酵素青汁 口コミ【おすすめランキング】人気7つを比較


酵素青汁 口コミ【おすすめランキング】人気7つを比較
ダイエットや美容に良い飲み物として人気が高い「酵素青汁」の中から、口コミで人気が高い7商品をピックアップし、美味しさや栄養価を徹底比較してみました。

スポンサードリンク

 

※弊社運営サイト「青汁部」の酵素入り青汁おすすめランキングも是非ご覧ください。


もくじ

人気商品をピックアップ!酵素入り青汁のおすすめランキング

001kosoaojiru

酵素入り青汁の中で、口コミで人気が高い商品をピックアップし、おすすめ順にランキング化しました。これから酵素入り青汁の購入を検討している方は、ランキングを参考にしてみてください。

1位:酵素青汁111選セサミンプラス

酵素青汁111選セサミンプラス
栄養価に優れた国産モリンガをベースに、111種類の原料を黄金比率で配合した酵素青汁111選セサミンプラスは、錠剤型のサプリメントです。飲みやすさにこだわって作られた酵素青汁なので、青汁特有の味が苦手な方でも無理なく続けられる商品です。

通常価格:60粒 3,300円

スポンサードリンク

 

2位:HIKARI 酵素青汁

HIKARI 酵素青汁
アメリカやヨーロッパでも人気が高まっている大麦若葉をベースに、82種類の野菜酵素を配合したHIKARIの酵素青汁は、1箱ワンコインで買える低価格が魅力です。植物乳酸菌入りの厳選素材で、お腹とお財布に優しい酵素青汁となっています。

通常価格:25包 500円

スポンサードリンク

 

3位:ベジアプリ 酵素青汁

ベジアプリ 酵素青汁
66種類の野菜酵素を凝縮したべジアプリの酵素青汁は、難消化性デキストリンと2種類の食物繊維に乳酸菌を配合しています。朝のスッキリとダイエットサポートに特化した青酵素汁です。

参考価格:24包 1,000円

4位:ヒロコーポレーション 酵素青汁

ヒロコーポレーション 酵素青汁
大麦若葉、ゴーヤ、ケールの3大青汁をブレンドし、139種類の植物発酵エキスを配合したヒロコーポレーションの酵素青汁は、抹茶風味に仕上げた飲みやすい商品です。価格が非常に安いので、手頃な価格の青汁商品を求めている方にオススメです。

参考価格:24包 490円

5位:めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
楽天健康食品部門で1位に輝いた実績を持つめっちゃたっぷりフルーツ青汁は、フルーツジュース感覚で飲める美味しさが好評です。酵素、プラセンタ、乳酸菌の3つの嬉しい成分を配合し、美容と健康をサポートします。

通常価格:30包 5,980円

6位:ジャパンギャルズ おいしい酵素青汁

ジャパンギャルズ おいしい酵素青汁
ジャパンギャルズのおいしい酵素青汁は、大麦若葉、ケール、ゴーヤーの青汁3大成分を原料に使用し、139種類の植物醗酵エキスが配合されています。とても手頃な価格で購入できるプチプラが魅力の酵素青汁です。

通常価格:24包 500円

7位:ホコニコのこだわり酵素青汁

ホコニコのこだわり酵素青汁
国産の大麦若葉をベースにケール、明日葉、桑の葉をブレンド配合したホコニコのこだわり酵素青汁は、多穀麹由来の生酵素に139種類の植物発酵エキスが加えられています。国内製造の安心安全な酵素青汁です。

通常価格:30包 4,800円

酵素入り青汁の特徴とメリット

青汁には、「酵素入り」の商品が販売されています。通常の青汁は、栄養価の高いケールや大麦若葉など、緑葉野菜を原料としています。

野菜には、酵素成分が含まれていますが、熱に弱いため、通常の青汁や食生活では摂取しにくいというデメリットがあります。

酵素入りの青汁は、酵素成分を壊さないよう特殊な製法によって配合されているため、効率良く不足しがちな酵素を補う事ができます。

酵素入り青汁がダイエットに向いている理由

酵素入りの青汁は、代謝酵素の働きを活性化させるため、ダイエットのサポートに効果的です。脂肪燃焼に必要なビタミンやミネラル成分もバランス良く含まれ、体の中の不要な老廃物を排出する豊富な食物繊維も配合されています。

食事制限で不足しやすい栄養が手軽に補えるので、酵素入り青汁を食生活に取り入れる事で、太りにくく痩せやすい体作りが目指せます。

酵素入り青汁が美肌作りに向いている理由

酵素入りの青汁は、健やかな肌環境を作るために必要な栄養成分がバランス良く配合されています。酵素の働きにより、デトックス効果も高まるため、便秘から来る肌荒れを予防する事ができます。

また、代謝活動を高める事で、肌サイクルが活性化されます。食事からの摂取や冷たいスムージーを飲むより、体を冷やす事なく、手軽に美肌作りに必要な栄養が補えます。

酵素入り青汁7つを飲み比べてみた感想


人気が高い酵素入り青汁7商品を飲み比べてみました。味、ニオイ、栄養など、気になるポイントをまとめたので、商品選びの参考にしてみてください。

酵素青汁111選セサミンプラスのレビュー

002kosoaojiru
国産モリンガ、ケール、スピルリナ、長命草など、栄養価に優れた厳選素材に、ゴマの力でもあるセサミンをプラスし、ビタミンとミネラルが豊富な酵素青汁です。錠剤型のサプリメントなので、栄養価の高さと飲みやすさを兼ね備えた商品です。
009kosoaojiru
濃厚な青汁色をしたサプリメントです。1日2~4粒程度を目安に、水またはぬるま湯で飲みます。

原材料・栄養成分

モリンガ末、ケール粉末、植物発酵エキス末(黒糖、葉菜類、果実類、根菜類、イモ類、野草類、キノコ類、海藻類など)、ゴマエキス末、スピルリナ、ボタンボウフウ末、日本山人参末、明日葉末、結晶セルロース、 ビタミンC、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンB1、葉酸
エネルギー1.84kcal
たんぱく質0.04g
脂質0.02g
炭水化物0.36g
ナトリウム0.60mg
ビタミンB1 0.38mg
ビタミンC 31.0mg
葉酸100μg
亜鉛2.62mg
鉄2.63mg
銅0.22mg
セサミン10.8mg

酵素青汁111選セサミンプラス レビュー評価

錠剤型のサプリメントなので、粉末タイプの酵素青汁よりも、手軽に栄養を補う事ができます。錠剤はややニオイがありますが、1日2粒程度なので水でサッと流し込んでしまえば味は気になりません。

スーパーフードとして注目されているモリンガを始めにバランス良く栄養が含まれているため、美肌や健康目的の方にオススメです。また、葉酸も豊富に含まれているので、妊娠中の女性にも嬉しい栄養が補えます。

★★★★★【飲みやすさ】
★★★★★【栄養価】
★★☆☆☆【価格】

スポンサードリンク

 

HIKARI 酵素青汁のレビュー

003kosoaojiru
82種類の野菜酵素をブレンド配合したHIKARIの酵素青汁は、植物性乳酸菌入りで便秘解消効果が期待できます。
010kosoaojiru
1包あたり3gの粉末パウダーが含まれています。1日1~2袋程度を目安に、水または牛乳などに混ぜて飲みます。
011kosoaojiru
溶けやすいパウダーなので、とてもサラッとした飲み心地の酵素青汁です。

原材料・栄養成分

有機大麦若葉、ブドウ糖、オリゴ糖、植物発酵エキス末
エネルギー 11.22kcal たんぱく質 0.34g 脂質 0.09g 炭水化物 2.27g ナトリウム 4.65mg

HIKARI 酵素青汁 レビュー評価

濃厚な色をした酵素青汁ですが、青汁特有の臭みはほとんどなく、緑茶のようなさっぱりとした味わいです。

整腸作用がある乳酸菌やオリゴ糖が含まれているので、便秘気味の方にオススメの酵素青汁です。シンプルな原料ですが、添加物となるような成分も含まれていません。価格も安く、費用負担が少ないので継続した購入にも適しています。

★★★☆☆【飲みやすさ】
★★★☆☆【栄養価】
★★★★★【価格】

ベジアプリ 酵素青汁のレビュー

004kosoaojiru
ダイコン、ニンジン、トマト、ピーマンなど、厳選した植物発酵エキスを配合したべジアプリの酵素青汁は、便秘に悩む方にオススメの食物繊維たっぷりの商品です。
012kosoaojiru
1日あたり1~2袋を目安に50~150ccくらいの水、または牛乳を混ぜて飲みます。
013kosoaojiru
水を混ぜると青汁の香りが漂います。ニオイを抑えたい方は、牛乳を混ぜた方が飲みやすくなります。

原材料・成分

大麦若葉 、難消化性デキストリン 、植物発酵エキスパウダー 、乳酸菌 、オリゴ糖 、ステビア
エネルギー11.28kcal、たんぱく質0.32g、脂質0.09g、炭水化物2.29g、ナトリウム3.15mg、総食物繊維1,730mg

ベジアプリ 酵素青汁 レビュー評価

青汁特有の青臭さが強いのですが、飲んでみるとほのかな甘さを感じ、比較的飲みやすい酵素青汁に仕上がっています。乳酸菌、オリゴ糖など、便秘改善効果に優れた成分が含まれています。

人工甘味料を使用している点が気になりますが、日本食品分析センターにて、しっかりと栄養成分がチェックされているので、安心して飲める酵素青汁です。

★★☆☆☆【飲みやすさ】
★★★☆☆【栄養価】
★★★★☆【価格】

ヒロコーポレーション 酵素青汁のレビュー

005kosoaojiru
139種類もの植物発酵エキスを含むヒロコーポレーションの酵素青汁は、抹茶風味に仕上げた商品のため、青汁特有の香りや味が苦手な方でも美味しく飲む事ができます。
014kosoaojiru
ヒロコーポレーションの酵素青汁は、お試し感覚で購入できる少量タイプが販売されています。
015kosoaojiru
1日1~2杯を目安に水、または牛乳で混ぜて飲みます。

原材料・成分

大麦若葉、ブドウ糖、ゴーヤ、ケール、植物発酵乾燥粉末(デキストリン、植物発酵乾燥粉末)/甘味料(ステビア)、(一部にオレンジ・キウイフルーツ・バナナ・リンゴ・山芋・大豆・ゴマ・カシューナッツを含む)
エネルギー:11.43g
炭水化物:2.37g
タンパク質:0.32g
ナトリウム:6.66mg
脂質:0.08g

ヒロコーポレーション 酵素青汁 レビュー評価

圧倒的なコスパの良さで、費用負担を抑えたい方にはとても買いやすい酵素青汁です。ケールやゴーヤといった苦みが強い青汁成分が使われていますが、抹茶風味でとても甘く、苦みのない青汁です。人口甘味料のステビアの他、ブドウ糖が含まれているので、糖質制限中の方は飲み過ぎに注意が必要です。

★★★★☆【飲みやすさ】
★☆☆☆☆【栄養価】
★★★★★【価格】

めっちゃたっぷりフルーツ青汁のレビュー

006kosoaojiru
134種類の野菜、32種類のフルーツ、5種類の海藻など、こだわりの原料と美味しさを追及して作られためっちゃたっぷりフルーツ青汁は、ダイエット中の方に人気が高い商品です。
016kosoaojiru
携帯に便利なスティックタイプの包みとなっています。
017kosoaojiru
1日1~2包を目安に、冷水またはぬるま湯、牛乳に混ぜて飲みます。また、ヨーグルト等の食品に混ぜてもOKです。

原材料・成分

還元麦芽糖水飴、デキストリン、クマザサ粉末、緑茶粉末、果汁パウダー、明日葉粉末、 モリンガ粉末、蓮葉粉末、野草発酵エキス粉末(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、 その他)、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、有胞子性乳酸菌、メロンプラセンタ( 胎座)抽出物、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、 アムラ、ベニノキ種子)、パイナップル果実抽出物、乳糖/香料、甘味料(ネオテーム、 スクラロース)
エネルギー11.70kcal
タンパク質0.15g
脂質0.02g
炭水化物2.73g
食塩相当量0.0009g

めっちゃたっぷりフルーツ青汁 レビュー評価

スーパーフルーツのモリンガが使われている珍しいフルーツ青汁です。青汁特有のニオイや味はなく、フルーツジュースのような甘みがあります。

しかし、甘味料としてスクラロースが使用されています。香料などの添加物が含まれているので、無添加が刺激になる方は注意しましょう。満足度はあるので、ダイエット中の方にオススメの酵素青汁です。

★★★★☆【飲みやすさ】
★★★★★【栄養価】
★★☆☆☆【価格】

※女子リキの他のレビュアーも「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」を試しています。

ジャパンギャルズ おいしい酵素青汁のレビュー

007kosoaojiru
国内工場生産により、安全・安心の商品として販売されているジャパンギャルズのおいしい酵素青汁は、139種類もの植物発酵エキスが配合されています。継続した青汁生活を目指す方に嬉しい手頃な価格が魅力です。
018kosoaojiru
1日1~2包程度を目安に、水または牛乳に混ぜて飲みます。
019kosoaojiru
粉末パウダーは溶けやすいので、ティースプーン等で軽く混ぜれば、サラッとした飲み心地の青汁に仕上がります。

原材料・成分

大麦若葉、ぶどう糖、ゴーヤ、ケール、植物発酵乾燥粉末(デキストリン、植物発酵乾燥粉末)、甘味料(ステビア)、(原材料の一部にオレンジ、キウイフルーツ、バナナ、リンゴ、大豆、ゴマ、カシューナッツを含む)
エネルギー9.78kcal
タンパク質0.26g
脂質0.07g
炭水化物2.38g
糖質1.67g
食物繊維0.71g
食塩相当量0.0094g

ジャパンギャルズ おいしい酵素青汁 レビュー評価

ヒロコーポレーションの酵素青汁と同じパッケージが使用されています。成分や栄養素を確認すると、ほぼ同じなので製造元が同じなのかもしれません。

ただし、ヒロコーポレーションの酵素青汁は、抹茶風味に仕上がっているため飲みやすいのですが、ジャパンギャルズのおいしい酵素青汁は香りが強めです。甘みは強めですが、青臭さが気になりました。価格は安いので、青汁のガツンとした飲み応えを感じたい方にはオススメです。

★★★☆☆【飲みやすさ】
★☆☆☆☆【栄養価】
★★★★★【価格】

ホコニコのこだわり酵素青汁のレビュー

008kosoaojiru
大麦若葉、ケール、明日葉の青汁3大成分に加え、あわ、きび、ひえ等の穀物麹を配合したホコニコのこだわり酵素青汁は、139種類もの植物発酵エキスが含まれています。飲みやすさにもこだわっているため、黒糖やハチミツなど自然の甘みをプラスしています。
020kosoaojiru
スティックタイプの包みで、パッケージがしっかりしています。
021kosoaojiru
100~150mlの水またはぬるま湯、牛乳を混ぜて飲みます。ぬるま湯は、青汁特有の香りが出やすいので、ニオイが気になる方は牛乳割がオススメです。

原材料・成分

大麦若葉粉末、加工黒糖、ハニーパウダー(デキストリン、はちみつ)、オリゴ糖、難消化性デキストリン、穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)、明日葉粉末、桑の葉粉末、ケール粉末、植物発酵エキス末{デキストリン、野草発酵エキス(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)}、植物発酵エキス末(デキストリン、糖類、野草エキス、果物エキス、野菜エキス、海藻エキス)、乾燥生菌粉末 、(一部に小麦、やまいも、りんごを含む))
エネルギー9.7kcal
タンパク質0.26g
脂質0.05g
炭水化物2.46g
食塩相当量0.004g

ホコニコのこだわり酵素青汁 レビュー評価

袋を開封して直ぐに青汁特有の香りがしました。青臭い牧草のようなニオイなので、ぬるま湯を混ぜると香りが強くなります。

私は青汁の青臭さが苦手なので、飲みにくさを感じてしまい継続して続けるには難しい商品だと思いました。

多穀麹を配合した珍しい酵素青汁で、添加物を使用せず自然の甘みがプラスされている点は魅力的ですが、美味しさにもこだわって欲しかったです。人工甘味料を使用していない酵素青汁を求めている方には、安心・安全の商品です。

★☆☆☆☆【飲みやすさ】
★★☆☆☆【栄養価】
★★☆☆☆【価格】

酵素の種類とは?効果の違いについて

酵素はタンパク質の1種で、健康な体を維持するために必要不可欠な成分です。酵素は、1つだけではなく、役割によって異なる複数の種類が存在します。酵素の種類と効果の違いをまとめました。

消化酵素の働きと体への効果

消化酵素は、食事から摂取した食べ物を分解し、胃で消化させ、腸へと栄養を送り込む働きを持っています。糖質を分解してブドウ糖へと変換する「アミラーゼ」。タンパク質を文化してアミノ酸へと変換する「プロテアーゼ」。脂質を分解して脂肪酸へと変化させる「リパーゼ」。これらの成分が消化酵素の役割を果たします。

消化酵素の多くは膵臓から作られるため、健康な状態であれば自然に分泌されます。しかし、生活習慣や年齢とともに減少しやすくなるので、添加物が多い食品、動物性たんぱく質が含まれる食品など、消化酵素を沢山必要とする食生活は、胃腸に負担を掛けてしまうため注意が必要です。

代謝酵素の働きと体への効果

代謝酵素は、消化酵素によって分解された栄養素を細胞に届ける役割を持っています。消化酵素が消費されると代謝酵素働きは低下します。代謝酵素は、新陳代謝、免疫力アップ、デトックス、脂肪分解作用など、美容と健康の維持に必要な働きを担っています。酵素は体内で生成されるものですが、生まれつきの遺伝によって酵素量が決まっているため、不足しがちな酵素は食事などから補ってあげる事が大切です。

食物酵素の働きと体への効果

食べ物の中には、酵素を含む食材があります。食物酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があり、体内酵素で補えない分をサポートする働きを持っています。酵素が多い食材には、パパイヤ、バナナ、パイン、キウイ、リンゴなどの果物。そして、アボカド、大根、セロリ、人参などの野菜に豊富含まれています。これらの食材を毎日の食生活に取り入れる事で、心身の健康を効果的にサポートしてくれます。

食べ物&飲み物で酵素を摂取する方法は?

酵素は身近な食材にも含まれているため、毎日の食生活に酵素が豊富な食材を取り入れれば、不足しやすい酵素を無理なく補う事ができます。

酵素を豊富に含む食べ物と飲み物

大根やキャベツなどの生野菜、パイナップルやキウイなどのフルーツには、酵素が豊富に含まれています。

しかし、熱に弱いため、加熱せずに摂取する事が大切です。酵素たっぷりの野菜フルーツを使用したスムージーも、48度以上の熱で酵素が壊れてしまいます。

酵素を意識する時は、コールドプレスジュースの方が栄養を逃さず摂取できます。ただし、飲み過ぎは体が冷えやすくなるので、冷えが気になる方は「発酵食品」を積極的に摂取しましょう。

ぬか漬けや納豆などの発酵食品には、酵素成分が豊富に含まれています。和食を中心とした食生活を心がける事により、自然と酵素を摂取できます。

酵素の働きを高める食材

酵素を含む食材以外に積極的に摂取したいのが「お酢」です。お酢は、酵素の働きを高める作用があります。

そのまま摂取する事が難しいお酢ですが、ドレッシングとして使えば悩ま野菜に含まれる酵素を効率良く摂取できます。オリーブオイル、塩コショウ等と一緒に混ぜるだけで、簡単に手作りドレッシングが作れるので、是非試してみましょう。

酵素青汁はいつ飲むのが効果的?ベストなタイミング

酵素青汁の効果が上がるベストなタイミングはいつなのでしょうか?効果的な飲み方のポイントについてまとめました。

酵素青汁の基本的な飲み方

酵素青汁は、必ずこのタイミングで飲まなければいけないという決まりはありません。基本的には、自分が続けやすいタイミングで飲むようにしましょう。

ただし、1日の摂取目安量は守るようにしてください。食物繊維を多く含む酵素青汁は、沢山飲み過ぎるとお腹が緩くなるので、過剰摂取は避けるようにしてください。

便秘解消にオススメのタイミング

酵素青汁で便秘を解消したい方は、朝起きた時に飲むのがオススメです。食物繊維が豊富な酵素青汁を摂取する事で、腸の動きが活発になるため、お通じの改善効果が期待できます。

ダイエットにオススメのタイミング

酵素青汁でダイエット効果を高めたい方は、食事前のタイミングで摂取しましょう。食前の段階で酵素青汁を摂取する事により、急激な血糖値の上昇が抑えられ、脂肪が燃えやすくなります。また、満腹中枢が刺激されるので、少ない食事量でも満足度があり、食べ過ぎの予防にも繋がります。

美肌作りにオススメのタイミング

美肌効果を高めたい方は、夕方または夜の時間帯に酵素青汁を摂取しましょう。就寝中は、食事から摂取した栄養が細胞に行き届き、肌の生まれ変わりを促進します。

就寝の2時間前までを目安に、酵素青汁を飲んでおくようにしましょう。寝る直前の時間帯に酵素青汁を摂取すると、夜中に目が覚めてトイレに行きたくなる恐れがあります。

睡眠の質が低下すると肌荒れの原因となるので、時間に余裕を盛って摂取するようにしてください。

スポンサードリンク

PAGETOP