ファンデーションブラシおすすめランキング【使い方・洗い方】

ファンデーションブラシおすすめランキング【使い方・洗い方】
口コミで人気のファンデーションブラシを6つ使い比べてみましたので、そのレビューとおすすめランキングを記載します。

また、ファンデーションブラシの使い方や洗い方、手入れ方法なども解説しますので宜しければご覧ください。

スポンサードリンク

 


もくじ

ファンデーションブラシおすすめランキング

価格や使い勝手などを総合的に考慮して、おすすめのファンデーションブラシをランキング形式で紹介してみます。

第1位・資生堂 ファンデーション ブラシ 131
004foundationbrush
第1位の資生堂 ファンデーション ブラシ 131は、大きさ、エッジ、毛の質感の柔らかさともに非常に優れています。

特にエッジの微妙な角度は非常に使いやすく、まつ毛の生え際までしっかりとカバーすることができるという点は、見逃すことができないポイントでしょう。
価格は安価で専用ケースつき、文句なく堂々の第1位を獲得できる製品です。

第2位・マトイ ファンデーションブラシ
007foundationbrush
第2位のマトイ ファンデーションブラシは、お手軽価格なのにもかかわらず、お肌に当たるブラシ先端部分の面積やエッジが絶妙に計算されており、ブラシの毛の質感にはコシだけではなく柔らかさを伴っています。

このファンデーションブラシであればリピートしてもいいかな?と思います。
ただ、残念なのが専用ケースがないという点です。

これでは持ち運びには不便ですので、自宅専用として使用することになるでしょう。
専用ケースつきであれば、多少価格が高額になったとしても第1位になる可能性が高いファンデーションブラシです。

第3位・CAILYN (ケイリン)*O! WOW BRUSH フェイスブラシ
003foundationbrush
第3位のCAILYN (ケイリン)*O! WOW BRUSH フェイスブラシは毛の質感が非常に柔らかく、上質な製品であることがわかります。使いやすい大きさでしかもキャップつき、持ち運びに便利ですので、かなり優秀な製品でしょう。

ですが、エッジがない分、まつ毛の生え際に対する対応力が弱いという弱点があります。
そのような理由から、第3位とさせていただきました。

ただし、お肌への刺激が最も弱いと感じた製品ですので、ニキビ肌や敏感肌の方にはイチオシでおすすめできる製品です。

第4位・竹宝堂 熊野化粧筆
005foundationbrush
第4位の竹宝堂 熊野化粧筆は、価格が高いという部分がポイントを下げる原因になりました。

高級素材の製品はお手入れ次第では長く使えますし、長い目で見ればお得なのかもしれません。ですが、価格の問題だけではなく専用ケースがないという点を考えると、自宅用に留まることになります。

リピートを考える価値がある製品ですが、価格と専用ケースなしという点を考慮して、第4位とさせていただきました。

第5位・エスプリーク ファンデーションブラシ
006foundationbrush
第5位のエスプリーク ファンデーションブラシは、大きさとブラシの広がり具合に少々難ありです。これはあくまでも筆者の感想ですが、ファンデーションブラシとして製品化するのであれば、もう少しサイズを小さくしたほうが良いのでは?という印象です。

専用ケースつきで持ち運びに便利という部分を考慮するのであれば、”惜しい”のひと言の製品です。

ただし、製品自体はとても良いと感じましたので、今後はチークやシェーディング用ブラシとして活用しようかと思います。

第6位・ダイソー「春姫」
008foundationbrush
やっぱりか…と言ってしまってはメーカーさんに失礼かもしれませんが、第6位のダイソー「春姫」は、リキッドファンデーションの伸びが悪いという欠点がありました。
筆者としては、期待していただけに残念です。
ただ、100円ショップで取り扱う製品としては優秀なのではないかと思います。
毛先の質感がもう少し柔らかく、リキッドファンデーションの吸収がもう少し高ければ、もしかすると上位に浮上できるかもしれません。

この製品は216円ですので、ダイソー内では高額商品という扱いになっています。
まあ、この金額であれば、及第点をあげられるといったところでしょうか。製品自体の品質は決して悪くありませんので、パウダーファンデーションやフェイスパウダー用として活用してみても良いでしょう。

ファンデーションブラシとは

ファンデーションブラシは、パフやスポンジと同様に、指を使わずにファンデーションをお肌に伸ばすことができるアイテムです。

ファンデーションブラシはパフやスポンジとはなにが違うのでしょうか?

まずパフですが、パウダーファンデーション用やエマルジョンファンデーション用、リキッドファンデーション用などに分類されています。

これらはそれぞれに素材が異なりますが、使い慣れていないとファンデーションを多く取り過ぎることがあり、厚塗りになってしまう可能性があります。

そしてスポンジですが、パウダーファンデーション用、リキッドファンデーション用、エマルジョンファンデーション用のほかに、水あり、水なしタイプのファンデーションに対応している製品もあります。

スポンジは、シリコンゴム、天然ゴム、ポリウレタン、海綿などの素材に分類されており、ファンデーションのタイプに合わせた素材の製品を選ばないと、ファンデーションのノリが悪くなったり、ムラづきになったりすることがあります。

では、ファンデーションブラシではどうなのでしょうか?

ファンデーションブラシにもパウダーファンデーション用やリキッドファンデーション用がありますが、ブラシに直接ファンデーションを含ませて軽くお肌に乗せることができますので、パフやスポンジよりもお肌への力がかかりにくいという特徴があります。

ファンデーションブラシを使うメリット・デメリット

ファンデーションブラシは、ファンデーションを直接お肌につけないため、量の調節ができ、自然な仕上がりを期待することができます。

これが、ファンデーションブラシの最も大きなメリットでしょう。

また、慣れてくれば素早くファンデーションを伸ばすことができるようになりますので、メイクの時短効果を期待できるメリットもあります。

その反面、しっかりメイクをしたいときには少々役不足になることも考えられ、この場合ではパフやスポンジに切り替えなければならないこともあります。

また、ファンデーションブラシはかさばりますので、持ち運びには少々不便かもしれません。

ファンデーションブラシの選び方

ファンデーションブラシにはさまざまな種類がありますので、選ぶ際には以下の点に注意しましょう。

ファンデーションのタイプで選ぶ

ファンデーションブラシにはパウダーファンデーション用とリキッドファンデーション用がありますので、ご自身がお使いのファンデーションに合ったタイプを選ぶようにしましょう。

パウダータイプのファンデーションの場合では筆部分の質感が柔らかめのファンデーションブラシでOKですが、リキッドファンデーションの場合ではパウダーファンデーション用では毛の質感が柔らかすぎて、上手に塗れないことがあります。

お肌への刺激という部分を重視するのであれば、毛の質感が柔らかいタイプの製品を選びたいところではあります。

ですが、リキッドファンデーションを綺麗にお肌に馴染ませるためには、ある程度のコシを持ったファンデーションブラシを選ぶ必要がありますので、リキッドファンデーションを使用するのであれば、専用のファンデーションブラシの使用が望ましいです。

ニキビ・敏感肌の人は柔らかめのブラシがおすすめ

ニキビ肌や敏感肌の方がメイクをする際に注意しなくてはならないのは、なるべく薄づきメイクを心がけるということです。さらに、なるべく洗浄力が弱いクレンジング剤を選ぶことも大切です。

つまり、ニキビ肌や敏感肌の方におすすめできるのはパウダータイプファンデーションということになり、パウダーよりもお肌への密着度が高いリキッドタイプファンデーションは、ひとまずスルーしておくことがベストであるということです。

この場合では、毛の質感が柔らかいパウダーファンデーション用のファンデーションブラシを使用すると良いでしょう。

ニキビ肌や敏感肌の方は、まずはお肌の状態を改善してからリキッドファンデーションにチャレンジしましょう。

おすすめブラシ6選・リキッドファンデーションで使い比べ

001foundationbrush
今回は、6種類のファンデーションブラシが登場します。
それでは、同じリキッドファンデーションで、その使用感や性能について確認してみることにします。

使用するのは、メイベリンの「ふんわりホイップ」で、色はOC2(自然なオークル)です。
002foundationbrush

CAILYN (ケイリン)*O! WOW BRUSH フェイスブラシ

歯ブラシ型の可愛い形状のファンデーションブラシです。
CAILYN (ケイリン)*O! WOW BRUSH フェイスブラシ
013foundationbrush

このファンデーションブラシは非常に柔らかく、毛先がふわふわとした感じです。
エッジがない分、小鼻などの細かい部分には綺麗につくのか?という部分が心配でしたが、毛先の質感がとても柔らかいので、綺麗に毛穴を埋めることができます。

また、歯ブラシのようなキャップつきですので、持ち運びの際には便利です。

並行輸入品で、以前では1本高額な価格で販売されていたようですが、現在ではアマゾン、ヤフーショッピング、楽天市場などでも取り扱われるようになり、お手軽な価格で購入することができるようになっています。

ブラシ部分が小さく、使い勝手が良いファンデーションブラシでしょう。

少量のリキッドファンデーションを素早く伸ばすことができる、大変優秀なファンデーションブラシです。

ただし、エッジがない分、目の上や目の下の際への塗布には少々テクニックが必要かもしれません。

この製品は柄の曲がり具合がセールスポイントとなっているようですが、実際に使用してみた感じでは、柄の曲がり具合はそれほど仕上がりに影響を与えるものではないという印象です。この部分については好みかな?という感じですね。

スポンサードリンク

 

資生堂 ファンデーション ブラシ 131

とにかくフワフワ…というのが第1印象のファンデーションブラシです。
資生堂 ファンデーション ブラシ 131
014foundationbrush

専用ケースつきですので、持ち運びには便利でしょう。
ブラシにエッジがついていますので、細かい部分にも難なくファンデーションを馴染ませることができます。

ブラシの毛の密集度が高く、芯がしっかりしているという感じです。

初心者の方でも簡単に使えるファンデーションブラシなのではないかと思います。
口コミ評判が良いのもうなづけますね。

スポンサードリンク

 

竹宝堂 熊野化粧筆(熊野筆・メイクブラシ)リキッドブラシ/LQ-14

高級ブランドのファンデーションブラシですので、6種類の中でも最も高価です。
ふんわりと丸い形状が可愛らしい上品さを醸し出しています。
竹宝堂 熊野化粧筆(熊野筆・メイクブラシ)リキッドブラシ/LQ-14
015foundationbrush
画像ではわかりにくいとは思いますが、毛先の先端部分の毛量が少なめに調整されていています。

平べったい形状ではありますが、毛先の先端部分の毛量調整のおかげで、まつ毛の生え際部分まで綺麗にファンデーションを行き渡らせることができます。

側面が平べったい分、一度で広範囲にファンデーションを広げることができますので、メイクの時短を最優先したい方におすすめできそうです。

ただし、専用ケースがありませんので、持ち運びには不便かも…。

スポンサードリンク

 

エスプリーク ファンデーションブラシ

毛束が大きいファンデーションブラシです。
エスプリーク ファンデーションブラシ
016foundationbrush
質感はとても柔らかで使いやすいのですが、他製品よりも若干コシが弱いという印象があり、どちらかというとパウダーファンデーションやチーク、シェーディングに向いているという感じです。

また、コシが若干弱い分毛先が広がりやすいため、まつ毛の生え際への対応力は弱そうですね。

毛束が大きい分だけまつ毛に触れる可能性が高く、マツエクを使用している方にはあまりおすすめできないのではないかと思います。

専用ケースつきですので、持ち運びには便利でしょう。

マトイ ファンデーションブラシ

緩やかなエッジがあるファンデーションブラシです。
マトイ ファンデーションブラシ
017foundationbrush
毛の密集度が高く、コシが強いという印象ですが、毛自体はとても柔らかく、お肌への刺激は弱いのではないかと思います。

エッジがある分、まつ毛の生え際にもしっかりとファンデーションを馴染ませることができます。大変優秀な製品なのですが、専用ケースつきでないというところが残念です。

ダイソー「春姫」

上記では、1,000円以上のファンデーションブラシをご紹介してきましたが、100円ショップで販売されている安価なファンデーションブラシの使い心地はどうなのでしょうか?
ダイソー「春姫」
018foundationbrush
「ごくふわ」、「春姫」という言葉からは優しいイメージを感じ取ることができますね。

で、実際に使用してみたところ、ファンデーションの伸びがあまり良くないファンデーションブラシで、他のファンデーションブラシよりも毛の質感が硬め。

コシはありますが、ファンデーションブラシ上級者ならともかく、初心者の方では使いこなすので難しそうです。

製品自体には悪いという印象を持ちませんでしたが、やはりお値段が安い分、品質はイマイチなのかもしれません。

どちらかというと、リキッドファンデーションよりも仕上げ用のパウダーに使用したいファンデーションブラシです。

ファンデーションブラシの使い方

それでは、リキッド・クリームタイプのファンデーションとパウダーファンデーションごとに、ファンデーションブラシの使い方をご紹介します。

リキッド・クリームタイプのファンデーションの場合

リキッドやクリームタイプのファンデーションを指でつける際には、ファンデーションを顔の5点に置いて中央から全体に広げるという方法が一般的です。

ですが、この方法ではファンデーションを多く出し過ぎてしまい、厚塗りになってしまうことがあります。

でも、大丈夫、ファンデーションブラシを使えば、厚塗りメイクから解放されます。

まず、ファンデーションを手の甲に少量出します。

次に、ファンデーションブラシにファンデーションを含ませたらTゾーン、頬の順に乗せて外側に向けて広げます。

その際には、小鼻のサイドに塗り残しができることがありますので、ファンデーションブラシで毛穴を埋めるようにして丁寧に塗っていきましょう。

また、全体に塗り終えて毛穴が目立つ部分については、毛先で軽くはたき込むようにしてファンデーションを馴染ませればカバーすることができます。

また、手の甲に出したファンデーションの汚れを洗い落とすのが面倒であれば、器にファンデーションを出してファンデーションブラシに含ませるという方法でもOKです。
こんな感じですね。
009foundationbrush
ただし、この方法では手の甲に出すのとは異なり体温がファンデーションに伝わりませんので、ファンデーションの乾燥が早いというデメリットがあります。

よほどお急ぎでないのであれば、できる限り手の甲にファンデーションを出すという方法がおすすめです。

パウダータイプのファンデーションの場合

ファンデーションブラシに適量のパウダーファンションを含ませるためには、最初に3回程度ブラシでパウダーを叩くという方法がおすすめです。

パウダーファンデーションもまた、一度に大量をブラシに含ませるのではなく、少しずつブラシに含ませてお肌に乗せると、厚塗りにならず自然な仕上がりを望むことができます。

パウダーファンデーションの場合では、まず頬にポンポンと乗せて外側に広げて馴染ませます。

その次に額から鼻、小鼻、顎の順に馴染ませ、最後にフェイスラインにぼかします。

また、毛穴が気になる部分があれば、頬に馴染ませる前に軽くファンデーションを馴染ませ、最後の仕上げでもう一度馴染ませると目立たなくなります。

ファンデーションブラシのお手入れ方法

ファンデーションブラシは、ティッシュでファンデーションを拭き取ってからケースにしまいます。

その際には、ティッシュにブラシをギュッと押しつけるのではなく、筆先を軽くティッシュに置き、左右に振り落とすような感覚で行うと良いでしょう。

また、ファンデーションの含みが悪いと感じたのであれば、それは水洗いが必要なタイミングですので、以下の方法でクリーニングしてみましょう。

ファンデーションブラシの洗い方

1.ぬるま湯100ml程度を入れた容器に中性洗剤を1~2滴程度垂らしてかき混ぜる
2.筆先を水に浸ける
3.筆先を抑えるようにして汚れを浮かせる
4.左右に振り洗いする
※これだけで汚れが落ちなければ、指で軽くもみ洗いしてください。筆者の場合ではもみ洗いして汚れを完全に取り除きました。
5.容器の洗剤水を捨て、新しいぬるま湯で降り洗いする
6.流水でブラシの洗浄成分を良く洗い流し、清潔なタオルで余分な水分を取る
7.自然乾燥させる

010foundationbrush
011foundationbrush
今回は1本ずつ洗い、こんな感じで乾燥させました。
012foundationbrush
ブラシの種類にもよりますが、1~3日で完全に乾きます。
洗う頻度についてはブラシの汚れ具合にもよりますが、週1回程度を目安とすると良いでしょう。
ファンデーションブラシは乾くまでに時間がかかりますので、お気に入りの製品と出会ったのであれば、最低2本は用意しておくと便利ですね。

ファンデーションブラシの収納方法

専用ケースつきのファンデーションブラシの場合では収納に困ることがありませんが、そうでない製品の場合は以下の収納方法を参考にしてみて下さい。

・ペンケースで代用する
・眼鏡ケースで代用する
・歯ブラシケースで代用する

ペンケース、眼鏡ケース、歯ブラシケースは100円ショップでも取り扱いがありますので、可愛い製品を選んで賢くファンデーションブラシを収納してみましょう。

また、化粧品メーカーからはファンデーションブラシやアイシャドウブラシなどを収納できる専用の収納ケースが用意されていることがあります。

このような製品は3,000円台~10,000円台と、価格が少々高額な設定となっていますが、何種類ものブラシを1カ所にまとめたいという方にはおすすめできます。

ファンデーションブラシQ&A

ファンデーションブラシの買い替えの目安は?

毎日ファンデーションブラシを使用していると、当然のことながら摩耗が目立ってくるタイミングがあります。
・筆先が不揃いになってきた
・筆全体のコシが弱くなってきた
・筆が広がってきた
・毛が抜けてきた

このようなことが目立ってきたら、それをひとつの買い替えのタイミングとして捉えると良いでしょう。

使用状況にもよりますが、このような状態は使用開始から1年前後で目立ってきます。

摩耗が目立つファンデーションブラシではファンデーションを綺麗にお肌に乗せることが難しくなることがありますので、なるべくであれば、目立った摩耗が起こる前に買い替えることが望ましいでしょう。

ファンデーションブラシで肌荒れする?

程よい柔らかさとコシがあるファンデーションブラシを正しい方法で使用する分には、それだけで肌荒れが起こる可能性は低いでしょう。

ですが、汚れたブラシをクリーニングせずに使い続ければ、ブラシに付着したファンデーションが酸化し、雑菌の温床になってしまうことが考えられます。

そして、ブラシの雑菌がお肌に移ってしまえば、ニキビをはじめとする肌トラブルが起こる可能性が広がります。

また、摩耗したブラシで無理にファンデーションをお肌に馴染ませていると気がつかないうちに余分な力が加わり、お肌を刺激することも考えられます。

ファンデーションブラシによる肌トラブルを防ぐためには、清潔な状態で使用すること、摩耗が激しくなったら新しいブラシに取り換えること、これを守れば、ファンデーションブラシで肌荒れが起こる心配はほぼないでしょう。

ファンデーションブラシは水に濡らしてから使ってもいい?

ファンデーションブラシは乾いた状態で使用しますので、水に濡らして使用することはできません。

水ありタイプのリキッドファンデーションの場合では、ファンデーションブラシだはなく、専用のスポンジが必要になります。

また、リキッドファンデーション用のファンデーションブラシの中には水ファンデーションに対応しているものもありますが、この場合でも、ファンデーションブラシ自体は水にぬらさずに使用するというのが、正しい使用方法です。

数種類のファンデーションブラシを実際に使ってみて感じたこと、それは、ひとつひとつの製品ごとに異なった個性があるということです。

ということは、実際に使用する方との相性の良し悪しがはっきりと分かれる可能性も考えられるということです。

今回は筆者独自の考えでランキングさせていただきましたが、これはあくまでも参考に留めておいて、あなたのお肌と相性の良いファンデーションブラシを選んでみて下さいね!

スポンサードリンク

PAGETOP