デトックス効果がある食材を使ったレシピ5選

004detoxrecipe
デトックス効果がある食材の紹介、デトックス食材を使った簡単レシピを5つ紹介します。

デトックスすることによって、ダイエット、便秘解消、美肌、などなどたくさんの美容効果を得られるんですよ!

是非、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 


もくじ

デトックスとは

数年前からデトックスという言葉を聞く機会が増え、美容や健康に関心のある方は日常的にデトックスをされている方も少なくありません。

デトックスとは“解毒”を意味し、有害な物質や老廃物が体に溜まるのはあまり良くないという考えに基づいて、有害な物質や老廃物を体外に排出させる方法のことを言います。

有害な物質や老廃物というのは意外と日常生活の中で溜まる機会が多く、例えば、大気汚染によって空気中に含まれていたり、普段食べる食品に含まれる添加物、野菜を育てる時などに使われる農薬などにも含まれています。

そういった物質や老廃物が体内に溜まっていくと、体臭が出たり、体の不調、肌や皮膚の状態が悪くなったり、さまざまな症状が出てくることがあります。

「最近なんか体臭がしているかも・・・」「体の調子が良くないなぁ」「肌が荒れているかも」と思っている方は、体に有害な物質や老廃物が溜まっていることを疑ってみても良いかもしれません。

デトックスの方法は、運動や入浴をして発汗させたり、新陳代謝を良くさせたりする方法がありますが、食事もそのひとつです。

食事によるデトックスというと、何か特別な食材を使わなければいけないと思うかもしれませんが、デトックスは身近な食材を使ってできるので、手軽に行うことができます。

今回は運動をするよりも手軽にできてしまう食事によるデトックスで期待できる効果や、デトックスに良い食材、デトックス食材を使ったレシピなどをご紹介していきたいと思います。食事によるデトックスが気になっている方は、ぜひチェックしてみて下さいね!

デトックスの効果

美容や体に良いと言われていることを知っているのに、いまいち効果が感じられないということってありますよね?そういう時は、一度体をリセットする意味で、デトックスをしてみると良いかもしれません。

体の中に有害な物質や老廃物が溜まってしまっていると、いくら美容や体に良いことをしてもそれが行き渡らない状態になってしまうこともあるからです。

例えば化粧水や美容液などをつける時などは、まずは顔をきれいにしてからつけますよね?それと同じようなことを体にもするというとイメージしやすいかもしれません。

デトックスによって期待できる効果は女性にとって嬉しいものばかりです。ここでは、デトックスによって改善が期待できる効果をご紹介していきます。

デトックスの効果については以下のURLを参考にさせていただきました。
▼https://kenko-pita.com/detox
▼http://sp.skincare-univ.com/article/014476/
▼http://sp.skincare-univ.com/article/014479/

美肌作り

体に老廃物が溜まると、新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーがうまくいかなくなるので、肌荒れの原因になることがあります。ニキビなどもできやすくなるので、美肌を作るにはデトックスをすることはとても大事です。

デトックスをすることによって、ニキビなど肌荒れの改善が期待できたり、くすみが取れたり、女性にとって嬉しい効果が期待できるようになります。

便秘解消

便秘は腸内に老廃物が溜まってしまっている状態です。毎日のお通じがしっかりあることは、それだけでもデトックスをしていることになるぐらいです。

デトックスでは、体の善玉菌を増やし、食物繊維を摂る機会が多いので、腸内環境を整えることができます。腸内環境が整えられるとお通じが自然になるので、便秘の解消ができ、同時に体内の有害な物質や老廃物を外に排出させることができます。

むくみ解消

デトックスにはむくみ解消効果も期待できます。なぜかというと、血液やリンパ液の循環が良くなるためです。血行不良の改善効果も期待できるので、むくみの解消以外にも肩こりの改善にもデトックスは良いようです。

ダイエット効果

デトックスをすることによって新陳代謝や細胞の働きが活発になるので、体内の血流が良くなります。代謝や細胞の働きが活発になったり便秘が解消されたりすると、体もやせやすくなります。デトックス効果のある食材は、カロリーが低い傾向にあるので、それもダイエット効果が期待できる理由です。

デトックス効果の高い食材

ここでは、デトックス効果の高い食材をご紹介していきます。食材を組み合わせて使うことで、よりデトックス効果を高くすることができます。

ほうれん草

ほうれん草には、カリウムやベータカロチン、クロロフィルなどが含まれています。カリウムには体の水分バランスを整えてくれる働きがあり、余分な水分を排出しむくみを予防してくれる働きがあります。

ベータカロチンには、活性酸素を抑えてくれる働きがあり、クロロフィルには、腸を綺麗にしてくれる働きがあります。食物繊維にも腸を綺麗にしてくれる働きがありますが、クロロフィルは食物繊維には入り込めない部分にも入ることができるので、より細かく腸を綺麗にしてくれる働きがあります。

海藻類

昆布やわかめ、のり、めかぶなどの海藻類には、血液を浄化してくれる働きがあり、体の中に溜まった有害なミネラルを出してくれる効果が期待できます。海藻類には、ビタミンやミネラル、カルシウムなども含まれており、アルギン酸と呼ばれる水溶性の食物繊維もたくさん含まれています。

昆布はお味噌汁などで出汁をとる機会が多いと思いますが、デトックスをしたい時には、出汁をとった後も捨てないで食べるようにしましょう。煮物に入れるなどして味をつけると美味しくいただけますよ。

にんにく

にんにくには、カリウムや食物繊維が含まれています。カリウムには体内の余分な水分を排出し、むくみを予防してくれる効果があります。食物繊維は便秘解消に大切な働きをしてくれます。他にはアリシンという成分が含まれていますが、このアリシンには活性酸素を除去し、血液の流れを良くしてくれる働きがあります。

にんにくは薬味として使われることが多く、殺菌作用もあります。他にも疲労回復効果もあるので、デトックスだけではなく、健康づくりにもおすすめの食材です。

玉ねぎ

玉ねぎには、活性酸素を取り除いてくれる硫化アリルが豊富に含まれています。硫化アリルは、血流を良くし、血液をサラサラにしてくれる効果があります。硫化アリルには利尿作用もあるので、体内の老廃物を出してくれる働きもあります。

それから、玉ねぎにはオリゴ糖と食物繊維も含まれています。他にも玉ねぎに含まれるケルセチンには、抗酸化作用と脂肪の吸収を抑えてくれる効果もあるので、玉ねぎはデトックスにはぴったりの食材です。

トマト

トマトには、ペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれています。この食物繊維は体内の有害なミネラルや老廃物を排出してくれる働きがあります。他にもカリウムやビタミンE、ビタミンC、リコピンなどが含まれています。トマトは美白にも良いと言われているので、デトックスと合わせてお肌の調子を整えたい時にはトマトがおすすめです。

ブロッコリー

ブロッコリーには、スルフォラファンと呼ばれる成分が含まれています。このスルフォラファンという成分には、解毒作用や内臓脂肪がつくのを抑えてくれる効果があります。スルフォラファンは、ブロッコリースプラウトというブロッコリーの芽により多く含まれています。

ブロッコリースプラウトはカイワレ大根に見た目が似ており、スーパーなどでは、ブロッコリーの売り場ではなく、カイワレ大根が売られているところで目にする機会が多い食材です。

ブロッコリーには、他にもベータカロチン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、食物繊維と多くの栄養成分が含まれています。デトックスをしながらバランス良く栄養が摂れる食材です。

にんじん

にんじんにはベータカロテン、ビタミンB群、鉄分、カルシウムなどが含まれていますが、デトックスに良い成分も含まれています。にんじんに含まれるデトックス作用のある成分には、水溶性の食物繊維、カリウムがあります。にんじんに含まれる水溶性の食物繊維は、腸内で善玉菌を活性化させる働きがあります。

にんじんには体を温める作用もあるので、冷え症に悩んでいる方のデトックスにはにんじんが良いでしょう。

レモン

レモンにはビタミンCや食物繊維、ビタミンB、クエン酸などが含まれています。レモンに含まれているビタミンCとビタミンBには腎臓の中にある血管を強くしてくれる働きがあります。

それにより、腎臓の働きをスムーズにしてくれます。腎臓は、血液を綺麗にし、体に溜まった毒素や老廃物の排出する役割を担っています。ですから、腎臓の働きがスムーズになれば、自然とデトックスにつながっていきます。

その腎臓の働きをスムーズにするサポートをしてくれる成分が入っているのがレモンです。紅茶に入れたり、魚やお肉の付け合わせて使われることが多いレモンですが、普段あまり使わないという人も、デトックスという面からは積極的に使うことをおすすめします。

青魚

アジやさんま、いわし、ぶり、サバなどの青魚には、EPAやDHAという成分が含まれています。EPAやDHAには血流を良くし、血液をサラサラにしてくれます。血流が良くなると、新陳代謝が良くなり、体の中にある老廃物も出やすくなります。それから青魚に含まれるセレンという成分には、体内の毒素が増えるのを抑制してくれる働きもあります。

りんご

りんごにはペクチンと呼ばれる食物繊維とフロリジンと呼ばれる成分が含まれているので、デトックス向きの食材です。

りんごに含まれているフロリジンは、胆汁の生成を促す作用があるので、それにより肝臓の動きをスムーズにしてくれる働きがあります。肝臓の動きがスムーズになると、体内の毒素の排出もスムーズになりやすく、それがデトックスにつながっていきます。

発酵食品

発酵食品は、納豆、キムチ、ヨーグルトなどがありますが、発酵食品もデトックスには良い働きをしてくれます。なぜかというと、発酵食品には善玉菌が多く含まれているからです。

腸内環境を整えるのには善玉菌は欠かせません。腸の環境が良くなると、お通じが良くなり、体の老廃物を出すので、自然とデトックス効果が得られます。発酵食品は、納豆やキムチ、ヨーグルトだけではなく、塩こうじや酒粕、味噌なども発酵食品にあたります。

ごぼう

ごぼうには、イヌリンと呼ばれる食物繊維が含まれています。このイヌリンは、悪玉菌が増えるのを防いでくれ、便秘を解消してくれる効果があり、体の中にある余分な水分を出す利尿作用もあります。

それからサポニンと呼ばれるポリフェノールも含まれており、腸内の余分な油分を分解してくれる働きもあります。

レンコン

レンコンはカリウムが豊富に含まれているので、体内の余分な水分を出してくれる作用があります。それからレンコンに含まれているセルロースやリグニンなどの食物繊維には腸内環境を整えてくれる働きもあります。

レンコンの節には、腎臓の機能を高めてくれる作用もあるので、デトックスをしたい時には積極的に取り入れたい食材です。

大根

大根には食物繊維がたくさん含まれていますが、他にもアミラーゼという酵素も含まれています。アミラーゼは、腸内環境を整えてくれる働きがあり、体内の老廃物を排出してくれる効果もあります。

また、ジアスターゼ、ステアーゼ、リパーゼの働きにより、大根は胃を保護してくれる作用もあります。胃にやさしく腸内環境を整え、デトックスもしてくれる頼もしい食材です。

たこ・イカ・貝類

たこやイカ、貝類にはタウリンが多く含まれています。タウリンには、肝機能を助けてくれる働きがあり、肝臓に溜まった脂肪を排出してくれる働きがあります。

体内の有害なミネラルをろ過してくれる働きもあると言われているので、デトックスしたい時には、たこやイカ、あさりやしじみ、牡蠣など、タウリンが多く含まれている食材も意識して摂ると良いでしょう。

デトックス効果がある食材については以下のURLを参考にさせていただきました。
▼https://dtxlife.com/onion7/
▼http://w.grapps.me/beauty/20161119-5/
▼http://nurse-web.jp/kouka/
▼https://www.slow-beauty.net/post-58/
▼https://minnakenko.jp/paseri-remon-jinzou-detokkusu/
▼https://antiaging-life.info/applepectin-2216.html
▼http://lbr-japan.com/2017/10/22/139222/2/
▼http://sp.skincare-univ.com/article/017367/

デトックス食材を使ったレシピ

こちらではデトックス食材を使ったレシピを紹介します。身近な食材を使ってできるので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

にんじんと玉ねぎのポタージュ

にんじんと玉ねぎのポタージュ

スポンサードリンク

 

<材料>
・にんじん 1本
・玉ねぎ 2分の1個
・ごはん 大さじ1
・コンソメスープの素 適量
・水 鍋に入れた時に材料がひたひたになる量
・牛乳 350ml
・オリーブオイル 少々

<作り方>
にんじんは小さく切ります。玉ねぎも小さく切っておきます。鍋にオリーブオイル少々を入れ、そこに切ったにんじんと玉ねぎを入れて軽く炒めます。
008detoxrecipe
軽く炒めたら、水を入れます。水の分量は大体にんじんと玉ねぎがひたひたになるぐらいまで入れてください。
009detoxrecipe
そこに炊いてあるごはんを大さじ1入れてからフタをし、材料が柔らかくなるまで煮ていきます。材料が柔らかくなったら火を止めて、あら熱を取ります。あら熱がとれたら、ミキサーに材料と牛乳を半量入れ、なめらかになるまで混ぜていきます。
010detoxrecipe
なめらかになったら再び鍋にあけ、残りの牛乳とコンソメスープの素を入れて、焦がさないように注意しながら温めたら完成です。

<このレシピのポイント>
にんじんには、水溶性の食物繊維、カリウムが含まれており、玉ねぎには、硫化アリルによる利尿作用、オリゴ糖と食物繊維が含まれています。その2つを組み合わせたこちらのレシピはデトックスにはぴったり。

牛乳を使っているのでたんぱく質をとることもできます。にんじんには体を温める効果もあるので、デトックスしながら体を温められるレシピです。

キムチとごぼうのデトックススープ

キムチとごぼうのデトックススープ

スポンサードリンク

 

<材料>
・ごぼう 2分の1本
・大根 6分の1本(大きさにより適宜調整してください)
・ネギ 1本
・キムチ お好みの量
・豆腐 1丁
・干しシイタケ 少々
・水 400ml
・中華スープの素 適量
・味噌 大さじ1
・こしょう お好みで

<作り方>
ごぼうは斜めに薄く切っていきます。
005detoxrecipe
大根は一口大に切ります。干しシイタケは戻して薄切りにしていきます。ネギは適当な大きさに切っておきます。鍋に切ったごぼうと大根、水を入れてフタをし、ごぼうと大根が柔らかくなるまで煮ていきます。
006detoxrecipe
ごぼうと大根が柔らかくなったら、ネギと干しシイタケ、中華スープの素を入れてさらに煮ていきます。途中で味噌とキムチを追加し、しばらくしたら豆腐も加えます。豆腐が中まで温まったら完成です。お好みでこしょうをかけてもおいしくいただけます!

<このレシピのポイント>
ごぼうや大根には食物繊維がたっぷり含まれているので、デトックスにはぴったりの食材です。キムチを加えることによってとうがらしのカプサイシンの働きで、体が温まり、発汗作用も期待できます。干しシイタケはなくても大丈夫ですが、スープに旨味がプラスされるので、なるべくなら入れた方が満足感がアップしますよ。

たことブロッコリースプラウトのサラダ

たことブロッコリースプラウトのサラダ

スポンサードリンク

 

<材料>
・たこ お好みの量
・ブロッコリースプラウト 1箱分
・ベビーリーフ お好みの量
・オリーブオイル 少々
・レモン 少々
・塩 少々
・こしょう 少々
・しょうゆ 少々

<作り方>
たこは蒸したものを使用します。たこを適当な大きさに切り、洗ったベビーリーフ、ブロッコリースプラウトと一緒に盛り付けます。上から、オリーブオイル、レモン、塩、こしょう、しょうゆをかけたら完成です。

<このレシピのポイント>
タウリンは肝機能を助けてくれる働きがあり、肝臓に溜まった脂肪を排出してくれます。たこにはタウリンが豊富に含まれており、そのたこと、スルフォラファンと呼ばれる解毒作用と内臓脂肪がつくのを抑える成分が含まれたブロッコリースプラウトを使ったこちらのレシピは、頼もしいデトックスレシピになってくれるはずですよ。

レンコンとかぶの葉のデトックス炒め

レンコンとかぶの葉のデトックス炒め
<材料>
・レンコン お好みの量
・かぶの葉 新鮮なもの(今回は1束分使用)
・厚揚げ 1枚
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ1
・塩 少々
・油 大さじ1

<作り方>
レンコンは薄切りにします。かぶの葉は適当な大きさに切ります。
001detoxrecipe
厚揚げも食べやすい大きさに切っておきます。フライパンに油を入れ、そこに薄切りにしたレンコンを入れて炒めます。レンコンに火が通ったら、塩を少々します。そこに厚揚げを入れ、
002detoxrecipe
酒、しょうゆを入れて、かぶの葉もプラスしてさらに炒めたら完成です。

<このレシピのポイント>
今回は酒としょうゆを大さじ1杯ずつにしましたが、使用する材料の分量によって調整してください。酒としょうゆの割合は1:1がおすすめです。

デトックスお味噌汁

デトックスお味噌汁

<材料>
・大根
・玉ねぎ
・わかめ
・お好みのだし(鰹節、昆布など)
・味噌
・水

<作り方>
水を鍋に入れ、鰹節や昆布などでだしをとります。そこに適当な大きさに切った大根と玉ねぎを入れて柔らかくなるまで煮ていきます。
012detoxrecipe
大根と玉ねぎが柔らかくなったら、味噌を入れて、適当な大きさに切ったわかめを入れてひと煮たちさせたら完成です。

<このレシピのポイント>
味噌は発酵食品ですので、お味噌汁はデトックスしたい時にはぴったりのレシピです。大根と玉ねぎ、わかめとデトックスに良い食材を使うことで、さらにデトックス効果を高めることができます。

<まとめ>
いかがでしたか?
今回はデトックスについてご紹介してまいりました。
デトックスを行うことによって、便秘の解消や美肌、むくみの解消、ダイエットなど女性にとって嬉しい効果が期待できることがおわかりいただけたと思います。今回ご紹介したレシピを参考に、気軽にデトックス生活にトライしてみて下さいね!

スポンサードリンク

PAGETOP