エミューオイル【口コミ・効能】スキンケアしてみた

エミューオイル【口コミ・効能】スキンケアしてみた
今回ご紹介するのはエミューオイルという大変希少性が高いオイルで、このオイルにはお肌の保湿効果を期待できるだけではなく、マッサージに使用すると痛みの緩和効果も期待できるそうです。

それでは、エミューオイルとはどのようなオイルなのか、そして、筆者が実際にエミューオイルを使用してみた体験談をお伝えします。

スポンサードリンク

 


もくじ

エミューオイルとは

エミューは、古くからオーストラリアに生息するダチョウ目ヒクイドリ科に分類される大型の鳥で、非常に強い生命力を持つことで知られています。

エミューオイルは、エミューの脇腹付近の皮下脂肪を原材料としたオイルで、さまざまな栄養成分を含んでいることから、オーストラリアでは医薬品や食品としても用いられてきたといいます。

スポンサードリンク

 

エミューオイルの主な成分

エミューオイルにはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

オメガ9脂肪酸(オレイン酸)

皮膚吸収性が高く、劣化しにくい成分です。この成分は、ナタネ油やオリーブオイルにも含まれています。

オメガ6脂肪酸(リノール酸)

母乳にも含まれている成分で、食品ではコーン油やヒマワリ油などにも含まれています。高い保湿性を持っていますので、乾燥肌の改善に役立つ成分です。

オメガ3脂肪酸(リノレン酸)

オメガ3脂肪酸は、角質層細胞の状態を整える作用を持つ成分であるため、お肌のバリア機能の保持に役立ちます。

エミューオイルの効果

それでは次に、エミューオイルに期待できる具体的な効果についてご紹介します。

保湿効果

エミューオイルに配合されている脂肪酸は人体の脂肪酸の構成によく似ており、角質層に素早く浸透するという特徴を持っています。

角質層にはセラミドなどの細胞間脂質が含まれていますが、外気の乾燥や過剰な洗顔などによって細胞間脂質がなくなってしまうと、途端に乾燥肌になることがあります。

そして、乾燥肌になってしまったときには、外部からバリア機能を補修する成分をお肌に与える必要がありますが、効率良く成分を角質層に浸透されるためには、人体の脂肪酸の構成と似ている成分を選ぶことがいちばんです。

つまり、人体の脂肪酸とよく似た構成のエミューオイルが、まさにこれに該当するということです。

乾燥肌は小じわの原因になることがあり、乾燥によってできた小じわをいつまでもケアせずにいると、最終的には本じわにまで発展してしまう可能性が広がります。

乾燥肌による小じわが気になるという方におすすめできる、それがエミューオイルです。

抗炎症効果

エミューオイルを使用しているというスポーツ選手は多く、医学的な実験についてもエミューオイルの抗炎症効果は認められています。

参考:エミューオイル辞典

血行促進効果

特に、外気温が下がる秋冬には、知らず知らずのうちに筋肉が硬直し、これが肩こりや腰痛、筋肉痛などの痛みの原因になることがあります。

これは、寒さによって自然に筋肉が委縮することが大きな原因となって起こると考えられますが、エミューオイルには血行促進作用があるため、筋肉の委縮を改善し、肩こり、腰痛、筋肉痛の改善効果を期待することができます。

参考:エミューオイル辞典

肌荒れ改善効果

敏感肌やアレルギー肌の方に多く見られるのが、炎症による肌荒れの症状です。エミューオイルが持つ抗炎症作用は、敏感肌やアレルギー肌の方の肌荒れ改善にも役立つといわれています。

参考:エミューオイル辞典

ただし、アレルギー肌の方の場合では、なにがアレルゲンになっているのか特定した上で、エミューオイルを使用する必要があります。

ご自身のアレルゲンが不明な方は、ひとまず皮膚科や内科でアレルギー検査を受け、エミューオイルに含まれる成分がご自身にとってのアレルゲンではないことを確認した上で使用しましょう。

無添加エミューオイル「エミューの雫」を購入しました

今回筆者が体験するのは、エミューの雫です。
001emyuoil
無添加エミューオイル「エミューの雫」

スポンサードリンク

 

早速開封してみて、筆者がとても感動したのは、身体のそれぞれの部位ごとのマッサージ方法の解説書が同封されていたという点でした。

このオイルでマッサージして下さいといわれても、マッサージの知識が乏しくては何をどうマッサージして良いのやら、わかりませんよね?

このエミューオイルの解説書には、とても丁寧なマッサージの方法が記載されています。
003emyuoil
004emyuoil
005emyuoil

これだけしっかりと解説されていれば、マッサージ初心者でも迷うことなくセルフマッサージを行うことができるでしょう。

スポンサードリンク

 

エミューオイル「エミューの雫」を使ってみます

エミューの雫の解説書を見てとにかく嬉しくて感動しましたので、すぐに使ってみることにしました。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、エミューオイルは真っ白なラードという感じで、臭いはありません。
エミューの雫のテクスチャー
エミューの雫の説明書にもありましたが、天然オイルという性質上、室温が低いと固まって容器から出にくくなるということでしたので、まずは両手の平の中で容器ごと温めて使用しました。

スポンサードリンク

 

エミューオイルを腰のマッサージに使ってみた

季節限定とはいえ、腰痛持ちにとっては、あの痛みは本当になんとかしたいものです。それでは早速、腰のマッサージをやってみましょう。

エミューオイルの使用量は、ティースプーン3分の1程度です。解説書の通りにやってみましたが、やはりなかなかうまく行えません。

でも、この腰痛が改善されるのなら…という思いから、全工程を10分程度かけて行ってみました。

解説書にはゴルフボールを使用しても良いと記載されていますが、ゴルフボールでは少々痛そうだと感じましたので、筆者はとりあえず手で行ってみました。

マッサージ後には、確かに腰やお腹がポカポカと温かくなります。

これはエミューオイルのおかげもあるのでしょうが、やはり正しく行ったマッサージによる温熱効果なのではないかと思います。

そして、本当に驚いたのは、エミューオイルの浸透力の早さです。マッサージの途中から、アレ?と思うほど素早くお肌に浸透するのがわかりました。

そして、お肌に浸透してからもお肌の滑らかさが続きますので、マッサージ中に手の滑りが悪くなることはありません。

腰痛緩和については、1回のマッサージではっきりとした効果を得ることはできませんが、血行が良くなっているお風呂上がりに続けて行けば、きっと痛みが改善されるという予感がします。

マッサージそのものは少し面倒だと感じましたが、もう少し慣れてくれば、もっと上手にできるようになるはず。

エミューオイルによる腰のマッサージは、しばらく続けてみようと思います。

エミューオイルを顔のクリームとして使ってみた

洗顔後、化粧水を使用せずにエミューオイルをつけてみました。

エミューオイルは、冷たい容器に出すとラードのような感じですが、お肌に乗せると体温で溶けてすぐに無色透明のオイルに変化します。

エミューオイルの浸透力の早さは腰のマッサージでわかりましたので、少量をお肌につけて、一気に顔全体に伸ばしてみました。

やはり、すごい浸透力です。

つけたあとのお肌はというと、かなりしっとりと潤うのがわかります。これならば、乾燥肌の改善効果を期待できるというのもわかります。

また、オイルの種類によっては臭いが気になることがありますが、今回使用したエミューの雫には気になる臭いがありませんので、顔につけても全く支障はありません。

エミューオイルをボディオイルとして使ってみた

秋冬になると、毎年筆者を悩ませるのが手足の乾燥です。粉吹きレベルで手足が乾燥することはありませんが、春夏よりも明らかにお肌がカサカサします。

そこで、お風呂上がりに手足の乾燥が気になる部分にエミューオイルを擦り込んでみました。

すると、脚のすね部分が特に乾燥していたらしく、あっという間にエミューオイルが浸透、その場でカサカサが治まりました。

心なしか、顔よりも手足のほうがエミューオイルの浸透が早い気がします。おそらく、かなり乾燥していたということなのでしょうね。

これによって、自分の身体の元も乾燥している部分を発見できたわけですから、試してみて良かったです。

エミューオイルを耳ヨガに使ってみた

耳には数多くのツボがあり、このツボを刺激する美容法が耳ヨガと呼ばれています。筆者は数ヶ月前から耳ヨガを実践し始めましたので、その効果がさらに高まれば…という思いから、エミューオイルを耳に少量つけて、耳ヨガを行ってみました。

うん、これはなかなかGOODです。

筆者は顔のむくみ改善と血行不良の改善、眼精疲労の改善目的で耳ヨガを実践していますが、エミューオイルをつけて行うことにより、より指の滑りが良くなってやりやすいと感じました。

腰のマッサージとともに、耳ヨガもエミューオイルを使用して実践し続けたいと思います。

エミューオイルをネイルケアに使ってみた

お肌への浸透性に優れているのなら、きっと爪への浸透も早いに違いない。そう思い、今度はネイルマッサージに使用してみました。

すると…、お肌ほど短時間で浸透することはなく、約5分間のネイルマッサージでもなかなか浸透しません。

やはり、爪は硬いタンパク質成分ですのでお肌よりも浸透が遅いのでしょう。結局、10分程度の放置でなんとか浸透したという感じです。

筆者は普段、ネイル専用のトリートメントオイルでネイルケアを行っていますが、含有している栄養成分で考えるのであれば、2週に1回程度はエミューオイルでスペシャルネイルケアを行ってみてもいいな、という感じです。

乾燥などで割れ爪が気になる方は、少量のエミューオイルによるネイルマッサージで、爪にうるおいを与えてあげてみてはいかがでしょうか。

トリートメントした翌日は、わずかにできていたササクレ部分の状態が改善されていました。

これには個人差があるかもしれませんが、割れ爪だけではなく、ササクレや手荒れでお悩みの方も、エミューオイルでマッサージしてみると良いでしょう。

エミューオイルを髪のトリートメントとして使ってみた

シャンプー後の洗い流さないトリートメントとして、エミューオイルを使用してみましたが、これもなかなかGOODです。

ドライヤーで最も心配なのが熱風による髪の乾燥ですが、エミューオイルを毛先に少量つけてドライヤーで乾燥させると、髪の乾燥を防ぐことができます。

これならば、外気の乾燥による静電気を防ぐこともできそうです。

静電気は切れ毛や枝毛の原因になることがありますので、このような髪のトラブル回避にもエミューオイルは役立つでしょう。

エミューの雫はおすすめ?使ってみた感想

ズバリ、エミューオイルはおすすめできるオイルです。

それでは、エミューオイルのおすすめポイントをまとめてみましょう。

・エミューオイルにはオメガ3、6、9脂肪酸が豊富に含まれている
・伸びが良く、お肌への浸透が早い
・優れた保湿効果を期待できる
・血行不良の改善効果を期待でき、身体の痛みの緩和に役立つ

また、エミューの雫の購入前、お値段だけを見る限りでは高いと感じましたが、実際に使用してみると少量でかなり伸びることができますし、お肌への浸透力の高いということがわかりましたので、決して割高とはいえないでしょう。

エミューの雫の公式サイトでは、某社馬油1mlが潤滑回数往復18回・保湿体感時間が約2~3時間であるのに対し、エミューの雫では、1mlで潤滑回数が往復で46回・保湿体感時間が約6~8時間と記載されています。

馬油ももちろん優れたオイルではありますが、この数字を見る限りでは、エミューの雫はとてもお買い得なオイルだということがわかります。

秋冬の乾燥対策に役立つという部分がミューオイルの最も大きな魅力ですが、筆者としては、エミューオイルを使用した腰のマッサージがこのあとどれほどの効果を発揮してくれるのか?という部分がとても楽しみです。

乾燥肌が気になる方はもちろんのことですが、肩こりや腰痛、筋肉痛でお悩みの方も、この機会にエミューオイルを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

PAGETOP