キャンメイク クイックラッシュカーラー 口コミ・レビュー


キャンメイク クイックラッシュカーラー 口コミ・レビュー
口コミで人気のマスカラ下地「キャンメイク クイックラッシュカーラー」を購入し使ってみました。買ったのはウォータープルーフでもお湯で落とせるブラシタイプ「クリアホワイト」です。感じた効果など正直に感想を書きます。

スポンサードリンク

 


もくじ

キャンメイク クイックラッシュカーラーを買ってみた

キャンメイク クイックラッシュカーラー
プチプラなのに優秀なメイクアイテムが揃っているブランド、キャンメイク。

こちらからもマスカラ下地が販売されています。

キャンメイクのマスカラ下地と言うと、コーム型の透明タイプとブラックタイプが有名ですが、さらにクリアホワイトのお湯で落とせるブラシタイプのものも発売されているのです。

ウォータープルーフでもお湯で落とせるマスカラ下地

今回は、白い下地を試してみたかったので、ブラシタイプのクリアホワイトを試してみました。

こちらはちょっと不思議で、ウォータープルーフ処方になっている為、水や汗、皮脂にも強くにじみにくくなっているのに、お湯で簡単に落とせるようになっているのです。
098mascarashitaji

マスカラも使用する場合は、ウォータープルーフではないマスカラを使用する必要がありますが、お湯で簡単に落とせるなら、メイク落としによってまつ毛に負担をかけることがなくなるので安心ですね。

こちらは繊維が入っているものではないので、長さやボリュームをアップさせるというより、カールをキープさせる為の下地ですね。

パッケージにも、キレイなカールの作り方がしっかりと書いてあるので、カールキープ力は期待出来そうですね。
キャンメイク クイックラッシュカーラー カールの作り方
キャンメイク クイックラッシュカーラー 裏面

保湿成分としてヒアルロン酸Naも配合されているので、まつ毛にも優しくなっています。

キャンメイク クイックラッシュカーラー 成分
では、実際に「キャンメイク クイックラッシュカーラー」使ってみましょう。

スポンサードリンク

 

キャンメイク クイックラッシュカーラーを使ってみます

102mascarashitaji
103mascarashitaji
104mascarashitaji
真ん中がへこんだ形のウェーブブラシになっています。触ると硬さを感じました。今回試した5種類のマスカラ下地の内4種類がブラシタイプだったのですが、4種類のブラシの中で1番硬いと感じました。

グッと手のひらに押し込んでも、白い液が硬いブラシの間に入り込んだままなかなか出てきません。ブラシがしなる感じもなかったので、コーム型に近いと考えた方がいいかもしれません。
105mascarashitaji
この硬いブラシでしっかりとまつ毛をコーティングできるのか使ってみましょう。

キャンメイク クイックラッシュカーラをまつ毛に塗ります

まずは「キャンメイク クイックラッシュカーラー」使用前のまつ毛です。
106mascarashitaji
107mascarashitaji
このまつ毛をまず、ビューラーで持ち上げます。
108mascarashitaji
ここにキャンメイクのマスカラ下地をつけていきましょう。
109mascarashitaji
「キャンメイク クイックラッシュカーラー」の付け心地としてはあまり良い感想は持てませんでした。

やはりブラシが堅いので、ブラシの中にある液がしっかりとまつげについてくれないのです。その為、まつ毛を持ち上げてもそれほどしっかりカールがキープされている感じもありませんでした。

コームの使い心地と一緒かと思ったのですが、コームのようにまつ毛をセパレートしてくれるわけでもありません。

ブラシがウェーブしているのでそれが良い効果をもたらすのかと思いましたが、真ん中がへこんでいるため、真ん中のまつ毛につけにくいと感じました。

真ん中はへこんでいるよりも、ふくらんでいる方が使いやすいのでは?と思います。

ただ、白い液ではあるのものの、それほど白さを感じないので、ナチュラルな仕上がりを求めている方は、この後マスカラをつけなくても大丈夫そうです。

まつ毛とブラシがどの様に絡み合うのか確認する為に、髪の毛にもつけてみました。

まずは何もつけていない髪の毛です。
110mascarashitaji
ここに「キャンメイク クイックラッシュカーラー」をつけてみます。
111mascarashitaji
やはり、ブラシが硬すぎて、ブラシを押し付けると髪の毛が逃げて行ってしまいます。まつ毛は髪の毛よりも柔らかいので、このように逃げてしまうのであれば、まつ毛にしっかりと液がつかないのも納得です。

ただ、何度もつけているうちにそれなりにコーティングはされていきました。持ち上げるようにして付けていくと軽くカールさせることも出来たので、根気よくつけるといいのかもしれませんね。
112mascarashitaji

マスカラ下地をつけたまつ毛にマスカラもつけてみましょう。
113mascarashitaji

マスカラ下地を使用せずにマスカラをつけた時よりはまつ毛が強調されるし、カールもしっかりしているように感じます。

スポンサードリンク

 

キャンメイク クイックラッシュカーラーのカールキープ力は?

このカールは夜まで維持されていました。メイクしたての時よりは落ちているものの、カールは残っていますね。
114mascarashitaji

また、配合量は4.5gと少なめになっていますが、今回試した5種類の中で一番安価となっています。

他のマスカラ下地と比べると少し残念な部分はあるものの、下地としての役割は果たせているようなので、マスカラ下地がどの様なものかまず試してみたいという場合、このような安価のものから始めてみるといいかもしれませんね。

ビューラーを使用せずに、このマスカラ下地でまつ毛を持ち上げることはできるのでしょうか。
115mascarashitaji

このまつ毛を、ビューラーで持ち上げずにキャンメイクのマスカラ下地をつけてみます。
116mascarashitaji

カールキープ力重視の下地なので期待したのですが、持ち上げてもまつ毛が持ち上がることはありませんでした。まつ毛を押し当てるようにして数秒間キープしてみましたが、変わりはなかったです。

その分、白い液がダマになってまつ毛に付着してしまいました。写真ではわかりにくいかもしれませんが、まだらに白くなっています。

液をしっかりつけようとするとダマになりやすいのですが、サラッとつけただけだとうまくついてくれないので、少し使いにくさを感じました。

ただ、落しやすい点は嬉しかったです。

スポンサードリンク

 

キャンメイク クイックラッシュカーラーは落としやすい

私が持っているマスカラはお湯で落とせるタイプではないので、このマスカラ下地を使用してもマスカラを落とすためにはクレンジングを使用しなければなりません。

クレンジングを使うので、どうしてもまつ毛に負担をかけてしまいますが、下地を使用しても普段のメイク落としと同じ方法で落すことが出来ましたし、落ちにくさは全く感じませんでした。

髪の毛につけたマスカラ下地は、マスカラを重ねていない状態なので、お湯で落とせるのか試してみたところ、確かにお湯で少しもみながら流すとスルスルと落ちていきました。

ただ、お湯になる前の少し温めの水でも、流しているうちに落ちていく感覚があったので、これは本当に汗や湿気に強いのかな?と思ってしまう部分もあります。

今回白いマスカラ下地を試してみたくて購入してみましたが、口コミでもコーム型の方が人気が高いようですので、白以外のマスカラ下地を使いたい場合は、透明かブラックのウォータープルーフタイプの方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

PAGETOP