フローフシ THEまつ毛美容液 口コミ・評価


フローフシ THEまつ毛美容液 口コミ・評価
ぱっちりとした瞳になるには欠かせないまつ毛美容液、たくさんあってどれを買おうか迷いますよね。売れ筋ランキング、口コミランキングでよく名前を見掛ける「フローフシ THEまつ毛美容液」に注目、特徴や効果について調べてみました。

良い口コミ、悪い口コミを調べて使ったみんなの感想をチェックした後、実際に体験レビューもしています。これから「フローフシ THEまつ毛美容液」を買おうと思っている方に役立つ情報をお届けしたいと思いますので、最後までおつきあい頂ければ幸いです。

スポンサードリンク

 


もくじ

フローフシ THEまつ毛美容液の特徴

フローフシ THEまつ毛美容液は、まつ毛そのものにアプローチするだけではなくてまぶたの血流環境をケアできる新発想のクリームです。マスカラブラシや筆は一切不要。指でさっと塗るだけで簡単にケアできます。

植物が元気に成長するためには土壌の改善が欠かせないのと同じように、ハリ・コシのある強いまつ毛を育てるためにはまぶたの健康状態がとても大切。血行不良になったまぶたから元気にしてあげることで、抜け毛を予防していきます。

001flow-matsugebiyoeki

「まぶたに塗るだけ」で「即、実感」、何とも心が動くコンセプトだとは思いませんか?これがとにかく売れていて、2015年10月~2016年9月のまつ毛美容液カテゴリで売れ筋1位になったとのこと。まさに「日本一!売れているまつ毛美容液」というわけです。

何となくすごそうな気がしますが、使うことでどんな効果が得られるのかを深堀しながら見ていきましょう。

期待される効果・効能

002flow-matsugebiyoeki
・目まわり筋をマッサージして、まぶたの血行促進
・強いまつ毛を育てる土壌ができて、1週間後には音が出るまつ毛を実感
・アイメイクのノリもアップ
・ビューラーのかかりが改善される

ここで、ようやく私も気がつきました。フローフシ THEまつ毛美容液は、あくまで元気にまつ毛が育つ環境をサポートしてくれるものです。直接まつ毛に働きかけて、バサバサの毛を生やしてくれるわけではありません。

よく考えれば「まつ毛育毛剤」ではないので当然ですよね。頭の整理を兼ねて、まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違いをおさらいしておきましょう。

まつ毛育毛剤・まつ毛美容液の違いとは

まつ毛育毛剤とは、毛を作る毛包に働きかけて、これから生えてくるまつ毛を伸ばしてくれる作用があるアイテムを指します。医薬部外品・医薬品として認められたものしか「育毛剤」という名前を使ってはいけないことになっていて、今の段階では国内で真っ当に販売されている「まつ毛育毛剤」はないそうです。

あえて言えば「睫毛(しょうもう)貧毛症」を治療するために使われるグラッシュビスタに育毛促進効果が期待されるようですが、医師の処方に従って出されるもの。美容目的で気軽に活用できるケアアイテムではありません。

一方のまつ毛美容液とは、ダメージからまつ毛を守る保湿成分、ハリ・コシをアップさせる成分を配合した化粧品です。医薬部外品・医薬品としての「育毛成分」は入っていないので、あくまでも環境を整備するためのもの。

髪の毛で言うところだと「育毛剤」「頭皮ローション」のうち、後者にあたる存在です。「まつ育」という言葉を頻繁に耳にするようになって混乱しがちですが、そもそもが「まつ毛が生える」という目的で活用するアイテムではないことを理解しておきましょう。

フローフシ THEまつ毛美容液の美容成分

そんなわけで、まつ毛美容液にあたる「フローフシ THEまつ毛美容液」の肝心かなめの部分は「どんな美容成分が入っているか」です。成分表記を見てみると、こんな配合になっていました。
003flow-matsugebiyoeki
角層までうるおいを届ける独自成分エンドミネラルが一番の売り。「ガーネット末」がエンドミネラルにあたるものです。高濃度のマイナスイオンを発生させて、濃密で抜けにくいまつ毛が育つ土壌を作ってくれる成分。血行促進効果が高くて、目の周りの筋肉をじんわりほぐす効果が期待されます。

あとは、オリゴペプチド・水溶性コラーゲン・パンテノールが代表的なハリ、コシサポート成分。たるみ、ハリケアの定番エラスチンにヒアルロン酸も入っていて、目元のエイジングケアをしてくれます。

エクステ、つけまつげで負担をかけすぎていると目元がたるんでしまうリスクもあるため、総合的な対策ができるところはうれしいですね。

成分を見たところ、しっかりとした効果が期待できそうなアイテムですが、実際に使った方たちがどんな感想を持っているのかが気になります。いろいろな口コミサイトから評判をチェック、生の声を見ての感想と一緒にご紹介しましょう。

フローフシ THEまつ毛美容液の口コミ

フローフシはもともとモテマスカラが大人気だったブランド。雑誌の付録になっていたこともあって、口コミがたくさん見られました。まずは、良い口コミの方から多かった声を見ていきます。

良い口コミ

・使い始めて1週間くらいでハリが出てきた。下まつ毛にとくに変化が出ている気がする。
・軽いテクスチャーでなじみが良いので、朝のメイク前でも活用できる
・塗って数日で効果が出るというわけではないものの、継続することでハリが出てくる。3本目のリピ買い中です。
・3週間目くらいまでは変化が見られなかった印象。それから下まつげが伸びてきて、上まつ毛にもハリが出てきた。
・指でまぶたまで一緒に塗れるところが便利。他の美容液も試したものの、フローフシが使いやすい!
・二重のラインがくっきりして、まぶた美容液としての効能にびっくり。
・眉毛にもまつげにも、まぶたにまで使える優れもの。低刺激だから安心して使える。

悪い口コミ

・2週間使って、あまり効果は感じていない。目の周りの乾燥が気になる。
・目に入るとしみるところ、まぶたまで塗るとかゆくなるところが残念。
・コスパとしては良いと思うのですが、まつ毛に変化は感じていません。
・チューブ型が便利戸思いきや、量の調整が難しい。
・まぶたが腫れてしまったので断念。私には合いませんでした。
・1日目はまぶたが腫れてしまいましたが、翌日以降は平気でした。つけた後に落ちやすいところが気になる。

スポンサードリンク

 

<私のコメント>
特徴を見ていて気になった独特の形状。チューブ型の容器に対して「使いやすい」という声が見られる一方で「量の調整が難しい」と考える方が少なからずいるようです。まつげは皮膚が薄い部分だけに、使いやすさは重要なポイント。実際のところはどうなのかをチェックしたいと思います。

ケア効果については「下まつげが伸びてきたかも」「ハリが出てきた」と何らかの変化を感じる声が比較的多いようです。個人差があるのは仕方がないことですが「とくに変化がない」「効果がない」としている方ももちろんいます。

効果を感じるまでの期間もばらつきがあるようで、本当のところが気になる部分。一部の口コミでは「肌に合わない」「まぶたが腫れる」といった声が見られるため、パッチテストが必要かとも思いました。

フローフシ THEまつ毛美容液を購入してみた

さて、ここからは実際に商品を購入してのレビューです。フローフシ THEまつ毛美容液は、楽天やAmazonなどのインターネット通販サイト、公式オンラインストアから購入できます。

ドラッグストア、雑貨店などでも扱いがあるため、簡単に手に入るはず。自宅の最寄りのドラッグストアには在庫がなかったので、インターネット通販経由で購入しました。
004flow-matsugebiyoeki

参考価格:1,296円(税込) / 5g

スポンサードリンク

 

グリーンとゴールドのパッケージが目をひく外袋に入っています。あまりにもきらびやかで、写真をとる時に反射がスゴい。見にくかったら、ごめんなさい。一見するだけではまつげ美容液とは思えない、フェイスパックのようなパッケージでした。

この袋を開封すると、THEまつ毛美容液の本体がお目見えです。手の平サイズで少し小さいようにも感じましたが、公式サイトによると「2ヶ月は使える容量」とされています。
005flow-matsugebiyoeki
細長い二等辺三角形の形です。このボトルは「エアレス容器」になっていて、空気が入らないパッケージ。開封した後も、ずっと清潔に使えます。マスカラ型のまつ毛美容液と比較して、確かに衛生的のように感じました。

本体の他には、お手入れの仕方や期待できる効果が書かれた小さな本が入っています。外袋をうっかり捨ててしまっても、これを見ればお手入れの仕方が分かるから安心ですね。
006flow-matsugebiyoeki
お手入れを始める前に、美容液の質感を確かめてみます。指に出してみたところ、以外としっかりとしたジェル。サラサラの美容液を想像していたので、濃密さに驚きました。透明でゼリーのようなプルプルジェル。この中に独自成分エンドミネラルの力が込められています。殺菌・抗菌効果、血行促進効果など目元にうれしい働きが期待される不思議なミネラル鉱石です。
007flow-matsugebiyoeki
合成着色料、アルコール、シリコン、界面活性剤など10のフリーのやさしさにもこだわっているのがうれしいところ。それぞれの成分をフリーにすることによって、こんなメリットが期待されます。

ノンシリコン:
シリコンは、毛穴をふさいでしまうことで刺激になると言われる成分。ノンシリコンにすることで毛穴に汚れが詰まりにくくなるから、デリケートな目元にも安心して使えます。

ノンオイル:
油分はメイク崩れの原因にもなる成分。ノンオイルの美容液ならお出かけ前に使ってもべたつく心配がありません。油分で蓋をすることによる肌への刺激も防いでくれます。

ノンパラベン:
パラベンは防腐剤の一種。皮膚刺激、過敏症の原因とも言われています。敏感肌の方は避けたい成分なので、ノンパラベン表記が安心の証明です。

ノングルテン:
グルテンは、化粧品の添加物としても使われます。敏感に反応する方もいるため、ノングルテン表記があると安心です。

アルコールフリー:
エタノールで赤くなる、ヒリヒリするといった方でも使えるのがアルコールフリーのケアアイテム。注射をする時の消毒で赤くなったことがある、かぶれた経験があるという方はアルコールフリーを選択しましょう。

合成着色料フリー:
まぶた、目元に影ができたようになると気になりますよね。着色料はメラニン色素生成を活発にしてしまうから、色素沈着の原因になりがち。刺激も強い成分だけに、注目したい項目です。

界面活性剤フリー:
大量に入った界面活性剤は、まつげのうるおいを洗い流す原因。エクステのダメージになって、持ちを悪くする要素としてもあげられます。せっかくまつ毛美容液を界面活性剤フリーにするのですから、目元のクレンジングも合わせて低刺激アイテムに切り替えましょう。

紫外線散乱剤フリー:
日焼け止めによく使われている刺激成分。日光があたった時に反射して活性酸素を発生させてしまいます。目元は頭に近いところにあるから、日差しの影響が気になるところ。日中使うことまで考えると紫外線散乱剤フリーが安心です。

人工香料フリー:
香料にも紫外線の影響で肌にダメージを与える成分が入っているものがあって、人工香料フリーが注目されます。不自然な香りがついていないことで使用感もアップ。毎日使うものだけに、特徴的な香りがないところは評価できます。

無鉱物油:
石油原料のオイルを使っていないことを示しています。最近ではオイルの精度があがっていて肌への影響も少ないと言われることがありますが、気になる方にとっては重要なチェックポイント。無鉱物油の表記から、ワセリンやミネラルオイルを使っていないことが分かります。

全てを暗記しなくても「肌への影響をきちんと考慮したアイテム」ということだけ分かっていれば大丈夫です。アレルギーの原因になりがちな旧指定成分などが入っていないから、敏感肌の女性でも安心して活用できます。

THEまつ毛美容液の使い方・レビュー

008flow-matsugebiyoeki
1日2回、朝・晩のスキンケアの仕上げとして活用するように書いてあります。使用量は、片目あたりに米粒1個分。ジェルがサラサラした質感で伸びが良いので、これでも十分にケアできます。
009flow-matsugebiyoeki
口コミで気になった「目に入るとしみる」という感想、しっかりと目をつむっていれば大丈夫です。鏡を見ながら薄目でケアしようとすると、しみるかもしれないので気をつけましょう。

たっぷり入った美容成分がクマやまぶた、目尻までしっかり浸透。指につけてそのまま塗る方法だから、本当に簡単です。
010flow-matsugebiyoeki
説明書のイラストも、目をつむった状態で使うように書かれていますね。刺激が気になる方は、この通りに試してみましょう。塗る時に血行促進効果を高めるためには、目の周りのマッサージを一緒にすると良いようです。マッサージのやり方を一通り紹介しておきますね。
011flow-matsugebiyoeki

1. 目頭からこめかみに向かって、目の周りの骨に沿うように動かします。
2. キャップの先端を使って、A・B・Cの3点をツボ押ししましょう。

A攅竹(さんちく):
眉毛の生え始めの下あたりにあるツボ。パソコンやスマホ作業による眼精疲労、ドライアイを和らげる効果が期待されます。まぶたのむくみ、老眼にも良いようです。

B晴明(せいめい):
目頭よりもやや鼻よりにあるツボ。眼精疲労や充血の解消、ドライアイの緩和、目元のシワ解消にも効果的です。

C承泣(しょうきゅう):
目のちょうど真ん中、黒目の下あたりにあるツボです。かすみ目の解消、血行促進効果が期待されます。

3. もう1回、目頭からこめかみに向かって、骨に沿うように動かします。
4. こめかみを軽くおさえて終了です。

キャップの先端が丸く尖った形状になっていて、ツボにしっかりフィット。上の手順のマッサージを行うと、目の周りがじんわり温かくなった気がします。
012flow-matsugebiyoeki
まつ毛が生えてくるかどうかは別として、リラックス効果抜群。ツボにしっかりはまると目の奥にズンと響くような感じがあって、痛気もちいい刺激です。

目元の血行が良くなるとクマ、たるみも解消されて、老け顔を防止できます。まつ育しながら目元のアンチエイジングもできるなら一石二鳥。強く押しすぎると赤くなってしまうので、心地良いくらいの刺激にしてくださいね。

目元の血行が良くなると、むくみがすっきりする感じを受けます。この働きで「二重になった」と感じる方がいるのかとも思いました。

もともと二重の方でも、目を酷使したりメイクで刺激を与えすぎたりすると、一重になってしまうことがあるそうです。

加齢による目元のたるみも、二重のラインを目立ちにくくする要因。くっきりキレイな二重ラインを維持するためにも、THEまつ毛美容液が活用できます。

スポンサードリンク

 

THEまつ毛美容液は眉毛にも使える?

THEまつ毛美容液は、眉毛にも使えるケアアイテムです。目元のケアをする時に眉毛まで一緒に伸ばせば、抜けにくい毛を育ててくれます。

ナチュラルな眉メイクが流行りだしてから、自眉が薄い・なかなか伸びないといった悩みを持つ女性も多いようです。眉毛もまつ毛も一緒にケアできる「THEまつ毛美容液」なら、気軽にコンプレックス解消を目指せます。

マツエク中でも使える?

THEまつ毛美容液は、マツエクとも相性が良いアイテムです。エクステをつけている最中でも問題なく活用できます。マツエクは、自まつ毛に絡ませるようにつけるもの。自まつ毛を抜けにくくすることによって、きれいに長持ちさせることができます。

1つだけ注意したいのは、マッサージをする時に強くこすらないこと。成分自体が「使ってOK」というケアアイテムでも、使い方を間違えるとダメージを与えてしまいます。

摩擦ダメージや過剰な刺激は、エクステを傷ませる要因です。せっかくつけたまつ毛を長持ちさせるためにも、丁寧なケアを意識しましょう。

副作用が心配、色素沈着は大丈夫?

よく聞く「まつげ美容液で色素沈着してしまう」という説ですが、ビマトプロスト配合商品に関するものです。グラッシュビスタのような「まつげ育毛剤」では色素沈着のリスクが伴いますが、フローフシ THEまつ毛美容液は心配ないと考えられます。

ただし、どんなケアアイテムでも「100%トラブルが起きない」という保証はありません。肌質に合わなければ、赤みや腫れ、色素沈着といった拒否反応が起こるリスクはあります。

それでも、一般的に言われるところの「色素沈着の心配がある」まつげケアアイテムよりは安心して活用できる商品でしょう。肌との相性を確かめたうえで正しく活用する限り、過剰に心配する必要はありません。

フローフシ THEまつ毛美容液 1週間チャレンジ!

1回使っただけでも血行促進効果を感じて、心地良さがあったところは印象的。だけど、これだけでは真価のほどは分かりません。コンセプト通りに、1週間の継続チャレンジをしてみたいと思います。

朝:美容液を塗るだけ
夜:美容液を塗る+キャップマッサージ

この方法で7日間、続けました。チェック項目は、下まつ毛・抜けにくさ・ビューラーのかかりです。
013flow-matsugebiyoeki
パッケージ書いてある通りの効果が得られるか、とても楽しみ。簡単に塗れるからこそストレスなく継続できて、あっという間の1週間でした。朝に塗っても日中のメイク崩れが気になることはなく、ストレスレス。開始した日と1週間後のまつげの画像がこちらです。
014flow-matsugebiyoeki
左が開始した日、右が1週間後のまつ毛です。写真だとよく分からないと思うのですが、1本ずつにハリが出て元気になった気がします。チェック項目ごとに、もう少し詳しく感想をお伝えいたしますね。

・下まつ毛
劇的に増えた、太くなったという印象は受けないのですが、心なしかしっかりしてきた気がします。少し引っ張れば抜けてしまいそうな弱々しい感じだったのが、目元にしっかり根を張って育ってくれているイメージです。
015flow-matsugebiyoeki
長さはマスカラである程度なんとかなるので、密度がもう少し増えたらいいなと思っています。下まつげは50〜75本が平均的な水準だそうで、1本ずつがもっとしっかりしてきたら密度も高くなるはずです。まつ毛のヘアサイクルから考えるに1ヶ月くらい使えば、もう少し変化が出るかとも思いました。

・抜けにくさ
使っている期間は、クレンジングしている最中の抜け毛が気になりませんでした。もともとバサバサ抜けていく部分だけに変化を感じにくいところですが、何となく変化が見られる感じはします。最後にエクステをとってから随分期間が空いているので、直後のお疲れモードになったまつ毛なら変化が顕著に分かるはずです。エクステ中の抜け毛対策にもおすすめできます。

・ビューラーのかかり
上まつ毛のビューラー、かけやすくなりました。抜けにくくなっているから根元のあたりからガッツリかけても不安がないし、マスカラもスムーズです。1本ずつがしっかりしてくれるとカールの持ちが良くなるので、メイク崩れを防止する効果もあります。

二重にする効果はあるの?

もともと二重なのですが、むくんだ時にラインの濃さが変わってしまったり奥二重気味になってしまったりすることがあります。

マッサージで血行促進してあげると目元がスッキリした印象になって、一定の状態を維持できるように感じました。むくみが原因で一重になりがちな方にとっては、挑戦する価値がある方法かと思います。

二重まぶた・一重まぶたは筋肉のつき方、脂肪の量などいろいろな要素が関わる問題。「信じて続ければ、全員が二重になる」という画期的な方法はありません。

おまじない感覚で「これで二重になったら良いな」くらいの気持ちからまつげ美容液を続けるのがおすすめ。「もともとは二重だったのに、気付いたら一重になっていた」など、そもそものベースが二重になれる作りなら、効果が出てくる可能性は十分あります。

フローフシ THEまつ毛美容液はおすすめ?使ってみた感想

使ってすぐに「劇的に変わる」というアイテムではないものの、血行促進効果がしっかりしていて、使いやすい目元美容液だと思いました。

「とにかく、グングン伸ばしたい!」という方は物足りなく感じるはずですが、目元ケアをメインで考えるならおすすめです。

もう1つおすすめポイントをあげるとしたら、コスパが良いところ。1週間使っても、まだまだたくさん残っています。1日2回使っても、このくらいの凹み。書いてあった通り約2ヶ月、もしかしたらもっと使えるかもしれません。
016flow-matsugebiyoeki
一般的なアイセラム(目元用美容液)は値段が張るものも多いため、フローフシ THEまつ毛美容液で同様の使い方ができるとしたらお得です。

目の周りはトラブルを起こしやすくエイジングサインが目立つ部分だからこそ、きちんと対策したいところ。顔全体のスキンケアにプラスワンアイテムとして取り入れるにしても、まつ毛美容液くらいのお値段なら安心です。

THEまつ毛美容液の効果を高めるためにできること

塗るだけでまつ育できる、というコンセプトの製品ですが、まつ毛にやさしい習慣を合わせて取り入れることによって、より効果はアップします。まつ毛を育てたい時に試してほしい生活習慣のポイント4つを見ておきましょう。

マスカラをお休みして負担を減らす

マスカラ、エクステ、つけまつ毛など負担がかかるメイクを控えるだけで、まつ育効果はアップします。完璧に辞める、とはいかないまでも週に1日は目元のメイクなしで過ごす日を作ると良いでしょう。

つけまつげのグルーはとくに目元の負担になりやすいため、抜けやすい状態になりがちです。しっかりメイクをする日、ナチュラルメイクで済ませる日とメリハリをつけて、美容液の効果を高めましょう。

早寝早起きで成長ホルモンを促す

お肌のゴールデンタイムに成長ホルモンが分泌されてダメージを修復、新しい元気な毛への生まれ変わりが起こるのは、まつ毛にしても同じことです。夜22時〜2時がまつ育に非常に適した時間帯。集中ケアしたいタイミングなら、この時間帯にはぐっすり休む習慣が理想です。

ただ、お仕事をしていたり家事を片づけていたりすると、夜22時に就寝というのは難しいのが実際のところ。遅くとも日付をまたぐ前にはベッドに入って、ゆっくり休む習慣が大切です。

まつ毛の抜け毛を予防する

過剰な飲酒、喫煙習慣など肌に良くないと言われることは、まつ毛にとっても負担になります。とくに気をつけたいのが、ストレスから起こる抜け毛です。

髪の毛だけではなくてまつ毛にも影響が及ぶと、抜けやすくなる可能性があるのだとか。適度に身体を動かす、ストレッチをするなど自分なりのリラックス習慣を身に付けて、まつ毛が育つ環境を作っていきます。

食生活改善で内側から対策する

きれいなまつ毛を育てるために意識したい栄養素として、毛の原料になるタンパク質や血行促進に役立つビタミン類があげられます。鉄分や亜鉛もターンオーバー正常化に役立って、健康なまつ毛への生まれ変わりを促進してくれる成分。レバーや牡蠣、鶏肉などから取り入れましょう。

上であげた栄養素だけ取っていれば良いというものでもなくて、バランスは重要です。過剰なダイエットで抜け毛が増えると聞いたこと、ありますよね。まつ毛にしても同じこと。目元のたるみを解消して、若々しい印象を作るためにも食生活は重要です。

スポンサードリンク

PAGETOP