トリニティーライン ジェルクリームプレミアム【口コミ・評価】

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム【口コミ・評価】
SNSで話題のトリニティーラインのジェルクリームプレミアムの良い口コミ、悪い口コミ、私が使ってみた感想・評価を記載しています。


もくじ

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの特徴

大正製薬グループの「ドクタープログラム」が開発した美容クリームになるのですが、年齢肌の悩みを解消させてくれるとして、人気が高い商品となっています。

年齢肌の悩みというと、以下のようなものが多いですね。

・シミが増えてきた。
・乾燥しやすくなってきた。
・シワが増え、深くなった。
・ハリや弾力が失われてきた。

このような悩みを一気に解消させてくれるのが、トリニティーラインのジェルクリームプレミアムになります。

さらに嬉しいのが、オールインワンという点です。

実際、美肌のために様々な化粧品を使っているけれど、実は毎日のスキンケアは時間がかかりすぎて面倒と感じているという方も多いのではないでしょうか。

化粧水をつけて、美容液をつけて、乳液をつけて、しっかり浸透させて、という工程は、案外時間のかかる作業なので、特に忙しい朝は面倒と感じてしまうものですね。

しかし、トリニティーラインのジェルクリームプレミアムであれば、これ等の工程をたった1つで完了させてしまうことが出来るのです。

このクリームには、トリニティーラインならではの特徴がいくつかあります。ひとつずつ見ていきましょう。

①95%が美容成分
②2つのナノカプセル浸透技術
③低刺激
④1つで5役のオールインワン

①95%が美容成分

トリニティーライン パンフレット
シミ、シワ、たるみ、と言った年齢肌ならではの悩みを解消させてくれる、このジェルクリームプレミアムは、なんと水を一滴も加えずに作られています。

さらに配合されている成分のうち、95%が美容成分となっているのです。

有効成分が配合されていない化粧品の成分表示は、配合量が多い順に名前が記載されているのですが、たいていの化粧品は成分表示の部分の1番最初に「水」と記載されています。

どの成分よりも水が1番多く配合されているということですね。

お手持ちの化粧水や乳液の表示を見てみたらわかるかもしれません。たいていの商品は最初に「水」や「精製水」などと書いてあるはずです。

場合によっては、美容成分の割合が非常に少なく、水が大半を占めているという化粧品も数多く存在しています。(※有効成分が入っている医薬部外品の場合は、配合量の多い順に記載されているとは限らないので、医薬部外品以外の化粧品を参考にしてください)
トリニティーライン ジェルクリームプレミアム 成分

成分表示を見てもらえばわかると思いますが、水や精製水という名前がどこにもありませんね。
004trinityline
005trinityline

美容成分を水で薄めることなく、高濃度で配合しているということは、高い効果が期待出来そうですね。

このクリームは、硬くなり浸透しづらくなった年齢肌にもシッカリ浸透し、肌の奥に美容成分を届けることが出来るようなので、これひとつでエイジングケアもバッチリです。

配合されている美容液成分というのは以下のようなものになります。

シラカンバ樹液

水の代わりに、こちらの商品はシラカンバ樹液を使用しています。

シラカンバ樹液というのは、白樺という木の樹皮から抽出される液のことです。白樺は水分を多く含んでいる為、「ウォーターツリー」とも呼ばれています。

1年に1度、雪解けの頃に採取した樹液には、アミノ酸やカルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛といったミネラル等の栄養分が豊富に含まれているのです。

栄養分が豊富な樹液は、水よりも保湿力が高く、肌に潤いやハリ、艶を与えてくれます。
006trinityline

天然型セラミド(ヒト型セラミド)

セラミドというのは、私たちが元々持っている保湿成分です。

セラミドには様々な種類があるのですが、ここで使われているのは人間の肌に存在するセラミドと同じ形状の天然型セラミドの為、肌にも浸透しやすく馴染みやすい性質があります。

形状を似せて作った非天然型セラミド等もありますが、この様なセラミドは、似ているだけで形状は違う為、保水力も低く、私たちの肌に馴染みにくくなってしまうのです。

また、天然セラミドの場合の保水力も高く、非天然型セラミドと比べると3.5倍も上がるとも言われています。

肌に存在しているセラミドは、様々な刺激を受けることや、年齢を重ねることで徐々に失われて行ってしまいますね。すると、ハリや弾力が減少し、乾燥しやすくなり、さらに外部刺激を受けやすい状態となってしまいます。
007trinityline
この、お肌に必要な保湿成分であるセラミドを効果的に補ってくれるのが、トリニティラインのジェルクリームプレミアムです。

肌の土台を整え、バリア機能と潤う力を高めてくれます。

さらに、トリニティーラインの従来の美容ジェルに比べ、セラミドケア成分が55倍も多く配合されています。こんなにもたっぷりとセラミドが配合されているクリームは珍しいでしょう。
008trinityline

48種の美容成分

009trinityline

ジェルクリームには、以下のような、潤いやハリ、弾力、艶を与えてくれる美肌成分がふんだんに配合されています。

<保湿成分>
・天然型セラミド
・モイストセラミド成分(ラウロイルグルタミン酸ジ)
・4種のヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ジメチルシラノ―ル、ヒアルロン酸Na)
・マリンコラーゲン(加水分解コラーゲン)
・スクワラン
・14種のアミノ酸(セリン、グリシン、アラニン、シトルリン、トレオニン、ヒスチジン、アスパラギン酸、バリン、アルギニン、イソロイシン、リシンHCI、ロイシン、グルタミン酸、プロリン)
・アミノキャッチ(ベタイン)
・レシチン(水添レシチン)

<ハリや弾力を与える成分>
・ホチキスポリマーα(ポリクオタニウム―61)
・ツボクサエキス
・クアトロリフト(ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、アスパラギン酸メチルシラノ―ルヒドロキシプロリン)

<キメを整えツヤを与える成分>
・オトギリソウエキス(収れん作用、抗炎症作用が期待できます)
・カンゾウ根エキス(メラニン生成を抑制し、色素沈着も防ぐ効果もあります)
・クチナシエキス(メラニン生成を抑制したり、消炎作用などが期待できます)
・シラカンバ樹液(抗酸化作用、抗炎症作用、保湿作用、メラニン生成抑制作用などが期待できます)

これ等の成分によって、年齢肌にも潤いやハリが蘇るのです。

②2つのナノカプセル浸透技術

美容液や美容クリームの中には、分子量が細胞間より大きいことで浸透しにくくなっているものが多く存在しています。

これでは、せっかく良い成分がたくさん配合されていても無意味となってしまいますね。

しかし、トリニティーラインのジェルクリームプレミアムは、細胞間を通り抜ける事ができる2つのナノカプセル(多重層ナノカプセルとLHPナノカプセル)を採用しています。

これにより、濃厚な美容成分をシッカリと必要な場所に届けることが出来るのです。
010trinityline

※多重層ナノカプセルとは
肌には異物を侵入させないためのバリア機能があります。美容成分を肌の奥へ届けるためには、このバリアを潜り抜けて浸透させる必要があるのです。

そこでトリニティーラインでは、バリア機能が働いている角層に馴染みやすい素材で、玉ねぎのような形状のカプセルを作りました。このカプセルが、「多重層ナノカプセル」です。

多重層カプセルの中には美容成分がたっぷりと詰め込まれていて、多重層になっていることで、肌の奥に浸透しながらゆっくりと美容成分が溶けだしていきます。

※LHPナノカプセルとは
肌のバリア機能が低下していると、外部刺激を受けやすくなり肌ダメージが起こりやすくなっていまいますし、肌内部の水分も蒸発しやすくなり乾燥肌となってしまいます。

LHPナノカプセルは、そんなバリアが失われた肌をバリアするために生まれたカプセルです。これは人の肌の構造を元に作られている為、肌に与えても肌そのものとして受け入れられ馴染んでくれます。

このカプセルにはセラミド等の保湿成分が含まれているので、しっかりと肌をバリアしながら潤いを保つことが出来ます。

③低刺激

香料、着色料、アルコール、エタノール、パラベン、という、肌に刺激を与える成分は排除して作られた低刺激のクリームになっています。

また、全ての方に絶対に刺激がないわけではありませんが、以下のようなパッチテスト済みとなっているので敏感なお肌の方でも、たいていの方は安心して使えそうですね。

・アレルギーテスト済み
・パッチテスト済み
・乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み

011trinityline

④1つで5役のオールインワン

化粧水・美容液・乳液・クリーム・下地(日焼け止め効果なし)という5つの役割を、このクリーム1つでまかなうことが出来ます。

基礎化粧品はひとつずつシッカリと丁寧に浸透させてから次の工程に移らなければなりません。これは時間のかかる作業になるので、ちょっと面倒と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、手を抜いてしまうと潤い不十分で乾燥しやすくなったり、ダメージを受けやすい状態になることもあります。

こんな時、トリニティーラインのジェルクリームなら、たった1つで下地まで完成させることが出来るのです。忙しい女性には嬉しいですね。
012trinityline

もちろん、ジェルクリームをいつものスキンケアにプラスするだけの美容液として使用しても構いません。

その場合はジェルクリームの前に化粧水、ジェルクリームの後に乳液やクリームといった順序で使うといいでしょう。

肌状態を確認しながら、2通りの使い方が出来るのも嬉しいですね。

また紫外線カット効果が入ったものだと肌に刺激を与えてしまうことがあるので、睡眠時は避けた方がいいのですが、このジェルクリームには紫外線カット成分が入っていないので、夜寝る前でも安心して使うことが出来ますね。

日中はこのジェルクリームの他に紫外線カット効果のあるものを使うようにしましょう。

トリニティーライン「ジェルクリームプレミアム」体験者の口コミ

では、トリニティーラインのジェルクリームの良さや特徴がわかったところで、実際に使用した方々の生の声を聞いてみましょう。

良い口コミ

・使い始めてからすぐ、お風呂での洗顔時、角栓が落ちやすくなった。今まで悩まされていた角栓が小さく少なくなってきた。

・これを使い始めてから肌の調子が良く、鏡を見るのが楽しくなった。オールインワンなので、時短出来て助かる。

・これ1本でしっかりと潤うのにべたつかないので、朝メイク前に重宝する。肌の色味もきれいに整う。スパチュラも大きくて使いやすい。

・ベタベタしないし乾燥もしない。肌は荒れないし、敏感肌でも刺激が無い。使い続けて5年経過したけれど、マイクロスコープで確認しても、肌のキメが5年前と変わらなかったのには驚いた。確かに自分でも、肌が歳を取るのを感じない。

・シリコンが入っているからかつけるとすぐサラッと馴染んでメイクしやすい。ファンデーションのノリも良くなるので、下地としてはなかなか良い。

・ふっくらとしたハリなども感じられるくらい潤いはいい。もう少しあっさりしているともっと嬉しい。塗って少し時間が経ってからの肌状態が気に入ってる。キメも整い、引き締まってきている。

悪い口コミ

・潤いが本当にお肌に浸透しているのか疑問だった。肌が特にプルンとする感じはなかった。

・これ一つだけだと乾燥してしまう。潤いは残念ながら実感できなかった。スパチュラが蓋に収納できるサイズではないので、残念。

・ハリと弾力が出るのは好きだけど、冬の朝はこれだけだと突っ張る。メイク後も、午後には乾燥崩れが気になる。夏に使うといいかも。

・乾燥は守られても、キメは特に変わらなかった。

・しっとり心地良かったが、この後にメイクをするとベタつきが気になる。ジェルクリームだから浸透が良いと思ったけれど、肌の奥まで入っていかない。

・塗った途端、顔がムズムズしてきた。その後使い続けると肌荒れしてしまった。ボディークリームとしては使える。

<私のコメント>
口コミを見て感じたのは、賛否両論だということです。

乾燥が気になるという人もいれば、ベタつきが気になるという人もいます。刺激が全くないという人もいれば、肌荒れしてしまったという人もいます。

どんな化粧品も人によって合う合わないがあるので、このように意見が割れるのは仕方ない事だとは思うのですが、良い意見も悪い意見も半々だったという点が気になります。

この商品は、もしかすると誰にでも合う万人受けするものではないのかもしれませんね。

合う人にはとことん合うけれど、合わない人にはとことん合わない、人や肌質を選ぶクリームになってしまうのかもしれません。

また、オールインワンを好まない方も多くいらっしゃるようでした。オールインワンは手軽で簡単だというメリットがある反面、物足りなさを感じてしまうというデメリットもあります。

オールインワンが苦手な方はこの商品について「これひとつでは乾燥する」と言っているように感じます。

肌荒れしてしまった方もいたようですが、そのような声は少数で、多くの方が「刺激はなかった」と言っています。配合成分を見ても、美容成分が豊富で、刺激を与えるような成分は少なくなっているようなので、敏感肌や肌トラブルのある方以外であれば、安心して使えそうな気もします。

肌が弱い方は、パッチテストをして確認してから使うようにすると安心ですね。

トリニティーライン「ジェルクリームプレミアム」を使ってみた

私も実際に購入し、使ってみることにしました。

私の肌状態は、良くも悪くもなく、普通肌ですが、年齢のせいか若干乾燥しやすくなっています。セラミド不足かもしれないので、セラミドが豊富なジェルクリームプレミアムを塗ることでどう変化していくのか、効果が楽しみです。

こちらのクリームは、インターネットで購入することが出来ます。注文して2日後には発送の連絡があり、3日目には自宅に届きました。スピーディーな対応が嬉しいですね。
トリニティーライン ジェルクリームプレミアム ダンボール開けた写真

ジェルクリーム自体は手のひらサイズなのですが、パンフレットのサイズに合わせたのか、ダンボールは少し大きめですね。

014trinityline

損傷を避けるために、このようなクッション性のあるものでジェルクリームを保護してくれているので、安心です。

015trinityline

ダンボールの中にはこのようなパンフレットと赤い箱のクリームが入っていました。

016trinityline
019trinityline

クリームの特徴についてや成分の説明、使い方、使用目安量など、パンフレットには細かく記載されているので、とても分かりやすいです。

さらにジェルクリームは、箱の上からもこのような透明のフィルムで覆われていたので、傷がつかないのはもちろんの事、隙間から埃や雑菌等が入り込む心配も無いので、安心ですね。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム フィルム

遠くから送られてきても、このようにとてもきれいな状態で手元に届くので、安心して使い始めることが出来ます。

021trinityline

箱を開けてみます。

リニティーライン ジェルクリームプレミアム 箱を開けた
023trinityline

中には、クリ―ムとスパチュラの他に、この商品についての説明や使い方について書いてある紙が1枚入っていました。

クリームはちょうど手のひらと同じくらいのサイズですね。

024trinityline
025trinityline

スパチュラはクリームよりも少し大きいサイズになっています。

 ジェルクリームプレミアム スパチュラ
027trinityline

口コミでは、スパチュラが大きいので使いやすいという方もいましたが、クリームと別で保管しなければならないのは少し不便かもしれませんね。

クリームのフタの中等に収納できると紛失の心配も無く、衛生面から考えても安心な気がします。

ケースを開けるとフタとクリームの間にプラスチック製の内蓋が1枚入っていました。

 ジェルクリームプレミアム フタを開けた写真

この内蓋の上にスパチュラが収納できると嬉しいですね。

内蓋を開けると、やっとクリームが顔を出します。

029trinityline
030trinityline

クリームは真っ白ではありません。ほんのりベージュを混ぜたような柔らかい色味で、こっくりとしたテクスチャ―になっています。
031trinityline
ジェルクリームプレミアム テクスチャー
033trinityline

手に取り出してみましょう。

ジェルクリームプレミアム 手に乗せた写真
ジェルクリームプレミアム 手に伸ばした写真

肌に乗せるとすごくひんやりとした感触で気持ちいいです。柔らかく伸びもいいので使いやすそうですね。

実際に手に塗ってみました。

まずは塗る前の写真から見てみましょう。
トリニティラインジェルクリームプレミアム 塗る前の手

ここにクリームを乗せて馴染ませてみます。
トリニティラインジェルクリームプレミアム 塗っている間の手

塗った後の写真がこれです。
トリニティラインジェルクリームプレミアム 塗った後の手

塗ってすぐは、しっとりペタッとした触り心地になりました。人によってはベタつきと感じるかもしれませんね。

数分すると浸透し、ペタペタした感じも消えてきて、しっとりした触り心地になります。

スベスベさらさらとは言えないけれど、このしっとり感は心地いいですし、ほんのり肌につやが出たようにも感じます。保湿力は高そうなので、乾燥しやすい肌には良さそうです。

ただ、少しニオイが気になりました。

香料などは使われていないので、作られたような不自然なニオイは無いのですが、成分による独特なニオイが残っているので、人によっては「苦手」と感じてしまうかもしれません。

パンフレットにもこのような記載がありました。

ジェルクリームプレミアム ニオイ

私個人の感想としては、輪ゴムの臭いに似ていると思ってしまいました。すごく強い刺激臭ではなく、日常にありそうなニオイだけれど、あまり「いい匂い」と感じるものではないですね。

しかし、それ程強くはないですし、美容成分がしっかり入っているからこそ感じるニオイのようなので、慣れると気にならなくなるかもしれません。

では、実際に顔に使っていきたいと思います。

その前に、このクリームの使い方について詳しく見ていきましょう。

トリニティラインジェルクリームプレミアムの使い方

1回の使用量の目安は、パール2粒分になります。スパチュラで取ってから手のひらに乗せましょう。
040trinityline

洗顔後のキレイな状態の顔に、手に取ったクリームを乗せていきます。いきなり塗るのではなく、両頬、額、鼻、顎の5か所に小量ずつ乗せてから塗っていきます。
041trinityline

指の腹を使って、顔の中心から外側に向かって、優しく塗り伸ばします。

ゆっくり10秒くらいかけて、両手で顔を包み込むようにして浸透するのを待ちます。

オールインワンなので、これ一つでスキンケアを完了させていいのですが、もし他のスキンケア用品を使用する場合は、10秒以上時間を空けてから付けた方が浸透しやすく馴染みもいいようです。
042trinityline

乾燥が気になる場合や、目元口元など年齢が出やすい場所は、1度浸透させてから重ね塗りしてもいいでしょう。
043trinityline

この使い方を踏まえて、顔に塗って行きたいと思います。

まずは、手のひらに、パール2粒分程度のジェルクリームを取り出しました。
044trinityline

両頬、鼻、額、顎の5か所に少しずつ乗せていきます。顔に乗せると、やはりひんやりと冷たい感じがして気持ちがいいいです。

毛穴の引き締め効果も期待出来そうですね。
トリニティラインジェルクリームプレミアム 頬に乗せた

これを優しく塗り伸ばします。伸びが良く、スーッと塗り広げる事が出来るので使いやすいと感じました。

しかし、浸透性のある乳液やクリームをつけているのとはちょっと違う感じもしました。口コミでは「パックをつけているみたい」という声があったのですが、その意味がわかった気がします。

肌が栄養分を吸い込んでいくというより、肌表面をジェルクリームが滑っていくだけのような感じがして、その感覚がパックと似ているのです。塗る量もたっぷりなので、余計にパックを塗っているような感覚になってしまいます。

しかし、顔全体に塗り伸ばすと浸透し始めたのか、徐々に肌がペタペタしてきました。肌に艶も出てきて、プルンとした見た目です。
046trinityline

美容成分を浸透させるため、手のひらで顔を包み込みこんでみましょう。
047trinityline

包み込んでいるとペタペタ感がどんどん増していき、顔にノリをつけたかの様に手のひらが頬に吸い付いていきました。これが美肌成分が浸透している証拠なのだとしたら嬉しいですね。

10秒以上かけてシッカリと浸透させると、少しずつペタペタ感が無くなってきます。最終的にはしっとりとした仕上がりで、潤いを充分に感じました。

これなら、この他のスキンケア用品を使用せず、これ一つで大丈夫そうな気がします。

ここから10日間、朝晩のスキンケアにこのジェルクリームを使い続けてみました。

その結果を次の感想でお話したいと思います。

トリニティーライン「ジェルクリームプレミアム」【感想・評価】

いつもは、化粧水をつけてから乳液をつけるという手順でスキンケアを行っていたのですが、化粧水も乳液も1度つけただけでは潤いが足りないため数回繰り返しつけなければならなかった上、浸透するまでにも時間がかかってしまうので、朝の忙しい時間帯のスキンケアをもっと簡単に済ませられたらいいのに、と感じていました。

しかし、このジェルクリームプレミアムに出会ってから、忙しい朝でも時間に余裕を持てるようになったのです。

このジェルクリームプレミアムなら、クリ―ムを取り出して、塗って浸透させるだけで完了です。このクリームで下地までも完了させられるので、この後日焼け止めを塗ってすぐファンデーションに移ることも出来てしまいます。

つけた初日はすごく潤いを感じましたし、使いやすく、時短にもなるので嬉しいアイテムだと思っていました。

ただ、使い続けていくうちに、徐々に気になる点もいくつか出てきてしまいました。

もちろん、いい点もあったので、良い点と良くなかった点をそれぞれ分けて、詳しく見ていきたいと思います。

ジェルクリームプレミアムの良かった点

刺激が一切なかった

手に塗っても刺激は全くなかったのですが、顔につけた場合も、刺激は一切ありませんでした。ピリピリする、赤くなる、痒みがある、等の肌トラブルも一切ありません。

元々それ程肌が弱い方ではないのですが、その化粧品によっては、赤みや痒みを感じる事ももちろんあります。しかしこのジェルクリームでは、肌への悪影響は一切ありませんでした。

そのため、初日から安心して毎日使うことが出来ました。

ひんやり感が気持ちいい

特別冷蔵庫に入れる等、冷暗所に保管したわけでは無いのですが、使うたびジェルがひんやりしていて心地良かったです。今使っている季節が冬だからかとも思ったのですが、暖房を入れた室内で使用しても最初に肌に乗せた時にひんやりするのです。

このひんやり感は程よく肌を引き締めてくれそうで嬉しいですね。

暑い夏は特に気持ちいいかもしれません。

ニオイが全く気にならなくなった

手に付けた時にニオイが気になっていたのですが、いつの間にか全く気にならなくなりました。ニオイに慣れていったのかもしれません。

不自然な香料などによるものではなく、天然の成分によるニオイだからかもしれませんね。

時短になった

オールインワンなので、忙しい朝も、サッと取り出してジェルクリームを顔に乗せて浸透させるだけでスキンケアを終了させられます。

短時間で完了させられるので便利だと思いました。

このように、良い面もたくさんあったのですが、残念ながら、ちょっと気になる点もいくつかあったのです。

ジェルクリームプレミアムの良くなかった点

スパチュラの衛生面が気になる

スパチュラが大きいので、ジェルクリームの容器の中に保管することが出来ません。だからと言ってフタの上にポンと乗せただけでは埃などの影響を受けてしまいます。

そのため、使用後ラップに包んで保管することにしたのですが、もっと衛生的で使いやすい様な工夫があると嬉しいなと思います。

確かにスパチュラが大きいので、ジェルクリームをとる時には使いやすくはあるのですが、だとしたらスパチュラ専用のケースや袋等もセットになっているともっと嬉しいですね。

もしくはジェルクリームのケースをもう一回り大きくして、フタの中にスパチュラが収納できるといいな、と思います。

乾燥が気になる

使い始めた頃は潤いを感じて良かったのですが、数回使っていると、だんだん肌のツッパリ感が出てきてしまいました。

このジェルクリームをつけただけでスキンケアを完了させてメイクをした場合、夕方位になるとシワが目立つようになってきたのです。

笑うたび、頬が突っ張るようになって横に数本のシワが刻まれてしまいます。このツッパリ感は乾燥によるものでは?と思うようになりました。

シッカリと化粧水と乳液で保湿した時はそのようなことはなかったので、やはりこのジェルクリーム一つでは潤いを長時間維持するのは難しいのかなと思ってしまいました。

もちろん、保湿力の高いシラカンバ樹液が配合されていますし、その他にも保湿成分や美容成分が豊富に入っているのですが、私の肌にはもう少し潤い成分が必要なようです。

もしかすると今が冬なので、乾燥しやすい季節だから余計に乾燥を感じてしまうのかもしれません。

きちんと5役こなしているのか気になる

これは、気分の問題だと思うのですが、

油分の多いクリームをつけただけで、化粧水のような水分補給が出来ているのだろうか?水分を閉じ込める乳液の役割が出来ているのだろうか?
化粧前の肌を整える下地と同じ効果があるのだろうか?

などと思ってしまうのです。

多分「オールインワン」に慣れていない方はみんな感じるところなのではないでしょうか。

実際、どの化粧品をつけたとしても、肌に浸透しているかどうかというのは目で見る事ができないので、分からないのは同じなのですが、化粧水をつけることで、水分を与えている安心感が得られるんですよね。

その上で乳液をつけると、「水分を与えて、乳液で蓋をした」と、脳が納得することで保湿したような気分になってしまいます。

しかし、オールインワンだと、目に見えるような水分を与えていないため、「油分の入ったクリームだけで、本当に保湿されてるの?」と、脳が不安がってしまうのです。

オールインワンだからこその便利さは嬉しいのですが、オールインワンだからこその不安が出てしまうのも事実です。

実際、このジェルクリームだけでは乾燥も感じてしまったので、「どうなんだろう?」と考えてしまいました。

保湿以外の効果は感じられなかった

口コミでは、角栓が取れやすくなる、キメが整うなどの声もあったので、保湿以外の効果も期待していたのですが、このジェルクリームを使うことで保湿以外の良い効果は今のことろ感じられていません。

特別キメが整ってきたという感じもありませんし、角栓が取れやすくなる、鏡を見るのが楽しみになる、という事はありませんでした。

ただ、まだ使って10日目なので、もう少し長期的に使わないと本当のところはわからないですね。

では、これらの良かった点と良くなかった点を踏まえて、トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの、私なりの感想をまとめてみたいと思います。

ジェルクリームプレミアム感想

オールインワンジェルクリームと言われていますが、私は、これひとつでは水分補給力が足りないように感じました。

但し、肌表面を守り、潤いを逃がさない力はあると思います。

その証拠として、このジェルクリームをつけただけの時は乾燥が気になったのですが、ジェルクリームの前に化粧水でしっかりと保湿をすると乾燥が気にならなくなり、さらに潤いの持続時間が長くなったように感じたのです。

乳液を使わなくても、化粧水の水分が奪われる事が無かったということは、ジェルクリームに肌内部の水分を逃がさない働きがあるからだと思います。

そのため、口コミでも「乾燥する」「べたつく」という賛否両論の声が上がったのではないでしょうか。

元々肌が潤っている方は、このジェルクリームをつけるだけでも、肌内部にある水分は充分ですし、さらに水分が蒸発しないようジェルクリームによって守られるので、乾燥は気にならないどころか、潤いが十分すぎた場合は「ベタつき」に繋がるのかもしれません。

しかし、肌が乾燥しやすい状態の時にこのジェルクリームだけで完結させようとすると、水分が補給されない上に、守るべき水分も元々足りないので、乾燥が気になってくるのではないでしょうか。

実際のところ、目で確認することはできないので、何が本当かは分からないのですが、私としては、乾燥しやすい方は、このジェルクリームをつける前に、たっぷりと化粧水で水分補給を行っておくことをお勧めしたいです。

ただ、そうなると、オールインワンとしての良さである、「これ一つでスキンケアを完了」という手軽さが消えてしまうので、ちょっと残念です。

また、下地効果についてなのですが、ジェルクリームをつけた後、肌表面が滑らかになる感じがするので、ファンデーション前の下地効果はそれなりにあると思います。

もしスキンケアをしてからメイクするまでに時間が空く場合は、メイク前にもう一度ジェルクリームをつけると下地効果がアップするかも知れません。

ただ、肌のくすみや赤みをカバーしたり、肌色を調整したり、肌を明るく見せるなどのような効果は無いので、「よくある普通の化粧下地」と思って使う分には充分だと思います。

もし、ファンデーションではカバーしきれない部分を下地で自然にカバーしたい、等、メイク前の下地に多くの効果を期待している場合は、やはり自分の好みに合った下地を別でつけた方がいいかもしれませんね。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムQ&A

ここで、トリニティーライン「ジェルクリームプレミアム」についての疑問をいくつか解消しておきましょう。

定期コースもあるの?

1つから注文することが出来る通常コースもありますし、お得な定期コースも用意されています。

通常コースだと、1つ3,800円(税抜)になってしまうところ、定期コースだと最初の1つ目はなんと半額の1,900円になります。

さらに、定期コースを申し込んだ方には、以下のような特典も用意されています。

・10%off
初回は半額となりますが、2回目以降のお買い物も、常に10%offの3693円(税込)で購入可能となります。定期的に購入したい場合は通常コースで申し込むよりずっとお得ですね。

・選べる間隔
毎月、2か月ごと、3か月ごとのいずれかの間隔を自由に選ぶことが出来ます。届くのが早すぎる、遅すぎるということなく、自分のペースに合わせて購入できるのは嬉しいですね。

・お休みも可能
定期的に購入していても、少しお休みしたくなったら自由にお休みすることが出来ます。ただし、次回の商品が届く10日前までに連絡しなければなりません。

・変更可能
届け出日やコースなどを、後から変更することも可能です。こちらも次回の商品が届く10日前までに連絡しなければなりません。

・送料、手数料無料
全国どこからの注文も、送料と手数料無料で発送してくれます。商品以外の無駄な経費がかからないので嬉しいですね。

・ポイント
嬉しいポイント制度があります。ポイントを溜めて、お買い物に利用することが出来るので、さらにお得なお買い物ができます。

定期コースの申し込みもインターネットから簡単に行えますし、通常コースよりもお得にお買い物が出来るので、トリニティーラインの商品が気に入った場合は、定期コースで申し込んだ方がいいかもしれませんね。

ただし、定期便の解約は電話のみの受付となっているので、注意しましょう。(トリニティーラインお問い合わせダイヤル 0120‐14-4356、9時~21時)

保管方法は?

直射日光の当たる場所や、高温・多湿となる場所を避けて保管しましょう。ただし、低温になりすぎる場所での保管も良くないので、冷蔵庫などに入れる事もやめましょう。

常温で、日光の当たらない、清潔な場所がいいですね。

使用期限は?

未開封の状態であれば、製造してから3年間は大丈夫です。

開封後は変色、変質の可能性が高くなってしまうので、なるべく早く使い切るようにしましょう。基本的には、パール2粒大を毎日使用すると、1か月~1カ月半で使い切れるはずです。

ただし、使い方や保管方法によっては使用期限を早めてしまいます。

以下のような注意点を守って使うようにしましょう。

・1度取り出したクリームを容器に戻さないこと
・使用後はシッカリとフタを閉めること。

敏感肌でも大丈夫?

口コミでは、肌荒れが起きてしまった方もいたようですし、パンフレットにも、「全ての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません」と記載されているので、場合によって刺激を感じたり肌トラブルが起こってしまうこともあるかもしれません。

しかし、無香料、無着色、ノンアルコール、ノンパラベンの、低刺激なジェルクリームとなっています。アレルギーテストや乾燥性敏感肌のパッチテスト等も実施し安全性も確認した上で販売されている商品なので、たいていの方は安心して使用することが出来ると思います。

<まとめ>
今回、SNSで話題の商品を実際に使ってみたのですが、正直なところ、それ程人気が出るほどのスゴイ化粧品という感想は持てませんでした。

水分保持力はそこそこありますし、刺激も無く、肌も滑らかになるような気がするので、使い勝手としては決して悪くはないのですが、「美容成分95%以上!水は一滴も使っていません!」と大々的に広告しているので、期待値が上がりすぎてしまったのかもしれません。

また、化粧品というのは数日使っただけでは本当の効果というものはなかなかわからない部分が多いですね。ターンオーバーを繰り返すことで徐々に肌も変わっていくものなので、長期的に使用し続けることで、肌が変化していくのかも知れません。

実際、口コミでも、「劇的な変化は感じないけれど、5年使い続けた結果、肌がキレイと言われるようになった」という声もありました。

つけてすぐ驚くような変化を与えるようなものではないけれど、じわじわと肌内部にしみ渡り、ゆっくりじっくりキメを整えてくれるのかもしれませんね。

まだたっぷり入っているので、私ももう少し継続的にこのジェルクリームを使い、本当に肌に効果があるのかどうか、確認していきたいと思います。

スポンサードリンク

PAGETOP