パウダーファンデーション【おすすめ比較ランキング・口コミ】

パウダーファンデーション【おすすめ比較ランキング・口コミ
この記事では、パウダーファンデーションとその他のファンデの違いや上手に使い分ける方法、口コミ人気が高い5つのパウダーファンデーションを実際に使ってみた感想をランキングでお届けしています。

いちばん良かったパウダーファンデーションはどれだったのでしょうか??


もくじ

パウダーファンデーションとは?

パウダーファンデーションは、粉末を油性の成分でコーティングして、押し固めて作られたファンデーションになります。

サラッサラのミネラルファンデや仕上げ用のルースパウダーも粉状ではありますが、一般的にはパウダーファンデーションといわれたら、ケースにギュッと押し固められたプレストパウダーを指します。

パウダーファンデーションはリキッドファンデよりも油分が少なく、仕上がりはマットになります。

フタつきのコンパクトケースに入っているので持ち運びも便利で、外出先でもサッとメイク直しをすることもできます。

パウダーファンデーションのメリット・デメリット

パウダーファンデーションのメリット・デメリットを改めて見直してみましょう。

★パウダーファンデーションのメリット
・持ち運びしやすい
・しっかり色づくので、朝のメイクにもメイク直しにも使える
・パウダーなので、仕上がりがサラサラ!
・テカりをカバーできる
★パウダーファンデーションのデメリット
・つけすぎると粉っぽくなる
・重ねすぎると化粧浮きして見える
・リキッドと比べると密着度が弱く、落ちにくくはない
・乾燥しやすい
・乾燥している肌につけるとカサカサ・ガビガビになってしまうことも
・落とすなどの衝撃で割れてしまうことがある

メリットばかりではありませんが、メイクの基本アイテムであることはまちがいないですよね。

パウダーファンデーションはどんなひとにおすすめ?

パウダーファンデーションの特徴とメリット・デメリットを見ていくと、どんな人に向いているのかがわかってきます。

★パウダーファンデーションはこんな人におすすめ!
・メイクをできるだけ簡単にしたい!
・ナチュラルメイクが好みだけど、肌悩みはカバーしたい!
・ツヤ肌よりもサラッとしたマットな仕上がりが良い
・毛穴をカバーしたい
・テカりやすい
・リキッドファンデーションが重く感じる

当てはまる項目は何個ありますか?

多ければ多いほど、あなたの肌に合っているのはパウダーファンデーションということになります!

口コミで人気のパウダーファンデーションを5つ使ってみた

ここでは実際にパウダーファンデーションを塗ってみます。
使うのは、今とても人気があるパウダーファンデーション、ミネラルファンデーションなど5種類のファンデです。

思い切って全部新品を実際に購入したので、わたしもテンション上がってます♪
どれがいちばん良かったか、のちほど感想をランキングでご紹介しますので楽しみにしていてくださいね!

エトヴォス ミネラルファンデーション

エトヴォス ミネラルファンデーション

★エトヴォス ミネラルファンデーション基本情報
・購入価格:1,800円
・カラー展開:4色
・紫外線防止効果:SPF30・PA++
・その他
ブラシもついている7点セットでこの価格はお得!
セラミド配合美容液もついてます!

エトヴォスは、肌にできるだけ負担をかけたくない女性に支持されているブランドです。

スキンケアアイテムも充実していて、使い続けたことで肌が強くなったことを実感している方もいらっしゃいます。

エトヴォスミネラルファンデーションにはトライアルセットがあるので、今回はこちらを購入しました。

このセット、本当にお得度が高いので、先に内容を紹介させてください!
特に敏感肌さんは大注目ですよ。
poderf_etvos2

①エンリッチ シルキープライマー
②クリアソープバー
③ナイトミネラルファンデーション
④マットスムースミネラルファンデーション
⑤モイスチャライジングローション
⑥モイスチャライジングセラム
⑦アルガンオイル
⑧フェイスカブキブラシ

基本的には、③④⑧のセットなのですが、残りはプレゼントという形でセットになっています。

この8点セットで価格はなんと1,800円!
フェイスカブキブラシだけでも2,000円なので、めちゃくちゃ安いんです。

そして、⑥のモイスチャライジングセラムがさらにすごいんです。5種類のヒト型セラミドと天然保湿因子配合で、女子リキの「保湿美容液おすすめランキング 5商品使った口コミ」https://joshi-riki.jp/archives/25269でも1位を獲得しています。

セラミドは刺激になりにくいのに、肌のバリア力を上げてくれるので、敏感肌さんにとても頼もしい成分なんですよ。

まだ試したことがない方は、エトヴォスミネラルファンデーションと一緒にぜひ使ってみてくださいね!

さてさて、今回注目なのはこの4つです。
poderf_etvos3

●黒いキャップのファンデは?
メインのミネラルファンデ「マットスムースミネラルファンデーション」になります。

●クリーム色のキャップのは?
「ナイトミネラルファンデーション」は、マットスムースミネラルファンデーションを塗る前に肌のキメを整えるために使います。
仕上げのフェイスパウダーとして使用することもできます。

ミネラルファンデは下地なしで使うこともできるのですが、こういう下地のように使うファンデやプライマーが別売りしていたら使った方が良いですよ!
メインのミネラルファンデがヨレにくくなります。

また、ナイトミネラルファンデーションはその名のとおり、夜のスキンケアにも使用することができます。
オーガニックオリーブオイルが配合されているので、寝ている間に肌がしっとりに!スキンケア後のベタつきが気になる方にもおすすめ。

●白い袋は?
「エンリッチシルキープライマー」です。マットに仕上げたいときの下地&仕上げ用のフェイスパウダーとして使用します。
天然シルクと保湿成分が配合されていて、肌なじみが良いのに毛穴をふさぎません。

ナイトミネラルファンデーションとエンリッチシルキープライマーはどちらも下地&フェイスパウダーになるので、どちらかひとつの使用で大丈夫です。

マットにしたい方はエンリッチシルキープライマー、ツヤを出したいときにはナイトミネラルファンデーションを使用してください。

今回はナイトミネラルファンデーションを下地&フェイスパウダーとして使ってみます。

まずは、ナイトミネラルファンデーションを下地として顔全体にのせます。
poderf_etvos_night1
キャップを開けるとシールで封がしてありました。新品って気分が上がりますね~!

使い方を説明しますね。
1.キャップに米粒大くらいの量を出します。
poderf_etvos_night2
白なので見えにくいですが、ピンクの〇の中に出しています。

2.ブラシをクルクルしながら均一になじませます。
poderf_etvos_night3
ブラシにナイトミネラルファンデーションをつけただけだと写真のように一部についてしまうので、

poderf_etvos_night4
キャップの内側でクルクルして・・・

poderf_etvos_night5
ブラシをキャップでトントンと叩いて余分なパウダーを落とします。
poderf_etvos_night6
ブラシにナイトミネラルファンデーションがなじみました!最初と全然ちがいますね。

poderf_etvos_night7
お顔の内側から外側に向かってくるくると円を描きながらナイトミネラルファンデーションをのせていきます。

ナイトミネラルファンデーションは下地の役割なので、お顔全体がサラッとするまで少しずつ塗り重ねます。

この下地作業を丁寧にやるとよれないでキレイになります!

メインのマットスムースミネラルファンデーションも塗り方は同じです。
poderf_etvos_matsmoth1

1.マットスムースミネラルファンデーションをブラシにとります
2.ブラシをくるくるしてファンデをブラシになじませます
3.キャップのふちでトントンして、余分なパウダーを落とします
4.ブラシ全体にマットスムースミネラルファンデーションがなじんだことを確認します

poderf_etvos_matsmoth2
のせ方も同じで、内側から外側に向かってひろげていきます。
1度だけだとかなり薄付きなので、1~4を繰り返しながら好みの質感まで仕上げていきます。

何度か重ねて、仕上げにナイトミネラルファンデーションをのせるとこうなります。
poderf_etvos_matsmoth3
肌のあらがキレイに隠れて、ファンデーションを塗ってます!という感じになったのではないでしょうか。

下地・ファンデ・仕上げまでパウダーしか使っていないのにお顔に触れてみると、しっとり感がありますよ。
しかも、すごく軽い!この軽さこそがミネラルファンデの良さよね~!と改めて思います。

パウダーファンデーションと比べると薄付きだと感じますが、マットスムースミネラルファンデーションはSPF30・PA++のUVカット効果もありますし、日常のメイクはこれくらいで十分だと思います。

普段からミネラルファンデーションを使うことが多いのですが、エトヴォスのミネラルファンデーションは初めて使いました。
肌荒れやかゆみなどの刺激も全然ないですし、かなり気に入りました!

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーション

★オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーション基本情報
・購入価格:1,900円
・カラー展開:2色
・紫外線防止効果:SPF50・PA+++
・その他
ミネラルファンデ&ブラシと洗顔剤のセットにポーチがついてます!
ビーチやフェスの強い紫外線にも対応できる高い紫外線防止効果!

オンリーミネラルはRFボーテシリーズなどの美容家電で人気のあるヤーマンのミネラルコスメブランドです。

オンリーミネラルの良いところは、ミネラル100%の肌に優しいファンデもあるし、ミネラルに美容成分を追加したBBクリームなども選べるところ。

今回試してみるのはミネラル成分に薬用美白成分が配合されている「薬用ホワイトニングファンデーション SPF50+」です。

ポイント使いできるブラシを使えば、薬用ホワイトニングファンデーションひとつでコンシーラーのように使うこともできます。

セット内容は
・薬用ホワイトニングファンデーション
・ブラシ
・フォーミングソープ
・コスメポーチ

の4つです。

poderf_onlyset2
薬用ホワイトニングファンデーション本体です。キャップがかわいい!

poderf_onlyset3
ブラシは「デビューブラシ」になり、やや小さめです。

この4点で価格は1,900円!エトヴォスほどではないですが、ブラシの価格だけでも1,200円なので、やっぱりお得度が高い!

さっそく使ってみようと思ったのですが、いろいろわからないことがあります。
公式サイトには薬用ホワイトニングファンデーションと書いてあったのですが、本体には薬用美白ファンデーションと書いてあります。

え?同じものよね?と思ってパンフレット確認すると、やっぱり薬用ホワイトニングファンデーションになっています。
poderf_onlyset4
あと、商品名は「薬用ホワイトニングファンデーション SPF50+」なのですが、紫外線防止効果はSPF50+/PA+++です。
名前が変わったのかもしれませんが、こういうのはまぎらわしいと思いました。

では、使ってみましょう!
poderf_only_fande1
キャップを開けてみました。穴が片側だけに空いてますね。

1.オンリーミネラルファンデーションをキャップに出してブラシにのせます。
poderf_only_fande2
ちょっと傾けただけでパウダーがドバッと出てきて焦ったのですが、1回あたりパール1粒分くらい出してOKなのだそうです。

2.ブラシをクルクルしながらパウダーをなじませていきます。
poderf_only_fande3

3.キャップのふちでとんとんして、余計なパウダーを落とします。
poderf_only_fande4
ブラシが短いので、指にパウダーがついてしまいます・・・。

4.顔の中央から外側に向かってくるくる塗っていきます。
poderf_only_fande5
オンリーミネラルファンデーションは、コンシーラーブラシというポイント用のブラシを使えばシミやクマを隠すような使い方もできるとのことだったので、家にあった細かいブラシを使ってシミが気になるところに試してみました。
poderf_only_fande6
赤マルの中に縦長のシミがあります。

向かって左側がオンリーミネラルファンデーションを重ね付けする前、右側が塗った後です。

自分ではかなり薄くなっていると思うのですが、どうでしょう??
poderf_only_fande7
全体的に見るとこんな感じ!

ミネラルファンデなのでナチュラルではありますが、オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションはミネラルファンデの中では、色がかなりハッキリしていて、ツヤ感がでます。

プライマーなどの下地は不要でUVカット効果もかなり高いので、下地や日焼け止めを塗らずに、スキンケア後の肌に直接のせてみたのですが、お顔全体のカバー力もコンシーラー効果もかなりあると思います。

たったひとつのミネラルファンデだけでここまで隠せるのはすごくありがたいです!

プライマーなしでヨレないところも良いですね!

ただ、エトヴォス ミネラルファンデーションと比べるとやや重く感じます。
それから、ブラシが使いにくいところも気になりました。

毛の面積が狭いのでパウダーをあまり含ませることができず、何度もくるくるしないといけなくて時間がかかりますし、柄が短いところにも不満があります・・・。

携帯用にするにもキャップがないので、ナイロン袋などに入れておかないとお粉がポーチの中についてしまいそうです。

ブラシの単品価格は1,200円ということで、スターターキットについていると考えたらお得なのかもしれませんが、単品で購入してこの使用感だったらかなり不満が残ると感じました。

筆の肌当たりは良いんですけど、構造がイケてないです・・・。

VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーション

VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーション

★VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーション基本情報
・購入価格:3,300円
・カラー展開:5色
・紫外線防止効果:SPF25・PA++
・その他
パフで使うタイプのミネラルファンデ!
10の無添加処方!

VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションは、アットコスメのベースメイク・メイクアップランキングで1位を獲得したミネラルファンデです!
国産のミネラルファンデで、石けんだけでオフできます。

ナノ粒子、紫外線吸収剤、界面活性剤、シリコン、タルク、パラベン、アルコール、鉱物油、合成香料、合成着色料の10成分が無添加。

不安な成分をここまで排除してあるので、乾燥が気になる方、肌が弱い方でも安心度が高いのではないでしょうか。

しかもSPF25PA++なので、普段使いにちょうど良い感じ。

今回購入したのはVINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーション本体とパフがセットになった初回限定デビューセットです。
poderf_vintorteset2

シルクパウダーミネラルファンデーションはサンプルサイズではなく、定価3,300円の本製品になります。
左の箱の中に右の本体が入っていました。

poderf_vintorteset3
ミネラルファンデ本体にパフがついた2点セット。

価格はこの2点で3,300円です。パフ代と送料がサービスされているという感じですね。

お試しとしては安いとは言えず、ちょっと迷う価格かもしれませんが、使用済みでも返品できる「30日間全額返金保証」がついているので安心ですよ!

poderf_vintorte_fande1
シルクパウダーミネラルファンデーションのふたを開けると中に透明のカップが入っていました。このカップはパフを収納するときに使います。

poderf_vintorte_fande2
ミネラルファンデ本体の保護シールをはがすときに粉末が飛び散りやすいので、慎重にはがしてくださいね!

poderf_vintorte_fande3
透明カップをミネラルファンデ本体にカポッと入れて・・・

poderf_vintorte_fande4
パフを収納します!
ケースの中にパフまで収まるように設計されているところは、エトヴォス、オンリーミネラルよりも使い勝手が良さそうだと感じました。

パンフレットに詳しい使い方が書いてなくてよくわからなかったのですが、公式サイトの方に記載がありました。

1.透明カップをはずします。
poderf_vintorte_tsuka1
カップはキャップに入れると便利!

2.ネットにパフを軽く押し付けてパウダーをパフにつけます。
poderf_vintorte_tsuka2
ネットは軽く伸びるようになっているので、ポンポンとプッシュするだけでパウダーがついてくれます。

3.手の甲をかるくクルクルしてパフにパウダーをなじませます。
poderf_vintorte_tsuka3

4.顔の中心から外側に向かってパフでポンポンとお顔を抑えるようにファンデをのせていきます。
poderf_vintorte_tsuka4

5.のせ終わったら手のひらでお顔全体を軽くおさえてファンデをなじませたら完成!
poderf_vintorte_tsuka5
この工程をやらないと肌にパウダーが軽くのっているだけなので、落ちやすくなると思います。忘れずにやりましょう!

poderf_vintorte_tsuka6
完成しました。ミネラルファンデらしい薄付きですが素肌感は消えています。

ミネラルファンデは固形のパウダーファンデーションと違って、どうしても持ち運びに不便なところがあるんですよね。

特にキャップに取り出してブラシにクルクルするタイプのミネラルファンデは、メイク道具を置くスペースが狭いお手洗いとかだと不便を感じてしまいます。

ブラシの携帯も何気に面倒ですし、もしわたしがエトヴォスかオンリーミネラルをこれから使い続けるとしたら、携帯専用ブラシも別途購入することになると思うので、初期費用がかさんでしまいます。

VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションのケースはパフを収納できる設計になっているので、持ち運び中のお粉の飛び散りの心配が要りません。

パウダーファンデーションなら当たり前の設計なのですが、改めてこれってすごく便利だなぁと感じました。

下地なしでそのままササーっと使ってもヨレないので、朝のすっごく忙しいときでも、日焼け止めを兼ねたナチュラルメイクがあっという間にできてしまいます。

毛穴がパウダーで埋まっている感じがほとんどないので、肌が呼吸できてる!という感じがするのもとてもうれしいです。

わたしは肌に合わないコスメを使うと、すぐにチクチクやヒリヒリを感じるのですが、VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションは時間が経ってもその感じが全くありません。お肌がすこやか♪

お試し購入としてはお安くはないのですが、パフ付きの本製品をしっかり使ってチェックできて全額返金保証が利用できるのは親切だと思いますよ。

全成分が天然由来、または天然物を加工した原料で作られているので、本当に安心できるファンデを探している敏感肌さんにぜひチェックして欲しいです。
カラーも5色から選べますよ!

マキアージュドラマティックパウダリー UV

マキアージュドラマティックパウダリー UV

★資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV基本情報
・本体価格:3,240円
・コンパクトケース価格:1,080円
(資生堂のwebサービス ワタシプラスの販売価格です)
・カラー展開:7色
・紫外線防止効果:SPF25・PA++
・その他
水あり・水なしの2WAY仕様
レフィルにもケースにもスポンジがついています
マキアージュには3種類の下地があります(別売り)

スポンサードリンク

 

マキアージュドラマティックパウダリー UVは、パウダーと美容液水をふわっふわに合わせたムースから作られたパウダーファンデーション!
こういう、常に最新をいく技術力はさすが世界に誇る資生堂です。

この製法を「ムースプレス製法」というのですが、どんな効果があるのかというと、

・ふわっとなめらかに仕上がる!
・パウダーと肌が一体化して、生まれたてのような肌感をキープ!
・毛穴、くすみ、色ムラをカバー。天然の美肌のような仕上がりに!
・うるおいのある肌に!

だそうですよ~。良いことがいっぱいですが、本当にこんなにキレイになるのでしょうか??
poderf_maquillageset

レフィルとコンパクトケースを別々に購入したので、セットするところからやってみますね。

poderf_maquillageset_case
マキアージュドラマティックパウダリー UVのケースです。
誰が見ても「高級感がある!」と感じるような作りになっています。どの角度から見てもキラキラ輝いていて本当に素敵です!

poderf_maquillageset_case2
ケースのふたを開けたら中にスポンジが入っていました。レフィルも箱から出して、ケースに入れてみます。

poderf_maquillageset_case3
レフィルには透明のケースがついています。この透明ケースはパカッと持ち上げると簡単に外れます。

poderf_maquillageset_case4
ケースにレフィルをはめます。
ケース左側に矢印の方に先にはめて、●のところを軽く押すとカチッと音がして固定されます。

poderf_maquillageset_case5
スポンジをケースに戻せば完成!

パウダーと美容液水のムースから作られたパウダーファンデーションの質感が気になって、指でそっとなぞってみました。

poderf_maquillageset_tec
美容液がジュワッと染み出てくるような感じは特にありませんし、わたしには普通のパウダーファンデーションとのちがいがよくわかりません~。

お顔にのせる順番が公式サイトに詳しく書かれていたので実践してみます!

1.スポンジの2分の1の量のファンデーションをとります。
poderf_maquillageset_tsuka1
この量が片頬分になります。

2.最初に頬に塗ります。お顔の中心部分から外側にファンデをのばします。
poderf_maquillageset_tsuka2
もう1度パフに2分の1くらいの量をとってから反対側の頬にもぬります。

3.スポンジに残っているファンデを使って額、目の周り、鼻、口まわりにぬっていきます。
poderf_maquillageset_tsuka3
額、目の周り、鼻にぬって、最後の口まわりを塗っているところです。重ね塗りしていないのですが、早くも素肌感が消えてメイクをしてる肌になってきています。

4.目の下、小鼻周り、口元など細かいところをぬっていきます。
poderf_maquillageset_tsuka4
しっかりフィットさせたい小鼻周りなどは、スポンジをふたつ折りにして密着させていきます。

5.フェイスラインをなじませます。
poderf_maquillageset_tsuka5
さらにカバーしたい部分は、スポンジに少量ファンデをとってトントンとたたくように重ねていきます。

poderf_maquillageset_tsuka6
できました!

まず、コチラを見ていただきたい!
poderf_maquillageset_tsuka7
beforeがメイク前、afterがメイク後です。

メイク前に頬に全体的に赤みがあったのですが、マキアージュドラマティックパウダリーUVひとつでここまでカバーできたんです。
頬の赤みはわたしが気になっている肌悩みのひとつなので、すごくうれしかったです!

マキアージュドラマティックパウダリー UVは、もうね、これひとつあれば十分!という感じのパウダーファンデーションです。

肌がワントーン明るく見えるし、毛穴も隠れるし、メイクをする意味が改めてわかるようなパウダーファンデーションです。

肌の仕上がりはマットでもツヤでもなく、これぞシルキー!という感じのキメがキュッと詰まった感じになりました。

触れた感じは乾燥していないのにサラサラ。スッピンのときでもこんな触り心地なら良いのになーと思うくらい触れたくなる肌感です。

ナチュラルな透明感というよりもツルンとした陶器肌に仕上がるので、ナチュラル派の方には向いていないと思いますが、ナチュラル好きさんはそもそもマキアージュは選ばないのかな?

塗り方の順番どおりに使えば適度なカバー力になりますし、重ねればかなりしっかししたメイクもできます。

みんなはどう思ってるんだろうと思ってアットコスメを覗いてみてびっくり。マキアージュドラマティックパウダリー UVはパウダーファンデーションカテゴリで現在のランキング1位でした!!

みんなの絶賛に、わたしも文句なしの納得です!買ってみて良かったです!

カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーション

カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーション

★カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーション基本情報
・本体価格:5,500円
・コンパクト1,500円
・リフィル価格:4,000円
(カバーマーク 公式サイト価格です)
・カラー展開:9色
・紫外線防止効果:SPF32・PA+++
・その他
モニター調査で99%の女性が満足と評価!
時間が経つほどキレイに見える!

スポンサードリンク

 

カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーションは、時間が経つほど肌が明るくトーンアップして綺麗に見えるパウダーファンデーション。

なぜそんなことが実現できるのかというと、メイクの崩れやくすみの原因になる皮脂を透明感と明るさに変える技術を使っているからなのだそうです。

質感はクリームから生まれた「生パウダリー」で、空気のように肌と一体化したような仕上がりになるそうですよ。
「革命的パウダーファンデーション」ということで、使ってみるのが楽しみです!

poderf_covermarkset
カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーションもレフィルとケースを購入したので、セットするところからやってみます。

まず、ケースを箱から出してみたんですけど、ちょっとうーん・・・となってしまいました。
poderf_covermark_case
これがカバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーション専用ケースなんですけど、どうですか?

写真では黒っぽく見えますが、上の方が濃いベージュ、下に向かってベージュゴールドにグラデーションしています。

こういうのは好みの問題ですが、わたし個人はマキアージュのキラキラ感が好きなので、このケースではテンションが上がりません。

第一印象で、「着物を着た大御所演歌歌手の方が持ってそう・・・」という感じで渋く見えてしまって、自分には合ってないなぁと思いました。

poderf_covermark_case2
大きさはカバーマークの方が横長ですが、マキアージュの方が厚みがあります。
こうして比べると、マキアージュのシャンパンピンクを派手に感じる方もいらっしゃいそう。

poderf_covermark_case3
さてさて、レフィルは透明ケースに入っているのでまずは取り出します。

poderf_covermark_case4
透明ケースをパカッと開けてレフィルを取り出して、

poderf_covermark_case5
ケースの左側から差し込みます。

poderf_covermark_case6
レフィルの右側の●のところをカチッとするまで押します。
これで完成なんですけど、どうもこのケースとわたしは相性が悪いようで、サッと開けることができません・・・。

マキアージュはなんの違和感もなく開けられるので比べてみると、
poderf_covermark_case7
マキアージュはロゴの部分を押せるようになっているので、ここを押した状態で持ち上げます。

poderf_covermark_case8
ロゴ部分はふたの上についてくるので、ここをおさえたまま持ち上げればサクッと開きます。

一方、カバーマークは
poderf_covermark_case9

ケースを開いたときに下にくる部分に大きめのボタンがあって、それを押しながら何のひっかかりもないケースの上部分を開く仕様になっています。

poderf_covermark_case10
ケースの上部分はツルツルしていて何のひっかかりもないので指が滑ってとても開けにくい!
poderf_covermark_case11
そして、やっと開いた!と思ったらなぜか背面に指が挟まる・・・。
正直言って、このケースはとても使いにくい部類に入ると思います。
購入前に手に取って何度か開閉してみることをおすすめします。
poderf_covermark_case12
この角度で見ると、落ち着きがあってすごく良いんですけどね・・・。残念!

長くなりましたが、カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーションを使ってみます。
特に使い方の説明がなかったので、マキアージュ ドラマティックパウダリー UVと同じようにお顔の内側から外側に向かって塗っていきます。

頬の内側からスタート。外側に向かってひろげています。
poderf_covermark_tsuka1
こめかみのところも意外と範囲が広いんですよね。スーッと広げてぬっています。
poderf_covermark_tsuka2
細かいところはファンデを追加せずに残っている分をのせるようにしてみました。
poderf_covermark_tsuka3
最後にフェイスラインになじませます。
poderf_covermark_tsuka4
できました!
poderf_covermark_tsuka5
今回試した5製品の中でパウダーファンデーションはマキアージュとカバーマークだけなので、どうしてもこの2製品の比較になってしまうのですが、カバーマークはマキアージュよりもしっかり色づく印象です。

メイクしてます!という感じがパキッと出るので、しっかりメイクが求められる職場の方にはすごく良さそう。

仕上がりはかなりマット。透明感は出ませんが、毛穴をカバーしたり、肌の粗をなかったことにしてくれるようなファンデだと思います。

こちら、
poderf_covermark_tsuka6
向かって左がカバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーションを1回だけ塗った状態。右がスキンケアをしただけのスッピンです。
ぜんぜん違いますよね!たった1回サーっと塗っただけでここまで毛穴や赤みを隠せるのはとても優秀です。

ケースはイマイチだと感じましたが、内容にはかなり満足!
なるべく短時間でしっかりメイクを作りたい方にはマキアージュよりもカバーマークがおすすめかも!

でも、上の写真のとおり、1回塗っただけでしっかり色づくので厚塗りにならないように気を付ける必要があります。そういう意味では最初だけちょっとコツがいるパウダーファンデーションと言えます。

おすすめはコレ!パウダーファンデーションランキング

まずはサクッとランキングの発表からいきます!

第1位:VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーション

poderf_vintorte_fande4
メイクはしたいけど肌もいたわりたいという、女性なら誰でも思っている気持ちをきちんとわかっているファンデだと感じました。

ちゃんとカバーしてくれているのにつけ心地は軽いし、乾燥も感じないし、これぞ国産のミネラルファンデ!おまけに下地いらずですからね~。
とにかく顔が軽い!UVケアもできてこの軽さは素晴らしいです。

ケースにパフが収納できるところも本当に良かった!

ブラシ・パフの利便性も含めて、携帯のしにくさってミネラルファンデの大きな欠点だと思うんです。

わたしも今、別メーカーのミネラルファンデをパフで使っているのですが、携帯用には小分けの携帯ケースに入れなおしたもの持ち運んでいます。パフはパフで別ケースに入れています。

この入れなおす作業がすごく面倒だし、小分け用ケースのふたが開いていたようでお気に入りのポーチの中が散々なことになったこともあります。

VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションなら本体ごと持ち運んでも全然大きすぎないし、面倒なことが一切いらない本当に優れているファンデです。

今使っているミネラルファンデがなくなったら、VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションに乗り換えようかなと思っているくらい気に入りました!

第2位:マキアージュドラマティックパウダリー UV

わたしはミネラルファンデが好きなので、VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションを1位にしましたが、パウダーファンデーションがお好みの方にはマキアージュドラマティックパウダリー UVを自信持っておすすめします。

自分の素肌がそのままキレイになったかのような錯覚(笑)を覚えるくらい、キレイに見えるんです!

わたしの肌悩みの赤みも消してくれたし、マットでもツヤでもないシルキー肌をこんなに簡単に作れるというところもホントに感心しました。

マキアージュの下地を使えばさらに良くなると思いますし、さらさらしっとりの肌触りをぜひ体験して欲しいです!

第3位:エトヴォス ミネラルファンデーション

エトヴォス ミネラルファンデーションと1位のVINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーションは、内容的には同じくらいの評価です。

エトヴォスが3位の理由は、ヴァントルテが下地なしでもヨレることなくキレイにメイクできたことと、パフで使うのが基本設計になっていたこと。

エトヴォスのブラシもすごく肌触りが良いのですが、それでもブラシよりパフの方が肌当たりが柔らかいんです。肌への優しさを考えたときにわたしが使いたいのはパフなので、ヴァントルテを1位にしました。

逆にブラシの方が使いやすくて、ミネラルプライマーを使ってしっかり整えたい方はエトヴォスが合っていると思います。

第4位:カバーマーク モイスチュア ヴェール LX パウダーファンデーション

密着度もカバー力も高いのですが、その特徴は逆に考えるとちょっと油断するとムラや厚塗り感がでてしまうということだと感じました。

簡単にしっかりメイクができるというメリットは大きいので、毛穴の悩みが気になる方や、日常的にきちんと感が必要な方におすすめです。
あと、ケースは開けにくいです(笑)

第5位:オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションは、まるでパウダーファンデーションのような使用感のミネラルファンデでした。

エトヴォスとヴァントルテは、どちらも同じくらい塗っている感じがゼロに近くて毛穴がいきいきと呼吸してるような感じだったのですが、オンリーミネラルはパウダーファンデーションと同等に毛穴がふさがれている感じがありました。

この使用感でこのカバー力なら、もっとしっかり密着してなじむパウダーファンデーションの方が良いと思いました。

でも、パンフレットのファンデーションマップを確認すると
poderf_kanso
オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションはミネラル100%とミネラル+美容成分の間くらいのミネラルファンデなんです。

ミネラル100%のファンデだったらもっと違う感想だったかな?と思っています。

今回、パウダーファンデーションとミネラルファンデの両方を使ってみて、それぞれに言われているメリットとデメリットは本当にそのとおりだと強く感じました。

パウダーファンデーションは肌の悩みを簡単にカバーできるけど、ミネラルファンデと比べたら乾燥を感じます。

ミネラルファンデはすーごく肌にやさしいけど、密着度やカバー力などはパウダーファンデーションの方が優れています。

パウダーファンデーションと他のファンデとの違いは?

パウダーファンデーションは応用範囲も広く便利であることは間違いないのですが、ファンデーションは自分の肌に合うもの、理想の肌を作れるものを使うのがいちばんです。

それぞれのファンデーションの特徴とパウダーファンデーションとの違いをご紹介しますので、お手持ちのファンデを見直してみて下さいね。

クリームファンデーション

クリームファンデーション
クリームタイプのファンデーションです。
ファンデのなかでいちばん重いテクスチャーで肌にしっかり密着するため、カバー力も最も強いです。

油分が多く保湿力もナンバーワンなので、乾燥が気になる方や長時間メイク直しができない職業の方などに好まれています。

ただ、クリームファンデーションだけでベースメイクを済ませるとテカった肌に見えてしまうので、ルースパウダーやフェイスパウダーを重ねるのが一般的な使い方になります。

★クリームファンデーションはこんな人におすすめ!
・メイク直しが長時間できない人
・とにかくカバー力重視!

リキッドファンデーション

リキッドファンデーション
液状のファンデーションです。
クリームタイプよりも肌に伸ばしやすく、パウダーファンデーションよりも乾燥しないため、つけ心地、密着力、カバー力ともにバランスが整っています。

クリームファンデに近いようなとろみが強いものから水に近いのものまで
、様々なテクスチャーのものがあるので、ナチュラルメイクからしっかりメイクまで、理想に合わせて選びやすいファンデーションです。

★リキッドファンデーションはこんな人におすすめ!
・しっかりメイクが必要ない。ナチュラルに見える潤い肌を作りたい人
・ツヤ肌が好きな人

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーション
ミネラルファンデーションは、天然ミネラルで作られたファンデーションです。
アメリカで生まれて、今では日本でも一般的なファンデーションのひとつとして愛されています。

シリコンや界面活性剤、オイルなど肌刺激になる成分が含まれていないため、とにかく肌に優しく敏感肌さんでも比較的安全に使用することができます。

つけ心地もとても軽くカラー展開もパウダーファンデーションと同じくらいあり、UVカット効果のあるミネラルファンデもあります。

肌に優しい、つけ心地が軽い、落とすのも簡単などメリットも大きいのですが、パウダーファンデーションと比べると、持ちが悪い、密着しにくい、シミなどが隠れにくくカバー力に欠ける、しっかりメイクには向いていないなどのデメリットもあります。

また「ミネラル成分が●%以上がミネラルファンデ」などの規定はないため、ミネラル成分以外のものが配合されていることもあり、肌が弱い方は慎重に選ぶ必要があります。
日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・パウダーファンデーション・フェイスパウダーの5役を兼ねるので、時短メイクがしたい方にも好まれています。

★ミネラルファンデーションはこんな人におすすめ!
・肌が弱い方、敏感肌さん
・ナチュラルメイクがお好みの方
・カバー力よりも軽いつけ心地を重視したい方

ルースファンデーション・ルースパウダー

ルースファンデーション・ルースパウダー
固められていない粉状のファンデーションです。
ノンオイルか油分が少量しか使用されていないものが多く、かなりナチュラルに仕上がります。

カバー力も密着力も弱いので、パウダーファンデーションのような使い方よりも、クリームファンデ、リキッドファンデの仕上げに最適。
軽くメイク直しをしたいときにも便利です。

★ルースファンデーション・ルースパウダーはこんな人におすすめ!
・仕上げ用のファンデーションを探している人
・オフの日など、スッピン感を隠す程度のメイクをしたい方

フェイスパウダー

フェイスパウダー
ほんのり肌色がついている粒子の細かいパウダーのことをフェイスパウダーと呼ぶこともあるのですが、正確にはリキッドファンデやクリームファンデの後に使うプレストパウダー(固形)・ルースパウダー(粉状)などの仕上げ用ファンデの総称になります。

色も様々で肌色感が強いものからルーセント(透明)まであり、これらは全てフェイスパウダーになります。

ややこしいことに、パウダーファンデーションとフェイスパウダー(特にプレストパウダー)は全く違うものです。

パウダーファンデーションはどちらかというと、クリームファンデ、リキッドファンデなどと同じような使い方をするのですが、フェイスパウダーにはほぼカバー力がないため、あくまでも仕上げ用になります。

逆に、パウダーファンデーションをリキッドファンデなどの仕上げに使うと重たくなってしまいます。

カラー展開もパウダーファンデーションはナチュラル・オークル・ベージュなど肌に合わせて選ぶことができますが、フェイスパウダーは透明・ベージュ・ピンクなどナチュラルカラー、ニュアンスカラーのものが一般的です。

★フェイスパウダーはこんな人におすすめ!
・リキッド、クリームファンデが落ちやすい方
・仕上げ用に肌の表面をツルンと陶器肌にしたい方

パウダーファンデーションの選び方

パウダーファンデーション選びなのですが、ブランドも質感もいろいろありすぎますし、次々と新製品が販売されるので、どうやって選べば良いかわからないという女子は本当に多いんです。

パウダーファンデーションの基本的な選び方をご紹介します。

肌質で選ぶ

肌が乾燥しやすい時期や乾燥肌さんは、そもそもリキッド、クリームファンデのほうが合っていることもあるのですが、メイク直しのことを考えるとパウダーファンデーションをひとつは持っておきたいですよね。

乾燥肌

まず、乾燥肌さんはファンデの前にスキンケアを見直してみましょう。
今いちばん保湿力が高いと言われている成分はセラミドです。セラミドが配合されている保湿アイテムを使ってみたり、洗顔の仕方を改めてチェックしてみるのも良い方法です。

パウダーファンデーションを使うときもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が多いもの、フィット感が高くできるだけ重ね塗りが不要なパウダーファンデーションを選びます。
また、水性よりも油性ファンデのほうが時間が経っても乾燥しにくいですよ。

ただし、パウダーファンデーションは乾燥の原因になるファンデともいわれています。乾燥が進行すると敏感肌になってしまうこともあるので、界面活性剤が使われていないミネラルファンデーションをパウダーファンデ代わりに使うという方法もあります。
どうしても乾燥する場合は無理せずに、リキッドファンデやミネラルファンデーションを検討してみて下さい。

脂性肌・オイリー肌

逆にオイリー肌さんはパウダーファンデーションが向いているのですが、時間が経つと皮脂で粉が浮いてくる感じが気になることもあると思います。
皮脂が気になる方は「2WAYファンデーション」「水あり・水なし両用ファンデーション」などの記載があるものを選びましょう。

これらは普通にパフやブラシで使うこともできるのですが、水で湿らせたスポンジを使うとファンデが乳化してリキッドファンデっぽい使い方ができるんです。

パウダーなのにリキッドのように密着しますし、冷たい水を含ませたスポンジでメイクできるので、夏場でもひんやりして気持ち良いですよ。

敏感肌

敏感肌さんはまず、「敏感肌用」という売り文句を鵜呑みにしないようにしましょう。

敏感肌といっても程度は人それぞれで、体調や季節でたまたま敏感になっていることもあれば、洗顔だけでヒリヒリするくらい進行していることもありますよね。

本当に酷いときにはメイクをお休みした方が良いですが、どうしてもパウダーファンデーションが必要なときには、「資生堂 dプログラム」「ディセンシア アヤナス」などの敏感肌専用ブランドにパウダーファンデのラインナップもあります。

でも敏感肌さんにいちばんおすすめなのはミネラルファンデーションです。
「エトヴォス ミネラルファンデーション」「VINTORTE シルクパウダーミネラルファンデーション」などはつけ心地も軽く石けんで落ちるので肌の負担になりにくいです。

「ビューティフルスキン ミネラルファンデーション」のように美容皮膚科で多く採用されている、アトピー性皮膚炎の方でも使えるミネラルファンデーションもあります。

UVカット

メイク前の日焼け止めはもはや当たり前のケアですよね。
でも、日焼け止めは朝1回塗ればカンペキというわけではなく、日中の塗り直しも必須なんです。

日焼け止めのSPF値は「1cm四方の皮膚に2mg塗ったときの効果」を測定したもので、この量を顔に当てはめると500円玉1個分程度になります。

500円玉1個分の日焼け止めって、顔に塗ったらどんな日焼け止めでも白浮きするでしょ!!と思うこと間違いなしなくらいかなり多い量ですよね。

パウダーファンデーションにはUVカット効果のあるものもありますよね。
実は日中の市街兼にはパウダーファンデーションによるUVケアがとてもおすすめなんです。

その理由は、パウダーファンデーションなら顔中にムラなく広げることができるし、メイク直しをするだけでUVケアになるから。

日焼け止めよりも肌への負担も少ないですし、メイク落としでしっかり落とすこともできます。

日焼け止めと同じく塗り直しは必要ですが、出勤、家事、買い物などの日常使いならSPF15~20、PA ++程度で十分です。
パウダーファンデーションを購入するときはUVカット効果もチェックしてくださいね。

色はどうやって選べばいいの?

まず色の名称ですが、これはブランドによって異なるので参考程度にして名称よりもカラーチャートや実際の色味を参考にしてください。「わたしはいつもピンクオークル」というのは間違った選び方です。

色は、頬ではなくフェイスラインに合わせて選びます。
poderf_rerabikata
耳の横あたりから首に向かった部分の色味を参考にしてください。

●基準は「オークル」
日本人女性にいちばん多いのは一般的に「オークル」と呼ばれている色。黄色みががかった肌色です。

●色が白い方
色白さんは白っぽいパウダーファンデーションを使うと白浮きしてしてしまうので、オークルか薄くベージュがかっている色を選びます。
ピンクを選びたいときはサンプルを使って、時間が経っても白浮きしないことをチェックしてから購入することをおすすめします。

●色が黒い方
ベージュとオークルの間の「ベージュオークル」がぴったり。
あまり濃いベージュを使うと、黒さが目立ってしまいます。

●頬が赤い方
基本色は肌に合わせてオークル系で大丈夫です。赤みが気になる部分だけベージュやイエローを重ね付けします。
重ねるときは少量ずつつけるのがコツです。

パウダーファンデーションの塗り方・順番・使い方

パウダーファンデーションを塗る順番や基本的な塗り方をご紹介します。

パウダーファンデーションの順番は?

スキンケアを済ませたら10分以上時間をおいてからメイクに入っていきます。
順番は、

日焼け止め → 化粧下地 → パウダーファンデーション → フェイスパウダー(季節や肌質に合わせて)

こうなります。パウダーファンデーションの後のフェイスパウダーは基本的に不要なのですが、ファンデが崩れやすい方は軽くつけると崩れにくくなることもあります。

パウダーファンデーションののせ方

スポンジ・パフは肌をこすらずにポンポンと抑えるようにするか、肌の上で滑らせるようにのせていきます。

次に頬・おでこ・鼻筋・あごなどの広い部分にのせて、目の周り鼻周りなどの細かい部分にぬります。

細かい部分にパウダーファンデーションをのせるときは、パフに改めてつけるのではなく、残っているファンデをなじませるだけにします。
ちょっとしたことですが、これだけでも小鼻周りの化粧崩れが変わってきますよ。

これだけではフェイスラインを境に顔と首の色が変わってしまうので、フェイスラインをなぞるようにしてぼかします。

ブラシではなくパフでも上手に塗れる?

ミネラルファンデなど、ブラシでのせるタイプのファンデもありますが、ブラシとパフの違いは、

・ブラシ
薄付き。よりナチュラルに仕上がります。ムラができてしまう方でもブラシならきれいに仕上がります。
少量ずつ色づいていくので、パフより時間がかかります。

・パフ
しっかりつく。パウダーファンデーションをより密着させることができます。肌刺激になりにくいのもブラシよりパフ。

こんな感じです。同じパウダーファンデーションを使っても、ブラシなら素肌っぽく、パフならしっかりメイクにも対応できます。

崩れにくくするコツは?

メイクが崩れる原因は「汗」「皮脂」「メイクの密着度が弱い」など。

人間の体の皮脂腺の多さは頭皮・顔(額・鼻・小鼻)・胸・背中・腕・脚の順になっています。

パウダーファンデーションは頭皮の次に皮脂が出やすい顔の上に粉末をのせるメイク法なので、時間が経つとどうしてもくずれてしまいます。

メイクの前に余計な油分、水分が残っていると崩れやすくなるので、メイクに入る前にティッシュで軽く顔をおさえます。

下地はサッと伸ばすのではなく、顔の中心から外側向かって、肌に叩き込むようにのせていきます。

パウダーファンデーションは下地が乾いてからのせていきいます。

汗や皮脂はティッシュやハンカチでポンポンと抑えるように拭き取ります。こするとヨレの原因になります。

基本的なことばかりですが、ひとつひとつを実践すると崩れ方も変わってくるはずですよ。

化粧直し方法

メイク直しは崩れているメイクの上にファンデをのせるのではなく、1度スッキリ落としてリセットするのがおすすめ。
崩れている上から塗ってもキレイになりませんし、またすぐに崩れてしまいます。

【パウダーファンデーションのメイク直し】
1.皮脂をティッシュで抑えます。

2.崩れている部分を乳液で拭き取ります。
ゴシゴシはダメ!できるだけやわらかいコットンを使ってチョンチョンと少しずつぬぐいます。

3.乳液をつけて、できるだけ時間をおいて浸透させます。
朝のメイク前と同じように、スキンケアが馴染んでからパウダーファンデーションを塗りなおしたいので、できるだけ時間をおきます。

4.パウダーファンデーションのせます。
乳液が肌に残っている場合は、ティッシュでかるく抑えます。
パフでも良いのですが、できればブラシでパウダーファンデーションをのせます。理由はブラシの方がまんべんなく薄付きになるから。
下地を使ってしっかりメイクをしている部分との境目も目立ちにくくなりますし、再度崩れにくくなります。

パウダーファンデーションが割れた!修復可能?

パウダーファンデーションはケースに押し固められているだけなので、落としたり衝撃を与えなくても使っているだけで割れてしまうこともあります。

パウダーファンデの修復方法を検索すると、

・1度粉々のルースにしてしまって再度押し固める
・割れたところに化粧水や乳液を垂らして表面をならす

という2つが主に行われていました。

化粧水や乳液を使うという方法はパウダーファンデーションの変質が早くなりそうなので、あまり気が進みません。カビが生えたりしないのでしょうか・・・。

ルース状にして再度固めることが本当にできたらファンデが割れたからといって泣く泣く処分する必要もなくなりますよね。

買ったばかりのファンデを使って、本気で実験してみます!

割れたパウダーファンデーションの修復方法

割れたパウダーファンデーションの修復方法
残念なことになったパウダーファンデーション。これを修復していきます!

1.割れたパウダーファンデーションをすべてナイロン袋やラップにうつします。
poderf_shufuku2
アイスクリームについてるプラスチックスプーンやつまようじなどを使って、ケースの中のファンデを全てうつしてください。

2.パウダーファンデーションをできるだけ細かくします。
poderf_shufuku3
わたしはアイスピックの柄の部分で砕いたり袋の上から指ですりつぶして粉々にしました。

麺棒などでぐりぐりしても細かくできます。
このときできるだけ細かくするのがパウダーファンデーション修復最大のポイントです。

3.ファンデをケースに戻します。
poderf_shufuku4
ご覧のとおり盛大にこぼれます!必ず紙やティッシュの上でやってくださいね。このあとさらにこぼれますよ~!

poderf_shufuku5
全部もどすとこんなに山盛りになります。これをプレスしていきます。

4.ナイロン袋やラップを使って、指でギュウギュウ押します!
poderf_shufuku6
指の腹も使って真ん中も四隅も丁寧に押してください。

5.フチをきれいにぬぐいます。
poderf_shufuku7
綿棒などを使ってふちについているパウダーファンデーションをとりのぞきます。ちらばっているファンデを集めてケースの中にもどして、さらにプッシュしても良いですよ。

poderf_shufuku8
できあがり!
完全に元どおりとはいきませんが、ケースを立ててもパラパラ落ちてくるようなこともありません。

poderf_shufuku9
スポンジにも偏りなくまんべんなくついてくれました!

修復したパウダーファンデーションはできるだけやさしく取り扱ってくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP