・化粧水はとろみがあるものの、肌に浸透していく感覚がありませんでした。
・スキンケアをしてすぐはしっとりするのですが、2~3時間もすると乾燥が気になります。乾燥がひどいときには使えないかなという印象でした。
・洗顔パウダーの泡立ちが悪くて、トライアルセットについてきたスポンジではほとんど泡ができませんでした…。
・クレンジングはウォータープルーフのアイメイクが落ちなかったです。アイメイクだけは専用のクレンジングを用意する必要がありそうです。
・少し日本酒なのか発酵したような香りが気になりました。
・肌荒れ改善にも役立つとのことでしたが、1か月ほど化粧水とクリームを使っても特に変化なし。私の肌には保湿力も足りなかったです。

<私のコメント>
日本酒メーカーの日本盛が作っているという、国産の基礎化粧品という部分を気に入っている人が多くいました。また、無香料なので香り付きのスキンケアが苦手な人にも支持されているようです。

私自身あまり強い香りのするスキンケアアイテムはあまり得意でないので、本当に香りが気にならないのかもレビューしていきたいと思います。

また、保湿力があった、足りなかったと口コミが分かれているので、超乾燥肌ではどうなのか、プモアを7日間使った感想を以下に掲載します。

プモア トライアルセットを購入!

プモア トライアルセット
プモアの公式サイトから、トライアルセットを注文!注文してから3日後に、こうした水色の箱に入った状態で到着しました。

プモア トライアルセット(7日間)のセット内容
価格:1,000円
・プモア クリアクレンジング 3ml×3包
・プモア シルキーウォッシュ 1回分×3包
・プモア ミルキーローションミニ 28ml
・プモア クリームミニ 6g
・泡立てボール

002pourmoi
中を開けてみると、まず通販事業部の方のお手紙が入っています。

プモアとはフランス語で「私らしい」という意味だそうで、仕事や家事、子育てとがんばる30代からの大人の女性の自分磨きを応援するために作られたのだとか。

時間がない中でも、しっかりスキンケアができるように余計な手順がなく、シンプルに化粧水とクリームだけという2点集中型なのもプモアの魅力。

私自身まだ小さい子供がいるので、化粧水や美容液、乳液と時間をかけてのスキンケアはむずかしいところ。

そんなときに、化粧水とクリームだけでしっかり保湿できて、透明感ある肌を目指せるというお手軽スキンケアというのはかなり魅力的です。
003pourmoi
004pourmoi
左からクレンジング、洗顔パウダー、化粧水、乳液です。

それでは、実際にこのプモアトライアルセットを試していきたいと思います。

プモア クリアクレンジング「メイク落とし」を体験

プモア クリアクレンジング「メイク落とし」

<商品名>プモア クリアクレンジング
<容量>3ml×3袋
<形>個包装
<色>透明
<香り>特になし
<使用量の目安>100円玉分

プモア クリアクレンジングのテクスチャーは?

プモア クリアクレンジングのテクスチャー
クリアクレンジングのテクスチャーは、透明なリキッドタイプです。
リキッドですがけっこうとろみがあって、肌にしっかりと密着してメイクオフをしてくれそうです。

香りも特に目立つものはなく、オイルクレンジングなどの少し癖のある香りが苦手な人も安心して使えます!

プモア クリアクレンジングの使い心地は?

それでは、実際に手にメイクをした状態で、クレンジングしていきましょう!
007pourmoi
左からアイライン、アイシャドウ、リップ、リキッドファンデーションの順番で手に描いています。
まずは軽くメイクになじませてみましょう。
008pourmoi
クレンジングを乗せて軽くこすった後の状態です。
するするした感触で少量でもすぐに全体に伸びていきます。

写真のとおり、アイシャドウとリップはほとんど落ちましたが、密着力の高いアイライナーとファンデーションはまだ残っていました!

ここからもう少していねいにマッサージしていくと、次のようにほとんどのメイクをきれいに落とすことができました。
009pourmoi
オイルタイプとくらべると、やはりクレンジング力は低めです。
ですが、オイルは洗い上りのベタつきが気になることもありますが、こちらのリキッドは肌が突っ張らないうえに、肌の水分がなくならず洗い上りがしっとりしていました。

時間をかければアイメイクもオフできますが、急いでいるときや時間をかけたくない人は、アイメイク専用のクレンジングを使うのがおすすめです!

<おすすめポイント>
・強い香りがなく刺激が少ない
・クレンジング後もつっぱらない

<イマイチなポイント>
・リキッド系のメイクを落とし切るまで時間がかかる

プモア シルキーウォッシュ「洗顔料」を体験

プモア シルキーウォッシュ「洗顔料」

<商品名>プモア シルキーウォッシュ
<容量>3回分
<形>個包装
<色>白色の粉末
<香り>ほのかな石けんの香り
<使用量の目安>ティースプーン1杯分

プモア シルキーウォッシュのテクスチャーは?

プモア シルキーウォッシュのテクスチャー
シルキーウォッシュはパウダー状の洗顔料です。

洗顔でよけいな角質をきちんとケアできるように、酵素のパパイン、プロテアーゼ、リパーゼの3つを配合。酵素パワーで皮脂と角質を取りのぞいて、毛穴に詰まった黒ずみやザラつきまでケアができます。

パウダーはとても細かく、サラサラしています。
細かいですが粉飛びしづらい大きさになっているので、封を開けて手に出した際もまわりにほとんど粉が飛び散りませんでした。

ちなみに、酵素の力で汚れを落としていくので、通常の洗顔料のように思い切り泡立てなくてもOKと紹介されています。

毎回たくさんの泡を作るのが面倒という人も、短い時間でしっかりと洗顔できそうですね。

プモア シルキーウォッシュの使い心地は?

012pourmoi
013pourmoi
さっそく付属していた泡立てスポンジで、洗顔パウダーを泡立ててみました!
解説のとおり、石けんや洗顔料とくらべると揉みこんでも、そこまでたくさんの泡はできませんでした。

普段泡立てることに慣れていると、本当にこの程度の泡で良いのか不安になりますが、泡出てなくていいので、その分短時間で洗顔できます。
014pourmoi
泡は肌に乗せても、ほとんど感触がないくらい軽いです。
この泡を顔全体にすべらせるように、やさしく洗い上げるとのことですが泡が少ない分、肌に少し摩擦が起きる感覚が気になりました。

公式サイトでは指の腹を使ってやさしくていねいに洗うと、肌への負担が少ないと紹介されています。

実際に指先で顔をこするように洗うと、かなり摩擦が起きました。
肌の表面に触れるか触れないか程度の距離で、こすらないように注意すると以前よりも摩擦が気にならなかったです。
015pourmoi
洗い上りは少し突っ張る感覚がありますが、すっきりする感触です。
一度で特に毛穴の黒ずみやザラつきが減ったという印象はありませんが、さっぱりするのに肌がそこまで乾燥しないのでぜひ夏場に使いたい洗顔料です。

<おすすめポイント>
・粉飛びしづらいパウダー
・泡立てる手間がないので洗顔の時短になる

<イマイチなポイント>
・泡が少ない分洗い方に気をつけないと肌に負担がかかる

プモア ミルキーローション「化粧水」を体験

016pourmoi

<商品名>プモア ミルキーローション
<容量>30ml
<形>ボトル
<色>白色
<香り>やさしいフローラル系
<使用量の目安>100円玉分

プモア ミルキーローションのテクスチャーは?

プモア ミルキーローションのテクスチャー
ボトルのデザインがシンプルでかわいいです!
清潔感のある白いボトルに、丸いキャップがおしゃれでどんな部屋にも置きやすそうな部分が気に入りました。

派手さはありませんが、手になじむ感触のボトルとクリームでリラックスしながらスキンケアができそうです。

ミルキーローションという名前のとおり、テクスチャーはかなりとろみがあります。単純にとろみがあるだけでなく、ゆるいスライムのように粘着力もありました。
018pourmoi
少しわかりづらいですが、こうして指先を合わせて離すと糸を引くほどでした!

これはプモアならではの特殊発酵技術によるもので、独特のとろみ化粧水が肌に吸い込まれたあと、表面に薄い膜を形成することでうるおいを閉じ込めるためのもの。

見た目はスライムのように硬そうな印象ですが、手で軽く伸ばすとスルスルとすみずみまで伸びてかなり浸透力があります。

プモア ミルキーローションの使い心地は?

019pourmoi
顔に伸ばしてみても少量で全体に伸びて、すぐに密着します。
日本酒や乳酸菌が配合とあって心配でしたが、香りはやさしいフローラル系でとても癒されます。

顔全体に乗せると、短時間でぐんぐん奥まで浸透するというよりも、トロリとした質感のテクスチャーが、肌表面をやさしく包み込んでくれる感覚。

うるおいを外からしっかり守ってくれる感触で、ジェルを使ったパックをしているようです。

みずみずしい化粧水が好きな人には、浸透力に物足りなさを感じるかもしれませんが、肌をバリアしてくれている感覚があるので、普段の化粧水ではすぐに乾燥を感じやすい人におすすめです。

<おすすめポイント>
・とろみのあるテクスチャーで肌が守られている感覚がある
・肌に密着するので、液体がしたたり落ちにくい

<イマイチなポイント>
・肌の表面は保護してくれる感覚はあるものの、浸透力するまでは時間がかかる

プモア クリーム「保湿クリーム」を体験

プモア クリーム「保湿クリーム」

<商品名>プモア クリーム
<容量>6g
<形>クリーム容器
<色>白色
<香り>ローズ系
<使用量の目安>パール1~2粒分

プモア クリームのテクスチャーは?

プモア クリームのテクスチャー
化粧水のあとに使うのが、こちらのクリームです。
クリームは白くて硬めのテクスチャーですが、手に乗せた瞬間に体温で溶けて水っぽく変化していきます。

肌角質にも存在するセラミドを配合していて、さらに水分と油分が交互に重なり合った構造になっています。この構造は肌の角質と同じなので、浸透しやすくすばやくなじみます。

しかも、クリームの見た目なのにジェルのようにみずみずしいのは、数種類のエッセンシャルオイルも配合しているため。

ローズやラベンダーなどのエッセンシャルオイルの香りで、癒されながらスキンケアの仕上げができます。

プモア クリームの使い心地は?

022pourmoi
手に乗せて軽く伸ばすだけで、白いクリームが透明に変化していきました。香りはシリーズの中でも、フローラル系の香りが強くさわやかな印象です。

日本酒のような香りはまったくないので、やさしい香りに包まれながらスキンケアをするのが心地よかったです。

クリーム自体もとてもやわらかく、するする伸びるのでお肌への負担がありません。しかも、ジェルに近い感触に変わるので、ニベアなどのハードなクリームが苦手な人も、美容液感覚で使いやすいと感じました。

また、つけてすぐは少しベタつきがありましたが、化粧水よりも肌への浸透力が高く、短時間でほとんどベタつきがなくなりました。

しかも、肌がやわらかくもっちりしていて、水分をきちんと溜め込んで肌を守ってくれている!という感覚があります。

ただし、真冬に使ったこともあってかスキンケアをして翌朝には肌の乾燥を感じました。化粧水+クリームのシンプルなスキンケアだからこそ、私のようなかなりの乾燥肌には、やはり保湿力が少し足りなかったのが残念です。

ですがクレンジングも洗顔パウダーも、肌への刺激はなくかゆみや赤みが出ることもありませんでした。

香りもあまりきつくなく、アロマのやさしい香りで万人受けしそうです。

<おすすめポイント>
・アロマ系の香りが心地いい
・少量でも伸びが良い

<イマイチなポイント>
・やや乾燥しやすい(超乾燥肌、冬の時期は保湿力に物足りなさを感じそう)

プモアを7日間使った際の肌の変化

ここまでアイテムごとのご紹介をしてきましたが、実際に7日間プモアを使い続けた結果肌にはどう変化が出たのかを、よりくわしく画像つきでご紹介します。

<初日>
ここ最近、冬場でも天気のいい日が増えたことから、紫外線による肌ダメージが気になります。紫外線の影響か、鼻の下や頬の赤みが強く出て、少し肌荒れ気味になっていました。

<2日目>
夜プモアでスキンケアをして翌朝の肌の状態は、表面はしっとりしていて、まるで膜が張られているような感触でした。

ですが中は乾燥している感覚があり、少しツッパリ感があります。

冬の乾燥しやすいシーズンのこともあって、残念ながら私の肌では化粧水とクリームだけでは肌のうるおい不足になってしまいました。

ただし、本当に肌への負担が少なく目立ったトラブルも起きませんでした。

次の日はもう少しじっくりパッティングをして、きちんと化粧水とクリームを肌に浸透させることを意識しながら、保湿力を高めていこうと思います。

<5日目>
プモアでスキンケアを始めて、5日目の朝の肌は、やはり乾燥が気になるものの肌トラブルなく過ごせています。

今のところ、洗顔パウダーによって毛穴の黒ずみが改善したという感覚はないものの、スキンケア初日とくらべて特に毛穴の状態も悪化していないので、きちんと毎日の汚れを落とせていると思います。

<7日目(最終日)>
026pourmoi
7日間プモアを使い切った後の肌の様子です。
全体を通して、やはり超乾燥肌の私には多少のうるおい不足を感じました。ただし、とろみのある化粧水のおかげで、肌の表面をしっかり守ってくれているという感覚が常にあります。

顔にずっと薄皮一枚分の膜が張っているように、肌表面はツルツルとしていて触り心地が良くなりました!

個人的には化粧水やクリームよりも、クレンジングのマイルドさが一番お気に入りです。リキッドなのに肌にしっかりと吸い付いて、メイクを落としてくれるうえ、肌への刺激がまったくありません。

クレンジング後は肌の乾燥やヒリヒリ感が出ることがありますが、プモアのクレンジングは洗い上りがしっとりしています。

プモアで毛穴は引き締まる?

プモアは保湿力が高く、さらに肌の老廃物を除去する働きを持つ乳酸菌が配合されています。そのため、うるおいを保つのと同時にきめの整った状態に導く基礎化粧品でもあります。

角質による毛穴の開きや黒ずみにも、プモアを使うことで改善されると期待している人も多いのではないでしょうか?

私が1週間トライアルセットを使った結果、毛穴が小さくなるとまでは行きませんでしたが、小鼻のザラつきが目立たなくなりました。

普段は定期的にピーリングをしてザラつきをケアしていますが、プモアを使っている間は角質があまり気にならず、洗顔ですっきり汚れを落としつつ保湿もできていたと感じています。

さらに、プモアはコラーゲンにセラミド、ヒアルロン酸と、肌に欠かせない保湿成分が豊富!毛穴の開きは、肌の乾燥によってきめが崩れることも原因の一つです。
プモアで保湿成分を外からプラスしていくことで、弾力のある美肌に近づけますよ。
現在毛穴の開きや黒ずみが気になる人は、ぜひプモアを使ってみることをおすすめします。

プモアはおすすめ?トライアルセットを使ってみた感想・評価

プモアを7日間使ってみて、とにかく肌表面をしっかり守ってくれているのが実感できる基礎化粧品だと感じました。

美白効果の高い日本酒酵母と、肌のきめを整える乳酸菌のダブルの働きによって、やさしく肌を保湿してくれます。

ただし、水に近いテクスチャーの化粧水とくらべると、浸透するまでにやや時間がかかるのが、私のような超乾燥肌には少し物足りなさも感じます。

お風呂上りにスキンケアをしてもすぐに乾燥するほどの超乾燥肌の人は、プモアだけでなくオイルや美容液を足して、さらに保湿していくのがおすすめです。

香りも癖がなく、さらにボトルがかわいくどんな部屋にも置きやすいデザインで、まさに30代からの大人の女性にぴったりの基礎化粧品だと思います。

乾燥対策をしながら、美白をしたい人は、ぜひプモアのトライアルセットで、濃厚なテクスチャーの化粧水とクリームを試してみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP