白ネイル セルフで簡単デザイン5選

白ネイル セルフで簡単デザイン5選

シンプルで清潔感のあるネイルのカラーでもある「白」はデザインネイルの中でも人気がありますよね。カラーでも、ベーシックな白からシアーカラーラメ系やパール系などいろんなものがあります。

今回はそんな人気の白ネイルの簡単デザインを紹介していきましょう。白だからこそ出るセルフネイルのお悩みにもお答えしていますので、是非参考にセルフネイルを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

 


もくじ

白ネイル×シンプルグラデーション

白ネイル×シンプルグラデーション

スポンサードリンク

 

白ネイルのデザインの中でもグラデーションは人気が高いです。しかし、意外と白の単色を使ったグラデーションは苦手な方や、やり方を知らない方もいらっしゃるようですね。

ここでは、そんなシンプルな白のグラデーションのやり方を紹介しましょう。マニキュアでのやり方も一緒に紹介しますのでジェルネイルをしない方も必見です。
001shironail
まずはベースコートを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取った状態から始めます。
マニキュアの場合もベースコートを塗っておきましょう。
002shironail
白のカラーをネイルの3分の1程度塗ります。
マニキュアの場合も同じように一度塗りをしてくださいね。
003shironail
次に同じ白でもシアーカラーの白を使って真ん中の3分の2のところを塗ります。このとき、下の白のカラーをぼかすように塗るのがコツです。ぼかすときには、細筆があれば筆で横にペンの試し書きのようにくるくると回しながらぼかすといいですね。ムラになりにくいですし、グラデーションが自然になります。

また、シアーカラーの白がない場合は、クリアジェルに白を混ぜると柔らかなシアーカラーの白を作ることができます。ナチュラルカラーを使ってグラデーションを作るのもありです。白単色のグラデーションは白→クリアにしていくので、中間のカラーは好きに作ることができます。

マニキュアの場合、少し早さも必要になりますが、シアーカラーの白と白の境界線をぼかす時にトップコートを使うと、たくさんマニキュアをつけすぎて分厚くなったりする失敗も少なくなるのでおすすめです。
004shironail
次にクリアジェルを使ってシアーカラーの白とクリアジェルの境もぼかしていきます。クリアの部分を多く取りたいときにはクリアの方から、シアーカラーの白を多く取りたいときにはシアーカラーの白の方からぼかしを入れていきます。

筆はぼかす度に拭くと、クリアの部分にむらなくグラデーションを入れることができます。ここで硬化をおこないます。グラデーションの層を厚くしたい場合などは、以上の工程を2度塗りで繰り返すことで密度の高いグラデーションを作ることができます。

マニキュアの場合、クリアのマニキュアもしくはトップコートを使って爪の先に向かってぼかすといいですね。

マニキュアは一発勝負になるのでクリアのところには注意をしましょう。トップコートはツヤ系、ジェル仕上げ系のものがおすすめです。カラーの間に段差ができないのと、厚みを利用してグラデーションを綺麗にみせることができます。
005shironail
今回は白ネイルでも、シンプルグラデーションということでアクセサリーパーツを少し輝きを引き立たせるスワロフスキーのオパールを使用しました。

白のシンプルグラデーションに雪のようなイメージのパーツでぴったりなアクセサリーです。これでトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

マニキュアの場合も同じようにトップコートを塗って完成です。

シンプルなグラデーションだからこそ、少しの輝きを豪華にというのがポイントですね。ジェルやスカルプの場合は、ダイヤカットの埋め込みストーンもおすすめです。

取れにくいというのもありますし、トップコートジェルで輝きがなくなってしまうのが…という方にもいいと思います。ぼかしの部分がラメやホロを使ってごまかしが利かないのが単色グラデーションの難しいところでもあります。

筆をこまめに変えるなど少しの工夫で簡単に楽しめますので、是非セルフでもやってみてくださいね!

白ネイル×フレンチ

白ネイル×フレンチ

スポンサードリンク

 

白ネイルと言えば定番のデザインなのがフレンチネイルです。そんな人気のフレンチネイルに、もう一つデザインをプラスしてシンプルすぎない洗練された仕上りにしてみました。

シンプルなフレンチだからこそラインも難しかったりしますよね。ここでは、そんな白ネイルのフレンチを綺麗に作るやり方も紹介していきましょう。マニキュアの場合でも同じ要領でOKなので参考にしてみてくださいね。
006shironail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
007shironail
フレンチラインを描いていきます。まずはフレンチラインの一方向からラインを描きましょう。一気にフレンチを描こうとすると失敗することもあります。斜めに一直線をイメージして描くと綺麗なラインが描けます。
008shironail
逆の方向からも同じように直線を描くようにラインを取ります。このとき、真ん中でVになるようにするのがポイントです。色にムラがある場合なども1度塗りなので気にしないで大丈夫です。1度塗りではラインを綺麗に取ることを意識して描きましょう。
009shironail
最後に真ん中のVの部分を埋めるようにカラーを塗ります。カーブをかけるように真ん中に筆を当てるのがポイントになりますが、筆を少し下からラインを作りたい場所まで押し上げるのがコツです。

筆で出る曲線を利用すると簡単にフレンチラインが完成します。このラインの上からカラーを2度塗りします。そうすることで色ムラも消え、綺麗な白ネイルのフレンチになります。
010shironail
クリアジェルでフレンチラインとの間を埋めて硬化します。トップコートジェルで硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。

ネイルチップを使っているのでクリアジェルで仕上げましたが、自爪でおこなうときにはクリアジェルの部分の色を肌色近いピンクカラーを使ってやることも多いです。

スカルプチャーでもよくありますが、そうした方が白のカラーが際立つのと、指先自体も綺麗に見えるので白ネイルのフレンチではピンクを取り入れることもおすすめします。
011shironail
全てをフレンチにしても綺麗な白ネイルのフレンチデザインですが、ワンポイントのデザインとしてフレンチ部分以外にレース柄を入れてみました。ブライダルでも使えるデザインだと思うのでこちらも紹介しましょう。フレンチと同じように、ベースコートジェルを硬化し未硬化ジェルを拭き取ります。
012shironail
今回は「MOYOU」の「BRIDAL」を使ってスタンピングネイルをしてレース柄を転写させます。身近なスタンピングネイルの材料では、100円ショップなどでも販売しているので、レース柄だけではなくいろんな柄でアレンジしてもいいですね。
013shironail
スタンピングネイルの詳細は「スタンピングネイル【やり方・コツ】デザイン10選」にありますので、是非参考にしてみてください。

今回はジェルネイルなので、軽く爪の表面にヤスリをかけます。ベースコートが剥がれるのが心配な方は、クリアジェルを一度塗りして硬化しておくとベースコートを削りすぎる心配はありません。レース柄をスタンピングします。

フレンチネイルなので、下の方まで綺麗にスタンピングネイルを仕上げる必要はありません。マニキュアの方はベースコートの上にそのままスタンピングネイルをしてくださいね。
014shironail
後はフレンチネイルを同じように上から作っていきます。クリアジェルを塗って硬化、トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。

先にフレンチネイルをして、フレンチの部分にマスキングテープをしてレース柄のネイルシールを使っても綺麗に仕上ります。

フレンチネイルだけでもとてもかわいいデザインですが、こういったレース柄などを合わせるだけでも上品な仕上りになります。

アクセサリーを使わなくてもまとまったデザインネイルになるので、ラインストーンなどが付けれないシーンでも活躍できると思います。是非、定番の白ネイルフレンチに挑戦してみてはいかがでしょうか!

白ネイル×お花

白ネイル×お花

スポンサードリンク

 

白ネイルは清楚なイメージもありますよね。その中でも人気があるのが花柄のネイルです。手書き風であったりエンボスアートの花柄もとても人気です。

そんな花柄の中でも白ネイルと相性のいいデザインネイルがホログラムを使った花柄です。セルフネイルでも利き手がやりやすい簡単ネイルアートになります。簡単なのに手抜き感のないデザインでおすすめです。
031shironail
今回はフルの花柄とフレンチに部分の花柄とデザインに入れてみました。まずはフレンチの方からやり方を紹介しましょう。

まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
032shironail
クリアジェルを塗って、フレンチラインの一番太くなる部分に白のホログラムを5つ均等に置いて花型にします。今回使用したのは、1.5㎜の丸ホロです。自分の好みによってホログラムのサイズも変えてくださいね!後でバランスを取るのに、太いラインに花型を入れるほうがやりやすいです。
033shironail
フレンチラインを意識して、他の花型も作っていきます。はみ出すデザインを入れるとぎゅうぎゅう詰めになっていないので、バランスもいいですね。後からすき間をパーツで埋めるのでホログラムでギッチリにしないように気をつけます。
034shironail
花の真ん中にシルバーのブリオンを置いて花柄を強調させます。ここでクリアジェルを塗って硬化させておきましょう。
035shironail
ホログラムの間にパールを置いていきます。ポイントは花柄に使ったホログラムよりも一回り小さいパーツを使用することです。同じ大きさにしてしまうと、花柄なのかアクセサリーなのかが分からないぼんやりしたデザインになってしまいます。

フレンチに作っているので、小さなパールの両端の位置は同じ高さにしましょう。このままトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
036shironail
親指、薬指のデザインに移ります。
ベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。今回はシアーカラーの白をベースカラーに使いました。

逆に白を使って、ホログラムをシルバーにしたり、オーロラにしたりするのも綺麗な仕上りになります。今回は白ホロを使用するので、色かぶりしないようにシアーカラーを使用します。2度塗りして硬化します。
037shironail
フレンチのときと同じように5つのホログラムを使って花型にします。それをランダムにネイル全体に作ります。間を開けるように花型を並べます。ネイルのフレームに収まろうとしないで、はみ出したように作ってあげるのもポイントです。
038shironail
花の真ん中にシルバーブリオンを入れてより花柄に近づけます。ブリオンはジェルの上などで移動しやすいのでクリアジェルを塗って硬化しておきます。
039shironail
間を埋めるようにパールを置いていきます。トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

花柄と言っても少しポップでもありますし、パールをアクセサリーで使っているので上品な仕上りにもなっています。ホログラムのところはドットペンなどで手描きも簡単にできます。

よりフラットな仕上りを求める方には、ホログラムの大小やラメ系のホログラムを使うだけでもフラットな仕上りになります。パーティやブライダルなどにもおすすめな白ネイルデザインです。是非、セルフネイルでも楽しんでみてくださいね!

白ネイルにホロ・ラメをプラスしてキラキラに!

白ネイルにホロ・ラメをプラスしてキラキラに!

白ネイルはホログラムやラメとの相性も抜群です。オーロラ系のホログラムはもちろん、白やシルバー、ゴールドを入れてもとても素敵なデザインネイルになります。

今回はそんなホロとラメを使った白ネイルのデザインを紹介しましょう。普通のグラデーションよりも簡単にできるので、初心者の方も必見です!
022shironail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
023shironail
白のカラーを爪先3分の1程度塗ります。2度塗りをしてもOKです。
024shironail
次に3分の2の辺りにラメホワイトのカラーを塗っていきます。下まで塗ると白の部分もラメが入って綺麗ですが、白のカラーを2度塗りしてラメ部分を分けることでコントラストを出しても綺麗になります。

今回は白のカラーの上にラメホワイトを塗っていきます。ここで硬化します。上からクリアジェルを塗って再度硬化します。

ラメホワイトと白のカラーの境界線は、後ほどホログラムを置いてすき間を埋めるので難しいぼかしは必要ありません。上から塗るだけでも少しぼかしが入ったような仕上りにもなりますね。
025shironail
今回使用するのは「ERIKONAIL」のホログラムです。ピンクオーロラ系のホログラムで、白ネイルとの相性も抜群です。形は六角形のホログラムなので光の乱反射を使って綺麗な輝きを見せてくれます。今回のネイルの主役と言っていいアイテムですね。
026shironail
クリアジェルの未硬化ジェルの上にホログラムを置いていきます。ホログラムは真ん中の境目を挟むようにギザギザと置いていくと不自然になりません。まずは境目からおいてホログラムのバランスをとりましょう。
027shironail
次に上下のバランスを見ながらホログラムを置いていきます。このとき、キラキラの量が多くないほうがいいという方は真ん中だけにホログラムを置いてもいいですし、下にキラキラのウエイトを置きたい方は下にホログラムをおきます。

クリアの部分に多くホログラムを使って白へのグラデーションを演出したい方は、クリア部分に多めにホログラムを取るとまた同じネイルでも雰囲気がガラリと変わります。ここでクリアジェルを塗って一度硬化します。
028shironail
今回はホロ・ラメが主役の白ネイルになりますのでパーツは少なめにしました。シルバーのマルカンを使います。シンプルだけどキラッとこのデザインを引き立てるようにカットの入ったマルカンを使います。
029shironail
エンゲージリングをイメージさせるような光の綺麗なスワロフスキーのクリアラインストーンを指輪のイメージでおきます。マルカンの大きさに対してストーンは小さな方が指輪のデザインに近く見えてかわいいですね。

これでトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
030shironail
人差し指、薬指の他のネイルにはシルバーのスタッズを使って少し引き立て役になってもらいました。白ネイルはブライダルでもよくあるネイルですが、こういったデザインネイルは主役の方にも大変人気のデザインネイルです。

少しお呼ばれしたときのネイルにも派手すぎない、地味すぎないというちょうど間のデザインネイルです。白ネイルは清楚なイメージでもありますが、ホロやラメを使うことでフォーマルなシーンやパーティにもよく合うデザインになります。セルフネイルでも参考にしてみてくださいね。

白ネイル×ストーンで盛りネイル

白ネイル×ストーンで盛りネイル
ラインストーンやパールなどのストーンから大きなチャームを使ったものまでをネイルに入れて盛ったネイルのことを「盛りネイル」といいます。実際にパーティや結婚式などの華やかな場面でも指先の輝きが綺麗なネイルになります。

白ネイルで盛ったデザインをすると下品のなってしまうのでは?と思われることもありますが、ワンポイントに入れるだけでかなり印象も変わった上品な盛りネイルができます。ここでは、盛りネイルをワンポイントに絞った白ネイルのやり方を紹介していきましょう。
015shironail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ります。
次にシアーカラーの白を2度塗りします。2度塗りで硬化します。

ベースとなる色が強すぎると仕上りが変わることがあるので、今回はアクセサリーだけの輝きを魅せるためにシアーカラーの白を選びました。
016shironail
クリアジェルを塗って、パーツを盛っていきます。盛りネイルでパーツを置くときには、大きなパーツから順に置くことで全体のバランスがとれます。

今回はストーンを全てスワロフスキーでまとめているので、大きなスワロフスキーから置いていきます。ストーンだけだと少しさみしいので、一つ大きなシルバーのマルカンを使ったアクセントも入れます。中央の方から大きなパーツを置いていきましょう。
017shironail
次にパールを置いていきます。置く時に真横に置いたり四角にならないようにすると偏った盛り方になったり、ただ大きなパーツを乗せただけの派手なネイルになってしまうこともなくなります。
018shironail
間にワンサイズ小さめのスワロフスキーのラインストーンを置いていきます。盛っていますがバランスも悪くないですし、色が散ったりしていません。白ネイルは特にいろんなカラーが使えますが、色味を入れすぎるあまりよくありません。ワンポイントに派手な色を入れるくらいがちょうどいいですね。
019shironail
すき間を埋めるようにスワロフスキーとパールで盛っていきます。詰めすぎるとジェルがリフトしやすくなったりするので爪の根元や先には少し余裕をもってパーツをおくようにしましょう。

今回はワンポイントに淡いピンクカラーのスワロフスキーを一つだけ入れました。同系色だけでも綺麗ですが、少しだけ違うカラーをポイントに置くのも綺麗です。ここで一度硬化しておきましょう。
020shironail
さらに小さなすき間には、シルバーブリオンを使っていきます。今回はシルバーブリオンを使用しましたが、ベースカラーにシルバーラメを塗ると、盛った後のすき間がそんなに気にならなくなるので、そういった使い方もしてみてくださいね。

クリアジェルを塗って硬化、トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。
021shironail
白がメインの盛りネイルだったので、他のネイルにもキラキラのポイントをおきました。全ての指を盛ってしまうとカラーの良さも消えてしまいます。どのくらい盛るのか、どの指に盛るのかということは白ネイルなら特に考えて盛りネイルを楽しみたいですね。

パーティシーンなどでも見られる盛りネイルは一度はやってみたいけど、仕事などでできない方も多いものです。他のネイルをシンプルに、薬指だけネイルチップなどを使って華やかにしてもいいと思います。パーティシーズンにもおすすめのネイルです。

白ネイルをムラなくうまく塗る方法

白ネイルの難しいところはムラが出やすいところですよね。他のカラーよりも塗りムラが気になる方が多いようです。では「どのようにすれば白ネイルをムラなく仕上げることが出来るのか」という疑問を解消していきましょう。

・ベースコートをしっかり塗る
ベースコートはカラーの持ちをよくするという使い方はもちろん、爪の表面をフラットにすることで筆の滑りを良くしてくれます。ベースコートがしっかり塗れていないと、筆の滑りが悪く塗りムラの原因になってしまいます。

・筆の角度
他のカラーを塗るときでも言えることですが、筆の角度は塗りムラと深く関係しています。綺麗に塗れる筆の角度は爪に対して45度がベストです。筆を立て過ぎると筆に圧がかかりやすくなってしまいますし、倒しすぎてもカラーがつきすぎてしまいます。白ネイルは特に色ムラが出やすいので、筆の角度を意識してみるのもいいでしょう。

・筆に取るカラーの量
ジェルでもマニキュアでも筆にカラーを取り過ぎることで色ムラが出てしまいます。筆からはみ出たカラーを伸ばそうとしてまたムラが出るということはよくありますよね。基本的にはジェルは伸びがいいので筆の半面の半分の量、マニキュアは筆の半面の量で塗るのがおすすめです。

・2度塗りを基本とする
特にジェルの場合、色ムラが出る原因はカラーを一度にたくさん塗ろうとしてしまうことがあります。薄く2度塗りは基本ですので、初めは自爪が見えるくらいの薄さで塗ってもOKです。これはマニキュアでも同じことが言えますね。

・トップコートは色ムラを隠してくれる
少しの色ムラならトップコートが厚みを出してくれるだけで解消できます。ジェルの仕上げにクリアジェルを入れてからトップコートジェルを塗るだけでも色ムラが無くなることもあります。何度も白のカラーを重ね塗りするのではなく、クリアジェルやトップコートを使うのもいい方法です。

白ネイルの黄ばみを防ぐ方法

白ネイルで一番多い悩みが黄ばみですよね。ネイルをしていても淡いカラーになると黄ばみも目立ってしまいます。白ネイルは特に目立つ色なので、「どうやって綺麗なカラーを維持するのか!」ということも知りたいですよね。

実際に黄ばみが目立つ原因の一つに、トップコートが変色していることがあります。ジェルネイルでもトップコート一つで変色したりしなかったりということもあります。実際にお直しで表面を削ると白の部分は変色していないことの方が多いです。

では、なぜトップコートが変色してしまうのかというと、「トップコートの質」「日常生活の習慣」などが挙げられます。

まずトップコートの質なのですが、UVカットのトップコートを使用しているだけで黄ばみは変わってきます。

白ネイルのように色が黄ばみが目立つようなカラーの場合はUVカット系トップコートを使用するといいですね。ジェル、スカイプ、マニキュアどれにも言えることです。

また、日常生活の中で洗剤を使ったり、入浴剤を使ったり、紫外線対策をしていなかったりということはないでしょうか。着色料や変色しやすい洗剤などは爪でもダメージを受けるものです。

透明のトップコートなどはそういった日常生活で使っているものでも変色することがあります。他にも紫外線に当たりやすい環境などもありますね。

対策として、簡易的な手袋を使って洗い物をしたり、紫外線対策をすることもありますが、私がおすすめしたいのは、こまめなトップコートの塗り直しです。

ジェルの場合は軽くヤスリをかけてトップコートジェルを塗り直してあげること、マニキュアの場合は上からでもいいので、2・3日に一度トップコートを塗るだけでも黄ばみは減ると思います。

白ネイルのように色を活かした場合、こういった対策で黄ばみのないセルフネイルが楽しめるので、是非試してみてくださいね!

白ネイルのデザインや、白ネイルをやる中でのお悩みなどにも答えてきましたがいかがでしたか?

シンプルな色やデザインだからこそ、難しい部分やこまめなお手入れなども必要になると思いますが、いろんなファッションとの相性もいい白ネイルはどんなシーンでも活躍してくれる万能カラーです。是非セルフネイルでもいろんな白ネイルを楽しんでみましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP