フェイスパウダー【使い方・選び方】崩れないメイク

フェイスパウダー【使い方・選び方】崩れないメイク
メイクの仕上がりを大きく左右する、フェイスパウダー。

使い方をしっかりマスターすると、ナチュラルでありながら毛穴レスの美肌を演出することができます。

さらに、フェイスパウダーを上手に活用するとメイク崩れも、しにくくなるのです。

今回は、そんなフェイスパウダーの選び方や使い方、崩れにくいメイク方法等についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 


もくじ

崩れないメイクのためのフェイスパウダーの使い方

せっかくシッカリとメイクをしても、すぐに崩れてしまうのでは困りますね。しかし、フェイスパウダーを上手に活用すると、長時間崩れにくい状態を維持することが出来ます。

どのように使うと崩れにくくなるのか、メイク崩れ防止のためのフェイスパウダーの使い方についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

フェイスパウダーを塗る順番

どのようなファンデーションを使っているのかによってもフェイスパウダーの塗る順番が違ってきます。ファンデーション別にひとつずつ見ていきましょう。

油分の多い液状のファンデーションの場合

リキッドファンデーションクリームファンデーションBBクリームなど、液状で油分の多いファンデーションを使っている場合は、メイクの仕上げとしてフェイスパウダーを均一に顔に伸ばすといいでしょう。

順番としては、日焼け止めや下地を塗った後、ファンデーションをつけて、最後にフェイスパウダーとなります。

フェイスパウダーで仕上げると、皮脂や汗等も吸着してくれるので、肌表面がサラサラになり、崩れにくい状態をキープすることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

 

油分の少ないパウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションはリキッドやクリームファンデーションよりも油分が少なくなっていますね。このような油分が少なめのファンデーションを使う場合は、下地や日焼け止めをつけた後にすぐフェイスパウダーを使用すると効果的です。

フェイスパウダーが皮脂を吸着しながら、肌の凹凸もカバーしてくれるので、パウダーファンデーションのノリも良くなります。

液状ファンデーションの後にフェイスパウダーを塗るという順番が一番オーソドックスな使い方になりますし、パウダーファンデーションとフェイスパウダーを同時に使うことで粉っぽくなってしまうこともあるのですが、実は、プロの間では、肌が均一になり厚塗りを防ぐことが出来、さらに毛穴も目立ちにくくなるということで、下地→フェイスパウダー→パウダーファンデーションという順番も人気となっています。

粉っぽくならないか心配な場合は、パウダーもファンデーションもつけすぎない様にしながら塗り、最後にキレイなブラシで余分な粉を落とすといいでしょう。

ファンデーションを使わない時

ナチュラルメイクが好きな方、敏感肌の方などは、ファンデーションを使わずフェイスパウダーのみでベースメイクを仕上げるのもいいでしょう。

下地をつけた後、ベージュやオークルなどのカラーが入ったフェイスパウダーを使用すると、毛穴や凹凸をカバーしながら、気になる赤みやくすみも自然に隠してくれます。

メイクしている感が出ないので、キレイな素肌を演出できるでしょう。

ちょっとそこまで出かけたい時、きちんとメイクするほどではないけれどノーメイクでは抵抗がある時等にも、フェイスパウダーだと手軽なので、便利ですね。

また、フェイスパウダーだけでベースメイクを終わらせると、化粧崩れも起こりにくく、汗をかいても、しっかりメイクの時の様な変な崩れ方をしないので安心です。

フェイスパウダーを塗る際のポイント

さらに、フェイスパウダーを使う際、以下のようなポイントを抑えると、よりきれいな状態を維持することが出来ます。

スポンサードリンク

 

①余分な油分を吸い取る

クリームやリキッドなどの液状のファンデーションを塗った後、ベタベタした状態のままだと、その後にフェイスパウダーを塗っても均一に伸ばせなくなってしまいます。

ファンデーションをつけたら、キレイなスポンジやティッシュなどで余分な油分を吸い取ってからフェイスパウダーをつけるようにしましょう。

②ファンデーションは塗りすぎない

ファンデーションを塗りすぎると、その後にパウダーを付けてもうまくのらなかったり、厚塗りになったり、ヨレやすくなってしまうので、塗りすぎない様に気を付けましょう。

③パフやブラシは定期的に洗う

メイクに使用するパフやブラシが汚れていると、汚れが邪魔をして、ムラができてしまったりパウダーがキレイに乗らくなったりしてしまいます。

さらに、パフやブラシには、パウダーだけではなく、顔の皮脂や汗等汚れも吸収されています。その汚れを放置してしまうと酸化したりカビが生えたりしてしまうのです。

カビが生えたパフで化粧をすると、にきびなどの肌荒れに繋がってしまうこともあるので、パフやブラシは定期的に洗い、清潔を保つ様にしましょう。

出来れば2日に1回、少なくとも週に1回は洗浄出来るといいですね。難しい場合は100円均一などで売っているプチプラのものを使い捨てするのもいいでしょう。

④パフ、ブラシは肌に合うものを

パウダーをつける為のパフやブラシが肌に合わないと、ちくちくしたり化粧するたび違和感を覚え、肌が傷ついてしまうかもしれません。

素材や使用感などを確認し、肌に合うものを購入する様にしましょう。

⑤パウダーは少しずつ丁寧に

一度にたくさんのパウダーをとって一気に塗ると、その後崩れやすくなってしまいますし、キレイに仕上げる事が出来ません。少しずつ取り、丁寧に塗る様にしましょう。

ブラシとパフ・どちらでつける?違いは?

フェイスパウダーを使う場合、パフにするかブラシにするか迷う方が多いようですね。

特別決まりはないのですが、どちらを使うかによって仕上がりの雰囲気が変わってきます。また、パウダーの形状によってパフの方が使いやすくなる場合もあります。

そこで、以下のことを踏まえて選んでみるといいでしょう。

①仕上がりの好みで使い分け

どのような仕上がりを求めているかによって使い分けるといいでしょう。

ブラシ・・・ナチュラルな仕上がりになります。柔らかさ、ふんわり感、軽さを出したい場合は、ブラシがお勧めです。

パフ・・・マットな仕上がりになります。ブラシよりシッカリと塗る事が出来るため、しっかりメイクの時、キリッとした印象にしたい時にお勧めです。

②パウダーの形状ごとに使い分け

使うフェイスパウダーがルースタイプなのかプレストタイプなのかによって、パフにするかブラシにするか選ぶのもいいでしょう。

・ルースタイプ・・・粉状のルースタイプだと、フワフワした毛足の長いパフやブラシの方が使いやすくなります。さらにルースタイプはふんわりした柔らかい印象を作るのが得意ですので、ふんわりナチュラルメイクを求めている場合は、ルースパウダーをブラシでつけるとより効果的でしょう。

・プレストタイプ・・・固形のパウダーの場合はパフを使った方が塗り易くなります。コンパクトタイプになっていて、パフもセットになっているものが多い為、プレストタイプを使用している方は付属のパフで塗っている方も多いかもしれませんね。

プレストタイプはキリッとした印象を与えることが出来るので、さらにパフを使ってしっかりつけることでよりキリッとした雰囲気を演出することが出来ます。

③肌状態・メイク方法によって使い分け

テカりやすい方や、リキッドやクリームを使っている方、部分的にコンシーラーを使っているという方はパフがお勧めです。

逆に乾燥しやすい方、パウダーファンデーションを使っている方、ナチュラルメイクを好む方はブラシがお勧めです。

④使いやすいか否かで使い分け

以下の様に、パフにはパフの、ブラシにはブラシの使い方というものがあります。どちらの方が使いやすいか考えた上で、メイクする際に便利だと思う方を選ぶといいでしょう。

・パフの場合
パウダーをパフにとったら、ムラづきや厚塗りを防ぐために、パフをシッカリともみ込みます。その後、顔の中心から外側に向かって軽くすべらせましょう。

メイクが崩れやすい小鼻や目の周りは、パフを半分に折って押さえるようにして乗せると、シッカリつけることが出来、崩れにくくなります。顔だけ浮かないようにフェイスラインをぼかし、最後に何もつけていないブラシを使って余分な粉を払うようにするとキレイに仕上がります。

・ブラシの場合
ブラシに粉をとり、ティッシュの上や手の甲でクルクル動かし、粉の量を調整しながら、ブラシに粉を馴染ませます。こうすることによって、ムラづきや厚塗りを防止することが出来ます。

ブラシに粉が馴染んだら、顔の中心から外側に向かってブラシをクルクル動かしながらつけます。小鼻や目の周りも丁寧に塗り、フェイスラインをぼかしたら、ブラシについた粉をティッシュで取り除き、キレイな状態にしてから顔に乗っている余分な粉を払いましょう。

化粧直し時のフェイスパウダーの使い方

出先で化粧崩れが気になった時、ファンデーションを塗り直すよりも、フェイスパウダーを使った方がきれいに直すことが出来ます。

そこで、化粧直しの際のフェイスパウダーの使い方について説明していきたいと思います。

①汗や皮脂はティッシュオフ

汗や皮脂がそのままの状態でパウダーを付けてもヨレてキレイに仕上げることが出来ません。まずはティッシュやきれいなパフなどで余分な皮脂は取り除いておきましょう。

こするようにしてしまうと肌に刺激を与えたり、ファンデーションが取り除かれてしまうので、優しくプッシュする様にして取り除くといいでしょう。

②ブラシの方が効果的

パフで直してもいいのですが、化粧直しの時は、ブラシでつけた方がきれいに仕上げることが出来ます。

1度シッカリ化粧をした後なので、パフでたっぷりパウダーを乗せてしまうと厚塗りになったり、粉っぽくなりすぎたり、より崩れやすくなったりしてしまいます。

ブラシだと厚塗りを防止し、ふんわり自然な薄付きにすることが出来るでしょう。

ファイスパウダーの選び方

フェイスパウダーの中から自分にピッタリ合ったものを選ぶのは大変な作業になります。

好きなブランドが決まっていれば選択肢は狭まるのですが、どのブランドにするかも、どんなフェイスパウダーを求めているかも決まっていない場合は、大量にあるフェイスパウダーを目の前に、何を購入したらいいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか。

そこで、何を基準に選ぶべきか、選び方をいくつか提案してみたいと思います。

カラーで選ぶ

フェイスパウダーにも、様々な色のものがあります。

ファンデーションの様に何種類かのベージュ系やオークル系の色がついたもの、ピンクやパープル、イエロー、グリーンなどのカラーが入ったもの、透明のもの、真っ白いものなど、様々です。

これ等の中から、自分の肌の色と好みをもとに選ぶといいですね。

ベージュやオークル

フェイスパウダーの中で一番カバー力が強いカラーになります。ファンデーションと同じような色を選ぶと、これ一つでメイクを完成させることも可能になるでしょう。

ベージュだと程よい色白肌を、オークル色だと健康的な肌を演出することが出来ます。

ピンク

ピンク系の肌にももちろん合うのですが、イエロー系のお肌の方やくすみが気になる時に使うことで、血色の良さを演出することが出来ます。

色白に見せたい場合もファンデーションの上にピンクを軽く乗せると効果的でしょう。

パープル

透明感を出しやすく、ピンクよりも色白に見せる効果が高くなります。パープルと聞くと不安になる方も多いかもしれませんが、実は肌に馴染みやすいとても優秀なカラーとなるのです。

イエロー系の肌に使っても違和感が出ないので、パープルとはかけ離れた肌の色の方でも安心です。透明感、血色の良さ、肌の白さを演出したい時、お勧めのカラーとなります。

クリアー、ルーセント

薄っすらベージュか、もしくは真っ白いパウダーになります。(そのブランドごとに呼び名も違ってきます)

透明もしくは半透明の状態なので、肌に乗せても色がつくことがありません。色味を気にせず使えるので、色選びに迷ったらこれを使うと間違いないかもしれませんね。

ファンデーションの色を活かしながら毛穴やくすみなどを適度にカバーしてくれます。

透明感を演出しながら自然な仕上がりにすることが出来るので、ファンデーションの塗った感が苦手な方にもお勧めです。

ナチュラル

クリアやルーセントと、ベージュ系のちょうど中間色になる、薄いベージュ色のパウダーです。

ファンデーションの色の邪魔をせず、程よい透明感を与えてくれます。肌の色も選ばないので、イエローベースでもブルーベースでも使える便利な色になります。

ただし、同じカラーの名称がついていても、それぞれのブランドごとに色味は若干違ってきます。選ぶ色によっては白浮きしてしまったり、不自然な仕上がりとなってしまうこともあるので、可能であれば店頭で実際に見て、触って、塗って確認してから購入するといいでしょう。

色を見る場合は、手や頬ではなく、首とフェイスラインの境目に塗って違和感がないかどうかをチェックすると失敗しづらいです。

仕上がりや質感で選ぶ

艶っぽさを出したいのか、マット感を演出したいのかなど、求めているメイクの仕上がりによって選び分けることも出来ます。

マット感を出したい時

サラサラでマットな状態を作りたい場合は、パールやラメの入っていないタイプを選ぶといいでしょう。

また、ルースタイプよりプレストタイプの方がマット感を出しやすいですし、ブラシよりもパフでつけた方がシッカリと密着して、自然で滑らかな、きめ細かい肌を演出することが出来ます。

ツヤ感を出したい時

ツヤのある肌にしたい場合や、上品にキラッと輝く肌を演出したい場はパールやラメ入りがお勧めです。細かいパールやラメが光に反射してきらめくので、若々しさも出すことが出来ますね。

特にラメが入っていると、パーティ―や結婚式など、華やかな場面にふさわしいキラ肌を演出することが出来ます。光の拡散効果によって、肌がより美しく輝くでしょう。

その商品ごとにパールやラメの量や大きさも違ってくるので、いくつか好みのものを試してみるといいですね。

さらに、パウダーなのにオイルが配合されているタイプもあります。

肌をさらさらの乾いた状態にするのがフェイスパウダーの得意とする部分なのですが、オイルが配合されることで、しっとりしたみずみずしいツヤ感も演出することが出来ます。

潤いやしっとり感によるツヤを演出したい場合はオイル配合の商品がお勧めです。肌が乾燥しやすい方や、上品なツヤ感を出したい場合にもいいですね。

乾燥肌・敏感肌・脂性肌など肌質で選ぶ

肌状態に合わせてフェイスパウダーを選ぶと、肌の悩みを上手にカバーできるかもしれません。配合されている成分を確認して、肌に合ったものを選んでみるのもいいですね。

乾燥肌

フェイスパウダーは肌をさらさらにするのが得意なので、乾燥肌の方は使いづらいと感じるかもしれません。

しかし、最近は肌をサラサラにしながら乾燥を防いでくれるタイプのものも数多く販売されています。

例えば、以下のような成分が配合されたパウダ-だと、保湿効果が高いので、しっとりした仕上がりになります。

・ヒアルロン酸
・アミノ酸
・セラミド
・シアバター
・植物エキス
・スクワラン
・アミノ酸

このような保湿成分が入っているフェイスパウダーをいくつかご紹介しておきますね。

①ママバターのフェイスパウダー

天然由来の保湿成分であるシアバターが5%も配合されているため、保湿効果は充分ですし、ホホバ種子油やラベンダー花エキスなどのオーガニック植物原料が8種類も配合されている為、お肌に優しく、乾燥肌の方にはもちろんのこと、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

シリコンやパラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料などが不使用なのも嬉しいですね。

②コスメデコルテのAQMWフェイスパウダー

オーガニックシルクパウダーを、保湿効果があるアミノ酸でコーティングしたタイプになります。シア脂も配合されているので、しっとりした質感を楽しめるでしょう。

他に、ラベンダー花エキスやローズマリーエキスなどの植物エキスも配合されています。
020facepowder

私もこちらのフェイスパウダーを実際に試してみた。

③キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー

オリーブ果実油やホホバ種子油、ブドウ種子油などの保湿作用のあるオイルが配合されています。また、カミツレ花エキスやシソ葉エキス、アロエベラ葉エキスなどの植物エキスやスクワランも配合されているため、保湿効果が高くなっています。
キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー 成分

しっとりした潤いを与えながらもふんわりしたマシュマロのような質感に仕上げてくれるパウダーです。

今回、こちらのフェイスパウダーも購入し、実際に試してみました。

また、このようなフェイスパウダーを選ぶだけではなく、同時に、メイクをする前の保湿にも力を入れるといいですね。シッカリと保湿した上で、保湿効果のあるパウダーを使用すると、乾燥を抑えることが出来るでしょう。

敏感肌

肌が敏感になっている方は、なるべく低刺激のものを選びたいですね。

また、強力なメイク落としなどでも肌はダメージを受けてしまうので、出来れば、洗顔石鹸などで軽く洗い流すだけで落とせるフェイスパウダーだといいでしょう。

この場合は、乾燥肌の方同様、保湿成分がしっかりと配合されているものがお勧めです。

敏感肌の方は、同時に乾燥もしやすく、外部の刺激にすぐ負けてトラブルを引き起こしている場合が多いからです。

ただし、オイルの配合量は少なめのものがいいでしょう。

オイルが入っていると保湿効果は高まるのですが、密着度が増し、肌負担が増えてしまいます。また、石鹸で軽く落とすことが出来ないので、洗顔による肌負担も増してしまいます。

敏感肌の方にお勧めのフェイスパウダーは以下のようなものになります。

①dプログラム メディケイテッドエアリースキンヴェール

資生堂が、敏感肌の方向けに開発したパウダーになります。

防腐剤やアルコール、鉱物油など、肌に刺激を与える成分を全て排除し作られているので、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

肌荒れ防止効果のある有効成分、トラネキサム酸が配合されているため、にきびや吹き出物などを予防することが出来ますし、ヒアルロン酸Naや濃グリセリンなどの保湿成分も配合されているので、保湿効果も期待出来ます。

②クリアラスト フェイスパウダー 薬用オークル

クリアラストのフェイスパウダーはいくつか種類があるのですが、その中でも、「薬用オークル」はニキビや肌荒れを防ぐパウダーとして販売されています。

有効成分として抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルが配合されているので、にきびや吹き出物などの炎症も鎮め、悪化しないよう落ち着かせてくれます。

敏感肌で、肌荒れに悩んでいる場合にお勧めの商品です。

③コスメデコルテのAQMWフェイスパウダー

シア脂は入っていますが、それ以外のオイルは使用されていません。

オーガニックシルクパウダーを保湿効果のあるアミノ酸でコーティングしているため、高い保湿効果が期待出来ますし、植物由来のエキスが多数配合されているので、お肌にも優しくなっています。
022facepowder

また、これ等のフェイスパウダーを選んだからと安心せず、メイク前の保湿ケアもしっかりと行うことを忘れないようにしましょう。

一緒に使う下地やファンデーションも、肌負担を抑えたものにしたり、たまにはメイクをお休みする等、お肌の休日も作ってあげるといいかもしれませんね。

脂性肌

肌のべたつきを抑えることが得意のフェイスパウダーは、基本的にはどの商品を選んでも、脂性肌の方にとってとても嬉しいアイテムとなってくれるでしょう。

ただし、脂性肌になっている原因を探ると、もっと自分にピッタリの商品を見つけられるかも知れません。

思春期による脂性肌であれば、過剰な皮脂を抑えるため、皮脂や汗の吸着効果の高いパウダーがお勧めですし、ストレスや生活習慣の乱れ、乾燥などから来る場合は、逆に保湿効果の高いパウダーを使用した方が、ベタつきを改善させることが出来ます。

肌は乾燥すると、これ以上乾燥が進行しないよう皮脂を過剰に分泌する性質があるのです。そのため、脂性肌だと思い油分を取り除いていたけれど、実はストレス等から来る乾燥肌で、必要なのは皮脂を抑えることではなく、保湿ケアだったという方もたくさんいます。

自分の年齢や生活環境を振り返って、1度、脂性肌となっている原因を探ってみてもいいかもしれませんね。

乾燥から来る脂性肌の場合は、乾燥肌用としてお勧めしたパウダーを選ぶといいでしょう。

また、乾燥してるわけではないのに皮脂が分泌しやすい方や、日中汗をかきやすい方、夏場で皮脂が分泌しやすい場合は、油分が配合されていない、皮脂や汗等の吸着する作用が強いものがお勧めです。

皮脂が分泌しやすい方のお勧めのフェイスパウダーは以下のようなものになります。

①クリアラスト フェイスパウダー 薬用オークル

敏感肌の方にもおすすめなのですが、皮脂を抑え、にきびや肌荒れを防止するタイプのパウダーなので、余分な皮脂が気になる方にもおすすめの商品になります。

また、保湿成分のヒアルロン酸Naも配合されているので、乾燥による脂性肌の方にもお勧めです。

②チャコット フィニッシングパウダー

舞台用のコスメとも言われている、チャコットのフィニッシングパウダー。ウォータープルーフの技術を応用し、汗や皮脂にも強く、崩れないことで有名です。

いつまでもサラサラでマットな状態を保つことが出来るので、皮脂崩れが気になる方にお勧めです。

③コスメデコルテのAQMWフェイスパウダー

フェイスパウダーの中でも人気の高いコスメデコルテ。

ルースタイプなので、皮脂や汗の吸着にも優れていますし、アミノ酸が粒子をコーティングしていることで、適度な保湿も期待出来ます。

ベタつく肌を、しっとりしながらもサラサラな状態に仕上げることが出来るでしょう。

024facepowder

UV効果で選ぶ

酸化チタンや酸化亜鉛などのUV効果のあるミネラルが配合されているフェイスパウダーもあります。

また、少し肌に負担をかけてしまいますが、紫外線吸収剤等が入っているものもあります。
025facepowder
026facepowder

日焼止めクリームだと、つけた後ベタつきが気になったり、肌に刺激を与えてしまうこともありますね。また、こまめにつけ直したい日焼け止めですが、クリームタイプだと外出先でファンデーションの上からつけるとメイクがよれてしまいます。

メイク崩れを直すためにさらにファンデーションを乗せれば、肌負担も増えますし、重い印象になってしまうでしょう。

しかし、仕上げ用のパウダーにUVカット効果があると、サッと上からパウダーを乗せるというお手軽な方法で紫外線を防止することが出来ます。

また、日焼止めクリームの様に、防腐剤や乳化剤なども使用されていないので、肌への負担を抑えることが出来ます。

そのため、フェイスパウダーに紫外線防止効果があるものを求める方も多いのです。

パウダーであれば、こまめなつけ直しもお手軽ですね。

ただし、日焼け止めクリームに比べると、紫外線防止効果は劣ってしまいます。肌にしっかり密着するクリームとは違うので、汗や皮脂などによって簡単に落ちてしまうのです。

そのため、UVカット効果のあるパウダーだけで紫外線を防止する場合は、SPF数値が少し高めのものを選ぶといいでしょう。

選び方をいくつかご紹介してみましたが、1つだけを選び出すのが難しい場合は、パールのもの、マットなもの、保湿系のものなど、種類別に1つずつ購入しておいて、TPOに合わせて使い分けるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

PAGETOP