ファンデーションテープ 口コミで人気の4商品を比較!おすすめは?

ファンデーションテープ 口コミで人気の4商品を比較!おすすめは?
顔や身体のアザやシミ、傷跡など、あまり目立たないレベルであったとしても、本人にとってはコンプレックスになることも。これらをサッと隠すことができるのがファンデーションテープです。

ここでは、口コミで人気のファンデーションテープ4つを使い比べた感想やファンデーションテープの特徴を解説していきます。

スポンサードリンク

 


もくじ

ファンデーションテープとは

ファンデーションテープとは、実際にお肌につける一般的なファンデーションとは異なり、ファンデーションのような効果を得ることができるテープをいいます。

では、ファンデーションテープはどのようなときに役立つのでしょうか?

傷跡、タトゥー、ほくろなどを隠す

ファンデーションテープはタトゥーも隠すことができます。近年では、温泉やプール、ビーチなどタトゥー禁止となっていることがあり、これを知らずに足を運んでしまったばっかりに、門前払いされたという話は実際にあります。

このような肩身が狭い思いをしてしまった方にもおすすめできるのが、ファンデーションテープです。

また、傷やニキビが治っても、傷跡の色素が完全になくなるまでには時間がかかりますので、それまでの期間をファンデーションテープでしのぐという使い方もできます。

さらに、ほくろもファンデーションテープで隠すことができますし、レーザー治療でほくろ除去後のお肌を一時的に隠すという目的で使用することもできます。

ただし、レーザー治療直後にはガーゼでお肌のを保護しておく必要がありますので、ファンデーションテープを使用する際には医師の指示に従う必要があります。

隠したいものの場所によって使い分ける

ファンデーションテープは、タトゥーや傷・ニキビ跡、ほくろなどを隠すことができるとても便利なアイテムですが、その種類はさまざまに分類されていますので、製品選びの際には、顔またはボディのどちらに使用するのかをよく考えた上で選びましょう。

顔用の場合では比較的面積が少ないテープであることが多く、ボディ用では大判タイプの製品が多くなっています。

また、タトゥーや傷跡隠しに使用できるファンデーションテープではやや厚みがあるテープもあり、カラーバリエーションも豊富です。

そしてもうひとつ、ファンデーションテープにはウォータープルーフタイプとそうでないタイプがありますので、温泉やプールの際に活用したいのであれば、ウォータープルーフタイプのファンデーションテープを選びましょう。

口コミで人気のファンデーションテープを試してみた

今回は、この4種類のファンデーションテープを試してみます。
001foundationtape

エアースキン(ボディ用)

エアースキン

スポンサードリンク

 

006foundationtape
アイライナーを腕につけて、どの程度まで隠すことができるのか確認してみましょう。
007foundationtape
フィルムを剥がしてお肌に貼り付けたら、水または化粧水を馴染ませます。
008foundationtape
スライドさせながら剥がすとこんな感じに貼れますが、なかなかうまく貼れません。

実はこれが3回目のチャレンジですが、水分が足りなかったのか、綺麗に貼ることができませんでした。

とりあえずアイライナーはやや薄くなっていますが、これだけでは隠しきれていませんね。

では、クリームファンデーションを重ねてみることにしましょう。
009foundationtape
やっぱり目立ちます。

選ぶ色にもよるとは思いますが、このファンデーションテープで傷やアザなどを隠すのであれば、かなりお肌の色に近い色を選ぶ必要があるでしょう。

また、クリームファンデーションを重ねるとテープとお肌の間に段差ができますので、目立つ部分には使用できないかもしれません。

かなり密着度が高いファンデーションテープですので、1回貼り付けたらなかなか剥がれません。

筆者の場合ではクレンジングを使用して落としましたが、落とすのにかなり苦労しました。

今回はLO1(明るいピンク)を使用したため浮き上がって見えますが、カラーバリエーションが豊富な製品ですので、お肌の色に近い色を選べば自然な仕上がりになるのではないかと思います。

この製品はテープそのものを貼るというよりも、水ありのタトゥーシールを貼るという感覚のほうが近い感じです。

はるびはだ トライアルセット(ボディ用)

はるびはだ トライアルセット

スポンサードリンク

 

このファンデーションテープの使い方は極めてシンプルで、シートを剥がし、剥がした面をお肌に当てて、そのままフィルムを剥がすというものです。
010foundationtape
011foundationtape

それでは、剥がしてみましょう。
剥がす前には、お肌を揉むようにしてシールを密着させて…という説明書きがありましたが、そもそも、シールがお肌に密着しません。

そして、やっと一部が密着したのを確認したので剥がしたところ、悲惨な結果に終わりました。
012foundationtape
これって、製品として成り立つのでしょうか?

筆者の使い方がよほど悪かったのか、ファンデーションテープとしての役割を果たしません。

実はこれが3枚目で、すべて同じ結果になりましたので、多分何度トライしても同じ結果になるでしょう。

お肌への密着度は弱く、すぐに剥がれます。

画像の色はオークルで、確かにカバー力はあるのではないかと思いますが、それ以前に貼れなければお話しになりませんね。

肌かくしーと お試しセット(ボディ用)

肌かくしーと お試しセット

スポンサードリンク

 

013foundationtape
ナチュラルを貼ってみました。
014foundationtape
実に使いやすく、あっさりと貼ることができました。
着け心地は非常に軽く、自然な仕上がりです。

また、かなり薄いファンデーションテープでお肌との段差もゼロ、貼っていることはほとんどわかりません。

今回はわざわざ黒のアイライナーで試していますが、画像からもかなりアイライナーの色が薄くなっていることがわかります。

剥がすのも簡単、かなり優れた製品なのではないかと思います。

若干光沢がありますが、よほど近づいて確認しないとわからないレベルですので、おすすめできるファンデーションだといえるでしょう。

マジラボ シミ隠しシート(顔用)

マジラボ シミ隠しシート

015foundationtape
直径15mmの小さなシートです。お肌にしっかりと密着させたら、中央部分のジクザクの切れ目からゆっくりとフィルムを剥がします。
016foundationtape
はっきりとアイライナーの色素が消えるわけではなく、若干薄くなったという感じです。
017foundationtape
やや光沢がありますので、クリームファンデーションを乗せてみました。

これでもしっかりと色が消えるわけではありませんが、非常に貼りやすく、軽い着け心地です。これならば、薄いシミや傷であれば隠すことができそうです。

剥がすのもとても簡単ですので、急場で貼ってすぐに剥がすことできます。
これもまた、おすすめできるファンデーションテープなのではないかと思います。

ただ、貼るとお肌との境目に若干の段差ができますので、この部分だけがネックかな?という気がします。

おすすめはこれ!ファンデーションテープランキング

それでは、今回実際に使用してみたファンデーションテープをランク付けしてみましょう。

第1位 肌かくしーと

着け心地、見た目の自然さが最も優れていたのがこのファンデーションテープです。4カラーからお好きなカラーを選ぶことができますし、お肌への密着度が非常に高いという特徴があり、なおかつ簡単に剥がすことができるという点もポイントが高いです。このファンデーションテープの顔用や部分用が開発されれば、さらに需要が高まるのではないかと思います。

第2位 マジラボシミ隠しシート

1色のみの展開という部分が、やや残念な気がします。貼りやすさと使いやすさの点では申し分なく、使い心地も良いわけですから、あとはカラーバリエーションが増えれば、さらにおすすめ度が増すファンデーションテープです。

今回は、わざわざ黒のアイライナーで試していますので綺麗に隠しきれていないように思えますが、もともとの肌色に溶け込むように馴染みますので、自然な仕上がりを期待することができます。

大きさも手ごろですので、重宝するファンデーションテープなのではないかと思いました。

第3位 エアースキン

水ありで、貼り方にちょっとしたコツが必要、さらに簡単に剥がれないという部分がマイナスに働いてしまいましたが、お肌に近い色を選べばかなり使えるファンデーションテープなのではないかと思います。

剥がしにくいということは、逆に考えれば長持ちするということになりますので、この部分については、使用目的によって良し悪しが決まるのではないかと思います。

光沢をもう少し押さえることができれば、さらに良い製品に生まれ変わる気がします。

今回は、筆者が使用したかった色が欠品中だったため、止むなくお肌の色と合わない色で試すことになりましたが、カラーバリエーションが豊富なファンデーションテープですので、ご自身のお肌最も近い色を選んだ上で貼り方をきちんとマスターすれば、とても便利な製品です。

第4位 はるびはだ

残念ながらきちんと貼ることができませんでしたので、最下位とさせて頂きました。

ここでひとつメーカーさんに考えていただきたいのは、貼り方のコツが難しい、お肌の状態によって貼りつかない可能性があるのであれば、それを製品に明記して頂きたかったということです。

実際に使用してみてカバー力があることはわかったわけですから、貼りやすい、自然な仕上がり、お肌への密着度を高めるという部分で製品を改良して頂ければ、優れたファンデーションテープになるのではないかと思います。

販売メーカーさんには申し訳ないのですが、もしも筆者がどれかを選ぶのであれば、候補から外すファンデーションテープでした。

ただ、今回は筆者の貼り方か間違っていた可能性もありますので、ご興味がある方は試してみても良いのではないかと思います。

ファンデンションテープQ&A

ファンデーションテープ使用の際にありがちなQ&Aをまとめておきますので、製品選びの際の参考にしてみて下さい。

ファンデーションテープはどこに売ってる?

まず、マツモトキヨシなどの大手ドラッグストアで調べてみましたが、どうやら店頭では販売しておらず、ネット通販でも取り扱いがある店舗は見つかりませんでした。

これはもしかすると、ファンデーションテープではなく、ファンデーションシートやシートファンデーションで調べれば出てくるかも…ということでいろいろと調べてみましたが、やはり取り扱い店舗は見つかりませんでした。

ただし、ドラッグストアではファンデーションテープではなく、ファンデーションテープとして代用できる医療用のテープの取り扱いがある店舗はあります。

また、いかにも取り扱いがありそうなドン・キホーテのようなバラエティショップでも、調べた限りではファンデーションテープの取り扱いがありませんでした。

さらに、東急ハンズやLOFTではどうなのだろうということで調べてみましたが、やはり取り扱いはありません。

ただし、これはそれぞれの店舗にもよると思いますので、もしかすると取り扱いがある店舗が見つかるかもしれません。

今回筆者が購入したファンデーションテープはすべてインターネットショッピングサイトでしたが、製品自体の取り扱いはあるものの、人気のカラーは欠品となっていることもありました。

これはメーカーの公式ショッピングサイトであっても同様ですので、これだ!というファンデーションテープを見つけたのであれば、品切れの部分も見越してまとめ買いしておくと良いかもしれません。

治っていない傷の上に貼っても大丈夫?

それぞれのファンデーションテープの成分を確認してみると、ポリウレタンなどの合成樹脂と粘着剤が含まれていることがわかります。

これらは、通気性を妨げるだけではなく、傷口に密着すると傷を悪化させる可能性が考えられます。

テープに分類される製品であっても、ファンデーションテープは医療用テープとは全く異なりますので、治っていない傷の上から貼ることはできません。

ファンデーションテープはかぶれない?

合成樹脂、粘着剤ともに、アレルギーを引き起こす可能性がある成分です。したがって、使用中にお肌のかぶれか起こる可能性は十分に考えられます。

また、粘着力に優れているファンデーションテープの場合では、剥がす際に角質層がダメージを受けることがありますので、ゆっくりと剥がし、剥がしたあとのお肌は保湿ケアで保護してあげる必要があります。

UV効果のあるファンデーションテープはある?

残念ながら、ファンデーションテープというくくりでUVカット効果を期待できる製品は見つかりませんでした。ただし、医薬品メーカーからはUVカット用の医療用テープは販売されています。

このような製品は、ファンデーションの役割を果たすのではなく、紫外線による日焼けや、紫外線による傷跡の色素沈着予防のために開発されていますので、ファンデーションテープとは別物として捉えておく必要があるでしょう。

ピアス穴も隠せる?

ピアス穴を一時的に隠さなくてはならない場合に、ファンデーションテープが使えたら…とお考えの方は多いことでしょう。

ですが、ピアス穴を隠すのであれば医療用テープのほうが適しています。

というのは、ピアス穴は通気性の悪さなどによって化膿することがあり、医療用ではないファンデーションテープで塞いでしまうと、化膿する可能性が高くなるからです。

ビアス穴は傷とは異なりますが、通気性の悪さで化膿する可能性があるという部分を考えるのであれば、使用すべきではないでしょう。

ファンデーションテープは1日ごとに剥がす必要がある?

これはファンデーションテープによって異なるようで、1週間程度そのままで過ごすことができる製品もあれば、1日ごとに剥がす必要がある製品もあります。

ファンデーションテープを使用するのであれば、製品の説明書を熟読し、連続使用期間についてもきちんと把握しておきましょう。

また、今回使用したファンデーションテープもそうですが、合成樹脂や粘着剤を含む製品が多いという部分を考えるのであれば、かぶれ予防のためにも、なるべく短期間で剥がして保湿し、肌荒れ対策をしておくことが望ましいといえるでしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP