菊正宗日本酒の化粧水の美白効果は?乳液・洗顔料 口コミ

菊正宗日本酒の化粧水の美白効果は?乳液・洗顔料 口コミ
菊正宗の日本酒を使った化粧品の美白・保湿効果の解説や、菊正宗日本酒の化粧水、乳液、洗顔料を使ってみた感想、評価などを記載しています。

スポンサードリンク

 


もくじ

菊正宗の日本酒を使った化粧品の特徴・効果は?

基本的な特徴・効果

まずは、基本的な特徴と効果をご紹介します。

・全身に使えるタイプ
・アルブチンが入っているため、美白効果を期待できる。
・大容量でコスパがいい
・アミノ酸やセラミドが入っているため、保湿効果を期待できる。
・日本酒の菊正宗が入っていること
・日本酒の香りがすること

化粧水・乳液・洗顔料ともに大量で全身に使うことができます!洗顔料まで全身に使うことができることを知った時は驚きました。

具体的には、化粧水が500ml、乳液が380ml、洗顔量が200gと大容量です。おそらく顔だけに使うとしたら、1年以上は使い続けることができるでしょう。

一方、質はというと「セラミド(保湿成分)」「遊離アミノ酸(保湿成分)」「アルブチン(美白成分)」「プラセンタ(アンチエイジング成分)」という保湿や美白に効果的な成分が入っています。

質より量を重視した製品と思いきや、きちんと有効成分が入っている点は、大きな特徴といえますね。

次の大きな特徴としては、「菊正宗の純米吟醸酒」が配合されていることです。有名な菊正宗という日本酒が入っているのは、ほかにないです。そのため、きちんと日本酒の香りがします。

しかも、ただ日本酒が入っているだけでなく、日本酒1升(1800ML)分のアミノ酸が含まれている点は驚きです。

それでは、次から詳しく有効成分についてご紹介します。

アルブチンの美白効果

日本酒の洗顔料、化粧水、乳液には美白成分「アルブチン」が含まれています。

お肌にできてしまったシミやくすみなどのトラブルを薄くしてくれる効果があります。その美白効果は、トラネキサム酸などの美白成分より効果が高く、多くの化粧品に使われています。

また、アルブチンにはαとβがありますが、αのほうが高い美白効果があるといわれています。この日本酒のシリーズには、アルブチンが入っていますが、どちらの種類のアルブチンが入っているかはわかりませんでした。

プラセンタエキスのアンチエイジング効果

プラセンタは、大変多くの美容効果がある成分です。簡単に言うとアンチエイジング効果のある成分です。動物の胎盤から精製される成分で、肌に栄養を与えたり、肌にハリを与える効果があります。

また、動物性と植物性があるのですが、日本酒の化粧水にはどちらが配合されているかは明記されていませんでした。

アミノ酸の保湿効果

アミノ酸には多くの美容効果がありますが、ここで取り上げたいのは保湿効果です。そして、アミノ酸によって肌が保湿されると肌に水分がいきわたりしっとりすべすべの肌になります。

また、保湿されることにより肌のターンオーバーは正常に働くので、シミやそばかすなどのトラブルをすぐに代謝してくれます。

菊正宗 日本酒の洗顔料・化粧水・乳液の口コミ

菊正宗 日本酒の洗顔料の口コミ

<良い口コミ>
・しっかり汚れが落ちるのに、お肌が乾燥しなかったです。
・少ない量で弾力のしっかりした泡が立ちます。
・大容量なので、1本で半年以上もちます。
・ボディーソープの代わりに使っていますが、乾燥肌の私にはあっているように思います。

<悪い口コミ>
・日本酒臭がきついです。
・小鼻当たりの汚れがあまり落ちないです。
・洗いあがりに肌がとても乾燥してしまいます。

<私のコメント>
一番気になった口コミは、洗いあがりの乾燥具合に差があることでした。製品のホームページには「しっとり洗いあげる」と記載がったので、あまり乾燥しないように作られているようですが、実際はどうなのでしょうか。成分を見ただけではわからなかったので、実際に使ってみようと思います。

また、日本酒の香りについての口コミがありました。実際に菊正宗が入っているため、多少はすると思います。その点も試してみようと思います。

<レビュー項目>
・洗いあがりの乾燥具合
・日本酒のにおい

菊正宗日本酒の化粧水口コミ

<良い口コミ>
・べたつかないのに、肌がうるおいます。
・日本酒が入っているのでアルコールの刺激が強いかと思いきや、刺激は全く感じなかったです。
・大容量だから、毎日コットンパックしても長い期間持ちます。

<悪い口コミ>
・浸透力が低いです。
・肌の保湿が全くされないので、乳液が必ずいります。
・肌がピリピリして、刺激が強いです。

<私のコメント>
以前、「日本酒の化粧水の高保湿タイプ」を使用したことがありますが、あまり保湿感を得ることができませんでした。高保湿タイプでも保湿効果を得ることができなかったので、今回の通常タイプでは、あまり保湿されないのでは?と予想しています。

そのため、一番に保湿感を確かめたいです。

他にも、日本酒の香りで口コミの評価が分かれているようにも見えました。毎日顔につけるものですので、香りって大事ですよね。日本酒が好きな人ならいいと思いますが、好きではない人(私です)にとっては、どう感じるのでしょうか。実際に試して確認しようと思います。

<レビュー項目>
・肌への刺激
・保湿感
・臭い

菊正宗日本酒の乳液口コミ

<良い口コミ>
・肌がしっとり潤うのでとっても満足です。
・大容量なのでコスパがいいです。
・保湿力がちょうどいいので、メイク前のスキンケアに向いています。

<悪い口コミ>
・ポンプ式なので、量の調節が難しかったです。
・もう少しだけ保湿力が欲しいです。
・皮膚の薄い部分(目や口の周り)が乾燥します。
・フェイス用よりも体用に向いている気がします。

<私のコメント>
個人的には顔と体に使えるタイプの乳液だと、肘やかかとのような乾燥する部分にあまり力を発揮できないようなイメージがあります。実際に、目元や口元が乾燥するというコメントもあるくらいなので、その点が気になっています。

そのため、肘やかかとのような非常に乾燥する部分と目元や口元に関しては、どれくらいの保湿力があるのかについてを掘り下げて検証してみようと思います。

<レビュー項目>
・保湿力
・ポンプの量の調節

スポンサードリンク

 

菊正宗日本酒の洗顔料・化粧水・乳液を体験

菊正宗日本酒の洗顔料を使ってみた

菊正宗日本酒の洗顔料

菊正宗日本酒の洗顔料の成分

<注目成分>
・アルブチン:美白成分
・グリセリン:保湿成分

成分を見ると洗顔料には、保湿成分が多く含まれていることがわかります。保湿効果が高いと、しっかり汚れが落ちるが心配なところもありますが、実際に使ってみて確かめたいと思います。

菊正宗日本酒の洗顔料を使い方

顔に使う場合、本製品に記載されている通り、洗顔ネットに3センチ程度取り出し泡立てると非常に弾力の強い泡ができます。

弾力が強いと手で直接顔をこすることがないので、摩擦が少なくて済みます。

また、この日本酒の洗顔料は全身にも使うことができます。その場合は、10センチ程度取り出して泡立てると、もっこもこの泡が出来上がります。

洗顔料で全身を洗ったことがなかったので、贅沢な気持ちになりました。

菊正宗日本酒の洗顔料の感想

洗いあがりについては、程よく脂や汚れが落ちているようでした。特に、肌がつっぱる感じや脂が落ちすぎているようにも感じなかったので、ちょうどいい洗いあがりでした。

においについては、面白いことにネットで泡立てるとあまりにおいがしませんでした。水で薄まっているからなのかわからないのですが、顔面につけても嫌に感じませんでした。
しかし、ネットで泡立てないと、少しだけ日本酒のにおいがします。

最後にコスパについては、非常にいいと感じました。200g入っている洗顔料というものを初めて見たのですが、容器の大きさが化粧水とあまり変わらないので使い切るには1年はかかると思います。

スポンサードリンク

 

菊正宗日本酒の化粧水を使ってみた

菊正宗日本酒の化粧水

菊正宗日本酒の化粧水の成分

<注目成分>
・BG(ブチレングリコール):刺激が少ないアルコールの性質をもった成分。抗菌作用と防腐剤の効果もあります。
・コメ発酵液:日本酒の成分。保湿効果があります。

成分を見ると、美白成分と保湿成分が多く配合されているように思いました。しかし、口コミの中には美白効果があったことや、保湿効果があったというコメントはあまり見つけることができなかったので実際はどうなのかを試してみようと思います。

菊正宗日本酒の化粧水を使い方

顔に使う場合

顔に使う場合は、2通りの方法があります。
まず、お風呂から出たら1プッシュだけ手に取って顔になじませる方法です。この方法だと化粧水が全然減らないので、コスパがいいです。むしろ2プッシュしてしまったら、化粧水で溺れそうになるほど量が多いです。

だから、ポンプ式だと量の調整が難しいというような口コミが出てしまうのかもしれません。みなさんは、1プッシュのご使用をお勧めします。

次は、コットンパックをする方法です。
コットンパックというと通常はコットンを使うと予想されると思いますが、商品に記載されていた使用方法では、「コットンかティッシュペーパーを使って5分程度パックしてください」との使用方法が記載がありました。

ティッシュで化粧水パックする方法は始めて聞いたので、驚きましたが実際にやってみました。
菊正宗日本酒の化粧水でコットンパック
使用方法は、ティッシュを2枚とって化粧水をなじませ顔に張り付けるだけです。目から上と目から下に分けて貼り付けることがコツです。ティッシュが非常に破けやすいので注意が必要でしたが、上記の方法だと非常に簡単でした。

体に使う場合

体に使う場合は、とにかくたっぷり手足につけていくという方法です。
しかし、乾燥シーズンになると浴室から脱衣所に出るだけでも乾燥してしまうと感じたので、私の場合は浴室に化粧水を置いて毎日使っていました。この方法はエステの店員さんに勧められた方法なので、女子リキの読者のみなさまにもおすすめしたいです。

菊正宗日本酒の化粧水の感想

使用感については、あまり保湿力を感じませんでした。そのため、乾燥シーズンだと乳液は必須だと使ってみて感じました。

また、本品に記載されていた「スーッとなじむ」というような浸透力もあまり感じられなかった点も残念です。

私が出した量が多かったのかもしれないとも思いましたが、ポンプ式なので量を調整することが難しかったです。

一方で良かった点は、本品に記載されている「肌の状態を整える」という点では、肌の乾燥しているところと脂っぽいところがなくなったので、化粧水の役割を果たしていると実感しました。

また、日本酒のにおいについてですが、私は個人的に苦手でした。お酒にはトラウマがあるので個人的には厳しかったです。

本物の日本酒を顔に浴びているのと変わりないくらいしっかり日本酒が香りました。しかし、化粧水が蒸発したり肌に浸透すれば匂わなくなります。

次に、肌への刺激についてですが、全くありませんでした。私はよく小鼻の周りに刺激を感じるのですが、日本酒の化粧水だと全くなかったです。

イメージとしては、日本酒のアルコール成分が刺激を与えるのかもしれないと疑っていたのですが、そんなことはなかったです。

最後に、コスパについて評価させていただきたいと思います。今回の検証で、私は化粧水を顔、全身、コットンパックというように、1か月間毎日20プッシュ程度を使っていたのですが、ボトルの半分しか減りませんでした!以下にその写真を掲載します。

005kikumasakeshosui

毎日全身に浴びるように使って、コットンパックもして使っていたのに、これだけ残るというのは高評価できる点です。

これなら500mlで2か月はもちますね。650円で2か月もつということは、1か月325円という計算になるので大変お得だと思いました。

<レビュー項目>
・肌への刺激→◎
・保湿感→×
・におい→×

スポンサードリンク

 

菊正宗日本酒の乳液を使ってみた

菊正宗日本酒の乳液

菊正宗日本酒の乳液の成分

<注目成分>
・アルブチン:美白成分
・グリセリン:保湿成分
・プラセンタ:アンチエイジング成分
・セラミド:保湿成分
・コメ発酵液:保湿成分

菊正宗日本酒の乳液の使い方

顔に使う場合

顔の場合は、1/2プッシュで十分足ります。最初のうちは、1プッシュ取って首にも塗っていたのですが、それでも多いので、1/2プッシュに調整していました。

1プッシュでは、顔がべたべたになりますのでご注意を。また番外編として、乳液でコットンパックも試してみましたが、コットンが乳液を吸い込まなかったので失敗しました。
本品に記載されている通りに、手に取って使う方法が一番いいです。

体に使う場合

体の場合は、伸びが非常にいいので8プッシュ程度で足ります。全身に優しくマッサージするように塗るといいです。

菊正宗日本酒の乳液を使ってみた感想

浸透力に関しては、化粧水よりも良く感じました。化粧水に比べて少しとろみがついているので、肌に馴染みやすいのかもしれません。

保湿力に関しては、大満足です!特に腕や足が保湿されていることを実感しました。本品に書かれているような「ぷるぷる」とまでは言いませんが、お肌がしっとりすべすべしたように感じました。この乾燥シーズンにここまで保湿できので、大満足です。

そして、実際に使ってみて特に感動した点は、塗りやすさです。全身に塗るにはテクスチャーがちょうどよかったです!

ニベアやワセリンのような高保湿タイプだとテクスチャーがバターのように硬いので塗りにくいですし、伸びが悪いですよね。

しかし、日本酒の乳液はポンプ式なので片手でも出しやすいですし、テクスチャーも柔らかく伸びがいいので、全身に塗るのも苦になりませんでした。

乳液のちょうどいいテクスチャーによって滑りが良くなるので、ボディ用のマッサージミルクとしても活用できると思います。それでいて保湿効果も実感できるので、ニベアやワセリンよりも感動しました。

最後に日本酒のにおいについてですが、化粧水よりもきつくはないです。

さらに、乳液の場合はコットンパックすることがないので、顔に塗る一瞬だけでいいので短時間で済みました。

<レビュー項目>
・保湿力→◎
・ポンプの量の調節→○
・塗りやすさ→◎

菊正宗日本酒の化粧水・乳液・洗顔はおすすめ?私の評価

乳液については、保湿力、浸透力、コスパという点で評価できる商品です。顔だけでなく、体に使うことを考えるとマッサージ用のミルクとしても使えるのでさらに魅力的だと思います。

また、べたつかないのに保湿できる点を考慮すると、夏でも使いやすいので1年を通して使っていけると思います。

しかし、洗顔料と化粧水に関しては、乳液ほどの感動はなかったように感じます。

もちろん何においても上には上がいると思うのですが、その中でも「中の下」もしくは「下の上」といった感想を持ちました。

いまいち感動ポイントがなく、ラインで揃えても乳液がないと成立しないように感じます。その点を考えると、やっぱり乳液が最大評価できるアイテムだと思いました。

乳液はリピートしようと思います。

菊正宗日本酒の化粧水・乳液・洗顔はどんな人に向いてる?

向いている人は、日本酒の香りが好きと思える方です。

今回のレビューで、どれほどの日本酒の香りの威力を伝えることができたかわからないのですが、実際に菊正宗の吟醸酒が配合されていることがどれだけ強烈があることなのか、そしてその化粧水を毎日顔に浴びてもいいと思えるかどうか。

その点を考慮していただきたいと思います。

そのほかにも、スキンケアはさっぱりした使用感が好きという方に向いています。一番テクスチャーの濃い乳液でさえも、さっぱりした使用感なのでおすすめです。

スポンサードリンク

PAGETOP